「国公立大学」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 国公立大学とは

2022-04-19

anond:20220419140308

ウン年前に東京女子御三家に通ってた理系大学学者だけど、勝負強さというよりは単純に中高一貫校カリキュラム問題だと思う。

追記数学定期テストで1度も50点以上を取ったことがない(というかだいたい30点台を低空飛行していた)ので、落ちこぼれとはまではいかないけどまあ底辺から見た感想です。その点数でなぜか理系受験する気になったのは今思うと肝が冷える。親もよく許したな。

自分のころは、

高校1年生までに数学IIBの範囲が終わる

今は数学Cがないんだっけ?詳しい範囲は覚えていないんだが。

うちの高校は2年生で文理選択させられる。それまでは芸術しか選択科目がなかった。

で、高校1年生の夏休み以降はひたすら数学の演習を繰り返す。数IAや数IIBで中学カリキュラムと被っている部分は飛ばすので効率よく勉強を進められる。

英語は得意だったので学校カリキュラムはあまり覚えていないが……高1時点で高校レベル文法学習は終わっていたと思う。自分高校時代単語帳だけでTOEIC900点とれたので(過去問演習はもちろんした)、単語帳もなにかいものを使っていたはず。

理系選択者でも文系勉強必須

高2までは古文テキストを全文ノートに写して品詞分解したものを提出させられたり、世界史地理でみっちり暗記させられた記憶がある。

特に中1時点で百人一首をすべて暗記させられた古文は役に立った。センター試験古文単語を覚えただけでほぼ満点が取れた覚えがある。

また、国公立大学理系学部受験者がほとんどセンター試験倫理選択していたのだが、世界史のおかげで倫理の流れはすごく頭に入りやすかった。

漢検英検を受ける風潮が皆無

大学時代家庭教師バイトをしてみてはじめてわかったが、公立中学高校漢検英検受験するのは、少なくない生徒にとって時間無駄であって、自分100%勉強できるのならよいが、特に中学生は、まだ学習リズムも整っていないのに、受験すると内申点が上がる?からといって、わざわざ塾で補修を受けたりする。

しろ問題形式や内容が高校大学受験と大きく異なるので、せっかくの勉強受験に生かせない。漢検はまだ少し役に立つかもしれないが。

で、試験が終わればせっかく覚えた英単語なんかは一瞬ですっぽ抜けていく。場当たり的なリスニング対策をするよりは毎日5分ずつでもディクテーションをしたほうがなんぼかましだ。

だいたい、難関私立中学を受験する子供小学生のうちに漢検英検を受けているものである……というのは偏見だろうか。

そもそも授業で求められるレベルが高い

高3の最初化学の授業で先生一言センター試験では90点以上取るのが当たり前です」。実際物理化学は満点付近を取るのが当たり前。

今でもよく覚えているが、センター試験英語記述で200点中198点取れたと喜んでいたら、その年、うちの生徒のほとんどが190点以上取ったらしい。ぬか喜びである

そもそもそもそも鉄緑会の存在がある

これについては説明するのが面倒だし、自分は中1の途中で挫折したので気になった方は各自調べてみてほしい。

書いている途中から飽きていったのが伝わる文章ですまない。あと科目選択の話とか受験選択の話とかいろいろあるがそこらへんを細かく書くと身バレしそうなのでやめておく。

2022-03-12

anond:20220312122547

受験に失敗したので就職する、がもっと簡単にできればそのとおりなんだけどなあ

国公立大学不合格が決定した時点で、まともにやってけそうな進路は滑り止め大学行くぐらいしかないってことになる人が多いからなあ

浪人後とかだともっときついだろうし。

2022-03-03

家族を養う人が働く先を選ぶ基準

https://anond.hatelabo.jp/20220301220446

こちらの日記を書いたものです。

妊娠が発覚した後、持っている知識に加えて自治体厚生労働省情報アクセスした結果、

次の条件は最低必要じゃないかと思ったので、ここに残しておきます

もし経験のある方があったら言及したりブックマークコメントに残してくれると嬉しい。

1)年収賞与割合が多い働き先は避ける

2)産前産後休業(休暇)の間も生活保障される働き先にする

3)実績の有無にかかわらず、柔軟に制度が変わる働き先にする

専門的な知識とはいえないけれども、各々の理由について。

1)賞与一般的妊娠出産育児の期間は出ないことが少なくない。

標準報酬月額で育児休業中の育児休業給付金計算に使われますが、それは月給のみ。

月給が高くて賞与割合が少ないほうが生活が安定するため、そちらのほうがよい。

過去1年間の月給と賞与計算したが賞与20%~25%を占めていたので、これがなくなると総収入金額は減ってしまうとつくづく考えなおしました。

2)これは入ってみないとわからないところも多いけれど、もし入社する前に聞けるなら先輩社員などに聞いた方が良い。媒体や人事から情報は限られるため。

3)社員の状況に応じて働き方を変えようとしている働き先も少なくないので、そういった情報を発信している企業中の人がそういっている企業を選んだほうが良い。

あと3か月ほどしたら私は転職する予定ですが、

産前産後育児期間も給与が支払われたり手当が受け取れるところを中心に受けています法律の最低基準より余裕のある就業規則にしている企業です。

もともとリモートワークでもできる仕事スキルもあるので、これからはそちらのスキル家族を養っていこうと思っています

妊娠ができる、流産せずに出産できる、母子ともに健康というのは偶然が重なったものなので、

これから先その偶然が重なってくれるとありがたいけれども、こればかりはどうにもならないのでなるようになってほしい。

私自身は親から経済的支援をほかのきょうだいにとられていたので、国公立大学大学大学院に行くにも勤労学生で苦労したほうではありますが、

もしこどもができたら、健康で成人を迎えられるようまたその子能力に応じた教育が受けられるよう、親としての役割を果たしたいです。

2022-03-02

コロナ禍での修士課程を終えて

私はとある地方国公立大学修士である

昨日修論を提出し、修士課程の修了が確定した。それ自体は喜ばしいと思うのだが、この修士の2年間は灰色のものだった。例に漏れコロナのせいである。この場で2年間を振り返りながら、現在修士進学について私見を述べようと思う。

話は2020年2月から始まる。コロナ日本にも入り込みはじめるが、まだ人々は状況を楽観視し、国会ではモリカケの方が大切などと言われていた頃のことだ。私は卒論発表会を終え、最終提出する卒業論文と学会発表する論文とを同時並行で執筆していた。その頃の私は「学会発表のために研究室予算(=国の金)で旅行ができる」とワクワクしていたし、何より研究活動が本当に楽しかった。

しかし、年度が明け最初緊急事態宣言が出されると、それを追うようにしてあらゆる学会が軒並みオンライン開催に切り替わった。モチベーションの1つが完全に失われたわけである私自身は旅行好きな人間なので、学会を口実にした旅行しか他人の金でのそれができなくなったと知ったときの落胆はそれなりのものだった。

しかし、旅行云々が霞むような落胆がその先にあった。オンライン学会シンプルに楽しくないのである素人質問が飛んでくるとか厳しい意見で凹むとかでなく、例えるなら否定的コメントしか流れてこないニコ生のようなものからだ。あくまで私の周りでの話にはなるが、オンライン学会においては基本的に聴講者はウェブカメラをつけずに参加することになる。つまり、どれだけの人、あるいはどんな人が自分の発表を聴いているのか把握しづらいのだ。まさに、パソコンの向こうの虚空に向かって数十分もの間独りで喋り続ける虚無感に苛まれた。加えて、質疑応答では文字通り発表に対する疑問が、時に否定的ニュアンスを多分に含んで発される。学会とはそういう場だ、と頭ではわかっていても、相手の表情が見えない状態でそういった発言を向けられるのは恐怖でしかないのだ。

同様のことは学内発表でも感じられた。中間発表や修論発表において、見知った教授から質問とはいえ相手の表情が見えないと自分の答弁がきちんと質問に対する回答になっているのかをリアルタイム判断することが非常に困難なのだ。我々は自然言語だけで意思疎通しているわけではないのである

また、コロナの影響は研究発表のときのみに留まらず、コロナの影響で研究活動のものが停滞した時期もある。特に大きかったのが、大学施設利用制限だ。緊急事態宣言が発令され全ての講義リモートとなった2020年春、大学講義だけでなく、研究活動のために大学に来ることにも制限をかけてきたのである

具体的には、研究室への入室人数制限――部屋の定員の半分までしか同時に入室してはならないという布告4月末に大学から発せられたのだ。私の分野は研究室に行かないと実験ができず、これによる停滞は大きなものだった。実際に入退室を細かく監視してるわけではなかったが、万一にもクラスター感染が発生し経路調査が行われたときのことを考えると背くわけにはいかず、結局2020年曜日ごとに入室できるメンバーを分けての活動余儀なくされた。

さら大学は、感染者が出た研究室がある建物を消毒のために数日間閉鎖するという強硬策も同時に打ち出していた。案の定というべきか、私がいる同じ建物の別の研究室感染者が出てしまい、入室どころか入館自体ができない事態になったことがある。学会まで間もなくというタイミングのことだ。その時私は学会発表に向けて追加実験をしていたこともあり、「大学は我々に研究させる気がないのではないか」と本気で思ったものである

また、教授から指導を十分に受けられなかったのも、モチベーションの面で非常に大きかったと言える。大学教員というもの基本的には裁量労働制であり、与えられた仕事をこなせるのであれば労働時間場所制限されない。これにリモートワークが結び付くことで、頼るべき研究室ボスが――扉1つ開ければすぐに質問相談ができた指導教員がそこにいないという状況が完成する。つまり、真面目に研究室に来たところで、研究がどんづまればその日はもう終わりなのだ平時であれば教授の居室に駆け込み即席の個人ゼミをしてもらえたところが、教授相談メールを送って個人ゼミを後日に設定してもらう、という手間が増えたのである

手間だけならまだ良かったが、更なる問題個人ゼミオンラインしたことであった。私の研究する内容は数理に片足突っ込んでいるものであり、つまり図を使わないと説明ができない類のものなのだコロナ禍前は個人ゼミ室のホワイトボードが黒くなるまで教授と競うように図を描きなぐったものだが、個人ゼミオンラインしたことで図を即席で描いて説明する、ということができなくなってしまったのだ。正確にはZoomを用いれば画面上に何かを描くことはできるのだが、ペンタブなどがない限りうまく描けないし、うまくかけていない図で説明するのは図を用いずに説明するのとそう大差はなかった。つまり個人ゼミをしたところで何に悩んでいるのかをうまく伝えられず、先生から提案理解に苦しむことがあったのだ。こうなると研究の進みも悪くなり、また相談するがイマイチ解決しきれずにどんづまり…という負の連鎖が始まってしまう。

これら1つ1つは小さなことだが、それが2年間も続けば研究のものに嫌気がさしてくるというものだ。少なくとも私はそうだった。

私のこの体験談は、「リモートワークに向いていない人間愚痴」と単純化することもできるだろう。ただ、そうした人間を切り捨てるだけでは、その社会は進展は望めまいとも思うのだ。特に教育研究機関は、その意味を深く考察すべきだろう。

この春、私は新社会人として東京とある企業入社する。そこは去年、私が就活していた時点ではリモートワークを順次導入中ということであったが、私は嘆願書を出してでも出社させてほしいと主張するつもりだ。

2度としてあの灰色の日々を送らないために。

2022-02-23

努力とかできない

明後日には国公立大学の前期試験があるらしい。

けど驚くほどやる気が出ない。

滑り止めは受かってて、志望的には三か四番目くらいだけど、なんかもう大学生になれるならそれで良いかみたいな。

授業も無いし、塾の自習室とか行ってコロナ貰うのも嫌だから日中部屋にいるけど、マジでなんにもしてない。

ゲームしてるとかでもなく、本当にボーッとしてるだけ。たまにスマホ見て、充電がそこそこ減ったら見るのをやめてまたボーッとする。

マジで無気力。超怠惰。多分親はずっと勉強してると思ってる。ウケる

根本的にやる気っていうのがよく分からない。

そりゃ将来こうなったら最高っていう理想はあるけど、別にそうならなくても良いかなって妥協できるレベル理想朝ごはんデザートがあったら良いなくらいの話。

よく言う夢追い人とかさ、すごい気力だと思うんだよね。私にとって音楽が全てです、とか、僕にとって絵を描くことは何事にも代えられません、とか。純粋尊敬。私は代替品まみれで生きてます

いつだったか漫画家になりたかった時期はあった気がする。けど絵も話も練習しないと上手くなんなくて、そこまでやるのは面倒臭くなったのでやめた。

才能に打ちのめされるとか以前の問題動機も熱意もその程度だったというか、努力したくなかったというか。

だって努力って辛いじゃん。そりゃ頑張ったらそこそこまでは出来るんだと思うけどさ、辛い思いしてそこそこって嫌じゃない? っていう。プライドだけわりと高いの、マジでどうしようもない。

コスパ良く生きていきたい。頑張った割に良くないよりは、頑張らなかった割に良かった人生を生きたい。

死ぬとき走馬灯遊んだ記憶ばっかりの人生でありたい。努力した経験自分の力になるって、間違いではないと思うけど、自分記憶メモリが辛い記憶に食われるの好きじゃない。

十数年、踊る方のバレエを習っていたけど高校生活半ばで受験理由に辞めた。

そもそもが、親に連れられてなんとなく入って、なんとなく続けてただけ。

惰性って言葉が一番合ってると思う。「辞めたい」って言って辞めるまでにかかる労力と、何も言わずに続ける労力では、たまたま後者が小さかったから。

やってる間は先生に怒られたり呆れられたりが嫌で(プライドエベレストゆえ)それなりに頑張ったけど、頑張った結果分かったのは自分には向いていないってことだった。

得たものがそれだけだったとは言わなくても、頑張った割に出来なかった感が後味の大半。

まあ本当に頑張ってたらそれもバネにして「なにくそ」となるのかもだけど、そういうのも含めて向いてなかったんだろうなと。特に辞めたことも後悔してないので、結局その程度です。

しろ、本気にならなくて良かったとは思ってる。だって本気でやって「なにくそ」ってなって、それでダメならガチでへこむじゃん。

マジモンの挫折は味わいたくない。優しい世界甘ったれて生きていたい。

挫折したら自分で立ち直らなきゃいけないらしい。そりゃそうか。私も人の人生に首突っ込もうとは思えないわ。

頑張ったけど無理だった人もインターネットでいっぱい見た。無理。画面上の文字ですら、他人事ですらゾッとするのに、そんなリスクを背負ってまで頑張れるわけない。

だって今こうやってどうでも良いことを投稿してれば、明後日試験に落ちたときも「まあそこまで頑張ってなかったからな」って言えるけど、本気で頑張って落ちたら立ち直れる自信ないし。

自分に対する言い訳って大事

我ながらクズだとは思うけど、取り繕えるクズでいるためにはメンタル維持が最重要なので。勉強しないことも必要だと思います

公立親孝行だけど、メンタルが安定した面倒をかけない子でいるのも親孝行だと思う!

まり初めに戻ると、勉強するやる気がこれっぽっちも起きないです。おやすみ

2022-01-29

国立大大学共通テストに「情報1」が必須になることについて

国立大受験共通テストプログラミング…25年から情報」追加で6教科8科目に

https://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/kyoiku/daigakunyushi/20220128-OYT1T50158/

国立大受験、「情報」追加を正式決定 25年共通テストから

https://www.asahi.com/articles/ASQ1X7S36Q1SUTIL01M.html

国立大協会共通テストに「情報」追加 25年以降、6教科8科目に

https://mainichi.jp/articles/20220128/k00/00m/040/332000c

2022年4月高校入学した生徒を対象にした大学入学共通テストから教科情報試験が追加されることはもう決まっていたのだが「そんなのわざわざ受けるやついるの?」とならないように、文科省入試センター布石をうった結果としての国立大学の入試での必須化だと思う。

「なぜ国立大学だけなのか?」

これについては、私立大学には強制できるスキームがない(補助金をちらつかせればできるかもしれないが)のと、地方高校などにその衝撃波が届くように、だと個人的に思っている。

国立大学は文科省植民地だし。独法なのに独立してないし。

ぶっちゃけ首都圏などは、高校情報教員は余ってはいないが足りてはいるが、地方では情報教員採用をまだ実施していない県もあれば、ようやく始めてまだ数名しかいないという県もある。

そんな情報教員採用消極的地方での、高校KPIの一つに国公立大学への合格者人数というものがある。教育委員会によっては、特定進学校助成金みたいなのを出して、進学実績をさらに上げさせようとしている県もあると思う。そんななか情報をきちんと教えられる教員がいないと、国立大学に不利になるよ、というのは地方高校教員委員会への圧力になるのである

「急すぎるじゃないか」とお怒りの校長とかもいるだろうけど、受験には関係いからという言い訳で、教育委員会教員採用してこなかったり、未履修問題のように高校勝手情報をやらずに他教科に置き換えて授業を潰していたりしたことが、結果としてスマホしか使えない大学生大量生産してきたのではないだろうか?

教科「情報」の歴史

高校情報という授業は実は2003年高校入学した生徒から必修科目となっている(正確には必履修科目)。ということで教科が出来てからもう20年近くになる。

商業高校工業高校は別として、全ての普通科で必修の教科が「ドーン」と爆誕したのがその年だったのだが、文科省の失政を今の今まで引きずっていたのだった。

それまでにない教科(情報処理に類する科目は無かったわけじゃないが)が誕生するということは、教える人が新たに必要となるということである

教員免許区分も新たに誕生するということである

それが全国何千校の普通科高校で急に始まるのである。まあ、時代必要だったのでそれはしょうがないと思うが。

大学教員養成課程で、一気に何千人も情報教員を輩出できるわけではないので、現職の教員に講習を行って新たな免許を持たせることにした。

まずは意識高い教員に、現職講習の講師役となるための研修を行い、育成された講師たちが各都道府県で現職教員にたった15日間の講習で「教科情報をもう教えられるよ」ということにした。

すごい促成栽培である豆苗2世代収穫みたいな。

しか希望した受講者だけ目標ノルマ人数にとても足りず(講習を受けられる教科に縛りを付けた失策があり、そもそも希望しているのに受けられなかった教員もいる)、各学校肩たたきのように希望しなくても免許を取りに活かされた数学理科家庭科教員が多数いるというわけである

これを時限的な教員免許とすれば、大学情報教員免許をとった新しい教員がどんどん入ってきたのだが、いかんせん恒久的な免許だったのだ。

あと教員免許更新があるじゃないかと思われるかもしれないが、免許更新はどの教科で更新するとかはなくて、文科省が認めている免許更新の講座だったら何の教科の内容でもいいし、生徒指導でもレクリエーション論でも何でもアリなのだ。一気に全部の免許有効期限が延びる仕組みである

情報処理学会は、教科情報の内容で更新講習をやってはいるが、知名度は高くないようである

そんな石器時代のような人たちが令和の時代に、「情報とは」と教えている現状があるから、それを刷新したいという文科省意図もあったような気がする。

恒久免許をいまから取り上げるわけにもいかないし、全て定年退職するまで待っていたら日本沈没するのが加速するだけである

入試科目となるにあたって

学習指導要領という教科で教える内容が決められる教育界の法律みたいなものがあって、だいたい10年に1度のペースで改訂される。

最初情報は、情報A、B、Cという科目があり、いわゆる町のパソコン教室的な内容でも教科の内容をけっこう満たしてしまものであった。

とはいえTCP/IPWWWDNSの概略や、アルゴリズム知財などの法規は当時から教科書に載っていたのであるよ。

その次の世代学習指導要領で、「社会情報」「情報科学」の2つに再編され、今の高校1年生の代まではこれを勉強している。2年後に高3で始めて習う生徒もいるかもしれないが。

今度の4月から入学生では、情報1に一本化されて、全ての高校生が共通範囲勉強している(これが大事)はずなので入試に出しても良いよね、と出来たわけである

それまではどれかだけ勉強したら卒業OKという扱いで複数科目あったので。

今年の1年生が浪人して1個下の代と一緒に国立大学を受けると、他教科の試験は移行措置で現行科目の試験が用意されるのだが、情報は今の科目での出題がないからどうするの?という問いかけが国立大協会からあった。さっきの複数科目の問題があって浪人生に強要できるのかよーという問題だったのだが、文科省入試センター強気に「社会情報情報科学か、どっちかだけでもやっていれば100点分になる問題をその年だけ新たに設置するので、無問題」という回答により、国立大学の入試必須化が正式に決まった。

情報1

情報1にはプログラミングだけではなく、問題解決の考え方、情報デザインとコミュニケーションデータサイエンスの基礎などが入っている。

ちなみに、情報2という科目もできて、数学みたいに1をやったあとでなければ2を勉強できない、より高度な内容になっている。物理基礎に対する物理みたいな。

データサイエンスといえば聞こえがよいが、それよりちゃんとした統計を学ばせるのが先じゃね?と思う人も多いと思う。

実は数学1で統計の内容が必須化して10年経つのだが、10個や20個の整数を手計算計算して、分散標準偏差偏差値を出してたり、相関係数と散布図くらいしか届かない、「紙の上で鉛筆でやる意味があるのか?」という内容であるセンター試験共通テストでは奇をてらうことが難しい分野だったが、今年の共通テストやらかした。

次の学習指導要領では数学教育者と統計教育者のバトルなどがあって、それも興味深いのだが、それはまた別のお話

劇薬ではあるが、かわいい生徒たちの志望大学進学という、餌をつるされた教員たちの良心で今まできちんとした情報教育を受けることができなかったかもしれない地方高校生が報われるようになるといいと思っている。

民間企業陰謀論について

あ、あと入試改革すると、企業が儲けるために結託しているんじゃないかと思う方もいるかと思うが、情報1にからめてうちは底辺校と呼ばれる学校なのだが、プログラミング教材とかの売り込みはかなり来るし、ベネッセはすでに高校情報1のオンライン教材の売り込みをガンガンやっている。東進ハイスクール情報講師を確保しているようである

なので「教える教員がいない、地方を見捨てるのか!」となった場合は、ベネッセやら東進高校向け教材でもやらせお金解決してください。

国立大学目指す層ならば、それで到達点はいくと思うし。

国立大大学共通テストに「情報1」が必須になることについて

国立大受験共通テストプログラミング…25年から情報」追加で6教科8科目に

https://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/kyoiku/daigakunyushi/20220128-OYT1T50158/

国立大受験、「情報」追加を正式決定 25年共通テストから

https://www.asahi.com/articles/ASQ1X7S36Q1SUTIL01M.html

国立大協会共通テストに「情報」追加 25年以降、6教科8科目に

https://mainichi.jp/articles/20220128/k00/00m/040/332000c

2022年4月高校入学した生徒を対象にした大学入学共通テストから教科情報試験が追加されることはもう決まっていたのだが「そんなのわざわざ受けるやついるの?」とならないように、文科省入試センター布石をうった結果としての国立大学の入試での必須化だと思う。

「なぜ国立大学だけなのか?」

これについては、私立大学には強制できるスキームがない(補助金をちらつかせればできるかもしれないが)のと、地方高校などにその衝撃波が届くように、だと個人的に思っている。

国立大学は文科省植民地だし。独法なのに独立してないし。

ぶっちゃけ首都圏などは、高校情報教員は余ってはいないが足りてはいるが、地方では情報教員採用をまだ実施していない県もあれば、ようやく始めてまだ数名しかいないという県もある。

そんな情報教員採用消極的地方での、高校KPIの一つに国公立大学への合格者人数というものがある。教育委員会によっては、特定進学校助成金みたいなのを出して、進学実績をさらに上げさせようとしている県もあると思う。そんななか情報をきちんと教えられる教員がいないと、国立大学に不利になるよ、というのは地方高校教員委員会への圧力になるのである

「急すぎるじゃないか」とお怒りの校長とかもいるだろうけど、受験には関係いからという言い訳で、教育委員会教員採用してこなかったり、未履修問題のように高校勝手情報をやらずに他教科に置き換えて授業を潰していたりしたことが、結果としてスマホしか使えない大学生大量生産してきたのではないだろうか?

教科「情報」の歴史

高校情報という授業は実は2003年高校入学した生徒から必修科目となっている(正確には必履修科目)。ということで教科が出来てからもう20年近くになる。

商業高校工業高校は別として、全ての普通科で必修の教科が「ドーン」と爆誕したのがその年だったのだが、文科省の失政を今の今まで引きずっていたのだった。

それまでにない教科(情報処理に類する科目は無かったわけじゃないが)が誕生するということは、教える人が新たに必要となるということである

教員免許区分も新たに誕生するということである

それが全国何千校の普通科高校で急に始まるのである。まあ、時代必要だったのでそれはしょうがないと思うが。

大学教員養成課程で、一気に何千人も情報教員を輩出できるわけではないので、現職の教員に講習を行って新たな免許を持たせることにした。

まずは意識高い教員に、現職講習の講師役となるための研修を行い、育成された講師たちが各都道府県で現職教員にたった15日間の講習で「教科情報をもう教えられるよ」ということにした。

すごい促成栽培である豆苗2世代収穫みたいな。

しか希望した受講者だけ目標ノルマ人数にとても足りず(講習を受けられる教科に縛りを付けた失策があり、そもそも希望しているのに受けられなかった教員もいる)、各学校肩たたきのように希望しなくても免許を取りに活かされた数学理科家庭科教員が多数いるというわけである

これを時限的な教員免許とすれば、大学情報教員免許をとった新しい教員がどんどん入ってきたのだが、いかんせん恒久的な免許だったのだ。

あと教員免許更新があるじゃないかと思われるかもしれないが、免許更新はどの教科で更新するとかはなくて、文科省が認めている免許更新の講座だったら何の教科の内容でもいいし、生徒指導でもレクリエーション論でも何でもアリなのだ。一気に全部の免許有効期限が延びる仕組みである

情報処理学会は、教科情報の内容で更新講習をやってはいるが、知名度は高くないようである

そんな石器時代のような人たちが令和の時代に、「情報とは」と教えている現状があるから、それを刷新したいという文科省意図もあったような気がする。

恒久免許をいまから取り上げるわけにもいかないし、全て定年退職するまで待っていたら日本沈没するのが加速するだけである

入試科目となるにあたって

学習指導要領という教科で教える内容が決められる教育界の法律みたいなものがあって、だいたい10年に1度のペースで改訂される。

最初情報は、情報A、B、Cという科目があり、いわゆる町のパソコン教室的な内容でも教科の内容をけっこう満たしてしまものであった。

とはいえTCP/IPWWWDNSの概略や、アルゴリズム知財などの法規は当時から教科書に載っていたのであるよ。

その次の世代学習指導要領で、「社会情報」「情報科学」の2つに再編され、今の高校1年生の代まではこれを勉強している。2年後に高3で始めて習う生徒もいるかもしれないが。

今度の4月から入学生では、情報1に一本化されて、全ての高校生が共通範囲勉強している(これが大事)はずなので入試に出しても良いよね、と出来たわけである

それまではどれかだけ勉強したら卒業OKという扱いで複数科目あったので。

今年の1年生が浪人して1個下の代と一緒に国立大学を受けると、他教科の試験は移行措置で現行科目の試験が用意されるのだが、情報は今の科目での出題がないからどうするの?という問いかけが国立大協会からあった。さっきの複数科目の問題があって浪人生に強要できるのかよーという問題だったのだが、文科省入試センター強気に「社会情報情報科学か、どっちかだけでもやっていれば100点分になる問題をその年だけ新たに設置するので、無問題」という回答により、国立大学の入試必須化が正式に決まった。

情報1

情報1にはプログラミングだけではなく、問題解決の考え方、情報デザインとコミュニケーションデータサイエンスの基礎などが入っている。

ちなみに、情報2という科目もできて、数学みたいに1をやったあとでなければ2を勉強できない、より高度な内容になっている。物理基礎に対する物理みたいな。

データサイエンスといえば聞こえがよいが、それよりちゃんとした統計を学ばせるのが先じゃね?と思う人も多いと思う。

実は数学1で統計の内容が必須化して10年経つのだが、10個や20個の整数を手計算計算して、分散標準偏差偏差値を出してたり、相関係数と散布図くらいしか届かない、「紙の上で鉛筆でやる意味があるのか?」という内容であるセンター試験共通テストでは奇をてらうことが難しい分野だったが、今年の共通テストやらかした。

次の学習指導要領では数学教育者と統計教育者のバトルなどがあって、それも興味深いのだが、それはまた別のお話

劇薬ではあるが、かわいい生徒たちの志望大学進学という、餌をつるされた教員たちの良心で今まできちんとした情報教育を受けることができなかったかもしれない地方高校生が報われるようになるといいと思っている。

民間企業陰謀論について

あ、あと入試改革すると、企業が儲けるために結託しているんじゃないかと思う方もいるかと思うが、情報1にからめてうちは底辺校と呼ばれる学校なのだが、プログラミング教材とかの売り込みはかなり来るし、ベネッセはすでに高校情報1のオンライン教材の売り込みをガンガンやっている。東進ハイスクール情報講師を確保しているようである

なので「教える教員がいない、地方を見捨てるのか!」となった場合は、ベネッセやら東進高校向け教材でもやらせお金解決してください。

国立大学目指す層ならば、それで到達点はいくと思うし。

2022-01-26

受験生がここを見てるとは到底思わないけれど

国公立大学入試まであと1か月とかだよね?

ちゃんと周りの試験監督先生に訴えたら別室受験させてもらえるから。別室になると万一試験中に吐いても大丈夫から気持ち的にすごく楽になるから大丈夫

絶対試験の間に体調悪くなる人いると思う。私はセンター二次も前日ほぼ寝れなくて吐き気と闘いながら解いた。きつかった。

二次の1科目めと二科目めの間の休憩時間トイレで吐いて、ああ棄権するんだ、私の受験これで終わりなんだって寒いトイレ絶望してたけど、勇気を出して立ってる先生に落ち着いて事情説明したら一人だけの別室にしてもらえて、体が冷え切ってた寝不足だって言ったら電気毛布でほかほかのお布団のある保健室で休ませてもらえた。おかげでちょっと復活できた。(「さっきトイレで戻してしまった、今は落ち着いているがもしかしたらまた戻してしまうかもしれない。だからもし可能であれば別室受験させてほしい」)勇気を出して別室を頼まなかったら、別室にしてもらえてなかったら、合格できてないと思う。本当に感謝してもしきれない。

安いビジホに泊まるな。

寝不足の時にセブンソーセージパンなんか食べるな。全部吐いた。

なんか最近優しい睡眠導入剤?みたいなのあるみたいだからお守りに持ってくのもいいと思う。

2021-11-27

anond:20211127230847

存在価値の有無のジャッジなんてどうでもよくないか

元増田の主張は、私立大学に使う税金を無くして国公立大学に使うことだぞ

anond:20211126172239

私立大学に使っている税金ゼロにして、浮いた金を国公立大学学費無料にすることに使えないのか?

私立大学Fランなど存在価値のない大学が多すぎる。あんもの税金を使うのは100%金ドブである

私立大学などに金を使うなら国公立大学学費無料にして、地方から都市に進学した若者学生寮費に補助を出せば良いのだ。

まず存在価値のあるなしを誰がどうやってジャッジするの?

2021-11-26

anond:20211126172449

私立大学消滅させて、国公立大学偏差値60未満の大学を全て消滅させれば、かなりの金が浮くはず

あとは老人の健康保険を1割負担から3割負担にする

45歳以上のホワイト会社員ほとんどが働いてない

日系の大手ホワイト企業に勤務しているが、生産性が高いのは25~39歳くらいの社員で、45~65歳は働いていない。

リモートワークによってそれがはっきりとした。彼らは肩書だけあって何もしていなかった。

しか賃金テーブル40歳・50歳辺りで二度急上昇するように組まれている。

かに専業主婦子供を養っている男性社員必要とする金額」というところから給与を決めれば、

子供高校生になる40代から父親所得を高くすることになるだろう。

しかしこの考え方って「労働対価」ではなく「福祉」ではないだろうか?

 

アメリカでは解雇規制がないからすぐクビになるが、すぐ雇用保険給付されるという。

日本解雇規制が厳しく、大手企業では全く仕事をしない人もクビにならないかわりに、雇用保険書類手続きが面倒で給付が遅い。

そして解雇規制の厳しさがまともに機能しているのは大手ホワイトだけだ。

中小零細では法令順守がガバガバなので、法令無視した解雇会社倒産による防ぎようのない失業が頻発し、

そこにアメリカよりハードルが高い粗悪な雇用保険に直面させられる。

労働者を雇用している民間企業に「福祉」の機能が預けられ過ぎていることによって、

所属している企業大手ホワイトか、中小零細ブラックかによって、待遇が雲泥の差になるという状況が日本で起きていないだろうか?

 

まず、子供高校生になりこれから大学に入るから学費がかかる、というときに、

ホワイト企業社内ニートのように安住している父親に金を与える、というのが仕組みとしておかしい。

父親をここで挟む必要がないのだ。子供学費に使わずに、援助交際に使う可能性もある。

売春婦に流れた金は、フランス企業製のブランドバッグ代や、BTSの同じCD握手権のために大量購入するなどの形で、外資流れるか、

ホスト風俗ケツ持ちヤクザなどの反社流れるだけである

あるいは父親から直接、ソーシャルゲームパチスロかもしれない。何にせよ中高年の父親の財布を通過させるべきではない。

また、父親ホワイト企業勤めで子供学費を払う善良な人格なら大学に行けて、

父親ブラック企業低賃金や、買春ソシャゲパチスロの屑人格なら、

子供大学に行けない・あるいは奨学金長期間苦しむ、というのは差別じゃないだろうか。

私立大学に使っている税金ゼロにして、浮いた金を国公立大学学費無料にすることに使えないのか?

私立大学Fランなど存在価値のない大学が多すぎる。あんもの税金を使うのは100%金ドブである

私立大学などに金を使うなら国公立大学学費無料にして、地方から都市に進学した若者学生寮費に補助を出せば良いのだ。

 

また、日本は25~39歳を安い賃金で働かせて、働かない45~65歳男性に高い賃金を与えるという仕組みをとり、

45~65歳男性から家庭において子供子供母親に金を流すという仕組みをとっている。

一般男性」が「子供母親」を雇用して、出産育児家事委託するような仕組みである

家庭内に「親事業者」と「下請事業者」を作るような仕組みである

この仕組みが家庭内パワハラDVを誘発していないだろうか?

子供母親が行った出産育児といった仕事は、社会再生産に寄与する立派な仕事である

から直接、出産労働育児労働に対する賃金支給していいくらいである。

しかし現状の仕組みは、民間企業中年男性→その妻という金の流れになるように組まれている。

から夫が勤めている民間企業資本力によって妻の待遇が左右され、その結果が子供に反映されるという格差社会になっている。

民間企業に「福祉」の役割を担わせる仕組みは間違っている。これは「父親ホワイトではない子供を全滅させる最悪の仕組み」だ。

間違った仕組みのせいで、出産は「しないほうが良いもの」「リスクしかないもの」になってしまったのだ。

これも「人口再生支援福祉民間給与にして父親の財布を通過させるべきではない」案件だ。

育児労働とし、国から賃金を払うべきなのだ

 

25~39歳くらいの生産性の高い社員には高賃金を与えて、高い税率で徴税する。

そして出産した人には出産労金支給し、子供乳児から幼稚園児までの育児担当している人には毎月、

子供の世話を国のための仕事として国から手当てを支給する。育児担当するのが男性であってもだ。

そして45~65歳くらいで生産性が低下したら賃金は当然に下げる。

賃金が下がっても子供無料国立大学に行けるから困ることはない。

それがあるべき姿なんじゃないだろうか?

 

現在の45~65歳が働かずに非常に優遇されているのを見てあまりにもやるせなく、

分配されるべきところへの分配がされていないという考えが強固なものになったので、書きなぐった。

攻撃対象は日系の大手ホワイト企業社内ニートしながら年収2000万円もらっている45~65歳である

零細企業低賃金で働いているこの年代の人々については攻撃対象ではない。

しろ彼ら彼女らはもっと報われるべきである

また、乳幼児を育てた女性男性ももっと報われるべきである

2021-11-21

国公立大学なんてごみカス

国営じゃなくなった時点で国公立大学なんてごみカスしかないですし国益につながる教育なんてできないんですよ。

入学授業料払ってもらえばOK卒業楽勝みたいな大学で学べるのは男女のお付き合いの光と闇ぐらいじゃないですかね

2021-10-12

anond:20211011203042

ほんまそれ

公立で受けれるのは1校だけなので東大を選んだら他の国公立大学を受けれなくなる

人生をかけた1年に1回しか使えないカードから東大ダメそうなら他の可能性のあるところに使う

その1枚のカードダメ元で東大に使おうとしても、共通一次試験の結果で足きりもあって希望者全員が受けれるわけではない

まり受かる可能性のある人しか応募できないシステムになっていて、それで3~4倍なわけ

誰でも東大受験できるなら、ちょっとでも可能性のある人はダメ元で全員受けるだろうから倍率100倍どころじゃないぞ

2021-09-28

anond:20210928034139

別に体を物理的に接触させなくても声だけ売るとかチャトレとかいくらでも安全な金の稼ぎ方あるし

そのチャンスの絶対量や稼げる額は男の比じゃないし

奨学金なり親が貧乏なら国公立に行けば学費減免なり

男よりよっぽどどうにでもなるんだけど

大学にも行かせてもらえないような家庭に生まれ駄目女の頭ではそこまで想像が及ばないわけだ

から仮にお前が強かったらノブレスブリージュでやさしくすべき存在である弱者男性」にマウントを取ろうとしてしまうんだな

お前のその程度の知能じゃ大学たかだが4年間通ったところで社会の役に立つ研究は間違いなくできないので(どうせ数学出来ないか文系だろ?)(どうせ行きたいのは東京私大だろ?)

高卒か、せいぜい短大卒で働いて結婚して子供4人産んでもらった方が幸せになれるし社会の役にも立つからそうしろ

間違っても国公立大学に行くなよ、公費無駄

2021-09-05

anond:20210905181323

マジな話をすると、アジア危機とき韓国みたいになる。例えば、通貨安になって、中堅以下の財閥死ぬ。実際に、1998年の頃のヤバさを知っているけど、本当に日本外資に乗っ取られると言われていた時期があった。実際に、北海道拓殖銀行山一證券が無くなりましたし。アメリカ企業GE やシティ銀行日本ノンバンクを購入していたし、日興証券SMBC信託銀行外資になったしね。リーマンショックで、すっかりその勢いは無くなりましたけどね。最近MBA とか言わないもんね。西暦が変わる頃には、香港に口座を持つのが賢いとまで言われていたし。ヘッジファンドと呼ばれている業務は、消えていっているし。そんなら、韓国みたいに一流企業が出てくるのなら良くね?って思うのなら、やめとけよ。あの頃は、日本に体力があったから、防共と戦争贖罪を兼ねて、韓国技術ナレッジ提供してやっても良かったとされていて、マスコミが報じないだけで、わざと技術ダダ漏れさせたんだよ。ネトウヨが「地方国立理系男性」というレッテル煩いのも、実は根拠があるのよ。だって地方国公立大学が没落した理由は、本当ならケツ持ちの日本が「テメーら勝手技術をとるな!」って言うべき政府が何にも応対しなかったからだよ。あと、半導体アメリカも煩かったので。日本は、韓国国家破綻に対して十分に応対してやった。だが、日本破綻すると、誰も何もしてくれないのよ。だって日本において競争力のある技術って、アメリカ人も韓国人も持ってないからね。そんでもって、日本デフォルトを起こすと、金持ちもっと金持ちになる、というだけだよ。根拠日本円が紙くずになっても、金持ち外貨を大量に持っているので、全く無意味っすね。

2021-08-30

「国公立大の授業料半額」立民代表が意欲 給食無償

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.nikkei.com/article/DGXZQOUA293EG0Z20C21A8000000/

人気コメ10年くらい遅れてる

20年代はてなー世論でいえば

modal_soul 今現在格差って、”実家が太くないと受験に勝てない"ような状況なので、大学授業料よりももっと手前のところを手厚くするべきと思う。

myjiku 中卒高卒から金を取って、賃金の高い大卒支援する逆再分配政策身分政党らしい政策。初等中等教育無償補習をつけるとかオンライン教育の充実とか教育格差を縮める政策でなく。

world3 塾通いしないと国公立大には入れない現状では、これは結果として富裕層への補助金しかならない。

naga_yamas 問題解決方法としてはイマイチ国公立大学行ける家庭なんて比較的高所得の家庭が多いんだから授業料は上げた上で、貧困な家庭に免除という方法にすべき。これだと更に格差が広がる。

この辺が主流

ただ東大生の三分の一が男子校というホモソーシャル揺籃器出身なので

まずは男子校受験者の合格制限をかけるべきだが

2021-08-16

河村たかし過去ののセクハラ事例

横井利明(今年4月名古屋市長選挙立候補して落選オフィシャルブログ」より

http://blog.livedoor.jp/minami758/archives/2513329.html#comments

61. Posted by 南区区民の一人 2021年08月07日 10:27

河村市長の公の場における女性へのセクハラ無礼発言

2019年建設技術フェア(吹上ホールで開催)の開会式挨拶の冒頭で、河村市長は、開会時の音楽演奏した女性音楽家(演奏ドレス着用)に、「裸みたゃーなべべ着て寒にゃーの?」

来賓国交省役人国公立大学総長学長のいる前での発言森元総理のあの発言のように、笑う人はいたけど注意した人はいなかった。

建設技術フェア2019in中部」は2019年10月16~17日に吹上ホール名古屋市中小企業振興会館)で開催された。

https://www.kgf-chubu.com/2019result/outline/gaiyou.html

2021-08-08

もったいない

中央大学理工学部ってそれなりに頭いいし、学費諸々も安くない(初年度の費用180万円)から実家もそこそこいいところだったろうに

(諸事情でその費用が払えなくて中退という可能性もあるが、実家東京なら手ごろな国公立大学だって通学圏内にあるだろうから転学という手段奨学金だってあっただろう)。

それを中退という形でふいにして、「人生不幸だ」とかいって無差別な凶行に走られたら、世の中の無差別犯だらけになってしまうじゃないか

2021-06-08

人生ガチャの話ね

私は運がいいほうだと思う。

ロスジェネ世代

父親田舎で曾祖父時代に興した会社役員やってた。父は次男から社長ではないけど専務とか常務とかそんなポジション。割と従業員数も多くてコンスタント利益も出し続け、バブル崩壊した後も頑張って存続してた。今は私の兄が同じ会社に入ってるけど社長の子どもたちが継がなそうなので兄が継ぐ方向になってるっぽい(私はかかわりがないのでよくわからない)。

3人の兄弟はそんなに頭がいいわけではないにも関わらず全員中学受験したし(私は私立兄弟国立)、大学は全員私立しかも全員一人暮らし

私が就職する頃は氷河期時代全盛期で新卒は難しそうだったので、資格勉強をすると言って2年くらい資格取得に専念させてもらえた。まあいまだに資格は取得できてないんだけどその方面仕事には就くことができていて、正社員としてやってる。生活に困ったことがないくらいには収入がある。これも運がいいと思う。

母親はずっと専業主婦だけど割と勉強家で何かと活動していた。今は立派な高齢者になってスマートフォン使ってLINEもやってる。高齢者になって尚、新しいことを学ぶのを嫌がらないのって大事なことだなって思う。

夫になった人は親ガチャが悪くて、親が中卒で事業やってたけどバブル崩壊あおり廃業それからずっと貧乏だった。

また暴力的な人で、夫の父親最初記憶が腹を殴られたことらしい。

この環境ではまずいと思った夫は、奨学金国公立大学に行き、大企業と呼ばれるところに就職した。就職してから国家資格を取ったり努力はし続けている。

まれは運が悪かったようだけど、生まれから努力により現在のところまで昇ってきたすごい人だと思う。

自分趣味でやっていた文筆業も商業誌連載をとった。(終了してしまったけど)

運は自分でつかみ取るものだと思っているようだ。

当たり前だけど親ガチャはある。私が夫と同じような環境に生まれていたら夫のように努力できたかと言われると全く自信がない。

私はとても運がいい。こんな努力家で運を自分でつかみ取る人と結婚できた。

子どもも今のところまっすぐに健康に育ってくれている。これも本当に運が良かった。

もちろん乳児の頃は大変ではあったけど、抱っこが大好きで、おかあさんだいすきだよと言ってくれる子ども。本当に幸せだなあと思う。

職業柄、生まれも育ちも田園調布、豪邸に住み、親から受け継いだ不動産も持ってて、娘三人が全員医者だし医学部だし、高島屋外商に来るような人を知っている。

それは運がいいの最上級みたいな人で、そういう人を見ると「私なんか…」となってしまときがある。

東京に生まれたらもっと自分は違ってたんじゃないか、と思ったりもする。

でもそれも夫を見ると違うよな、そうじゃないよな、と思いなおす。

2021-06-03

大学教員高校教師に物申す

タイトルの通りなので、大学関係者高校教員以外はスルーしてください。


オープンキャンパスレポートを提出させるな

地方Fラン私大ならともかく、こちとらオープンキャンパス業務なんてやりたくないの。

オープンキャンパス業務がやりたくてたまらないなんていう終わってる教員勝手に盛り上がってるだけだから勘違いしないで。

進学先を選ぶときオープンキャンパスが決め手になった受験生なんて1%もいないの。ちゃんとそういうデータあるの。おたくらにも一応公表してるよね?ちゃんと見てる?

まりこっちとしてはオープンキャンパスなんてやるだけ無駄なの。マジでリストラしたい業務ナンバーワンなの。クソどうでもいい仕事なの。

から受けもしない大学に冷やかし半分で生徒をオープンキャンパスに行かせてレポートを書かせるのはやめてください。マジで

学力が不十分な生徒を卒業させるな

高校義務教育じゃないんだから学力が不十分な生徒は留年させろ。

というかお前ら学習指導要領違反やらかしてるだろ。知ってるんだぞ。

ちゃん学習指導要領に書かれてる教育内容全部やってから卒業させろよ。

何で日本語もまともに読めない奴が大学に入ってくるんだよ。現代文教師いないの?それとも学習指導要領違反常習犯から大した授業しなくてもいいとか感覚麻痺してる?

時間がない?教員が足りない?知るかボケ。クソくだらない行事とか部活やめてから言え。クソどうでもいい行事とか部活青春爆笑)騙ってんじゃねーよ。

お前らの無能さのツケを大学教員に払わせるな。


進学実績を捏造するな

あのね、大学っていうのは国公立大学にせよ私立大学にせよ文部科学省認証評価をしてるか認可してるところ「だけ」なの?わかる?

防衛大学校とか職業能力開発大学校とか水産大学校は「大学」じゃないの。わかる?

学位出るからいい?アホか。大学じゃないんだから大学進学実績に大学校を含めてんじゃねーよバカ

主権者教育真面目にやれ

お前ら政治的問題になると何沈黙してんだよ。沈黙するブタかよ。

高校生は主権者なんだからちゃん教育しろよ。は?中立性が保てない?バカなの?

なーにが「立場上何も言えないんだよね~」だ、バカか。なに中立ぶってんの?

ネトウヨ地域住民とかネトウヨ保護者なんて知るかボケ

マジで真面目に仕事しろ穀潰しが。

いか、これは大学教員の総意だからな?これに賛同しない大学教員なんてネット上には「自称中立」の中国研究者くらいしかいないからな?

2021-05-28

共通テストについて誰か教えてください

国公立大学理学部志望の高2の息子がいます

歴史が好き・得意なので共通テスト世界史Bを選択したいのですが、高校ではクラスが理数科で世界史Bを選択できません。地理Bのみです。

高校の授業はこのまま地理Bでいくとして、共通テスト世界史Bを選択受験することは可能なのでしょうか。

ちなみに息子は世界史Aはほぼ100点しか取ったことがありませんので学力的な心配はしていません。地理も得意なので学校の授業も心配していません。

しろ地理Bで受験しなければならない場合モチベーションの低下を心配しています

2021-05-19

あるウマ娘に、自分京大入学した理由見出した。

私はずっと、京大に進学した理由を答えられなかった。

田舎出身勉強ができるなら、地方国立に行くのが普通。そういう風潮の中でわざわざ京大に行くというのは余程の理由があるのだろう。

そう思われて当然だと思う。

でも、全然理由が見つからなかった。理由を聞かれても、急拵えの答えが会話を上滑りしていく。

そのたびに自分に問いかけてきた。

——本当に何の理由も無いだろうのか?

あんなに必死に、二浪までして入ったのに。

そもそも何の理由も無く辛い受験生時代を乗り切れるものだろうか?

—————————————————————

よくある話だが、兄を意識していたのだと思う。

私の兄は地元の旧帝に現役合格していた。昔から成績は良く、才能はある方だと思うし、努力もそれなりにしていた。

ただ、勉強の才能は明らかに私の方が上だった。

兄弟で同じ塾に通っていたが、トップクラスコースに入るための試験は兄が数回受験していたのに対し、私は一度で通った。

兄と同等の努力をすれば、同じ大学には行けただろう。

しかし、青二才の、無駄に高いプライドがそれを許さなかった。

自分の方が才能に恵まれているのに、どうして同じ大学に行かなければならないんだ」

京大を目指したのは、おおよそこんな経緯だったと思う。

中学生までは神童扱いされ、高校で落ちぶれる」なんて、あまりにありふれていて陳腐さすら感じるだろう。

中学時代は学年1位以外取った記憶がないが、高校では10~40番くらいだっただろうか。

「塾で先取りしているか模試は取れる。定期試験無意味

ハッタリで自尊心を保った。しか高校レベルは低い。

東大京大なんて1人たりとも出せず、上位5%がギリギリ地元の旧帝に届く程度。国公立大学に行ければ優秀、私立に引っかかれば御の字。

学年の一定数は高卒就職をする。(このことを大学の同期に言ったら心底驚かれたことがある)

進学校としての看板は、とうに錆び付いている。

そのような環境トップ争いすらできない。

小学生の頃から「頭がいい」「天才」だなんて飽きるほど言われてきた。自分アイデンティティ崩壊することを、世間知らずの高校生が受け入れられるだろうか。

「もしかしたら自分天才なんかじゃないのかもしれない」

そんな思いを、必死勉強でひた隠しにしていた。

ただただ死に物狂いだった。

京大以外は受けず、京大に落ちれば人生が終わるとさえ思っていた。

息巻いていた私は、2度目の不合格絶望の味を知る。

1浪の先には希望が見えたが、2浪の先には何も見えなかった。

結果的に2浪で京大に滑り込んだ。

合格が分かった瞬間、喜びは感じなかったように思う。感じたのは、長年の桎梏から逃れられる解放感と安堵感だったような気がする。

まりにも複雑な感情の発露があったからか、涙が止まらなかった。

「もう終わるんだ」と思ったことだけは、唯一はっきりと憶えている。

ただ、このときに流した滂沱の涙が、何もかもを清算したようだった。

激闘の末に何もかもを忘れてしまったのだ。

京大の魅力、京大で何をしたいのか。

そして、なぜ京大を目指したのか、も。

合格してから京大に進学した理由はよく尋ねられることだった。

私は、その質問をされるたびにその場しのぎで答えてきた。頭の中に無い理由を慌ててでっちあげた。

研究に強いイメージがあるから」とか、「自由校風に惹かれて」だとか、適当過ぎて憶えてもいない。

初心なんて、忘れてしまったよ。

—————————————————————

そのまま大学卒業して大学院に進学したある日のこと。何気ない瞬間に、初めて腑に落ちる理由が見つかった。

それは、ずっと見えていたがうまく認識できなかった理由だった。

教えてくれたのは、ウマ娘というゲームキングヘイローというキャラだった。

現実競走馬としてのキングヘイローは、超がつくほどのエリートだ。

父も母も歴史に残るほどの名馬。しかデビューから3連続で1位。

そんな華々しい超エリートは、後に泥水を啜るような屈辱を味わい続けるようになる。

中央競馬で最も格式の高いG1レースで、10戦続けて敗北を喫したのだ。同世代の馬にトップの座を奪われ、長距離も短距離も結果が出ない。

しかし、11度目のG1高松宮記念栄光を掴み取った。

2012年高松宮記念CMから引用してみる。

2000年高松宮記念

その馬は、10度の敗北を超えて、血統証明した。

敗れても、敗れても、敗れても、絶対に首を下げなかった。

緑のメンコ。不屈の塊。その馬の名は…


ウマ娘キングヘイローキャラクターは、このような史実を受けて構築されている。

ゲームでの彼女は、自らに絶対の自信を持つ高飛車お嬢様でありながら、ストーリーがひたすらに泥臭い

アニメでは幾度も同期の後塵を拝し、悔しさから眉をひそめる姿が印象的だった。

負けを積み重ねるが、決してめげずに自分の才能を信じる。

とても気に入っているキャラだ。

ある日、Twitterで、ウマ娘二次創作漫画を見つけた。

キングヘイローがメインで、なにやらシリアス雰囲気だ。漫画の内容は、キングヘイロー高松宮記念勝利するというもの

説明してしまえばなんてことはない。ただ、私の目はキングヘイローの放った台詞に止まった。

「私には……才能があった……! そうでしょう、トレーナー……っ!」

ハッとした。

体の中心にずしりと来る感覚。腹に落ちるとはよくいったものだ。

長年の謎が解けた。単純なことだ。

私が京大受験に拘り続けた理由は、

「自らの才能を証明するため」

だったのだ。

高校生の私は、自信過剰な「天才少年を裏切ることができなかったのだろう。

井の中の蛙だとしても、昔の自分かわいいものだ。

ここで妥協すれば、昔の自分に顔向けできない。

落ちても、落ちても、絶対志望校を変えなかった。

それは、意地になっていたからというより、過去自分に縛られていたからだ。

自分天才で、その才能を証明しなければならない。

そして自分の中の天才イメージ京大のそれに重なった、ただそれだけのことだ。

くだらない自己満足。これが、私が人生を賭けた受験のすべて。

親や教師からの期待も、世間体も無い。

自分自分を納得させることだけに執心していた。

結局、私にとっての大学受験は「究極のエゴ」だったのだ。

物語登場人物は、「天才少年自分と、少年に振り回された青年自分

泥まみれで終えた闘いは、自己満足以外の何を私にもたらしただろうか。

将来の私が、闘いの意味をいつか掬い取ってくれる。

そう信じている。

2021-04-29

国公立大学への進学者のうち、高校入学から受験勉強スタートした人が半数超に【東進調査

大学受験勉強高校入学前にスタートした人のうち、国公立大に進学した生徒は50.2%に達する一方、高校3年からスタートした人のうち、国公立大に進学した生徒は33.8%に留まった。

受験勉強高校入学前にスタートした人のうち、国公立理系に進学した生徒は35.1%で、受験勉強スタート時期が遅くなるほどその割合は減少する。しかし、私立文系スタート時期が遅くなるにつれて割合が増加し、高校3年スタートでは43.9%に達している。

https://www.toshin.com/news_release/uploadFiles/NewsReleases/6d3da61829255931a419da4497f05f949a6a6682f71786df9198af6ce601b92920210428104210.pdf

2021-04-19

日本次世代のことを1ミリたりとも考えていないゴミ国家

高2だけど書くわ。

今回のコロナ云々の対応で分かったことがある。

日本次世代のことを1ミリたりとも考えていないってこと。

今回のコロナ騒動学生鬱憤しか溜まってない。

部活動大会中止。修学旅行中止。その他の行事も中止、縮小。

一生に一度しかない機会をこれほどまでに奪ってるという事実を、まず理解しろ

大学生もっと悲惨だ。

高い学費を払って、大学にすら行けてない。

それで「我慢しろだって

一生に一度しかない機会を我慢しろって、それだけで謝罪ものからな。

お前ら大人経験してるのに、「我慢しろ」とか言えた立場じゃないからな。

ただ、コロナ収束するためならと、こっちは泣く泣く我慢してるんだ。

それなのに。

それなのに、お前らはオリンピックやるんだろ?

学生の楽しみを奪ってでも、オリンピックは開催するんだろ?

何のためのオリンピックだよ。

国民犠牲にしてまで開催するものか?

全く意味が分からない。

聖火ランナー芸能人を起用して、人を密集させてる現状。

どう考えても、この1年を踏まえた対応じゃないだろ?

オリンピックが許されるならば、俺たちが自粛した期間は何だったんだ?

学生の楽しみばっかり奪っていく日本正真正銘ゴミ国家だよ。

こういうこと言ってたら、日本経済を回すことが先決とか言うんだろーね。

じゃあ一体誰がこれからこの国の経済を回すんでしょーね??

もう誰も住まねーわこんな国。

P.S.

国公立大学学費もっと安くしろ奨学金を軽くしろ

若者も声を上げろよ。政治自分たちのためにあるんだって主張しろよ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん