「KOKIA」を含む日記 RSS

はてなキーワード: KOKIAとは

2020-02-29

映画ホテルビーナスサントラ

15年振りに聴いてる。

KOKIAのdesperadoで泣いちゃった

2018-12-31

[]2018年12月30日日曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
007215190211.063.5
01809009112.640
021492966.438
03121628135.742
04834142.639.5
05989299.160
061175368.567
07192599136.873
08393949101.336
0980711889.042.5
10567801139.379.5
1170560580.141.5
12545919109.653
13427706183.533
14597016118.934
1586513159.735
16868843102.837
17738105111.041
18779615124.961
19114656957.624.5
208412462148.435.5
211931120158.032
221721393081.035.5
23147975866.445
1日165716206997.841

頻出名詞 ()内の数字単語が含まれ記事

人(131), 自分(98), 今(78), 日本(70), 好き(67), 話(61), 増田(60), ゴミ(59), 問題(46), 前(43), あと(41), 相手(41), 普通(40), 仕事(39), 感じ(39), 韓国(39), 人間(36), 男(31), 気(31), ー(31), 時間(31), 今日(29), 金(29), 女(29), レベル(29), 最近(29), 必要(29), 顔(27), アニメ(26), 理由(25), 関係(24), じゃなくて(23), 理解(23), 音楽(23), 昔(23), 最初(23), 言葉(22), 意味(22), 場合(22), 結婚(21), 女性(21), ネット(21), しない(21), 一番(21), 目(20), 他人(20), 確か(20), 子供(20), 話題(20), 存在(20), 東京(19), 嘘(19), 歌(19), 家族(19), 手(19), 日本人(18), 気持ち(18), 他(18), 名前(18), 声(18), 今年(18), 海外(18), 頭(17), ワイ(17), 自体(17), 誰か(17), 事実(17), 世界(17), 元増田(16), 結局(16), バカ(16), 嫌(16), ただ(16), 年末(16), 方法(16), 会社(16), 反応(16), 横(16), 作品(15), 人気(15), 下手(15), 先生(15), 来年(15), わからん(15), 事件(15), 正直(14), 子(14), 状態(14), 国(14), 本人(14), 間違い(14), 別(14), 迷惑(14), 差別(14), オタク(14), 本(14), アホ(14), 一人(14), 逆(14), 地獄(14)

頻出固有名詞 ()内の数字単語が含まれ記事

日本(70), 増田(60), 韓国(39), じゃなくて(23), 東京(19), ワイ(17), 元増田(16), わからん(15), 北朝鮮(13), KKO(13), 可能性(13), レーダー照射(12), ネトウヨ(11), 2018年(11), アレクサ(10), 個人的(9), 中国(9), なんだろう(9), ブログ(9), マジで(9), 北欧(9), スマホ(9), キモ(9), なのか(8), いない(8), 一緒に(8), イケメン(8), フランス(7), 牛丼(7), CM(7), KOKIA(7), s(7), EDM(7), プレイ(7), VR(7), な!(6), P(6), 製造業者(6), J-POP(6), ID(6), 10年(6), 外国人(6), 自分自身(6), ザバス(6), キモい(6), 立ち位置(6), アレ(6), ブコメ(6), にも(6), 価値観(5), カス(5), 苫米地(5), LGBT(5), ここに(5), 1日(5), アジア(5), hatena(5), Twitter(5), ???(5), コミケ(5), w(5), 化粧下地(5), みかん(5), …。(5), 化粧品(5), 何度(5), 大阪(5), 同人誌(5), to(5), なんの(5), 筋トレ(5), 被害者(5), 嫌悪感(4), 良いお年を(4), 3時間(4), アメリカ(4), ヒット曲(4), u.(4), 1人(4), 脳内(4), モテ(4), 一日(4), 世界観(4), 日本側(4), 100円(4), 加藤(4), 分からん(4), 美容室(4), フェミ(4), 社会福祉(4), 黒歴史(4), AKB(4), アプリ(4), 腐女子(4), Hagex(4), 日常的(4), リアル(4), その子(4), m(4), クオリティ(4), 日本政府(4), 安倍(4), togetter(4), SNS(4), キチガイ(4), twitter(4), .s(4), イケ(4), yahoo(4), 上の(4), 関係者(4), 基本的(4), 普通に(4), アメリカ人(4), 韓国側(4), PC(4), 安倍総理(4), サブカル(4), ホリエモン(4), ja(4)

本日の注目単語 ()内の数字単語が含まれ記事

KOKIA(7), サバス(11), ザバス(7), 艦船(4), 矢野顕子(3), 良いお年を(4), 泥臭く(5), 苫米地(5), 四畳半(6), 12月29日(3), De(3), 史上最低(3), 歌手(12), 年末年始(9), 北欧(9), 年末(16), 神社(6), 醤油(13), 正月(6), 化粧品(5), 聴く(9), 牛丼(7), 北朝鮮(13), アーティスト(9), 帰省(6), 来年(15), 歌(19), ギャル(12), ロック(6), 韓国(39), 音楽(23), 上手い(12), ゴミ(59), ググ(7), フランス(7), ハマっ(7), 構成(8)

頻出トラックバック先(簡易)

■早死にするために煙草を吸っている /20181230014646(19), ■女の子化粧品プレゼントしたい /20181230001639(16), ■どうも艦船オタクです /20181230131400(12), ■俺「アレクサ、醤油とって」アレクサ「すみません できません」 /20181229234536(11), ■anond20181230205501 /20181230205959(11), ■ /20181230011956(8), ■どうして美人イケメンが好きなのですか? /20181230180125(8), ■年末年始に読みたい本教えてクレメンス /20181230172555(7), ■ /20181229132440(6), ■韓国レーダー照射に関する整理 /20181229020553(6), ■餅は塩が一番 /20181230084328(6), ■外に奇声を発してるおっさん集団がいる。 /20181229204913(6), ■[人生] 恋人を作る方法 /20181230091201(5), ■人間の三大欲求 /20181230012831(5), ■牛丼の話 /20181229173517(5), ■https://anond.hatelabo.jp/20181229234536 /20181230120630(5), ■ /20181230070816(5), ■anond20181230212203 /20181230212309(5), ■英語教育って北欧とかの真似すりゃいいんじゃないの? /20181229181037(4), ■ /20181230230320(4), ■残業時間 /20181230224333(4), ■anond20181230204532 /20181230205202(4), ■PayPay恥ずかしくて使えない /20181230163229(4), ■anond20181230225135 /20181230225445(4), ■anond20181230231801 /20181230232356(4), ■寒いと机で作業出来ない /20181230185040(4), ■anond20181230231132 /20181230231522(4)

増田合計ブックマーク数 ()内の数字は1日の増減

5912369(0)

2018-12-30

もっとKOKIAみたいな実力派の歌手っていないの?

ていうか井上陽水があげられると思ったが意外と出ないんだな

anond:20181230210712

増田があげてくれたKOKIAと聞き比べりゃ次元の違いがわかるよ

2018-03-22

anond:20180322083728

ああ…ヒールゾンビキノコとかゾンビ猿みたいな奴を延々と癒やし殺してた記憶しかない。

KOKIAアルバムを聴きながらずっとやってたな。

大学の仲間ともちょっとやってたけど。洞窟の奥のなんかデカい敵に突撃したな。

2009-09-30

http://anond.hatelabo.jp/20090929101459

スフィアだけじゃなくて、ミューレの声優個人にも「人気声優」っていう枕言葉が、いつもつく気がする。

エキサイトアニメニュース : 機動戦士ガンダム00 Voice Actor Single再始動第二弾!人気声優高垣彩陽KOKIAコラボレーション!!

いつから高垣彩陽が人気声優様になったのだろうか。

2008-07-27

ちょいケルオタが非オタ彼女にちょいケル世界を軽く紹介するための10本

まあ、どのくらいの数のちょいケルオタがそういう彼女をゲットできるかは別にして、

「オタではまったくないんだが、しかしちょいケルの童貞臭さを肯定的に黙認してくれて、

 その上で全く知らないちょいケルの世界とはなんなのか、ちょっとだけ好奇心持ってる」

ような、ヲタの都合のいい妄想の中に出てきそうな彼女に、アニメのことを紹介するために

見せるべき10本を選んでみたいのだけれど。

(要は「the most relaxing feel」「iamge」の正反対版だな。彼女アニメ布教するのではなく

 相互のコミュニケーションの入口として)

あくまで「入口」なので、時間的に過大な負担を伴うイベント、「芸能山城組ケチャまつり」「Sound Horizon Live Tour - 領土拡大遠征」などの参加は避けたい。

できればアルバム、1アーティストに1枚にとどめたい。

あと、いくらちょいケル的に基礎といっても古びを感じすぎるものは避けたい。

ちょいケル好きが『JVC WORLD SOUNDS』もちょいケルだ!と言っても、それはちょっとさすがになあ、と思う。

そういう感じ。

彼女の設定は

ちょいケル知識はいわゆる「テレビまんがから流れてくる劇伴」を除けば、菅野よう子程度は聞いている

サブカル度も低いが、頭はけっこう良い

という条件で。

まずは俺的に。出した順番は実質的には意味がない。

PAINT THE SKY WITH STARS-THE BEST OF ENYAEnya

まあ、いきなりここかよとも思うけれど、「Enya以前」を濃縮しきっていて、「Enya以後」を決定づけたという点では

外せないんだよなあ。アルバムベスト版だし。

ただ、ここで「Enyaの姉がClannadというアイリッシュトラッドグループに参加して……」と言ってしまうと、「エロゲーオタ超キモイ!」と彼女との関係が崩れるかも。

この多重録音過多な作品について、どれだけさらりと、嫌味にならず濃すぎず、それでいて必要最小限の癒しポイント彼女

伝えられるかということは、オタ側の「真のコミュニケーション能力ニューエイジ臭くなりがちなちょいケル暗黒部をできるだけスルーするという意味合いにおいて)」の試験としてはいいタスクだろうと思う。

「月奏~ツキカナデ」-Ar tonelico hymmnos concert Side紅、「澪~ミオ」~Ar tonelico2 hymmnos concert Side.蒼~(志方あきこ等)

アレって典型的な「オタクが考える一般人に受け入れられそうなヒーリングミュージック(そうオタクが思い込んでいるだけ。実際は全然受け入れられない)」そのもの

という意見には半分賛成・半分反対なのだけれど、それを彼女にぶつけて確かめてみるには

一番よさそうな素材なんじゃないのかな。

「ちょいケルオタとしてはこの二つは“音楽”としていいと思うんだけど、率直に言ってどう?」って。

Comparsa - Deep Forest III(Deep Forest

ある種のちょいケルオタが持ってる自然への憧憬と、エリック・ムーケとミシェルサンチェーズのオタ的なサンプリングへのこだわりを

彼女に紹介するという意味ではいいなと思うのと、それに加えていかにもDeep Forest

童貞的なださカッコよさ」を体現するアフリカン・ヴォイス

童貞的に好みな女」を体現するリズムのいいシンセメロディ

の二要素をはじめとして、オタ好きのする要素を音楽にちりばめているのが、紹介してみたい理由。

Are You Shpongled(Shpongle

たぶんこれを見た彼女は「Hallucinogenだよね」と言ってくれるかもしれないが、そこが狙いといえば狙い。

この系譜の作品がその後続いていないこと、このアルバムに収録されていた「Divine Moments Of Truth」がFlash作品となって大人気になったこと

アメリカなら亜流が大量に発生して、それが日本に輸入されてもおかしくはなさそうなのに、

ちょいケル界隈でこういうのがつくられないこと、なんかを非オタ彼女と話してみたいかな、という妄想的願望。

河童のクゥと夏休み オリジナルサウンドトラック若草恵)

「やっぱりちょいケルはアニメによく収録されているよね」という話になったときに、そこで選ぶのは「地球少女アルジュナ

でもいいのだけれど、そこでこっちを選んだのは、この作品にかける原の思いが好きだから。

ガムラン使いてーと言ってAKIRAで先につかわれくそー!と思ってもアルバムに収録されている「逃走」で使っちゃうっていう所が、どうしても俺の心をつかんでしまうのは、

その「捨てる」ということへの諦めきれなさがいかにもオタ的だなあと思えてしまうから。

クゥの長さを俺自身は冗長とは思わないし、もう削れないだろうとは思うけれど、一方でこれが

宮崎アニメ久石譲だったらきっちり自分の音楽の枠内にしあげてしまうだろうとも思う。

なのに、若草恵に頭下げて東南アジア楽器を取り入れた劇伴を作らせてしまう、というあたり、どうしても

「自分の物語を形作ってきたものが捨てられないオタク」としては、たとえ原がそういうキャラでなかったとしても、

親近感を禁じ得ない。作品自体の高評価と合わせて、そんなことを彼女に話してみたい。

Le mystere des voix bulgares(ブルガリア国立放送合唱団

今のちょいケル若年層で生のそのままのブルガリアン・ヴォイスを見たことのある人はそんなにいないと思うのだけれど、だから紹介してみたい。

菅野よう子よりも前の段階で、ちょいケルの哲学とか女性ヴォイス技法とかはこの作品で頂点に達していたとも言えて、

こういうクオリティの作品が民俗音楽として大昔にかかっていたんだよ、というのは、

別に俺自身がなんらそこに貢献してなくとも、なんとなくちょいケル好きとしては不思議に誇らしいし、

いわゆる「Zone of the Enders Beyond the Bounds - Theme from Anubis」でしかブルガリアン・ヴォイスを知らない彼女には見せてあげたいなと思う。

The VOICEKOKIA

KOKIAの「声」あるいは「歌詞づくり」をオタとして教えたい、というお節介焼きから見せる、ということではなくて。

「終わらない祭を毎日生きる」的な感覚がちょいケルオタには共通してあるのかなということを感じていて、

だからこそテイルズ オブ イノセンス主題歌KOKIA姫神以外ではあり得なかったとも思う。

「祝祭化した日常を生きる」というちょいケルオタの感覚今日さらに強まっているとするなら、その「ちょいケルオタの気分」の

源はKOKIAなどの女性ヴォイスにあったんじゃないか、という、そんな理屈はかけらも口にせずに、

単純に楽しんでもらえるかどうかを見てみたい。

Symphonic Suite AKIRA芸能山城組

これは地雷だよなあ。彼女がカネダーテツオーと騒ぎ出すか否か、そこのスリルを味わってみたいなあ。

こういうむき出しのエスニックミュージックをこういうかたちでアニメ劇伴音楽化して、それが非オタに受け入れられるか

ナカマーハシルーを誘発するか、というのを見てみたい。

涼宮ハルヒの憂鬱石原立也監督

サンホラとかルルティアくせーハルヒキャラソンとかあればゲラゲラ笑いながら聞きてーなぁ。

「駄目だこの増田は。俺がちゃんとしたリストを作ってやる」というのは大歓迎。

こういう試みそのものに関する意見も聞けたら嬉しい。

2007-09-22

ありがとう

KOKIAの曲じゃないけど、そういう曲が聞こえてきてもいいくらいしんみりしている。

とはいってもそんな大それた話ではなくて、単に人とのつながりってありがたいなあと。

自分のスペックを晒すと、22歳大学生♂、一留+半年休学でこの後期から復学する。

ある意味現代っ子らしいというか、将来に対する見通しとかを何も立てないまま3回生あたりになり、

自分自身への葛藤人間関係などもろもろのことがきっかけで、ひきこもり+鬱っぽい状態になってしまった。

結果、大学生活やその他数少ない人間関係からの撤退を推し進めてしまった。

最近までそういう状態が続いていたのだが、通院やカウンセリングの成果がでてきて、

なんとか復学、そして進路を考えられる状態になってきた。

そんな自分にも、なぜかまめに連絡をとってくれる人間が3人いる。

1人は高校の同級生でかつ同じ小・中学でもある友達。

中学のころは気が合ってよく遊んでいたが、高校に入って少し疎遠になってしまった。

大学になってからはたまに連絡を取り合っていたが、

自分自身が落ち込んでいるとき、彼もまた精神的に病んでいるらしかった。

そういうこともあってかお互い漠然とした悩みを話したり、またそういうことを抜きにして遊んだりもした。

蛇足だが元来無趣味であった自分に、いわゆるオタ(アキバ系)の知識を吹き込んだのは彼である。

世間的にみてプラスかどうかはわからないが、おかげでそれが日常のハリとなり、他の趣味もできた。

基本的に彼には何事も敵う気がしないのだが、最近では不思議劣等感を感じることは少なくなってきた。

それはいろいろと悩むうちに、自分なりに自分の価値を構築することができたからではないかと思う。

1人は大学の同じ学科だった友達。

彼とは入学してすぐ知り合った。

しばらくは仲良くしていたのだが、次第に彼の言動や自分に対する態度に疑問をもつようになり、

結局は一方的に自分から接することをやめてしまい、また彼の周辺の人間とも話さなくなった。

自分から人間関係を構築することが苦手だったので、それからは大学で孤立しがちになってしまった。

一年前に彼から連絡が入り、半信半疑で会ったのだが、以前に彼から受けた嫌な感じはほとんどなくなっていた。

詳しいことはわからないが、おそらく彼自身、それ以後様々な経験を積み、成長していったのだと思う。

大学生活もろともから逃げ出してしまった自分との対比が浮き彫りになり、恥ずかしかった。

それからは意外と話があうようになり(たまに政治社会問題のことも話したりする)、いい励みになっている。

1人は母親

父親が高校ときに死んでしまい、以後家族を支えてくれている。

母の性格は一言でいえば天真爛漫であり、いい歳してかわいげのある感じなのだが、

無口な自分とは合わない部分もあり、衝突することも少なくなかった。

ときには死にたいと漏らしてしまったこともあり、過度の心配をかけてしまった。ごめんなさい。

それでも、完全に無気力不貞腐れてしまった自分に対して、嫌な顔を見せず明るく振舞ってくれた。

母という存在であるには、どれほどの寛容さが必要なのか。とても想像できない。

最後に自分の気持ちを引き出させてくれた増田感謝

これからは余計な心配をかけず、できる限りの恩返しをして(特に母親)、素直に感謝の気持ちを言えればと思っている。

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん