「JOC」を含む日記 RSS

はてなキーワード: JOCとは

2021-04-06

のんきなアスリートが許せない

今までは気にしてなかったけど、池江璃花子瀬戸大也ニュース見て思うようになった。

のんきに五輪予選に出てるアスリートは、五輪を強行しているIOCJOCと同じくらい邪悪だわ。

もはや日本世論としては五輪は中止にしたいんだよ。

今までは、スポンサーの顔色をうかがってなかなか中止の決断ができない上層部嫌悪感を抱いていたけど、

何も意見を言わず従ってるだけのアスリートも同罪だよね。

アスリートが参加をボイコットすれば中止になるんだから

そりゃあ今まで練習してたんだから、できれば大会に参加したいのは認めるよ。

でも、いまは世界一丸となって立ち向かわないといけない困難の時代であるわけであって、

泳ぎたいだとか走りたいだとかいう、個人的動物感情が優先されるものではないよね。

そういうわけで、心あるアスリートには、ぜひ五輪ボイコットを表明してほしいと思う。

それがスポーツマンシップってやつでしょう。

2021-03-26

anond:20210326004026

じゃあその理念から外れてアスリート以外の商売人巻き込んだIOCJOCクズって事じゃん

2021-03-25

anond:20210325232003

まぁ、現場人間ことなんか知ったこっちゃ無いIOCJOCにとってはそうなんやろなぁ

2021-03-22

雑誌映画秘宝』の記憶(21)

真魚八重子の反応に対する返答、のようなもの

真魚八重子(※映画ライター雑誌映画秘宝』に寄稿歴有り)が、はてな匿名ダイアリー投稿している私の文章を目にしたことを知りました。だからといって、私は投稿を止めるつもりは無い―――そもそも始めた時も自分意志で始めたことなので、当然、終える時も自分自身の意志で決めます―――のですが、この反応を切っ掛けに私が考えたことを少し述べたいと思います

記憶」と銘打ちながら、毎度毎度「考え」や「思い」を述べてばかりで、自分でも羊頭狗肉とは思いますが、なにとぞ御御容赦下さい。

筆名・侍功夫(samurai_kung_fu)は真魚八重子パートナーです(その関係は私も既に把握済みであったものの、侍功夫に対する批判文中で持ち出す必要は無いと思って書きませんでした)が、彼ら/彼女らのように物書き同士が人生パートナーであることには、私を含めた常人には分からない、特有の苦労が伴うようです。自分パートナーが書いた文章の中に問題が有る/疑問に思えるような箇所を見つけたとしても、互いに独立した物書きである以上、たとえパートナー同士であっても書くことを止めたり内容を変えさせたりすることは、おいそれとできない。そういう何か―――事情というか信条というか、そのようなもの―――が彼ら/彼女らには有るようです。

物書きと云う仕事の人たちは―――良い悪いは別にして―――、己の信念と他者から批判の板挟みになりながら「孤独」や「苦悩」を引き受けざるを得ない宿命なのだと私は思いました。

しかし、もしも、それが「本来は背負う必要の無い『孤独』や『苦悩』」であれば、たとえ物書きの身であっても背負わなくても良いのではないでしょうか?私はそう思います

私はこれまでの投稿で、真魚八重子パートナーである功夫だけでなく、他の『映画秘宝』ライター関係者も含めて、彼ら/彼女らに見られる「ホモソーシャル集団病理」を批判してきました。

排他的仲間意識」。仲間が何か問題を起こしても諌めたり批判したりせず、盲目的に仲間の味方をする一方で、一度「自分や仲間にとっての敵」と烙印を押したならば、集団の外部の人間に対して激しい攻撃を仕掛ける。

このような彼ら/彼女らの行動様式を見れば、ホモソーシャル集団一見「強い結束力」を持つかのように思えますしかし、実際のところは、どうなんでしょうか?

アニキなり仲間なりが問題行動をとった時、それを「問題」として認識し得るだけの知性や能力を、本来は彼ら/彼女だって持ち合わせていると、私は思います。専業であろうとパートタイムであろうと、プロだろうとアマチュアだろうと、彼ら/彼女らは「何かを考えたり、考えたことを書いたりすること」を選択した人間なのですから

そんな彼ら/彼女らが―――知性を持ち合わせているのにもかかわらず―――自分が目にした『仲間』の問題行動を諌めたり批判したりすることを、何かしら我慢して控えねばならない境遇に置かれているのだとすれば、それはとても「窮屈」というか「不自由」なことですよね?

それって、物書きとして本当に「楽しい状態だと言えるのでしょうか?

人間は、たとえ集団の中にいても、自分の「本音」や「心の声」を押し殺し続けていれば「孤独」に苛まれるようになるものです。

映画秘宝』の編集者ライター陣は、自分たちのホモソーシャル集団に閉じ籠もっていることで、仲間同士の目ばかりが気になって、自分自身の本音を言えなくなってしまい、その結果として、一人でいる時よりも却って孤独」になっていませんか?それを私は非常に危惧しています

映画秘宝』の読者・ファンは、しばしば「オレ(たち)の『映画秘宝』」と云う表現を使うことを好みます(真魚八重子場合女性なので―――彼女が実際にそう言ったことがあるのかどうかは知りませんが―――「ワタシ(たち)の『映画秘宝』」と書くべきでしょう)。

映画秘宝』の愛読者・ファン出身人間が物書きとなって、同誌を「物書きとしての自分の居場所」にすることを実現できたのであれば、それは本人にとって幸せなことでしょう。まさに「オレ/ワタシ(たち)の『映画秘宝』」と言いたくなる気持ちにもなるでしょうし、そのような「幸せの在り処」を守りたくなることも人情として理解はできます

しかし、もしも仮に、自分自身の心を無理やり押し殺しているのであれば、それでも「オレ/ワタシの『映画秘宝』」と言えますか?

そこには肝腎の「自分自身」が存在しないじゃあないですか。

物を書くと云うことは、他ならぬ「自分自身」が存在することの証明じゃないのですか?

その「自分自身」を殺してしまうならば、物書きとしての活動の意義を失いませんか?

映画秘宝』に居場所を確保すること自体目的化してしまい、本来の出発点である自分自身が物書きであること」の矜持を失ってしまったのでは、それでは本末転倒ではないですか?

町山智浩高橋ヨシキが仕出かした、女性に対する蛮行から目を逸し、何も言わず口を噤み続け、それで「物書き」として心苦しくならないものなのですか?

町山智浩高橋ヨシキ蛮行に目を瞑りながら「町山さん/ヨシキさんは頑張っていた」なんて言ってる『映画秘宝』関係者たちの姿は、世間の人たちの目から見れば、森喜朗女性別に目を瞑りながら「森さんは頑張っていた」と言っていたJOC関係者に瓜二つですよ。その自覚は有りますか?

私は「本来は背負う必要の無い『孤独』や『苦悩』」と書きました。

わざわざ「加害者は悪い『けれど』」と言って被害者批判と見なされかねないことを言ったり、わざわざ柳下意味不明ツイート呼応して草を生やしたツイートをしたり、そんなことを「わざわざ」する必要は無いと、私は思いますよ。

真魚八重子や侍功夫が「わざわざ」そんなことをしてしまったのは、ホモソーシャル集団内部での「他の仲間の目」ばかり気にしていたから、怯えていたからじゃないですか?そんな「狭い閉じた世界でのみ通用する尺度」に惑わされてばかりいて、これから先「物書き」としてどうするんですか?

私は「してしまった」「していたから」と過去形表現しました。今、引き返せたならば、真魚八重子も侍功夫も、これから先に同じような過ちを繰り返さなくて済むのではないですか?

真魚八重子からの反応に対する、私の返答のようなものは以上です。ヘイル・サタン

IOCJOC責任から逃げてるだけ

オリンピック中止」という決断をしてしまうとそれに付随する責任決断者に降りかかってくるからな。

まぁ、その責任を背負えないなら責任者の資格無いけどな

2021-02-19

スター工作

カッキー on Twitter: "橋本氏は過去言動にいろいろと問題ある人だと思ってるんだけど、今回のは典型的な、キャリアアップした女性が厄介事を押しつけられる、典型的な「ガラスの崖」じゃん…と思い、tweetするのに参考リンクつけようと思ったら、JOCサイトに…

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/twitter.com/kakkyaa/status/1362602301614034945

quick_past

chobihige0725

zyzy

w_bonbon

yhaniwa

lady_joker

skythief

el-condor

tenn_yu

kamezo

トップブコメ10人全員にスター水増し

2021-02-18

君は丸山珠代の大臣就任を認めるのか

丸山珠代は、投票に行ったこともないくせに国会議員になろうとした恥知らずだ。

https://www.asahi.com/senkyo2007/nikkan/NIK200707180006.html

そいつ当選し続けちまってる、東京都民民度の低さも大概にしてほしいものだ。

森喜朗お気に入りだか安倍晋三お気に入りだが、両方のお気に入りだか知らないが、

自民党内でひいきされているというのはニュース解説でちらちら耳にしたし、党内人事で決まる(らしい)、副大臣歴任しているのは事実だ。

だが、さすがに大臣ってどうなんだ?

おそらく一度も選挙に行ったことのない女が、おじさまたちに気に入られるだけで出世して、とうとう大臣にまでなるというのか。

コロナ禍で会食するより、セクハラおばさんのJOC理事就任より、こっちの方がよほど問題だ。

2021-02-17

森さんの後任が山下さんなら組織員会いらないよね

山下さんはJOC会長なんだし、組織委員仕事JOCが引き受ければいいし、引き受けきれないなら組織委員から移ってもらえばいい

組織委員会の職員なんてほとんどが企業東京都からの出向だろうし、移れと言われたら移るだろうし

そもそもJOCがやる仕事組織委員会(森元会長)に丸投げしてたわけだし

いなくなったらなら組織委員会を継続させる理由がない

2021-02-13

都知事五輪担当相・組織委員会会長JOC会長あたりが

アウトなのは重々承知で書くけど

仮に、都知事五輪担当相・組織委員会会長JOC会長あたりが全員女性になった場合

オリンピックに関する何事に関しても、しょっちゅう揉め事になって、針小棒大な話になって、

わけわからんってなりそう。

と思ってしまった。

2021-02-12

二宮某とかのスポーツコメンテータ達も森元を礼賛してただけだもんな

JOC御用コメンテータだったのかな?

それって所謂スポークスマンじゃね?

女性差別発言で森だけを批判するのは間違いだった

森は差別発言をしたので批判が出るのはそうなんだけど

撤回会見の前に辞任を覚悟した森を慰留したり、

手のひらを返したIOCから女性会長とのW会長体制を勧められたのに

森の一存で断れてしまう時点で

日本オリンピック委員会JOC)の自浄作用のない組織体に着目すべきだった。

JOCよ、本気でオリンピックパラリンピックを必ずやりたいと言うなら膿を全て吐き出せ。

残念なことに開催できなかったとしても、日本未来は少しはマシになる。

anond:20210212090521

JOCって見聞きしたらJCO?まぜまぜしててチェレンコフ光被曝を思い出してドキドキするし、貨物列車コンテナJOTみたら吊端激彦てジャパンオナニストレンメイ名乗ってクソコラム書いてた人思い出してニチャアしてしま

IOCはなんとか体面は保ったがJOCは開き直る模様

「どうせ喚いてるやつらも数ヶ月したらさっぱり忘れるバカばかりだろ?」って分かってるわけだ。

バカ有権者が選んだバカ政治家取り巻きからな。

よく分かってらっしゃる

2021-02-11

森喜朗氏をバッシングするマスメディアや男たちよ、あなた方はそんなにご立派なのか?

 森喜朗氏の話した内容は、不適切だったと思う。それは間違いない。

 しかマスメディア記者さんたちよ、あなた方による森批判バッシングを見るにつけ、あなた方は本当に批判できる立場なのかよとも思う。日本報道関連企業取締役局長級女性などほとんどいないじゃないかJOC女性理事比率は低いが、それよりもずっと低いだろうが。

 また、マスメディアの人たちは「女性一般不安を感じやすく~」なんていうざっくりした番組記事を、時々放送したり書いたりはしていないだろうか。それだって差別だろう。

 そして、テレビニュース街角インタビューに答えて「森氏やめてよかったです!」などと鬼の首を取ったかのように話す一般男性あなた、本当にそんなことが言える立場なのか。なーんも考えず誰かの批判に乗っているだけだろう。森氏をバッシングすることで自分ストレスを発散してんじゃないよ。

 多くの人は、「女は~」とか「男は~」とか「○○人は~」「○○社の社員は~」「東大出は~」「○○省の役人は~」「○○県人は~」「○○世代は~」などと、普段言っていないだろうか。しかし、それもまた差別である他者差別したことのない人間などいない。少なくとも深く考えていないくせに、そんなに自信満々で他者を(それが政治家であっても)力いっぱいバッシングするものではない。気持ち悪い。

 自分もまた、何行か前(↑)に「マスメディア記者」や「街頭インタビューに答える男性」を、ひとくくりにして批判した。これもまたマスメディア差別であり、街頭インタビューに答える一般男性差別である

 このように「人を差別せずに生きるということはそう簡単問題ではないんだ」ということを少なくとも念頭に置き、自分批判する資格が十分あるという奴だけ、自信満々で森氏を批判してほしい。

 「あなたたちの中で罪を犯したことのない者がこの男に、まず石を投げなさい」

発言個人的意訳と意見

発言構成としては

女性登用を推進されるご時世である

拙速女性登用推進には弊害も起こりうる

組織委員会ではうまく行っている。今後も女性登用を推進していきたい

というものであり、この内容自体非難されるに当たらないと思った。

発言意訳

参考URL https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2021/02/04/kiji/20210204s00048000348000c.html

女性理事を4割入れるよう、文科省がうるさく言っている。4割という数字を達成するために精査せずに女性を登用すると、理事会に時間がかかるなど弊害が起きる。ラグビー協会では女性を登用するようになってから理事会に倍の時間がかかるようになった。

理事職に応募するような女性達は、優れた面でもあるが、競争意識が強いところがある。誰か1人が手を挙げると、自分も言わなきゃいけないと思うのだろう、会議の主目的に沿わない内容でもとりあえず発言する。私の意見ではないが、女性理事を増やしていく場合には発言時間をある程度規制しておかないとなかなか終わらずに困る、と言っていた人もいた。

(森氏が会長を務める)組織委員会には女性が7人くらいいるが、この種の弊害は起きていない。競争意識で応募したのではなく、委員会役割をわきまえた人だからだ。みんな競技団体から出身国際的に大きな舞台経験している人達ばかりだ。だから会議においても、競争意識から議論のための議論ではなく、意味のある議論をしてくれていて非常に大きな役割となっている。委員会に欠員があったら次もすぐに女性を選ぼうと思っている。

意見

管理職になりたがらない女性が多いことは事実であり、理事組織委員会女性を登用するにあたり、見識を持った人材を確保するのが大変なのはその通りだと思う。そこで4割という目標クリアするためにとりあえず女性を、と選んでしまうと、オリンピック成功よりも自身の箔付けのために理事になりたいような人が採用されてしまうというのもありうることだと思う。

そのような人に理事会を自己アピールの場として利用されてしまうのは、オリンピック成功第一義として考えている人(JOC理事組織目標をわきまえている人)からしたら苦々しく思うところだろう。国会クイズ大会を見せられた時の呆れた感情を思い起こした。

今回の件は男女平等に向けて古い慣習から脱皮する中で生じた摩擦なのだと思う。古い価値観男性(やいわゆる名誉男性)だけで理事会・組織委員会構成していたら「女性は話が長い」という文句も出なかったはずで、新しい価値観へ向けて前進しているという証左としてポジティブに捉えてもいいのかなと思った。

データに基づいていない印象による決めつけの発言が多く(「ラグビー協会は今までの倍時間がかる」「誰か1人が手を挙げると、自分も言わなきゃいけないと思うんでしょうね」)、そこは非難されるところかなと思った。しかし例えば、実際データを集めた結果「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかります」という発言をした場合は許されるのか?結局怒られる気がするので、印象だけで決めつけたからアウトというわけでもないのかな。

記者の側の問題でもあるが、なぜ組織委員会では問題が起きていない(=わきまえた女性ばかり登用できている)のか、そこの話を聞きたかった。金銭的、時間的にコストを掛けて人材登用した?組織委員会の方がJOC理事より心理的ハードルが低い?人数の問題でそれほど大人数を選ばなくてよかっただけ?なにかしらノウハウがある?

ところで、自分でも整理できていないが、わきまえていない女性理事会・組織委員会に入ることはダメなことだろうか。

貴重な素人目線の指摘を貰える可能性がある(理事委員の重責に置かなくとも別途意見収集すれば良いだけな気もする)

玉石混交人材をまとめ上げてチームとして運用していくのが会長役割ではないか

というような考え方もできるので、一概に望ましくないと言い切ってしまうのも何かためらうところがある。

余談ながら、私は『わきまえない女』でありたい。と言った人がいたが、森氏の言うところのわきまえない女とは職責よりも自己アピールに重きをおくような女性のことであろう。果たして本当にそんな女性になりたいのだろうか。

2021-02-10

森元五輪仕事を辞められない理由

壁役が居なくなってしまい、周りに甚大な被害をもたらすからだ。

五輪に関する批判を一手に引き受け、尚且つステークホルダーとの調整役もこなすのが森元である

普段から文句言うことしかやってない左派連中とは真逆立場である

もし森元がいなくなったら、JOCが壊れるのは目に見えてる。かと言って彼の代わりが出来る人材は他には居ない。

からエクストリーム擁護と言われようが擁護する人は出てくるし、JOC与党側やスポンサーから森元の辞任を求める声が出ないのだ。

出したら「お前らに代わりが出来るのか?」になってしまうから

2021-02-07

SNSの声は森氏を倒せない

SNSの声は20代女性を殺すことはできても、繊細さの欠片も持ち合わせていない老政治家を倒すことはできないだろうと思っている。

これは完全に想像だが、JOCIOCによる中止の決断瀬戸際まで待ち続ける撤退戦最中で、"そのとき"まで森氏にはその厚い面の皮で開催の気概を主張し続ける役割が期待されているように見える。

まり意識の高い人々やアスリート欧州各国の大使館が声高に叫ぶ『政治的正しさ』は彼ら政治家の秤には乗ってすらいないことになる。

どんなに間抜けに見えようが政治家というのは利害調整のプロであるので、仮に五輪が開催されるとなったときに初めて『政治的正しさ』が秤に乗り、五輪に相応しくないとして晴れて森氏の首が斬られる、ということになるのかもしれない。

こう考えてみると哀れな立ち位置に見えてきてならないが、彼自身はそんなこと露程も思っていないのだろうな。

anond:20210206223117

委員長発言は八十過ぎた頭の固い男尊女卑爺さんの失言で終わりなんだけどさ。

世界に冠たるイベント実行委員長に頭の固い男尊女卑爺さんを据えてる不備」

「その爺さんが失言しても組織として切れない不備」

「『会議はさっさと終わらすもの』というなあなあ構造JOCと言う日本トップスポー機関で温存させてる不備」

政府としても元首相の大親分だからって即座に非難出来ない不備」

一人の失言を機に、そもそも五輪委員会JOC政府まで含めて、まとめて組織風土ガバナンスに不備があるんじゃないかと問われてるんですよ。

先進国の末席を汚す身として、こんなみっともねえ話はないぜ、おい。

2021-02-05

森の映画ならタイムリープモノで作りたい

2021年2月

新型コロナ感染症は、ようやくワクチンが開発されたものの、今年度中の感染終息は難しいだろう。

業界政界産業界から日々かけられるプレッシャー

オリンピックの開催は絶望的だと分かっていても、表立って言うことは許されない立場だ。

マスコミから開催の是非を問われても、俺は話をはぐらかすしかない。

本心を述べるには、老いた両肩にかかる責任が重すぎる。

 

そんなある日、JOC会合での冗談混じりの発言が、猛烈な批判に晒された。

所詮マスコミ民衆が騒いでいるだけ。俺はただ責任を果たすだけだ。

・・・その認識が、甘かったのかもしれない。

気付けば俺は、あらゆる職責を外され、引退に追い込まれていた。

 

3ヶ月が経ったある日。悲願の東京オリンピックの中止が昨日、正式に決定した。

振り返れば政界に入って50年。

少し前までは、誰もが必死に俺の予定を取り合っていたのだが、

引退した上に新型コロナ感染症が終息しない中、誰も俺に会いに来ない。

まさか、この年でここまでの孤独を味わうとは思わなかった。

1人で馴染みの店でしこたま飲み、いつもよりはるかに早い20時に店を追い出されてフラッと道に躍り出た。

眩い光に晒される。ちょうどよく車が来たようだが、止まる気配はない。俺は元首相だぞ。止まれ

 

本日の予定は以上となっております。」

聞き覚えのある声。

俺は、ふかふかした椅子に深く腰掛けていた。

・・・ここは・・・

周りを見渡すと、日めくりカレンダーが目に入った。

 

2000年5月15日

 

まだ耄碌しきっていない脳が神速で働き、30秒で状況を理解した。

これは、まさか

夢かもしれない。

 

にわかには信じられないが、秘書確認しても、やはりそういうことのようだ。

それにしても、まさかこの日だとは・・・

だが。

20年後の悲劇を知っているのは、俺だけだ。

 

俺は今、かつてと同じ壇上で原稿に従い、同じ言葉を話そうとしている。

しかしながら、これから語る言葉は、以前と別の意味を持っている。

思えばここ数年、人前に立つのは幾度とあれど、ここまで自分の心を込めて、物事を語ったことはあっただろうか?

柄にもなく、緊張している。

やらねばならないことは膨大だ。それでも、日本のために人類のために。

俺は今日・・・語るのだ。

・・・日本の国、まさに天皇を中心としている神の国であるぞということを国民の皆さんにしっかりと承知をして戴く、その思いでですね・・・

https://anond.hatelabo.jp/20210203195544

anond:20210205214036

JOC電話番号がわからいか東京都電話するのかなと思ったらJOC電話番号もすぐわかった

JOC - JOCについて | 所在地
https://www.joc.or.jp/about/address/

こっちには電話殺到したりしていないのだろうか

NHKはこっちにも取材するべきなのではないだろうか

それとも取材はしたが回答を得られなかったのか

それならそれで「回答はなかった」という記事にすればいいのではないか

NHK的にはJOCケンカを売るような記事は書けないのだろうか

しかし「抗議電話殺到」の記事を書く時点で十分JOCを敵に回している

謎は深まるばかりである

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん