「SRS」を含む日記 RSS

はてなキーワード: SRSとは

2019-05-16

昨日チンコ取った

とりあえず痛かったよー(笑)

手術は国内雰囲気では1週間くらいは痛そうだけど、手術規模から比較なら神経抜く位の虫歯とか親知らずと大差ない感じ。

ダイレーションシリコン棒でこれが噂に聞く異物感ってやつかって妙な納得をしてみたり。

なので人造女子処女ではありません。知ってたけど悲しい。

後、この手術は去年から保険適応のはずなんですが、保険効きません。保険適応実績無しです。

厚生労働省からも出ているガイドラインにそってSRSまで行くにはホルモン療法がほぼ必須なんですが、ホルモン療法が保険適応外だからだそうで。

普通ホルモン保険適応してから次行くか、両方同時に保険適応にするなりしてくと思うんですよ?

馬鹿なんですかね。

2019-02-24

GID学会認定医の精神科10年以上つづいている(+カムアウト生活済)性別違和についての相談と、

ホルモン前だから保険適用性別適合手術

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180514-OYTET50055/

ができると知り、この保険適用SRS視野にいれて診察と治療を行ってもらえるかどうか話を聞きに言ったらロクに説明もなしに否定されるわ圧迫カウンセリングされた。

補足:SRSの話を出すとGID精神科から嫌われるって

から見た馬ッ鹿じゃねーのかとしか思えない性器身体違和感嫌悪を持ち続けて耐えてずっとずっとぎりぎりしながら生活してるのに、それを解決する手段への相談計画心配事を話すことすら医者へのご機嫌うかがいでできないとか、何のための精神科医??専門医???

一番不安でわからないことなのに!?!?

十分な説明安全で安い治療選択患者権利なのでは!?!?!?

あとほんと保険適用SRS始まってるのに詳しい条件とかぜーーーーーーんぶ学会内でしか運用されてないか患者は何すればいいのかどうすればいいのかまっったく情報がわからないんだけど!!!直接説明や仕組み聞きに行ったらコレェ???

はー医学会村社会ルール患者に厳しか!!!!!!~~~~~~~

狭い世界ぬくぬくしすぎて腐ったのかな~~~~~~~!!!

認定医以外で意見書もらって自費100%で海外SRS計画立てる人の理由が分かった、納得した

精神科医は相性悪かったら変えればいい…んだろうけど

GID学会認定医の精神科医の数が圧倒的に少ない

なので保険適用したいと思ったら選択肢が狭い、地方だとそりゃ少ない医者同士のつながりもあるから

ブラックリストにでも入ったら国内でのSRSがほぼできなくなりそ

から方針とやり方に疑問や心配があっても余計な事一切言えない相談できない

自分の心と体の問題なのに主治医意見はいはい言うしかなくなる

意見書出してもらえなくなる、または遅くなるから

(逆に主治医の言うこと素直に従うタイプは望まなくてもグイグイステップ踏めてしまうのでは??)

これほんとに患者生活の向上が目的なの???

すくなくとも私はカウンセリング受けた帰り道、なったことないからよくわからないけど

ストレス一時的に鬱?っぽい状態になった。体がうまく動かなくなって息ができなくなって

感情が無いのに涙が止まらないとか初体験だったわ、今はちょっと落ち着いて増田してるけど、

過去に道すがら他人暴言吐かれたりとか就活会社性別を根ほり葉ほりされた時の何倍もつらかった。

相談できる所だと期待してた自分のせいかもしれないけど本当につらかったし傷ついた。

あーーーーーーーーーーでもこのドクターハラスメントも「意志を試した治療の一環」とか言い張れるんでしょうな~~

GID専門家っていっても結局自分好みのストーリーもった患者かつ診察回転数挙げる事しか見えてないっぽい、個々にあった対応とか無理これで多様性とかどの口で言ってんだと怒りがわく

SRS保険適用よかったーと聞いた時は正直に思ったんだけど

なんか今は「国外でさせたくないでも、国内でもさせませーんwww」に思えてきた

こんな奴が今後日本GID医療方針を牽引していく、とおもうと悪夢

あーあ

何も気にせず自由診療できる稼ぎがあればなぁ

そもそもまれてくる性別が合ってれば、それが一番だった)

2019-01-13

「男体への恐怖」を正当化する差別主義者多すぎやばい

https://anond.hatelabo.jp/20190112150155

SRSして戸籍も変更、基本的に埋没して男性結婚しているMtFですが、一番最初の「トランス女性への根源的恐怖感はスルーされていいわけ?」(https://anond.hatelabo.jp/20190110110456)の人も、心情的にはわかります。ただ、恐怖を理由にしたら何でも言えてしまうわけで、「怖いからやめてください!」を振りかざされるのには、それこそ恐怖を感じてしまます

わたしはオペ前に公衆浴場に入るなどということは考えたこともないですし、現在でも基本的公衆浴場温泉は利用しません。使ったことはありますが、裸になってジロジロ見られれば骨格その他でわかる可能性はあるわけで、それに対して不快感を覚える人がいたら嫌だからです。これは単に「他人迷惑をかけたくない」ということもありますが、それ以上に「恐怖の対象」のように見られてしまうことに「恐怖」を感じますし、また尊厳を傷つけられるからです。

当然ながら、こちらとしては積極的に恐怖を与えるつもりはないですし、シス女性やそれ以外の方の大勢もそうでしょう。そういう「普通の人」が、他人から「うわーこわーい、逃げろー」みたいに扱われたら、酷く尊厳を損なわれるし、悲しい気持ちになるでしょう。シス女性の一部はあまりそういう状況を想像したことがないのかもしれませんが、大抵の人は「うわーこわーい」と言われたら悲しいと思います

恐怖の対象として扱われるのも嫌ですし、「仲良くしてやってやる」と上から見られるのも不快ですから、どうしても人との距離は離れめになってしまます。まあこの辺はわたし個人性格によるもので、似た立場の人でも人懐こい方はたくさんいらっしゃいます

上の「『男体への恐怖』を正当化する差別主義者多すぎやばい」の方は、ちょっと口調がキツすぎてかえって反感を買ってしまうのではないか心配しますが、筋道としては概ね同意します。一方で、心情的には「恐怖」の人の気持ちもわかるわけで、またあまりにかたくなな態度をとってかえって攻撃を煽っても嫌ですから当事者としては心情は複雑です。

と、とりとめがなくてすいません。

当然ながら、これはわたし個人経験見解であって、似た立場の人を代表するものではまったくありません。「似た人たち」を十把一絡げにすることこそが差別だと思っています。だからわたしは「LGBT」とかいう恐ろしく大雑把な言葉も嫌いです(が、とりあえず術語としてそうした言葉が便利に使えるというのはわかりますし、またこういうわかりやすい=不正確なワードを広めることで薄く広い「理解」を進められている、という利点は大いに認めますが)。

ついでに言えば「トランスジェンダー」という言葉にも少しモヤモヤしてしまます。昔は「トランスセクシュアル」という言葉などとセットや対比をもって使われていた気もするのですが、最近はその辺、随分大雑把になりましたね。もちろん、身体的特徴でもって弁別するような考え方が薄まったということな肯定的に捉えるべきかもしれませんが、SRS程度で社会的生存を許されるならお安い御用、というか、それくらいは当事者責任として頑張ろうよ!という気持ちもあり、これも複雑です(保険適応にも反対でした)。

筋道としての正しさと、社会的共感を生んで平和裏に共存するための努力というのは、分けて考えるべきなのかもしれません。

結論がなくてすいません。

2016-12-14

話題のドマラ

ボッキーちんこミニだがたまに勃つ」




powered by SRS

便所酒

個室で用を足していたら、隣の個室からシャンパンの栓を抜く音が聞こえた。俺も一発抜くかな。



powered by SRS

2016-01-29

容姿が良くないと悩む者に「じゃあ、整形すれば?」とか言うな

実家に積み上げてある水素水段ボールからアルミパウチを1つ手に取り封を開け口に含む。

こんな物に何の効果があるとも思ってない。

じゃあ何故飲むのかと言うと、アホみたいに大量に買い込んであるので賞味期限が過ぎる前に少しでも数を減らしておこうというだけだ。

もしこんな物で容姿が良くなったり病気が治ったりするのなら、自分より先に実家で常飲している父の容姿が良くなっているはずだ。

だが実際はそうなってない。結局そういうことだ。

コストパフォーマンスは限りなく0に近いが、父に無駄遣いを咎める気はない。

父の稼ぎと比べれば大した金額ではないのだから

さて、本題だ。

女性差別を訴える人に向かって「じゃあ、FtoMのSRS女性から男性への性転換手術)受ければ?」と言うか?いや言わない。

世の中探せば言う人もいるかも知れないが、そう発言する人に対する世の認識は「頭がちょっと残念な人」であろう。

から男になれば女性差別を受けなくなるという話でなく、女性差別のものがいけないのだというのは小学生でも分かる話だ。

一方、表題のように「容姿が良くないと悩む者に『じゃあ、整形すれば?』」という意見は度々見かける。

高学歴リテラシーの高い方々が大半のはてなユーザーの皆さんの中ですら。

なぜなのか?

何が違うのか?

同じ話ではないか。

正直、目が小さいこ自体に不便は無いのだ。視界が狭いわけでも視力に劣るわけでもない。

それによって受ける理不尽差別が辛いのだ。

今日朝ご飯はクウェーカーのオートミールです。

牛乳かけてレンジでチンでいただくわ!

デトックスウォーターは…水素水で腹が膨れてこれ以上何も飲む気になれない。

すいすいすいそすい~

どんな時もくじけずに頑張りましょう!

2015-09-05

メンタルヘルス周辺領域略語

A

A: 合理的な大人の心 [Adult](エゴグラム

ABA: 応用行動分析 [Applied Behavior Analysis]

AC: 従順子どもの心 [Adapted Child](エゴグラム

AC/ACoD/ACoDF: アダルトチルドレン [Adult Children of Dysfunctional Family]

ACT: アクセタンス&コミットメントセラピー [Acceptance and Commitment Therapy]

AD: アスペルガー障害 [Asperger disorder]

ADD: 注意欠如障害 [Attention Deficit Disorder]

ADHD: 注意欠如・多動性障害 [Attention Deficit / Hyperactivity Disorder]

AN: 神経性無食欲症 [Anorexia nervosa]

AS: アスペルガー症候群 [Asperger Syndrome]

APD: 回避性パーソナリティ障害 [Avoidant Personality Disorder] / 不安パーソナリティ障害 [Anxious Personality Disorder]

ASD: 自閉症スペクトラム障害 [Autistic Spectrum Disorder] / 急性ストレス障害 [Acute Stress Disorder]

ASPD: 反社会性パーソナリティ障害 [Antisocial Personality Disorder]

ASPS: 睡眠相前進症候群 [Advanced sleep phase syndrome]

AUD: アルコール使用障害 [Alcohol use disorder]

B

BD: 双極性障害 [Bipolar disorder]

BDD: 身体醜形障害 [Body dysmorphic disorder]

BN: 神経性過食症過食症) [Bulimia nervosa]

BPD: 境界性パーソナリティ障害 [Borderline Personality Disorder]

BPRS: 簡易精神症状評価尺度 [Brief Psychiatric Rating Scale]

BT: 行動療法 [Behavioural Therapy]

C

CBT: 認知行動療法 [Cognitive Behavioral Therapy]

CCT: 来談者中心療法 [Client-Centered Therapy]

CDD: 小児期崩壊障害 [Childhood Disintegrative Disorder]

CFIDS: 慢性疲労免疫不全症候群 [Chronic Fatigue and Immune Dysfunction Syndrome]

CFS: 慢性疲労症候群 [Chronic Fatigue Syndrome]

CP: 臨床心理士 [Clinical Psychologist] / 脳性麻痺 [Cerebral palsy] / 厳格な親の心 [Critical Parent](エゴグラム

C-PTSD: 複雑性PTSD [Complex post-traumatic stress disorder]

CT: 認知療法 [Cognitive Therapy] / コンピュータ断層撮影 [Computed Tomography]

D

DA: 発達年齢 [Developmental Age]

DBT: 弁証法的行動療法 [Dialectical Behavior Therapy]

DCD: 発達性協調運動障害 [Developmental coordination disorder]

DESNOS: 特定不能の極度ストレス障害 [Disorder of Extreme Stress not otherwise specified]

DD: 解離性障害 [Dissociative Disorder] / 気分変調性障害 [Dysthymic Disorder] / 発達障害 [Developmental disability]

DDNOS: 特定不能の解離性障害 [Dissociative disorders not otherwise specified]

DD-NOS: 特定不能のうつ病障害 [Depressive disorder not otherwise specified]

DID: 解離性同一性障害 [Dissociative Identity Disorder]

DIQ: 偏差知能指数 [Deviation IQ]

DMDD: 破壊的気分調節不全障害 [Disruptive Mood Dysregulation Disorder]

DPD: 依存パーソナリティ障害 [Dependent Personality Disorder] / 抑うつパーソナリティ障害 [Depressive Personality Disorder]

DSM: 精神障害の診断と統計マニュアル [Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders]

DSPS: 睡眠相後退症候群 [Delayed sleep phase syndrome]

DQ: 発達指数 [Developmental Quotient]

E

ECT: 電気痙攣療法 [Electroconvulsive therapy]

ED: 摂食障害 [Eating Disorder] / 勃起障害 [Erectile Dysfunction]

EEG: 脳波 [Electroencephalogram]

EFT: 感情焦点化療法 [Emotionally focused therapy]

EMDR: 眼球運動による脱感作と再処理法 [Eye Movement Desensitization and Reprocessing]

EPS: 錐体外路症状 [extrapyramidal symptom]

EUPD: 情緒不安定性人格障害 [Emotionally Unstable Personality Disorder]

F

FAS: 胎児アルコール症候群 [Fetal alcohol syndrome]

FASD: 胎児アルコールスペクトラム障害 [Fetal Alcohol Spectrum Disorders]

FC: 自由子どもの心 [Free Child](エゴグラム

FD: 注意記憶 [Freedom from Distractibility](WISC)

FIQ: 全検査IQ [full scale IQ]

FM: 線維筋痛症 [Fibromyalgia]

FMS: 線維筋痛症 [Fibromyalgia Syndrome]

FT: 家族療法 [Family therapy]

FXS: 脆弱X症候群 [fragile X syndrome]

G

GAD: 全般性不安障害 [Generalized Anxiety Disorder]

GH: 幻聴 [Gehörshalluzination]

GID: 性同一性障害 [Gender Identity Disorder]

GLA: 全般性不安障害 [Generalized Anxiety Disorder]

H

HFA/HA: 高機能自閉症 [High-Functioning Autism]

HFPDD: 高機能広汎性発達障害 [High Functioning Pervasive Developmental Disorder]

HPD: 演技性パーソナリティ障害 [Histrionic Personality Disorder]

I

IBS: 過敏性腸症候群 [Irritable Bowel Syndrome]

ICD: 疾病及び関連保健問題の国際統計分類 [International Statistical Classification of Diseases and Related Health Problems]

ID: 知的障害 [Intellectual Disability]

IP: 患者とみなされた人 [Identified Patient](家族療法での用語

IQ: 知能指数 [Intelligence Quotient]

J
K

K-ABC: [Kaufman Assessment Battery for Children]

L

LD: 学習障害 [Learning Disabilities]

M

MA: 精神年齢 [mental age]

MAO: モノアミン酸化酵素 [monoamine oxidases]

MAOI: MAO阻害剤 [monoamine oxidase inhibitor]

MBCT: マインドフルネス認知療法 [Mindfulness-based cognitive therapy]

MBSR: マインドフルネスストレス低減法 [Mindfulness Based Stress Reduction]

MD: 仮面うつ病 [masked depression]

MDD: 大うつ病障害 [major depressive disorder]

MDI: 躁うつ病 [Manic Depressive Illness]

MR: 精神発達遅滞 [mental retardation]

MRI: 核磁気共鳴画像法 [magnetic resonance imaging]

MSLT: 反復睡眠潜時検査 [multiple sleep latency test]

MTBI: 軽度外傷性脳損傷 [mild Traumatic Brain Injury]

N

NaSSA: ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動抗うつ薬 [Noradrenergic and specific serotonergic antidepressant]

NDRI: ノルアドレナリンドパミン再取り込み阻害薬 [Norepinephrine-Dopamine Reuptake Inhibitors]

NLP: 神経言語プログラミング [Neuro-Linguistic Programming]

NP: 保護的な親の心 [Nurturing Parent](エゴグラム

NPD: 自己愛パーソナリティ障害 [Narcissistic Personality Disorder]

NT: 物語療法/ナラティブセラピー [Narrative therapy]

O

OCD: 強迫性障害 [Obsessive Compulsive Disorder]

OCPD: 強迫性パーソナリティ障害 [Obsessive-Compulsive personality Disorder]

OT: 作業療法 [Occupational therapy] / 光トポグラフィ [optical topography]

OTC: 市販薬 [Over The Counter]

P

PANSS: 陽性・陰性症状評価尺度 [Positive and Negative Symptom Scale]

PCA: 人間中心療法/パーソンセンターアプローチ [Person-Centered Approach:PCA]

PD: パニック障害 [Panic disorder] / パーソナリティ障害 [Personality disorder]

PDD: 広汎性発達障害 [Pervasive Developmental Disorder]

PDD-NOS: 特定不能の広汎性発達障害 [Pervasive Developmental Disorder - Not Otherwise Specified]

PDNOS: 特定不能のパーソナリティ障害 [Personality Disorder Not Otherwise Specified]

PE: 持続エクスポージャー法 [Prolonged Exposure]

PET: ポジトロン断層法 [positron emission tomography]

PIQ: 動作性IQ [performance IQ]

PMDD: 月経不快気分障害 [Premenstrual Dysphoric Disorder]

PMS: 月経前症候群 [Premenstrual Syndrome]

PMT: 月経前緊張症 [Premenstrual Tension]

PO: 知覚統合 [perceptual organization](WAIS / WISC)

PPD: 妄想パーソナリティ障害 [Paranoid Personality Disorder]

PS: 処理速度 [processing speed](WAIS / WISC)

PSD: 心身症 [Psychosomatic disease]

PTG: 外傷後成長 [Post Traumatic Growth]

PTSD: 心的外傷後ストレス障害 [Post-traumatic Stress Disorder]

Q
R

REBT: 理性感情行動療法 [Rational emotive behavior therapy]

RLS: むずむず脚症候群 [restless legs syndrome]

RT: 現実療法 [Reality therapy] / 論理療法 [Rational therapy]

S

SA: システムズ・アプローチ [Systems Aproach]

SAD: 社会不安障害 [Social Anxiety Disorder] / 季節性情動障害 [Seasonal Affective Disorder]

SARI: トリアゾロピリジン抗うつ薬 [Serotonin antagonist and reuptake inhibitor]

SAS: 睡眠時無呼吸症候群 [Sleep apnea syndrome]

SD: 身体表現障害 [Somatoform Disorder]

SDA: セロトニンドパミン拮抗薬 [Serotonin-Dopamine Antagonist]

SLD: 限局性学習症/限局性学習障害 [Specific learning disorder]

SLTA: 標準失語症検査 [Standard Language Test of Aphasia]

SMIT: 自己洞察瞑想療法 [Self Insight Meditation Technology/Therapy]

SNRI: セロトニンノルアドレナリン再取り込み阻害薬 [Serotonin and Norepinephrine Reuptake Inhibitors]

SPECT: 単一光子放射断層撮影 [Single photon emission computed tomography]

SPD: スキゾイドパーソナリティ障害 [Schizoid Personality Disorder] / サディスティックパーソナリティ障害 [Sadistic Personality Disorder]

SRS: 性別適合手術 [Sex Reassignment Surgery]

SSRE: 選択的セロトニン再取り込み促進薬 [Selective serotonin reuptake enhancer]

SSRI: 選択的セロトニン再取り込阻害薬 [Selective serotonin reuptake inhibitors]

SST: ソーシャルスキルトレーニング/社会生活技能訓練 [Social Skills Training]

T

TA: 交流分析 [Transactional Analysis]

TBI: 外傷性脳損傷 [Traumatic brain injury]

TCA: 三環系抗うつ薬 [Tricyclic Antidepressants]

TS: トゥレット症候群 [Tourette Syndrome]

U
V

VC: 言語理解 [verbal comprehension](WAIS / WISC)

VIQ: 言語性IQ [verbal IQ]

W

WAIS: ウェクスラー人知検査 [Wechsler Adult Intelligence Scale]

WHO: 世界保健機関

WISC: WISC知能検査 [Wechsler Intelligence Scale for Children]

WPPSI: WPPSI知能診断検査 [Wechsler Preschool and Primary Scale of Intelligence]

WM: 作動記憶 [working memory](WAIS)

X
Y
Z

2014-05-23

http://anond.hatelabo.jp/20140523173317

ですから、私が試すためには、STAXの SRS-4170 12万円 が必要だと申し上げているのです。

http://kakaku.com/item/K0000173350/

購入頂ければ、すぐに試しますし、試した後のSRS-4170はあなた差し上げますので、ご検討よろしくお願いします。

2013-11-12

http://anond.hatelabo.jp/20131112055933

同じような人がいた。

自分はもう大分前の話だけど、同じような経緯で同じようにSRSしている。戸籍女で埋没。

「実際のところは何も変わらな」いけれど、「そこまでしてよかった」と思うところも、まったく同感だ。

多分自分の方が少し年寄りなので偉そうなことを言うと、今の満たされない感、達し得ない感というのは消えないけれど、少なくとも今に至るまで後悔はない。これで良かったと思ってる。

総じて見れば、今が人生で一番幸せだ。

色々不満はあるけれど、そんなのは当たり前のことで、人並みプラスアルファ程度の不満になれたことに満足している。

強いて言えば、自分の元男性としての一面というのは消えるわけでもなく、別に表現してもいいんじゃないか、というかしてみたい、という欲はある。

でも、身の安全という以前に需要がないよね(笑)

あと、孤独問題だけれど、多分これからも色々あって、過去も含めてちゃんと話せる相手はできると思う。そういう人が一人いるのといないのとでは全然違う。

わたしは幸いそういう相手が何人かいて、その一人と暮らしている。神様ありがとう

ダイレの大変さから推測してスポーン先生のとこかな? わたしの友人もスポーンさんのとこで、ダイレは地獄だけど深くできて良いみたいだね。

ともあれ、無事生還してよかった。

これからも色々大変なことはあると思うけど、お互いしぶとく生きましょう。

分かってると思うけど、そこはゴールじゃなくてスタートだし。

おめでとう!

2010-09-21

SRS

SRS ってすげー

自分が覚えたつもりじゃないのに、いつの間にか頭に入ってる。

これほんとにいいわ。

2010-08-20

iphone英語学習

591 :iPhone774G:2010/04/29(木) 23:59:08 ID:CrEzB4yT0

>>589

音声、画像を簡単に取り込めるのが便利だよね。

>>590

もともと普段はAnkiっていうSRSを使ってて、

それ用にDVDを加工してくれる subs2srs ってのを去年の秋から使ってます。

単語や文章を文字レベルで覚えるのならAnkiとiAnkiで十分。Freeです。

http://www.ichi2.net/anki/

ただ、iPhone画像や音声を使ったデッキを手軽に使えるアプリがなかったので、

どうしようかと悩んでたら Anki のフォーラムで Flashcards deluxe の情報を見つけました

このsubs2srsって日本語情報がほとんどないんですけど、

DVDから字幕情報を抜いて、さらに動画エンコードやっとくと、

字幕データごとに、動画SnapShot+音声+字幕自動生成してくれる優れもの。

よく教材向けとしてとりあげられるFriends(日本語版)などをこれで加工すると、

1. (スナップショット画像)

2. (セリフ音声)

3. (英語字幕画像)

4. (日本語字幕画像)

をセットにしたTSVデータを作ってくれます。

Anki準拠のTSVファイルになるのですが、

画像や音声タグをちょっと置換するだけで Flashcards deluxe に取り込めます。

2009-06-22

http://anond.hatelabo.jp/20090620141215

元増田です。

なんだかたくさんコメントを頂戴してしまって、少しビビっています。いろんなご意見ありがとうございます。打たれ弱いので、コメントは薄目で読んでいるのですが、反感を覚える方もいらっしゃるのは当然だと思います。明らかに誤読、というものもありましたが、わたしの書き方もすごく乱暴だったし、仕方ないかな、と思っています。

一つ念のためですが、最後の「タマ取れ」ってのは、文字通りで言っているつもりは全然ないですよ。それはわかってもらえるかな、と思って書いたのですが、ちょっとネタに走り過ぎたかもしれません。ごめんなさい。わたしは確かにSRS(いわゆる性転換)しましたが、別にそういう理由で取ったわけじゃないですし(笑)

そりゃ、本人の意志無視して去勢したら重大な人権問題ですよ。昔アメリカ性犯罪者にほんとにやったこともあるらしいですけど、絶対許されることではありません。

ちなみに、これは余談ですけど、ホルモン的なことだけなら、重要なのはチンコではなくタマタマです。法的・生活的問題を乗り越えるにはSRSが必要だし、少なくともわたしの場合、他の選択肢は考えられませんでしたが、もちろんこれは全然別の問題です。

それから、「ホルモンがすべて」みたいにも読める書き方をしてしまったのは反省しています。それで変わる部分は結構あるし、たぶん希少なケースだと思うので、参考になったら、と思って書いただけです。普通の人は、自分の性分泌的な感じ方とか、途中でガラッと変わることってないでしょうし、そこから来る誤解やすれ違いもあるのかな、と感じることが多かったので。

わたし自身の経験としては、ホルモンとか性転換とかそういうことより、社会生活上の性別が移行したことの影響が大きかったです。「えいっ」と移行した数か月の間に、顔つきから仕草から声からすっかり変わっていたのを、友人に驚かれたことがありました(この期間には特に体はいじっていない)。体が心を変えることもあるし、心が体を変えることもある。そんなの、どこからどこまでだか、自分でも切り分けできないです。ちなみに、この点では性器どうこうより、顔とか見た目が重要です。残念なことですが、現実問題として「どう見えるか」で周囲の扱いは変わるものだし、それが本人の自意識にもフィードバックされますから。

こう書くと何だか「どっちも知ってる上から目線」みたいでイヤな感じなんですけれど、逆に言うとわたしは「普通の男」ではなかったし、今も「普通の女」ではないと思います(じゃあ「普通の男女って何だ」という大問題はあるし、みんなちょっとずつヘンだとは思いますけれど)。そういう意味では、どっちも知っているどころか、どっちもよく知らないです。

「ちんこ残ってるじゃん!」(内面的な意味で、ということでしょう)というツッコミがありましたが、ぶっちゃけ半分当たってると思います。それなりな期間男として暮らしてきたわけで、それが「変な男」だったとしても、普通の女とはどうしたって違うでしょう。確かに、わたしの心には見えないチンコが残っている(笑)

そういう中途半端でよくわからないものを、世の中では今はGIDとか名前をつけて、昔だったら頭のおかしい人として精神病院に放り込んだり、色々したんでしょうし、はたしていったい自分が何者なのか、今もってよくわかりません。健康保険証には「女」と書いてあるし、一応見た目は普通に生活して支障のない形をしていますけど、自分でも「一体この変な生き物は何なんだ」って、今でもずっと考えています。たぶん、一生わからないと思う。こんな風に生まれて、こういう選択をして、今こういう生き方をしている、そういう全体が神様がくれたナゾナゾなんじゃないか、って感じています。

「ここからしか見えない風景」というのはある。だけれど、「ここから見えない風景」の方がずっと多い。そういう自覚はあるつもりです。

ただ、それってわたしみたいな人がちょっと極端なだけで、みんなそうなんじゃないかな。だから結局、「ここから見えない風景」は、何せ見えないんだから本当にはわかんないけれど、でもそれがあるんだってことを胸に刻むべきだと思う。そしてみんなの「ここからしか見えない風景」は、それが納得できないものとか気持ち悪いものだったとしても、なるべく尊重したい。喧嘩しても仲直りしたい。辛かったら距離をおけばいい。そうやって生きていくしかない。

わたし個人の場合で言えば、レイプゲームとかってのはできれば「見たくない風景」だけれど、そういうのが好きな人というのを否定する気は全然ないです。最初にも書いたけれど、法的規制には反対です。そしてできるだけ、その人たちにしか見えない風景というのを、汚したくないとは思っています。

それから、「公の場でおおっぴらにお話しないでほしい」みたいなことを書いて、「どこからがおおっぴらなんだ」というツッコミを頂戴していましたが、本当にそこは微妙だと思います。ただ、今回話題になるまでそういうゲーム存在すら知らなかったくらなので、少なくともそのゲームについて言えば、「おおっぴらに出過ぎている」ということもないでしょうし、それくらいでボチボチやっていくしかないんじゃないでしょうか。不快なものが全然なくなることもないでしょうし。

バリアが弱くなる、エロ表現とかがほんとしんどい、ということについて、後からちょっと思いついたのですが、たとえば死体とかのグロ画像死体を見たからって死ぬわけじゃないけど、大抵の人はグロい画像を見たら多少しんどくなるのではないでしょうか。突き刺さる感じって、あれに似ています。イメージに対して抵抗できない。頭でわかっていても、心がもうダメージを受けちゃってる。そういう感じです。

アングラ世界でグロ画像愛好家が楽しんでいる分には良いと思いますが、電車のつり広告が全面グロ画像とかになったら、発狂しそうでしょう。「あんまりおおっぴらにやりすぎないで」というお願いは、そういう意味です。繰り返しますが、どこからが「おおっぴら」なのか、というのは簡単に線が引けないですし、議論しながらやっていくしかない。

それから、女の「慎み」について。これはなんだかお説教くさいので、反発する人も沢山いると思うのですが、女の「慎み」って、本人を守るだけじゃなくて、弱い男性が罪を犯してしまうのを防ぐ意味もある、と個人的には思っています。この考え方を押し付ける気は全然ないですけど、もう病的な痴漢中毒の人とかで、自分で悪いと思っていても止められないって人もいると思う。そう言う人は、きっと触らないでも辛いし、触ってしまっても辛いのでしょう。まわりがちょっと気を付けることで、自分も助かってその人も罪を犯さずに済むなら、一石二鳥自分を説得しやすいです。まぁでも、これは本当に個人的な価値観で、あんまり一般受けしないだろうな、と思っています。スルーしてやってください。

最後に、似た境遇にいる方の名誉のために言っておきますが、こういう考え方が、いわゆるGIDの人に共通しているわけでは全然ないです。個人的に知っている範囲内でも、ものすごいいろんな人がいます。多少の傾向はあるでしょうが、ほんと人それぞれなので、わたし個人の体験・感じ方だということは、わかってやってください。

それにしても、「ちんこあるじゃん!」という指摘は、本当に鋭いですね。自分でも、普通男性以上に男性的な部分があると思います。そして普通女性以上に女性的でもある。あんまり男になりすぎると、一周回って女につき出ちゃうのかな、と思うこともあります。そんな人なんで、世間標準よりむしろ男女ステレオタイプに縛られている方でしょう。MtFなのに恋愛対象は女、という人は、正直よくわかりません(そういう方は結構います)。もちろん、それで否定しようとかいう気は全然ないし、理解できなかったり気持ち悪かったりするものを前にした時こそ度量が問われるものですから、大いに認めますが、根っこのところは普通の人以上に「同性愛嫌悪」が強いんじゃないかな、と思うことがあります。その辺は、自分の中の偏見と今でも日々闘いです。

でもこれもまた、MtFGID共通というわけでは全然ないので、誤解しないでください。わたしはこの世界の中でも変人だと思います(笑)

以上、変人のとりとめのない話にお付き合い頂き、ありがとうございました。

2009-01-04

http://anond.hatelabo.jp/20090104165104

高いレベルで実行してる人か。いろんな点があるけれども例えば、能力開発系の名著はひととおり読んでる人とか、脳を鍛えるのに医学論文に当たるような人とか、東洋思想とか理解した上で瞑想してる人とか。どれか一つでいいから光る点があると感じさせる人がほとんどいなくなった。

能力開発系のスクールは、SRSとかクリエイト速読スクールとか運動脳力開発研究所なんかのことだ。狭い意味での能力開発。

http://anond.hatelabo.jp/20090104151435

ちょっとキミ単純化しすぎだよ。

いまちょうど私は「平凡を笑うな」と多くの人に言いたい気持ちなんだ。

ありもしない特別な方法で楽しようとしている人が非常に多い。

平凡な方法でいいじゃないか。

平凡な方法をきっちりと実行できるというのは実は凄いパワーを生み出す。

平凡な方法は悪くないが、平凡な方法を人並みのやり方で実行するのでは今の時代乗り切れない。

平凡な人生を目指すからこそ人並みの努力では足らないということを直視すべきだ。

追記

SRSの栗田先生超能力的な能力開発は必要ないと断言し「常能力開発」を標榜してきたのだった。

2008-09-02

SRS速読訓練で眼力を鍛えなおす

久しぶりにしたら疲れた。

やり方は「ページの四隅(うち2つはページ数) を視界から外さないようにして本を読む」だけど

速読そのものより目の筋トレ?みたいな感じでたまーにしてたのよ。

例えるなら「森を見てなるべく木もみる」?

目がショボショボ。

2007-12-12

http://anond.hatelabo.jp/20071212210205

SRSがなんだかわからなくてぐぐっちまったじゃねぇか。

使用実績を3年でだめっていわれたのだったら13年使ってますっていえばいいんじゃないの?

子供の頃つけた名前ですとかいって。

この場合はうそも方便だとおもうよ。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん