「失火」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 失火とは

2020-09-25

anond:20200925143441

心配なら類焼損害特約つけろ。

というか、類焼だろうがただの火災だ。普通はそれぞれの家に自前の火災保険が出る。それで足りない部分(新価でつけてないとか、そもそも火災保険入ってないとか)に、失火から類焼損害特約で支払いが出る。

だが、何度も言うが、類焼だろうがただの火災だ。大きな過失がない限り(庭にガソリン撒いて火をつけたとか)、失火元が賠償責任を負うことはない。「周りの家が火災保険入ってなくて、うちから火が出た時に代わりに払わないと村八分にされるのが心配」って時以外は必要ないもんだ。

2020-07-09

やまとなでしこ、ってドラマ

2000年一世を風靡したラブコメ、らしい。このコロナ騒ぎで、こないだ再編集版の前半パート放送されてたので奥さんと一緒に見てみたんだけど、今の価値観からすると主人公松嶋菜々子)がクソ女過ぎで視聴がストレスになるレベルだった。

ドヤ顔二股、三股かけたり、自分ミス失火しておきながら微塵も反省しないとか。プロポーズふいにされた当て馬男は可哀想だけど、見抜けないならまあ自業自得かもしれない。主人公だけじゃなくて、27歳超えたら女は結婚できない、とか寿退社が女の幸せ、みたいな価値観もひどい。

ある意味、この20年でもずいぶん時代は変わったんだな、と感心した。今の時代なら確実に炎上して終わるだろう。

2020-05-15

anond:20200515115435

自分の家が今まさに燃えはじめてるのに、2軒先の失火元のとこいって文句言ったってなんにもならんだろ。

現実的中国政府がなんかしたら、日本自粛しなくても収束するんか? 馬鹿なこと言うなよ

2020-02-15

2,3日前に1ケタのブクマニュースに出たところでは大した話題にもしねーくせに

だれかが火をつけたら、ここぞと集まってきて「今度は放火だな」「いやわざとだ」「失火だよそんなことしない」だのえらそーに。そんでだーれも水もかけもしねーし助けもしない

沼津にも行かない。みかんも買わない。金も落とさな

死ねおまえらホント屑だな。

そこまで言うなら署名でもgithubでもscrapboxでもevernoteでもいいかガイドラインでも立ててどこぞの業界団体陳情するなり議論深めたりしてみろよ。

まーたどうせ2週間もしたら他の燃えだした火元に集まって1行目みたいなループしてんだろ。

一生やってろ。死ね

2019-11-02

anond:20191102104555

首里城沖縄戦王朝の争い以外の単なる失火でも燃えている

文献に残ってるだけで4回、今回の入れて5回目。文献に残ってないの入れたらワンチャンもっと燃えてる可能性ある

復元に携わった方々の努力が無に返ってしまたことや観光業に携わる人々の生活については重く考える必要があるけど

建物的な意味では燃えなくするとか(いっそコンクリートにしちゃう)、王朝時代の体験が出来る施設にするとか

そういうのあっても良いと思う

2019-10-19

改正健康増進法敷地内全面禁煙の現状 〜東京X大学場合

ご存知の通り、2019年7月1日から施行された「改正健康増進法」では、第一種施設病院学校行政機関)では敷地内全面禁煙となった。
例外として「屋外で受動喫煙を防止するために必要措置がとられた場所に、喫煙場所を設置することができる。」※1 ということで、施設によっては敷地内に喫煙室を用意し愛煙家の方々に配慮をしているところもある。

オリンピックを迎える2020年4月1日には、全面禁煙対象となる施設さらに増え、屋内は原則禁煙となる。

この増田では、改正健康増進法施行から3ヶ月経過した現状を、とある大学を例に挙げ報告したいと思う。
ここに挙げる事例を、2020年4月1日の「屋内原禁煙」に向けての反省材料として、広く活かしてもらえればと思う。

東京X大学場合

東京X大学最近メディア露出も増えてきたことで、以前は間違われがちだった他大学混同されることが少なくなってきた。これを読んでいるあなたも、恐らく名前くらいは聞いたことがある程度の知名度大学だ。
しかし悲しいことに、都心位置しつつも、お国から運営交付金国立大学の中でも下から数えた方が早いレベル都内大学に限っていえば、下から数えるのに五指も必要ない。
そしてこの社会情勢である。「生産性がない」「社会にすぐに還元できる研究がされていない」「論文数が少なすぎる」「運営交付金無駄から早く潰したい」とすら考える政治家役人もいるだろう。

さて、そんな東京X大学にも改正健康増進法の波が押し寄せてきた。

先に書いておくと、もともとこの大学学生喫煙率は高い。入試の倍率が高く、成人済みで入学してくる学生が多いのも理由の一つだろう。
数十年前と比較したら少なくなったのだとは思うが、それでも喫煙者は教職員学生の5%前後はいると思われる。
普段からタバコを燻らせている学生をよく見かけたし、喫煙所には常に人がいた。タバコ臭い研究室でゼミを行うなんてこともザラだった。

そんな大学で「敷地内原禁煙」なんてできるのだろうか?

心配を横目に、その日は近づきつつあった。

学内のいたるところには「7月1日から学内禁煙」となる旨を周知するポスターが貼られ、喫煙所であった場所からは灰皿が全て撤去された。
一部(法改正理解していない)学生反対運動があったりもしたが、準備は万端かと思われた。

そして7月1日が訪れた

「やればできるじゃないか

敷地禁煙のために奔走した事務職員は安堵したことだろう。
改正健康増進法施行後しばらくは、学内喫煙をする者を見ることはなかった。

受動喫煙を防止するために必要措置がとられた喫煙場所」のお陰かとお考えのあなた

甘い。

運営交付金下位の貧乏大学である東京X大学に、「必要措置が取られた喫煙場所」を設置する金銭的な余裕はない。
喫煙場所を作らずに7月1日を迎えたのだ。これにはタバコを吸う・吸わないに関わらず、色々な立場の人から異論が出たと思う。

しかしこの大学ルビコン川を渡った。

他の大学同様、この大学7月末には前期が終わり8月から夏休みが始まる。
タバコを見ないまま夏休みを迎え、そして後期になるのだろう。敷地内原禁煙成功したのだ…。
そう楽観視できたのは、7月に入って最初の1週間だけだったように思う。

7月の第2週にはすでに学内のあちこちタバコの吸い殻を見かけるようになり、第3週には喫煙者をも見かけるようになった。

施行後1ヶ月経たずして、東京X大学では改正健康増進法形骸化した。

状況は法改正前より悪化しつつある

改正法施行前は学内の数カ所に喫煙所があり、灰皿が置いてあった。
喫煙所はなるべく講義室などから遠い場所に設定され、喫煙所に通じる扉は「開放厳禁」とされ、不完全ながらも一定分煙がなされていた。
非喫煙者からすれば、たまにタバコ匂いがする場所がありつつも、そこに近づかなければ我慢はできるというレベルだった。
一部の喫煙者は喫煙所の掃除こそしなかったものの、灰皿に溜まった吸い殻は進んで捨て、燃えさしの処理もしていた。

しか喫煙所が廃止された今、モラルは完全に崩壊し状況は悪化しつつある。

もともと喫煙所だった場所は「人目につく」という理由で、一部の隠れニコチタンから避けられるようになった。
かわりに非常階段や、木々が茂り枯葉でいっぱいの緑地などがヤミ喫煙所として選ばれた。
よく訓練された喫煙者は未だ「元」喫煙所で喫煙を続け、灰皿がないので、その場に吸い殻を捨てている。
さすがに教授事務職レベル教職員禁煙ルールに従っているようだが、元喫煙所やヤミ喫煙所では、学生のみならず助手講師と思しき人々の顔を見かける。
敷地禁煙を訴える張り紙には、居直ったような趣旨芸術的ラクガキがされている。

喫煙者が開け放った非常階段は煙の吸気口となり、屋内では改正法施行以前よりも濃くタバコ臭いが充満している箇所さえある。もちろん、階段のあちこちに吸い殻が落ちている。
また燃えやす木材などの陰、枯葉の近くに無造作に捨ててある吸い殻を見かけることもあり、空気乾燥する時期には失火可能性もある。

学内のあちこち狼煙が立ち昇るようすからは、もはや圧政弾圧されし悲しき殉教者たちより、反体制を胸に秘めたゲリラが想起させられる。

現状

伝聞ではあるが大学としても禁煙問題には頭を抱えていて、たびたび会議の議題にも上がるらしい。
しかし話を聞く限りでは「吸い殻」の方が問題視されているように思える。
「吸い殻が無い = 敷地禁煙成功している」ということなのか、いかにも日本的論理だ。

学内喫煙をたしなめられた喫煙者が「いや、吸い殻は捨ててないですよ!」と慌てて反論しているのを見かけたこともある。
そういう問題じゃないぞ。

実際に国から違反を指摘され罰金を払う、もしくはタバコが原因の火災などの事故が発生するまで、この大学では状況は変わらないだろう。
これは別に組織批判しているわけではない。何故ならば下で述べるように、問題大学に止まらいからだ。

改正健康増進法問題

施行後3ヶ月が経過し、第一種施設病院学校行政機関である東京X大学に頻繁に出入りし、改正健康増進法を調べるなかで以下の問題点を感じた。

  1. 国が法律だけ作っておいて運用する素振りすら見せない & 喫煙場所に対しての補助もしない & 禁煙を推進するような施策や補助をしない
  2. 管轄である厚生労働省施設管理者向けにしか情報を公開していない
  3. 施設管理者が、喫煙場所設置コスト << 喫煙者による環境悪化コストを想定できない

以下に、詳細を書く。

1. 国が法律だけ作っておいて運用する素振りすら見せない & 喫煙場所に対しての補助もしない※2禁煙を推進するような施策や補助をしない

補助がないと喫煙場所が設置できない懐事情組織が、実際にある。ここで述べたように、結果として改正法施行前より状況が悪化する可能性がある。
またもう少し積極的禁煙を推進するような施策実施しないと、改正健康増進法自体意味・意義が薄いと感じる。
この法律について、国は要するに「ルールだけ作って、あとは施設管理者に全てを丸投げ」しているようにか思えない。

2. 管轄である厚生労働省施設管理者向けにしか情報を公開していない

厚生労働省などは、この法律施行にあたりHP特設ページを設けている※3施設管理者に向け改正法をことこまかに解説していて、相談窓口もある。
非常にわかやすいし必要情報は一通りまとまっている。一市民として、法律は常にこのように分かりやすくまとめられるべきだと思う。
しかし同時に、施設利用者向けの情報ほとんどない点も気になった。例えば喫煙場所に不備がある病院を見つけた場合はどうすればいいのだろう?この増田のように、違反者だらけの第一種施設についてはどこに報告すればいいのか?

そういったことは全く分からないし、窓口もない。

罰則規定があるにも関わらず、違反者がいた場合有効対処方法を考えてないのではないだろうか?

3. 施設管理者が、喫煙場所設置コスト << 喫煙者による環境悪化コストを想定できない

喫煙場所の設置には排煙設備敷地などが必要だ。組織の規模によっては大きな負担となりうる。施設管理者側に立てば「滞在中くらいはタバコ我慢できるだろう」と考えたくなるのはよくわかる。
しか喫煙者のニコチンに対するリビドーを甘くみてはいけない。外を歩いているときに下を向いてほしい。道端に捨てられているゴミほとんどがタバコの吸い殻だということに気づくだろう。

施設管理者は「喫煙者のために喫煙場所を用意せねば、必ず環境悪化する」という認識でいる必要がある。
目先の負担を気にしてばかりいると、長期的には環境維持コストがそれを上回る可能性もある。施設組織によってはブランドイメージ毀損にも繋がると認識した方が良い(もしブランド力があれば、の話だが)。

最後

もしあなた東京X大学学生であり学内喫煙であるならば、改正健康増進法には罰則規定があること、違反した場合には施設管理者に50万円、違反した喫煙者に30万円の過料が課せられる※4ことを覚えておいてほしい。
学生が払った学費は、いずれ改正健康増進法過料として支払われることとなるかもしれない。
貧乏大学の学びの環境の悪さを憂う前に、襟を正してみてはどうだろうか。

そしてもしあなた教職員なのであれば、もう少しちゃんとこの問題に取り組んでほしい。

※1 https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000489407.pdf
※2 中小事業者向けの補助・控除はある。第一種施設については記述を見つけられなかった
※3 https://jyudokitsuen.mhlw.go.jp/
※4 https://www.mhlw.go.jp/houdou_kouhou/kouhou_shuppan/magazine/2018/11_01.html

2019-07-31

父が放火して隣家燃え

私が生まれる以前の話だ。

居酒屋ラーメン屋などを数軒経営していた料理人の父が起こした失火によって、隣家定食屋燃えしま隣家のご家族に多大なる迷惑をかけたことがあった。

家と店が半焼しただけでなく、ご子息が大やけどを負ってしまい彼の人生に大きすぎる影を落としてしまった事で父は母が死ぬのではないかと思うほど憔悴していたらしい。それというのも、いつものように新製品開発の仕込みで寸胴に火をかけたまま外出をした結果おこった油断が招いた不幸な事故で、言い訳などしようもなく、父としては出来る限りの事をしたいと申し出たそうだ。父の言葉としては、こうなる結果はわかっていたはずなのに大丈夫だろうと油断をした。過失というにはあまりに重い、放火の様なものだというものであり、その気持ちは当然であると思う。火を放ったのだ。

昔の事でおおらかな時代だったこともあり、隣家のご主人は火災保険にも入っておらず傷害保険などにも入ってなかったそうで、父の希望は家の再建から事業再建、ご子息の人生の節目節目など、折に触れて責任をもって補償をさせて欲しいという事だった。しかしながら、隣家のご主人には個人的借金もあったらしく、一度にまとまった金額をと希望なさったそうだ。そこで弁護士を介して交渉し、法的拘束力もつ証書を残す形で「実家事業の再建、家財損害賠償、負傷した子息への教育補助など込み」で、一軒の店の経営権と店舗家屋及び、半焼した家屋建築費、当時の平均的な会社員障害年収の半額を支払う事にしたそうだ。父が生涯かけて蓄えた資金の4割を手放したということだった。これで法的には、完全かつ最終的に決着したはずであった。

多額の資金軌道に乗っていた店舗経営権を得たことで、隣家のご主人は大きな成功をおさめ、一時は父が経営する会社に迫るほどの成長を見せたことを父は我がことのように喜んでいたし、これで自らが犯した罪の幾らかも償えたものと喜んでいた。

その後、両家が代替わりし私が経営する様になってから、少し話がおかしくなってきた。隣家のご子息は、あまり経営者としては適性がなかったようで、一時は上手くいっていた経営が傾き再び借金を抱える様になってしまった。そこでご子息は古い証文を私に持ち出してきたというわけだ。曰く「これには私に対する補助は明文化されているが、御父上の私に対する賠償は含まれていない。私には賠償請求する権利がある」という。

しかし、私としてはかつて両家で、この話はこれで完全かつ最終的に終わりだよ、と法的に終わらせた話であり、まったく納得できる話ではない。

まりにも強く不平をいうので、「であれば法廷で決着を」と返答期日を提案しても一向に乗ってくる事はなく、それどころか父がおかした罪について紙に書いて周辺に貼って回る状態でとても困っている。ご子息の要求は、会社経営する一部店舗経営権の譲渡と当時父が支払った金額に倍すると想定される賠償金の支払いで、応じることが可能領域を大きく超えているため弁護士先生相談したところ

「これはあかん、酷すぎる要求や」

と。ひとたび交わした公的約束を破る相手と、新たな約束を交わす意味を考えると暗澹とした思いである。隠居した父は、息子の人生補償する道義的責任は私が持つと何度か言ったのにと言う呆れも、信頼を裏切られた怒りも手伝いなんとも言えない顔で目を白黒させているが、私は純然と頭にくるだけである

2018-04-29

anond:20180427180707

ドラえもんがいないときのび太人生も不幸には見えないんだよな

子宝に恵まれて、社長になって、それをつぶしたのだって業績が悪かったのではなく花火による失火から

バイタリティに溢れる優秀な人間だよ、のび太

2017-12-30

anond:20171230063139

のび太は優しくて行動力あるから、そこに惚れたのかも。

その行動には失敗が多くて、反省しないダメな人だけど。

のび太ジャイ子結婚した未来でも会社を興してる。

そして、花火による失火会社を失ってる。

しずかちゃんからすれば「危なっかしくて放っておけない人」ということになるのだろう。

2017-07-31

https://anond.hatelabo.jp/20170731140155

現代感覚なら失火会社潰して借金抱えたような奴は相手ジャイ子という以前に

そもそも誰とも結婚できるわけがないし

まり未来から子守ロボットを送ってくる子孫も生まれ得ないという結論に至るわけで

悲惨未来貧乏子沢山で相手ジャイ子」というのは良くも悪くも昔の作品だなあと思う

2017-02-05

http://anond.hatelabo.jp/20170205203550

失火の原因になりやすいのは、タバコの不始末、コンセント類の漏電、暖房器具過熱複数あるのだけど、

発火元が分からいくらいに燃えしまって、なおかつ、原因が複数あり得る場合不明にするしかないんですよ。

2016-12-26

http://anond.hatelabo.jp/20161226101829

隣家からのもらい火で自宅が全焼してしまったとき

日本法律では原則として相手損害賠償を求めることができません。

伝統的に木造家屋が多い日本では、火事による損害賠償個人の資力を超えることが多いため、「失火法」という法律特別規定されています

2016-08-18

蓄熱をしている増田壁火出す丸井手氏を常口(回文

帰っても、

なんか家の外壁が熱を持ってて

しばらくクーラーを付けてても暑いのよね。

まったく冷房が効かないの。

冷房タイマーを帰る時間ちょっと前に仕掛けようとしても、

もったいないかなと、

貧乏性なのよね。

なんかとほほな感じよ。

ヘーベルハウス積水ハウスに憧れるわ。

きっと快適なんでしょうね。

蓄熱してるわりには

冬はうんと寒いのよ。

一体何なのかしら

妖怪「夏は暑い冬は寒い」がいるのかしら。

妖怪ウォッチなんか最近

ポケモンGOシン・ゴジラな感じなんだけど、

ポケモンGO任天堂本社近くに持って行って遊ぶと一体どうなるのかしらね

ちょっと疑問だわ。

私はもうレベル5くらいで止めちゃったけど。

今日暑いらしいわよ。

暑さ対策失火りしてね!


今日朝ご飯

なんか買う気が無かったので

いつもの行きつけのサンドイッチ屋さんには寄らなかったわ。

食欲がない夏バテかしら?

デトックスウォーター

麦茶ワーラーしました。

緑茶ワーラーより麦茶ワーラーの方が

身体の熱をさます効果が強まる気がするわ。

すごい発見したの!

冷えたキュウリサーモス的な保冷水筒に入れると

いつでもどこでも冷え冷えのキュウリが手軽に囓られるのよ!

すごい発見

試してみてね!


すいすいすいようび!

今日も頑張ろう!

2016-07-06

http://anond.hatelabo.jp/20160706153708

重過失失火重過失致死傷の罪に問われた

精神鑑定の結果などから犯行精神障害に起因するものとは認められない

家族処罰感情がないこととなどを考慮

重過失失火:重大な過失によるときは、3年以下の禁錮又は150万円以下の罰金に処する

重過失致死傷罪:5年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金

なので禁錮4年6か月の実刑判決ってそれなりなんじゃないの知らんけど。

2015-10-07

学祭シーズンがやってきた

10月になり学祭シーズンがやってきた。

わたしの通っていた大学10月学祭をやっていた。


わたしが行っていた大学は、皆様のような高学歴の方が行くようなところではなく、

名前漢字でかければ入れるようなFランク以下のド底辺大学だった。

日本には日本の、底辺には底辺の祭がある。


弓道部 vs アーチェリー部(リアル殺し合い)

全裸ファッションショー

体験してみよう!粉じん爆発

脱法・合法ハーブ体験

教室放火して、いつスプリンクラー作動するかゲラゲラ見守る部屋(名目上は喫茶店失火)。


学祭宣伝ポスターを見かけたのでふと懐かしくなり書き起こしてみました。

2015-05-19

http://anond.hatelabo.jp/20150518152323

元増田出身校の体制がどうなっているかは判らないけれど、小学校の移動教室は何校かで体験したので、参考までに書きたいと思う。

 

移動教室修学旅行で、先生たちが酒盛りをしているというのは昔のイメージだったりする。消灯後も忙しいのだ。

小学校場合、消灯は21時頃であることが多いと思うが、教員はその後フリーになるわけではない。

まず、消灯直前までに、寝る前の服薬が必要な子に頓服済みか確認する。夜尿癖のある子を、トイレに行かせる。

消灯後は、大多数が寝静まるまでは廊下に居り、男子女子の部屋に忍び込むのを邪魔したりする(悪く思わないでほしい。現に「15歳の母」のような事案は存在するのだ。避妊具でも発見した日には厳戒態勢である。「避妊するだけマシ」という論理性は危機管理には通用しないし、「小学生から」と甘く見ると大やけどをすることを教員は痛いほど分かっている)。

それと平行して、風呂を済ませる教員もいる。宿の風呂が深夜まで使えるならば良いのだが、23時までだったりすると、主任先生風呂を諦めることもある。部屋にシャワーがあれば最高である。また、イベント担当などの小規模な打ち合わせを行ったりする。

その後、22時~23時あたりで、一度、全体ミーティングを行う。20~30分ほどのことが多かったように思う。実踏で確認はしていても、いざ児童を引率すると、思わぬ問題が発生したりする。見学先やバス移動時のサービスエリア鉄道利用時の駅などで、居合わせたお客さんから苦情を頂くこともある。その場合は翌日に同じことが起きないよう検討しておく。また、翌日の注意点も共有し合う。タイトスケジュールだったり、自由行動やオリエンテーリング等で迷子になりやす場所確認したりする。

 

ミーティングが終了したら「おやすみなさい」

……とはならない。

23時半~0時を目途に、夜尿の心配のある子を起こしてトイレに行かせたり、喘息発作の起きやすい子の様子をみたりする。体調不良の子が居れば、その子の様子も確認する(これは基本的には養護教諭マターだったりするけれど、担任も度々様子を見に行くだろう。性悪説で考えても、子供の信頼を得られなければ、仕事がしにくくなるのは目に見えている。ここで手を抜くのは損である)。

そして、自分のための支度をして、仮眠となる。そう、たいていは仮眠なのだ。不寝番の時間が来るまでの。

もし幸運にも不寝番をせずに済んだとしても、6時には児童が起床するので、その前に起きなければならない。寝れて5時間強だろう。帰りの電車バス教員が寝ていても、そっとしておいてあげて欲しい。移動教室修学旅行は、何より睡眠不足との戦いなのだ

なお、場合によっては2時ごろにも夜尿の心配のある子を起こしたり、喘息の子に吸入させたりする。この場合担任でなく、不寝番の教員が代行する事も多い。

 

世間の目が厳しい平成20年代にもなって酒盛りをする文化が残っている学校は少なくなっているのではないだろうか。校長カップラーメン位は差し入れをしてくれているかもしれないが、酒盛りをする勇気も元気も無いように思う(ただ、小学校教諭は体力自慢も多いので元気な教員は居るかもしれない)。中高の部活遠征で、保護者も同伴するような場合勝手が違う可能性もある。

 

わたしの経験から話せるのはこの位である

「夜中すぎ」が何時かは判らないが、全体ミーティングに重なっていれば、そのミーティングを行う部屋によっては、教員認知できなかった可能性はある。

なお、ミーティングの内容は、円滑なスケジュール遂行の為の確認と、トラブルの未然防止がメインである事故喧嘩が起きるのが、教員は何よりも怖い。仮に、教員責任感や正義感を持ち合わせていないとしても、であるトラブルが起きれば、教員は眠れないし、修学旅行後も後々まで尾を引く問題になる。児童が怪我をすれば最悪の場合刑法犯、業務上過失致死傷に問われるのだ。正義感の無い教員が居るかどうかはここでは論じないが、正義感が無い教員が居ると仮定しても、DQNの襲撃や火遊びによる失火などは最大のリスクの1つであり、放置するのは教員集団の行動原理としてはあり得ない(個々としては不合理な判断をする者も居るだろうが、複数教員がそのような不合理な判断をするとは思えない)。

 

 

結論を言おう。

元増田の件では、教員酔っぱらい認知していなかったか認知はしたが対策をしつつ事を荒立てない選択をしたと考えるのが自然である

前述したように、ミーティングと重なった場合ミーティング場所によっては教員酔っぱらい認知していなかった可能性がある。

もしその状況を教員認知したら、教員自身リスクを考えても、必ず何らかの行動を起こしているはずである

認知していたとすると、たとえば、直接対峙せずフロントに連絡したり、児童に危害が起きないように注意深く見守るなどの対策をしていたことが考えられる。また、教員がおだかやに「お願い」を申し出て、酔っぱらいが素直に聞き入れてくれた可能性もある。

 

元増田証言にあるように朝にスルーしたのは、「児童も寝ている時間であり、気付いてないだろうから、わざわざ言って不安にさせるのはよくない」という教育判断が働いたのではないだろうか。まさに「寝た子を起こすな」の理論であるが、教員が、児童は寝ていたはずと思っていたのなら、ストーリーとしてあり得るのではないか。小学生は案外早く寝落ちするものである、という経験則教員にはある。

実際は増田らが起きていたわけで、教員が本当にこのような判断をしていたのなら、これは結果論ながら教員サイドの判断ミスと言えるだろう。

 

教員サイドのポジショントークに見えるかもしれない。しかし、失火の可能性すらある状態を認知したら、怖いから放置するという判断はできない。むしろ放置のほうが怖い。いかなごを校庭で焼くという明らかにネタの予告でさえ、万が一を考えて職員会議と警備強化を行うのだ。放置するのは不合理である

長文・乱文だが、この文章が何らかの一助になれば幸いである。

2014-12-09

はてな村の人たちの炎上回避

・普段の防災訓練(高みの見物)

・早急機敏な退避行動(まるで野々村並の足の速さ)

失火への配慮(火種や小さい燃えカスの早期的除去)

・小型消化器を設置(記事削除)

放火魔を早期段階で通報(BAN)

そもそも村自体蜃気楼。住所不定匿名のため特定不可能

そしてアノニマス今日も燃料不足です。

2014-07-17

今度離婚するらしいんだが記憶が無い。

あれは15年くらい前だったろうか。家からボヤが出て警察が来た。俺は何か色々しゃべって失火ということで済んだのだが、話はそこでは済まなかった。俺の記憶ではそんなことは起こらなかったからだ。

よっぱらっていたとか、寝起きだったとかなら分かるが、真っ昼間にアセトンかなんかを煮詰めててそれをこぼしたとかいいやがる。意味がわからない除光液煮詰めるバカがどこにいますか。

まーなん記憶はないけど、台所でそんなもん茹でたりひっくり返したりすりゃ、そりゃ失火しますわ。というかよく死ななかったな。大やけどしたけど。

んで、その数日間の出来事がすっかりないってんで警察の人が困り果ててしまった。調書は取ったんだけど今度は全然違うことを言う。覚えてない、知らない。

しかし数日して、俺の仲がいい友だちに「あのことはよく覚えてるよ」とか言い始めたらしい。俺が。らしい。だってしらねーもん。

ここでさすがにおかしーだろって思う。靴屋の小人的なにおいがするよね。で、心療内科に行った。多重人格(今ではややこしい名前を使う、略してDIDっていったりする)の専門家で俺も名前を聞いたことがあるようなところに連れて行かれた。「あなた多重人格です」といきなりオッサンは言った。「なんで分かるんですか」「交代人格が出てきたんだから多重人格だろ」「あんた何もしてねーじゃん」「時計をみてごらん」

45分くらい経っていた。記憶をなくすというのはよくあるが、時間がすっとぶというのはあまりないのでびっくりした。まあ、俺の仲には5,6人くらいいるらしく(逆に1,2人くらいしか居ない人はめずらしいらしく、俺は典型的らしい)治療必要がある、と。

しっかしそこは予約制でしかもくっそ高いから行かなくなった。

ガールフレンドができると、たまにだけど現れて、俺が話たくないような話をしたりするらしい。自分にもう何人か人格がいて、失火を起こしたり友人に電話を掛けたりしてるらしいってのは、ちょっと変わってるかもしれないけど俺には結構面白いことだった。

俺にも婚期とかいうやつがきたらしく、付き合っていた女と結婚すうことにした。そいつは俺のことをだいたい4,5人分くらい知っていた。そいつの、俺の(別の人格の)話を聞くのが好きだった。多重人格かいうけど人を殺したりとかしなければ大したことないじゃんかくらいに思っていた。

朝、布団から起きると、4年連れ添った妻が居なかった。部屋はすっかり片付いて俺のものしか転がっていなかった。3歳の息子もいなかった。プラレールもなかった。

カレンダーをみると一ヶ月くらい経ってた。仕事はなくなっていた。

全く覚えていない。

その日、俺は大声とともに妻を外にひっぱりだし、ひたすら殴り続けたのだそうだ。子供が見る前で暴力はやめてくれと言ったらしいが、顔が真顔で一切聞き入れない感じだったらしい。ひたすら殴っていたそうだ。警察が来て、俺が引き取られて、嫁は子供をつれて実家に帰った。

そういや、父親の暴力に耐えかねて逃げ延びた母子がいたなーと思ったら俺のことだった。俺は俺を産んでしまったのか。

神経科医の言葉が思い。「DIDになった以上、結婚は諦めろ」と。俺ならうまくいくと思っていたんだよ。小説とかで読むのとだいぶ違うし。

離婚といわれてもピンとこない。嫁が「結婚継続が困難な理由」としてどんな文章を捻り上げてくるのか今からちょっと楽しみだったりする。

2013-11-25

失火

友達の家が全焼したらしい。

隣家から出火して延焼したようだ。

以前にもボヤを起こしたり様々なトラブルを起こしたりと問題のある隣人だったみたいで、今回の火事で友人は精神的にまいってしまった様子。

延焼については重大な過失がないかぎり隣人に弁償義務はないとされているため(失火法)、入っていた火災保険に頼るしかできないらしいと考えているようだ。

クズな隣人のために家や思い出が全て焼かれてしまった友人が可哀相でたまらない。

弁護士相談したとしても難しいんだろうなあ。

2013-09-04

http://anond.hatelabo.jp/20130904142241

横だけど、

多分、人災からは守ってくれないんでしょう。ということで明暦の大火(放火または失火)と東京大空襲は除外。

関東大震災ときは、明治天皇行幸に遠慮して神田明神祭神から外されていた時期なので

それでヘソをまげてて守ってくれなかったんじゃないか、と推測。


ヨタですよ

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん