「弁護士事務所」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 弁護士事務所とは

2018-10-11

anond:20181011104404

角川は別として、漫画家cloudflareに開示請求をした話。これは国内漫画家が、弁護士を通して、東京地裁管轄にした

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1806/29/news105.html

これについて

いくら東京大阪データセンタがあるとはいえ、なんでcloudflare本社のあるアメリカで開示請求しないの?

日本だと情報開示請求にも馬鹿みたいに時間かかる上、ISP責任制限法だとロクな情報出ないのわかっててやるのは実績作るのが目的実効があまりないのはわかってるのでは?っていう観測だった

こっちは日本弁護士MIAU権利者と調整した上で、米国弁護士事務所通して米国訴訟起こした

https://www.buzzfeed.com/jp/takumiharimaya/manga-mura

cloudflare淡々対応して、ウチの利用料金はpaypal通して払われてるから必要ならpaypal請求出してねとまで言ってる。

後者の方知らないやつまだいそう

2018-09-28

10年間の借金生活を終えて思った事。

1~10どころか1~1000くらいまで書きたいのだけど、面倒だから要点だけ書く。

俺の10年が誰かに伝わればうれしい。

そして行動しろ

1・借金を背負うと行動力が上がるというのは半分本当で半分嘘。

いつでも稼げる自信のある人が借金を背負うのは、まあ有りだろう。

引っ込み思案の草食系男子借金背負ったら、毎日金の事ばかり考えてあっという間に人生終わる。

2・自己破産は悪い事ではない

これは一番伝えたい事。自己破産人生終了ではない。再出発というのも何か違和感がある。マイナスをチャラに出来る素晴らしい制度だ。

「金は返さねばならない」とか言ってる奴らは無視しろ事実企業はそんな事でいちいち嫌がらせしてこない。お前ごときに。

個人相手だと話は別になるだろうがね。

たかだか数百万程度の負債で、お前の素晴らしい人生無駄にしたいのか?

道端のホームレスが飢えて苦しんでいようと、明日食べるメシがなかろうと、生活費に困っていようと、お前にとっては正直関係ないだろう?

世の中の人間もお前の事を同じ目線で見ている。

お前が苦しむ所を見たい訳ではないが、お前がそうやって金で苦しんでる間に、周りの人間楽しい思いをしている。

辛いのはお前だけだ。

3・弁護士事務所は何件も回れ。

俺は破産を受けてくれる先生を見つけるまで5件くらい回った。

正直先生によって考え方が違う。disる訳ではない。彼らなりの考え、方針があるのだから

破産をいい事と捉える先生もいたし、悪い事と捉える先生もいる。

ただ、俺は破産する事により人生が先に進むと考えていたから、最初から破産以外の選択肢を消していた。

結果5件も回る事になった。 それだけ。

4借金から逃げるな。

ネット検索するとよく出てくる言葉

俺も最初理解していなかった。

本気でヤバい。返さないと人生終わる。危機感があるか。お前には。

別にさなくてもとりあえず生きていけるしーとか思ってないか

かに金はやばい。でも働きたいけど会社副業禁止だし。仕事忙しいし。体力ないし。とか意味不明言い訳してないか

俺は思ってた。結果無駄に5年も借金生活を引き延ばすことになった。

その5年間何やってたかって? 遊んでたんじゃないの?って?

何もやってねえよ。 節制生活無駄に5年間続けていただけさ。

「どうしよう どうしよう」って毎日あたふたして、何も行動せず無駄に5年も過ごしたんだ。

5年もあれば、ひとつ仕事で一流のスキルは身に着けられる。

そんな時間を俺は、毎日「どうしようどうしよう」 これに終始した。

さっさと行動してれば、5年前に借金は終わっていたよ。時間無駄にした。

5もし借金するなら。

俺は二度としないが、もし借金するならこの言葉を覚えておけ。俺から金言だ。

「今の収入が3か月後、半年後も保障されているとは限らない」

俺が最初生活苦になったのはまさにこれだった。

24歳。240万のショッピングローン。

見通しの甘さと強引な契約・・・ってのもあったが、それ以上に「今の給料で毎月これくらいの支払いなら、大丈夫」と甘すぎる計画を立てた事だ。

3か月後俺は降格し給与は大幅ダウンした。

結果生活が立ち行かなくなり、親から仕送りをしてもらわざるを得なくなった。

そしてこれが借金生活へとつながる。

6 最後に。

借金してる奴らへ。

時間無駄なんだよ。俺は一番それを感じてる。過払い金とか(さすがには今はもうないですかねw)、利息いくら余計に払ったとか、そんなのどうでもいい。俺に言わせれば。

四六時中金の事ばかり考えて、生産的な事は何一つ考えられない。

欲しいものがあっても、無駄制限してしまう。

Wワークなどで、いつも以上の馬力を出して返済に向かっているならまだしも、「どうしよう どうしよう」とあたふたするだけで、何も行動しない奴。

知らないうちに貴重な時間無駄にするぜ???

さっさと弁護士事務所へ行け。

早ければ1年かからずに手続き終わる。

その気になれば、すぐに支払い停止措置も取ってもらえる。

いか、すぐに行動しろ借金としっかり向き合え。

俺は9年借金から逃げてきたが、向き合った瞬間1年で借金は消えた。

早く動け。時間は刻一刻と無くなるぞ。

2018-09-16

痴漢犯罪加害者無料相談してる弁護士事務所があるんだけど、理由が「社会的意義のため」らしい。

加害者を助ける職業社会的意義だってことが、彼女痴漢された今全然理解できない。

2018-08-26

コミュ障東大に行った

からペーパーテストだけは得意だった。

早稲田慶応には、「チャラい」人が多そうだ。

から、目指したのは、東大だった。

友達もいないので、勉強する時間は楽に確保できた。

BUMP OF CHICKENを聴きながら勉強をした。

好きだった曲は、オンリー ロンリー グローリー

綾波レイの曲を作ってしま気持ち悪さにも好感が持てた。

東大には、すんなり現役で合格できた。

うちの高校から合格したのは3人だった。

入ったのは、文科一類

順当に行けば法学部に進学するところだ。

東大には、語学別のクラスがあり、顔合わせ的な意味クラスごとに旅行にいったりする。

おかげで顔見知りくらいはできたが、友達ができることはなかった。

ガリ勉ばかりだと思ってた東大だが、「チャラい」人の方がむしろ多かった。

中途半端な顔見知りは、赤の他人より厄介だ。

大学の授業には、最低限だけ出席し、Flashテキストサイトを見て時間を潰すことが増えた。


就活に使えるようなガクチカエピソードもなく、コミュ障面接クリアできるとも思えなかったので、ロースクールに進学することにした。

弁護士資格さえあればなんとかなるだろう。

そんな安易な発想だ。

ロースクールは、勉強だけすれば良いので楽だった。

ソクラテスメソッドの名の下に、授業で発言要求されるのには困ったが、学問的な内容であればまだ発言やすい。

有志で勉強会をする人たちもいたが、ひたすら一人で勉強をした。

アラサーの男女が高校生みたいな色恋沙汰を繰り広げるのを横目に見ながら、判例学説を頭に叩き込んだ。

テキストサイトはその黄金時代を終え、息抜き2ちゃんねるに変わった。

司法試験には、1度目の受験合格できた。

ペーパーテストは昔から得意だし、他の人が人間関係に充てている時間勉強に注ぎ込んだのだから、当然の結果だろう。

司法修習と並行して、弁護士事務所への就活を行なった。

ライバルは全員が司法試験合格者。

ちょっと頭が良いくらいでは長所にはなり得ない。

勉強ができる上に、顔も良くてコミュ力もある化け物のような人達就活では負け続けた。

唯一、拾ってくれたのが今の事務所だ。

おかげで、なんとか今は生きている。

大学生のときは何も考えていなかったが、弁護士コミュニケーション能力重要だ。

今はなんとか無理やり形にしてるが、将来は不安しかない。

2018-07-26

anond:20180726113407

レッツゴー弁護士事務所

具体的な話なら30分5,000円くらいで教えてくれるよ

2018-05-24

悪いのはいじめる方なんだとやっと腹落ちした

小学二年生とき痴漢に遭って、母に言ったら「そういう人はいから、気をつけなさい」と言われた。

中学生ときにもまた痴漢に遭って、母に言ったら「痴漢にすら相手にされなくて自分には魅力がないんじゃないかって

悩んでいるような女の子いるかもしれない。需要があるだけましと思わないと」と言われた。

それ以降も露出狂や、チャリで追い掛け回してくる人、ノーマル痴漢など色々遭ったけど、人に言わなくなった。

社会人になって、会社を辞めていった元同僚と居酒屋で3人で飲んだとき、1人が酔いつぶれて寝てしまい、

起きているほうの元同僚に腕を掴まれて壁に押し付けられて無理やりキスされたということがあった。

通りすがりの知らないおじさんに痴漢されることには慣れていたけど、本名出身大学学部も好きな小説家も知ってる

一緒に働いたことのある一つ年下の人から強制わいせつをされたことにはさすがに衝撃を受けてしまい、

それを母に言ったら「モテてるじゃない(笑)」と言われた。

母に言う前に、母に言っても良い方向にはならないと予想はついていたから、数か月間は当該元同僚をLINEブロックしただけで

誰にも言わないで黙っていられたんだけど、結局喋ってしまい、しみじみと私は馬鹿なんだろうなと思った。

父親はというと、私が成績が下がったり部活試合で良い結果が出せなかったとき、ただでさえ落ち込んでいるのに罵倒してきて

良い結果を出せたときは何も言ってこないような人間なので、そもそも会話が無かった。

 

山口達也女子高生を家に呼び出して無理やりキスしたというニュースがあった。

女子高生母親は迎えに来てくれて、事件を明らかにして、泣き寝入りをしないという選択をした。

日大タックル問題では、加害学生被害学生の両親がそれぞれ、自分の息子を守り戦うという姿勢を見せている。

こうした「泣き寝入りをせず加害者責任を問う犠牲者」の存在に立腹し、執拗に叩くタイプの人は大勢いる。

泣き寝入りをしない選択は、「犠牲者の落ち度を責めるばかりで加害者は免責する人々」からの猛バッシングを受ける結果を、ほぼ確実に招く。

でも山口達也被害にあった女子高生とその家族内田理事被害に遭った男子大学生とその家族の戦いを見て、時代が明らかに変わっていることを感じた。

あらゆるいじめは加害した側が悪く、変わるべきなのも加害した側であると、現在は心の底から思えるようになった。

加害者に狙われることを出来る限り予防したり、狙われたときの反撃手段を得ることといった、現実的解決手段は当然必要だ。

でもその前に、被害に遭った自分を痛めつけているだけの人々が、まだ大勢いる。

被害だけではなく、パワハラなどの労働問題学校でのいじめもそうだ。老若男女も問わない。被害に遭った自分を責めている人がたくさんいる。

加害者にとってどこまでも都合の良い犠牲者」として、自分健康を害し続けている人々がたくさんいる。

 

母が大学時代結婚式場としても使われる大きな料亭バイトしていて、酔客に尻を触られることがよくあったと言っていた。

予備校バイトをしていたとき弁護士事務所秘書をしていたとき、妙な因縁をつけられたりセクハラされたりがあったとも。

全てを母は笑いながら話し、「バブルだったからね、女性からってだけでイベントに呼ばれて、

参加費無料なのに貴金属もらったりもあった。女は得」という話に繋げて終わらせようとする。

しかし、私が生まれ専業主婦になり私が小学校高学年になってから社会復帰した母は、

社会復帰以降は一切女性らしさを問われないオフィスワークをし続けてきたし、

50代になったいまは髪を短くして私服ジーパンばかりで、かなりの痩せ型であることもあってシルエットに女性らしさがほとんど見えない。

笑い話ではなく素朴な「嫌なことをされた」「それは辛かったね」というやり取りを、

望みながらも叶わなかったのは、母も同じだったのではないかと今は思う。

 

内田理事の件と、あとはネトウヨ懲戒請求された弁護士の反撃もそうだけども、

犠牲者法律リテラシーがあるからこそ互角かそれ以上に戦えるという例は多い。

たいていの被害告発告発者が戦い慣れておらず、観客は惰性で加害者擁護して、犠牲者プライバシーを失いボコられて終わる。

からme tooの強要なんてできない。それでも、悪いのは常にいじめる方であると言いたい。

被害予防と、万が一被害にあったときの身の守り方は学びながら、過去被害に遭った自分を責めることはもうやめて欲しい。

加害者には加害者事情があるだろうけれども、犠牲になった人間自分の心や生活よりも加害者理解大事にする必要は一切ない。

 

anond:20180525110834

2018-05-10

借金回収の途中経過

知人に貸した金が返ってこないので弁護士に回収を依頼した。まだ回収できていないが備忘録として今までの経緯を記録しておく。

金を貸したのは5年と数カ月前。相手子供の頃からの友人。暴力的組織から金を借りているが、返済できなく組織事務所軟禁されているので助けてほしいという連絡が発端。こちから貸した金で返済して組織とは手を切ったが、その後に事業資金としても貸してほしいとの依頼があり、何回かに分けて貸した金額日本の平均年収を超える額になっていた。

その後も身を寄せていた事務所関係者刑事事件訴訟されたり、関係していた会社が整理してしまったりとすったもんだを繰り返した上、返済が無いまま数年が経過してしまった。

貸した当初は口約束だけだったが、金額が大きく数年単位で返済がないため途中で借用書の提出を求め実印付きの借用書を入手。その後、数回にわたり返済計画書を提出させるがいずれもまったく計画通りに進まなかった。

住所、電話番号LINEアカウントなどは押さえており連絡は取れる状態にあったが、返済や状況報告を求めるこちからの連絡に対して、返事がほぼ無くなってしまったためしびれを切らして弁護士相談。すぐに契約することとなった。

弁護士へ依頼した直後に相手引っ越したことがわかったので、住所を調べるところからスタート弁護士の職権で相手戸籍謄本住民票を取ったが、登録されていたのはだいぶ前に引っ越ししまった住所。内容証明を送っても当然ながら不達になった。

携帯電話の番号から調べることも不可能ではないということだったが、結局は妻の住民票から現住所が判明。なかなか素人ではここまで出来ず弁護士へ依頼するのは意味があるものだと感じた。

その後、内容証明を発送したところ相手からすぐに返事が届き返済の交渉に入る。相手借金している事実に関してあっさりと認め、すでに入手している借用書を含め貸し借りの関係にあることが法的に完全に確定。

支払いについては分割払いということで了承したが2回目の支払いから不払いになり連絡も途絶えてしまう。こうなってくると弁護士から任意の連絡だけではラチが開かないので、裁判所へ支払い命令を出してもらうことにした。

弁護士事務所手続き委任したが、なかなか手続きが進まず数カ月経過してようやく裁判所から発付したとの連絡が来る。

ただし、これは裁判所から送っただけであり相手に届いたわけではないとのこと。届いたら届いたで改めて連絡が来るようだ。

法的手段に訴え出てもこれだけ時間がかかってしまう。これから相手から異議申し立てが出てくる可能性もあり、その場合はまた別の対応をしなければならない。

最終的に裁判になり判決が出たとしても、西村ひろゆき対応で有名なように相手財産こちらで調べなければならないし、自己破産をされたらどうしようもない。

まだあきらめるつもりはないが、昔から繰り返し言われているように金を貸すなら返ってくることは期待するなということだ。

2018-05-02

何で毛利小五郎料理をしないのか

名探偵コナン毛利小五郎の妻妃弁護士料理下手だ。

二人が別居する切っ掛けは妃が怪我我慢しながら作った料理に小五郎ツンデレを発揮して貶したせいだ。

まずい飯を作るくらいなら寝てろと彼なりに妻を心配して言ったわけだが、そもそも妻が怪我をしてるんだから食事時までに小五郎が出前を取るなり作っていたら良かったのでは。

二十歳で出来婚して蘭が7歳で別居、それからは蘭が家事全般をやっているようで、妃弁護士復縁を申し込む際に

「蘭の料理も飽きてきた、お前の一風変わった味が懐かしい、そろそろ戻ってきてくれねーか限界なんだ」

と言っている。

弁護士事務所を経営トップ弁護士の妃は小五郎より忙しく高収入だろうに、何で苦手な家事をやってもらう前提なんだろう。

五郎がいい人なのもまずい飯が食いたいのがツンデレ愛情表現なのも解るが、不味いんだから五郎が作ればよくね?

7歳で母が逃げてだらしない父親を抱えて家事してた蘭が気の毒すぎる。

2018-05-01

「(民事訴訟を起こされたという体験最終話

これまでの話
[小説]「(民事)訴訟を起こされたという体験」序話~第七話
「(民事)訴訟を起こされたという体験」第八話
「(民事)訴訟を起こされたという体験」第九話
「(民事)訴訟を起こされたという体験」第十話

この増田を読んでる皆さんへ
第一話についているコメントに対して

登場人物紹介
「(民事)訴訟を起こされたという体験」登場人物紹介(追記有り)

訴訟判決が出てから半年後、Aから電話がかかって来た。

その電話から数日後、私、O、A、Bは、Aの弁護士事務所に集まっていた。
かい側の席には、熟年夫婦…と言うのが妥当なのだろうか、熟年夫婦と…Kの弁護士をしていたSが座っている。

こちらに向かって頭を下げる熟年夫婦
そして、Sが説明を始めた。

Kは、私とOに対して訴訟を起こす為に、匿名掲示板運営に対し訴訟を起こし、プロバイダに対し訴訟を起こす
という流れで事を進めて来たのは説明した通りだ。
これらの訴訟にかかる、要は、投稿者特定するためにかかる費用は、合計で100万は越えているであろうとAは見ていた。
では、その100万の出所は?

Kはアフィリエイトブログ運営しているのだから、当然そこから収益だろうと私達は何の疑問にも思っていなかった。
目の前に座っている熟年夫婦はKの両親…、これだけ言えば解るだろう。
私とOを特定するための費用を、Kは、親 の 金 か ら こ っ そ り 抜 き 出 し て い た のだ。

訴訟を起こせば勝てる、勝てばかかった費用分以上の金が手に入ると、そう信じ続けていましたからね。」Sは言った。
「何度も説得したんですよ、訴訟とは勝ち負けを争う物ではない、特に民事訴訟相手和解する事を考えた方が良いと、
 でも、言っても聞かなかったんですよ。相手のやっている事は悪なのだから必ず勝てるはずだ、勝てる様に事を運ぶのが
 弁護士仕事だろ…と。」
Sさん、K説得するのに苦労したんだろうな…。いや、結果的に説得出来てないけど。

Kの両親は自分達の貯蓄から100万円以上のお金が消えている事に気付き、Kを問い詰めた結果
Kが勝手に抜き出して訴訟を起こす為に使っていた事、100万円以上使って40万円しか戻って来なかった事
を知ったのだという。

「それで、要件と言うのは?」Sの説明が終わってからAは口を開いた。
「流石に、訴訟で動いたお金については返す事が出来ないのですが、親として息子の行いについて一言謝りたいとの事なので。」
Sはそう述べた。

何故両親だけで、K本人が来なかったのかについては、Kが来るのを嫌がったからだという。

結局、Kの両親から謝罪を受けるという形で、この「(民事訴訟を起こされた事件」は結末を迎えた。
K…、お前、30代中盤、いや今では40手前の年齢だ。
それで、こんな風に親に頭下げさせて未だに家に引きこもって
アフィリエイトブログ収入を得る日々を送ってるって情けなくないか

未だに更新され続けているKのブログを見るとそんな事を思う。

訴訟は起こせば必ず勝てるという物ではないし、
起こされたからといって怯える必要はない。

自分達にやましい所が無く、しっかりと証拠集めが出来るなら
寧ろ、自分達の正しさを示せる場とも言える。

そういう事を、この訴訟体験は私達に実感させてくれた。

<完>

※この物語フィクションです。実在人物団体等とは何の関係も有りません。

2018-04-26

マスメディアセクハラ疑惑報道に関して

財務省セクハラ被害への対応マスメディア批判対象になっていて

顧問契約のある弁護士事務所に対して、被害内容を実名で届け出るようにといった部分に関して

第三者性がない機関への委託公平性を欠くし、二次被害への懸念が拭い切れないのに「ありえない対応だ」

といった内容になってます

なるほどその通りだなと思うし、自分はそこまで考えが及ばなかったなと思ったんだけど

一方でそう批判するマスメディア各社は、少なくとも自社でのセクハラ被害への訴えに関して

第三者機関を介した匿名性を担保した対応は既に用意されているのだろうか?とも思った。

「お前がいうな」と言いたいのではなく、マスメディア側にも必要セクハラ被害への対応を期待してるし

もしそういった対応が未整備で自らを省みない批判であったなら、それはそれで(あくまでそれはそれで)公平性を欠くなとも思った。

2018-04-18

手取り10万くらいなんだけどさ

働いてる場所場所から高級取りと思われてる

(警察署病院学校役所弁護士事務所などをイメージしてほしい)

前に具体的な職種出して愚痴ったら

○○で働いてるくせに意識が低すぎてショックみたいなこと言われてめちゃくちゃ叩かれたけど

あれは今思うとなんか勘違いされてたんだろうな

職場内で凄く立場が弱くて給料も少ない

ほぼバイトみたいなもの

でも同じ職場フルタイム勤務の人たちですらバイト給料の低さを知らないか

ここで働いてるんだからサビ残当たり前でしょ、

ここで働いてるんだから雑用も当たり前だからね、

送別会は○万円ね、って平気で言ってくる

この職種の人が現場ではこんな雑用してますって言ったらみんな驚くだろうな

割に合わない

こうしてこっそり増田できる程度にはゆるいから辞めないけど

2018-04-17

田舎は大胆な評価制度ができる

https://note.mu/wazawazapan/n/nc572aa91b8bb

パン作りマニア経営者として言及

とりあえず、地方は職の選択肢も少ないので、采配の幅は広く試行錯誤できるよね。

そして、このケースの場合は、一般的には寒い地方ほど、我慢強い人が多いとされるわけで、ブランディングのために地方で展開したことが、独特の評価制度にも役立ったよね。

とりあえず全員フリーランスみたいな組織は、たぶん弁護士事務所と同じで、このくらいの規模までじゃないかな。

それが発展すると、福井県みたいに、みんなそれぞれの部署独立して、社長なるみたいな。

とりあえず、薪窯パンは、職人ワザだからキーマン死んだら詰む。ガスで焼くのはガスの水分が出るから食パンに向くのはたしか

「売ってたチョコパン毎回食ってた客が太り始めたので切りました」のくだりは、本当かなあと思う。小さいベーカリー生存戦略として、パン食パンだけにする、というのは定番からなあ。それにストーリーを付けてきた感じがする、この人なら。

https://allabout.co.jp/gm/gc/454722/

日本では、食パンが売れないと、ベーカリーは生き残れないのよ。ファクトリメイド大手じゃない場合は。これ常識

ビジネスを考えたときクッキーベスト、と考えて、セブンルールかにも出演していたこの人と同じ匂いがする。

https://mdpr.jp/news/detail/1730676

まあ、薪窯ノウハウがあるから、それを都内イタリアン提供しまくる、というコンサルでもきっと食っていけると思うけどね。たぶんそのほうが儲かる。

都内薪窯ベーカリー23区内ではないからね。でもまあ、都内だとストーリーが付けられないけどね。でも味はほんと美味しいのよ、薪窯は。食べれば普通に素人でも違いがわかる、ピザとかでも。

2018-04-02

都内SIer(とは名ばかりの人材派遣業)を退職しました

都内SIer(とは名ばかりの人材派遣業)を退職しました。見る人が見れば特定できるかもしれないけど、↓のような会社。多少フェイクもあるし、答え言う気もないか特定されても良いや。ちなみに職種はバックオフィス

会社が酷い点

リーマンショック貸し剥がしと受注減に合い、借金が返せなくなって銀行リスケ(返済条件の見直し)。その承認下りるまで借金返済を優先したため最大2ヶ月半の給与遅配。運転資金確保しておくか、多少なりとも社長から貸付しろよ。

・その結果、ボーナスは1万円を現金社長社員に手渡す。しか社員から社長支給してもらってありがとう、と半強制的に言わせる。これで求人情報を「ボーナス支給 有り」とする酷さ。

・9時〜18時勤務を9時〜17時勤務に変更して、一方的に基本給を12.5%カット。なお17時〜18時は休憩時間となり、居ても居なくても給与は発生しない。あと翌年、祝日が出勤日に変わった。カットされた基本給はなぜかそのまま。

最近話題のみなし残業制度。もちろん超過分は未支給(というか、プロジェクト原価管理システムが二重帳簿になっており、対外的には超過していないことになっている)。

リスケ以降は、銀行の格付引き下げによる一括返済を求められることを恐れ、ほぼ恒常的に数千万単位粉飾決算を行う。過去経理が疑問を感じてコンプラ調査を依頼したら、コンプラから社長情報が上がり、経理社員はその日のうちに懲戒解雇になった(不当解雇が認められて賠償金払う羽目になった)。

社長が酷い点

・当初の役員報酬は月給800万。リスケの条件として銀行に指摘されてしぶしぶ月300万まで減らすも、実は役員報酬以外に月200万はP/L社員給与に紛れ込ませて支払い済み。年収証明出せって言われたらバレるだろ(税金とか社会保障どうなってるんだろう?)。

交際費の締め付けを図ると宣言したものの、自身は変わらず毎月100万近く飲み歩く。そのくせ、営業担当役員顧客大手企業現場部長級)との接待をセッティングすると理由をつけて逃げる。聞いた話だと、社長就任前の接待顧客を怒らせたことがあるらしい。

・よく分からんNPO(お局さんに聞いたら社長の妻が関与しているっぽい。少なくとも理事に1人名字が同じ人がいた)に毎月50万払ってる。また最近社長の息子が新卒入社した。主任待遇で月給35万。彼もある意味犠牲者か。

11時に出勤して15時に帰っている。ちなみに昼食は2時間弱。仕事ができる社長なら労働時間文句を言う気は無いが、周りの士気を落とすのは止めて欲しい。それでいて残業している社員を働きすぎだと茶化す(人が辞めて少人数で売上立てるため、120%の稼働が目標なんですが…)。

役員の親が亡くなった時に参列した通夜精進落としの場で泥酔。数日経って、香典の出金伝票(さすがに領収書請求するほど馬鹿では無かったらしい)と馬鹿高いタクシー代(役員の親は千葉社長横浜在住)が回ってきた時は、本気で全社員メールを流してやろうと思ったけど上司に諌められた。

泥酔ネタまだあったわ。東日本大地震の時、帰れない社員を集めた上で、バックオフィス社員に酒を買って来させて宴会開始。その後、次々と電車が動き帰る社員を「危ないから!」と無理矢理引き止めるも、自分は22時頃にバックオフィス社員に探させた近くのホテルの空きが見つかると「じゃあ俺は行くわ」と早々にそちらに移動(聞いた話だと元請け大手企業が、都内100室単位で抑えている1室を無理言って回してもらったらしい)。震災明けには、社員を置いて帰るなんて管理職としての意識に欠けているとお説教役職手当の減俸(寄付するんだとさ)。

・頑張っている現場を報いたいと言って年度末で納品近いのに飲みに誘い、散々自慢話と相手の話を否定しまくった上で、精算時に堂々と領収書請求した精神的貧しさ。忙しい中、1円でも利益を出すために頑張ってくれている&部下にら動員かけてくれた現場課長土下座たかった。

社員過労死した際に遺族から報復ビビったのか、弁護士ボディガードを同伴させて通夜葬儀に参加(弁護士事務所から顧問契約以外のオプション費用請求が回ってきて気がついた)。これでも最初は行きたく無いと散々ゴネていた。

会議では人格攻撃批判しかしない。他者批判することで自分の格が上がると思っている。

・結局、能力人格の無い2代目のボンボン。親から会社を引き継ぐも、貯金も無いのかまだ株は創業者であるのもの。今まで稼いだ額面10億の金、どこに消えんだろ。

書いていたら、またイライラしてきたわ。ネタじゃ無いんですよ。ホントに。このボンボン、もうすぐ50ぐらいだけど会社潰れた上で、粉飾で刑事罰とか喰らわないかな。残りの人生惨めに歩んで欲しいわ。

先代から番頭してた役員役員で、もう出世できないためチマチマとした横領とか業者からキックバックで小遣い稼いでるし(やけに多額な勘定科目があるんだよなぁ。数百人の会社だと保険料とかバックオフィス管轄予算だけでもそこそこ大きな金額だし)、ずっと社長の下にいた人事は権威を傘に来て、現場社員に対してパワハラまがいのことしてるし(これがあるからバックオフィス現場から嫌われているんだと思う)。

ちなみにこれだけ放蕩経営でも、日本有数企業の一次請けで、20億ぐらい売上てるんだぜ。まぁ、リーマンショック前は40億近くあったけど。昔は派遣請負五分五分だったけど、人が辞めて技術力落ちたことを見抜かれたせいか、今じゃ派遣(準委任含む)が8割近いし。そんな中でも、日々長時間労働してくれてる現場社員申し訳が立たないよ。

今日付で新人が入ったと思うけど、さっさと騙されたことに気がついて辞めることを期待してます

2018-03-30

anond:20180330185433

なにこの返信は?

弁護士事務所だの権利能力なき社団の話し

権利能力なき?法人格の話を元増田にしたが、権利能力の話なんかしてねえぞ。

anond:20180330180554

意味わからん

会社法人番号の調べかた知りたいってんだから登記取れって言ってんのになんでそこに弁護士事務所だの権利能力なき社団の話しが出てくるんだ

2018-03-06

anond:20180306125950

かに日本エリートって、文系とか理系とか結局自分の専門分野のことだけに偏っていて、専門外のことに対して「知らなくて当たり前。自分世界価値観が一番」と思っているイメージがある。海外については知らない。

から医者医学関係に偏り、弁護士法律関係に偏る。自分の知っている範囲では医者の方が理系ジャンル全体に興味があり、医学以外でもコンピュータいじりとか自分能力を生かせる分野にどんどん首を突っ込んでいくイメージがある。

うちの職場弁護士事務所とかじゃないけど、法学部出身者が幅をきかせる傾向があり、「法律屋の常識が我が社の常識」と思っている連中が多いように思う。組織の規模が大きくて、法律以外にも電気とか機械とか土木建築などいろいろな職種の人がいるし、そういう人たちの知識なくしては職場が回らないのに、「俺らの常識組織の中心」と思っているバリバリ文系法学部出身者が多くてときどき叩きのめしてやりたくなる。

2018-02-23

「(民事訴訟を起こされたという体験」第六話

これまでの話
「(民事)訴訟を起こされたという体験」序話
「(民事)訴訟を起こされたという体験」第一話
「(民事)訴訟を起こされたという体験」第二話
「(民事)訴訟を起こされたという体験」第三話
「(民事)訴訟を起こされたという体験」第四話
「(民事)訴訟を起こされたという体験」第五話

この増田を読んでる皆さんへ
第一話についているコメントに対して

登場人物紹介
「(民事)訴訟を起こされたという体験」登場人物紹介(追記有り)

Sとのメールのやりとりを進める中で、Aから提案された策は、基本路線としては「相手の狙いをある程度掴んだら、和解を断る」という策だった。
Aが言うには「相手の狙いが何かは相手請求して来る金額に出る」だそうだ。

これは、この増田を読んでいる読者も実際訴訟を起こされた時のために覚えておくと為になる話だと思う。
訴訟を起こす人間は大きく分けると二つの種類に分かれる。

①あまり無いタイプだが、請求金額最初から類例案件判決相場程度に低く設定してくるタイプ
こういうタイプは「喧嘩というのは両方に原因がある、勿論自分にも原因がある」と考え「金額よりも真相当事者双方の気持ち大事にしたい」という事が解る。
こういうタイプを、Aは"誠実型"と呼ぶと言っていた。
"誠実型"には下手に交渉するよりも、こちらも誠実に対応すべきだと言える。
「この請求金額を類例相場程度に下げた状態で挑んで来る人を、誠実型と言うんですよね。これが一番敵に回したくないタイプです。
千件近く訴訟をして一人か二人こういう人と当たる事は有りますが、このタイプに当たると
まだまだ世の中捨てたものではないなと弁護士をやっていて良かったと感じるんですよ。」とAは言っていた。
仮に、こういうタイプ和解案を提示してくる相手だったならば、即座に和解に応じた方が良い。

②前述の、あまり無いタイプとは逆に、訴訟を起こす人間の99%は類例判決相場同等額+自分契約した弁護士弁護士費用精神的苦痛費用請求してくる。
こういう高い金額請求してくる相手は、「真相当事者双方の気持ちよりも金を優先したい」という事が解るのでこちらも手加減せずに争う事が出来る、
云わば「やり易いタイプなのだそうだ。

結局は、金か気持ちかどちらを取るかという話で、その両方を両立させる事は訴訟では難しいという事らしい。
弁護士基本的に争い事の仲裁をするのが仕事だが、Aが長年弁護士をしていて辿り着いた結論は「弁護士に依頼しなければ争い事を解決出来ない人は頭が悪い
という事だったそうだ。

弁護士訴訟という手段に頼らずに争い事を解決出来る人は、弁護士より頭の良い人だと私は思います
から私は、訴訟を起こしたいと当弁護士事務所に訪ねて来た人に必ず聞く事にしているんですよ。
その案件は本当に訴訟する必要が有りますか?と。」

さて、Kはどうだったのかと言うと…?
和解したければ和解200万円を払え」と私とOのそれぞれに提案してきた。両方合わせてではなく、一人当たり200万円だ。
これには流石に私もOも笑わざるを得ず、更にはAも笑っていた。
「住所や本名ネットに書き込まれたという場合判決相場10万~20万です。200万も請求してくるとは、これで手加減無く潰せますね。」と。
和解案をこちから断った上で4カ月程が過ぎ、ついに、私vsKの訴訟と、OvsKの訴訟が始まった。

次回に続く。

2018-02-02

「(民事訴訟を起こされたという体験」第三話

これまでの話
「(民事)訴訟を起こされたという体験」序話
「(民事)訴訟を起こされたという体験」第一話
「(民事)訴訟を起こされたという体験」第二話

この増田を読んでる皆さんへ
第一話についているコメントに対して

結論から言うと、スレメールアドレスを描き込んだ人物東京大学卒業大手企業に勤めている20代後半の人物だった。
この人物を「N」としよう。
Nは、私とKの住所を投稿した人物に「弁護士を紹介する」と連絡をしてきた。

Kの住所を投稿した人物を「O」として、一旦ここまでの話に出て来た登場人物を整理しよう。

K・・・ネット上で拾った記事を載せて一行二行の感想を書く程度の更新を行うアフィリエイトブログ運営をして批判を受け、アフィリエイトブログを閉鎖。
その後、小説ブログを立ち上げ小説投稿サイト小説投稿するが、小説投稿サイトオフ会でKは他の投稿者に対し上から目線発言を連発し、
サイト参加者から仲間外れにされる。

・・・匿名掲示板のKをヲチするスレの住人。小説投稿サイト管理人からKの本名情報提供を受ける。
O・・・匿名掲示板のKをヲチするスレの住人。小説投稿サイトオフ会参加者からKの住所情報提供を受ける。
N・・・匿名掲示板のKをヲチするスレの住人、東大卒業一流企業に勤務中。

Nからメールを受け取った私とOは指定された日に待ち合わせの場所に行き、そこでNから説明を受けた後に弁護士事務所へと案内された。
紹介されたのはNの大学の先輩つまり...東大卒の弁護士だ。

この弁護士「A」としよう。

A・・・Nの大学の先輩、大学在学中に司法試験合格大学卒業後は弁護士をしている。

プロバイダから届いた送達を見たAはこう言った。
「二人とも、スレでは出来るだけ訴訟を起こされている事に対して怯えている振りをして下さい。」と。
インターネット上での投稿に対する訴訟には大きく分けて三つの種類が存在する。
一つは「殺害予告殺人未遂又は脅迫)」、一つは「名誉棄損」、もう一つは「プライバシー権侵害」だ。

殺害予告殺人未遂又は脅迫)」は刑法抵触し、その投稿の内容によって警察受理するかどうかを判断し、受理すれば警察主導で捜査を行う事になる。
名誉棄損」は、刑法抵触する物と民事法に抵触する物の二種類がある。
解り易く言えば、訴える側が「裁判所に訴えてやる!(訴訟)」行動を起こせば民事事件、「警察に訴えてやる!(告訴)」と行動を起こせば刑事事件となる。
だが、「名誉棄損」を警察に訴えれば警察が動くかと言うと警察はそう簡単に動かない。
警察も暇ではないので、投稿内容を見て身体危険が及ぶ状況である場合か、よほど悪質である等の場合出なければ告訴簡単には受理しない。
大抵は「名誉棄損ではなく個人間のネット上での口論」と判断される。
そして、裁判所警察受理されていない「名誉棄損」を「名誉棄損」とはなかなか認めないので「名誉棄損」については、一般的には
①先ず、警察告訴受理して貰い投稿者を逮捕又は起訴して貰う。
投稿者を逮捕又は起訴してもらった上で民事訴訟を起こす
という手順になるそうだ。
中には、警察告訴受理されないので一か八か裁判所に訴える場合も有るが、警察受理しない物が「名誉棄損」として認められる事は滅多に無い。
そして、「プライバシー権侵害」は完全に民事法の枠の中の話、つまり個人間の喧嘩」だ。

そして、「住所」や「本名」を本人の承諾無く投稿される事は、この、「プライバシー権侵害」という枠の中の話となる。
私とOに対してKが行おうとしている訴訟は正に「プライバシー権侵害」に対する訴訟だった。

次回に続く。

2018-01-09

人生詰んだ

こんな情けないことリアルじゃ絶対言えないし、言ったら幻滅されて誰にも相手にされなくなるからここで吐き出してみる。

特定されない程度にフェイクいれながら。

20代、男、FX自己破産会社人間関係がうまくいか休職中。

次の就職先を探さないといけない状況なのに、次も人間関係がうまく行かず働けないんじゃないかと怖くて動いていない。

そのうち休職給付金も切れるから早めに動かないといけないのに。

絶対に手を出したらハマるからあれほど手を出すなと自分に言い聞かせていたのに、手を出してしまったが最後あれよあれよと損失を出し、貯金を切り崩し、ついには借金に手を出し到底返しきれないほどに借金が膨れ上がってしまった。

元々会社でうまく人間関係を築けず会社辞めたいなと思ってストレス解消に何かないかと思って手を出したのがFXだったんだな、今思うと。こんなんならパチンコとかスロットの方がまだ良かったわ。

薄々自分はどっかで道を踏み外すだろうなと思うことはあった。頭の回転が他のやつより悪くいつも誰かに利用されていた。いつも自分が不利な立場になるような境遇に追いやられていた。いつも下に見られていた。

見返したかった。そんな奴らを。つるんでいた奴らが自分にはあっていなかったんだろうし、自分性格上そういう人たちと一緒に過ごしてはいけなかったのだろう。

プライドけが高かった。努力をしていなかった。そこで頑張ればよかったのだろうが、頑張れなかった。自分本質的努力ができない人間だった。

でもバカにはされたくなかった。楽してお金を稼ぎたい。安直思考。行き着いた先はMLM詐欺師だった。

そう。結局どこまで行っても利用された。楽してお金を稼ぎたいと思っている自分契約を取りたい人間詐欺商材を売りつけたい人間、利害は一致した。

自分はどんどん金を吐いた。これで楽に稼げる。バカにしてた奴らを見返せる。当たり前だが一向に稼げない。努力もしないで稼げるわけがない。焦る。貯金は底をつきそう。

終着点はFXだった。

初心者がよくやりがちな無理なハイレバをかける取引トレードではなくただのギャンブル。すぐに持っていた余剰資金は底をつき、カードローンに手を出した。

驚くほど借りることができた。自分でもこんな大金を持ったことはない。

しかし1ヶ月でその資金は底をついた。返せない。絶望に打ちひしがれながら仕事休み弁護士事務所相談をしに行き、自己破産

周りでは自分より安月給で奨学金の返済もしながら結婚をし、立派に生活をしている人もいる。

自分は恵まれていたはずなのに、どうしてこうなってしまったのか。

昔両親に言われた言葉

「お前は性根が腐っている。もう手の施しようがない。勝手しろ。」

今となってこの言葉が頭のなかで反芻する。今となってはただの親不孝者の社会不適合者だ。

2017-11-18

anond:20171118110823

「本人が本当に望んでいない」のであれば何も行われませんよ

「本人が本当に望んでいない」のであればね

それが行われているのは「本人が本当に望んでいない」のではないからです

あなたも「本人が本当に望んでいない」状態にすることは可能ですよ

弁護士事務所へどうぞ

2017-11-15

利用開始後1ヵ月半のCOPYTRACK「なんの成果も!! 得られませんでした!!」

写真5000点超登録して1ヵ月半経過するも、今のところノーマネーでフィニッシュです。

COPYTRACKって何? ってかたは下記記事をご参照ください。

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1710/23/news132.html

前提として、COPYTRACKには制約が多いです。

・非商用プラットフォームSNSブログなど)は(事後ライセンス提案対象外

アダルトサイトも(事後ライセンス提案対象外

・連絡先が分からない(メールアドレスなどが記載されていない)ドメイン対象外

まり事後ライセンス提案対象となるのは、画像を無断で使用していて、かつ連絡先(メールアドレスなど)が判明している商用ドメインに限られますしかも非アダルト系のみ。これは結構厳しいです。

画像を無断で使用しているような業者(例えば有名コスプレイヤー画像商品画像として無断で使用しているコスプレ衣装業者)が自分たちメールアドレスを公開するほど良心であるはずもないわけで。

上記ねとらぼ記事において「キュレーションサイトに対する申請が目立って多い」と書かれていますが、要するにキュレーションサイトしか提案対象にならなかったからだと思われます

ならなかった、と書いたのは、Twitterにおいて複数ユーザーが「Naverまとめに提出したCaseがすべて却下された」とつぶやいているからです。

自分が知る限り11月までは普通に申請受け付けてたんですけどね。

ともあれ、自分がコピトラを利用した限りでは冒頭のような結果に終わっており、おそらく今後も事後ライセンス提案が成立するCaseはないだろうと思っているのですが、実際コピトラで事後ライセンス提案が成立してマネーをゲットした日本人ユーザーはどれくらいいるのかが疑問です。

https://i.fileweb.jp/oosukitomoko/info/detail/18916

↑のかたは継続的にゲットしていると仰せですが……

まあコピトラさんにはタダ働きさせて申し訳ないという気持ちもあるのですが(彼らは事後ライセンス提案が成立して初めて収益を得られるため。言ってみれば過払い金返還請求を代行する弁護士事務所のようなもの)、日本でこのサービスは定着するのか、自分の結果を見る限りでは疑問だと言わざるを得ません。

2017-10-31

アディーレ

自動車保険弁護士費用特約でアディーレに委任されると弁護士費用請求相場よりも高くって馬鹿みたいな仕事が増えてめんどくさいし、別に客も満足してないし、ほんとにアディーレ潰れろって思いになってたから今回の件はざまぁ

あと、事後報告で委任してから連絡してくる馬鹿な客にもざまぁ

まあ最近対策が奏してアディーレに手を焼くこともなかったんだけど。

でも積年のうらみつらみでざまあみろですよ。

たこのせいでめんどくさいことしこたまあるんだけど、わたしは偶然にも関わりあるものいかラッキークッキーもんじゃ焼き

事故に強いとか言う弁護士事務所サイトにはまあ騙されないこったね。

だいたい根拠もなく言ってますから

事故に強い弁護士ってのは、事故ジャーナルとか赤本かいい感じの判例かに名前乗ってる先生よ。

事故 弁護士」って検索して出てくる事務所サイトと、たとえば「離婚 弁護士」って検索してでてくる事務所サイト、いくつかはだぶってるよ。訴求する内容とか構成とか色つかいは違うけど事務所が同じみたいなことたまにあるよ。

なにはともあれざまー味噌漬け

2017-10-21

anond:20171017225939

アディーレ法律事務所処分の件ですが,

弁護士事務所が外部官庁から処分されてしまうという事態は前代未聞なのだそうで,

これを厳しく処断しなければ「プロフェッショナルオートノミー」を危うくすると判断

されたのだと想像しています

そうすると,2010年事務所代表弁護士ともに戒告処分の「前歴」があるため,

今回は再度の戒告で済ませる訳にはいかなかったのでしょう。

ですので,アディーレに対する「私情」や「嫉妬」等のプリミティヴな感情が全く無いとは

言えないでしょうが,それよりももう少し次元の高い判断であったと考えています

そうであっても,元増田が指摘されているとおり,

数万人の依頼者,国民を置き去りにしていることは否めないわけで,

処分により法律家達が守ろうとしているものは,果たしてそれほど大切なものなのか

とは問いたいです。

明治大学ブルー卿」 事件が端的に示すとおり,我が国法律業界というのは

プロフェッショナルオートノミーの最低最悪の失敗例にしか見えないのですけどね。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん