「key」を含む日記 RSS

はてなキーワード: keyとは

2022-05-20

平成5年まれが選ぶ平成邦楽BEST50

anond:20220517213328を見て自分もやりたくなったので今更ですがやらせてください。

キリがないので1アーティスト1曲縛りで。

順位付けしようとしたけど結局好きなアーティスト順にしか並べてないことに気づいて発売順に並べることにしました。

1990-1999

あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう / 岡村靖幸 (1990)
MAGIC TOUCH / 山下達郎 (1993)
虹 / 電気グルーヴ (1994)
強い気持ち・強い愛 / 小沢健二 (1995)
心を開いて / ZARD (1996)
I'm proud [full version] / 華原朋美 (1996)
Liar! Liar! / B'z (1997)
明日、春が来たら / 松たか子 (1997)
願い事ひとつだけ / 小松未歩 (1998)
picnic / rumania montevideo (1999)

2000-2006

夏の幻 / GARNET CROW (2000)
Close To Your Heart / 愛内里菜 (2000)
ロージー / aiko (2001)
二人のアカボシ / キンモクセイ (2002)
そうだ!We're ALIVE / モーニング娘。 (2002)
key to my heart / 倉木麻衣 (2002)
あたしンち / 矢野顕子 (2003)
Passion / 宇多田ヒカル (2005)
パーフェクトスター・パーフェクトスタイル / Perfume (2006)
パレード / 平沢進 (2006)

2007-2013

you may crawl / school food punishment (2007)
FREE FREE / 鈴木亜美 joins 中田ヤスタカ (2007)
チャイナディスコティカ / Aira Mitsuki (2008)
the Time is Now / capsule (2008)
Jasper / 木村カエラ (2008)
LOVEずっきゅん / 相対性理論 (2008)
PRECIOUS / MEG (2009)
水玉病 / アーバンギャルド (2009)
Last Love Letter / チャットモンチー (2009)
能動的三分間 / 東京事変 (2009)
それでも言えない YOU&I / 南波志帆 (2009)

2010-2013

2人のストーリー / YUKI (2010)
美ちなる方へ / 神聖かまってちゃん (2010)
PONPONPON -extended mix- / きゃりーぱみゅぱみゅ (2011)
ルーキー / サカナクション (2011)
PERFECT BLUE / Base Ball Bear (2013)
Saturday night to Sunday morning / Shiggy Jr. (2013)
社会の窓 / クリープハイプ (2013)
でんでんぱっしょん / でんぱ組.inc (2013)
ミッドナイト清純異性交遊 / 大森靖子 (2013)

2014-2018

LOVE ME TENDER / Wienners (2014)
WillYou♡Marry♡Me? / 清竜人25 (2014)
トキノワ / パスピエ (2015)
君が私をダメにする / 黒木渚 (2015)
生きていたんだよな / あいみょん (2016)
金星 / 女王蜂 (2016)
  • 作詞作曲薔薇園アヴ
  • 「火炎」とか「夜天」もいいんだけど、やっぱりこれが一番かなと思う。一時期これとtofubeatsの「SO WHAT!?」ばっかり聴いてた。どちらも明るい中に切なさがあって好き。
N.E.O. / CHAI (2017)
アラジン / 水曜日のカンパネラ (2017)
READY FOR YOUR LOVE / 平井堅 (2017)
7秒 / モーモールルギャバン (2018)

以上、50曲。選曲コメントで合計6時間ぐらいかかった気がする。でも楽しかった。

BEST50から漏れた曲をこの続きに書いてたけど文字数制限で省かれたので別記事に分けました。

anond:20220520014210

2022-05-08

anond:20220508112113

ごめん、どこに9があるか分からん

う~~ん、最近のも昔のも聞いてみたけど、特にすごく変わっているって感じでは無いと思うなぁ。

とりあえず、KeyはDでA7→Dへの解決は多用されてる。

気持ち良いところだと、胸を反らすのところで

A→D→F#と展開して、B→Em→A7へ解決している所は聞き所。

その後、KeyがGに転調してて、

G、G、C、Em/B→Bの動きはマイナーに落ちる感じで一呼吸にぴったり。

その後はまたDに転調して、終わりまではA7→Dで普通に解決ってパターン

anond:20220507225232

最近はてブって基本否定意見ばっかだから好きなものの話ししづらいんだよね。

たとえばヘブバンの話ふって「KEYって最近は全く話題にならないかゲーム出てたのも知らなかった。アラフォーオッサンプレイしてるの?」「だーまえと言えば小説家デビュー作がスッカリ話題にならなくなったなつまらねーから当たり前か」みたいのがトップコメになりかねないのが今のはてな

つまんねーんだよな。

ボッチになるべくしてボッチになったような人間が集まって、そこから卒業できたやつはこの空気違和感覚えていなくなる根暗蠱毒みたいなもんだよ今のはてなは。

楽しい話題楽しい仲間と。

ブクマするなら叩きたい話題に限るってことだね

2022-05-06

同人誌即売会に魅力を感じなくなってきた

自分や周りが歳をとってきたってのもあるけど

明らかに同人界隈の勢いがない。

PixivだFANBOXだなんだってネットで完結できるようになったのもあるだろう。

リーフKey東方の頃みたいに若いオタクエネルギー同人誌には向いていない気がする。

2022-04-26

結局はFIREするか、弁護士など生涯続けられる仕事をする+健康で居続けるほか無いと言う話

日本年金は持ち家ベースで考えられています

 

ただし、不動産投資知識コネ(建築デベロッパー勤め・不動産営業)がない限り、

750〜2000万程度の年収では投資価値のある物件を買うことは不可能なので、

フツーに賃貸に住み続けた方がお得ですよね

資産価値が高い物件を親から引き継いだよとか、農家など一族経営事業者でも無い限り、

基本的に持ち家はロマン(損得では無く満足感を追求)という位置付けです

 

ただ、自由が効く賃貸住まいであっても、言うまでもない単純な問題があって、

貯金が少なくなってきたら『それなりの物件』に住まなきゃいけません

『それなりの物件』は多くの場合高齢者にとって現実的では無いです

加えて属性低めの人を受け入れる物件は隣人ガチャもヤバめになるし、寝タバコ壁ドン基地外に遭遇する確率も爆上がりしま

 

国は老人向けに団地(RC造風呂トイレ別+バリアフリーエレベーター)頑張るべきでは?と思いつつ、

結局は、年金とは別に生涯INを確保し続けなきゃいけないんだなって思いました

 

健康のために運動しようと何年も言いつつ、数年間ジム幽霊会員で、ここ最近ウォーキングすら全くしていないワイですが

筋トレストレッチや食(身体に悪いもの大好き+面倒で断食しがち)をがんばろうと思いました

たぶん、5年間で100回くらいは同じこと言ってますカツマーではないですがトランポリンは好きです

 

あと、生涯INを得る方法についてもっと真面目に考えようと思いました

ついでにこういう漠然とした認識の仕方だと脳がネガティヴに捉えるらしいので

もっと具体的で短期的な目標を作ろうと思いました

まぁ、3ー5行日記アプリダウンロードすら出来て無いんですけどね

 

 

 

とりあえず情報をいっさい収集せず、くぎゅTS娘で出ているというだけで始めた、アソビモの N-INNOCENCE-(エヌ・イノセンス)はクソでした

アソビモはこういうソシャゲ作りたくないから苦しくてもMMO頑張って来たと違うんか?って思いました

純粋MMO予算的に厳しくても2022年劣化版のFGOチェンクロは無いと思うんだ

シナリオで魅せるとか広告打って効果があるのは、key とか TYPE-MOON とか、とにかく杵柄のある人たちだけです

ガチSF作家の本でも賞を取ったり・映像化されない限り話題にもならない事からお察しいただければと思います

どうしても予算的に厳しいならもっとキャラ萌えゲーに全振りした方が良かったです

作中に登場するTS娘と男の娘百合娘とおねショタフツーに需要があるので、キャラゲーならそこそこ安定した気がしま

 

まぁ文句を言いつつも、東方二次創作でよくあった輝夜みたいなキャラ(cv:悠木碧)が引けるまでは続けるし、

トーラムのグラ強化版みたいなMMOが出るまでこれからもアソビモに期待し続けますが、

アソビモには予算的に無理があるリアルファンタジー路線(エターナル)では無く、今回みたいなアニメ絵路線をお願いしたいです

2022-04-22

昔の国の表記を少し変えるだけで個性的な国々になる

ビンゴの国 ビンゴ当てるまで出られない国

泡の国 いろいろ泡でできてるし民も泡のように簡単に消える

粟の国 主食は粟

Keyの国 泣きゲーが売れすぎて国が建った

タンゴの国 民がタンゴを踊り続けてる

サドの国 サディストを集めてる国

貝の国 住居や服や道具など何にでも貝殻が活用されてる

籤(ひご)の国 竹ひごの名産

秋の国 万年秋の世界

若さの国 老い存在しない国

終わりの国 すべての終着点

日立の国 拝承

箒の国 箒の名産

憮然の国 この国に入ると希望を奪われ失望してぼんやりする

泉の国 泉が湧きまくってる

島の国 複数の島の連合国

蓑の国 蓑をかぶるのがこの国の習わし

2022-04-14

There are many ways to introduce an academic essay or short paper. Most academic writers,

however, appear to do one or more of the following in their introductions:

· establish the context, background and/or importance of the topic

· indicate an issue, problem, or controversy in the field of study

· define the topic or key terms

· state of the purpose of the essay/writing

· provide an overview of the coverage and/or structure of the writing

Introductions to research articles and dissertations tend to be relatively short but quite complex.

Some of the more common moves include:

· establishing the context, background and/or importance of the topic

· giving a brief synopsis of the relevant literature

· indicating a problem, controversy or a knowledge gap in the field of study

· establishing the desirability of the research

· listing the research questions or hypotheses

· providing a synopsis of the research method(s)

· explaining the significance or value of the study

· defining certain key terms

· providing an overview of the dissertation or report structure

· explaining reasons for the writer's personal interest in the topic

Examples of phrases which are commonly employed to realise these functions are listed below.

Note that there may be a certain amount of overlap between some of the categories under which

the phrases are listed.

Establishing the importance of the topic for the world or society

X is a fundamental property of ….

X is fast becoming a key instrument in ….

X is a common disorder characterised by ….

X plays an important role in the maintenance of ….

Xs are the most potent anti-inflammatory agents known.

X is a major public health problem, and the main cause of ….

Xs are one of the most rapidly declining groups of insects in ....

In the new global economy, X has become a central issue for ….

X is the leading cause of death in western-industrialised countries.

Xs are one of the most widely used groups of antibacterial agents and ….

X is increasingly recognised as a serious, worldwide public health concern.

X is an important component in the climate system, and plays a key role in Y.

In the history of development economics, X has been thought of as a key factor in ….

Establishing the importance of the topic for the discipline

A key aspect of X is ….

X is a classic problem in ….

A primary concern of X is ….

X is at the heart of our understanding of ….

X is an increasingly important area in applied linguistics.

2022-04-13

Cookieブラウザ内に情報を保存する仕組み

ブラウザウェブサイトアクセスした際、ユーザに見えないところで使われている。

ウェブサイトからブラウザさん、次からウチに来るときはこの箱持ってきてや」と頼むと、ブラウザが「おう、ほならしまっとかんとな」といって保存しておく。

ブラウザは箱をサイトごとに整理して持っておき、次に同じサイトに行くときは前にもらった箱を持っていく。

箱にはラベルがついていて、中にはデータが入っている。

Cookieは箱

CookieKey名は箱についてるラベル

セッションは、ブラウザが持ってきた箱を見て「こないだ来た人やね」と区別する仕組み

anond:20220413155735

まあ最初にこう書いとるしね。

今回は、2022年2月18日から2022年3月4日にかけて発生していたこちらの障害に対し私達開発チームが実施した、session.cookie定義しているCookiekey名を変更するという影響範囲の大きい対応について、実施に至るまでの経緯や対応過程についてご紹介したいと思います

anond:20220413154725

セッションクッキーってのは、有効期限が無いクッキーで、ブラウザを閉じたら消えるやつ。


うむうむ

Set-Cokie: key=valuie;

みたいに Expires とか Max-Age がないCookieってことね

anond:20220413153121

普通に考えれば、この「BASE」というウェブサービス定義ファイルとかやないの。

session.cookieという箇所でcookiekey定義しとるんやろ。

2022-03-08

anond:20220305211258

うっわwwww

きんめえブコメばっか

justgg 感動ポルノってノンフィクションに使うことが多い言葉だと思ってたけど、なんでフィクションだけに使う言葉だというブコメが星を集めてるんだろう

2022/03/08 リンク yellow58yellow

誰がそれ定義したんすか?ソースは?50文字ぐらい余ってるけどノーソースフィニッシュってマジ?うっそだろwwwディベートだったらお前なんてチームから無能な味方認定で次の日から口聞いてもらえなくなるぞwwwマジばかwwwこれがトップサイトwwww

K-OnoK-Ono おれはこの人にブロックされてるのでNot for meだということ……つまりおれが、おれこそがkeyなのだ!!!!!(あっ石投げないで痛い痛い)

2022/03/08 リンク yellow41yellow

ブロックされてる自慢ってマジでキモいよ……笑えない。キモすぎて笑えない。キモいっていうか人間として害悪過ぎる。こんなのが二番手マジで酷いサイトだな

krswno1krswno1 まどマギで似たようなこと思ったか気持ちは分かる。でもタコピー普通に好きだし、結局個人感性による程度問題なのはそうだろうな

2022/03/08 リンク yellow31yellow

まどマギって何年前だよwwwwお前この10年ぐらいず~~~っとなにかある度にまどマギ粘着してるの?それとも10年間ず~~~っと「なにかあったらまどマギ批判したいな~~~チャンス来ないかな~~~~」と思って暮らしてたの?ヤベーわwwwwwそして単なるまどマギヘイト以外は中身がなさ過ぎて吹くこれがベスト4?マジ?

ank0uank0u “私は「三次元創作者が(自作であろうと)二次元キャラ侵害していい理由はない」というタイプなので” よくわからない。不幸展開嫌いなだけ?

2022/03/08 リンク yellow28yellow

「よくわからない」で終わらすなよ。そこで「なるほどね。こういう考え方もあるんだ。勉強になるなー」じゃないと人間として劣化していく一方だぞ?そしてこれがベスト5に入っちゃうサイトって本当になんなんだろうね。つうかそのあと書いてあるじゃん"これは三次元(作者)と二次元キャラ)でアンフェアが過ぎるなあ"って。これで理解できないの?それは単に君がバカなだけ。僕はバカだぞどうだ参ったか!くっそwwwツボったwwwまあ確かにこういうバカって面白いから晒し上げたくなるかもwwwどうよこれが他者意見理解を示す姿勢ってやつな?

yomikyomik ミステリ小説登場人物は大体殺されるために配置されてるんだけど、別になんとも思わないな...。

2022/03/08 リンク yellow24yellow

おっとこれは詭弁として悪くないかもな。1行0.00001秒で流し読みするはてなーはこれに騙されちゃうんだろうね。まあ俺はこれが典型的詭弁類型に当てはまることを知っているから0.0000000001秒で気づいてしまったが。これがベスト6?つまりこれに騙された奴ばかりなの????すっげーサイトだなあ。

aa_R_waiwaiaa_R_waiwai 「key泣きゲー」ってよりは、Tacticsの方じゃねえかな(そうじゃねえよ)

2022/03/08 リンク yellow18yellow

30年前のエロゲの話をいきなり始めるようなブコメベスト7……唖然

fusanosuke_nfusanosuke_n 感動ポルノってノンフィクションにだけ使う言葉では?

2022/03/08 リンク yellowyellowyellowyellowyellowyellowyellowyellow

あれ?トップネタ被ってるじゃん。でも投稿順序を見るとこれの方があとだわ……すっげーな。パクリコメントトップってこと?凄いね。いや本当凄いよ。そしてどっちもソースしか。いやー酷い。いや、最初の一人がソースなしのはまあいいかな。だってそういう問題提議だもんな。でもそれをパクってトップになった奴が結局ソースなしって……いやーいやーいやーいやーこれはもう笑えない。程度が低すぎる。まあインターネットって今はもう幼稚園児もやってるもんな!このサイト対象年齢が幼稚園児~小学生だと思えばこんなもんか?いや待てよ……30年前のエロゲの話ししてる奴らおったわ……え????あーでもプリキュアだって幼稚園児向けなのに50、60のオッサンも見てるしな!そういう感じか!

anond:20220305211258

Keyは知らないけど、舞台装置と感じられる理由は、たとえば個々の家庭の描写説得力がないからだと思う。

とくに親の人間性が掴めてないというか…。髪長いほうの女子の家とか、母親はともかく、親父まで子供の前であんなバチギレするタイプかね。

「結果として虐待なのだから、親のキャラクター性なんて子供には関係ない(だから適当に大げさに書く)」方針だとしても、納得できる出来じゃないんだよな。

ブコメで何故かウシジマくん上げられてたけど、取材が感じられるウシジマくんと読み味全然違うと思う。

あとちょっと気になってんのは、こういう描き方すると、「いじめる側にも理由がある」って構図になってしまいはする。そこは深く言うつもりもないんだけど、実際にあった“いじめ殺人を思うと、自分は支持できないかな…って感じ。

2022-03-05

anond:20220305110305

タコピーと同じくらいハテブで話題になるマンガ

「鍋に弾丸を受けながら」の原作者もこんな感想らしい

青木潤太朗(ロリババアが好き @aokijuntarou

タコピーじつは今やっとちゃんと見たんですが、これはアレですね・・・00年代Keyとかの泣きゲーと同じタイプですね(つまり個人的にじっさい苦手

青木潤太朗(ロリババアが好き @aokijuntarou

舞台装置の全てが基本的キャラクターを不幸にするため(作者の目的を叶えるため)に誂えられている。泣かせたいから泣かせる、不幸にしたいから不幸にする、という組み立て(作者の都合でキャラが可愛そう)っていうふうに私は感じてしまうんですねこ

青木潤太朗(ロリババアが好き @aokijuntarou

私は「三次元創作者が(自作であろうと)二次元キャラ侵害していい理由はない」というタイプなので・・・自分が「これは三次元(作者)と二次元キャラ)でアンフェアが過ぎるなあ」と感じると、苦手だ、って感じるという・・・面倒・・・(だいぶ大人になった今やっと自分理由説明できる

青木潤太朗(ロリババアが好き @aokijuntarou

つっても本編が最後まで行ってないし、希望としては「ああ。不幸系の泣きゲーだな・・・」っていう印象をここから裏切って欲しい感ありますねえ!(せっかく新しい漫画から

https://twitter.com/aokijuntarou/status/1499531152528670722

ファン喧嘩売らずに Not for me な理由言語化する能力すごいな

俺は00年代Key作品好きだしタコピーも好きだけど

大好きだったシンフォギアが3期になっても相変わらずトラウマ確執を与える→それの克服っていう展開を

キャラでやるもんだから「もう止めてやれや、かわいそうじゃん…」と思って急に醒めちゃったことがあるので

「(作者の都合でキャラが可愛そう)」ってのはわかる

それが1期2期の時点で鼻に付いちゃってNot for meになる人がいるってことなんだろう

こういうのは程度問題なのかもしれない

2022-02-28

anond:20220227225335

https://web.archive.org/web/20220226224717/https://ria.ru/20220226/rossiya-1775162336.html

こいつは~・・・・キマってますわ~、ギンギンですわ~・・・

The Advance of Russia and the New World

A new world is being born before our eyes.

Russia's military operation in Ukraine has opened a new era - and in three dimensions at once.

And, of course, in the fourth, internal Russian dimension.

Here begins a new period both in ideology and in the very model of our socio-economic system - but we should talk about this separately a little later.

Russia is restoring its unity - the tragedy of 1991, this terrible catastrophe of our history, its unnatural dislocation, has been overcome.

Yes, at great cost, yes, through the tragic events of the actual civil war, because now there are still brothers shooting at each other, separated by belonging to the Russian and Ukrainian armies - but Ukraine as the anti-Russia will no longer exist.

Russia is restoring its historical wholeness by gathering the Russian world, the Russian people together - in its totality of Great Russians, Belarusians and Little Russians.

If we refused to do this, if we allowed the temporary division to take hold for centuries, we would not only betray the memory of our ancestors, but we would be damned by our descendants - for allowing the collapse of the Russian land.

Vladimir Putin took upon himself - without a bit of exaggeration - a historical responsibility, deciding not to leave the resolution of the Ukrainian question to future generations.

After all, the need to resolve it would always remain a major problem for Russia - for two key reasons.

And the issue of national security, that is, the creation of Ukraine as an anti-Russia and an outpost for Western pressure on us, is only the second in importance among them.

The first would always remain a complex of divided people, a complex of national humiliation - when the Russian house first lost part of its foundation (Kiev), and then was forced to accept the existence of two states no longer one, but two peoples.

That is, either to abandon its history, agreeing with the crazy versions that "only Ukraine is the real Russia," or to gnash their teeth helplessly, remembering the times when "we lost Ukraine.

Bringing Ukraine back, that is, turning it back to Russia, would be more and more difficult with each passing decade - the recoding, derussification of Russians, and the setting against Russian Little Russians-Ukrainians would gain momentum.

And if full geopolitical and military control of the West over Ukraine were consolidated, its return to Russia would become impossible at all - it would have to fight the Atlantic bloc for it.

Now this problem is gone - Ukraine has returned to Russia.

This does not mean that its statehood will be liquidated, but it will be restructured, re-established and returned to its natural state as part of the Russian world.

In what borders, in what form will the union with Russia be fixed (through the CSTO and the Eurasian Union or the Union State of Russia and Belarus)? This will be decided after the end of the history of Ukraine as anti-Russia.

In any case, the period of the split of the Russian people is coming to an end.

And here begins the second dimension of the coming new era - it concerns Russia's relations with the West.

Not even Russia, but the Russian world, that is, the three states, Russia, Belarus and Ukraine, acting geopolitically as one.

These relations have entered a new stage - the West sees Russia's return to its historical borders in Europe.

And it loudly resents it, although deep in its heart it must admit that it could not be otherwise.

Did anyone in the old European capitals, Paris and Berlin, seriously believe that Moscow would give up Kiev? That Russians would forever be a divided people? And at the same time that Europe is uniting, when German and French elites are trying to seize control of European integration from the Anglo-Saxons and assemble a united Europe? Forgetting that the unification of Europe was only possible thanks to the unification of Germany, which happened by Russian good (albeit not very clever) will.

To take a swing at the Russian land after that is the top of ingratitude, but of geopolitical stupidity.

The West as a whole, and even more so Europe separately, did not have the strength to keep in its sphere of influence, let alone to take Ukraine.

Not to understand this, one had to be just geopolitical fools.

More precisely, there was only one option: to bet on the further collapse of Russia, that is, the Russian Federation.

But the fact that it did not work should have been clear twenty years ago.

And fifteen years ago, after Putin's Munich speech, even the deaf could hear that Russia was coming back.

Now the West is trying to punish Russia for coming back, for not justifying its plans to profit at its expense, for not allowing the expansion of the Western space to the east.

In seeking to punish us, the West thinks that relations with it are of vital importance to us.

But that's not true anymore - the world has changed, and not just the Europeans, but the Anglo-Saxons who run the West, understand this very well.

No Western pressure on Russia will get us anywhere.

Both sides will suffer losses, but Russia is ready for them morally and geopolitically.

But for the West itself, an increase in the degree of confrontation has enormous costs - and the main ones are not economic at all.

Europe, as part of the West, wanted autonomy - the German project of European integration does not make strategic sense while maintaining Anglo-Saxon ideological, military and geopolitical control over the Old World.

And it cannot succeed, because the Anglo-Saxons need a controlled Europe.

But Europe also needs autonomy for another reason - in case the United States moves to self-isolation (as a result of growing internal conflicts and contradictions) or concentrates on the Pacific region, where the geopolitical center of gravity is shifting.

But the confrontation with Russia, into which the Anglo-Saxons are dragging Europe, deprives Europeans of even a chance for autonomy - not to mention the fact that in the same way they are trying to impose on Europe a break with China.

While the Atlanticists are now happy that the "Russian threat" will unite the Western bloc, those in Berlin and Paris cannot but understand that, having lost hope of autonomy, the European project will simply collapse in the medium term.

That is why independent-minded Europeans are now completely uninterested in building a new iron curtain on their eastern borders - realizing that it will turn into a corral for Europe.

Whose century (half a millennium to be exact) of global leadership is in any case over - but various options for its future are still possible.

Because the construction of a new world order - and this is the third dimension of current events - is accelerating, and its contours are becoming clearer through the sprawling cover of Anglo-Saxon globalization.

The multipolar world has finally become a reality - the operation in Ukraine is unable to rally anyone but the West against Russia.

Because the rest of the world can see and understand perfectly well - this is a conflict between Russia and the West, this is a response to the geopolitical expansion of the Atlanticists, this is Russia's return of its historical space and its place in the world.

China and India, Latin America and Africa, the Islamic world and Southeast Asia - no one believes that the West rules the world order, much less sets the rules of the game.

Russia has not just challenged the West - it has shown that the era of Western global dominance can be considered fully and finally over.

The new world will be built by all civilizations and centers of power, of course, together with the West (united or not) - but not on its terms and not by its rules.

2022-02-07

anond:20220207154000

key were drink

"謎を解くカギは被害者の傍に置かれていた飲み物にあった"

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん