「小沢健二」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 小沢健二とは

2021-11-15

僕たちはみんな大人になれなかった見たけどあの死んだライターのことおもいだしたわ。小沢健二追っかけてNYまで行ってイヤがられた人。

2021-10-31

anond:20211029201850

小沢健二がいくつか挙がってるのに「痛快ウキウキ通り」が出てないのが解せない。

それでいつか君と僕とは出会うからお願いはひとつ笑顔で答えてと〜♪

オザケン最近の行動を踏まえるとさらに味わい深い。

2021-09-18

名前忘れちゃったけどデイリーポータルライター小沢健二NYまで追っかけてって追い返されたりしてたあの人がもしまだ生きてたら小山田事件小沢健二不倫についてどんな記事を書いたのか読んでみたかったな

2021-09-03

「Camera Full Of Kisses/全ての言葉さよなら」だよね

フリッパーズギターの「Camera Full Of Kisses/全ての言葉さよなら

作詞小沢健二1990年発表)

という曲に次のような歌詞がありますね。

「分かりあえやしないってことだけを分かりあうのさ」

2003年の『バカの壁』より早い段階で本質を言い当ててたなぁ、と。

https://anond.hatelabo.jp/20210903110658

2021-08-19

小山田圭吾を奪還したい人たち

ツイッターで、小山田圭吾のことを「おやまっちゃん」と呼び、おやまっちゃんに呼びかけるツイートをしたり、過去雑誌などに掲載された小山田圭吾写真をアップしたり、とにかく熱い気持ちツイートしたりしてるのを見てしまった。

コーネリアス奪還運動などと言って、自分が好きな小山田を「奪還」しようとしている。コーネリアスは誰のものかといったら、小山田圭吾のものだろう。でも、渋谷系と言われていた頃のコーネリアスアイドル的に消費していたファンも多いのだろうな。かわいい顔しておしゃれで生意気小沢健二コンプレックスを感じている小山田はエモく、確かにアイドル的な魅力があった。

小山田圭吾はそういうアイドル扱いが嫌で、いじめインタビューを受けた可能性もあると当時から感じていた。そしてそのいじめインタビューがずっとネットに晒され、今回の炎上につながった。ファンだったらもうやめてあげて、と言いたくなるが、ツイート熱量みてるとやめられないのだろうな。

2021-07-26

宇野維正

https://twitter.com/uno_kore/status/1419178952472481793

宇野維正 on Twitter: "時間が経ってはっきりしたのは、すぎやまこういち海老蔵の件は不問に付されたということ。その前の数日間、誰が火をつけ、誰が煽り(誰が通報し)、誰が乗っかったかということは記憶しておいた方がいい。結果的にその人たちがもたらしたのは、権力によって対象が選別されたキャンセル社会ということ"」


一見するとすぎやまこういち海老蔵差別発言問題視するリベラル的な態度に見えるけれど

それにしては「その前の数日間、誰が火をつけ、誰が煽り(誰が通報し)、誰が乗っかったか」っていうのが何か違和感ある言い回しだなーと思って

この人の名前Wikipediaで見てみたら

1996年株式会社ロッキング・オン入社雑誌『rockin'on』『ROCKIN'ON JAPAN』『Cut』などの編集担当

2017年11月、著書『小沢健二の帰還』が刊行される


……って単に自分がどっぷり関わってきたか小山田圭吾を相対化して正当化したいだけか

2021-07-21

いじめを憎む人たちへ

私はコーネリアスファンである小山田圭吾本人には特別な関心は寄せてはいないが、ライブには多分3回ぐらいは行ったかもしれない。日本人ミュージシャンとしてはかなり好きな方だと思う。いじめの件は知っていた。ロッキンオンジャパン?のインタビュー記事は家を探せばまだ何処かにあるかもしれない。クイックジャパンを含め他の記事は読んでなかったので、障碍者にもひどいことをしていたのは知らなかった。

2人組になってからフリッパーズは「態度の悪い生意気でお洒落な悪ガキ」路線で売っており、インタビュワーを小馬鹿にして煙に巻いたり、露悪的な事を言ったり、そういう記事が元々多かった。フリッパーズ解散して、小沢健二が「オザケン」になって冷笑的な態度を引っ込めブレイクしていた時、小山田圭吾小沢健二について「レコードラックの中身がずいぶん変わっちゃったんだなと思った」みたいなコメントをしていたのを覚えている。多分あのコーネリアスインタビューはその頃の記事じゃないかなと思う。

ファンとしては小山田圭吾権威主義みたいなものが深まっていくのを危ういなぁと少し思っていた。YMO近辺やオノヨーコにかわいがられるようになり、海外の有名ミュージシャンコラボし、その後NHKにも関わり始めた影で、いじめ記事はずっとネットでくすぶり続けていた。ミュージシャンとして大物になって、だんだん舞台に近づいて行った。今になってみると某歌舞伎役者みたいな執念を若干感じる。親を絶対に超えてやるみたいな恩讐のような拘りのような感触成功したミュージシャンだというだけではなくて、もっと大っぴらに社会的成功っぽい何か。

とにかく表に出れば絶対非難されるのは目に見えていた。オリパラ仕事は受けるべきじゃなかったし、非難されるのも、辞任も当然だと思う。多分ずっと心の中で後悔していたのは嘘じゃないんだろうと思うけど、謝るきっかけも無く(謝るとしたら相手に謝るべきだし、それを世間公表するのもなんだか変な話ではある)、いつかみんな忘れてくれるんじゃないかという期待と甘さもあったんだろう。弱い人間だと思うが、いじめなんてするやつは大体そんなもんだ。

ひとつ引っかかっていることがあるとすれば、記事を書いたインタビュワーが完全に他人事なことだ。小山田氏の謝罪文でも少し触れられているが、恐らくあのいじめ記事内容には相当フカしが入ってるんじゃないだろうか。「完全な嘘でなければ真」だと都合よく解釈して、とにかく面白おかし針小棒大に書くのが商業メディアだ。20年以上前となれば今以上だ。(ちなみにWEBメディア経験上完全に嘘の場合もある。)よく知らないけど、今でも日本音楽メディアってあの雑誌界隈一強なんじゃないのかな。今インタビューで実際に語ったことと記事の内容の差異を明確にすることは、今後の仕事の事を考えると小山田氏側からは出来ないだろう。もちろんそれも保身ではある。でもメディア側ががそれを良いことにさらっと済まそうとしてるような気がして、あんまりいい感じはしない。元々あんまりきじゃない雑誌だけど。

わざわざこんな駄文を書いたのは、いじめへの義憤かられた人がずいぶん世の中には沢山いるんだなと思ったから。小山田氏に言いたいこと言って(家族とか周辺を叩いている人は暇なのか?)、一息ついたら、学校会社や家庭で自分の嫌いな人、苦手な人、いじめにあってる人、いじめている人に目を向けて欲しい。その場で起こっていることに立ち上がって抗議をしろとは言わない。後で一言こっそりメールフォローを入れるとか、全然関係ない天気の話やテレビの話振るとか、飴ちゃんあげるとか、なんでもいいから小さいアクションをして欲しい。いじめてるやつもいじめられてるやつも結局あんまり大差はない。(小山田氏も今まで他人いじめた分と同じかそれ以上の思いを今は味わってることだろう)あとあなたが誰かの事を「使えねー奴」「空気読めない奴」「うざい奴」だと思ってるその感じ、傍から見るといじめっぽくなってることが多々ある。気を付けて欲しい。せっかくいじめが良くないという機運が世の中で高まったんだったら、少しでもいじめを減らす方に世の中変わって欲しい。そうでなければ小山田氏も救われまい。言いたいのはそれだけです。

コーネリアスで好きな曲

69/96の隠しトラックで、「お寺の和尚さんが鳴らしているのは・・・

木魚

木魚

木魚

木魚

カモーン!!

って言って小室哲哉のなんかの曲のフレーズが入り(詳しくないから自信ないけど多分サムがいたグループのやつ)

東京は夜の七時〜(ピチカートファイブ

なくなくなくなくなくなくなーーーい?(小沢健二

っていうやつ

2021-07-19

Corneliusとはどんなミュージシャンなのか

小山田圭吾オリンピック作曲担当を辞任した。つくづく駄目なことでしか話題にならないオリンピックで、佐野研二郎過去盗作疑惑に始まり小山田圭吾過去悪事に終わるのかと思うとある意味現代日本象徴する出来事だ。

多分「東京オリンピック(2020)不祥事」という項目名ウィキペディアのページを作ったらそれなりの分量のものができるだろう。

それとは別にそもそもほとんどの人はCorneliusとはどんなミュージシャンなのかほとんど知らないのではないか

はてななんかにいると日本代表する音楽家思い込みがちだが、国際的な名声とは裏腹に彼の代表作が何なのかを知っている日本人はかなり少ない。少なくともワイドショースポーツ紙を見ているような層は知らない。

多分組織委員会政府の偉い人たちも、小山田圭吾がどういう曲を作っているかは知らないだろうし、足を引っ張っているとしか思えないクソ擁護をしていた古市憲寿も知らないだろう。

小室哲哉みたいに誰でも知っている歌謡曲的なヒットソングがあるわけでもなく、坂本龍一みたいにサウンドトラック国際的な賞を受賞しているわけでもない。

フリッパーズ・ギターなんて20代から下の若者は知らないし、ブルーハーツサザンオールスターズほどの国民知名度があるわけでもない。同じようなジャンルミュージシャンならば、東京は夜の七時つながりで小西康陽に依頼すればよかったのに

そんなわけで、彼がどういう音楽を作ってきたかをここで勝手に羅列する

恋とマシンガン(1990年)

https://www.youtube.com/watch?v=bJxajh5XOgE

フリッパーズ・ギター時代名曲小沢健二作詞。昔の小山田圭吾はこんなポップな曲を歌っていたのである。一方で歌力はなく、ソロになると次第にボーカル曲はなくなっていった

ハミングがきこえる(1996年)

https://www.youtube.com/watch?v=jgxmgtJ2Lc8

カヒミ・カリィへの曲提供さくらももこ作詞

ちびまる子ちゃんって小山田圭吾提供の曲があったり、おどるポンポコリンリミックス石野卓球がやってたり、さくらももこってこの手のミュージシャン好きだよね。

しかしたら今回のことで「ハミングがきこえるって小山田圭吾だったの?」なんていう人もいるかも知れない

Heavy Metal Thunder(1996年)

アルバム69/96収録。残念ながらYoutubeにはなかった。小山田圭吾ヘヴィメタルに傾倒してた頃の楽曲hideによるリミックスあり。

STAR FRUITS SURF RIDER(1997年)

https://www.youtube.com/watch?v=C4EddUE80m0

アルバムFANTASMA収録。「STAR FRUITS」「SURF RIDE」の2枚のアナログ版をターンテーブルで同時に再生すると一つの曲になる。

この頃はまだ歌っていた。

Point Of View Point (2001年)

https://www.youtube.com/watch?v=KZvgeMRGPcw

アルバムPoint」収録。この頃からアンビエントによりはじめボーカルらしいボーカルがなくなる。

Sensuous

https://www.youtube.com/watch?v=WNSde6BQiDM

アルバム「SENSUOUS」収録。ますますアンビエント色を強めていく。

デザイン「あ」のテーマ

https://www.youtube.com/watch?v=5YlkHinTpYI

2010年からNHK放送開始。

まだうご

https://www.youtube.com/watch?v=wtveG1aw_Qo

坂本真綾への曲提供攻殻機動隊ARISEテーマ

小山田圭吾どうなってしまうんやろ。

小沢健二が救いの手を差し伸べてフレンズアゲインか、はたまた全ての言葉さよなら

小山田問題が浮上する度に

小沢健二はその時どうしてたのか、

学生時代この事を知っていたのか、

傍観者だったのか、

知ってて一緒に音楽やってたのかが気になるわ。

利口だから絶対本人は触れないと思うけどね。

小山田圭吾とほぼ同時に小沢健二不倫でプチ炎上してたのなんかおかしみがある

2021-07-17

それは一見ソフトである渋谷系音楽も同じだったのだと、しばらくして気付きました。多種多様音楽聴くようになると、歌詞カードクレジットからオリジナルだとばかり思っていたフリッパーズギター音楽も、その後のcornelius小沢健二さんの音楽も、ソックリな過去の曲が見つかるのでした。影響やオマージュレベルではなく、洋楽カラオケにただ日本語詞を載せて歌っただけのようなものまでありました。それは当時「元ネタ」などと呼ばれており、みんなが知らない音楽を、音楽を通し紹介するDJ意味合いや、「情報だけ溢れているが何もできない自分たち」という青春無力感表現している、みたく捉えられていましたが、それは当時の当事者の美化であって、元の著作者からすると単なる著作権違反、盗用です。今でいう「漫画村」とまったく同じ。もちろんそれは楽曲の要素の一部でしかありませんので、パンと嫌いになって手放すことはありませんでしたが、物知りなだけで無害だと思っていたお兄さんの本棚CD棚が、実は全部万引きで形作られていたような感覚は憶えました。気付いていなかっただけで、悪趣味鬼畜に行く前から、もともと暴力性を内包していたのだと感じました。いじめられていた僕なのに、いつの間にか無意識攻撃性をはらむ、消費という名の傍観する立場になっていたのです。

https://lineblog.me/yusuke_nakamura/archives/1062454461.html

2021-07-16

小沢健二ってどんな立ち位置だったの?

今で言うと星野源みたいな感じですか?

とりあえずマス叩きしがちなサブカル老害

2019年には開会式EXILEAKBがやるんだろ最悪だなみたいに言ってた人たちいたけど

あのマスっぽさをとりあえず叩いておく感じサブカル老害っぽくてキモかったな

2021年小山田圭吾が選ばれて叩かれてるの最高だなと思う

AKB握手券商法気持ち悪いというのがあったけど

EXILEについてはなんとなく馬鹿にしてるだけで理屈も何もなかったし

マスっぽいものよりサブカル老害が好みそうなものが叩かれてるほうが楽しい

小山田圭吾小沢健二電気グルーヴの感じ、というかファンの感じがキモくて嫌いだったか

文化的選民意識があり思い出補正しすぎの40代50代サブカル老害が嫌な気持ちになるニュースは大歓迎

2021-07-15

anond:20210715112920

万引きもここ20、30年でちゃん犯罪として扱われるようになったよね。昔の日本はスゴイ

『クイック・ジャパン』(1994創刊号)の鶴見済との対談でも語っているように、和光中学生の頃に小沢健二万引き常習犯だったことはよく知られている。とはいえ小沢健二でも窃盗が悪いことだとは当然わかっているだろうし、盗むな、とみんなには説いて回っているはずだ。それでいながら小沢健二はなぜ万引きを繰り返していたのだろうか。

 自分ひとりが万引きするくらいなら、紀伊国屋書店にとっては微々たることであるし、自分上級国民から万引きをやっても許されるとでも思っていたのだろう。

 しかしながら、倫理社会規範というものは、みんながそれをしたらどうなるか、という考えに基づいている。自分だけ何をやっても“オッケーよ”とばかりに、万引きをやり、他人楽曲パクリ反グローバリゼーションを唱えながらtwitterをやる小沢健二には、何かが欠落しているとしか言いようがない。

http://koritsumuen.hatenablog.com/entry/2019/08/14/170246

2021-07-10

anond:20210710223654

小沢健二の「夢が夢なら」かなあ。パパになってから小沢健二にはガッカリだよ。

キリンジなら「水とテクノクラート」かなあ。

2021-06-30

小沢健二

浮気するのはまあ仕方がないとして、だったら子煩悩キラキラパパキャラで売るなという感想しかない。ダサすぎる。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん