「コールドスリープ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: コールドスリープとは

2020-06-19

anond:20200619145139

横だけど、

こいつはコールドスリープで30年後に起きて30年ぶりに友人と再会したと思い込んでいるだけで、

実は、こいつ自身創作されたイメージのものだったってことだろう。

フライドポテトは本物のようだ ということは、本物じゃないもの存在を匂わせている。

そして、本当に本物じゃないのは、主人公だったという。

anond:20200618160628

要するに、コールドスリープで眠っていたこいつ以外は

全てデータ化されてしまったという事で合ってるのだろうか。

彼は私が目覚めた際に用意したホログラフィックVRケーキを4等分すると言った。

用意した?「ホログラフィック」は技術のことを示していたと思ったが、違ったか

ホログラム」じゃないのか?なんだかすごく違和感がある。

眼の前のケーキが消えた。フライドポテトは本物のようだ。

なんでポテトが本物かどうか必要なん?

anond:20200619111151

アフロ主人公と同い年だろ。30才年上になってしまったと書かれている。つまり主人公は30年間コールドスリープしていたというわけだ。しかアフロはまだ30代だ。ということは、何かしらのアンチエイジング、あるいはリバースエイジング技術が発達している時代ということが分かる。そういう状況、つまりアフロ主人公が同世代という状況を加味すると、アフロが昔の言葉をつかって主人公物事説明するのは理にかなっている。

しかし、これを書いた元増田は、あまりよく考えていないではないかと思う。なぜなら、おれ様が読んでもよく分からない文章になっているからだ。今までの経験上、おれ様がよく分からないと感じた文章は、おれ様が悪いのではなく、書いた奴が悪いことが100%だ。したがって元増田は、何らかの解釈をしてもらいたくて文章に含みをもたせているのではなく、単に自分の考えを自分自身でもよくわからないままにこの文章を書いたということが言える。つまり修行が足りないのだ。あるいは修行中なのかもしれない。

猫がかわいいので、まぁ90点といったところか。

2020-06-18

ケーキインザキャット

コールドスリープから目覚めた私に、30代のアフロヘアの友人は楽しそうに語っている。

右手には30年前も見かけたシェイクが握られている。この時代では黒人であるか否かは、差別であるか否かを問うことと同様に意味がない。

ただし30歳年上になってしまった友人に知識量で負けているという落差はあるような気がしてならないが。

「だからね、お前の時代にあったストレージなんて今の世の中にはないんだよ」

右手シェイクはすっかり空になり、彼はフライドポテトを口の中へと放り込む。塩か粉かが宙を舞った。

「つまり、誰もデータは保存しないと?」

「いやそうじゃない」

窓の外の手すりを猫が歩いている。

「このケーキのようなんだ、ちょうどね」

彼は私が目覚めた際に用意したホログラフィックVRケーキを4等分すると言った。

「これが俺」

ケーキを指差す。

「つまり、どういう?」

「ある日人の思考デジタルデータ化する方法が編み出されたんだ。こいつは面白い技術でね。そこからあらゆるコンテンツ映像が生み出された。するとそこから自然イメージをどう保存するかという問題にもさしあたる。イメージは大量のデータ容量を消費した」

妄想のようなものはどうするんだい」

話を遮ってしまったが彼は口角を上げると口笛を吹いた。

「良い質問だ。大量のイメージ妄想も含んでいた。そこからイメージ調律する学校もできたし、東洋的なメディテーション技術科学的に研究されるようになった。ただ、これは人間側の努力にすぎない」

目線を一時だけ窓にやると、窓際の猫が群れをなして規則的な動きをしている。思えば妙な動きだ。色は真っ黒で統一されている。

イメージはやがて機械的手段で"間引き"されるようになった」

「それとケーキはどう繋がるんだ」

「まあ待てよ。それでもデータは膨大なんだ。するとお前の生きた時代じゃストレージなんてもの必要になってくる」

持って回った言い回しに僅かな違和感を感じる。そして窓際の猫はまるで蟻のように同階のマンションへと消えていった。

「俺たちの時代にはこう考えた。いっそ全てのマシンをつないで、そう、トレントブロックチューン、それの人間版といったところさ。そいつに全てを共有させる。フィルタリングは各人の無意識の脳の領域顕在意識の2つを使って最適化された。つまりつながれば繋がるほど最適化される」

「それじゃマイノリティは大変だな」

猫がまた列をなして下の階から上がってくる。そうかと思えば彼らは急にバラけて別々にマンションの窓へと飛び込んでゆく。

マイノリティ。ずいぶん古い概念だな。少なくとも今そんなやつはいないさ」

「そんなはずはない。社会最適化されてもニッチは消えないし、マイノリティますます先鋭化されるはずだろう」

マンションですべての猫が一斉に鳴く。それはまるでハーモニカクラクションを混ぜた音に聞こえた。

「だからケーキの一部なのさ。あらゆる動物も含むイメージが連結されて、各人がそれぞれの存在でいながら全てが共有される。あらゆる性的指向暴力も好きなタイプも優秀な頭脳も全てだ。フィルタグローバルフィルタプライベートフィルタリング制御される」

「それじゃプライベートなんて」

いかけた言葉を彼は遮る。

「そうとも、そんな旧時代概念必要ない」

鳴き声が一斉にやんだ。

「"あれ"も皆イメージ提供者なのか?」

「あれってなんだい」

「猫さ」

彼はまた口笛を吹いた。

そいつイメージの波だな。お前にゃそう見えるんだ」

こちらにしか見えないのか」

「ああ、俺にゃ見えないね

「もう一つ疑問が。こちらはその、なんでイメージが繋がってないんだ。コールドスリープから目覚めたばかりだからか?」

「それも少し違うかな。その質問に答える前に、お前に話しておきたいことがあるんだ」

眼の前のケーキが消えた。フライドポテトは本物のようだ。

「もう何年も前になる。俺にはお前に似た友人がいてね。コールドスリープするってきかないものから、俺りゃ友人として何度の止めたのさ。何しろコールドスリープなんて未来になんの担保もない技術だ。あいつはそれでも聞かずに冬眠に入っちまった。そこから数年後に冷却装置故障契約者の大半の脳は凍傷を起こして死亡した」

部屋の隅から白と黒の二匹の猫が入り込んできて、くわえたネズミを床に落とすと去っていった。ネズミはたちまちシェイクへと姿を変える。

「ところが我が友は幸運だった。やつの脳だけは無事だったのさ。そこからイメージ再生するのもね。今だって自由イメージ世界を行き来してるさ」

そいつは願いがかなったのかな」

特定デバイスがあれば幽霊じゃねえけどよ。そうじゃない限り、そうだな、お前が見ている猫みたいなもんさ」

黒猫たちに混ざって白猫もたくさん見えるようになった。私は窓の外へと飛び出すと、今まで味わったこともないスピードで彼らを追いかけていた。

2020-05-14

anond:20200514084600

たぶんこれ同族嫌悪だと思うけど文章加齢臭が凄いし内容も古(いにしえ)のオタク感凄くて引いてしまった

毒吐きネットマナーかよ

目を覚ませと言うがコールドスリープから目覚めたばかりの人なんだろうか

キャラクター勝手同性愛者にすることはいけないことだから隠れて!非公式CPは隠れて!みたいな時代はもう終わってるんで……

好きなものを好きと堂々と発信する空気ババアには辛いって言うなら5chに帰ろう


あと「ABは公式」って「公式が最大手」「公式のあのシーンが凄い!」みたいなのも含まれてると思うけど

本気で「作者はAとBが恋愛関係にあるつもりで描いてる」と思ってる人は少ないんじゃない

もしそうだとしても「AB公式」と言った口でAの恋人女の子をボロクソに叩くとかしない限り別によくない?

2020-05-13

26世紀青年』を見た

26世紀青年』(原題:Idiocracy)という映画を見た。

ごく平凡な主人公が500年ものコールドスリープから目覚めてみたら、人類「バカ」化の一途をたどっており、自分が全世界で一番賢い人間になっていた…という、ある意味異世界転生ものっぽい話である

なにもなければただのコメディ映画で終わるのだが、見た時期が悪かったかもしれない。「バカ」化した人類があまり他人事に思えなかった。

流行りに乗っかり、見たいものだけを見、信じたいものだけを信じること自体が悪いとは言わない。誰しもそういう経験はあるだろう。でも、そこに「固執」「排除」という要素が加わると、話は違ってくる。

流行りに乗っかり、それこそが正しいことだと思いこむ。自分が正しいと思うものにこだわって、都合の悪いもの無視、あるいは自分の考えに沿うようにねじ曲げる。

自分が正しいと思うものだけあればいい。自分の主張さえ通れば他はどうでもいい。反対意見を持つ者(あるいは、自分が嫌いな者)が何か言っているが、耳を傾ける価値はない。

それは、映画で見た「バカ」のもののように思える。

自分も気をつけよう、とツイッターを見て思った。

2020-03-29

コールドスリープした期間は年齢に入るの?🤔

コールドスリープして年齢だけ成人以上のロリ構成されるソープランド合法なの?🤔

2020-02-03

キュー

あなたと私は何が違って何が一緒ですか?

私の中には第二次世界大戦が入っている。そう話すのは渡辺恭子

広島原爆により死んだこと、オッペンハイマー思考第二次世界大戦に関することが彼女にあった。

そんな彼女2017年東京で働いていた。

精神科医立花徹は紀尾井町普通に働くメンズ

ある日製会社の東藤恭子という女性と寝るが、二度目会った時に拉致されてしまった。

拉致されてから「等国:皆で皆を支え合う」「錘国:天皇を頂点としトップダウン統治する」の争いに巻き込まれ

徹の祖父である茂樹は第二次世界大戦までに活躍した軍人満州国統治にも関与していたが、その際石原莞爾と「等国」「錘国」の概念を話す。

終戦後のごたごたで彼らは離れ離れになったが、茂樹は戦後重鎮となり日本の高度成長の礎となった。

そんな彼は埼玉奥村allthingという板に触れ、意識不明になってしまう。

人類進化を続ける結果、個が廃止され、言語廃止され、最終を迎えた。

あの人、そう呼ばれるのは人類すべてであり立花茂樹であった。

Geniuslul-lulは天才である天才が故に世界絶望し、コールドスリープを選んだ。

700年後目覚めた彼は最後の人類になっていた。

人類は予定された未来に到達した。個の廃止が実現されたこ世界では、rejectedpeopleと称された肉の海の一部分達が寂しさを埋めるべく活動しているだけであった。

geneuslulilulは「すべての権限放棄しろ」とall thingに願った。

立花茂樹は「等国」と「錘国」を融合させることで世界最終戦争を終わらせた。

消えゆくrejectedpeople、geniuslululはサイパン島のrejectedpeopleに見守られながら死んだ。

2019-12-02

[]2019年12月1日日曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
008413582161.737
01708546122.149
02457867174.8117
03263030116.551.5
04262698103.869.5
05937241.317
06151595106.336
0716120375.239.5
08232312100.549
09314184135.069
109610896113.548
1192915099.551.5
12102932791.431
1363555688.252
147811217143.845.5
1510411109106.835.5
1693691474.333
17112921382.337.5
18759002120.044
1911513224115.031
206019746329.175
216720458305.347
229516866177.525
235811227193.643
1日1555209294134.643

本日の急増単語 ()内の数字単語が含まれ記事

アルテイシア(3), 転がさ(3), アメコミヒーロー(3), カキフライ(4), 口角(3), ホワイトボード(4), ファクトチェック(3), ドッキリ(3), まごう(3), ことなき(3), コールドスリープ(3), クレジットカード(7), モブ(7), アニメーター(6), ピンク(8), 負(9), 葛藤(5), 後々(5), 性病(4), 全額(5), きつく(4), プリキュア(6), 総合(5), おもちゃ(6), 産め(5), 感情的(5), 所謂(5), 悪人(6), 踏まえ(4), 食欲(4), 掃除(12), マウント(15), なんとも(8), 読者(9), スポーツ(13), 確保(8), 描写(12), 授業(9), 泣い(12), 仲(9)

頻出トラックバック先 ()内の数字は被トラックバック件数

ロジカル(笑)な妻についていけない /20191130234558(21), ■掃除とかって、どうやってやる気出してるの? /20181130144037(18), ■子どもスクールカーストの上位にするマウント教育方針 /20191201092809(17), ■ /20191201105248(14), ■anond20191105172026 /20191107011425(10), ■自宅で「ミルクティーの味」に成功したことがない /20191201005951(9), ■略語 /20191201001411(6), ■みんな昼飯2000円出すなら何食べる? /20191130190251(6), ■なぜ小学校側ですべて用意しないのか /20191201123755(6), ■今からコールドスリープで眠りに入る /20191201223421(5), ■真夜中のランナーに告ぐ /20191130203404(5), ■「ベビーカーに席は譲りません。あなた勝手に産んだ子です」というマーク発明される /20191201091944(5), ■人生の先輩方に質問です! /20191201121741(5), ■ /20191201175338(5), ■バッドエンドの作品 /20191201185525(5), ■挿入されるとき /20191130143025(5), ■ジャンプには「大人責任」を果たしてほしい←マジでクソ /20191129201320(4), ■anond20191201092809 /20191201113922(4), ■ヒ素カレー事件冤罪説って陰謀論だよな /20191201191658(4), ■ねこだっこ地獄 /20191130204157(4), ■「10年前から同人誌作ってます!」って言いつつも画力高校生みたいな人いるけど /20191201124621(4), ■ダーリン献血しないとお仕置きだっちゃ! /20191201140134(4), ■実家暮らし /20191201165914(4), ■「恋人が欲しい」のか? /20191201171039(4), ■魅力を感じなくなりたい /20191201172303(4), ■1つの思考問題 /20191201202438(4), ■少年漫画における性描写・性表現について /20191201183015(4), ■匿名ダイアリーでよく見かける増田って /20191201080203(4), ■教えてくれ /20191201215817(4), ■《女子小学生7人が性的被害に》千葉30代ロリコン教師 /20191129200642(4), ■毎月10万円あげる /20191201100208(4), ■anond20191201102405 /20191201103237(4)

増田合計ブックマーク数 ()内の数字は1日の増減

6830941(1407)

2019-12-01

からコールドスリープで眠りに入る

ハズレを引いちまった

これから長い眠りにつく任務なっちまった

 

何年後の未来に目覚めるかわかんねぇんだが、

これだけは未来人に伝えておけってモノを教えてくれねぇか?

 

頼む、お前らの力を貸してくれ

教えてくれ

今は西暦何年だ?

和暦はどうなった?

 

コールドスリープから目覚めたばかりで、何も覚えていない

唯一覚えていたのは、俺が増田ということだけだ。

 

手がかりが欲しい。

お前らの知っている情報を教えてくれ。

2019-10-24

諸悪の根源労働

働かなくてもそれなりの暮らしができるってことになっても解決しない悩み、かなり少なそう(病気恋愛くらいでは?) 諸悪の根源労働と言って差し支えなかろう

シンギュラリティ後の世界までコールドスリープするしかない

2019-09-20

周回遅れの彼方のアストラどくしょかんそうぶん

■よかったところ

・短くまとまっているところ。

  単行本5巻で綺麗に完結しているところ。変な引きみたいなのはなくてスピンオフとかもなさそう。

マンガとして凄く読みやすい。

  マンガでもいうのかな。変な用語とかなくてリーダビティが非常に高い。

・終盤の展開

  このあと散々文句言うので嘘くさいけどやはり終盤の展開。

  本来予定していた読者以外も引き込んだ技量はやはり特筆すべきものかと。

■俺が気に入らなかったところ

・背景説明の不親切さ

   背景のほとんど描写されないSF作品で、無条件に未来地球の話と思う人ってどのくらいいるかなあ。

   俺は地球によく似たパラレルワールド程度に想定していたので、例の大ネタ部分も驚く所?とおもってしまった。

   ほかに武器使用世界的に強く忌避されている点があまり描写されない点とかコールドスリープ装置の扱いとかそこどうなってんのみたいなところが思いのほか多かったり。

   ワームホール装置に関しても存在してはいけない禁断のテクノロジーなわけで、ほかの連中はともかくザックはなにかしら反応するべきなのではとか。

ミステリとして犯人特定が恐らく不可能な点

犯人が当初は自分もろとも皆殺しにしようとした点、そこから心変わりして自分+1で生き残ろうとした点とかの予想がほぼ不可能であったりとか。ザックあたりが突然俺が犯人ですとか言い始めても成立しないですかねこれ。

アナグラムのダサさ

 これは完全に俺の好みの問題だけど、惑星名前とかアリエスとかアナグラムの使い方がダサすぎませんかね。

2019-09-16

彼方のアストラ

なんか作者が出てきてちょっと面白くなってきた。

まあ元のアマゾンレビューは長い割に文句言うところはそこじゃないだろ感はあったけど。

テラフォーミングしてるとかの理由けがどうのとかいうけど、テラフォーミング出来るんだったらそこに住むよね。

それはともかくとして、あの宇宙船なんでコールドスリープ装置が一台だけしか搭載されてないの?

コールドスリープ技術あるんなら全員コールドスリープして惑星アストラダイレクトに移動すればよくね?

2019-07-26

もしも貴景勝コールドスリープから目覚めたら

「うう……ここは一体……」

 貴景勝は密閉されたカプセルの中に横たわっているようだった。貴景勝意識回復を感知するとカプセルの扉が開いた。上体を起こして周りを見回すがあたりは真っ暗で誰の気配もない。自分は裸のようだった。

「ここはどこなんだ」

 ――ピンポンパンポーン。オハヨウゴザイマス。タカケイショウ。アナタハキュウセイシュトナルタメニニセンニジュウネンニコールドスリープサレマシタ。アナタハスモウサイボウヲモツジンルイノキボウナノデス。ドウカジンルイヲスクテクダサイ。ナオコノメッセージハ……

コールドスリープ? スモウサイボウ? なんのことだ。うう、何も思い出せない……」

 カプセルから出て自分の足で立ってみると力士らしい足腰は健在であった。広い円形の殺風景な室内に事務机が一つだけあった。ノートが残され、「貴景勝殿」とあった。読んでみるとコールドスリープに至った計画の全貌が記されていた。

「なんてことだ……」

 ひとまずその部屋から出ることにした。ドアのロック網膜スキャンで解除された。そこは両国国技館の地下22階だった。見張りはいない。このことは最重要国家機密なのだ貴景勝には今が何年だか見当もつかない。エレベーターは設置されておらず、階段で地上を目指した。1階の扉もやはり網膜スキャン解錠された。ドアが開いた瞬間目の前に人が現れたが、彼は貴景勝の姿を見るとひっくり返った。

はわわ

 動じない貴景勝はその人物を見おろした。16かそこらの少年であった。震えながら後ずさりする少年に対して貴景勝は悠然と構えた。周りの様子からしかにそこは両国国技館のような気がした。長年誰も開けることのできなかった扉が今開かれたのだろう、貴景勝はそう思った。

「そ、そそそ、その扉から! 出てきたっちゅうことは! あんたはあの伝説貴景勝かい!?

「そうです。私が貴景勝です」

「うっはっは。やっぱりそうだ。おとんは嘘つきなんかやなかった。貴景勝はあったんや!」

「もしや、きみは、パズーかい?」

「どどど、どうして、わいの名前を! やっぱり貴景勝様はあかんで! でもちょいと発音がちゃいまんがな! サリーちゃんと同じ発音パズーや! こりゃあかん親方に報告せんと!」

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん