「長所短所」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 長所短所とは

2019-05-08

anond:20190507171250

近年は二拠点居住というのも流行ってる。平日は職場/学校通勤圏で過ごし、週末は田舎の家で過ごすというもの。いわば、ならし保育のようなものでもあり、田舎都市長所短所を同期間に比較できるのではないだろうか。

2018-10-05

転職について(採用側編)

前置き

いろいろ有って2年ほど努めた会社を離れることになった。職種WEBエンジニア。主にフロントエンド担当ポジションとしてはリーダー格。所属会社はいわゆるWEBベンチャー

何社も経験しているジョブホッパーだが、スキル経験はこの会社で一番貯めることが出来たし、一緒に働いてきた仲間はいい人たちだったので感謝している。しか事業方向性自分方向性がずれ始めたので会社を離れることになった。

この会社では採用担当することが出来、そのおかげか今回の転職活動人生で最もスムーズで、かなり質の高いオファー複数もらうことが出来た。どこも魅力的な会社で高い評価を頂いているので、辞退する会社には正直申し訳なく思う。もちろん超売り手市場の超売り手職種ということもあり、自分の実力以外の側面も強いのだが。

そこで2回に渡ってありきたりだけど、転職について書きたいと思う。今回は採用側としての視点で書く。

自分身バレ以上に応募者のプライバシーのほうが問題なので、ある程度ぼかして書いてます

採用側としての立ち位置

自分採用側としての立ち位置は以下の通りである

実際に通した人・通さなかった人

100名近く会って実際に通したのは5〜10程度。一次通過率厳しすぎじゃね?って思われるかもしれないが、自分としてはできる限り通すつもりでやった。それでもこの結果だった。

さなかった人

9割以上で通さなかったのはこういった人たちである

スキルがあまりにも低すぎる・ミスマッチな人

フロントエンドエンジニアということなので、最低限「HTML/CSS/JavaScriptコーディングできる人」「Gitを使った開発ができる人」という観点でだけしか見ていないのだが、それすら至っていない人が多かった。

職業訓練校で習ったので、AdobeHTMLCSSは出来ますjQueryプラグインは設置できますGitってなんですか?」とか「制作会社LPを量産してきました。Reactってなんですか?」とかそういう人である

いくら売り手市場とはいえWebアプリ開発者を求めているので、このレベルの人を採用して教育するほどの余裕はない。最低限学習意欲や、キャッチアップする能力があればいいのだが、こういう人に限って「これから頑張ります」という感じなので、正直お断りしていた。

こういう人は本来であれば書類スクリーニングすべきなのだが、会社自体が有名ではないせいか応募母数が多くないので、こういう人も書類は通していた。

逆にSIer社内SEから転向組の方も多かったが、「JAVAで基幹システム作っていますバージョン管理SVNです。Angularってなんですか?」とか「社内システム開発でベンダーコントロールしてました。希望年収は現職と同じく700万です」とか。もちろんGitHubアカウントなど持っていない。なぜ弊社に応募してこようと思ったのか謎である

恐らく流行モダンフロントエンドRailsGitHubでPR開発という、ベンチャーによくあるキラキラした部分に惹かれてきたんだろうけど、それにしても準備しなさすぎじゃないですか?この手の人に少し技術的に突っ込んだ質問をすると、大体とんちんかんな回答が返ってくる。

そもそもいくら応募母数が少ないとはいえこういう人を書類通過させるのもどうかと思う。もうちょっと書類スクリーニングしてくれと言ったが、自分意見は通らなかった。ちなみにその上司もも会社にいない。

職歴・経歴・スキル募集ポジションに大きな乖離がある人

上記に書いた社内SE氏もここに含まれるだろうが、それ以外にもこういう人がいた。

「43歳で現在雑用アルバイト会社ホームページ担当を片手間でやってます(一応paizaではS判定)。ところどころ空白期間あり(聞いたらガチニートだった)。Gitってなんですか?」とか「38歳でコンサル会社マーケティング担当ですが、技術スキル手に入れたいのでキャリアチェンジしたいです。スクールWEBコース勉強してますVue.jsってなんですか?」とか。

どちらも普通な書類落ちレベルだが、前者の方はpaiza経由なので面談確約だし(paiza経由でGit知らないとかギャグかと思った)、後者の方もポテンシャルによっては通してもいいのだが、年齢の割にちょっとキャリアに考えが甘すぎると思ったのでお断りした。

人柄に問題ありすぎな人

正直なところ、自分ジョブホッパーだしあまり性格がいいとは言い難いし、実はそこまで人柄は見ていないのだが(どんな人にも長所短所はあると思うので)、それにしてもちょっとこの人とは働きたくないなと言う人はお断りした。

具体的には「前回面談で日程勘違いですっぽかしたにもかかわらず、再設定された面談で一切謝罪もなかった」とか、退職理由を聞いたら「上司や同僚とうまくいっていない、自分にはもっとふさわしい職場がある」とか、技術的に少し乖離があります大丈夫ですか?と聞いたら「そんなの調べれば出来るし、大した問題ではない」と逆ギレ的に回答してくるなど。

ちなみにこれは全部同じ人。あまりにもひどいので速攻でお帰りいただいた。エージェント経由だったので、一応人柄でこれは駄目でしょ的なフィードバックを返したけど、多分こういう人は改まらないだろう。そもそもすっぽかした人を再面談なんてありえないと思うんだけどね(これは会社批判)。

ジョブホッパー自分が言うのもアレだが、こういう人は次の職場でも同じ問題で離職することになるだろう。まずは自分客観視することからおすすめしたい。

あと、印象に残っているのがいわゆる「意識高い系である

その人はもともと難関大学と出て難関資格を持っていて、それなりに高い給与をもらっているハイスペックな人だったが、WEBエンジニアになりたいということで海外エンジニア留学したといいう人である

と、ここまで聞けばポテンシャルだけでも一次通過でいいような気もするが、肝心のGitHubの成果物がいわゆるスクール勉強したものそのままという感じで、あまりクオリティが良いものではなかった。

聞いてみると、その成果物スクールの仲間で作ったもので、実装は他の人がやっていて、自分プロマネポジションをやっていたということである

年齢も若い人だったので「弊社みたいな有名ではないベンチャーではなく、いわゆるメガベンチャー的なところとか受けなかったのですか?あなたならそこでも活躍できそうですよ?」と聞いてみたところ「そういう大きなところでは、自分で手を動かすことが出来なさそうだから考えてないです」とのことである。言ってることとやってることがちぐはぐである

こういう人に必要なのはスクールに行くことではなく、まず自分がやりたいことを明確化して、実際にそれを実現するには何が必要かを考えることではないだろうか。

正直なところ、無理にエンジニアになるよりも大きな会社で、プロデューサーポジションかに行ったほうが幸せな気がする。ただそういうところも「意識高い系はいらんだろうけど。

通した人

通した人は母数があまりに少ないのだが、だいたい同じような傾向である

年齢や経歴はバラバラだけど、方向性はだいたい一緒である。正直なところ、実はそこまでハイスペックな人を求めているわけではないし、有名ベンチャーみたいにアウトプット原理主義というわけでもないのだが、ハイスペックな人はだいたい上記が当てはまる。

さてこれだけ頑張って一次面接通しても、最終的に採用に至ったのは2名である経営者現場判断はまた別なんだろうし、うちで欲しい人はよそでも欲しいので辞退もそれなりにあった。

採用に参加するのはおすすめ

エンジニアエンジニアリング以外したくない、自分業務以外はしたくない、という人も多いだろうが、採用に参加するのは自分にもメリットがあるのでおすすめである

チーム作りとかそういう意識高い的なことでもなく、ひたすら自分の他メリットとして考えても十分有用である。実際に自分面接官として苦労した話をすると共感を得ることが出来て、非常に有効だった。

次は求職者側の視点で書く。

追記

id:xlc 人が集まらないのはあなた会社に魅力がないから、という前提を忘れているんでないかい?

まさにそのとおりで、だからこそ採用に苦労するし、それどころか自分を含めて次々と離職している。ただ今回は自分採用視点でのナレッジを活かしたいからこういうのを書いた。

リファラルがどうのとマネージャーが言ってきたときは「うちの会社リファラルで人を採用できるような魅力あると思う?」と言ったらぐぬぬとなっていたw。

採用手当以前に、まずは作っているプロダクトと労働環境を魅力的にしろと。

M社の例の怪文書採用強者側の視点で、自分が書いたのは採用弱者側の視点。強弱にかかわらず最終通過率が殆ど変わらないのが興味深いと思う。

id:thesecret3 100名も会って採用1~2名なら人材紹介か社長一本釣りのほうがよくないか

社長エンジニアの実務層への伝手はほぼ皆無だし(ビジネス出身だし)、人材会社エージェントを使ってたけどほとんど効果なかった(M社と同じ感想)。いわゆるヘッドハンターを使うほどの金はないし。エグゼクティブではない実務レベルの人をヘッドハンティングするのは。。。これに関しては求職側編で書く。

2018-07-02

偏差値で人の質は分からないという現実

偏差値の高い低いで人の質を判断しようとする人がいるんだが、極端に低くなければ人の質に問題もなく、極端に高くなければ人の質に問題はない。

この手の判断を下そうとする人が一番問題があるという話。

自分のものさしで人の質を測ろうというのは、すでに自分が程度が低いということを周りに証明しようとしているわけだったりする。

普通の人は、あの人気配り上手だなぁ…あの人嫌味が多いなぁ…程度の判断他人長所短所を見いだせているのに

偏差値を1に考えて、物事を考える自称高学歴様になってしまうと、その程度の判断も出来ずに判断し見下してしまう。

実際に一般的偏差値の高いという大学に通ってみて分かったのだけど、結論偏差値が高いから人の質は高いわけではないという事。

どうも偏差値が高い学校に通っている人は、他人を見下しがちになっている。

サークルメンバーもそんな感じで雰囲気が悪すぎて辛い。

2018-06-06

ゲーム感想理由が言えないプレイヤー

ゲーム感想でよくありがちなのは「つまらん」と「クソゲー」という言葉

どちらもゲームのものを最低評価していく言葉だが、理由を聞くとほとんどが理由を言えないプレイヤーばかり。

自分が気に入らないと思った時点でつまらん・クソゲーという。そしてこれらを多用するのは20代中盤あたりから30代後半。

もちろんその他の世代もいるが、20中盤~30後半が特に多い。

一方で感想ちゃん理由をつけて言える世代10代前半から10代後半と40代前半から50代前半。

40代前半から50代前半

いわゆるファミコン世代ゲームセンター世代が絡むのだが、

一番ゲームとして進化した時代を見ている事、ゲームのものにまだグルメではない世代だったせいか

一つ一つのゲームに対して長所短所を指摘する人が多い。

10代前半から10代後半

ゲーム自体は今の流行りが多いのだが、まだ世間に毒されていない子が多いために

物に対しての素直な意見が言える世代

嫌と思ったら、何がどうして嫌なのかを言える。

好きも同じように言える。

20代中盤~30代後半

次世代ゲームが揃い始めた時代の子供達で、またネットという環境も揃っていた為に

一番ネットによって汚れてしまった世代ある意味被害者たち。

彼らも学校では、読書感想文くらいはやってきたはずなのにどうにも語彙力が低下していて

感想を聞くと一番答えてこない世代になってしまった。

もちろん、丁寧に且つ的確に長所短所を指摘できる人もいる。とても貴重な存在なくらいで数は多くない。

元凶不特定多数へつながるネットワーク

本当は素直にいろいろ言いたいのに、言うとあらゆる方向から言葉暴力村八分にされてしまう為に

言いたいことがなかなか言えなくなってしまったのが問題

それでも言いたいことを言おうと頑張る人はいるが、そういう人の言葉は全く受け止めてもらえず広まらない。

逆に罵詈雑言などの言葉はあらゆる人が共感してしまう為に目立つようになる。

これによって、良いことを言っても結局届かない。ならば、感想を言った所で届かず、攻撃対象になってしまうと考える人が増える。

情報の多さにも問題

昨今では発売前に情報リークされてしまったりと、スタートの印象を操作されてしまうことがある。

これにより、ユーザーは購入前から「あれはダメ、これはダメ」というイメージを持ってしまう為に

そのイメージ払拭されないままになり、どんなにいいゲームであっても発売の時点ですでに親の敵のような憎しみをもつ人もいる。

情報が多すぎてもダメという典型的な部分。

これも感想に対して理由が言えないプレイヤーの特徴となる。

総合的に問題があるのは表現言葉を知らない子が多いという事

一番こういうのでわかりやすいのは、読書感想文だ。

読んだ本に対して、「どのような表現を用いて感想を伝える」か、それが出来ているかいないかでわかる。

面白かった」と言って、「どう面白かった?」と聞いて答えられないのは問題だ。

何か感じるものがあったか面白かったと答えられるのだから

逆に「つまらなかった」というのも同じだ。

これらには理由がある。それを答えて初めて感想だ。

Twitterなどを見ると理由を答えられずにフォロワーなどにツッコまれ挙げ句に喚いてしまう人がいる。

そういう事にならないよう相手理解を得てもらうように必要なのも「理由」だ。

仕事でもそうだが、企画必要なのは理由」だ。

判断必要なのは理由」だ。

様々な事で必要となるのは「理由」だ。

今回は世代によって、こう違うという事を書いたが一番問題があった世代の人たちに勘違いしないでほしいのは

ちゃんと「理由」を述べられる人もいるという事実だ。

自分が「理由」を言えると自負しているのであれば、それは堂々とこれからもしていてほしい。

そういう人は、好感が持てる存在だ。

もし自分が「理由」を伝えるのが苦手と思った人は、これから少しずつ改善するように頑張ってほしい。

全力で応援したい。

2018-05-20

anond:20180520150828

内容もくそも全部だよ

チームのそれぞれ人がどんな仕事してるか、

長所短所、ココ気を使ってくれてるなあ、こういのは苦手みたいだな、

今度の仕事は得意な人がいるからその人中心にしてみようか、

上がってきたそれぞれの仕事の出来、丁寧か雑か、

修正やディティールアップが必要

待遇はどうか、ちゃんと休めてるか、正当な評価をしてあげられてるか

しかし色々考えてくれるかわり、仕事もしっかり、厳しい

2018-03-20

anond:20180320020520

もし増田IT関係なら紙媒体電子媒体長所短所がわかってないってヤバイ

紙とWEBどっちでもいいほど早急に勉強するべき

2018-03-03

就活してるよ

いわゆる19卒、スタートラインが分からなくて、ダッシュに乗ったのか乗り遅れたかも分からない中堅私大文系学生です。

インターンシップから内々定みたいなものを1つ頂いているけれど、志望度が低いので3月1日本格解禁という感じです。

参加するのは学内企業説明会個別説明会大手の合説も1日だけ行く予定です。今のところ、巷で話題学歴フィルターには遭遇してません。

就活はまあよくできているなーと思います。クソなところは散々バズってるし、無意味なこともあるのは事実です。ただ、文系学生にとってはモラトリアムが終わる地点のちょっと前に人生を振り返り、将来を考える機会がほぼ強制的に出現するのは悪いことではない気がします。もちろん、本当に意識が高い人や実力がある人は、現時点でやりたいこと、やるべきことが定まっているのでしょう。

ただ、ボリューム層(パレートの法則でしたっけ?の80部分)は、ぼや〜っと生きてるわけです。ぼやっと。20の方たちからしてみれば「だから20になれないんだよ!」とお叱りを受けそうですが、80は80なりに80の幸せがあるわけです。その幸せを追い求めるのか、20に這い上がりたいのか、少なくともこの2つを選択するとき年収福利厚生仕事内容など分かりやす指標が職探しにはあります

もちろん、今まで20所属する努力を重ねてきた人(もしくは、努力の結果20に所属した人)からすれば、たか新卒就職で逆転できるなんてあり得ないのでしょう。実際、大逆転は奇跡です。しかし、人生は長いです。改善を続ければ、80で甘んじない人生も送れるはずです。おおよそ20年間生きてきて、自分長所短所は必ずあります。そして、これからの長い時間改善することができます。私の悪い癖は、バズらないみんなが分かりきってることを長文で書くことでしょう。伸ばしていく、または、改善すべきところを見つけるためには、振り返る機会が必要です。就活が、一つのいいきっかであることは間違いないと感じています

就活をしていますリクナビマイナビも後追いのキャリタスもあさがくもクソです。新卒就活文化は死んでくれと思います。ただ、これが無かったときボリューム層ど真ん中の私は、今の段階で人生仕事について考えてないように思えます。未経験のクソガキに給料を払ってくれる企業さんありがとう内定をください。

最後に、長文を短文で表す努力をさせて頂きます増田でダラダラ長文打つの時間無駄で最高。

ありがとうございました。

2018-02-26

anond:20180225225339

男女で別に分けた方が良いって思うのはどうしてでしょうか?

男女で特性があるので分けた方が良いと思う思想批判されがちです。

フェミニストが目指す究極のジェンダーフリー未来は男女の区別がありません

多くの人は男女には超えられない壁があり、お互いに長所短所があるのを知っています

それを互いに補いながらの未来の方が建設的な未来だと思うのですが、なんでも差別として批判する残念な人がいます

今回の件も男性側が女性側に歩み寄ってい成立している女性専用車両を、「差別なんて無い」とする女性側だけの意見尊重した風潮はダメだっていうのが大元の主張です。

日本にはレディーファーストなんて無いって思っている女性が多いですが、世の中の男は女性に対して良かれと思ってしている行動って意外にあるんですよ?

それって男女の平等とはかけ離れていますし、ジェンダーフリー思想からも外れています男性から好意なんですよ?

それを忘れて女性側が当たり前の特権として授与するのはおかしいってだけです

2018-02-08

anond:20180208165633

就活”となると攻略法自分長所短所と向き合わないといけなくて全然楽しめなくなるんだよね。

楽しんで業界を調べたいな。そうして選んだ会社ならミスマッチも少なさそうだ。希望をくれてありがとう

2018-02-02

anond:20180202160431

なぜ分類したのかが分からない。

既存品詞分類の問題点あなた提案している分類案の長所短所説明して。

2017-11-12

喧嘩しないで

コンシューマユーザー同士での無益な争いをなぜ好むのか。

どのハードにも長所短所はあるし、ソフトだって単独ソフトがあったりする。

でも、それは「どのハード」でもあるのだから、あのハードはアレが悪いコレが悪いといった

そういう指摘しかできないような醜い視点だけを持つのを止めて。

短所ばかりを指摘する人は、長所なんて目に入れようともしなければ、元々存在しないのかもしれない。

しかし、自分が同じ土俵で同じことをされたら怒り狂うでしょう?

互いがそれを理解するようにしなきゃ。

人が嫌がることはしない。

ハード戦争なんてどうでもいい。ユーザーゲームを楽しめば良い。

いちいちハードのあれこれをケチ付けないで良い。仲良くしようよ。

2017-09-21

FGO 1000万DL記念対象☆4鯖のメタスコア

ゲーム攻略サイトAppMediagamewithGAMY神ゲー攻略ゲーム乱舞》の1000万DL☆4鯖オススメ記事と、個人ブログ代表としてこの集計をするきっかけになった《Nkentsukimiya氏の評価》を対象として集計をとった。

BoomAppGames記事作成途中だったが、全鯖網羅し点数はつけず長所短所の講評なので完成後も追加はしない。

ほとれいっ!は攻略情報のみ、ファミ通Appと電撃オンラインオススメはなく、従来型攻略wiki@wiki、wicurioでも主観性の高いオススメ作成されていなかった。

サイト80~100点、MAX590点(オススメ内の上下が無いサイトで一律90点としたため)


【6採用】4騎

ランスロット(570)高スペック

ヘラクレス(560)高難易度適性

術ニトクリス(540)周回適性

茨木童子(525)高難易度適性


【5採用】1騎

エレナ(450)周回適性


【4採用】6騎

アルトリアオルタ360)高スペック

セイバーオルタ(355)高スペック

エルドラドバーサーカー(350)高スペック

フラン(350)周回適性

ランスロット(340)周回適性

騎アストルフォ(325)周回適性


【3採用】4騎

ラーマ(270)、術ギルガメッシュ(270)、弓エミヤ(250)、剣鈴鹿御前(240)


【2採用】6騎

ガウェイン、槍ヴラドEXTRA、槍エリザベート、術ナーサリー、殺カーミラ、殺不夜城アサシン


【1採用】7騎

ジークフリート、剣ネロ、弓アタランテ、弓トリスタン、術メディアリリィ、殺ステンノ、讐ゴルゴーン


【0採用】14騎

デオン、弓エミヤオルタ、槍フィン、槍メドゥーサ、槍李書文、騎アンメア、騎マリー、騎マルタ

エジソン、殺エミヤ、殺新宿アサシン、狂タマモキャット、狂ベオウルフ、讐新宿のアヴェンジャー


以上全42騎。判断の参考になれば。

マーリンピックアップを回すならば☆4配布鯖の選択はその後でいい、締切に注意

・手持ちに無い鯖を求めるか、既存の鯖の宝具を上げるか

・周回性能を求めるか、高難易度適性を求めるか

・手薄なクラスを補強するか、他クラスの高スペックを選ぶか

ストーリー限定は入手しにくい

・手持ちの鯖・礼装との相性・相乗効果

・配布鯖との性能比較、☆5☆3との比較

自分の好み、キャラ

ネロ体操着


だから俺達は星4鯖の話をする時にキラキラしたいずれたどり着く夢の話しか出来ない

FGO配布星4鯖を決められない人へ

2017-08-14

アニメゲーム親でも殺されたんだろうか…?

よくアニメゲームが終了してから、いろんなサイトでの評判とか見ることにしている。

絶賛しているのは別として、作品長所短所を細かく分析しながらレビューしている人も多くて読んでて面白いなぁと思うことが多いんだけど、

その中に必ずといってもいい程に、ろくに見ていない作品をこれでもかって言うほど糞だゴミだと貶して中傷する人いるよね。

あの人達っていうのは、アニメゲーム親でも殺されたのかな。

作品や作者・メーカーが気に入らないってだけだったとしても、絶対にコロスってくらいに憎悪をぶつけてる姿を見ると

いったい何がそこまで彼らを変えたんだろうって疑問に感じる。

全部視聴した、プレイしてみた結果として「物足りなかった」「ストーリーが納得いかない」「エンディング中途半端」なんていうそういう感想は出てもおかしくはないんだけど、

憎悪全開のああいう人たちは視聴やプレイどころかタイトル名と作者を知った程度で

半狂乱になって叩こうとしているんだよね…。どうしてそこまで狂ってしまったんだろうか。

自分が好きな作品で同じようなことをされたとしても、憎悪を振りまくだろうし、全く関係のない作品に対しても同じことをするというのは

見えない何かに操られてるのか、それとも神の声(?)でも頭のなかに響いて意味不明な使命でも与えられたか

あんなに一生懸命なんだろうか。

あの手の人たちの思考回路がどうなっているのか気になって仕方のない年頃になりました。

2017-07-29

https://anond.hatelabo.jp/20170729132906

考えた上で、政府が基礎研究しないとならないって立場のことを言ってて、増田社会主義者ばかりだ、、、、とか言ったのが発端だろ。

まずは君の民間万能主義をやめたほうがいいよ。

民間長所短所、国の長所短所があって、民間短所を補うことを国がやってるの。

なのに、リスクリスクだと。

リスクはあるが、メリット相殺されるならいいの。

企業でも本来はそうだし、長期的収益構造が見えてるところはリスクが大きいのもやりやすいが、基本的に多くの企業はその場その場の商品づくりで手一杯なの。

民間ならリスク評価適正だなんてのも間違いだからな。それはリーマンショックが示している。

2017-04-02

ひねくれているというか…

今はどんな年齢層でもあれこれケチを付ける人が増えた。

メーカー「今度はこういうのを作りました!」

ユーザー「クソみたいなものをつくんな」

一般絵描き「こんなの描いてみました!」

関係ない人「下手くそ

お店「購入しやすいように価格を下げました」

冷やかし「ネットで買ったほうがやすいし馬鹿なの?」

何やっても、何されても、あれだこれだとケチを付けて相手誹謗中傷する。

あれはもう反射的に他人を傷つけようとしてるんだろうな。

あいつ気に入らねえ」

このノリでやってくるのは、なんつうか畜生にも劣る。

どうしてこんな世の中になったんだろうなぁ。

相手を褒めちぎれってわけじゃないんだが、相手長所短所をちゃんと評価すれば

次につながるように頑張ろうと意欲がわくのもいると思うんだよな。

それをスタートから徹底的に痛めつけてやるってゲスな考えのモンスターがいるもんだから

そいつの声ばっかり大きくなっちゃって標的になったやつは、運悪くとことん叩きのめされる。

こんなのばっかじゃ、どんどん何かしようって気が薄れていくだけだと思うんだが…

なんとかならないんかなぁ。

2017-02-07

皮肉サーバルちゃんの言葉を使うな

他人皮肉意味で「君は●●が苦手なフレンズなんだね」とか「●●をしないフレンズなんだね」という言葉を使うのをやめろ

サーバルちゃんは相手のけもの個性尊重しながらこのセリフを言ってるんだ

からそんな言葉皮肉意味で使わないでくれ

お互いの長所短所個性尊重し合える優しいけものフレンズ世界が好きだし、

そんな世の中になって欲しい

2017-01-30

安部暴走を止めろ

って言っている人たちが、脳内でうまく構成出来ない。

まり身近にそういう主張の人がいない。

どのような生育歴、長所短所パーソナリティを持つ人たちなのだろうか。

2016-11-25

[] H22民訴コメント(アンサー)

H22民訴

全体として項目があってすごく読みやすかった。

・設問3

代理要件については、顕名がないという点だけど、加藤解説では、顕名なき訴訟代理の可否という項目立てて論じてた。この論点論理の流れは、顕名趣旨は、当事者本人が誰であるかを相手方に示すもの代理人が本人の名で訴訟行為やっているか趣旨妥当する。また、法定代理場合と異なり、訴訟代理人の氏名は訴状必要記載事項ではない(133条2項1号後段対照)から民事訴訟法は、訴訟委任に基づく訴訟代理要件として訴訟代理人の氏名の表示を要求してない。よって、民事訴訟における顕名なき訴訟代理も認められる。

こんな感じだった。④の書面の話は解説では触れてなかった。

・③の弁護士代理の所は趣旨から論じてて読みやすかった。

当事者の確定を論じるときになぜ、当事者の確定を論じるかを書けるとよかったかもしれない(俺もできてないけど)。具体的には、被告がGとされると、訴状の表示の訂正を要するだけで、Gのし訴訟行為の効力がEに及ぶ。対して、被告がEである場合は、Gがした訴訟行為被告ではないGが被告として行ったものとなるから原則として無効となる。そこで、EGいずれが被告かが問題となる、といった感じか。

設問4

(1)

・この問題長所短所というのは、法律上の主張として裁判所に認められるかどうか、という意味での長所短所らしい(採点実感)。ただ、多くの答案がそのように書いてなかったらしいから、問題が悪いような気がする…

そうすると、法律構成①の長所記述では点が入らないかも。加藤が書いていたのは、信義則という一般条項を用いることなく既判力を遮断できるから法律上の主張として裁判所に認められやすい、ということだった。

法律構成①の短所は、既判力の正当化根拠整合しないことと処分主義に反する、といことらしい。ただちょっと解説聞いても意味がよくわからなかった・・・すまん・・・

この辺の所は、藪口連載で出題されてたような気がする(問題みて困難でねーだろと思って解説は読んでないが)

(2)

・条件付給付判決は将来給付判決なので135条必要さらっと加藤は流してた。

・135条のあてはめでは、Fが第1訴訟の時点から被担債権金額を争っているため、これを先決問題とする抵当権設定登記抹消登記手続請求義務存在も争っているといえるから、Aが同義務の履行を求める時期においてFが即時に同義務を履行することが期待できない、というあてはめをしてた。義務者の対応問題として認めているってことかな?

・246条違反の話だけど、これって原則例外の話なのかがちょっと気になった。あんまり質的一部認容判決の話で原億例外っていう感じで論じているのを見たことがないので。違ってたらごめん!

被告の防御権を侵害するかのところで、加藤は、残債務500万円のところに既判力が生じない、という点を論じていた。ただ解析とかでも訴訟で争えったから不意打ちではないって書いてあったから、ここまでかけた人がどれだけいたのか疑問ではある。

2016-10-23

[]

イレーナ(study)三部作を読んだ。純粋面白かった。ハラハラキドキワクワクさせてくれる、強い物語をずっと読みたいと思っていたので大満足だった。

毒見師イレーナから始まる今回の作品群の魅力は、かなりシビア状況設定にあると思う。主人公が選ぶことになる最初分岐点にしても、殺人を犯した罪で死刑になるか国の最高司令官の毒見役になるかだから押して図るべし。

国の体制面白くて、管理社会主義と呼んでもいいシステムの良い面と悪い面がちゃんと描かれていた。後々出てくる南の民主国家との差異もはっきりしているから、より長所短所が明確になっていた。

孤児院での悲惨過去があり、死刑を免れたと思ったら誰にも気を許すことのできない毒見役の仕事が待っていて、その生死さえ周囲の人々の賭け事にさせられしまうイレーナだけど、なんやかんやで懸命に生き抜こうとするところが格好良かった。時折優しくなるけどいつも心の内が読めない上司のヴァレクを筆頭に、イレーナの周りを彩るキャラクターも生き生きしている。のちに良き理解者になってくれる軍人のアーリとジェンコ武芸のいい市販であり優しいお兄さんたちだったし、同じく軍人マーレンは戦い方の道を決めてくれた姉御肌の人だった。最後まで意地悪な家政婦のマージもいい味を出していたし、料理人ランド裁縫氏のディラナも素敵なキャラクターとして配置されていた。

敵役が憎々しいのもいい。微塵も感情移入できない屑どもなので、最後にはスカッとできると思う。

世界観としては魔術がかなり強力なんだけど、武芸練習をしっかりしているところなんかは精霊の守り人を思い起こさせた。また生い立ちとか境遇を見ると獣の奏者エリンにも似てるところがあるなあって思った。だから上橋菜穂子作品好きな人は楽しめると思う。というか、ファンタジー好きならいける。ファンタジーが好きじゃなくてもいけるはず。テンポもいいし、ちょっと変な言い方だけど章立てがするとずるいので、一度読みはじめたら最後まで読み進んでしまうと思う。

そんな一巻「毒見師イレーナ」は策謀の張り巡らさせた軍国を、平凡な主人公が前向きな性格と機転をきかせて生き抜く物語なんだけど、二巻の「イレーナの帰還」では追放された南の民主国で自分の居場所を見つける物語になる。でもって、この二巻からこのシリーズ最大のヒロインであるキキが登場する。ぶっちゃけしまうと馬なんだけど、口足らずな言い回しや、胃袋の具合から世界のぞく精神性など、本当にかわいらしかった。微妙に主人のいうことを聞かないのもいい。すごくいい。本当に。

さて、二巻では民主国家のいいところと悪いところが描かれている。軍国にはなかった着衣の自由移動の自由がある一方で、路上には幼い物乞いがおり、誰も彼らに手を差し伸べようとはしない。少しでも優しくすれば彼ら際限なく要求するからだってのが理由なんだけど、イレーナは違和感を覚える。完璧国家存在しないと軍国の最高司令官はいうんだけど、現実社会においても同じことが言えるよなあって思った。

物語として二巻は居場所主題にしていると思った。始まりからして生き別れた家族との再開が描かれているし、養成所での身のふるまい方に苦悩するところなんかも、一巻の生き死にの問題とはまた違った悩みを描いている。そんな二巻だけど、テイストとしてはミステリっぽい連続殺人犯を探す展開もあって新鮮な読書感が得られた気がする。ただこの巻からイレーナの性格問題が噴出しはじめるので、もどかしくさせられることが多くなった気がする。

また二巻から翻訳者が変わってたのにはびっくりした。思えばちょっぴり文章が柔らかくなっていたのかもしれない。けどあんまり気がつかなかった。翻訳者ってすごいですね。

三巻の「最果てのイレーナ」は自分自身と向き合う物語だったと思う。この巻は読んでいて結構つらかった。どんどん悪い展開になっていくし、イレーナが覚悟できないから仲間との関係悪化してしまう。追い詰められていくのって嫌な感じだよね。ただその分、最後のカタルシスは大きかったと思う。自分自身と向かい合い、与えられた力の意味を知った途端に形成が逆転するのは気分がいいです。

一巻一巻が長いなんだけど、読みはじめたら止まらなくて、一気に三巻も読んでしまった。どの巻も登場人物が多くて、ちょっと把握するのが難しいところがあるんだけど、それぞれの表裏というか、いい面と悪い面がしっかり描かれていたので、人間味があって生きている感じがよく出ていたと思う。

全巻本当に上質なファンタジー小説だったので、いろんな人に読んでもらいたい。ありがちな中世ヨーロッパモチーフファンタジーじゃないから、そういうのに倦んでる人も安心なはず。加えてヤングアダルトっぽさもあるので、若い子にもおすすめ。朝読書時間に読めば、え、海外小説読んでんのってびっくりさせられると思うよ!

そして、願わくばこの作者の他のシリーズ翻訳してほしい。この三部作の続きとなる物語もすでにあるって話なので。どうかお願いします。翻訳してください。このとおり。

2015-07-11

そもそも「読書」って太古のヒトはしてなかったからね。

本を読まない人種とはそもそも気が一定以上合わないってことがわかった。結果論としてね。特にちゃんとした理由はない。

読みまくってる人ってわけでもないし、たまに読むってだけでもいい。全く読まない人とだけ、気が合わないんだと思う。

別に自分めっちゃ文字に対するこだわりだとか、愛があるわけでもなく、また別に自分論理的思考に長けているとも思わない。

この文章に関して言っても、自分言語表現思考アウトプット能力の低さを感じるし、別に自分が本を読んでいて論理的思考を得たとも思っていない。

そもそも論理的な思考ってはたして自分が頭の中でしている「これ」なのかもわかってない。

そういう意味では人間本来の「感覚」の話をします。

まったく本を読まない人って、ほぼ例外なくほんと直感的に生きている感じはすごくする。

湧き出した感情だけで行動する人、いるじゃん?

A「手伝ってよ!」B「え~」みたいな。

で、本を読むと鍛えられるのは言語能力はもちろん、情報処理能力多角的思考力の上昇に効果があるといわれているし、すごく実感している。

たぶん本を読まない人って、本を読むことによって得られるコミュニケーション能力を、失ったことに気付きたくないんじゃないかな。

やはりこうまとめていて思ったけど、たぶん本を読まない人って、ある意味頭が鈍いって言い切っていいと思う。

おそらくもう慣れすぎていて本を読むことにすら脳がその疲労に耐えられないんじゃない?

それが「本読まないんだよね」っていう言葉に隠れているけど、

ようは「本を読むの耐えられないんだよね」っていうことだよたぶん。

また、本を読む人は本を読む人とレベルが合うし、本を読まない人は本を読まない人とレベルが合うんだろうね。

良し悪しはない。

結構この読書するかどうかによる人間の分け方は信用できると思う。

本を読む人って、やっぱり論理的思考、そのアウトプットにも優れているから、

それが本を読まない人にとって「理屈っぽい」「冷たい」っていう言葉になって表わされるんだと思う。

本を読まない人にとって本を読む人の言葉というのは感情を感じないんじゃなかろうか。

「冷たい」「理屈っぽい」って、ようは少しでも文語的な表現になるのに慣れてないだけで、

かなり自分価値観の押しつけに当たる表現だと思う。

ただ、本を読む人っていうのも、そりゃもともと人間まれとき「ほん」なんてものは知らないわけだし、

文字を読むことを知ってしまってから脳みそ構造が変わってしまっているだけで、

しかしたら生物的に見たら本を読む人の方が、毒されているというか、普通じゃない可能性もあるね。

要するに本を読む人は文語的な表現口語でするようになるから

本を読むことに脳が耐えられない人にとって「冷たい」「理屈っぽい」という表現になる、

しかし本を読むことってはたして常識かといわれると、本当は人間は本を読まない状態が自然であるといえる。

さぁいったいどっちが正しいのか?

そりゃ本を読む人だよ。

だって1900年以降の現代社会進化って、論理的思考なしには不可能からね。

経済社会教育サブカルチャー、すべての面において、

いまのこの世を回しているものに、自らの価値を反映させるには、論理的思考絶対的必要からね。

いたことあるでしょ就職活動とかで、「論理的思考」って。

この言葉が持つ意味現代では広すぎるけど、これ以外の言葉もないんだよね。

結論として、本を読まず感覚的に生きることは、

一般職専業主婦を目指す女性か、人と接し続ける仕事をする男性にの効果があって、それ以外の人が感覚的に生きると、

自分意見がない、周りに合わせる、協調性があるとしか言えない、自分長所短所がわからない、

そういった事態に陥るので、決してよくないと俺は考える。

一番なんとなく腹が立つのは、こういう人間に限って自分長所を「情に熱い」っていうんだよね。

その熱さ、みんなあるよ。

本を読まない人に告ぐ。

君らが思う、「あいつは何考えてるわからない」という言葉って、

要するに「俺には理解できない。俺に合わせろ。」って言ってるのと、同じことなんやで。

本を読む人からしたらね。

ただ、本を読まない人にとって、本を読む人がそれに対して立腹すること自体理解できないから

一生この問題は解決しないね

俺ほんと頭悪い文章書くな。

批判がどんどんほしい。共感もいいけど、「ここがちがう」的な批判ください。

2015-06-28

マネージャーって

技術者を抱える組織マネージャーって、専門知識についても理解があって(もちろんほんとのエキスパートには敵わないけど)、

部下のそれぞれの担当領域の報告について、今後どう進めるかの決定権とその責任を持つ、という認識でいいのだろうか。

その決定によって、今後の方向性とそれに伴う予算リソースが決まるわけだし。

部下の報告の方法は、ソフトウェアであれば、上司ソースコード要求書読ませるのは職務放棄とは思うが、

取りうるいくつかの選択肢と、それぞれの長所短所とかかるコスト等の分析までしていれば最低限はOKだろう。

マネージャーは「定量的に示せ」と言う。

全部を定量的可視化できれば理想だが、定量的表現するのが簡単じゃない(時間や手間がすごくかかる)場合や、

そもそも方法確立されていないような場合可視化しきれなかった部分は仕事としてみなされない。

決定する対象にもよるが、自分管理しているチームの定量化できない部分の事情にも理解を持ち、

ある程度アナログな決定ができるのがマネージャーとしての能力ではないかと自分は思っている。

全部定量的に示せたら、それ既にマネージャー判断要らなくないですか。

専門知識とか、年々変化している技術動向や開発環境について、新たに勉強しようとしない人が出世して、

「俺がわかるように説明しろ」て言ってるのはなんでだろう。

2015-06-19

小学生とき、多分文集か何かだったと思うけれど、名前の由来や長所短所を書く親の欄に「長所・なし」と書かれたことがある。

母は私の長所が思い浮かばずにしばらく悩んでいて、どうしよう何を書こうと私に相談してきた。

何も思い浮かばないんだったらなしでいいんじゃないの?と言ったのは覚えてる。それもそれで面白いからいいや、と子供心に思ったのも覚えてる。

母は私の言葉通りに書き(え、ホントになしって書くんだと驚いたことも覚えているから、おそらく本当にそう書くとは思っていなかったのだろう。なんだかんだ言って最後には長所を書いてくれると思っていたのだろう)、それが文集になり皆の目にさらされるとは思っていなかったらしく、知らなかった「なし」と書くんじゃなかったと後から言っていた。

ああ、何も思い浮かばずに子供言葉通り「なし」と書いたのに、それが文集にのると知ってたら違うことを書いたってこと?嘘を書いたってこと?

あ~思い出すなぁ。あの時感じた母への違和感。信頼感がなくなっていく感じ?

これだけの出来事だったら記憶に残らなかったかもしれない。

数年後かな。弟の部屋で何故だかわからないけど文集をパラパラと見ていて、そこに同じものがあった。両親が書く欄。名前の由来と長所短所。弟の長所は、もちろん「なし」なんかじゃなくてきちんと書かれていた。確か優しいところ、だのなんだの。泣きそうになったなぁ、あの時。ショックだった。ああ私の良いところなんて考えても出てこなかったのに、「なし」と書かれたのに、弟はこうやって書くんだ、と。当時の私はヒステリーが激しくて、機嫌が悪いときや嫌なことがあるとすぐにギャーギャー騒いでいたから、母はかなりしんどかっただろうと思うけれど、あれから20年以上たつのに未だにふとした瞬間に思い出すよ。これだけじゃない、今までのうらみつらみ。(って言葉は大げさ?)

不思議だよなぁ、してもらって嬉しかったことももちろんあるはずなのに、傷ついたことばかり思い出して、忘れられない。

女の子が欲しい、と素直に無邪気に言える人って、母親との関係が良好だったからじゃないのかなと思う。幸か不幸か分からないけれど、男の子ふたり授かりました。ひとりごと終了。

2015-06-03

志望動機なんて聞かないでほしい。

学生時代に力を入れたこと長所短所と違って、なんの裏付けもないことを自信満々に話すなんてどうかしてる。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん