「同化政策」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 同化政策とは

2019-06-25

anond:20190625233044

日本は狭いか同化政策が早くに終わっただけでは?

前九年の役とか後三年の役なんて酷いものだったと聞くけど?

anond:20190625233044

中国異民族へ行ってる同化政策苛烈さは、どれほど異民族に怯えてきたかという歴史を映してるな。

2019-01-07

外国籍の子 就学不明1.6万人 義務教育対象外 - 毎日新聞

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/mainichi.jp/articles/20190106/k00/00m/040/148000c

なんか左派リベラルはてなーが怒ってるんだけどさ、外国人日本公教育を受ける義務を負わせるっていうのも

多様性という意味では問題あることだと思うんだけどその辺どうなの?

フランスとかドイツだと外国人にも義務付けられてるみたいだけどそれって

公共の場ヒジャブ禁止とかと同じある種の同化政策じゃねえの?

リベラルはてなーがそれを求めてええんか?

2018-12-08

中国、カショギ氏どころじゃないやん

夕方ニュースで、中国人権派弁護士がどんどん逮捕され、裁判すら受けられず生死不明、妻も自宅軟禁、妻を応援しようと自宅近くに駆けつけた住民警察邪魔するみたいな特集やってた。

言論規制少数民族同化政策、そしてこれ。でも中国自国経済に欠かせないか国際社会は見て見ぬふり……

悲しいな……

2018-11-15

でも中国のおかげでトランプ気持ちがわかったよな

全ての製造業中国に乗っ取られようとしている今

トランプがなぜ日本自動車を憎むのかわかってきた。

アメ車はたんなる移動手段ではなく、アメリカ文化の誇りだったんだ。

アメ車世界中でもユニーク存在だし、それが走っているアメリカ社会こそアメリカ固有の文化だ。

それを日本自動車破壊つくした。

そのことを日本人は悪いと思うどころか、アメリカ人に良いことをしてやったと思っている。

畳が土足で不便だから全部ぶっ潰してやるから感謝しろとか言われるようなもんだ。

アメリカ愛国者からすれば日本人などサイコパスしか見えないだろう。

その安くて便利ものを与えれば感謝されるという日本人の勘違いさらに極端にしたのが中国人だ。

世界中製造業中国に乗っ取られ

固有の製造業は滅び、全ての人間中国人の作ったものを使うようになりつつある。

日本人はネトウヨですら全然危機感もってないけど、

youtubeコメントredditなどみれば、世界中の人々が中国におびえているのがわかる。

中国世界からまれ滅びるだろうが

その後に生まれるのは自国で作ったモノを他国で売ることをやめた優しい世界のはずだ。

中国同化政策をはねのけた世界は一つ一つの国がユニークで混ざらないことを目指した、本当の人類統一がはじまるのだ。

2018-11-11

安藤百福の件ではてサがだんまりを決め込む辺りが衰退を物語っているよな

フィクションです、という表現の自由

公共放送が皆様の税金を使い、公共電波

安藤百福ルーツである台湾を切り落とし、名誉日本人として描写する

笑えるほどの同化政策NHKである以上、当然バックに政府筋がある)であるわけだけど、はてサがここまでだんまりを決め込むばかりか、一部は擁護に走り出すなど

ここまで落ちぶれたかはてサ!と言わざるを得ない衰退ぶり

君らの仕事は黙ってることでもフィクションからと許容することでもないだろ!真面目にやれ!かーーーーーーーつっ!

2018-09-08

大正ロマン燃える理屈はわかる

この件とか> https://togetter.com/li/1264601

はじめに言っておくと私は大正ロマン大好きだし、イギリス紅茶文化とか素晴らしいと思うし、漫画アニメでそういうの見るのは大好きなんだけど、簡単に一蹴できるような話じゃないと思うんだよな。

上の棘まとめでは、「イギリス植民地支配謝罪したけど、紅茶文化謝罪してませんよね?」という主張があった。

でも、イギリス紅茶文化ってのは、カリブ海黒人奴隷を牛馬のごとく酷使して得た砂糖と、植民地で現地の民族構成を大幅に変えながら栽培した茶葉で成り立っていて、植民地支配がなければそれらが安価かつ大量に流入して普及するなんてありえなかった(cf. 川北稔『砂糖世界史岩波ジュニア新書)。イギリス紅茶文化植民地支配と不可分のものだ。植民地支配なくして紅茶文化なし、なのだ

同様に、帝国日本で栄えた豊かな文化は、たとえそれがいかに「平和的」で「銃後」のものであったとしても、植民地から収奪の上に成り立ったものだ。朝鮮日本本土と同じくらいの豊かさを享受していたか、といえばそんなことはなく、農地が奪われ同化政策が行われ、つまり典型的植民地としての収奪が行われていた。その収奪の上に花開いたのが大正期の文化なのだ

なるほど確かにはいからさんなどの文化一見して軍国主義と無縁に見えるかもしれない。しかしその文化は、植民地支配から養分を得ていた。

ブラック企業社長の子ども、というものを思い浮かべればいいのかもしれない。別に子どもパート店員ハラスメントをしたわけでも派遣社員酷使したわけでもないが、その子もの豊かな生活は彼らの膏血を搾り取ることによって成り立っている。そのような環境でのびのび創造性を育んだ子ども自分クリエイティブさを誇るのが当然だとすれば、ブラックな働き方で過労死した社員の子どもがそれに怨嗟を向けるのもまた自然なことだろう。

とはいえ、そこまでの責任は取れない、と思うのも人情だろう。正直私は、上に書いたようなことを理屈ではわかっているが、だからといって大正ロマン紅茶文化糾弾に値する悪しきものだとは思わないし、作品に出てくれば普通に嬉しい。

しかし、まったく倫理的問題がない、と力説する気にもなれない。

それに私たち日本人は、いやこれに関しては韓国人も同じだが、先進国に生きる民として途上国の人たちの生き血を啜って暮らしている。安価に手に入る服、とか、そういった表面上の話だけでなく、近代世界ひとつシステムで、途上国は発展の途上にあるのではなく先進国の都合によって低開発状態に留め置かれた国々であり、そのシステム私たちは間違いなく搾取者の側にいる。

私たちはその構造から逃れることはできないし、いくら文化糾弾しても私たちが負った原罪が消えることはない。それは個々人には到底負いきれぬ責任かもしれないが、せめてそこに責任があることを認めるべきではないかと思う。紅茶文化大英帝国の暴虐を切り離すことはできない。大正ロマンから日本軍国主義切断処理することはできない。そして日本韓国といった先進国の発展を、途上国の窮乏から独立したものだと見做すことはできない。だから罪人として生きるべきだ、とは微塵も思わないが、このような構造に絡め取られていること自体は、認めるべきだとも思うのだ。

2017-04-30

http://anond.hatelabo.jp/20170430165739

よくチベットの状況を見てみろとかいうやついるけどさ、

反抗せずにいれば同化政策レベルで済むよな

日本語を公の場ではしゃべるなって言われても別にいいじゃん

2016-05-26

http://anond.hatelabo.jp/20160526205606

結局、都会の人間田舎を見下してるわけよ。

チェーン店イオン批判的かどうかだって、要は同化政策異化政策の違いでしかない。

それでもまだ個人的には同化政策の方が理解はできる。

例えイオンのもたらすもの東京文化ではなく、千葉埼玉のそれだったとしても、

チェーン店田舎に浸透する頃には、実はもう東京ではオワコンだったとしても、

一応東京に準じた暮らしをさせてやるんだありがたく思えって言われる方がまだマシだ。

都会人の旅情のために、お前らは古びた町で不便な生活を送ってくれとか言われたって困る。

車の邪魔から潰してくれて構わねえんだよ、路面電車とかさ。

2015-12-29

ユニークさを押し付けるべから

東京もんが東京にないもの地方に求めるのはわかるよ。

もつまらからお前ら東京のマネすんなとか言われても困るんだよ。

田舎者の俺に言わせりゃ東京中心主義なのは結局変わらん。同化政策か、異化政策かの違いがあるだけだ。

それでもまだ同化政策の方が理解はできる。

東京にいる俺たちを楽しませるためにお前らはユニーク存在であってくれ、というのは朝鮮通信使と発想が変わらんと思う。

東京地方に対して同化政策を強いた結果なのに、地方文化レベルが低いとかファスト風土かいう論が出てくるのは滑稽というか、傲慢というか。

しろ東京的でない文化を求めて東京から外へ外へ旅行している。神社仏閣、地方美術館自然農業漁業

それもやはり地方の衰退でもはや長くは持たないだろうという肌感覚がある。

かくして日本から東京文化を残して多様性が消え去ってしまうのかもしれない。

2015-08-14

鳩山由紀夫非難する!

・・・なんて書くと、またネトウヨかって思われるだろうがさにあらず。

日本人韓国人は、お互いに想像もつかないぐらい、ものの感じ方や表現が違っている。そして、絶望的なほどにお互いのことを知らない。

日本人にとっては、韓国人よりもアラブの人の方がよっぽど理解やすいだろう。なぜなら、ただ違っているだけだから日本人韓国人表現は、ただ違っているだけにとどまらず、深く食い違っているというところに問題がある(日本の常識韓国非常識韓国常識日本非常識)。故に、言葉不用意に伝えるだけで、簡単に誤解や反発を招いてしまうのだ。

にもかかわらず、同じ黄色人種で顔立ちも何となく似ているからか、両国はそういう危険性を考慮しないまま交流を試み続けている。上手くいかないのも道理である

日本韓国を支配下に治めたとき沖縄琉球)で成功したのを良いことに、同化政策を行って、韓国言葉文化を奪ってしまおうとした。これは恨まれて当然のことだ。韓国人日本人にはなれないし、その逆もまた真なりだろう。

真の日韓友好を成し遂げるには、日本人韓国人がお互いの違いを理解し合い、日本人日本流表現で言ったことの真意がきちんと韓国人に伝わり、また、韓国人韓国流の表現で言ったことの真意を我々日本人がきちんと受け取れる。そういう状況を作り出すしかないのだ。

から日本人韓国流の謝り方をしちゃいけないんだよ、鳩山さん!

一方通行パフォーマンスでは意味がないんだ。

お互いに外人同士なのだしかも、世界で一番わかり合うことが難しいってぐらいの厄介な二国間関係なのだ。そのことを骨の髄まで理解し合わないといけない。安易日本人韓国流の表現をしたり、韓国人日本流表現をしたりしてしまうことで、日本韓国の間に深刻な文化的ギャップ存在していることが知覚されなくなる。そしてそのことが、誤解を誤解のまま、偏見偏見のまま保ち、結果的に真の日韓友好を遠ざけることになってしまうのだ。

から鳩山さん、気持ちはわかるけど、お願いだからやめてくれ。

今日本人に必要なのは日本人がどう感じ、どう考え、どんな価値観を持ち、どんな風習を持ち、どんな文化的背景においてどう表現し、その真意はどこにあるのかというようなことを、地道に伝えていく努力である韓国人価値観の中で振る舞うことではない。

世代を超えて謝罪要求され続けることに違和感を感じるなら、きちんとそれを表明すべきである。ただ、もちろん汚い言葉を使ってはならない。丁寧に、文化的背景からきちんと説明していけばいい。一回や二回で通じることはないだろうから、根気よく続けていくしかない。韓国人は何事も大げさに表現しすぎだが、日本人は言うべきことを言わなすぎだ。腹を立てる前に伝えないと! 今までずっと黙っていて、いきなり嫌韓に振れたのでは、きっとあちらも戸惑っているだろう。

相互理解確立からしか真の友好関係は生まれない。大衆を置き去りにして、一人の要人パフォーマンスをしただけで問題が解決するなら、問題なんてとっくの昔に解決していたはずだ。お互いに偏見で汚れていない相手国の知識をこつこつと積み重ね、地道に理解の橋を架けていくしか道はないのである。近道などできない。

から私は鳩山由紀夫非難する。彼の行為が、善意に発したものだと理解した上で。

2015-02-28

アイヌも、ついでにオタク民族

香山リカ小林よしのりの対談の話題を見てからどうにも我慢がならなかったのでここに書きたい。

小林よしのりアイヌは既に血が薄くなっていて民族と言えないというようなことを言っていたらしい。

しかし、彼はチベット問題中国批判している。

中国チベット侵攻からしばらくの間はともかく、現在はその土地漢民族移住させ経済的に支配する事で困窮するチベット族女性漢民族男性結婚するという類いの同化政策が主だと思う。

これはかつて日本北海道アイヌ民族にした事と同じだ。

中国があと100年、世界の声を無視して、今のアイヌと同じ程度に混血が進めば、小林よしのりと同じ事を言えば許されることになる。

小林よしのりは確か九州出身から現実感というか関心が今まで無かったためにこんな矛盾した事を言うのだと思う。

かつて日本人アイヌ民族的特徴研究する為に勝手に墓を掘り返したり、祭や儀式宗教的意味合いのあることは日本文化でも同じはずだが、観光目的毎日その儀式をさせ、その意味を失わせるようなことをしてきた事。

それに怒りを覚えて活動し、議員になってアイヌ新法が制定される原動力となった萱野茂存在を知っている北海道民としては、小林氏の発言とんちんかん無責任しか感じない。

アイヌの人たちは昔ほどではないにしろ、今も差別を受けていて、中にはそれがきっかけでアイヌアイデンティティ意識活動している人もいる。

彼らはそもそも差別の原因が民族の違いに基づくものから差別がある事そのものアイヌ民族として確かに存在している事を示している、ということを皆も素直に受け入れられるのではないか?

ただ、差別が受ける側の人間は、差別する側にとって自分達とは違うグループ人間だという考えがあるとすれば、差別されるグループある意味民族の要素を持っているのではないかとも思う。

例えばオタク

アニメゲーム好きという考え、志向思考

脱オタ必要とされる服装は民族衣装と同じでやっぱりそれを理由差別される。

差別される要因となる考えに基づく文学芸術作品がある、つまり文化

宗教的儀式にも似たイベント

専門的にはどうかわからないが、少なくともより大きな枠、或いは別の視点民族部落(東北あたりから北だけかも知れないが集落意味でこの言葉を使う。差別的意味ではないが、結局、差別の原因となる多数派とは異なるグループと言う意味では同じだと思うのであえて使ってみた)をとらえなおしては?と言う問題提起としては悪くないし、議論余地はあると思う。

オタク民族ならアイヌは間違いなく民族だよね、という考えが広まるなら更に良いと思う。

はてなー意見を聞きたい。

2015-02-14

http://anond.hatelabo.jp/20150214081911

一般的には、外国人日本に来たとしても、その外国人外国人だけのコミュニティを作らせろ、日本人と一緒にするな、となるじゃないですか。私の主張は、移民日本人になってもらおうとするものなので、同化政策との批判があるのは当然だと思いますが……。

2015-02-13

http://anond.hatelabo.jp/20150213220508

日本に住んでいる限り日本国民になれ」というような圧力をかけるのであれば同化政策だが、そうでなければ同化政策とは言わないのでは

曽野綾子問題に関連して日本移民受け入れに思うこと

曽野綾子がめちゃくちゃに叩かれていて、それについては叩いている人達意見に完全同意です。でも単に叩くだけじゃなくて、私には私の中での「日本移民受け入れはこうしたらいいんじゃないの」という考え方があります。それを公にできる場所が他にないのでここに書きます

自分の考え方は、いわゆる左派の人にレイシストだと批判されうるものだと思いますが、私は今のところこれが正しいと思っています意見待ってます


日本国民として日本国籍を持ってもらい、日本人になって永住してもらう。

・そのために必要配慮努力は惜しまない。たとえば日本語話者でなくても生活していけるような環境はきちんと構築し、移民とその子どもに対する日本語教育無償提供する。周りの私達も、日本語が話せない、日本語が読めない、見た目が日本人っぽくない等の理由差別をしない。

・いわゆる低賃金労働者に対する環境改善が当然真っ先に行われるべきであり、現状の日本のままただ移民を受け入れるというのには反対である移民ははじめ(日本国内で生まれ育てられた日本人の多くとは違い)生活基盤を持たないわけで、そういった人の多くがいわゆる低賃金労働者になるであろうというのは容易に想像がつく。そういった人々に日本生活したい、日本人でありたいと思ってもらえるような環境をまず第一に整備すべきである


こういった考え方は同化政策と呼ばれ批判されるだろうということはわかっています。それでも私はこれが正しいと思っています意見待ってます

2015-01-13

エクスキュースとしてのリベラル

http://anond.hatelabo.jp/20150111070135

少し話が違うけれど、年末ネタのような話題があって

を書いたものです。

その記事はてなブックマークに、

mahomi4 全く的はずれすぎ。

というコメントがありまして、この人の見る当を得た見解ってのはどういうものなんだろうとブックマークをたどったところ、

http://blog.goo.ne.jp/iida-miki/e/0d68f604177d2bdeb387e20a5dc9afb0

フランス新聞社 シャルリー・エブド襲撃事件について

という記事にたどり着きました。扱っている事実が同じなのに見解正反対というのもなかなか面白いのですが、少々以上に気持ち悪いと感じたのも事実です。

その気持ち悪さを説明するのも手間がかかるのですが、やってみますと、

さて、そのアンテグラシオンやら政教分離があるので、

親がどの国出身でどんな宗教を持っていようがフランス国民として

平等に生きていけることになっている。とはいえ本当に違いがないか、

住む場所や肌の色、名前判断されていないかといえば

実際には「平等」なんて言えないだろう。アンテグラシオン

うまくいけば(理念上は)素晴らしいけど、そんなに簡単に

適応できないこともある。フランスは今でも階級社会の名残が

あり、地区ごとに生活環境もかなり違うので、移民の子として生まれ

様々な葛藤感情を抱いて育つ人がいるのは想像できる。

(今朝のLe Mondeにはシャルリーの絵に対して今でも怒っている

イスラム教徒中学生の話が載っていた。)

アンテグラシオンやライシテの実態について、その限界認識しながらもルソーまでひもといて、全体的にはフランス万歳!とまとめている点です。ベルばらオスカルでしょうか。

私がすごく気持ち悪いと言うのは、こういうことをフランス人が言うならまだわかるのです。マジョリティの側にはどうしても見えてこないものというものがあります。それは善悪問題ではなくて立場問題です。

有働出人みたいな人がそうでしょう。まあ、あの人の活動はそれなりに有意義な部分がありますが、あの人に代表されるような白人マイノリティは、有色人種の国、それも支配階級にはならない日本韓国に来て、初めてマイノリティ性というものを味わうことになります。そうすると見るものさわるものすべてが刺々しく感じられる。

アメリカにいる時は警察官黒人を狙い撃ちにしてもあまり気にもしていなかったような人が、職務質問日本警察官にされると激怒する。年間何十人と言うレベルで何とかバッシングで死者が出ているオーストラリアから来た人が、じろじろ見られるくらいで韓国レイシストと騒ぎ立てる。

こういうことは日本では私たちマジョリティから言われて初めて気づくという面もあります。言われてもただ反発するだけということもあります。自らがマイノリティとなった時に、マジョリティである時の視線・態度をかえりみるにまでなれればいいのですが、残念ながら、女性暴力を振るう黒人男性同性愛者を差別する女性は珍しくありません。

そしてそれを更にマジョリティの側が、見ろ見ろ、連中はこんなに野蛮だぞとはやしたてる。

あるドイツ人と話していた時、我が国民主的リベラルで、世界に冠たる我がドイツ、みたいな話になって笑ってしまったのですが、まあそれはその人個人の話なので、ドイツ人って全然変わっていないよねとは言わないでおきましょう。ただその人には人種差別はどこにでもあるけれど、東洋人がしつこくチンチョンチャンとまとわりつかれる国はドイツ以外ではそんなにはない、年間百人以上ヘイトクライムで殺されている国はそんなにはないということは「見えていない」のですね。

リベラルであると言うことが、他者を見下すこと、見ろ見ろ連中はこんなに野蛮だぞってなることが、リベラルがそのためのエクスキュースになることがあるのです。

リンク先の記事の何が気持ち悪いかと言えば、日本人で、パリに住んでいて、未だにシャルリー・エブドに怒っている中学生新聞記事しか見たことがなくて、見えないゲットーに守られていてマジョリティのような顔をしている、それがすごく気持ち悪いのです。

国民戦線ルペンだって、アンテグラシオン同化政策と言う意味で、ライシテはイスラム強制的に同化せしめると言う意味で大賛成なのですからね。

歴史をひも解いて言うならば、フランス革命以後、フランスは確かにリベラル原則を打ち立て、それを徹底してきた歴史があります。公平を期して言うならば、第一次世界大戦後、日本列強要求した人種平等原則英国アメリカは反対しましたがフランスは賛成したと言うことも付け加えておきましょう。

しかし同時に、そのリベラルでライシテな共和国下においても、フランスもまた数々の非道をなしてきたことは忘れてはなりません。

フランスでは支配層の横の流動性が高く、文化人メディア関係者政界に横滑りすることも珍しくはありません。新聞人であったクレマンソーが第一次大戦期のフランス首相であったように、エリート層は全体として支配階級形成していますポールデュシャン二十世紀半ばのジャーナリストで、第四共和政期にアルジェリア行政官に就任して、監獄を視察しています。その時、アルジェ独立派囚人たちの身体に、拷問の後があるのを見て首都に報告しています。その拷問の傷跡は、デュシャン自身の身体にもありました。ナチスに捕らわれていた時に拷問された跡です。

パリ解放の日の記録をサルトルが書き残していますルクレール将軍に率いられた自由フランス軍の入城をもってしてナチスパリ占領は終わりを告げて、自由だ!自由だ!というはじけるような喜びを書いています。そうして成立した自由フランス、ライシテなフランスの下でアルジェリアでは拷問が行われていたのです。

インドシナでのフランスの動きも決してほめられるようなものではありませんでした。フランス当局もいちまいかんで行われた人身売買ナチスから解放された人たちの手によってなされたものですし、フランスインドシナ独立を抑えるため、アメリカに対して原爆の使用を執拗に求めています。これも、自由なるフランス言論の自由フランス体制下でなされたことです。

はいちいちフランス過去の悪行をあげつらって、批判したいのではありません。フランスリベラル諸制度国家制度の補完部分であるにすぎず、国家制度のものを、相対化して批判するようにはなっていないということを言っているのです。フランスの内部にいるシャルリー・エブドは水の中にいるため水の重さを知りません。自分がネジであるに過ぎないことを理解できていないのです。それは結局、彼の中にマイノリティ性がないからであってマジョリティ側の暴力について無自覚であったからです。能力問題ではありません。性格問題です。

批判と言うもの嘲笑侮辱にならぬよう、あるいはそうなっても構わないのは権力の側に対してのみ、その注意深さが必要です。風刺画というメディアは明らかに全方位になす批判方法にはむいていません。

2015-01-12

同化政策を行っている国家

異文化との摩擦による問題に対し

マジョリティ自分たち倫理を掲げたデモ大規模化したことを見て

素晴らしいと言うやつがすごくキモイ

2014-11-19

キラキラ苗字か?

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11120382021

>私、キラキラ苗字になりたくないんです。

>高一の女子/休学中です。

>私の家は母子家庭なんですが、最近、お母さんが恋人のおじさんと再婚したいと言っています

>でも、私はそのおじさんとの再婚にぜったい反対なんです。

>まったく差別するつもりはないんですが、そのおじさんの親が沖縄人なんです。

>だからなんですが、苗字があんまり聞かないキラキラ苗字です。

>アタシは今のフツーの苗字が気にいっているし、キラキラ苗字になって、将来社会に出た時に、みんなからバカにされたりしたくないから、お母さんの再婚に反対なんです。



沖縄の姓って割と複雑な歴史を抱えてて、キラキラと呼べるようなアレではないような

積極的沖縄らしい苗字にとどめようとしたのが、琉球ではなく薩摩の人たちだったり、読みをやまと風にしたり、改名したり。


北海道アイヌアイヌ系日本人が名乗っている姓も全国的には珍しいものが多いけど、こっちは同化政策と一緒に歩んできた歴史があって、今当事者がどう思ってるのかはさておき、外部からキラキラ」なんて呼んで良い代物では無いよなあ。

2013-01-10

http://anond.hatelabo.jp/20130110122235

id:Arisanガチ左翼から

日本国際社会価値観をきちんと学んでもらうべき

もうこの主張からして受け入れられないんだよ。

日本について学ぶこと自体が他民族への侵犯だと思ってるから

アイヌ琉球の人が標準語を学ぶことも同化政策であって本来は許されないことなの、ガチ左翼にとっては。

2012-10-05

奇妙な存在日本左翼

日本左翼とは奇妙な存在である

南京大虐殺の否定に対しては、2chの書き込みや、ネタしか思えないようなブログにも噛み付いて、徹底的に戦おうとするので、ならば人命を至上のものと考えているのかと思えば、そうではない。

その南京大虐殺舞台中国現在、行われているチベットウイグルなどの弾圧同化政策に対しては、まるで存在していないかのように振る舞う

近年チベット人が、抗議の焼身自殺を立て続けに行なっているが、それすらも「見て見ぬふり」である

国内にもウイグルチベットの団体はある。ならば、それに対して好意的かといえば、逆である

日本国内のチベット団体やウイグル団体は、右翼反中団体の支援を受けている場合が多い。

それは、もちろん、ウイグルチベットを助けたいという思いもあるだろうが、最終的な目的中国への批判を行うためである

そして、左翼は、その関係に対して批判するだけに終始している。右翼を批判するのみではない。

故郷を追われ、言葉すら通じない異国に逃げこむしか無かったウイグル人やチベット人にも、である

日本左翼は、左翼ではなく、中国翼賛団体と称した方が、実態に近いのではないか

少なくとも、彼らは、そう思われるような行動をとっているということに気づくべきだ。

2010-12-23

http://anond.hatelabo.jp/20101223210731

だが

近代人権」の概念市民レベルで根づいているヨーロッパ

ヨーロッパのいろんな国で、移民排斥した同化政策したりして、

市民もそれを支持してますがな…

「『近代人権』の概念市民レベルで根づいている」社会など、

おそらく空想上にしか存在しないんじゃないか

2010-01-11

http://mainichi.jp/select/world/news/20100111ddm012030061000c.html

フランス:「フランス人とは何か」サルコジ政権が問い ゆがむ論議、広がる反発

 <世の中ナビ ワイド NEWS NAVIGATOR 国際>
 ◇「崇高な運動」か「移民イスラム排斥」か

 「フランス人とは何か」。そんな根源的な国民論議がフランスで続いている。国民の10人に1人が移民(不法移民も含む)であるという現実を前に、保守派サルコジ政権が「フランス人定義し、国民の誇りを再確認しよう」と呼び掛けた。フランス語を話す、国歌を歌える、伝統的な政教分離主義を守る、などさまざまな意見が出る一方で「こうした論議自体、移民イスラム教徒の排斥につながる」との反発も強くなっている。【パリ福原直樹】

 ◇国歌斉唱は義務?

 政府が昨年10月、国民に求めた論議のテーマは「仏国民とは何か」「フランス仏国民のアイデンティティー価値観など)を移民がどう共有するか」の2点。移民省は全国約450カ所で討論集会を開く一方、インターネットの公設サイトでも意見を求めている。2月にも政府報告を行う予定だ。

 サイトには既に5万人が意見を寄せた。それによると仏国民の定義として、▽フランスを愛し国是の自由・平等・博愛の精神を信奉する▽(政教分離などを記載した)憲法を順守する▽キリスト教伝統を受け入れる……などが出された。

 政府はその一方で、「若者に年1回、国歌斉唱を義務付ける」「仏語や共和国精神を学ぶ機会を設ける」などの政策を提案した。移民らがフランス価値観を理解する一助にしたいという。

 ◇保守派からも批判

 だが、論議開始以降「反移民感情をあおるだけだ」との批判が、野党第1党社会党知識人移民の間に広がった。フランス移民は「外国で生まれた外国人市民権取得などを目指して永続的にフランスに居住する者」との定義があり、仏国籍を取得した者も含まれる。

 人口約6100万のフランスには、不法移民を除くこうした移民が約500万人居住し、イスラム教徒も約600万人(移民との重複あり)いて、同化政策は仏社会で大きな問題となってきた。

 こうしたことから論議のテーマの設定自体が「移民イスラム教徒フランス価値観押し付けるものだ」との批判を呼んだ。社会党のオブリ第1書記は「(移民排斥の論議につなげることで)政府移民に(失業などの)社会問題責任押し付けようとしている」と指摘した。

 保守派からも批判が出た。ジュペ元首相は「論議は国内の対立、特にイスラム教徒への反感をあおった」と発言。ドビルパン首相も「こんな重大なテーマ経済危機で団結すべき時に持ち出すべきではない」と異を唱えた。

 一方、全仏組織の「イスラム教徒会議」幹部は「論議は(イスラム批判という)本末転倒の方向に向かう」と懸念を表明。「サルコジ大統領は3月の地方選を前に(ナショナリズムをあおり)移民排斥を求める極右票の取り込みを狙った」(野党緑の党など)との指摘もあり、世論調査でも72%が「地方選を念頭にした論議」と見なした。

 ◇相次ぐ問題発言

 これらの懸念は当を得ていたとも言えそうだ。国民論議の集会で、政府家族問題担当長官は「フランスの若いイスラム教徒に望むのは職を見つけ、俗語を使わず、帽子を逆向きにかぶらないことだ」と発言した。「イスラム教との共存の可能性」を問う質問への回答だったが、これは「イスラム教徒への中傷であり、国民論議はイスラム(排除)が目的だ」(社会党など)と厳しい批判を招いた。

 また仏東北部での集会では、与党国民運動連合」の地方幹部が「(移民は)何もせず金だけもらっている」「国民論議は必要であり(移民に)反撃する時だ」と述べた。一方、与党幹部は「仏国内のモスクイスラム礼拝所)と、キリスト教聖堂の数が等しくなれば、この国はもうフランスではなくなる」と語ったと報じられた。

 「フランスアイデンティティー確立」は、07年大統領選でのサルコジ大統領公約で、大統領国民論議を「フランスとは何かを知る崇高な運動」と強調している。だが当初、論議を支持した中立系のルモンド紙は、最近社説で「論議は悪い方向に向かっている」と主張。社会党同様、論議の中止を求める立場に転換している。

フランスが先行する、日本がこれからぶち当たる問題。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん