「余命宣告」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 余命宣告とは

2021-06-13

祖母余命宣告をされた

祖母余命宣告をされた。

まりにも気持ちが整理できず、色んな思いが錯綜毎日が辛いので今の気持ちを書き記したい


僕は20代社会人一人暮らし

幼い事から両親が共働きで帰りが遅い為、小学生の頃は毎日祖父母に面倒を見てもらっていた。

から人一倍祖父母とは親しいと思うし、仲も良いと思う。

中学生になり、塾にも通い出し祖父母と一旦距離を置いてしまったが

高校時代では祖父が送迎をすると言って聞かなかったので、言葉に甘えて送迎されていたので

この時も晩飯も一緒に食べたり、勉強する為に祖父母の家に閉じこもったり、いっぱい面倒を見てもらった


大学時代は県外に出て、一人暮らしをしていた為、あまり合う気機会が無かった。

そしてその間に祖父ボケてしまった。毎日の様に話し相手になっていた僕が居なくなったので

会話をする機会も減り、体調を一度崩し入院した事も相まって、今では要介護レベル3になり

施設にいるが、コロナの影響で2年程顔も見れていない。


大学卒業し、社会人になる時に祖父母宅に近い、アパート一人暮らしする事にした。

一人暮らしになってしまった祖母を少しでも助けれるようにと、自分からそうした。


そして数日前、祖母が緊急で入院をした。そして膵臓がんステージ4であった事が判明。

発見が遅れた為、もう手術はできない。十二指腸全てが、がんによってひっついてしまうぐらい進行しているらしい。


入院する前日、僕は祖母晩飯を一緒に食べた。

その時、ちょっと胃が痛いなぁと言っていたので、明日病院言ったら?と一声かけた。

祖母もそうだねと言い、翌日通いつけの病院に行き、血液検査をしたら、肝臓の数値があまりにもおかしいので

大きい病院で再度、検査をした所、膵臓がんが発覚。


いきなり過ぎるよ、祖父母の中で一番元気で、一番長生きすると思ってたおばあちゃんがあと長くて2ヶ月なんて。

抗がん剤使ったらもう2週間以降は寝たきりなんて。あまりにも短すぎるよ。。。


今日病院に行ったらおばあちゃんはいつも通りに元気そうに、僕の名前を呼んでお見舞いありがとうと言ってくれた。

その顔を見る度に、涙が無限に溢れてくる。おばあちゃんはまだ病名を知らないので、いつ頃退院できるんだろうねぇとか

おじいちゃんいつ頃、面会できるかなぁって言うんだよね。もう2週間しかこうやって話したり、笑ったり、出来ないのに。


残された日数、毎日面会して、おばあちゃん生き様をしっかり見届けようと思う。


この年になるまで、祖父母が全員、健在してた為、初めて本当に身内と呼べる人が亡くなるであろう状況になったけど

こんなに辛いとは思ってもいなかった。


鼻水と涙で顔がぐちゃぐちゃになってきたのでこれぐらいにします。

2021-05-07

海外ドラマはおすすめされないと見ない。

GW中ネトフリをずっと見てた。ネトフリってかけ流し系の番組あんまり良いの無いけどしっかり見よう!と思うと良い作品あるね。

主に海外ドラマだったんだけど、海外ドラマって「人に進められないと」見なくない?

今回見たのは「マンハント」と「Theサーペント」っていう2つを見た。

どっちも実在する犯罪者逮捕されるまでを追ったノンフィクション?(フィクションもある)ドラマ

Theサーペントなんか最初1~2話が本当にタルくて、「これほんとうに面白くなるのか?」って疑心暗鬼で見たんだけど

2話の最後から3話にかけてからが凄く面白くなってきて一気に見れた。

マンハント最初から最後まで面白かった。見やすかったし。

それぞれ1シーズンで終わってるのがいいよね。


以外と海外ドラマって超有名作でも全然知らないって事はあるんで

自分おすすめを軽く書きたい。全部超有名作だけど以外と知らないもんよ。

ネトフリ以外にアマプラもまじってます

三国志 ThreeKingdom(アマプラ

いっぱいある三国志モノの中でも、今現在一番スケールが大きい作品。全95話/1話約45分とはっきり言って軽い気持ちで見れるものでは無い。

出てくる登場人物もアホみたいに出てくるし、似たようなやつでわけがからない。しかも同じ役者が違う世代で別の約を演じたりもちょいちょいある。

三国志に興味がなければ苦痛のものしか無い。

しかし、三國無双にハマったレベルぐらいの知識全然楽しめる。「あーそういう事だったのかー」と補完しながら楽しめる感じ。

100年近い歴史を追っかけるので世代世代フォーカスされる人間が違い、一貫した主人公というのはいない。

おすすめは後半の軍師 司馬懿パート司馬懿即位前の曹丕(のちの皇帝)との師弟関係ドタバタドラえもんのび太みたい)

その後、妬みと調略に貶められながらも最後最後クーデターを起こすまでのカタルシスなど

最終話を見終わった時の爽快感はマジの大河

見終わった後は、中途半端人生三国志を重ねる微妙に鬱陶しい人になっているに違いない。

中国国家プロジェクトとして作られた超大作なんだけど、結構パターン水戸黄門ばりに固まっている。

面白いのが作中のテーマ曲がおそらく3曲ぐらいしかない。

疑心暗鬼テーマ

・混乱のテーマ

・感動のテーマ

場面場面で同じテーマ流れるので、あー今はそういう感情・シーンなんだーとわかりやすい。

予算削減なのか、戦争の時は毎度同じCGが使われるなど、しっかり見るとコスト削減されてるのも面白い。

ブレイキング・バッド(ネトフリ

これを見たいがためネトフリを契約した。有名だけど見たこと無い人も多いはず。

余命宣告された科学教師が、その知識を用いて麻薬ビジネスに堕ちていくっていうストーリー

良くドラマ紹介で「悪の帝王に成り上がっていくストーリー」って紹介されてる事が多いけどそれはミスリードに思う。

実際は凄く狭い人間関係の中でドタバタが繰り広げられる。

一見温厚そうだけど、中身は自分の事しか考えていないおじさんが

何かしら自分正当化し、そのせいですれ違いが置きまくって、気がついたら大問題になって

それを何とかしようと躍起になるんだけど、人間的に"アレ"だから余計大事になって…

っていう感じのやつ。

シーズン1の引き込まれる感じから、急にシーズン2~3あたりがちょっとダレるので、そこが我慢できるかどうか。

"格差"っていうものテーマにあって、今の日本の夢の無い低所得層にビンビン来ると思う。自分はビンビンだった。

金と自己顕示欲。諦めて生きてきた人間。そんな人間がタガが外れ、自分をひたすら自己正当化し周りを巻き込んでいく。

最終的に、視聴者も突っ放すぐらい、サイコパス主人公。「なんだよこのおっさん!」ってなったらこ作品は正しく見れた証拠だと思う。

見終わって思ったけど、GTAV世界観に凄く近い。

ベターコールソウル(ネトフリ

↑のブレイキング・バッドスピンオフ。まだ完結していないけど、次シーズンで終わるらしい。

ブレイキング・バッドの前日談?(時系列的に後書きも混じってる)

ブレイキング・バッドはサブキャラクターめっちゃいい味を出してて、その中でも人気の高かった二人をダブル主人公にした作品。まさにスピンオフ

高い判断力と腕っぷしかめっちゃ頼れる存在の元警官

飄々としたピエロ的な位置づけだけど、法律の力でいつも何とかする悪徳弁護士

二人とも前作ブレイキング・バッドでは"悪人"ではあったんだけど、主人公がそれを上回るサイコパスなので相対的に"イイヤツ"になってるっていう。

そんな二人がなぜブレイキング・バッドで"悪人"だったのかを描くバックボーンストーリー

たぶん、ブレイキングバッドを見てないと楽しめない。ブレイキング・バッドでのキャラクターの濃さを知っててこそ楽しめるストーリーって感じ。

例えるなら「高田純次がなぜテキトーになったのか?」っていうストーリーなら見たいでしょ?

元はある程度まともだった二人が、やはり"社会的格差"によってタガが外れていくストーリーっていうのはブレイキング・バッドと変わらない。

ゲーム・オブ・スローンズアマプラ

これこそ超有名だろうけど、見たこと無い人も大勢いるはず。マジで面白い。これぞ海外ドラマって感じ。タイトルを約すると玉座争い?

剣と魔法ファンタジー世界で例えるならスカイリムが近いかも。

このドラマ登場人物が多く、しかも明確な主人公は無い群像劇的な作りで、ザッピングが多い作りではじめは「誰だっけこいつ?」っていうのが多い。

シーズン1が結構地味めでファンタジー要素も薄い。1~3話は我慢がいるけどかならず面白くなるから信じてほしい。

架空中世世界で繰り広げられる統一王座をかけた政治と戦いのドラマが主軸ではあるんだけどその傍らで、

落ちぶれた貴族少女が苦難とドラゴンとともに成り上がっていくストーリー

貴族腹違いの落し子という事で疎まれた結果、辺境の地で戦士となり異径のモノと戦うストーリー

などのファンタジーラインもあり、じょじょにそれらが重なり合っていくのも面白い。

スケールがどんどん大きくなっていくのも見どころで、正直全部のシーズンを見終えるとシーズン1のスケールの小ささがちょっとウケる

後半のシーズンほどどんどん予算が出てるのか1話1話映画のようなクオリティですごい。

ただし最終シーズン評価はめちゃくちゃ荒れた。理由はあまり期待値が高すぎたから。これに関してはエヴァに近いかもしれない。

あと1シーズンあっても良かったんじゃないか?と思うぐらい未だに受け入れられない人もいると思う。でも一応しっかり終わってはいるよ。

追記 The BOYS(アマプラ

こいつを忘れてた。まだ完結してないけどたぶんアマプラオリジナルでは一番ヒットしてる感がある。

ヒーロー実在する世界で、ヒーロービジネスになってる世界観。言う慣ればタイバニみたいな世界観なんだけど

ヒーローたちがゲスい。とにかくゲスい。マーベルDCコミックキャラクターをパロったようなのが沢山出てくる。(DC色がつよいかも)

そんなゲスヒーローに、事故恋人を殺された超一般人主人公で、同じくヒーローに強い遺恨を持つ元CIAとともにゲスヒーローたちと戦うストーリー

エロいグロい・ゲスいから苦手な人もいるかもしれないけど。シーズン2ラスト摩天楼オナニーは最高なのでぜひ見てほしい(え

トランプ政権時のアメリカの感じをうまくDisってる。トランプ政権っていうかよりかは、そういう"アメリカ"っていう国をDisってる感じかな?

とりあえずシーズン1~2と最高なんだけど、ミスるとダレそうな雰囲気もあるドラマなので今後が気になる。

結局有名所5だった。何か思ったより自分海外ドラマ見てないなぁ。

おすすめがあったら知りたい。

2021-03-02

がん闘病ブログを読む楽しみ

がんの闘病ブログを読むのが好きなのだがおおっぴらに語りづらい趣味なのでここにその醍醐味を投下しておく。

闘病ブログに何を求めているのかといえば、自分の死についてのシミュレーション代わりに、というのが一番大きな理由になるだろう。自分もいつか死ぬわけで、その時にどのような考えを抱くのか。どのような苦しみを抱くのか。それを、他者の闘病経験を通じてシミュレーションしたい。いろいろな闘病ブログを読み漁ってきたが、迫真の筆致で綴られる生への希望、そして死への恐怖は、こちらの胃まで痛くなってくるような切迫に満ちている。ぜったいにこうはなりたくないと思う。

いくつも読み漁っていくうちに、そこに明らかに自分エンターテイメント性、おもしろさを感じているし、それを求めていることに気づくようになる。たとえば、50代とか60代の、いってしまえば死ぬことに何の不思議もない年代人間死ぬ闘病記よりも、20代や30代や40代といった働き盛りの自分ががんになって死ぬなんて考えたこともないような人間の闘病記の方が、やはりおもしろい。その年代の人々には子供家族がいるケースも多く、なぜ自分が、という絶望が、深く刻み込まれている。絶望は深ければ深いほどおもしろい。子供がおさなく、自分が死んだあとこの子は、家族はどうしたらいいのかという苦悩が書き込まれていると心が踊る。

それどころか、いつしか闘病記を読む時に、死んで終わってくれと願うようになった。自分の死のシミュレーションとして読んでいるので、生き残ってしまわれたら困るのだ。闘病記は、だんだん執筆者がまともに文章を残せなくなり、最後家族がその死を報告して終わるべきだろう。そう思うようになった。何十もの闘病ブログを読んできて、治って元気になってしまった時ほどガッカリすることはない。死んでこの暗い欲望を満たしてくれ、それもできれば、少しでも生きようという希望と、死に対する恐怖を細かく書き込みながら、と願ってしまう。

こういう欲望を持ちながら闘病記を読んでいる人は数多くいるだろう。口では奇跡祈りますとかなんとかいいながら、心の底では死を願っている。これまでもたくさん楽しませてもらったので、せめて、自分余命宣告レベルのがんになった時は、できるだけ自分理想とする闘病ブログを書き上げてしんでみせようと思う。

2021-02-23

余命宣告を受けたら真面目に生きたい

余命宣告を受けたら、自分の好きなことをして生きても、もはや何も楽しくないと思うのだ。

しろ余命宣告人生がいつまでに終わるという保証でもあるわけだから

じゃあその期間までなら…と、生きる苦痛に耐える意欲が湧いてくるはず。

なので、余命宣告を受けても、死んでも悔いが無いような好き勝手生活を送る気は無い。

しろ、面倒でやってこなかった人生課題に取り組みたいと思う。

例えば土日を潰して社会奉仕に励みたい。手を抜いてた仕事で業績を挙げたい。

社会的要請である結婚をして身を固めたい。まあ相手など居ないけど。

そういった普段なら絶対やりたくない人生課題も、仮にどんな苦しくたって宣言された時期には終了する。

から、取り組む気になれる。期限が切られているのも良いことだ。ようやくそれらをやり遂げられる気がしてきた。

そしてそれらは、死後に審判が下されるというのならば、ささやか路銀にもなるだろう。

と、最近2月と思えぬ暖かさがあり、今日も驚くほど晴れ渡っている。

こんな日に病院に行き、意味の無い妄想にふけるのもオツなものだと思った。

2021-02-07

匿名から書けるんだけど

山口雅也」さんが余命宣告を受けたというTwitterを見て

最初ミステリ作家の方と同姓同名からその人だと思って辛い気持ちになったんだけど

プロフ欄見て別人だと気づいた時に「よかったー」と思ってしまった

いやこれマジで俺の人間性終わってるわ

友達恋人もいないし家族ともうまく付き合えない理由がよくわかる

ごめんなさい。

2020-12-24

ねこ20.5歳になった

追記しました)

前回のご報告(https://anond.hatelabo.jp/20200620124348

に引き続き多くの方々から増田ねこに対してあたたかいお言葉いただき、とてもうれしく思いますありがとうございます。また、増田と同じようにブクマカのみなさまと共に暮らしている高齢ねこさまいぬさまが、これからも穏やかに過ごされることをご祈念いたします。

猫ちぐらねこじゃすりについてのコメントがいくつかありましたので、若干の補足情報追記したく思います

猫ちぐらhttp://www.nekochigura.com/

なかなかよいお値段ですが、増田が7年前に購入したものはまだまだ美しい佇まいを保っていますし、かぐわしい藁の香りねこ臭に負けず残っています。一時期は5年待ちといった記載もされていましたが、今はわりとすぐ届けてくれるようですね。作ってくださった方のお名前タグに記されていて、すごくいいもの感がありますよ。

ねこじゃすり(https://nekojasuri.com/

公式動画が素晴らしく、増田は見た途端衝動買いしたのですが、いまYoutube動画は削除されちゃったようですね。そんなことよりチャリティーねこじゃすりイエローなんて売ってる!買おうかな。

人とともに暮らしてくれるねこさまいぬさま始め小さな生き物たち、野で自分だけの力で生きているすべての生き物たちが幸せに生きていくことができるよう願いつつ、増田もほんの少しでも貢献していきたいと強く思います。それでは拙文を読んでいただいたみなさま、良いお年をお迎えください。

追記おわり)

anond:20201223144523

拾ったねこなので誕生日とかもわからないのだけど、20年前にボロボロのこねこ9月に拾った時に多分生後3ヶ月くらいだった。ということで毎年6月健康診断血液検査をすることにしていたのだけど、先日急にご飯を召し上がらなくなり、なんだか口腔内が痛いような振る舞いをなされていたので、12月だけど病院に行ってきました。

右の奥歯の周りが腫れてぐにぐにになってたので、歯石の除去と抗生物質注射をしていただきました。消炎剤のお薬3日分もらって様子見ましょう。明日から粉薬ご飯に混ぜて朝と夜にあげてください。となったのだけど、でもそもそもご飯お召し上がりにならないんだからどうしようと思ってたのだけど、次の日からがつがつお食べになられたのでなんの問題もありませんでした。その日の午後に、あわてて発注した強制給餌用シリンジが届いて全く無駄になったのだけど、いつか使うこともあるでしょう。とりあえずありがとうアマゾンプライム

以前ホッテントリに上がってた、余命宣告されてたけどガツガツ食べて余命ぶっちぎったねこの話を知ってから、もうなんでもいいから食べていただこうということで、「猫 高齢 ウェットフード」でヒットした商品を上から順番に一種類づつ購入して召し上がってもらっています。いまのところはごろもフーズの無一物がお気に召したようです。いやこれ確かに私もご飯にかけて食べてみたい感じするわ。

いつもの冬は、一年待って新潟関川村から取り寄せた本場猫ちぐらの中にヒーターを仕込み、そちらで一日中お過ごし頂いているのですが、今年はどうも身をかがんで入るのがもうお辛いようなので、アマゾンのひらべったいダンボールペットシート引いてそちらにヒーターを仕込ませていただきました。見た目まるっきり死体安置ですが、ゆったりとお過ごし頂いているご様子です。また、広島から取り寄せたねこじゃすりが大好き過ぎて、じゃすってもじゃすってもきりがないので封印していたのですが、今回は特別ということで解禁し、こたつの膝の上でじゃすりの方も対応させて頂いています

20年続いたねこ一匹ひと一人の生活ですが、春から始まった在宅勤務で一日中ともに過ごすように変わりはや10ヶ月。リモート会議で私がなにか話す度に様子をみにくるようなことはなくなりましたが、あまりに低レベル議論に業を煮やしてか一言言葉を賜ることもあり、チャットで「増田さんのねこさんお怒りですか?」と心配されるなどします。老いますます騒がしく自己主張激しく血気盛んなあなたと過ごせることはとても良いことだと思っていますので、食欲が無事戻られたことを寿ぎここに駄文を記させていただきました。

こちらからは以上です

2020-12-05

anond:20201205090505

アカウントの死期じゃなくて本当に余命宣告されたのかもしれない

2020-11-11

余命宣告されてしまったんだが

正直同情の言葉かいらないんだよなあ

本当に可哀想だと思ってるなら

冥土土産やらせてくれよ

にゆ人間に対して本当に同情してるなら一回のセックスぐらいやらせてやれるだろ普通

そんなことも出来ないってのは本当は同情なんてしてないんだよ

ならはじめから何も言うな

実際興味ないやつはそっか大変だなで終わり

別にこっちはそれでいいんだよ

言葉だけの同情なんていらない

2020-10-24

メンタルが強い」とかい勘違い

私は自分のことを「メンタルが異様に強い女」だと思っていた。最後に病んだのはいつだ?どころか、落ち込んだのはいつだ?と思うくらい、自分感情マイナスに寄ることがなかった。私は自分の機嫌を取るのが上手いからな!と自慢にすら思っていた。それは、コロナ禍で外出が制限されようと、日頃から応援していた人のライブが中止になろうと、祖父余命宣告されようと、影で悪口を言われようと、バイト先でめんどくさい客に難癖をつけられてもそうで、何があっても病まない私最強だな〜って感じだったし、周りにもよく言われていた。「病まなくてすごいよね、うらやましい」

でも結局私は「最強」じゃなくて「最悪」だった。つい先日、私は大学の前期試験成績で学年最下位を取って分かった。ちなみに私は2浪の2年生だ。2浪の学年最下位。最悪でウケちゃう

で、何が問題って、こんなとんでもないことしたのに全然凹んでいないのだ。落ち込んでもいないし、今考えているのは「親になんて伝えよう」だ。実家に届く成績表は親が見る前に自分で回収した。だから別にバレないかと思っていたけど、成績が悪いとうちの大学三者面談をされるので逃れられない。その書類明後日発送される。そいつは私が回収したところでなんの意味も無いので、届くまでにカミングアウトしないと怒りを増幅させてしまうな〜とか、色々。9/10単位落としているんだけど、まぁ追試で拾えればなんとかなるよな〜ってベッドでこれを書いている。多分この調子だと拾えないけど、今からやれば確実に拾えるし留年しないのも分かっている。「やれば出来るのになんでやらないの?」って言われ続けてるし、私もそう思う。コロナオンラインになったのも全く関係ない。たぶん、登校していてもこうなっていたと思う。今考えるべきこと、これじゃないけど。

こういうとき普通に落ち込んだり病んだりする人なら、すごい落ち込んで沈んで泣いたりして、でもそこから這い上がろうとするのだろう。それで頑張りすぎて自死を選んでしまう人とかもいるのだろうが、そこまではいかなくても、頑張ろうとすることがまず普通なのだろう。みんないつも最悪の想像をしてるんだな。

私は結局「メンタルが異様に強い」のではなくて「事実全然受け入れていない」だけなんだと気付いた。私はいつもその時その時の、1番なんとかなる感じの想像しか出来ない。最高の想像では無いけど、なんとかなる想像。これ、逆にメンタルがめちゃくちゃ弱いが故の防衛本能みたいなものなのでは???ということもわかっているけど、どうせこの事実も受け入れていない。気付いて、わかる、知る、そこで全て終わりだ。何かを発表する時や、大きな試験の前、大人数の前に出る時にも一切緊張しないのもこれが原因だろうな。それを失敗した時どうなるかとか、何を言われるかとか何も考えてないし、言われたとしてもなにか起きてもきっと気にしないって分かっているから。成長の余地なし。

成功体験がない訳では無いけど、成功体験による達成感とか喜びがそこまでモチベーションになるタイプでもない。目先にご褒美をぶら下げられるタイプでもないし、まず自分にとって何がご褒美になるのかもよく分からない。もう本当に最悪だ。先述したようにもちろん失敗への恐怖もモチベーションにならない。私はこのまま一生何も頑張れないし、何にも打ち込めないまま終わるのだろうか。メンタルが強いから何があっても別に平気だと思っていた私は、いつもギリギリで生きて、ギリギリでなんとかなったり何とかならなかったりしつつ、それを糧にしないで適当に過ごしているだけだった。私も頑張りたい。みんなと一緒に頑張って失敗してないたり、成功して喜んだりしたい。これ治るのだろうか???私の意識問題しかないのかな。なんか病院かいったら治るんだろうか???さすがにこのまま死にたくはない。

2020-10-23

バハムートが死んだ

知恵袋みたいにアンサーが欲しいわけでもなく、でも自分の思いを誰にも知られないのが寂しくて誰か一人でも自分気持ちを知ってもらえたら楽になれるかもしれないと思ってここに書く。

2歳6カ月のバハムートが死んだ。

バハムート平均寿命は2歳〜2歳半だといわれているので寿命を全うしたといわれればそうだし、良くこれまで生きてくれたと思う。

でもやっぱり1日でも長く生きて欲しかった。

予兆全然なかった。

もちろん、ゆったりとした変化は感じ取っていて、例えば回し車で遊ぶ時間は前よりも少なくなったし、起きている時間も前よりは少なくなった。

バハムートは別荘を所有していて、時々放してやった、飼ったことがある人は分かると思うのだが一度放すと中々出てきたがらない。

お家に戻すときにエサを囮にして別荘から呼び出すのだが、前は一直線にエサに飛びついていたのに、最近は時々エサとは別の方向に向かうこともあって、目が悪くなったか、もしくは脳の病気になっているのかもしれないな、と思うこともあった。

でもそれでも、食欲はモリモリだし、下痢したこともあったけど今はそれも治って、歳の割には元気でその日もいつものように別荘出せコール(ケージをガジガジ)をしていた。

それで時間が経っていつものようにエサを囮に呼び出しても全然出てこなくて、探ってみたら、別荘に行き着く寸前のところで固まっていた。

生きている間はあまりじっくりと触れることはしなかったけれど、それをよくよく触ってみると背中の右側が明らかに左側よりぼこっとしていて、腫瘍ができていたのかもしれないな、と思った。

しかし、知恵袋に書いてあるような、くるくる回ったり、歩きづらそうにしていたり、食欲がなかったり、そんなことは一切なく、元気なじじバハムートだった。

2歳6ヶ月まで生きたことは、普通に考えれば、長生きしたね、と言ってもらえる歳だと思う。

でも、何で今日この日に死んだのかが全然からない。

直前まで本当に元気で、いやもしかしたら元気じゃなかったのかもしれないけど、でもケージをかじる余裕はあって、今日もいつも通りの日常バハムートにも私にもあると信じていたと思う。

もっと分かりやすく何か症状が出ていたら、それなりに身構えることができたのかもしれない。余命宣告でもされていたら、もっと、何かができていたのかもしれない。

そんなこともなく、コロッと逝ってしまった。別荘の前で倒れていたから、ケージから放してすぐのことだったと思う。食いしばったような歯で片目は半開きで横たわっていたから、恐らく苦しんで死んでしまったのだと思うけれど、死ぬ間際までそれなりに元気でいてくれたことは良かったとは思う。

そんな風に、予兆なく逝ってしまうのと、別れを予期しながら徐々に逝ってしまうのとどっちがいいんだろうね。

バハムートにとってはいつ死んでもおかしくない年齢とはいえ、やっぱり1日でも長く生かしてあげたかった。

もし、その日その時間ケージからさなかったら死ななかったのかもしれない、その日は寒かったから、ちょっと早いけど暖房もつけていれば死ななかったのかもしれない、1週間前に掃除をしなかったら今日死ぬことはなかったのかもしれない、考えたくないけれど、その日のおやつにははが鮭をあげなかったら死ななかったのかもしれない (でも最後の晩餐が美味しそうに食べていた鮭で良かった) 。

それ以前に、病が原因で死んだとしても、何が分岐点今日死んだのか、分からいから辛い。

まだ、ケージは片付けていない。いつでも戻ってきていいんだよ、居場所はここにあるよ、寂しくないよ、って思っていることを伝えたいから。親から何か言われない限りは四十九日まではそのままにしておきたい。

でも、知恵袋によると、遺品をそのままにしておくとバハムート成仏できないらしい。そしてバハムートの魂は遺品に宿るわけではなく私たちの心の中に宿っているらしい。

そういう、成仏とか魂の話は、尖った言い方をすると生きている側のエゴであって、死んだ側には魂もクソもなく、死骸が腐敗して土に還るだけだと思うのだが、実際自分が大切にしていた人や動物が死んでしまうと、しっかり成仏して天国に行ってずっと美味しいものを食べてくれたらいいなと思うし、天国に飽きたら輪廻転生してこいよ、と願ってしまう。

残念ながら、成仏しようが魂が生まれ変わろうが、私の家にバハムートが戻ってくることはもう二度とないわけで、それはとても悲しい。しかし、バハムートに限らずそれは犬にも鳥にも親にも私にも必ずいつかはやってくることで、死は何も特別なことではない。そう分かってはいても、やはり死は悲しい。

私は今でもケージに向かってバハムートの名を呼ぶし、バハムート匂いを嗅ぎに別荘を覗くこともある。私とバハムート日常は変化し続けながらも、まだそこにある。

ハムスターが死んだ

知恵袋みたいにアンサーが欲しいわけでもなく、でも自分の思いを誰にも知られないのが寂しくて誰か一人でも自分気持ちを知ってもらえたら楽になれるかもしれないと思ってここに書く。

2歳6カ月のハムスターが死んだ。

ハムスター平均寿命は2歳〜2歳半だといわれているので寿命を全うしたといわれればそうだし、良くこれまで生きてくれたと思う。

でもやっぱり1日でも長く生きて欲しかった。

予兆全然なかった。

もちろん、ゆったりとした変化は感じ取っていて、例えば回し車で遊ぶ時間は前よりも少なくなったし、起きている時間も前よりは少なくなった。

ハムは別荘を所有していて、時々放してやった、飼ったことがある人は分かると思うのだが一度放すと中々出てきたがらない。

お家に戻すときにエサを囮にして別荘から呼び出すのだが、前は一直線にエサに飛びついていたのに、最近は時々エサとは別の方向に向かうこともあって、目が悪くなったか、もしくは脳の病気になっているのかもしれないな、と思うこともあった。

でもそれでも、食欲はモリモリだし、下痢したこともあったけど今はそれも治って、歳の割には元気でその日もいつものように別荘出せコール(ケージをガジガジ)をしていた。

それで時間が経っていつものようにエサを囮に呼び出しても全然出てこなくて、探ってみたら、別荘に行き着く寸前のところで固まっていた。

死んでいるとすぐに思った。こんなところで寝るはずがない。

触れるのが怖かった。冷たくなってしまったハムに触れてしまうのがとても怖かった。

生きている間こそあまりじっくりと触れることはしなかったけれど、冷たくなったハムを抱いてみると背中の右側が明らかに左側よりぼこっとしていて、腫瘍ができていたのかもしれないな、と思った。

しかし、知恵袋に書いてあるような、くるくる回ったり、歩きづらそうにしていたり、食欲がなかったり、そんなことは一切なく、元気なじじハムだった。

2歳6ヶ月まで生きたことは、普通に考えれば、長生きしたね、と言ってもらえる歳だと思う。

でも、何で今日この日に死んだのかが全然からない。

直前まで本当に元気で、いや元気じゃなかったのかもしれないけど、でもケージをかじる余裕はあって、今日もいつも通りの日常ハムスターにも私にもあると信じていたと思う。

もっと分かりやすく何か症状が出ていたら、それなりに身構えることができたのかもしれない。余命宣告でもされていたら、もっと、何かができていたのかもしれない。

そんなこともなく、コロッと逝ってしまった。別荘の前で倒れていたから、ケージから放してすぐのことだったと思う。食いしばったような歯で片目は半開きで横たわっていたから、恐らく苦しんで死んでしまったのだと思うけれど、死ぬ間際までそれなりに元気でいてくれたことは良かったとは思う。

そんな風に、予兆なく逝ってしまうのと、別れを予期しながら徐々に逝ってしまうのとどっちがいいんだろうね。

ハムにとってはいつ死んでもおかしくない年齢とはいえ、やっぱり1日でも長く生かしてあげたかった。

もし、その日その時間ケージからさなかったら死ななかったのかもしれない、ちょっと早いけど暖房もつけていれば死ななかったのかもしれない、考えたくないけれど、その日のおやつにははが鮭をあげなかったら死ななかったのかもしれない (でも最後の晩餐が美味しそうに食べていた鮭で良かった) 。

それ以前に、病が原因で死んだとしても、何が分岐点今日死んだのか、分からいから辛い。

まだ、ケージは片付けていない。いつでも戻ってきていいんだよ、居場所はここにあるよ、寂しくないよ、って思っていることを伝えたいから。親から何か言われない限りは四十九日まではそのままにしておきたい。

でも、知恵袋によると、遺品をそのままにしておくとハム成仏できないらしい。そしてハムの魂は遺品に宿るわけではなく私たちの心の中に宿っているらしい。

そういう、成仏とか魂の話は、尖った言い方をすると生きている側のエゴであって、死んだ側には魂もクソもなく、死骸が腐敗して土に還るだけだと思うのだが、いざ自分が大切にしていた人や動物が死んでしまうと、しっかり成仏して天国に行ってこいよ、天国でずっと美味しいものを食べてくれよ、天国に飽きたら輪廻転生してこいよ、と願ってしまう。

残念ながら、成仏しようが魂が生まれ変わろうが、私の家にハムが戻ってくることはもう二度とないわけで、それはとても悲しい。しかし、ハムに限らずそれはお家の犬にも鳥にも親にも私にも必ずいつかはやってくることで、死は何も特別なことではない。そう分かってはいても、やはり死は悲しい。

私は今でもケージに向かってハムの名を呼ぶし、ハム匂いを嗅ぎに別荘を覗くこともある。私とハム日常は変化し続けながらも、まだそこにある。

2020-10-16

好きなVtuber卒業する

私は特に熱心なVtuberファンというわけではない。活動を欠かさず追い続けている特定Vtuberがいるわけではなく、ましてグッズやイベント投げ銭などの有料コンテンツに金を払っているわけでもない。自分作業ゲームをするときBGM/BGVとして、また暇なときや眠れないときなどに気に入った配信者(Vtuberに限らない)の動画を流したりする程度だ。

そんな私がVtuber配信を見るようになったきっかけになった子が卒業するらしい。

彼女を知ったのはVtuberの身内のゲーム大会で、まだ1年も経っていないのではないか。その集団の中でも有名なVtuberを切り抜き動画で何人か知っている程度だったが、大会での彼女の快進撃には注目せざるを得なかった。

自身思い入れのあるキャラクターたちを相棒として選び、彼らを活躍させて勝つため対戦相手分析し、準備した結果導いた勝ち筋を通して勝利を重ねて行ったのだ。

彼女より登録者が多かったり、有力視されていたりする対戦相手に対しても勇敢に戦い勝利して行く姿は、見ている私をも熱くさせ、すぐに虜になった。それはかつてニコニコ動画などでも見ることができたような感動を思い起こさせるものだったのだ。

その後は時間が合えば彼女配信を見るようになったが、その雰囲気が心地よいものだった。

他のVtuberも見るようになったが、配信の回数を追うごとにVtuberなのか演者のものなのかよくわからなくなってくる人も見受けられる中、彼女彼女自身が考える見せ方にとても気を遣っていたように思う。

彼女場合も、どうしても演者パーソナリティ漏れしまうこともあり、私はそれも含めて好きだったのだが、彼女はそこを見られることはあまり好んでいなかったように思う。

また、私が知ったきっかけの大会に出ているように他のVtuberとの交流もありながら、流行に乗るだけではなく、どちらかといえば一定距離を取ることもあり、自分のやりたいことをして、視聴者とやりとりしつつ配信するスタイルも魅力的だった。

彼女卒業すると聞いた寂しさは、どう例えたものだろうか。

あるいは小学校ときに仲の良かった同級生が転校したときのような、清原引退したときのような、そんな寂しさだろうか。

しかし、同級生は25年経った今でも(おそらく)どこかで人生を送っていることだろうし、清原引退しようが逮捕されようが、「NoシャブNoライフ!」と叫ぼうが、その後に送っている人生を知ることができる。

より近い感覚としては、親が突然余命宣告されたとき、または少しの間会っていなかった友人が急死したときのそれかもしれない(画面の向こうのVtuberに対して親を引き合いに出すのはどうかと思われるかもしれないが、私は世間一般に比して親のことをあまり好きとは言えなかったので、まあ適当塩梅なのではないかと思ったのだ。)。

まりVtuber卒業とは突然の死なのだ。それについては過去に散々議論はされているものと思うが、私はそう感じた。「言葉」ではなく「心」理解できた、と言うべきか。

しかし、卒業の知らせがショックであった一方で、彼女「卒業」という選択をすることができたのはある意味幸福であるようにも思う。この業界(と言うほどに私は詳しくもないが)、突然の活動休止や謹慎、その後の引退契約解除になるケースも珍しくない中で、彼女自分の見せたいことをやりきった結果として、というかそれを完成させるために「卒業」へ至ったようにも見えるからだ。

活動の中で垣間見える演者の人柄を見るに、これまでの人生必ずしも順風満帆ではなかったのではないかと(邪推ならいいのだが)思えることもあった。それが良い方向に向かうよう努力している様子も伺え、内心それを応援していた私としては、演者人生がより良い将来に繋がってほしいものだ。

彼女とその演者彼女を愛した人たちに明るい未来のあらんことを願う。

2020-09-05

叔母は生涯独身だった。

結婚せず、実家の一軒家を建て、仕事人生を楽しんでいた。仕事は3つかけもちし、趣味もたくさんもっていた。当然海外にいたり、趣味が高じて知事表彰されたり、マリファナに詳しかったり、全体的に謎の人だった。

当時、ひきこもりぎみだった私を野外フェスに連れ出して、外の世界に興味をもたせてくれたのも叔母だった。

叔母が突然の余命宣告をうけたとき、叔母の男友達(叔母のことを好きだったんだと思う)が介護を買って出てくれた。

叔母はあっという間に亡くなってしまったけど、訃報をきいて、実はずっと叔母の事柄好きだったという男性が位牌のある我が家を訪ねてきた。泣いていた。

介護してくれた人以外にもいたのか、叔母さんモテるなと思ってたけど、そんな人があと2人訪ねてきた。モテすぎだ。あと叔母の遺産は億を超えていて、周囲を驚かせた。

謎の叔母。はちゃめちゃな姉がいる感じで大好きだった。今頃天国で元気にやっててくれるといいな。

2020-09-02

anond:20200902163630

もっと良い禅問答思いついたから書くけどな

80歳の生まれときから小児性愛者が、ずっと誰にも言わず思いを抑えてきてて、余命宣告を受けたか死ぬ前に片思い児童と思いを遂げたい

ってやつがいたとするぞ。じゃあそいつが思いを遂げるのはそいつにとって「間違っている」のか?

なんでお前はその児童の苦しみを小児性愛者の苦しみよりも優先するんだ?

同じ人生における苦しみだろ?どっちのほうが苦しいってなんでお前は言えるんだ?

未来があるから?なんで未来があるやつが優先されるって決まったんだ?いつ誰が決めたんだよ。

どんな権利があってお前は小児性愛者が80年抱えた苦しみをないがしろにすることができるんだ?

逮捕されても良い。死刑になっても良い。だから思いを遂げさせてくれってなったときに、じゃあなにが「正解」なんだよ?

俺にはわかんねぇよ。「正解」なんてねぇよ。それぞれが自分の「正解」を考えるしか無いだろ。

簡単に「正解」「結論」とか言うんじゃねぇ。

2020-08-02

anond:20200802030139

認知症だと大変よな

ちなみに僕のところは遺産がないです。

親の自殺の原因となった愛人に、余命宣告された方の親が金と情熱時間をつっこんだので……

死神

17歳、親が自殺した

24歳、祖父自殺した

27歳、僕たちの初めての子どもが空に行った

29歳、友人の妻が自殺した

30歳、友人の親が自殺した

31歳、友人が殺された

32歳、残っていた片方の親が余命宣告を受けた 平均寿命にはまだ15年以上もあるのに


途中で心がどうしようもなく疲れて、心療内科の扉を叩いた。

28歳までの話は「そういうことは、意外と周りの人にもあるものですよ」と言っていた医師が、29歳以降の話をしたら絶句した

自分死神のように思える」という僕に、医師は「そんなことはありません」と言ってくれた

これ以外にも、事故で何人か亡くしている。いわゆる「トラブルが起こりやす場所」で生きているわけでもない。本当に、普通に生きているだけ。

一時は本当に、「自分がいなければ人は死なないのではないか」と考えて首をくくりそうになった。

自分死神なのかな。頭ではこんなことはあり得ないと分かる。でもあまりにも多すぎる。今度は誰を失うんだろう。せめて妻にだけは長生きしてほしいな。すべてを受け入れて、添うてくれているのは妻だけだから

こんなこと、ぜったいに、だれにもいえない。

2020-07-26

anond:20200726153114

けっきょくどんな制度運用するかの話がないか不毛だよね

余命宣告を受けてからなのか漫画チックに誰でもやってもらえるのか

2020-07-25

anond:20200725201626

オランダ外国人の受け入れやってないぞ。スイスやな

末期癌ほか余命宣告されていて激痛しかない状態ならお金がないかスイスへ行けないの嘆きもわかるが

それ以外は普通に働けばいいのでは?

2020-07-10

自分が貧しい気がしてならない

多分貧しくはないんだろうと思うが、どうにも貧しい気がしてならない。

実家典型的昭和中流家庭といった感じ(地方銀行員の父親中小企業事務員の母、地方都市に一軒家。)だったが、年子だったため父親は私が小学生の時に定年した。その後は今に至るまで母親収入父親年金生活している。そのせいで、小さい頃からぼんやりとしたお金への不安があった。

さらに、中学大学まで私立に通っていたため、周りにお金持ち&エリートが多かった。友達や先輩後輩の実家は高確率都内一等地地方出身であっても、仕送りで30万円とかもらって家賃10万円越えの家に住んでいたりする。就職先も、官僚コンサル総合商社外資マスコミの乱れ打ちだ。一つ上の先輩は、4年目にして夏のボーナスで3桁貰ったと聞いた。

そんな中で、一人暮らしをする余裕がない私は2時間近くかけて大学に通い、一応大手メーカー就職した。多分3年目の年収は450万円くらいだろう。手取りにして350万円で、そこに家賃補助が年50万円くらいかな。何というか、自虐したら自虐風自慢に聞こえる可能性もあるけれど、決して胸を張れる金額ではない、微妙まりない年収だと思う。残業ほとんどないこともあって、周囲の人たちに比べて100万円くらい年収が低い気がする。

こんな年収だと、飲みに行っても会計がすごく気になるし、一人8000円とかになるともう来たことを後悔してしまう。家具ほとんどニトリ雑貨100均、安い食材自炊して食費は飲み代を除けば月2万円くらいに無理して抑えている。文庫本一冊も気軽に買えないし、服は1万円以下のものばっかりで、デパコスなんて買ったこともない。同期の女子クリスマス恋人からミュウミュウをもらった話を聞いた後、私は自分と同スペック彼氏サイゼミラノ風ドリアを食べている。

自分みたいな立場人間が、さも貧者でございみたいな顔をすべきではないんだろう。でも、私はこの格差社会の中で富める側の一番下にいる人間なんだと思う。少し何かあったらすぐ転落しそうな感覚があって、小さい頃から、このテストに、この受験に、この面接に失敗したら自分はもう貧困まっしぐらだという強迫観念に悩まされていた。就職した今でも、ちょっと心身の病気にでもなったら、親に頼れない分もう終わりだなと思って怖くなる。

最近お気に入り妄想は、余命宣告された後に貯金通帳をみて、葬式代まで払えることを確認して心の底から安心することだ。その妄想を実現するために早く死にたいと願っている。親に愛されて育ったから、親を悲しませたくないために絶対自殺はしたくないけど、両親を無事見送ったら次の日にはもう死にたい。今なら数百万円貯金があるから妄想通りに死ねるのになあ。

2020-06-04

anond:20200604231909

死亡宣告されても変わらなさそう?

※ゴメン間違えた余命宣告だったわ(笑)

2020-05-12

コロナ患者への余命宣告

がん患者でも当人には教えず伏せておくってのがあるよね

世界中で交代ができたら安心みたいな報道だけど

HIV抗体C型肝炎交代っキャリアって意味でぜんぜん安心じゃない

なんで感染させないような話になってるんだ

2020-04-06

今はまだ死ぬことはない

でも日常生活に支障をきたす程度のストレスを感じている

余命宣告はされてないのにされたような感覚

もし風呂で倒れたら?

入院したことないけど

胸痛があって

年末年始のあの賑わい。

医者に診て貰いたい。

自分自身自分のことをどこかでそういう生き物と認識していて

仕方ないとどこかにある

きちんとした仕事にはついていない。

自分死ぬほど嫌いだ

同じような状況でも頑張ってる人は五万といてそういう人は言い訳したりしない。

自分を好きになりたい、だけどどうしても好きになれない

2020-02-04

生活保護で生き長らえていた母がゆるやかに孤独に死を迎えた話

母が死んだ。

母は別に私にとって良い母ではなかった。だから全く連絡は取っていなかった。

ただ、生活保護受給関係行政からお伺い(どれぐらい援助できますかと聞いてくる類のもの)があった程度。

そのケースワーカーさんは謎に親切で、聞いてもいないのに母の様子を度々私に電話で伝えてきた。

母は長い間、余命宣告を受けていた。

はじめに余命宣告を受けたときは5年、いや6年か? それほど前のことだった。

「いつ何があってもおかしくない」そんな言葉を聞き飽きるほど聞いていたけれど、中々そんな展開にはならなかった。

何度も入退院を繰り返した末に、生活保護で貰える医療券の上限になったのでこれ以上は医療費は出せないとのことで退院をすることになった。

しかしたら、ケースワーカーさんは私にそれを伝えることで医療費を出してあげてほしいと間接的に訴えていたのかもしれない。

私は何もしなかった。理由を書いても共感できるかどうか、理解できるかどうかが分かれるのは間違いないので理由はさておき。

母はゆるやかに死んだ。

自分の体調的にどう考えても医療を受けずに長い間生きられるとは思っていなかったと思う。

そもそも自分で歩く事もトイレとベッドの往復ぐらいしかできないレベルだったのだから

最後餓死なのか病死なのか解らない状態だった。

私はすべてを放棄し、放置した。

そのことに対して何も後悔していない。

ただ伝えたかったのは、最低限の生きるための医療生活保護では受けられないことがあるということだけ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん