「もらい泣き」を含む日記 RSS

はてなキーワード: もらい泣きとは

2018-04-04

Tさんのこと

2月雪国免許合宿に行った。仮免合格したのちの、二段階のカリキュラムには、複数人教習というものがある。教官1人、生徒3人で路上に出て、生徒が交代で運転するというものだ。そこでTさん出会った。Tさんはかなりの長身の細身で、イケメンと言うほど華やかな印象はないが、スラッとしてきて目を惹く容姿をしていた。一緒に合宿に申し込んだ中高時代友達であるSちゃんと私、Tさんの3人が複数人教習の固定のメンバーだった。最初の頃はまだ軽く挨拶を交わす程度で、特に話したりすることもなかった。2回目の複数人教習のとき若い教官だったこともあり、4人で和気藹々と話しが弾み、私たちTさんは打ち解けた。その教習(というよりドライブに近い)では交代で運転しながら私たちは雑多に話をした。

出身地のこと、大学のこと、Tさん就職先のこと、お互いの簡単恋愛事情担当教官が先月結婚したばかりのこと。

免許合宿は大抵、友人と2人か3人で来ることが多いのだけれど、Tさんは珍しく一人で来ていた。就職前のラストチャンスと思い申し込んだと言う。

その後の複数人教習やシュミレーターの実習でも、この時の教習ほどたくさん話すということはなかったが、互いに敬語で、教習所内ですれ違った時は程よい距離感挨拶世間話をしたりした。

無事、最終日に卒業検定合格し、帰りの新幹線でSちゃんと私は偶然にもTさんの後ろの座席に座った。

Tさん大宮で降りると話していた。私たちの降車駅は東京だった。疲れていた私は乗ってすぐに新幹線の中で眠りこけていた。別れは突然だった。

大宮に着く少し手前で目を覚ました私は、Tさんが下車の準備をしているのに気が付いた。Tさんは軽く後ろを向きながら準備していたので、私が目を覚ましていたのに気付いて少し笑っていた。

間も無く大宮に着いた。お疲れ様でした、と互いに挨拶を交わし、Tさんは、二週間の合宿にしてはやたらと荷物の少ないボストンバッグ一つを持って新幹線の出口へと歩いて行った。それが最後だった。もう二度と会えないんだな、とまだ覚めきってない頭でぼんやり思った。

目を覚ましたばかりの私は、ぼやけた頭で呆然としていた。こんなにも呆気ない別れがあるのかと。急に胸を刺すような切なさと喪失感で心は埋まった。LINEは交換しなかった。後悔はしてない。交換したところで、東京に戻ったあと、ふたたび会う約束をするとも思えなかったし、この場で完結する関係なんだと感じ取っていたから。そのぐらいの距離感関係高校同級生も、しばらく会ってなくてもLINEがある。連絡しようと思えばいつでも出来る。一時的にでも毎日顔を合わせていて、仲良くなった人と、これっきりのサヨナラというのは私の人生で初めてのことだった。

不意に涙が溢れそうになった。お手洗いに立ったら、ポロポロと涙が頬を伝った。自分で、自分に驚いた。身の回り出来事で泣くなんて高校卒業式以来だった。

座席に戻っても、涙は止まってくれなかった。Sちゃんはそんな私の様子を見て、何事かとびっくりしていたけど、しまいにはもらい泣きをしてうっすら涙を浮かべていた。私より先に目を覚ましていたSちゃんは、次の駅でTさんとはさよならなんだな、とずっと考えてたとポツリと言った。私もSちゃんTさんとは実質1週間だけの付き合いだったが、かなりの親しみの情を抱いてたんだなと別れてから気付いた。もう少し一緒に過ごしていたら好きになっていたかもしれないな、とも。私たちTさんについて知っているのは名前、年齢、都内に住んでいること、就職先の業種、それくらい。互いの長い人生の中で、ほんとうに、ほんの一瞬だけ交わっただけの関係。それでも、私はTさんにこれから記憶の中にいて欲しいと願う。別れの時の切ない気持ちをふと思い出すのだろうな、とも。

2018-03-16

ギャップ萌えを初めて理解した

彼氏祖母が亡くなった。

どんなことがあっても泣かない、男らしい彼が泣くのを初めて聞いた。

彼自信が男は泣くべきじゃない、と言っているのも聞いたことがあったんだけど

電話で彼は堪えることもできないほどに泣いていたので、私までもらい泣きしてしまった。

昨日、「俺が頑張らなきゃ」とそれ以降泣かずに色々作業を頑張っていることを聞いた。

家族の前では泣けるわけが無い。今は俺が頑張るしかない。

 でも、もしかしたらお前に会ったら泣いてしまうかもしれない。そのときは胸を貸して。」

そういわれて、もうキュンキュンしてしまった。ごめん。

私の前だけだと本音を見せれるみたいに勝手に思ってキュンキュンしてしまった。本当にごめん。

そんな事で愛おしさを感じてしまった罪悪感半分あるけど、ちゃんと話聞く。

私の祖母は数ヶ月前に亡くなったけど今でも近くにいる気がする。

そして、彼のおばあちゃんも近くに居る気がする。なんかどこかで生きている気がする。

からね、天国で二人で楽しくやってるよ。

私のおばあちゃんお茶飲んで、彼のおばあちゃんお酒飲んでるだろうけどね。

私のおばあちゃんも、彼のおばあちゃんもお疲れさまでした。

ウエディングドレス見せれなくてごめんなさい。早いうちに写真とって見せに行くね。

2017-11-13

友人をラブコメ沼に沈めたい

今年になって仲良くなった友人(22歳)は声豚である

好きな声優小倉唯水瀬いのり内田真礼佐倉綾音etc... 数え役満である


そんな声豚な彼はこれまで日常系アニメばかり見てきたようだ。のんのんしたりぴょんぴょんしたりぞんぞんしたりである

私(友人より年上、声豚だが未アニメ漫画なども読む)は、日常系も好きだが恋愛要素がある方が好きなので(そしてハーレムは苦手なので固定CPが好き)、

たとえば同じ4コマ系でもファミレスだったり未確認だったり今期のドSだったりが好きである

そこで微妙に話が合わないのが残念であった。


しかし転機が訪れた。徒然チルドレンだ。

圧倒的声豚集客力を誇るキャスト陣に、友人は当然ホイホイされた。

これはチャンスだと私は思った。徒然チルドレン原作から追っていて、その甘酸っぱさ、恋愛経験に乏しい我々にとっての理想のような恋愛模様大好物だった。

この作品なら、きっと友人も男が出てくるのも悪くないと思ってくれるはずだ。


果たして、友人はどっぷり徒然チルドレンにハマった。

1話内田真礼の演技にもらい泣きし、

石川界人水瀬いのりの演じるCPにニヤニヤしながらヤキモキし、

小野賢章佐倉綾音の演じるCPはなんであんなにキスばっかしてるのかと腹を立て(怒るポイントが如何にも童貞で笑った)

花澤香菜の照れ屋小悪魔っぷりに翻弄されていた。

毎週会うたびに、最新話の感想を聞かされた。かつての自分高校生活を思い返して軽く憂鬱になっていた。

そして彼は来年イベントに6口ぐらい応募して現在金欠になっている。

それはいい、しか問題はここからだ。

彼をラブコメ沼に沈めたいのだ。同士を増やしたい。

その為に、どんな作品を勧めればいいだろうか。


彼は基本的アニメしか見ない。漫画は読まない。

そして声豚なので、若手の可愛い声優が出演している作品以外見ない。

ファミレスを勧めた時、明らかに反応が微妙そうだった。お前アスミスに謝れ。

ここまで読んでくれた方、知恵を貸して欲しい。

2017-09-19

色覚補正メガネ動画で泣いた

色覚補正メガネプレゼントする動画

今更見たけどもらい泣きしちまった

皆とんでもなく感動してるんだもん

あれずるいわ

作った人偉い

2017-06-04

このまま終わりたくない

中学生の頃、半ば強制的駅伝部に招集された。

3km走るのがほんとに辛くて、夏が終わって大会に合わせて作られた駅伝部の活動が休止した時かなり嬉しかった。

中学1年の冬、何故か駅伝部の顧問に目をかけられていた僕は朝6時半に集合させられ30分ほど走るようになった。

辛かったけど先生が怖くて辞めたいと言い出せず言われるがまま走り続けた。

中学2年の夏になり、また駅伝部が設立され、当然のごとく僕は招集された。

1年生の頃はゴールした時「よくがんばったね」と教師陣に拍手されながら迎えられたドンケツの僕は、誰よりも速く3kmを走りきった。今度の拍手は心地よかった。

その年、一つ上の先輩と自分の力で県大会進出することができた。東北大会の出場も圏内だったが、6区最後を走った先輩が失速し4位。東北大会に進めるのは3位まで、僕らの夏は終わった。

また冬が来た。

去年と同じように指導者に流されるまま朝から30分校庭をジョギングした。

「凄く速い生徒がいるらしい」と今年の活躍口コミで広がっていたのか、ちらほら見学する生徒が現れていた。

真冬太陽も出ていないのになぜかサングラスを掛けている顧問は何人かに声をかけ朝練習に合流させた。

一人で走り込んでいた僕に仲間ができた。

巡って中学生最後の夏が来た。

冬場の合同練習の成果が出たのか市大会簡単突破できた。

大会に駒を進め、前年度の雪辱を果たす機会を得た。

僕が三区で襷を受け取った時順位は3位だった。

東北大会に進めるのは3位までの学校で、全国大会に進めるのは1位だけだ。残念ながら東北大会から全国にはつながらない。全国を目指すならこの県大会で優勝するしかない。

勾配の強い山道を駆け抜け、中間地点となる1.5kmを突破すると一気に下りとなる3区。

僕は前半2位との距離が極力開かないようにペースを抑えて走り、1.5kmを過ぎた時点で勝負をかけた。

ストライドを狭めて脚への負担が大きくならないよう気を付けながら、ピッチを上げてペースを速める。

2位を抜き、襷を受け取った時点で1分近い差のあった1位の後ろにつけて4区に襷を渡した。

そこからの流れは疲れ果てて休憩しているうちにレースが終わったので分からないが、僕らの学校は1位を取った。

設立から何十年と経つ学校だったか、特段スポーツに力を入れているわけではないので全国大会運動部が出場するのは初の快挙だった。

僕らは涙を流しながら抱き合った。

顧問は「当然だ」とだけ言い拠点を黙々と片付け始めた。いつもはこういった雑務をしない人なので多分照れ隠しなのかなと思う。

数ヶ月が経ち、東北大会でのレースを済ませた僕らは全国大会舞台に立った。

1区を出走することになった僕は、正直自信過剰だった。

実際3kmの持ちタイムは9分を切っていて、全国でも上位を争えるレベルだった。

全国大会当日、会場であった山口県は小雨の降る肌寒い日だった。

詳しくは知らないがまるでゴルフ場のような芝生とタータントラックのみのコースだったので7mmピンのスパイク大会に臨んだ。

だがこの判断が間違いだった。

ほとんどスパイクで走ったことのない僕はスパイクの引っかかりの強さが予想以上に強かったことに焦った。対応できなかった。

下りになるたびに引っかかりのせいで止まってしまい、体力を無駄に使った。

集団に揉まれながらゴールへとたどり着いた時には全校50近い内20位ぐらいだった。

僕が入賞圏内でタスキを渡し、後半逃げ切りという作戦を立てていた僕らはそのままズルズル順位を落とし入賞県外で終わった。

僕は泣きながら仲間たちに「ごめん」と謝った。

仲間たちは僕のおかげでここまで来れた、むしろ僕らがもっと速ければともらい泣き?していた。

自信に満ちていて、いつも問題があれば僕らを叱った顧問は「この結果はすべて俺の責任だ」といい腕を組みながら謝っていた。

同級生たちが受験勉強に明け暮れる中、僕は色んな所からきた特待生勧誘やらを前に迷っていた。

「これから先でも戦えるのだろうか」

全国大会天狗の鼻はボキボキに折れていて、地元友達皆が行く近場の学校入学しようと考えていた。

そんな話をどこから聞きつけたのか駅伝部の顧問が僕を放課後呼び出し、スポーツ科の存在する学校への入学を促してきた。

僕はなんだかんだ付き合いは長いけれど、まだ顧問のことが怖く、流されるままスポーツ科のある学校へと進学した。ただ迷っていたのもあったのでこの言葉は当時嬉しかったと思う。

県内同級生に噂は聞いていたが僕より速いやつがいた。

正直有名すぎるのでマニアにはバレるため詳細な情報は伏せるが全国大会3000mで異常な成績を残したとだけ書いておく。

そいつが僕と同じ学校入学するらしい。

僕は期待と不安を抱きながら、その高校入学した。

高校生活は人生の中で最もつらい時期だった。

教師は怖く、理不尽が人の形をしたような奴だった。

結果を出さなければ殴られ、結果を出しても褒めることはせずもっと行けただろと怒られる。自尊心ボロボロだ。

それでもなんだかんだタイムや実績を残してきた僕には優しい方だったが、やはり大分精神的に消耗していた。

ただ教師陣には恵まれなかったが仲間には恵まれた。

前述した僕より速いやつは相当に人間ができているやつだったし、他の部員たちも僕のことを知っていて仲良くしてくれた。

色々ありながら高校1年の夏を終え、雪が降る季節になった頃事件が起きた。

僕の身体は厳しすぎる練習に耐えきれず、股関節が剥離骨折した。

この事実教師に伝えた所、「お前は逃げるのか?迷惑から走れ」と練習強制された。

当時はつらすぎて逃げ出したかったがスポーツ科だったため、部活を辞めれば学校もやめなければいけない。

僕は言われたとおり痛み止めを投与しながら練習を続けた。

そして怪我はよりひどくなり最終的に歩けなくなった頃、「もう限界です、休ませてください」と伝えたところ毎日誰よりも早く来てグラウンド整備をすれば許可しようと言われた。

今思えばおかしい条件な気がするが、当時は「ありがとうございます!」と心から感謝していた気がする。頭がおかしい。

歩くのも痛かったが処方された痛み止めを飲めば我慢できたし、走るよりはマシだったので頑張って毎日グラウンド整備をしていた。

この剥離骨折は結局治るのに1年近くかかった。

1ヶ月ぐらい経つと教師に「もう治っただろ走れ」と言われるので走り、また悪化させるという繰り返しがこれだけ怪我を長期化させた原因だと思う。

ようやく治った頃にはもう高校3年生で同級生や後輩に大きく実力差を付けられていた。

それでもなんとか自分なりに練習を重ねた結果冬場の駅伝には出場できた。3kmの高校生にとって繋ぎ区間だったが。

少し時期は前後するが3年の夏頃、僕は進路を迷っていた。

怪我はなんとか治っていたがこれ以上走るのは明らかに限界だと感じていた。

それでもなんだかんだ高校1年生の頃に5kmを14分台では走れていたので、タイムだけで弱小校ならスポーツ推薦が可能な状況だった。

僕は迷った。

でも中学生の頃卒業文集にも書いた「箱根駅伝出場」を諦めきれずスポーツ推薦を選択した。

高校での陸上生活が終わり、大学へと進学した。

だけど僕の身体はもう限界だった。

1ヶ月以上練習継続できないのだ。

少し走れば足首が、膝が、股関節が、どこかに痛みが出てしま練習ができなくなる。

救いなのは大学はある程度自由トレーニングメニューを組めたので、怪我をすれば悪化する前に休息を取れたことだろう。

ただこんな練習頻度で化物揃いの大学陸上を勝ち抜くことはできず、関東インカレの出場はできたが成績はダメダメで、結果は出せなかったし、箱根駅伝メンバーに選出されることなど夢のまた夢だった。

僕は多分中学生の頃の栄光をまだ引きずってるんだと思う。

大会で全国出場を決めた時の高揚感、あれをもう一度でいいから味わいたいんだと思う。

大学4年生になり、実業団に進むか就職をするか悩んでいる。

正直箱根駅伝メンバーにもなれない人間実業団に進んだところで伸び悩み3年以内に首を切られるの分かってる。

でも頭ではわかっていても感情が走ることを求めてしまっている。

現実は厳しくて、身体が急に良くなって20km以上の距離を走っても壊れなくなるわけがないのに。

中学生の頃の栄光が、高揚感が、僕をこのまま終わりたくないと感じさせている。

2017-03-19

涙そうろう

これはもう、生まれつきの体質としか言いようがないんだけど、異様に涙腺が弱い。

どれくらい弱いかというと、

会社上司ちょっと強めに叱責されただけで目に涙が浮かぶ

②誰かに嫌なことを言われ、言い返そうとしただけで目に涙が浮かぶ

漫画とかアニメ登場人物が泣くシーンを見ると絶対もらい泣きする

(それがどんなに陳腐演出でも関係ない)

③はともかく、①と②は中々難儀だ。

一度、飲み会の席で仕事に関する意見対立があった時に、最終的にガチ泣きしてしまったことがある。

正直死にたかった。

いい年したおっさんボロボロ泣くなんて、気色悪かっただろうな。

別に泣きたくて泣いてるわけじゃないんだけどな。

感情が少しでも昂った途端、自動的にジワリときしまうのだからどうしようもない。

治療法とかないのかな。

2017-01-16

もらい○○

http://anond.hatelabo.jp/20170116001220

もらい泣きって言葉があるけど、他にもないか考えた。

もらい泣き

もらいゲロ

もらい事故

こんなもんかね?

2017-01-10

もらい○○という用法

もらい泣き

もらいゲロ

もらい錆

もらい事故

汎用性高そうなのに、これくらいしか思い出せない。もっとあったっけ?むしろこれから増やしていきたい。

人が目の前で○○しているのを見て自分も思わず○○してしまう、意。

もらいあくび

もらいエロ

あたりはどうだろう?

2016-08-19

あえて言おう伊調馨の方がレジェンドである

4連覇だよ4連覇

しか女子五輪史上初

吉田沙保里が人気者で人柄も素敵なのはわかる

もらい泣きしない人がいないんじゃないかっていうインタビューだったのもわかる

でも4連覇の伊調馨吉田沙保里のおまけみたいな扱いになるのはおかし

あえて言おう

4連覇の時点で吉田沙保里より伊調馨の方が上になったのだ

吉田沙保里より伊調馨の方がレジェンドになったのだ

2016-07-27

夢をみた

あれは卒業式だった

僕らは体育館に出席簿順でならび,いつもの顔ぶれが周りに並んでいた.

隣はずっと好きだった君だった.9年間も同じクラスだったから何度も隣になったな.

式は厳かな感じじゃなくて,各クラス代表が思い出を話したり,誰かをいじったりしてみんな笑ったり泣いたりしていた.

僕も泣いた.なんだか恥ずかしくなって君のほうを見る.目が合うが泣いているのは僕だけみたいだ.(ずるいな,いつもこういうところで簡単に泣くのは君の方なのに)

はずかしくなって,もらい泣きしちゃったなどと照れ隠ししながら昔の話をする.

距離感は昔のままだ,懐かしい感覚.君はいつもそうだった,僕の気持ちを知ってか知らずか,微妙に近い距離間をいつも保ってる.(結局伝えることはなかったけど.)

あーだこーだとひととおり話した後,君は手を僕の胸のあたりまでまっすぐ伸ばしてくる.

何かと思って顔を見ると顎で指示してくる.手を繋げというご命令らしい,多分.

手をつなぐと,君はとおくをみて寂しそうに笑いながら喋った.(いつも明るいのに時たまそうやって寂しそうにするのも好きだった)

「私,やりたいことがあるんだ」

僕らはだいぶあの時から遠いところまで来てしまったね

「おれもだ」

そう答えて僕は目を覚ました.

きっとこの続きがあったとしたら,君はかつてのように他意のない様子で「がんばれ!」って言って僕はそれで照れくさくなったんだろう.

そうだった,そういう何気ない言葉でいつも僕は嬉しくなって頑張ってしまうんだった.そこに他意がないってわかっていても.

懐かしい感情を思い出した.なんだか今を頑張れそうな気がする.ただの都合のいい夢だとわかっていても.

ありがとう

2016-07-18

緒戦負けの涙

俺の母校は、何年かに1度、甲子園に出られるような

運動でも勉強でも生徒を集めて、その中の極々少数の生徒が果たした大きな成果を

学校全体の誇りにするタイプの私学だったが、俺の所属していたバスケ部は弱かった。

弱かったが、練習毎日あったし土日もあった。

長期の休みだってお盆とか2、3日程度の休みはもらえたが、基本的には部活だった。

海やプールへ繰り出して、同年代の女の水着を見ておかなかったことが悔やまれるが、

女っ気の一切ない部活中心の高校生活もそれはそれで楽しかった。

土日の練習では寝坊してサボることもあったが(無断欠席より遅刻して行ったほうがその日食らう罰が重かった)、

練習に出たら、基本的に声を出し、よく動いていた。

しかし、元々下手くそだったのと、サボっていたことによる顧問から評価中学ではスタメンだった俺が、

3年間1度も公式戦に出場することはなかった。

3年生最後の緒戦、俺の高校は負けた。

俺以外にも3人、3年間1度もユニフォームを着れなかった制服姿の同級生と(うち1人は1年次、公式戦出場経験有)

メガホンを持った練習着姿の20~30名程度の下級生を従え、制服と白い手袋までして応援団長を気取っていた俺は

「あー、これで明日から体育館行くことはなくなるのか…」

とか、そんなことを思っていたと思う。

もっと真面目に取り組んでおくべきだった。

練習に対する顧問の考え方への不満を行動で示せれば良かった。

試合に出たかった。

などということは一切思わなかった。

さっきも言ったが、部活のお陰で高校生活は充実していた。

部活仲間とは今でも交流がある。

でも、この高校バスケ部では、こういう振る舞いをする他なかった。

から、後悔もないし涙も出なかった。

会場にいた似たような他校も、やはり涙を流している生徒がいたという記憶はない。

高校野球中継は好きでよく見るが、

コールド負けしているような高校でも涙を流している姿を目にすることは珍しくない。

あれは何なのか。

硬式野球全国大会に出場するなんて、全部活の中で一番難しいのではないかと思う。

関東の話をすれば、甲子園へ出場するのは私立で、10年に1度、公立が出られるか出られないかとかそんなレベル

しかも、各校スタメン出身中学を見ると全国から集まってきている。

緒戦コールド負けするような公立高校に、はなからチャンスなどないのが事実

でも、実際は負けて涙を流す弱小ナインをよく見る。

いくら弱小校でも少年野球から10何年も続けた野球が終わるからなのか。

何らかの後悔なのか。

あの涙の成分は何なのか不思議しょうがない。

ベスト32ぐらいの高校が涙を流すのはまあ理解できる。

たぶん、本気で部活に取り組んでいただろうし、本気で甲子園を目指していただろうし。

ベスト8ベスト4ぐらいまで来ると、カメラワークによってはこっちまでもらい泣きしそうになることもある。

でも、弱小校のお前らはちょっと待てって。

高校野球高校バスケ程度の注目度だったら、

3アウト取られた時、俺や俺が見た他校の連中と同じような振る舞いをして、涙なんか出やしないんだろ?

高校野球が注目されるコンテンツから、弱小といえどもその一端になれているってことに酔っているからこそ出る涙なんだろ?

もし、注目度が全くなくて、それでも涙を流すんだとしたら、それはただただ羨ましい。

2016-07-12

YO YO YO 紛争地域ここ渋谷yeah!

あのですね、毎週日曜日夜に感じることがあって、1つ言わせてもらっていいですか。みなさん、渋谷という街知ってます世界有数の若年層の人口密集地帯ですよ。僕ね、この街に21歳から24歳までずっと入り浸っていましたし、今もまた住んでおります

その頃から「え?なんで?え?なんでなん?」って函館の片田舎から上京してきてからずぅぅぅぅぅっっっっっっと言いたかったのですが、

もうね、めちゃめちゃ日曜日の夜に、カップルケンカが多いんですよ!!!この街!!!めちゃめちゃ多いんですよ!なんでなんですか!?

もう、渋谷という街を人に例えると、頭のてっぺんから足のつま先まで至るところで勃発してるんですよ!紛争が。ある人は大声、ある人は半べそ、ある人はわめき泣き、またある人は大泣き、それを見たサラリーマンもらい泣き。ってなんでおっさんまで泣くことあるねん!笑

毎日歩いていてわかるのですが、やはり特に日曜日夜のカップルケンカの量がハンパないんですよ。半端というものが微塵も感じられない完徹ぶりなんですよ。なんでなんでしょうか?

一番ケンカが多いのが、駅の改札周辺なんです。もうね、微妙位置カップルケンカしてるもんだから、改札も開いていいのか、閉じていいのかわからないんですよ。開いたり閉じたり、おかしなってるんですよ。誤作動起こしてるんですよ。パタンパタンから、途中パタパタパタってなってるんですよ。駅員もね、切符切っていいのか悪いのかわからず、改札バサミをカチカチやってるんですよ。わかります? SUICAタッチするところも、ピッってやると「あの子をこのまま置いて帰ってええんか?今なら入場取り消したるで〜」とか気の効いたこと言うようになってるんですよ。どんだけ渋谷駅改札賢なってるねんと。カップルのせいなんですよ。

さらに駅を離れた道端でもすごくて、そこらへんはもう大学生カップルじゃなくて、大人カップルケンカしてるんですよ。「私帰る!」「おい、待てよ!」「いや離して!」とかやっているので、その前に座っている交通調査バイトの子が、カップルが行ったり来たりするたびにもうカチカチカチカチカウントして、もうめちゃめちゃおかし交通量になってるんですよ。今日あんどん行列でもあったのかぐらいの交通量になってるんですよ!その道は。本当ですよ!いろんな意味渋滞してるんです。裏道なのに。

そして渋谷に住んでいる人ならわかると思いますが、目立たないところに小さい公園たくさんあるでしょ。公園というかちょっとした広場というか。ベンチが2つ3つ置いてある場所

もうね、そこでも、女性のすすり泣く音というかむせび泣く音が夏の風物詩の蝉の鳴き声とコラボしよるんですよー。それを慰めている彼氏も大泣き。それを見た向かいのベンチのサラリーマンもらい泣き。だから、なんでおまえも毎回毎回泣くことあるねん!と。どんだけ涙もろいねん!おい、メガネを取るな!おい、メガネを取ってまで涙を拭くな!ワイシャツの袖で涙を拭くな!奥さん洗うの大変やろー!

やっと家路に着きましたよ〜。駅から徒歩7分なのに、20分ぐらいかかるんですよ。日曜日渋谷は。ああ、日曜日渋谷

本当平和な国に生まれてよかったわ〜。日本

そして、ハチ公さん、モヤイ像さん、毎日毎日お疲れ様です!

2016-06-23

想像力」はけして人間を救わない。

 よく貧困やなんかの社会問題系の記事で「一番の問題想像力の欠如だ」みたいな言われ方がされている。

 しかし、想像力とはそんなに万能なものだろうか。

 そんなに簡単想像できるものだろうか。

 人間基本的自分の見たもの経験したものについてしか考えられない。

 それ以上の領域踏み込むためには類推だとか連想だとかが必要で、それにしたってある程度の下知識が求められる。

 そういうものをぶちやぶって想像力を飛躍させるレベルともなると、これは一つの才能だ。だから小説家なり漫画家なりで金を取れる。


 誰もが小説家になる必要はない、弱き隣人に思いを馳せるのにそんなに大したコストはかからないと人は言うかもしれない。

 だが、大したコストなのだ

 社会問題を考えるうえで必要とされる「想像力」とはすなわち、「他者の痛みについての想像力」だ。

 痛みこそ、自らが体験あるいは目撃しないと想像することができない最たる感覚だ。

 実際にその痛みを体験したものでさえ、いったん過去としてしまえばすぐに同じ痛みを味わっている他者に対して冷酷に振る舞える。ルサンチマン。卑近なところでは、体育会系年功序列がいい例だろう。


 そもそも共感に訴えるロジックは、その感情を共有できない人間包摂できない問題を抱えている。

 共感能は誰にでも備わっているようで、グラデーションがあるものだ。映画で人が刺されるシーンを観て自分まで同じ箇所がキリキリ痛むような人もいれば、サイコパスと呼ばれる人々はまったく共感というものを持たない。その二つの極のあいだで我々は「すぐもらい泣きしてしまう人」や「反応が薄い人」として生きている。

 たしか共感に訴えるショッキング事件は、短期的には法改正などにつながりやすい。しかし、よほど特異でセンセーショナルなケースでないと大衆は食いつかない。たとえば未成年集団で残虐な事件を引き起こす、だとか。

 そこが難しいところだ。貧困など、恒常的で身近な問題共感通用しにくい。


 状況を良くしたいのなら、我々に「想像力」などないと認めるところからはじめるべきだ。

 人間他者に対して無関心なのは今に始まったことではない。その状況を了解したうえで、どうやってゲームに勝利するかだ。

 となると、やはり構造的に問題の根を断つ方法を見つけなれけばならない。なるべく人的コスト必要としない方法がいい。

 てっとりばやく、ゲームルール策定する側に回れれば話は早い。

 権力

 権力

 権力を手に入れろ。


 増田たちよ、栄達せよ。


 日本支配するのだ。


 そうして、クソを漏らす自由を。


 そうして、朝の山手線すっぽんぽんになる権利を。


 ハイルしなもん

 ジーク増田


 増田たちよ、権力を手に入れろ。

 

2015-12-15

松来未祐が人気すぎて辛い

松来未祐広島県呉市出身の人気女性声優

代表作とキャラクターは、ハヤテのごとく!鷺ノ宮さよなら絶望先生藤吉晴美など多数。

ただし、決定的なこれ!という代表キャラクターははっきりしない。

2015年10月27日慢性活動性EBウイルス感染症という難病により38歳の若さ夭折

声優アニメ業界ネット界隈を中心に連日、悲しみの声が鳴り止まずにいる。

ざっくりと松来未祐について記述するとこんなところだろうか。

私も、アニメ漫画を嗜む人間の一人として、松来未祐については存じていた。

いわゆるアイドル声優としては長く活動していると思うし、声についてもそれなりに思うことはある。

 

だが、現在ネット上の狂騒は、はっきり言って異常と感じる。

死去発覚後は、連日のように死去のニュースや同業声優有名人によるお悔やみコメントホットエントリーに入り続ける。

そのたびに、同じようなお悔やみブコメが並ぶ。

まるで、明石家さんまクラス有名人が死んだレベルの大騒ぎだ。

それ以上かもしれない。

 

もちろん、世間ネット上の声が大きく離れていることは、特にオタク界隈の話題については言うまでもないことだ。

それがネットだ。それはわかっている。

 

しかし、松来未祐って、そんなに偉大な人物か?

あるいは、そんなに魅力的な人物か?

 

こう言ったら、声オタを中心に多くの反発が来るだろう。

しかし、私の知っている範囲では、人気声優の中で松来未祐特別評価されていた印象もないし、キャラ付けだって結婚できないキャラ」を持っている程度で、これも多くのオタクに知られているレベルとは言えない。

平野綾竹達彩奈豊崎愛生茅原実里など知名度、人気ともに(オタクにとっては)高い声優と比べても、名前は知っていて、声は聞いたことがある、それ以上のものではないだろう。

 

それはお前がニワカなだけだ、と言われそうだが、声優関係話題を少しは知っているレベルの私でこれなのだから、ごく一部の人間(いわゆる声オタ)を除いて、「結婚できないキャラ」以上の印象を持っている人はいないだろう。

騒いでいるやつらも、オタク同士の一体感を味わいたいがために、「死後」になって色々なエピソードを拾って、さも前からよく知っていたかのように振る舞ってもらい泣きしているやつが大半だ。

 

からどうした、嫌なら見るな

ネット断ちでもしない限り、はてブにはホットエントリーで入ってくる、Twitterにも流れてくるこれをどう避けろというのだ。

例えば竹達彩奈のように魅力がある人物が物故したなら、これだけの騒ぎもわかるのだが、言っては悪いが松来未祐程度の死でこれだけの騒ぎが起きるのは異常としかいいようがない。

 

この声優の偉大さを、ただの面白エピソードやいい人エピソード仕事熱心エピソードみたいな本質的でない話を抜きに語れる人がいるなら見てみたいが、いないだろうな。

死者を悪く言うなというテンプレや、ただの人格攻撃揚げ足取り以外の意見があればどうぞ。

 

追記:ブコメに返信。

勿論、ファンや彼女パーソナリティを知っている人が悲しむのは理解できるよ。当たり前の話だ。

こちらが疑問を呈しているのは、松来未祐の死を悲しがる人がいることじゃなくて、なんで大して知名度の高くない声優が死んだ割にみんなが大騒ぎしているのか、だ。

まあ、トラバにもあった通り、

・反感を買いにくい、良くも悪くも無難性格

ぶっちゃけ、若くして病死した悲劇アイドル声優から

こんなに騒がれているんだろうけど。

2015-12-14

泣くことはストレス解消に役立つ

ショックな出来事があった。

しかし、前々からその可能性があると聞いてから確定するまでそれなりに時間が経過して、いざその時になったときは意外と冷静だった。

淡々物事が進みその出来事が終了し、思っていたほど酷いショックじゃないのかもと思っていた。

でも全然大丈夫じゃなかった。突然涙がボロボロ出たり、どうにもならないほどマイナス思考になったり、眠れないのに布団から起き上がることも辛くなった。

頭では仕方がないことだとわかっていても、体が勝手に反応する。

どうにもならないので、自分を甘やかすことにした。ひたすら感情の赴くままに任せた。

泣いて、泣いて、泣き叫んだ。家の中だしいいかと、涙がとまるまでずっとずっと泣いた。

涙がボロボロ出てくるのと、泣くのは違う。前者は自分意志関係ないが、後者自分から泣こうと思って泣いている。

泣いている間ずっとその場にいた家族に抱きしめてもらっていた。今から泣くから、でも泣くだけなので、何も言わず背中をさすりながら抱きしめてくれとお願いして。

その宣言に多少困惑した様子だったが、途中から家族もらい泣きしていた。事情を知っていたからかもしれない。

泣き終わって、とてもすっきりした。心と体の剥離がなくなった気がした。

顔を洗って、部屋の掃除と片付けをして、風呂に入り、髪の毛を乾かした。人間になれたようだ。

今日からまたがんばって生きていこう。

2015-04-07

ライブMC音楽表現したいものについて語られるとげんなりする

「ありきたりなこと言っちゃうかもしんないけど音楽ってやっぱり他人自分の感じたことを伝えるためにあるんだって思ってる。

から楽しいことはもちろん、辛いこと悲しいこと悔しいことだって音楽表現する価値があると思う。

次の曲、俺がどん底でやりきれない思いだった時に作った曲で、(ここでどん底エピソード

から、聴いてて気持ちよくはなれないけど、でも、今日、ここで、この曲をやる意味、それは当時の俺と同じ気持ちの奴に、お前はひとりじゃないって伝えたいから。…それでは聴いてください」

こういうMCにはより曲のメッセージ性が強まるという鑑賞ガイド役割があるのはわかっていても、音楽表現したいとか言いつつ長々と言葉で説明してんじゃねーよと思ってしまう。

さらに話しながらミュージシャン本人が涙ぐんで、ファンももらい泣きしていたりすると本当にドン引き

2012-09-04

http://anond.hatelabo.jp/20120904133550

春じゃないけど、超人やるやん。ノーランが。

犬のような眼、いいじゃあないか。っていうかアレはアルフレッドのシーンと並んでもらい泣きするかと思った。

それにしてもつくづく惜しい。

冷静沈着で逆上するような精神的弱点が無いパワーファイターなんて美味しすぎる。

だってあのジョーカーでさえ(自称はともかく)他人のFreak呼びには苛立ったり凹んだり?してたんだぜ。

信念とかそういうのの描きようにとっては絶対もっとカッコよく仕上がったはずなんだあああ!

あーもったいねーーーッちきしょーー。

2012-06-14

自己啓発のおもひで

エントリ読んで、何となく思いだした。

駿台だったか他のどこかだったか、大手塾が開催してる夏期セミナーみたいなのが昔あった。

東大京大他有名大狙えるレベルの子にだけ声掛けて、難易度の高い問題を夏休み利用して泊り込んで集中的に解くという合宿形式のやつ。確か会場は箱根だったかな。

難しい問題だけど一流講師解釈するのでよく解るし志の高い友達もできるという触れ込みだった。

で、そのチラシが、ちょいと高校で(成績面で)ブイブイ言わしてた自分のとこにも舞い込んだ。ウチの高校の在籍者だと特別に割引が利くんだそうだ。

当時哲学にかぶれていたガチぼっちオタの自分は「どんな人が集まるんだろう。誰とも話の合わない自分でも友達出来るんだろうか」と血迷ってしまい親に頼んでカネ出してもらって参加した。

当然のごとくリア充のすくつで到着早々グループになじめなくて孤立したわけだが、そのときの出来ごとがなんか怖かった。

受験合宿なわけだし普通に問題集をひたすら解きまくるだけと思っていたのだが、当然「志の高い友達」を作るための交流タイムとして、東大京大合格者(塾のOB)のおにいさんおねえさんが明るく仕切りつつ何人かのグループになって自己紹介してお互い仲良くなるという時間があった。

これがそもそも「おかあさんといっしょ」の体操コーナー的な雰囲気があって、あのコーナーで空気読まずに一人泣き叫ぶタイプ自分にはしんどかったんだけども、そのあとがやばかった。

塾のカリスマ講師で他人のモチベーションを高めるのが上手いリーダー的な先生がいて、その人が「大学に入るとはどういうことか、社会でやっていくとはどういうことか、受験とはそこにおいてどういうものか」みたいなことを講話のような感じで話してくれた。

細部は覚えてないんだけれども、キミたちが抱いている夢とは素晴らしいもので、それを大学に入ってから極めるっていうのは正直しんどいかもしれないけども踊りだしたくなるような楽しいことで、しかもキミたちにはそれが出来る能力があってもう万々歳で将来ワッホイ♪なんだよみたいな話。

から今、家庭の事情とか、勉強に対する態度の周囲とのギャップとか、いろいろ辛いことあるかもしんないけど、受験自体が受かるかどうかでどうしても不安になってしまものからしんどいかもしれないけど、そういうのは必ず乗り越えられるし乗り越えた先の将来は素晴らしいんだよ、キミたちには必ずそれが出来るよというような話だった。

そしたらそれを聴いてる生徒たちが、いきなりすすり泣きはじめた。

ついさっきまで、交流タイム時点では自信満々でジョークとか飛ばしたりしていて、問題解説の講義ときは鋭い質問飛び交わしていた、イケメン美人個性的キュートも何でもござれとばかり取り揃えたような、本当に「リアルが充実しています!」みたいな粒よりの高校生たちが、話の前半ではキラキラ輝かせていた目から突然涙をぼろぼろこぼしてしゃくり上げていた。

そのあとはまた何人かのグループになって、大暴露大会というか不安吐きだし大会みたいな感じになって、「みんなでがんばろうねえええ!!!1!」という話になって締めが入って終わった。

正直言って度肝を抜かれた。何だこれは、と思った。

「成績優秀者だけご招待!」という触れ込みの合宿だっただけに、自分ぶっちゃけ参加の声がかかったことが得意だった。

で、着いて早々ギブった。メンバー講義レベルが高すぎる。追いつけないほど高いわけじゃないけど少なくとも今ここで模試やったら自分はビリトップ取れると思った。

でも自分の志望は東大でも京大でもないのでいいや~みたいなユルい逃げを(内心は)打っていたし、社会に出て何になろうとか何をやろうみたいな具体的な目的がなかった。

から先生講話に対しても「へ~上手いこと言うなこの先生。言い方が上手いんだな。受験とか社会とかそういう風に言われるとちょっとグッとくるわ。イイハナシダナー」とか感動もの映画でも観てるような態度で聴いていた。その上でなんとな~く「周囲も自分とさして変わらないだろう」みたいな認識があった。

自分と変わらないもクソも、こんな合宿参加しているくらいだから東大京大本気で目指してるに決まってるんだが、あれだけ優秀な人ばっかなんだからこんな講話くらいで簡単に感情に揺さぶりがかかるわけがないと思い込んでいた。

それがコロンと覆されたもんだから本気でビビった。

ある子は超絶出来のいい兄貴比較されてつらいと言って泣いてた。

ある子はどんなに問題集をやってもそこでいくつマルがついても怖くて眠れなくなる夜が必ず来るのでつらいと言って泣いてた。

ある子は勉強勉強と打ち込んでいたら仲良かった友達と溝が出来てしまってすれ違いが重なっていてつらいと言って泣いてた。

OBもらい泣きして涙ぐんでみんなで抱き合ったりしてた。

もらい泣きはしそうになったが告白するような悩みはなかった自分はどうしていたんだったか宇宙人の生活空間に放り込まれたような不思議ちょっと怖い感じがしたのは覚えているんだが。

少なくともその翌日以降の日程においては交流時間になると頭が痛いと言って一人で部屋に引っ込んで寝かしてもらっていた。

以来、警戒心はものすごく強くなった、と思う。

詐欺セミナーの怖さ、というか人間孤独とか恐怖とか不安かいったものの怖さは間違いなく体感した。言葉でなく心で理解できた。貴重な体験でしたまる

副作用でやや人間不信気味というか、信頼が常に話半分みたいな感じになってしまってますけどね!

2009-11-02

深イイ話

http://blog.livedoor.jp/jyoushiki43/archives/51232658.html#more

何年か前、俺の親戚の叔父家族がやってるコンビニにも

客が居るときに強盗入ったことがある。ちょうど叔父がレジ番やってた時。

買い物を精算するふりをして、果物ナイフを向けられたらしいんだが、

叔父はすぐそばに新聞紙を筒状に丸めて、ガムテープグルグル巻いて止めたものを常備してたんで、

即座にそれをひっつかんでレジ台を強烈に一発「バンっ!」って叩いて、

>>1の人と同じようなことを大声で叫んだらしい。

んで強盗に「んな金あるわけねぇ!」と威嚇してる流れで、

いかに自分たちフランチャイズオーナーの取り分が少ないか、

本部に搾取されてるか、いかに自分たち家族

倹約倹約を重ねて細々と生活しているかをぶちまけるというか

愚痴が入り出したら、叔父は涙ながらになっちゃって、

最後は強盗に遭った恐怖とかどうでもよくなって、

厳しいコンビニオーナーの生活がこんなに苦しいのに、

さらに強盗かよみたいな状況に情けなくなって号泣

犯人も生活苦だったらしく、もらい泣きしながら

「申しわけありません」と深謝して、叔父に頼んで警察呼んでもらったそうな。

犯人逮捕まで店内に居た人たちも事情聴取とかされたそうだけど、

叔父の話を聞いたことで、みんな結構大量に買い物をしてくれたらしい。

犯人のほうはとりあえず未遂ってことと自首と同じってことと、

何の縁か叔父が所轄の担当さんに何度か電話したり手紙

「彼は立ち直れるから、刑務所には送らないでやってくれ」って頼んであげたこともあってか、

犯人執行猶予保護観察付きの判決もらって社会復帰。

釈放の足で叔父の店にやってきて深々と謝罪し、担当さんから聞かされた叔父の嘆願のことに

感謝したそうな。

叔父は、その元犯人にうちでバイトしないかって声かけたけど、

かれは感謝した上で断って、自力で更生するって

約束して実家のほうに身を寄せたらしい。

で、何年かして彼がまた叔父を「私のこと覚えてますか?」と訪ねてきた。

郷里で小さいカレー屋だかを起こして、なんとかやってるらしい。

今でも彼から毎年、歳暮中元と年賀状は届くそうだ。

叔父の家族では、「こんなことって本当にあるんだねぇ」って、今でも話すらしい。

以上、まるで「深イイ話」みたいに出来すぎた話だけど、**************。

2009-07-05

http://anond.hatelabo.jp/20090705003117

エヴァ感動しかけてた当時より、グレンラガンもらい泣きしちゃう今の自分に、人間としての成長を感じるのは勘違いなのか・・・。

「今の俺は泣いていい場面でしか泣いてない!」って叫びたい。

2009-03-17

後輩が旅立った

久々にモヤモヤしてるので吐き出す。

俺がまだ20台なのでその後輩も20台。友達のように(年齢的に)自分に近い人の生死を気にするのはもう少し先の事かなぁと漠然と思ってたので、第1報を聞いたときは10秒くらいフリーズして、「は?」としか言えなかった。ただ、帰って少し飲んだのだけど、そのときに飲み屋で一緒になった(同年代の)人に「毎年、誰か旅立ちますね。ムカつくことに」と言われたので、まぁこれまでは運が良かったのかもしれない。

通夜ではやはりと言うか、しんどいとしか感想が思い浮かばなかった。特に、母親恋人の悲痛さが目から離れなくて、(自分を含めて)最初は悲しみよりも困惑の方が大きかった人達もほとんどがもらい泣き状態になっていた。

生きてることが辛いなら いっそ小さく死ねばいい

恋人と親は悲しむが 三日と経てば元通り

親と恋人を見ながら頭に浮かんだ歌。別に、世間で騒がれたような是非についてどうこう言う気はないのだけど、残念なことに三日じゃ戻らないんだよなぁ、と感じた。三日を「ある一定期間」の言い換えと考えても厳しいかもしれない。そこにこだわるのは、多分、母親に何度か面と向かって「お前が死んだら立ち直れないから死ぬな」みたいな事を言われたせいだろうけど((特に何か切羽詰まってると言う訳じゃなくて、冗談半分みたいな状況でだけど))。

取り合えず、親が死ぬまでは頑張って生きるかなぁと思った。

2008-10-05

泣きたいとき

ふと泣きたいことってあるよね。なんというか、眼球の運動みたいな感じでね。

そんなとき、ボクは『外国人クレしんオトナ帝国を見て号泣する姿にもらい泣き』をします。

想像上の人間もらい泣きしてると、その人が自分にのりうつり、口は震え鼻水がとまらなくなります。

でもどこか客観的な自分も発見できてとても面白いです。

お試しあれ☆

2007-10-30

煽られるのが嫌だ

小学生の時、集会などでの先生の話が大嫌いだった。

何故か。

俺は小学時代広島に住んでいたから、当然のごとく平和教育を受けた。

当然、感想を書かされるわけだな。

でも、「こういう方向で感想を書きましょうね」という無言の圧力が当然ある。

でもそんなのry、とばかりに「本当に思ったとおりの、授業そのものへの感想」を書いた。

正直小学五年生にもなると流石にうっとうしいからな。広島に生まれた者の試練だ。

当然、担任マジギレ。反省文を書かされる。

中学生になると、こういう誘導に対する反発が、普通反抗期子供以上に大きくなっていた。

あるとき、学校行事で街のホールに行った。

帰ってきた後、「道路を歩く時の態度が悪い!」とわざわざ緊急集会で起こられた。

学校中の先生がわざわざ集まってきてね。

中でも印象的だったのが「昨日は私の誕生日やった。でもこんなことになって、先生はホンマに、ただ悔しいです。」

と涙ながらに語った女教師。知るかよ!

更にむかついたのが、その後一部の女子たちがもらい泣きしてやがったこと。なんでだ!?

こういうことが積み重なって、煽動とかそういうのに対して異常に反発するようになっちまった

体育大会の集団演技合唱コンクールにおける体育教師や女子のうるささとかもう…

俺自身はそういうマスゲームや歌が嫌いじゃなかったんで本気で取り組んだんだけど、

真面目に練習しない友達が影で非難されてるのを聞くといたたまれない気持ちでいっぱいだったよ。

俺も彼らも大差ない。嫌いなことを無理にやらせるとかどう考えても狂気の沙汰。

大学じゃこういう雰囲気を醸す場や人間を回避し続けてきたから楽しかった経験の方が多い。

でも会社に入るとそうは行かないんだろうなぁ。

小学校中学校の教師になろうと頑張ってる同級生は本当に尊い。

俺なら、同僚も上司も嫌いな奴だらけの職場じゃ絶対やってけないよ。子供は好きだけどさ。

2007-10-07

anond:20071007150345

でもこれってつまり“もらい泣き”みたいなもんだろ?

“もらいゲロ”でもいいけど。

ただの数字を憎悪といえる元増田の神経って、やっぱり独善だよ。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん