「羊水」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 羊水とは

2018-04-25

TOKIODASH島有人島計画!?

「やっぱり素材にはこだわりたいよね」

ナレーション「そこで選ばれたのは女子高生羊水も腐っていない、若さの力――」

2018-04-12

anond:20180412010102

他の人とならしたいなら、別れるしかないでしょ。

ご主人は自分の魅力のなさにがっかりしてるといいよね。

しょうがないもんね~。

奥さま増田発情期みたいだし。え?365日?



まぁ倖田*未も35で、羊水腐っちゃったし。

増田さんも急いでね💝

2018-04-02

若い女を性的対象として見ることはそんなにいけないことなんだろうか

仕方ないじゃん本能だよ?

35過ぎて羊水腐った女よりはるかダウン症とかの障害のない健康子供が生まれてくるんだよ?

選ばない理由ないじゃん生物的に

精巣を除去すればいいのかそれとも

男の自由は失われるけどそれが知性的人間のやることなんだろうか

やっぱり無理だよ不自然なことを続けるのは

2018-03-06

BBA存在価値

なんかある?羊水腐ってるし、見た目きもいし、いらなくね?

視界に入ってくるだけで不快気持ちになるし、射殺していいんじゃね。

2018-02-07

羊水的な意味で早く子供を産めって言ってるんじゃなかった 編集

40代子供を産んだものです。

よく子供は早く産んだ方がいいって聞くけど、子供産むまでは羊水的な意味で言ってるのかと思ってたんだよね。

でも実際は違った。

なにが辛いって若い時と違って体力が続かないんだよ。

何というか無理が利かない。

帝王切開の傷口の治りも遅いし何より夜泣きが辛い。

若い時はオールなんて楽勝で出来てたけんだけどもう夜通し起きてられない。

子供抱っこする腕も痛いし何というか歳を取るだけで子育てハードルが何レベルも上がる。

でも赤ちゃんはそんなの関係無いしおばさんがお母さんでも手を抜いてくれない。

先人の言葉には意味があるんだなとつくづく感じた今日この頃です。

私がそうだったように、子供いらないと思ってても40歳近くになると無性に子供が欲しくなるから産めるなら早いうちに産んでおけ。

体力があればあるほど子育て難易度が下がると言っても過言では無い。

しろ起きてられない。腕が痛い、腰が痛い。眠い

疲れてるから夫婦ゲンカも多くなってる気がする。

お金じゃ体力買えないんだよね。

しかもこんな状態なのに一人っ子じゃかわいそうかなとか思ったりもする。

こんな事ならもっと早く子供を産んでおけば良かった。

こういう事までちゃんと説明してくれる人は少なく言葉尻だけを捉えて反発してる人も多いと思う。

悪い事は言わない。

子供若いうちに産んだ方がいいよ。

後悔してるおばさんからの助言でした。

羊水的な意味で早く子供を産めって言ってるんじゃなかった

40代子供を産んだものです。

よく子供は早く産んだ方がいいって聞くけど、子供産むまでは羊水的な意味で言ってるのかと思ってたんだよね。

でも実際は違った。

なにが辛いって若い時と違って体力が続かないんだよ。

何というか無理が利かない。

帝王切開の傷口の治りも遅いし何より夜泣きが辛い。

若い時はオールなんて楽勝で出来てたけんだけどもう夜通し起きてられない。

子供抱っこする腕も痛いし何というか歳を取るだけで子育てハードルが何レベルも上がる。

でも赤ちゃんはそんなの関係無いしおばさんがお母さんでも手を抜いてくれない。

先人の言葉には意味があるんだなとつくづく感じた今日この頃です。

私がそうだったように、子供いらないと思ってても40歳近くになると無性に子供が欲しくなるから産めるなら早いうちに産んでおけ。

体力があればあるほど子育て難易度が下がると言っても過言では無い。

しろ起きてられない。腕が痛い、腰が痛い。眠い

疲れてるから夫婦ゲンカも多くなってる気がする。

お金じゃ体力買えないんだよね。

しかもこんな状態なのに一人っ子じゃかわいそうかなとか思ったりもする。

こんな事ならもっと早く子供を産んでおけば良かった。

こういう事までちゃんと説明してくれる人は少なく言葉尻だけを捉えて反発してる人も多いと思う。

悪い事は言わない。

子供若いうちに産んだ方がいいよ。

後悔してるおばさんからの助言でした。

2018-01-21

https://anond.hatelabo.jp/20180120165046

わかる。

先日出産。産まれるまで、産む前にも考えていたのは『障害がありませんように』だった。

親類に障害を持つ子がいて、その子の親はもうすぐ70を迎える。

障害のない兄弟は家を出ていて、両親とその子の3人で暮らしている。

少しずつ終活を始めている親類と、親の手助けありきで働いているその子兄弟達の生活基盤は県外にあって、戻ってくるにしても車で3時間以上の距離。すぐの手助けは期待できないはずだ。

の子は親が死んでしまってから人生は続く。どうやって暮らして行くのか、想像するだけでも恐ろしかった。たぶん、親類はその不安を抱えながら、ずっと生活しているはずだ。本人も、きっと。

勝手だけど、私も、子どももそんな不安を抱えて生きて行きたくなかった。

健康に産まれてきてほしかった。

そして本当にわがままだけど、障害がある我が子を愛せるかわからなかった。それも不安だった。(だから、その親類は尊敬しているし、また、自分ではできないと深く思う)

まれから、まず体を確認して。エコーで分かっていたのに、指がちゃんと五本ずつあるか、とか。出産後の入院中に指が足りない、と夢をみて飛び起き、夜に赤ちゃんの指を何度も確認したほど。(そして小さくて頼りない指が私の指を握りしめてほっとして泣いた)

妊娠中、羊水検査もしたかったくらい(危険性と値段から諦めたけど)

じゃあ異常があったら中絶するか、といわれたら悩む。即決でノーとは言えない。

危険回避するための妊娠方法があるなら、絶対取り入れたいとおもうよ。

べつにデザイナーズベイビーみたいに優秀な子がいいとか、そんなことは思わない。

心身ともに普通に健康であればいい。

書きながら、この普通もどこまでのものか、私に負担がかからない程度に普通っていうすごくわがまま母親だな。

子ども主体というより、自分がよければ、といった自己中の匂いが強い。

これから発達障害がー、後天的障害がーとかあるかもしれないけど、そうなった時、子どもを素直に愛せるかこわい。

いまはもう、可愛くて可愛くて可愛くてほんっとうに、我が子ながら奇跡の赤子なんじゃないか…とか思ってるけど。ほんっっとに可愛い。なに、これほんま可愛いいいいいいい!

2017-12-26

羊水腐る発言で叩かれる人もいるんだから

そりゃ怒られるよ

anond:20171225192801

アホだなあと思う一方で、こういう金ジャブ腐れ羊水まーんがいるから我々により豪華なコンテンツ還元されるのもまた事実

俺はアズールレーンしてるから、そっちに1000万ぐらい課金して我々に幸せ還元してください

2017-12-21

anond:20171221123620

別に過去発言童貞差別じゃなくて羊水が腐るでも非処女中古とかでも#metooに絡んだことに関しては

同じ感想しか持たないよ

2017-12-03

anond:20171203131252

羊水が腐る」といえば倖田來未

もう10年ちかく前の話か……

anond:20171203130128

20代が適齢期だとして29歳の女が1年後羊水腐らすってすげえ話。羊水がどういうもの理解出来ない童貞は保健体育からやり直した方が良い

anond:20171203124121

30代が出産に適してるわけないだろ

30代っていったら「羊水が腐りかけ」だぞ?

2017-11-27

anond:20171126234047

バサンって若い女性からも下に見られてない? あんな風になりたくない的に。

昔、倖田來未が「35歳超えると羊水が腐る」って発言してて、男性ながらストレート物言いだなと驚いた。

2017-11-24

私の息子が産まれときの話~嫁side

※元の日記では「胎児」「赤ちゃん」はすべて名前です

09:30

今朝起きたらまた鮮血のおしるしが出ていた。

前駆陣痛も続いていたから、「がんばっていたんだね。残りはお母さんやみんなでサポートするからね」という気持ちで家を出発。

快晴でとてもいい日。

10:00

到着後の内診でかなり子宮口を強くかき回して刺激され、その刺激で破水

周りのスタッフさんが若干わたわたする中当人は「ああ、これが破水なんだ……」と思っていた。

そこから、部屋に移動して促進剤投与を始めた。

促進剤は、それによって産まれる、という効能ではなく、子宮を柔らかくして子宮口を緩めてそこから陣痛を呼び込むためのものだそうで、20からstart、120まで上げても進まない人もいるよー、と。

とにかく無事に産まれられれば、と、「何でもいいからお産に繋がりますように」という気持ちでどんどん追加されていく促進剤の値を見ながら過ごしていた。

11:00

胎児心拍が落ちることが何度かあり、酸素マスクをつけて深呼吸をする時はさすがに緊張した。

でもまた数値が戻ったのを見て安心して「私がリラックスしなきゃ子宮も柔らかくならない」と過ごしていた。

15:00

100あたりまでは前駆陣痛の痛みとあまり変わらなかったけど、そこからは前駆陣痛は越えた痛みが始まった。

でも120まで投与しても本陣痛は来ず。

17:00

看護師さんに「今日は一旦終わりにして様子を見て明日またやって、経過によっては帝王切開で産んであげることになるかもね」と言われて投与は一旦stopした。

投与してもあまり変わらず、「私が堅いことで子宮口が開かないんだ」「私がリラックスできないか入院の日が増えてお金をかけさせてしまうんだ」と「私のせいだ」の思考が一時止まらなくなって涙が出た。

胎児心拍が落ちること、胎便が羊水にかなり混じっていること、心拍が急に上がること、陣痛がこないこと、いろんな焦りや不安に対して「母の私が◯◯しないからだ」という思考が出てしまったけど、そんな中でも夫が一緒にいて笑ってくれていることに本当に救われて、いろんな不安もあったけれど1日過ごすことができた。

20:00

母が夫を迎えにきて帰宅。体勢変えたりしながら、落ち着いてから21時過ぎに寝る体勢に。

21:08

寝につこうといい姿勢を探して動いていた時に胎児心拍低下。

何人も看護師さんが入ってきて再度酸素マスクをつけ、内診をしてもらい、「もう赤ちゃん負担が大きい」ということで、クリニックの先生にも診てもらった上で、緊急帝王切開をして胎児を出してあげることに。

21:32

酸素マスクをつけて深呼吸をして「帝王切開になります、急いでパパを呼んで」と言われ、さすがに焦りすぐさま夫に電話をして来てもらい。

色々なリスク説明も受けたが、もう皆どうでもよくて、ただただ「無事に産まれられればそれ以外は私の子宮やら体やら命やらどうなってもいいから」という気持ちで、早く外に出してあげてほしくて、急ぎ足でope室に入って横になった。

22:00

何かの数値に対して先生スタッフの方々が緊張した面持ちで観察して指示を出したり動いたりしていたが、あれはなんだったんだろう。

から考えると胎児心拍だろうか。

バタバタが続いてすぐには開始しないことに不安を感じつつ、その間に落ち着いて来て「もうすぐ会えるんだ」「やっと会える、がんばろうね、大丈夫だよ」と幸せ気持ちが高まり、ope開始後も私はずっと笑顔で耳を澄ませ。

麻酔が効いてくると血圧の変化によるのか、頭もぼーっとしてきた。目を瞑ることに吸い込まれるような。

コッヘル、クーパー、などの機械出しの指示でなんとなく何を切開しているのか把握しつつ、足から胸にかけての感覚はもうないのに何か自分の中を弄られているような感触に奇怪な感じを抱きつつ。

22:57

胎児を取り出す時になると胴体を中から大きく揺さぶられ(感覚はないけど子宮を直接揺らされているのはすごくわかった)、少し泣き声が聞こえたのと同時に「おめでとうございます〜!男の子ですよ!」と。

その瞬間ザーッと涙が出そうになったものの、最初の一瞬の後に全く泣き声が続かないので瞬時に不安感に襲われ、産まれた喜びを味わいつつもそれだけの気持ちは束の間、取り上げられてもしばらく泣かない赤ちゃん心配で気が気でなくなった。

自分からは布で隠れて見えないけど、向こう側で明らかにスタッフさんたちが焦って赤ちゃん背中を叩いて刺激していたり懸命に気管内の吸引をしていたりしている。

先生も、取り上げた後はすぐに私の縫合に取り掛かりつつも、赤ちゃんを見て緊迫した声色と口調で指示を続ける。

「サチュレーション反応しません」「小さい方に切り替えて」「小さい方反応ありました」「こっちはどう!?」「◯◯じゃないよ、そっちを◯◯して」「◯◯さんこっちきて!」と何人ものスタッフさんが赤ちゃんの方から私の頭上まで動き回る。その間も赤ちゃんは泣き声ほとんどなく、たまに「ふぇっ」と聞こえるか聞こえないかくらい。

赤ちゃんが泣かない。泣かない=呼吸ができない。呼吸ができない=酸素いかない。酸素いかない=死んでしまう。

一瞬でそんな考えが脳内を駆け巡り、「私はお腹開いた母でも放っておいていいからみんな赤ちゃんを早く助けて下さい!」と叫びたい気持ちを抑えながらこわくて仕方がなくて、「赤ちゃん大丈夫ですか」と何度か聞いた以外ただただその場を見守っていた。

そのうちになんだか意識が遠のいていくような感覚から強い吐き気が出て何度か嘔吐し、そこからは遠目に赤ちゃんの様子を見つつぼーっと手術の終わりを待つしかなかった。

私の腹部縫合中、赤ちゃんの泣き声が聞こえない時間。きっと数十分あったかなかったかくらいだったろうけれど、この時間がこの1日の中で一番長く感じられた。私には何時間も縫合されているように感じられた。

23:10

私の腹部縫合が全て終わり、ope室を出る時にスタッフさんがぱっと赤ちゃんのお顔を私の方に向けて見せてくれた。

むちむちでまあるくて髪がフサフサでかわいい。濃い顔じゃなくて私似?なんて思いながらope室を離れる。

23:20

外では夫と母が待っていたけど、熱発もあったからかとにかく頭がぼーっとして「目を閉じたい、でも赤ちゃんが気がかりだ、でも目を開けていられない」というぼやけた意識で過ごしていた。

時系列はきちんと記憶できてないが、部屋に戻ってから夫と母が荷物を運びつつ座っていてくれて、赤ちゃんの顔の話などをした気がする。

自分で何を話したかよくて思い出せないけど、夫が深く呼吸して緊張していたことはすごく覚えている。

今思うと、私は赤ちゃんのことも考えつつ意識がぼやけていたので、その場を冷静に見れていた夫は本当に不安だっただろう。

24:10

術後は姿勢不快さが強く、度々左右に体位交換をしてもらった。

赤ちゃん救急搬送することに決まったと先生から話を受け、夫たちは救急車より早く出て向かってあちらで対応すると。

お腹を切った身と言えど、この状況で動けず何もできずに横になっているのが悔しかった。

無駄だとは分かりながらも、麻酔で動かない・司令の伝わらない脚先を動かそうと何度もやってみたけど全く足は動かなかった。私の分まで夫に託して手を握ってお願いした。

夫と母を見送ったら一気に意識が遠のいて来て、そのあとまた夫が来たような来なかったような……

そんな中、救急車赤ちゃんを乗せる直前に助産師さん(看護師さん?)が赤ちゃんを抱っこして私に会わせに来てくれた。

移動前に目の前で会えるなんて思ってもいなかったか歓喜して一瞬で意識が戻り、赤ちゃんをぎゅっとしてちゅーして「がんばろうね!」とほっぺを撫でて送り出した。

涙が止まらなかった。

24:30

救急車が中々出発しないこと、その後の救急車サイレン音。

サイレンの音の位置赤ちゃんと私の距離を表しているから、サイレンが遠のいていくと赤ちゃんとの距離を感じて、ただただ「がんばれ!お父さんもお母さんもいるからね」と祈ることしかできなかった。

25:00

その後また意識がぼーっとして、何度か看護師さんが巡回に来てくれたのもあまり覚えていない……

2時台にiPhoneが遠くに移されたのでLINE確認できずそわそわ。

体位交換をお願いしたりしながらいつの間にか寝ていた。2時間ほど寝ただろうか。

28:20

起きてからからLINE気づき赤ちゃんが無事なことを確認して本当にほっとした。

こんなに遅くまで夫と母が対応してくれているとは。本当におつかれさま、ありがとう、それしか出て来なかった。

から送られて来た赤ちゃん写真がかわいすぎて、うるうるしながらしばらくずっと見ていた。

かわいすぎていくら見ても見飽きない。早速待ち受け画面に設定した。

夫がもう帰路にあると分かって安心して私もまた休憩。

でも頭が冴えてしまってもう眠れず……

29:00

巡回夜勤看護師さん&助産師さん達が検温や創部の観察をしに来つつ何度も話しかけてくれて、明るく笑わせてくれて元気付けてくれた。

看護師さんたちと笑えたのがこの時本当にありがたかった。

もう麻酔は切れていたので、「どんどん回復して赤ちゃん会いに行こう!」と勝手にベッド上でリハビリ開始。足の指先から体幹から、痛み・貧血血圧を観察しながら進めた。

外が明るくなって落ち着いて来ると、赤ちゃんが無事に産まれてきたことの安堵感、今生きているのかどうかという不安感が一気に現実味を帯びて心に流れて来て、赤ちゃん写真を見ながら唇を噛み締めて泣いていた。

それに気づいた看護師さんが私のそばに寄り添ってくれ、スタッフのみなさんが赤ちゃんをその後も気にかけてくれていたこと、その方もお子さんが苦しい状態で産まれて来たこと、昨夜赤ちゃんの直後にもう一人赤ちゃん病院で産まれて、そのあと陣痛の人が来て不思議とお産が重なったことなどを明るく優しく温かく話してくれた。

「泣きたい時は泣いていいんだから心配だよね、泣いていいんだよ。」と言ってくれて一気に号泣して、話をして落ち着いた。

日勤に交代する時間帯、夜勤助産師さんが何人か来てくれて赤ちゃん写真を見て「母そっくりよね!」「かわいい〜❤️」「がんばるしかいね赤ちゃんくん!」と声をかけてくれた。それと一緒に絶対安心する温かい言葉もかけてくれる。その度にうるんでしまった。

私は術後あまり痛みを感じず動くのが得意なようで、夜中に自分でクッションを動かして体位交換したり足を動かす練習を始めたりしているのを褒められた。

どんどん動いて行くぞ。

赤ちゃんもがんばっているんだ。私も明るくがんばるしかない。


https://anond.hatelabo.jp/20171121162134増田です。

嫁も出産当日(大半は思い起こしながら翌日)に日記を残していたとのことで。

本人の希望もあってここに記そうと思います

ちなみに嫁は上の2日後にリハビリ急ピッチで終え、大型病院への通院/息子との対面を果たしました。

NICUでの初対面の光景は今でも忘れません。

2017-11-22

anond:20171122115033

昔は女は貢物でもあったし、寿命の短さとか重婚や妾が当然であったからこその「10代よし」だったわけで、

あくまでも社会慣習、それも「オッサンの都合のいい世界」の慣習でしかないよ。

生物学的に言えば良いことない。10代の正常分娩の比率は30代オーバーと変わらないぐらいには、十分高い。

羊水が腐る」とか揶揄されている年齢と変わらないんだよ。

2017-11-17

anond:20171117205717

高齢出産はいろいろ問題になることを 羊水が腐ると例えただけに過ぎないんだよね。

anond:20171117205428

本気で羊水が腐ると思ってたバカも多かったからな

anond:20170804164547

倖田來未問題ときに、テレビ医者が「羊水が腐るなんてことはありえません」とかコメントしていて、やっぱ理系ってアスペが多いんだなって思ったわ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん