「反社会的勢力」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 反社会的勢力とは

2019-07-21

宮迫

宮迫「これだけは信じてください。お金だけは貰ってません!」

宮迫「やっぱ貰ってました!ただ急に入江に呼ばれただけです!」

宮迫「やっぱり最初から営業でした!ただ記事に出てるような金額(100万円)は貰ってません!」

宮迫「やっぱり100万円貰ってました!ただ反社会的勢力とは知りませんでした」

宮迫引退します!」

これだけ嘘を重ねてきたのに会見は真実と思い込んでるアホはいないよな?

anond:20190721053538

バイト先での愚かな行為SNSにアップした件、いわゆるバカッター問題ではクビは当然損害賠償請求しろという空気だったのに、ここ最近芸人擁護してて不思議すぎる。

氏名公開して馬鹿就職できないようにしろとまで言っていたやつがこの件ではカワイソウ連呼しているのは笑うしかないでしょ。

これが始まりですよね。

で、「不祥事方向性が違う」という返答をなさっています

そのあと、雇用契約と、マネジメント契約(何らかの委任契約を含んでるんですかね。どうでもいいけど。)が違うよ、という指摘も、併せてしてくださってます

これはその通りだと思います特に引用した「クビは当然」という表現が、全然的外れになる。

でも、引用文で一番言いたかったのは、「ここ最近芸人擁護してて不思議すぎる。」という部分でしょう?

そもそも契約の種類は関係無いと思うけれど。

社会保障云々についても書いてもらってるけど、どう関係あるんですかね、ちょっと雑過ぎませんかね。

雇用契約は、雇用者被雇用者コストをかけている。 これはまあ正しいですね。 コストをかけている、専業義務のある時間から契約を終了することが正しい?

程度問題では? 雇用契約からという本質ではないでしょう。

翻って、業務委託契約は、企業側が強いから、芸人を守るコストを払ってない? どうかな。 ある意味、これまでは“マネジメント”として、色々コストを払って守ってきたのでは?

しかも、それを言ったら契約は、契約自由の原則があるので、特殊契約を除いて、当事者間の自由から。いちいち、パターナリスティックに「あの契約はかわいそうで、これはフェアだ」と介入する話じゃない。

芸人だって分かって契約してる。

あんまり法的側面に淵源がある問題じゃないと思いますよ、僕は。

強いて言えば、マネジメント契約の中身が分からないと、契約解除条項に該当することがあったのか、わからないです。反社会的勢力排除条項が入っているなら、解除できるかもね。そしたら、吉本側の対応は当たり前だよね。

anond:20190721013304

更に言うと、一番悪いのは、

「その反社会的勢力自体」なんだけど、

この手の騒動があるたびに毎回毎回思うが、なんでこいつらが一番叩かれないんだろうって不思議でしょんない。

なぜ吉本が叩かれているのか意味がわからない

会社を通さないで勝手反社会的勢力から金を貰って闇営業を行い、それを写真週刊誌に撮られた(売られた)。

客観的事実ってこれしかないよね?

普通会社員に置き換えれば、会社の関知しないプライベートなところで勝手コンプライアンス違反を犯したみたいなもんでしょ。

それをさも吉本が悪いように記者会見で声高に叫び立てて、まるで攻守逆転したみたいな雰囲気にしているのはどうなのって思う。会社としてはそんな不良社員に会見の場を与える必要もないし、録音されてないか警戒するのも当然だと思う。

2019-07-20

anond:20190720201126

反社会的勢力排除条例運用次第。

例えば、不動産物件賃貸契約なんかも、基本は含まれているが、「反社会的勢力排除条項が無いパターン契約書」も準備している会社が多い。

・・・多いし、しかも実際は、ノーチェック。

ホテルの会場貸しの契約なんかも、反社会的勢力排除条項が入っているケースは、まだまだ少ないだろう。

まじめな、一部の金融機関などが、契約排除条項を入れている程度だ。

「天気の子」に登場する廃ビル

モデルになったのは代々木会館。

反社会的勢力やら地上げ屋等が入り乱れて最近ようやく土地取得に成功した建物

ブログ記事によると8月1日に取り壊し工事をやるみたいだし、聖地巡礼に行くなら早く行った方がいいよ。

2019-07-03

anond:20190702224918

そもそも経営する団体反社会性からして、落伍者であり反社会的勢力の一部であり、救済の対象なんだが。

2019-07-02

反社会的勢力謹慎処分

コンプライアンス契約違反するから罰則があるのも理解できるか、世間一般から、過剰に責められるべきではないはず。

しかし、適切な罰、謹慎処分の期間は、どうやって決めたらいいんだ?

ディープな付き合いでなければ、刑事罰はないよね?

民事であれば、当事者間で決める話だし。

2019-07-01

芸能事務所って営業先の信用調査してるの?

営業の先が反社会的勢力だったことが話題になってる

事務所を通さな仕事から依頼者の信用調査ができて無かった、芸能事務所に依頼できないような組織から芸人に直接依頼したというのは想像できる

ただ、芸能事務所って依頼者の信用調査ってどの程度やってるの?

暴力団関連企業なんて区別つかないと思う

今って銀行口座を開設するときに「私は反社会的勢力ではありません」って誓約書があるよね

芸能事務所も、あんな感じで依頼者から誓約書もらってるのかな

2019-06-29

営業ニュースで感じたこ

擁護するつもりは一切ありません(正直吉本興業芸人や芸は嫌いとか苦手なタイプが多い)が、反社会的勢力の付き合いで処分を受けるのなら世の中の仲介業とか紹介業は成り立ちませんよ。

全部が全部そうだと言うつもりはありませんが、正直反社とかインチキ野郎ほどハローワークとか大手有名処の求人情報会社求人出すとか大手有名処の中古車不動産情報サイトに泣いて喜んで出稿するんだから

掲載した側は知りませんでした分かりませんで終わるんだから

2019-06-28

営業とか反社会的勢力との関係とか謹慎処分とか。

いけないことしたんだから反省しなきゃならないんだろうけど、反省したらまたやり直しができる、そんな社会だといいのにな。

間違いや失敗なんて誰にだってあるし完璧人間ってのもいないんじゃないのかな。

人生仕切り直し、やり直し、失敗が許される、そんな世の中であったらな。

極悪の犯罪者や異常者は除く。

今回の芸人のやつは世間的に一生許されないようなことなのかな。

直引き自体は悪くないんだよね?

芸人営業問題が今話題のようですが、これって二つの側面がある。

  1. 反社会的勢力
  2. 会社を通さな仕事

すごい細かいことを言っていくと色々あるんだけど、上の二つだけに着目して考えて見たい。

反社会的勢力への仕事はまあ確かにテレビなどにでる芸人としては良くないのはわかる。

ただ、会社を通さな仕事ってのはそこまで悪い気がしないんだよな。

理由シンプル労働対価が明確になるから

会社所属している人で、何らかの請負業務派遣派遣されている人はわかると思うが、

自分たち給料に対して、会社がお客さんに出している金額との差がすごい。

いわゆる中抜きがすごいというやつだ。

この中抜き金額会社によって違うのでまあ一概には言えないが、

中抜きけが問題ではない。

仲介に入っているのに、実際は何もしていない、責任すら持ってくれない。

など、「何でいるの?」ってのが良くある。

これは本当に会社にただ抜かれているだけで、労働者は損でしかない。

客も不要金額引かれて損。

そうしたら、直営業になれば全員が得をするので悪いことではないのではないかと思う。

もちろん責任労働者本人が持つことになる。

だがおそらく、もともと責任会社が持ってくれていなかったのだから、本人負担ほとんど変わらない。

となると、最後問題って義理人情手続きレベルなのではないか

なんだかんだ仕事でこういう信頼関係大事からな。

仕事を請け負った人はそれが一番抜けていたのではないか

営業営業っていうけど、問題複数ありすぎて、テレビにはまとめきれていない気がしたので

全部をまとめないで適切に分けて報道してほしい。

じゃないと、独立しようとしている人とかにも悪影響がでそうだよ。

2019-06-26

闇迫さんも反社会的勢力からギャラが出ていたのに謹慎処分で済んだんだから入江パイセン反社会的勢力からギャラ貰っていただけなんだから解雇」とか「契約解除」は不当な処分だよね

芸人の闇営業問題

事務所を通さずに活動(営業行為)を行っていた

営業先が反社会的勢力だった

・対価として金銭を受け取っていた

・受け取った金銭について申告していなかった

どれが問題って対価に金銭を受け取る以外全部だと思うんだけど今回何が問題なん?

2019-06-25

俺も道端で立ち小便するから反社会的勢力だな

俺と関わったやつは謹慎しろ

2019-06-24

闇迫すぎてワロタ

責められるのはオレオレ詐欺集団のほうであって芸人はなにも悪くないでしょ

謹慎処分て厳しすぎる

誰がこんなに芸人に対して怒ってるんですか

まああれだけの舞台が用意されててよくもカラオケの帰りに寄っただけとか大嘘つけたもんだわ

厚顔無恥すぎる

反社からカネ貰ってんのに、謹慎が最終処分

営業やらない方が損やな

でも謹慎中は闇営業で稼ぐしかないじゃん?

あっ 謹慎中はむしろ営業

吉本芸人ナマポ不正受給ときも思ったけど、あの会社しろ推奨してんだろ

だいたい興業ってついてるからやくざ暴力団絡みだろ?

詐欺で上位は表彰されて、亮が賞状渡しているじゃないか

最初から口裏合わせてたんだな

汚い奴らだよ

これ脱税だよね

今までこんなん見逃してたとか

税務署も甘っちょろいのぅ

ギャラ貰ってない

→実は貰ってた

反社会的勢力とは知らなかった

→どうして信じられるのか

反社から金貰っていながら嘘ついて謹慎程度の処分とか会社ぐるみなんかよ?

反社会的勢力からカネ貰ってんのにクビじゃないとか

コンプライアンス遵守体制どうなってんの?って話だよな

[]闇営業

芸人事務所を通さずに営業をすること。

反社会的勢力に関わる営業のことではない。

2019-06-23

やっぱ入江口利きでいい目みていた元アスリート達も反社会的勢力に取り込まれているの?

2019-06-21

anond:20190621161135

やりがい搾取というか、ボスが儲かってるのに従業員薄給ってのは、昭和時代には大企業ではあまり見られなかったんだよね。

一方で、反社会的勢力は昔からそう。

上場企業で顕著になったのは消費者金融あたりからじゃないかな。

消費者金融の大儲けが問題になったのは2000年前後からだと思うけど、そのやり方がいろんな業種に広まった感じ。

2019-06-18

パンティーがヤクザの資金源に? 下着の内にある闇

panties、通称パンティー」。女性から臀部、おおむね脚の付け根からへその下までを覆う女性向けの下着のことだ。2000年代に急成長し、現在では300億円以上と言われるその市場規模は、全体的に低迷している下着業界の中で大きな存在感を放っている。

一般下着と違い、布地が多めで構成物が少なく、荒唐無稽な内容で専門的な知識ほとんど無くても作れる気軽さのため、パンティ製作志望者は非常に多い。それらを拾い上げる新人賞も充実しており、また、最近ではWEBでの無料公開から人気を得て下着化するケースも増えている。

そんなパンティーが、意外なことに暴力団資金源となっているという。現在最も精力的にパンティ事業を手がけているといわれる、とある暴力団幹部取材を行った。

 * * *

「これが、ウチの扱ってる主なパンティーですね」

言いながら暴力団幹部テーブルの上に、無造作に十枚ほどのパンティーを並べた。いずれもフリフリのリボンが前面を飾っており、暴力団事務所の厳しい空気にそぐわないこと甚だしい。

アニメ化などのメディアミックス果たしている人気パンティーも確認できる。増田たちの心をつかむ可愛らしくカラフルフリルの裏側では、実は黒い金が動いていたのだ。

「ウチがやっているのは、表向きには『パンティエージェント』ということになっています

パンティエージェントパンティ作家代理人として、下着会社パンティーの販売権を売り込む職業である日本ではまだ馴染みが薄いが、欧米では広く普及している仕組みである

パンティ投稿サイトランキング入りしている素人に、手当たり次第に声をかけるんですよ。下着会社作品を紹介して製品化の提案をするという触れ込みで。新規登録料が○○で月々の会費が✕✕」

幹部が示した金額は、いずれも決して安いものではない。それに見合った利益登録者にあるのだろうか。

「実際には、こちからの売り込みみたいなことは特にしません。ウチがやるのは、下着会社から作家製品化の申し込みが来た時の交渉だけですね。それもほとんど形式的ものですけど。それだけで、パンティー税の4割がウチに入るという契約になっています

呆れるほどの中間搾取だ。登録している作家たちから苦情の声などは出ていないのか。

「仮にクレームが来ても、こちらの実態は向こうからは見えないので、製品化の打診が来ればウチのおかげ、そうでなければ作家の実力不足という説明だけで通ります。それに、作家になりたい連中は藁にもすがる気持ちなんでしょうね。そもそも文句ほとんど出てなくて、感謝されることの方がずっと多いですよ」

パンティーを製作している者であれば、パンティ作家としてデビューしたいと思うのはごく当たり前のことだろう。その純粋な願いが結果的に、このような詐欺としても粗雑な商売を成立させてしまっている状況はあまりにも哀しい。

作家との間に立っているのが暴力団であることに、下着会社の側は気づいていないのだろうか。

「わざわざこちから明かすことはありませんけど、向こうも薄々気づいてると思いますよ。WさんやSさん、それにもう一つのSさんなんかは、ほぼ確信してるでしょうね」

パンティレーベルを持つ大手下着会社の名を次々に挙げる幹部。耳を疑うが、平然とした幹部の顔から真実を語っているとしか思えない。

それにしても、パンティーと暴力団、あまりにも畑違いの取り合わせに思えるのだが、なぜこんな活動を始めようと考えたのか。

生物静物の違いこそありますが、女を使ったシノギと考えればソープデリヘルなどとそう変わりません。実際、流用できるノウハウがいくつもありますしね」

そういえば、パンティー店の看板には「萌えイラストが(無断で)流用されていることも多い。たしかに、パンティーを含む美少女産業暴力団の相性は、それほど悪くないのかもしれない。

最後に、この事業の今後の展開について聞いた。

作家志望者をターゲットにしたオンラインサロンなんかにも手を広げようとしているところです。パンティ研究家という名目で、私自身が講師をやってもいいんじゃないかって話も出てて。大した知識も要らないわりに儲かるんですよ、あれ」

そう言って、幹部は屈託なく笑った。

 * * *

パンティーは衣服的な価値こそ低いものの、下着文化経済的に支える存在としては期待されていたジャンルだった。それが今では、パンティーの販売・購入が間接的に反社会的勢力への加担に繋がりかねない事態にまで陥っているのだ。

本来増田たちに一時の夢を見せるはずのパンティー。その内に抱える闇は大きい。

2019-06-17

ライトノベルヤクザ資金源に? 光(ライト)の裏にある闇

http://srpglove.hatenablog.com/entry/2019/06/18/212831


週刊誌系のニュースサイトに載る予定だった原稿。諸事情ボツになったので放流。

ライトノベル通称ラノベ」。マンガ風の美少女イラストを表紙や挿絵に用いた若者向けの小説のことだ。2000年代に急成長し、現在では300億円以上と言われるその市場規模は、全体的に低迷している出版業界の中で大きな存在感を放っている。

一般小説と違い、セリフと改行が多めで文字数が少なく、荒唐無稽な内容で専門的な知識ほとんど無くても書ける気軽さのため、ラノベ作家志望者は非常に多い。それらを拾い上げる新人賞も充実しており、また、最近ではWEBでの無料公開から人気を得て書籍化するケースも増えている。

そんなラノベが、意外なことに暴力団資金源となっているという。現在最も精力的にラノベ事業を手がけているといわれる、とある暴力団幹部取材を行った。

 * * *

「これが、ウチの扱ってる主な作家ですね」

言いながら暴力団幹部テーブルの上に、無造作に十冊ほどのライトノベルを並べた。いずれもアニメ調の「萌え美少女が表紙を飾っており、暴力団事務所の厳しい空気にそぐわないこと甚だしい。

アニメ化などのメディアミックス果たしている人気シリーズ確認できる。少年たちの心をつかむ可愛らしくカラフルイラストの裏側では、実は黒い金が動いていたのだ。

「ウチがやっているのは、表向きには『出版エージェント』ということになっています

出版エージェント作家代理人として、出版社へ著作出版権を売り込む職業である日本ではまだ馴染みが薄いが、欧米では広く普及している仕組みである

小説投稿サイトでランキング入りしている素人に、手当たり次第に声をかけるんですよ。出版社に作品を紹介して書籍化提案をするという触れ込みで。新規登録料が○○で月々の会費が✕✕」

幹部が示した金額は、いずれも決して安いものではない。それに見合った利益登録者にあるのだろうか。

「実際には、こちからの売り込みみたいなことは特にしません。ウチがやるのは、出版から作家書籍化の申し込みが来た時の交渉だけですね。それもほとんど形式的ものですけど。それだけで、印税の4割がウチに入るという契約になっています

呆れるほどの中間搾取だ。登録している作家たちから苦情の声などは出ていないのか。

「仮にクレームが来ても、こちらの実態は向こうからは見えないので、書籍化の打診が来ればウチのおかげ、そうでなければ作家の実力不足という説明だけで通ります。それに、作家になりたい連中は藁にもすがる気持ちなんでしょうね。そもそも文句ほとんど出てなくて、感謝されることの方がずっと多いですよ」

小説執筆している者であれば、作家としてデビューしたいと思うのはごく当たり前のことだろう。その純粋な願いが結果的に、このような詐欺としても粗雑な商売を成立させてしまっている状況はあまりにも哀しい。

作家との間に立っているのが暴力団であることに、出版社の側は気づいていないのだろうか。

「わざわざこちから明かすことはありませんけど、向こうも薄々気づいてると思いますよ。KさんSさん、それにもう一つのSさんなんかは、ほぼ確信してるでしょうね」

ラノベレーベルを持つ大手出版社の名を次々に挙げる幹部。耳を疑うが、平然とした幹部の顔から真実を語っているとしか思えない。

それにしても、ラノベ暴力団、あまりにも畑違いの取り合わせに思えるのだが、なぜこんな活動を始めようと考えたのか。

二次元三次元の違いこそありますが、女を使ったシノギと考えればソープデリヘルなどとそう変わりません。実際、流用できるノウハウがいくつもありますしね」

そういえば、風俗店看板には「萌えイラストが(無断で)流用されていることも多い。たしかに、ラノベを含む二次元美少女産業暴力団の相性は、それほど悪くないのかもしれない。

最後に、この事業の今後の展開について聞いた。

作家志望者をターゲットにしたオンラインサロンなんかにも手を広げようとしているところです。ラノベ研究家という名目で、私自身が講師をやってもいいんじゃないかって話も出てて。大した知識も要らないわりに儲かるんですよ、あれ」

そう言って、幹部は屈託なく笑った。

 * * *

ライトノベル文学的価値こそ低いものの、出版文化経済的に支える存在としては期待されていたジャンルだった。それが今では、ラノベ出版・購入が間接的に反社会的勢力への加担に繋がりかねない事態にまで陥っているのだ。

本来オタク少年たちに一時の夢を見せるはずのライトノベル(光の小説)。その内に抱える闇は大きい。

2019-06-11

反社会的勢力

と関わってたらあーだこーだ言うけどそんなに問題かね。

今のYouTuberなんてそれの巣窟やで。

やっぱりテレビの方が質が良いのかな?

2019-06-07

anond:20190607083819

宮迫博之芸能界引退免れず…反社会的勢力に闇営業テレビ各局一斉に起用自粛

https://biz-journal.jp/2019/06/post_28249.html

 今月、お笑いタレント入江慎也カラテカ)が、所属していた事務所吉本興業との所属契約を解除されていたことが、わかった。

 6日付「FRIDAY DIGITAL記事によれば、振り込め詐欺集団忘年会宮迫博之雨上がり決死隊))や田村亮ロンドンブーツ1号・2号)、そして入江など複数吉本芸人が“闇営業”で出演。詐欺集団芸人たちの仲介役を務めていた入江に対し、吉本事実上解雇処分を下したという。.

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん