「始皇帝」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 始皇帝とは

2023-06-05

anond:20230602135602

かのぼるにしても限度があるやろ

FGOにおる始皇帝徐福と黄飛虎くらいで満足せい……

日本天智天皇より前もそうだけど300年生きた+名前だけなんて逸話が地味すぎるんよ

2023-05-07

anond:20230507190248

ミスタードーナツドーナツ自体別にいいんだよ。

なんでそこに冷やし中華とかあるんだよ。おかしいだろ。

なんでドーナツ中華なんだよ。

飲茶」のカテゴリドーナツ入るのかよ。

始皇帝陵とかに絶対無いだろドーナツ

2023-03-29

統一後の秦はいつ弱体化したか

238 秦王政

236 鄴の戦い

233 肥下の戦い ☜

232 番吾の戦い

230 韓滅亡

229 李牧殺される

228 趙滅亡

227 荊軻暗殺未遂

226 燕滅亡

225 魏滅亡

224 楚滅亡

223 楚滅亡

222 燕、代滅亡

221 斉滅亡

215 蒙恬匈奴侵攻

214 百越征服

210 始皇帝死去

210 陳勝呉広の乱

206 秦滅亡

 

2022-12-26

anond:20221226115857

後継ぎがボンクラだっただけで始皇帝はいうほど悪いことしてないよな

anond:20221226113948

始皇帝暴君扱いされるのはそこから天下を奪った漢の正当化によるものだろ。

漢の政治なんてほとんど始皇帝パクリだし、漢代平和始皇帝が作ったと言っても過言ではない。

2022-11-19

アレキサンダー大王とか始皇帝とか信長みたいなヤツが

アフリカあたりから突然出てきて

アメリカ中国も倒して世界征服したらおもろいのにな

2022-11-11

電子書籍配信元がサービス終了したら読めなくなるから紙の本の方が強いって言うけどさ

でも例えば始皇帝兵士が突然現れてお前の家の本全部火に焚べたら読めなくなるわけじゃん

紙だろうが電子書籍だろうが同じ話じゃね?

2022-11-05

貧乏ラブコメ三国時代の終わりとラブコメ漫画の終わらせ方あれこれ【追記

先日かぐや様は告らせたい最終回を迎えた。

これをもって一時代を築いた貧乏学生主人公ラブコメ貧乏ラブコメ)3作品※が全て完結を迎えたことになる。

かぐや様は告らせたいぼくたちは勉強ができない、五等分の花嫁のこと。

これらは同時期に連載していて同じような設定の主人公で同じような時期にアニメ化したことからまとめて語られることも多く、それでいて全く違う終わり方をしたことからよく比較対象になっている。

作品の終わり方

ラブコメ漫画はとかく完結後炎上やすく、どういう終わり方がいいのか議論になることが多い。

同じような時期に同じような設定で始まり全く違う終わり方を迎えた3つの漫画。これほど比べるのにちょうどいい環境もそうそうないだろう。

せっかくの機会なので各作品の軌跡を振り返っていきたい。

原作展開

かぐや様は告らせたい

ミラクルジャンプで連載開始。好評のためかその後ヤングジャンプ移籍

ラブコメというジャンル名でありながらほぼラブがメインなことが多いラブコメ漫画の中では珍しく、コメディを中心に据えた作風で人気を博し、貧乏ラブコメ仲間の一つである五等分の花嫁に抜かれるまでの2年以上、全週刊漫画誌で連載中のラブコメで売上No.1の座を守った。

白銀かぐやが付き合ってからコメディ割合が減ったり裏主人公である石上メインの話が増えたりしたために若干不評な時期もあったが、白銀たちが1年生のとき生徒会や思わせぶりな新キャラなどで考察好きのファンの間では変わらず盛り上がりを見せ、アニメ化成功実写映画化の大ヒットも手伝い最後まで人気のまま完結を迎えた。

シリーズ累計発行部数1900万部(Wikipediaによるとうち100万部以上はスピンオフ)。仮に原作が1750万部とすると1巻あたり発行部数は約65万部。

ぼくたちは勉強ができない

週刊少年ジャンプで連載開始。

ラブコメとしてはオーソドックスヒロイン主人公交流を繰り返していくタイプであるが、ストーリー連続性の薄さやヒロイン同士の交流がほぼ皆無であることなど、1話完結を繰り返しストレスなくキャラの可愛さを愛でるという構成ライトラブコメの一つの究極でもある。

単行本1巻発売時にはあまりの人気に重版が追いつかない事態となり、当時としては異例の紙書籍電子書籍がほぼ同時に発売するという措置を取られた。(当時は紙書籍から1ヶ月遅れ電子書籍配信されるのが当たり前だった)

その後アニメ化決定あたりをピークとして徐々に人気が落ち着いていったものの、本編最終回と同時に週間少年漫画としては前代未聞のパラレルストーリーを発表したことで大きな盛り上がりを見せた。

ただそれ以降はあまり話題には上がらず、その影響もあってか最終回でのTwitterトレンド入りを逃すという、アニメ化作品としてはある意味異例の結果を残した。

シリーズ累計発行部数は440万部。仮に原作が420万部とすると1巻あたり発行部数は約20万部。

五等分の花嫁

週刊少年マガジン読み切り掲載を経てから連載開始。

とかくキャラ人気に引きずられて話が本筋から逸れて冗長になりがち(キャラの魅力が大事ジャンルなので冗長になった部分こそが魅力だという面もあるが)なのがラブコメというジャンルだが、その中で珍しく一切の無駄を省いて本筋だけを通って完結まで走りきった。

元々人気作ではあったがアニメ化きっかけにさらに人気が爆発。貧乏ラブコメ仲間のかぐや様は告らせたいから全週刊漫画誌で連載中のラブコメで売上No.1の座を奪取した。

原作の完結時には結末に納得の行かないファンたちや駆け足での完結に反発したファンたちでネット上は荒れたものの、引き伸ばしがなく人気絶頂のまま完結したためか一般層の評判はさほど変わらず、完結後も売上が伸び続けるという異例の大ヒット作となった。

シリーズ累計発行部数は1600万部仮に原作が1500万部とすると1巻あたり発行部数は約107万部。

(2022年12月現在2000万部。仮に原作1900万部とすると1巻あたり発行部数は約135万部)

アニメ

かぐや様は告らせたい

クオリティ作画鈴木雅之主題歌という話題性も手伝いヒット作となる。

テレビアニメは3期まで放映され、新作アニメーションの劇場先行公開も決定。4期もおそらくやるものと思われる。

ぼくたちは勉強ができない

声優ユニットを組んでCDを出すなど音楽面には力を入れていたように思うが、アニメ自体はそれなり。ぼく勉の前クールに放映していた超豪華声優陣の五等分の花嫁や高クオリティかぐや様に食われてしまったためか、ヒットや原作読者の獲得には繋がらなかった。

緩いラブコメが好きな層からはそれなりに好評だったが、アニメ2期最終回で途中から唐突にアニオリ展開が始まり原作の完結より前に原作の結末が明かされ炎上した。何だったんだこれ。

五等分の花嫁

1期は不安定作画が、2期は原作の取捨選択がそれぞれ原作ファンからは不評。一方でヒロイン花澤香菜竹達彩奈伊藤美来佐倉綾音水瀬いのりという超豪華声優陣に恵まれアニメとしてはヒット(もちろん原作面白さがあってこそではあるが)。

YouTubeでの頻繁な無料公開で若年層の獲得にも成功し、今年上映した映画小中学生連れの家族女子高生など幅広い層が見に来たうえ原作ファンも絶賛。上映規模が100館程度の作品としては異例の観客動員数150万人以上、興行収入22億円以上の大ヒットを記録した。

余談:個人的アニメの出来の評価

かぐや様>五等分の花嫁映画)>ぼく勉>五等分の花嫁テレビアニメ


その他のメディアミックス

かぐや様は告らせたい

主人公白銀ジャニーズ平野紫耀ヒロインかぐや橋本環奈採用した実写映画興行収入22億円超えの大ヒット。続編も作られそちらも興行収入10億円を超えるヒットとなった。

スピンオフも活発で、かぐや様は告らせたい二次創作同人を描いていた作家を起用したかぐや様は告らせたい同人版をとなりのジャンプで連載したり、新聞部の2人を主人公にしたかぐや様を語りたいをヤングジャンプで同時掲載するなど幅広い展開を見せた。

その他にノベライズオリジナルストーリーが1冊。漫画映画ノベライズが計5冊。

ファンブックも1冊刊行されている。

ぼくたちは勉強ができない

オリジナルストーリーノベライズが2冊のみ。

強いて言えば単行本有償特典として付属したボイスドラマヒロイン5人中4人分存在する。

五等分の花嫁

スマホゲームとしてごとぱずと呼ばれるゲーム配信されており、その他にコンシューマーゲームとしてADVが2作発売されている。コンシューマーゲームADVは好評のため3作目も決定していて、さらにごとぱずの1年目のストーリーをまとめたものコンシューマーゲームとして発売することが決定している。

メディア展開とは異なるが、ごとぱずが公式Discordサーバーを設置しておりそちらでもファン交流が活発。

その他には映画までのアニメノベライズしたものが5冊。各ヒロインキャラクターブックが5冊。フルカラー版のコミックス原作と同数出ている。

終わり方の良し悪し

ここまで貧乏ラブコメ3作品の辿ってきた軌跡を追った。どれも押しも押されもせぬ人気作品と言って良いだろう。

ただ連載中の売上やアニメ化に伴う売上の増加は終わり方の良し悪しとは関係がない。終わる前の話であるから作品面白さやアニメの出来に左右されるものである

では何が終わり方の良し悪しを決めるのかといえば、やはり完結後のメディア展開や語られ方、盛り上がりといった雰囲気から見る他ないだろう。なのでそういった観点から、全く違う完結を迎えた3作品の終わり方はどう評価されたのか見ていきたい。

かぐや様は告らせたい

※終わって間もないが、付き合った時点で終わるのがラブコメスタンダードのため付き合った後も続いた場合はどうかという視点で考える。

付き合った後も続けるのは蛇足と言われがちだが、かぐや様は付き合ってからも3年以上連載が続いていた。読者からの不評の声がなかったわけでは無いが、人気が落ちたようなことは見受けられなかったため大きな影響はなかったと判断して良いだろう。

付き合った後もアニメは人気で、実写映画化も果たした。かぐや様を語ったり考察したりするファン大勢いた。最終回を惜しむファンも数多くいて、作者のツイートには27万以上ものいいねがついた。

そもそもハーレムラブコメではない、ラブよりはコメよりの作風だった、というのもあったかもしれないが、付き合った後も続けるという手法が悪いと言えないことは明らかだろう。

ぼくたちは勉強ができない

今ぼく勉について語られるのはパラレルストーリーの是非がそのほとんどを占める。作品の内容自体が語られることは限りなく少ない。

読者が一番見たい主人公ヒロインが結ばれるところとそれまでの話に連続性がないのだから、それまでの話を語る意義がないため当然ではある。実際にパラレルストーリーが始まった後に更新を止めた考察感想ブログもあった。

パラレルストーリー発表後の連載中も作品の盛り下がりは顕著で、掲載順はぼく勉史上初の最下位を記録し、単行本も右肩下がりを続けた。最終回では作者が全感想リプライ返しをするという読者サービスをしていたにも関わらずトレンド入りを逃してしまった。

メディアミックスという点で見ても、ボイスドラマという低予算でできるであろうものすらヒロイン5人中4人で打ち切りと相成った。(作者に嫌われているから残り一人は出なかったのだという過激派散見されるが、おそらくさすがにそれはないだろう)

これはぼく勉のそれまでの実績から見れば異常と言ってよく、パラレルストーリーによって読者の熱と興味が失われた結果だろう。

発表当時は二次創作需要を取り込んだといわれていたが、むしろファン活動の土壌ごと壊してしまったという印象を受ける。

作品の内容が語られることはなくなり、ファンの熱意が冷め、メディアミックスも打ち切られる。

パラレルストーリーという終わり方は悪いと言って良いだろう。

五等分の花嫁

完結当時から結末に納得の行かないファンや終わり方が駆け足だったことへの批判は少なからずあったものの、同時に考察好きなファンが今までの描写を振り返って数々の伏線を見つけ出すなどファン交流は非常に活発だった。

完結後に配信、発売されたスマホゲームコンシューマーゲームもヒット続きで、グッズも出せば出すだけ完売するなどファンたちの熱量も衰えず映画の大ヒットへと繋がった。

完結してから2年以上経つ今でもファン同士の交流は活発であり、今も新規グッズが毎週のように発売されて完売している。新しいゲームも発売するなど今もコンテンツとして生き続けている。

原作が本筋だけを描いたために、脇道に当たる部分をゲームが補完している面もあるので一概にこれが正解だということは出来ないが、少なくとも主人公ヒロインが付き合って終了という終わり方が悪いと言えないことは明らかだろう。

ラブコメにおいてオーソドックスな終わり方だが、オーソドックスになったのには理由があったということがわかる。

まとめ

貧乏ラブコメ三国時代を彩った3作品はそれぞれ人気作であったが、終わり方によってその後の評価に大きな差が出てしまった。

五等分のようなスタンダードな終わらせ方も、かぐや様のような付き合った後も続けるやり方もそれぞれに良い面があるが、ぼく勉のようなイレギュラーは望まれていないと言って良いだろう。

貧乏ラブコメ三国時代は終わったものの、その後もカッコウの許嫁や甘神さんちの縁結びなど貧乏ラブコメの灯火は絶えることなく続いている。

貧乏主人公勉強などを通してヒロインと仲を深め、ヒロインはその人間性主人公を成長させる。王道類型であり、個人的にも好きな設定だ。今後ともこういった設定の漫画を読みたいと思う。

後に続く貧乏ラブコメたちもこれらの人気作たちの終わり方を参考にして、それぞれがより良い最終回を迎えることをいちファンとして期待している。

追記

主人公貧乏ラブコメサンデーだとハヤテが一つ前の時代を築いたのでは

それはそうだけどこの増田では同時期に争った三国志の話をしたので始皇帝の話を持ち出されても……(ハヤテが始祖という意味じゃないよ)

時代が違いすぎて受容のされ方もまた異なるだろうし、そもそも最後まで付いていった読者が減りすぎてるので比較対象には適さないかと思う。

ラブコメと言えばサンデーたけど食い込んでないの寂しいよね

似た設定のラブコメでどうだったかという趣旨比較なので。

すでに言われてるけど古見さんとか高木さんとかトニカクカワイイとか人気よね。最近も帝乃三姉妹あるし。

同じ時期のサンデーラブコメなら"古見さん"かな?メディア展開は最も遅かったけれどコメディ重視で群像劇風かつ未だ継続中。発行部数からいってもハブられる存在じゃないと思うんだけど。

只野くん貧乏じゃないし……

ニセコイ千葉のyさんが起こした奇跡についてもなんかコメントください。

大量投票を重ねたら他ファンも対抗してきて、泥試合になりそうになった最後最後投票では目先を変えてガラスの靴を贈ったのはスマートすぎて惚れる。

マリーの見合い相手になったのはまあマリファンじゃなかったか個人的には素直におめでとうなんだけど、マリファン的にはどうなんだろね。楽が嫌われてたかOKなんだろうか。

ニセコイ実写映画エキストラにも行ってたみたいで愛が深くて偉い。

2022-10-06

中国戦国時代なんか「始皇帝中国統一しました、おわり」くらいの存在感しかなかったのに

キングダムのおかげでなんか一大イベントみたいになってるし、日本の歴史観も今後どんどん変わっていく可能性が

2022-10-03

anond:20221003095450

作品自体勘違いさせようとしている。

いうほどそうか? 

まずもって高校世界史の年表が頭に入ってれば、ああガリレオガリレイコペルニクスは出てこないね。それっぽいフィクションなんだね。ただ雰囲気は良くできてるなあ、となるだろ。ていうか俺はなったし。

 

民明書房って極端な例を出しているけど、例えば「キングダム」ではどうだ。

あれが中国史を分かった気になるやつがいたとして、やはり「キングダム」は悪くないだろ。

秦の始皇帝そっくりさんの入れ替わりがマジあったとか思う奴いたら、それはそいつが悪いわ。

2022-07-10

anond:20220710155524

実際は家康の天下への周到な計画と苦労は、それだけで長い物語になる

とにかく総合的に苦労を惜しまない75年だったと思う

秀吉は軍略と調略の天才スピード感がすごく、毛利を4年で落としたのはほぼ秀吉だけの手柄

内政力は朝鮮出兵などで疲弊させたり問題があった

信長は圧倒的なカリスマ恐怖政治をもった将の将であり戦国を終わらせた祖であるのは間違いない

秦の始皇帝のような役割だったとみてよい

anond:20220709222245

不死の政治家が多いってこと?

始皇帝も令和の時代に生まれたかっただろうな。。

2022-06-30

anond:20220630130155

歴史を見ると「トップとの間を取り持つ人間」が権力を持って腐敗することが多いからね~

始皇帝宦官趙高いちばん有名だし、

江戸時代でも将軍政務担当の間に一つふすま置いたら、伝令役が権力持つようになって密室政治になったってこともあったね

2022-04-19

始皇帝ペンギンのシコペンちゃん

何度も殺されかけてるからもう生きてるだけでえらい!

2022-03-22

anond:20220321111304

今までのクズ人生のなかでも、単なる事実を指摘されては「人格攻撃をされた」といちいちブチ切れながらいきていらしたのでしょうね、さすがのコミュ障っぷりでございます

を短縮形で書きました。

「おばさんが少年漫画よんだ」をなんでそれほどうれしそうに書けるのかが不思議でした。今時漫画読んだがなんなんでしょうか。

このかたはつねづね、「おじさんが少女漫画よんだ!」っていわれて人格攻撃をされたとおもって机バシーンでもしていらしたのかなと。

あるいは受験生とき漫画読むな、などと注意をうけていらしたのでしょうか。今時漫画読んだがなんなんでしょうか。

とにかくどこかしらで何か「読んじゃ悪い」という指摘を受けてしかもそれを完全に内面化してないと、なかなか漫画読んだ他人をみつけただけのことを嬉々として事実を書き込むレベルにはなりませんよね。

焚書坑儒でも受けて育っていらしたのでしょうか。いやまさか今時、ルーラー始皇帝でもなければそんなわけはありませんものね。

なかなか信じられませんでしたが、やはりお育ちのせいではなく純粋人格が悪いのでございましょうね。

よく考えるとお気の毒なクズお話でございます

みたいなことをいいたかったが本筋には関係ないので一行で済ませた手際の良さをほめろ

2022-01-20

anond:20220120145245

徐福始皇帝!東にある日本という島に不老不死の薬があるので探してきます!船代下さい!」

2022-01-05

anond:20220105140330

それは怒られた小学生が「〇〇ちゃんだって同じ事してましたー!」っていうのと変わらんよ。

 

映画批評家様は劇場版shirobakoを見て、劇場版shirobakoアップデート()されていなかったことを嘆いているわけでしょ。

それは映画批評家様が彼の中のshirobakoのあるべき姿に対してそれが叶えられなかったことに対して嘆いているだけで、全創作物がそうであってほしいという話をしているわけじゃないでしょ。

そうであるらするべき反論は「shirobakoが男のバリエーションは多くて女のバリエーションは少なくてもよい理由を述べる」ことであって「ほかの作品でもそうじゃん」ということではないと思うのよね。それは始皇帝氏の誹りは免れんよ。

俺なら「てめーの願望なんて知らねーんだよハゲ!シコって寝ろ!」って言うけどね。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん