「英文学」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 英文学とは

2022-09-10

彼女がワイと同等だと思っているのが我慢できない

ワイの彼女他責思考が極めて強く、しょうもないことに怒っては、ワイに謝罪強要する

プライドが高い?違うな。プライドって中身が伴って初めてプライドと言えるわけで、それがなければただのわがままだ。

ワイ、旧帝大卒、海外勤務経験あり、英語ペラペラ年収は余裕で1000万を超える

彼女地方無名大学派遣社員英文学卒業なのに英語すら喋れない、年収は250万

話している内容は本当に程度が低く、親に甘やかされて育ったんだろうなあと想像してるけど、根本的に違うのは自分に甘い、自己責任という概念がない

先日も、聞かれたことをその場ではわからなかったので、あとで調べてLINEで返したら今じゃないってブチギレられたあげく、ズレてるまで言われた。

それから連絡は一切ないが、おそらくワイから謝罪を待っていると思われる。

何でワイがこんな低レベルな女相手にこっちから頭下げないかんのじゃって思っているが、相手はそれを期待してるんだろって心底呆れている。

ドラクエでいうスライム程度の経験値がない女が、ドラクエ強敵しらんけどすごいやつ相当のワイ相手にやで。

女って日本語で何が適切かわからんけど、irrationalすぎて本当糞が多い。

日本教育いろいろ間違ってるんちゃうかってずっと思っている。

スライムなんかに頭下げるかボケぇ。

2022-08-31

anond:20220831152141

リベラルの物凄い攻撃性のほとんどは、元から持ってた別方向の攻撃性をうまく手懐けて正義に走らせたものからね。

純粋リベラルとして生まれリベラルとして攻撃性を養った子もたまにいるけど、それらだけでは数が稼げなくて社会運動なんざできやしない。

養殖でも人工でも何でもいいから、『素質』のある人間をとにかく引き込んでリベラルを増やす

際どい皮肉を展開する映画評論界の攻撃性、徹底的に記述を追究する英文学界の攻撃性、様々な患者の診断を通じて世相を斬る精神医科界の攻撃性、忙しなく過労するアルバイト業界シニカルに演じるお笑い界の攻撃性。

いろんな攻撃性の『素質』をリベラル包摂する。

2022-08-15

なんで大学行く必要があるの?

小学校はまあまだ分かる。普通に計算ができるようになるべきだし読み書きもできるようになるべき。ボーナスとして集団生活に慣れる良い機会でもある。

中学校分からんでもない。やっとまともに数学の基礎中の基礎をやるのが中学だ。国民全員にこれくらいは知っておいてもらわないと話にならない。他の科目もまあ知っておいて損は無い程度ではある。

高校はよく分からない。正直言うと多くの人にとっては行く必要が無い。中卒の範囲仕事をしている人は山程いる。惰性で中学の延長をやっているようなものだ。

大学もっとよく分からない。医学部法科大学院会計学やその他理工学系のような職業訓練ならまだしも、その他の文系は本気で意味が分からない。英文学哲学大学で学ぶのは娯楽と何が違うのか。何でそういうような人達採用するポジション大卒要求するのか。意味が分からない。これらの分野が不必要なのだとは言っていない。研究者必要だろう。だがここまで多くのやる気の無い学生が惰性で大卒資格を取るためだけに遊ぶ大学に何の意味があるというのか。中卒を雇え中卒を。

2022-08-14

日本人女性が退屈な理由

こういう、ギークっぽい女性がいない。

もちろんいい意味でのギーク

ゲームコントローラとかスマホかに詳しく一家言持ってるような女性ね。

https://www.youtube.com/watch?v=OonrX0zsyAg

日本人だと、こういうITとか機器レビューは99%男性

どういう理由か知らんが、「女性ギークと思われてはいけない」みたいな文化があるのだろうか?

大学理工系に行く女性海外より圧倒的に少ない。

結果的に、よくわからん英文学とかテキトーに学んで専業主婦になる。


沢北「退屈なんだよ・・・お前らはよ・・・

2022-06-19

anond:20220619150220

理系専門職である医師になるために医学部を目指した女子受験生差別して落としたのがこの国なわけで

ほかの理工系を目指す女子あの手この手で古い価値観親族が阻む

嫁に行くために女の子らしい学問をやれと言ってエンジニア志望の子社会学科や英文学科に押し込める

理系女子を増やせと社会学教授がしきりに訴えているのもこれ以上自分達みたいな犠牲者を出さないようにするためだよ

2022-05-22

anond:20220520233119

英文学をやっていて三単元のSを知らない人なんていっぱいいるぞ?

2022-05-20

anond:20220520231545

金融経済をまじめに考えている人がポアソン分布オイラー法則を知らないとかありえないんよ。

 

英文学をやっています」と言っている人が「3単現のSを知らない」とかありえないけど、それと同じレベル

  

ポアソン分布オイラー法則経済学部大学1年レベル数学なんだけど三角関数を知らないと理解できない。

わたし経済学部出身です」といって選挙にでている人が「三角関数不要です」と主張するのはかなりまずい。学歴詐称を疑われるレベル

 

わたし英文学出身です」といって選挙にでている人が「三単現のSを知らない」といったらかなりまずいでしょ。それと同じ。

2022-04-28

anond:20220428093728

ないなー

知り合いの英文学教授やってたおっさんひっでえ筆だったし

一緒に美術館めぐりやっている夫も馬鹿筆だけど、そのへんの人より芸術とか文化教養は身についていると思う

2022-02-06

anond:20220206111407

Twitterにもmixiと同じコミュニティ機能作ろうよ。

必要に応じて承認制にしよう。

「タフのファンまれ!」

児童保護専用」

「🐙タコピー🐙」

アンチタコピー!!🚫🐙」

日本中世史好きの男子まれ

英文学女子コミュ

みたいな感じで、それぞれに与えられた区域で花を咲かそうよ。

2022-01-30

anond:20220130144056

全く違う。

現代英語教育は、英文学を原文で読むことなどを到達目標としていない。

一昔前の受験英語ならともかく、現代英語教育難解な文学評論が題材とされることはまず無い。

高校生が到達すべき目標を設定して、「この程度の単語文法が分かれば、このくらいの文章が読める」という分析をきちんと行っている。

一方、古典教科書には「桐壺(源氏物語)」とか「鴻門之会(史記)」などが掲載されている。

それを読むための必要事項はほとんど解説されないし、それを頑張って読解しても何の役にも立たない。

平安時代古文常識江戸時代古文を読むときには何の役にも立たないし、時代が異なれば使われる語彙も大きく異なる。漢文場合さらにひどく、ある作品で出てきた難熟語を覚えてもそれが他の作品の読解に役立つ局面ほとんど無い。

2022-01-22

anond:20220121205909

英文学者の夏目漱石が言ったにしては違和感あるなと思ってたけど、

"I will excuse myself to you another time," said Vittoria. "I love you, Signora Laura."―Vittoria p.113. 此 I love you ハ 日本ニナキ formula ナリ.

なるほどなぁと思った。

都市伝説では「日本人はそんなこと言わないので、このように訳すべき」という逸話になってるけど、夏目漱石自身が考えていたのは「日本人はそんなこと言わないので、原文のニュアンスをそのまま伝えるというのは非常に難しい」ということのようだ。

「またね。愛してる」みたいな海外ドラマっぽい情景、現代人なら大概想像できるけど、明治時代日本人には難しそう。

anond:20220122003031

英文学既存人文学だけど、そこに沢山カルスタが入り込んで変質した。

科学思想史というか科学技術社会論という分野があるけど、これは、カルスタ人文学に対してやったことを理系相手にやろうとしたもの。でも、科学人種とかジェンダーで結果が変わらないから、あまり影響力はない。

BL研究カルスタのものでしょう。

2022-01-21

さえぼー氏が叩かれてる理由がよくわからない

まず自分立場を明らかにしておくと、自分最初にさえぼー氏を知ったのはマツコの知らない世界というテレビ番組(2019/09放送らしい)で、結構有名なウィキペディアンというのを見て印象に残っていたという立場自分ウィキペディアにはお世話になっているので、無料編集していろいろ統制しているのはありがたいなと思ったり、自分ときどきウィキペディアで誤字を訂正するので、興味深く見ていた。

その後なにかの記事はてブを見ていたら本人がブコメしていて「あれ、この人はてなしてたんだ」というのが次の印象。そのあともはてブホットエントリで流れてくる情報を察するに、どうやらフェミニスト的なことを言ってよく反感を買われているらしいということまでわかった。

完全に外野から見ていると、そもそも誰と誰が喧嘩しているのかがよくわからなくて、さえぼー氏嫌いの人がさえぼー氏を叩いていて、さえぼー氏がなんか抗戦しているという構図しか見えてこなくて、どういう経緯でそうなっているのかわからなくて謎。

自分としては、最初テレビで見た印象が圧倒的に強くて、たぶんアンカリング効果で、「東大卒英文学研究しているウィキペディアンちょっとクセが強い変な人」だと感じていて、そのせいで多少謎なことを言っても「そういう人だから」というふうに好意的解釈しているのだと思う。あとは頑張ってそこらへんの悪意と悪意のぶつかり合いの歴史について調べる熱意もないのもある。

自分いちばん気になっているのは、さえぼー氏関連の話題がたまにはてブホットエントリにあがってくるのだけどその意味全然からないこと。他のいろいろな記事は、自分が全く共感できなくても「まあそういうふうに考える人もいるだろうな」とか「こういう系の話題は伸びる」とか思ってそんなに謎ではないのだが、この件はいろいろ謎が多すぎてよくわからない。

2年半で数回ぐらいホットエントリに上がってはてブトレンドになっていて、わからなさについてもやもやがあるので、誰か最近の件以外でも時系列人物相関をまとめてくれると嬉しいです。

2022-01-20

文系研究者だけど例のオープンレターには署名しなかった【追記あり

理由はいくつかある。

さらっと献血ポスターバッシングへの賛同させようとしてるのずるくない?

例のオープンレターにはこんな一節がある(以下、引用者による省略は[ ]でくくって示す)。

[……]たとえば性差別的な表現に対する女性たちから批判を「お気持ち」と揶揄するのはその典型です。[……]

これって、発端の先生が熱心に「高い倫理」について論じてらした宇崎ちゃん献血ポスターへのバッシングのことでしょ。もちろん他にもあるのかもしれないけど、メンツ見たら「あ、あの件」ってわかる人にはわかるよね。

これまで赤十字が(女性向けゲームも含む)色々なコンテンツコラボしてきて『宇崎ちゃんは遊びたい!』とのコラボはその一環だったという経緯、「売血」を問題視しておきながら10献血すればおしゃれな杯がもらえたりモーターショーで献血すると限定トミカがもらえたりすることには一切言及せずオタク向けコンテンツとのコラボだけをことさらにあげつらう偏り、ポスター擁護派へのバーレスクやらを持ち出した煽り、このあたりにめちゃめちゃ腹が立ったので今でも献血ポスターバッシングに加担した人たちのことは許せてないんだけど、こういうふうにさらっと書かれたらこういった経緯を全然知らない人はスルーしてそのまま署名ちゃうでしょ。

このオープンレター賛同したらあの献血ポスターバッシング賛同することになる以上、当たり前だがポスター擁護派の増田署名なんてできようはずがなかった。

男へのセクハラはいいんですか?

オープンレターの発起人の中には、「金田淳子 やおいボーイズラブ研究家」という方がいらっしゃる普通賛同署名ではなく発起人の欄に書かれているので、お名前勝手に使われたのではなく紛れもないご本人だろう。

そうすると、ご自分過去言動についてはどう思っていらっしゃるのかなというのは気になるところだ。では、ここで2019年金田氏が自著の出版に際してなした発言を見てみよう。

[……]板垣先生秋田書店さんは本当にアナルが広いですよね。

なるほど、「ケツの穴が小さい」という慣用句にかけた性的ジョーク披露なさっている。ところで、板垣恵介氏は金田氏の以前からの親しい友人というわけではなく、『刃牙』を元ネタにした書籍の発刊にあたって許諾を取ったという関係の、いわば仕事相手であろう。ということは、金田氏は仕事相手に対してオンラインメディアで多少性的ジョークを言うのくらいは別に構わない」という立場を採っていらっしゃるわけだ。それ自体ひとつの見識であろうと思う。人には表現自由というものがある。しかしそのような立場の方が、オンラインでの「遊び」に対してNOを突きつけるオープンレターの発起人に名を連ねていらっしゃるというのは、なかなかに興味深い事態ではないだろうか。

なお、マイノリティということで言うなら、男性同性愛者が苛烈差別さらされているマイノリティであることに異論はなかろうと思う。ところで、BLやおいという文化は、彼らを性的に客体化し、消費するものであり、もしも女性を「性的消費」することが女性差別的な文化であるなら、男性同性愛者のセクシュアリティを消費しているBLやおい文化もまた、男性同性愛者への差別にあたるはずだ。個人的には性的客体化も性的消費も好きにすればいいしそんなのは差別ではないと思うので、女性性的客体化した表象問題ないのと同様に、男性同性愛者を性的客体化することを楽しむジャンルであるBL問題ないと考える。しかし「性差別的な表現」を批判するオープンレターBL肯定的に捉える立場BL研究者が参加しているというのは、「もしかしてBLのことを性的客体化だと認識してないんですか?」という深刻な問題惹起するだろう。

追記金田氏の過去発言について、『ユリイカ』での荒木飛呂彦氏への発言が取り沙汰されることがある。荒木氏本人に向けて「ディオは[……]何百人もの男たちに慰みものにされてきた」という発言を行った箇所だ。しかしこれはある作品解釈を論じているという文脈であり、作品解釈を著者に向けて披露することが直ちにハラスメントということにはならないはずである板垣氏へのアナル発言のように著者本人の身体部位をからかいの種にしたわけではない(なお、アナル云々について「謝罪はされている」という指摘はあるが、「『アナル』の多用」についての謝罪であったので、「仕事相手に向けて性的ジョークを言う」ことそのものへの謝罪ではないように思われる。もちろん氏には「仕事相手に向けて性的ジョークを言ってなにが悪い」と主張する自由がある)。漫画作品はいくつもの解釈があり得、その中には性的解釈も当然あるだろう。もしも金田氏が本気でそのような解釈も成り立つと考えているのなら、それを著者の前で論じたとしてもなんの問題もない。男性研究者がある少女漫画――そう、忘れられがちだが『ジョジョの奇妙な冒険』は少年漫画なのである――について「このキャラは男とヤりまくっていると思う」と女性の作者に向けて発言するようなものだろう。仮にそのような解釈が成り立つなら、そういった発言も許されてしかるべきである、と、ゴリゴリの人文系である増田は考える(文学作品解釈において「作者の気持ち」には何の意味もないことはもはや常識であろう。作者本人にとっていか不愉快解釈であってもそれが成り立つことはあり得るはずだ)。

そもそもそれはアカハラなのか

問題発生当初から、周囲の研究者があれはアカハラだと言っていたことに非常に大きな違和感があった。なるほど中傷した人もされた人もどちらも博士号を持っていて、大学に職を得ているアカデミアの住人ではある。しかしそれは「アカハラ」か? 中傷された人は、中傷した人と何らの面識もなく、大学学会等での関わりもなく、そもそも専門分野がまったく違っていた(日本中世史と英文学って、分野も対象地域も違うから出身大学院や勤務先が同じでもない限り基本的には接点がない)。さら中傷した人は、大学准教授以外にも作家弁護士といったアカデミアとは無縁の人に対しても中傷を行っていたことが明らかになっている。

そうすると、これは単に「リベラルフェミが嫌いなネット民が、リベラル派やフェミニストの言論人に対して中傷を行っていた」という案件ではないだろうか。たまたまネット民言論人の双方が博士号アカポスを持っていただけで、本質的にはアカデミアの問題とは思えない。だから問題がないと言っているわけではない。例のオープンレター増田には帰宅途中の銀行員が夜道で財布を奪われた事件を『銀行強盗』と呼んで行員の組合が抗議声明を出している」ように見える。いや、確かに銀行員強盗被害に遭ってはいるけど、それを銀行強盗とは呼ばんやろ……

同じ基準他者にも適用すべきだ

そう、発端の先生学者であると同時に言論人でもある。いくつかのオンラインメディア社会評論的な記事を書いておられる。そのこと自体にはなんの問題もない。学者自分の専門知識を活かして言論人として活躍するというのは表現自由であり、なんら制約を受けるべきではない(呉座勇一氏も似たような立ち位置だったといえる)。

しか言論人というものは、しばしば見ず知らずの人から口汚く罵られたりあてこすられたりするものだ。たとえば百田尚樹氏は、ご自分社会評論を発表したことで、非常に大きなバッシングに遭っている。当然それにはなんの問題もない。百田氏の思想や彼の著作を気に食わない人は、たとえ百田氏となんの面識がなくとも、彼のことを痛烈に批判したり、事あるごとに彼の名前を出してあてこすったりするだろうし、それは表現自由に属する(「百田尚樹クソッタレ極右だ」「ウィキペディアを参考にして本を書くとか、百田尚樹かよw」「コピペは許されないだって? 百田先生への悪口を言うのはやめてさしあげろ」etc...)。もちろん、性差別容姿差別はたとえ相手百田氏だろうと許されるべきではないが、出版された著作に基づくこの種の批判を浴びるのは仕方ない。

これらの罵倒や当てこすりになんの問題もないと思うなら、同じ判断基準を他の言論人にも適用すべきだろうと増田は考える。増田は、百田氏に対するその種の批判表現自由範疇に属するものだと思う。したがって、件のオープンレターには賛同できなかった。

署名の偽造が起きてしまうのはまあ仕方ない

昨今騒がれている署名の偽造については、もちろんオープンレター発起人に悪意があったわけではなく、悪意を持った何者かによる悪戯であろう。そこは同意するし、悪戯被害に遭って気の毒に思う。

しかし、研究者同士のメーリス回覧するとかではなくグーグルフォームで広く署名を募った以上は、そういう愉快犯が紛れ込んでくることはどうしたって避けられない。これはネットでの署名活動にまつわる常識であろう。したがって普通は、ネット署名は「○○筆の署名が集まりました!」とだけ広報し、第三者はそれを1割から2割ほど差っ引いた数字で捉えるものだろう(たとえば、7万筆ほど集まった署名なら、まあ6万人くらいが署名したのかな、と捉える)。

アカデミアに関する抗議声明がしばしば組織大学学会)の名の下で行われる理由ひとつは、その声明信憑性を持たせるためだ。信憑性を持たせるためにはある程度の権威主義必要になってくる。今回の場合、たとえば大学などの組織が発行したメールアドレスから送信された署名のみ受け付けて、フリーメールアドレスから署名は弾く、というような手法も考えられた。ところが「マイノリティの声を拾い上げる」というのを信条にしている研究者諸氏は権威主義が嫌いなので、アカポスを得られていない研究者はどうするんだ、とか、在野で活動している人はどうするんだ、といった配慮をしてしまったのだろう。その優しい配慮学会運営などでは必要ものだが、今回はそれが裏目に出てしまった。不幸な出来事だったと思うが、しか信憑性を確保できない以上、ここは個々人の名前を出すべきではなかったのではないか。「○○筆の署名が集まりました」で十分だろう。次からの教訓にしてほしい。

追記】Q. なんで増田に書いたの?

A. 論文の締め切りが守れてないのにまったく関係ない内容の長文を実名で書くのめっちゃ気まずくね?

2021-11-02

anond:20211031163129

おすすめ世界史の本教えて」増田だが、思ったより多くの回答をもらえた。ありがとう

興味ある人が多いのか無言ブクマも多いので、自分のためにも興味のある人のためにも、もらったコメントをまとめてみた。

ノンフィクションを具体的に挙げてる回答のみ。重複するものは載せてない。

フィクションを挙げたり、書名や著者名などの具体名は挙げず、こういう本を読むといいのではという、よいサジェスチョンをくれるトラバコメントもあった。ありがとう。参考にさせてもらう。だが今回のリストからは省かせてもらった。

山川出版社『新もういちど読む山川世界史』、世界史Aの教科書

●詳説世界史B(山川出版社

歴史好きならとりあえず読破しておきたい世界史本100(https://anond.hatelabo.jp/20211101232345

山川 詳説世界史図録(山川出版社)、グローバルワイド新世界史図表 五訂版(第一学習社)、最新世界史図説タペストリー帝国書院

●中公の「世界歴史

●超約 ヨーロッパ歴史

創元社戦闘技術歴史』全五巻

中世ヨーロッパ: ファクトフィクション現代知識チートマニュアル

ミシュラングリーンガイド

漫画世界歴史』。どれでもいいけど最近話題なのは角川。

●「なぜ?」がわかる世界史

山川出版社ナビゲーター世界史」。「サピエンス全史」。

サピエンス全史

ガリア戦記

山崎雅弘の「戦史ノートシリーズ

青木裕司世界史B講義の実況中継

大聖堂・製鉄・水車―中世ヨーロッパテクノロジー

●マクニール世界史

阿部謹也堀米庸三伊東俊太郎『十二世ルネサンス』。

宮崎揚弘『ペスト歴史』(山川出版社

●『やんごとなき姫君たちのトイレTOTO出版、『コーヒーが廻り世界史が廻る』中公新書

●『スパイス爆薬医薬品』、『炭素文明論』

●『クロニック世界全史』、角川世界史辞典。『知識ゼロからローマ帝国入門』、『 図説世界歴史』、中公新書物語歴史シリーズ佐藤賢一フランス王朝史『論点西洋史学』。

●『図解 中世生活』(新紀元社)、『中世ヨーロッパ農村生活』(講談社学術文庫)

中野京子の「名画で読み解く」シリーズ

●「世界史講義録」というサイトhttp://timeway.vivian.jp/

●『中世の秋』

書物破壊世界史暴力人類史

●「世界システム論講義」(川北稔 ちくま学芸文庫)、「テクノロジー世界経済史」(カール・B・フレイ 日経BP

ハプスブルク家12物語ハプスブルク家の女たち。「ハプスブルク時代を歌わせてみた」(動画

●銃・病原菌・鉄

山川世界史用語

●河出書房のふくろうの本シリーズ講談社学術文庫の『近代文化史入門 超英文学講義

●『十三世紀のハローワーク

中公文庫の『黒死病ペスト中世史』

岩崎周一「ハプスブルク帝国」

●モンタネッリ。通史なら中公の世界歴史中世の巻(旧版押し)

●「世界史序説 ──アジアから一望する」

●「文明崩壊」

●歴ログ

●「豊かさ」の誕生ウィリアムバーンスタイン

テクノロジー世界経済史

コテラジオ歴史podcast

砂糖世界史

哲学宗教全史

●「税金世界史

家庭教師のトライYouTube動画

●<ゲームから始まる<読書映画リスト>(まとめhttps://anond.hatelabo.jp/20160701063637

●W・H・マクニール『疫病と世界史

●「世界史との対話〜70時間歴史批評

ワイン世界史

ビジュアル版 世界史物語イタリア歴史 (ケンブリッジ世界国史)、イタリア (世界歴史文化)

●『中世シチリア王国

サピエンス全史

●「チョコレート世界史」、「世にも奇妙な人体実験

お菓子でたどるフランス史(岩波ジュニア新書

現時点では以上まで。

2021-08-26

anond:20210826140238

すまんが全部間違ってる。

と、俺が言ってもどうせ聞く耳持たんだろうからネット上の記事を幾つか引用しつつ説明してあげるね?

 

まず単純な事実整理だが、セジウィックが「ホモソーシャル」の最初提唱者かは非常に微妙Wikipediaにも「それよりも早い1976年に、ジーン・リップマンブルーメンが性的な意味ではなく、社会的意味での、同性の仲間への選好をホモソーシャリティ(homosociality)と定義している。」と有るよね、セジウィックは元々あったその概念に捻りを加えた解釈を与え、そのセジウィック解釈がのちに普及した、と考えた方がいい。

(つまり解釈によってはセジウィック自身が君の言う「勝手に分解して、意味を捻じ曲げ」「最初に言ったやつの話を正しく読解できない」だった訳だね、実際には読解できない訳では無く意図的に異なる解釈を行っており、哲学的学問の発展とはそうした積極的な読み替えや継承の積み重ねに有る訳だが)

こうした経緯についてはこの記事なんかを読めば大雑把には分かる。

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/83547

19世紀後半から20世紀にかけて欧米を中心に同性間の性愛関係は「ホモセクシュアル」と呼ばれるようになりましたが、「ホモソーシャル」はこれと区別されるような、男女問わず同性同士の友人関係などを指すもの、と理解されてきました。

そこに変化を起こしたのは、英文学研究者イヴセジウィック1986年の著書”Between Men: English Literature and Male Homosocial Desire”(邦訳『男同士の絆――イギリス文学ホモソーシャル欲望1990年)です。

 

さて、君の「ホモソーシャル理解典型的な誤りを犯している。

相手同性愛者だと思ってないからこそ、同性愛者だろっていう事で異性にモテる競争から蹴落とそうとしてんだよ」は分かりやすく二重の間違いを含んでいる。

そもそもセジウィックによるホモソーシャル概念は、同性愛とは異なると思われていた従来の「ホモソーシャル関係同性愛と似た構造を持ち、且つそれを否認している事を指摘する物である

この辺りはこの記事参照、セジウィックによるホモソーシャル同性愛区別し難い「欲望」を指摘する側面を上手く説明している。

https://allreviews.jp/review/4320

本書の衝撃は、副題にいう「ホモソーシャル欲望」にある。つまりホモセクシュアル」(男性同性愛)とは一線を画す、非エロス体制であるはずの「ホモソーシャル関係なかに、著者は「欲望」をみる。友情同性愛区別できない可能性をみるのである

 

自身引用している箇所にも有るようにホモソーシャルという言葉

「二人の男が同じ一人の女を愛している時、いつもその二人の男は、自分たち欲望対象だと思っている当の女のことを気にかける以上に、はるかに互いが互いを気にかけている」

事を指摘する。つまり「異性にモテる」ためにやっているように見える行為は「同性への欲望」の反映である、という指摘だ。(哲学に詳しいなら「人間欲望他者欲望である」「欲望他者欲望欲望する」くらい聞いた事あるよな?まさか無いなんて事は無いよな?それと同じ構造だ、真に欲望されているのは異性ではなく同性だという指摘だ)

従って君のしている「ホモソーシャルは異性にモテるための行為」という解釈典型的な誤り、

更に「同性愛者だろ」というホモソーシャル典型的からかいは「相手同性愛者だと思ってないからこそ」行われる訳では無い、

セジウィックによればそれはむしろホモソーシャル関係に宿る同性愛に似た欲望同性愛性を否認する」為に行われるのであり、「自分同性愛者ではないかと恐れるからこそ」行われる。

この時点で君がセジウィックによるホモソーシャル概念を全く理解できていない事は明らかだ。

仮に君がセジウィック以前の素朴なホモソーシャル概念の事を言いたいのだとしても、そもそも元増田からずっと話題にされているのはセジウィック解釈ホモソーシャルである為、その場合は君はただ単にその場で話されていない言葉を一人でぶつくさつぶやいているだけの的外れ、というだけの事だ。わかったかな?

2021-07-11

お金を使うことに罪悪感を覚える

家族旅行に行くことになったとする。宿代が一人一万円だとして、五人家族なので5万円。小学校の頃からそうやって雑な計算をしてはあまり負担に慄いていた。

子供の頃に連れて行かれた旅館もっと高いところだと思うし(よく知らないけど)、ご飯交通費もっとお金はかかっていたはずだ

そのわりに家族旅行って楽しくない。父親は不機嫌だし、兄弟喧嘩して泣き叫ぶし、寺は楽しくないし(昔行った鍾乳洞は楽しかった)、人は多いし、観光地ソフトクリームは高い。兄弟がそれをねだって買ってもらっているのをみても、私は親の「高いな…」という反応が頭に焼き付いていてねだれなかった。セブンティーンアイス自販機コンビニアイスギリギリ耐えられる量の贅沢だ。

貧乏な家庭ではない。共働きだし、何度か聞いたことのある年収ボーナスの額は「おっ」となるものだったし、普段から贅沢するような家庭でもないか貯金たっぷりある。奨学金を借りずに兄弟みんな大学に通えて、習い事をして、塾に通って、歯の矯正をできるくらい。

何が嫌かって、その旅行がかかった金額ほど楽しいと思えないことなんだと思う。小学校とき初めてディズニーランドに行った。入場料と親の疲れた姿ほど楽しいと思えなかった。中学になって初めて友達ディズニーにいったが、疲れてずっと一人でベンチに座っていた。複数人で行動することも、馴染みのない場所に行くことも、人混みの中でウロウロすることも疲れるし、そのうえかかった金額は「これだけの楽しみをあなた提供していますよ」という約束のように思えてすごく気が重い。

兄弟の中で私だけ塾に通わなかった。塾代を払う価値を感じられなかった。今は大したことない国立大学に通っているが、塾に通っておけばもっと上を目指せたのではないかとふと思う時がある。

音楽コンサート舞台もそう。あまりそういった舞台を見に行く機会はなかったし今もないのだが、ときどき行くことになると「かかったチケット代の分の経験を得なければ」と負担に感じる。映画美術館の〜2000円くらいであれば楽しめなくても残った半券と「行ったな」という記憶釣り合うな、と思うのだけど、ディズニーランドくらいの価格になるともう駄目。自分はこの先何も楽しめないのだろうと思って夜な夜な落ち込む。

仕送りももらってバイトをしていてそんなにたくさんではないがそこそこ貯金もある。こんなご時世でなければ思い立って海外旅行に行けるくらいは。

大学に入ってから英語が楽しくて、いつか海外旅行に行ってみたいという憧れがある。コロナが収まれば行きたい。でも私は海外旅行を楽しめるだろうか。物価の安くて安全な「コスパのいい」地域で、忙しなくなくて、ペースの合う相手か一人でならお金とひきかえに納得できる体験が得られるかもしれないなぁと思う。でも、そうじゃないところは無理かもしれない。

私はオタク気質から漠然とした楽しさの体験と金額を釣り合わせようとするのが間違いなんだろう。ディズニーアニメを見て、それなりにハマってからならディズニーランド楽しいと思う。MCUは好きだからカリフォルニアディズニーランドは行ってみたいし。英文学が好きだからイギリスに行ってロンドンを見てジェーン・オースティンの生家を見てお土産マグカップを買いたい。そのときお金のことを考えないでいたい。

2021-05-28

anond:20210528075021

ごめん、もう俺もおっさんから考えが古いんだよ

でも俺は情報工学学んでIT仕事してるけど、英文学学んで営業やってる奴とかなんなの?と思ってしま

そのうえ3年経ったら寿退社ちゃうし…

2021-04-30

anond:20210430011518

Google翻訳

私たちファンフィクションについて話すとき私たちはめったに「ジョンミルトン」とは思いません。 それでも、サタン聖書ではほとんど言及されていない)を連れて、この倒れたアーチフィーンドをアンビバレントで壮大なヒーローにする彼のパラダイスロスト(1667)にどのように近づくのが良いでしょうか? ウェルギリウスアエネーイスオウィディウスの変身物語ダンテ神曲スペンサー妖精女王、その他の無数のテキストジャンルから借りた技術テーマに基づいて構築されたミルトンは、古典ルネッサンス形式を再混合して、英文学の(おそらく)最高の設定に聖書宇宙を作り上げました フィリップ・プルマンが信じている詩は、[「決して超えられない」」。

DeepL翻訳

ファン・フィクションというと、「ジョン・ミルトン」を思い浮かべる人はほとんどいないだろう。聖書にはほとんど登場しないサタンを、堕落した弓矢のような存在であるサタンを、アンビバレント叙事詩ヒーローに仕立て上げた『失楽園』(1667年)に、どのようにアプローチすればよいのだろうか。ヴァージルの『エニード』、オヴィッドの『変身』、ダンテの『神曲』、スペンサーの『フェアリークイーン』など、数え切れないほどのテキストジャンルから借りた手法テーマ構成されたミルトンは、古典ルネッサンス形式を再構築し、聖書世界英文学の(おそらく)最高の詩の舞台に仕立て上げました。

みらい翻訳

ファン・フィクションのことを話すとき、 「ジョン・ミルトン」 とはめったに思いません。しかし、悪魔 (聖書ではほとんど言及されていない) をとり、この倒れた大魔王を両義的で叙事詩的な英雄にする失楽園 (1667) に近づくには、どうしたらよいのだろうか。Virgil's Aeneid、Ovid's Metamorphoses、Dante's Divine Comedy、Spenser's The Faerie Queene、その他無数のテキストジャンルからテクニックテーマを取り入れて構成されたMiltonは、古典ルネッサンス形式リミックスして、聖書世界英国文学 (おそらく) の最高の詩の舞台にし、Philip Pullman [n] が 「超越される」 と信じているようなものにした。



[“n]ever be surpassed”.とか訳しにくそうだな。

2021-03-28

anond:20210328093502

これは正直わかるんだよね。

呉座さんの職位は助教で、日文研体制はどうなっているか知らないけど、英語のassistant professorにあたる地位からテニュア日本場合は「定年までその組織にいられる権利」)を持ってない可能性が高いんだよね。

一方で北村さんは准教授。associate professorなので、多分テニュアだろう。

年下の女性准教授と年上の男性助教という構図、少なくとも「労働者としての安定性」という視点で見るなら力関係北村>呉座になるという。男女差別とか年功序列とかの観点だと呉座>北村になるけど、テニュア持ってない研究者にとって一番大事なのってそこじゃないからなぁ。

からこれ、「年下の女性研究者に対して男性研究者が」というフレームで処理されると絶妙違和感あるんだよね。あれ? いつから助教の方が准教授より偉いことになってるんだっけ? っていう。

ブコメに応答

そういうのも含めてフレーム問題というか構造的な問題系に算入すべき属人要素はわりと注意するべきではあるなあ。 與那覇潤のように「知名度は呉座が上」という話をする者もあるくらいで

知名度については日本史家である那覇さんのバイアスもあるでしょう。ぶっちゃけると二人の専門分野(英文学日本中世史)が違いすぎていて「客観的な」知名度比較なんてできないですよ。どちらも一般向け媒体記事を書いたり一般向けの本を出していたりするので、同じ分野の他研究者よりも知名度はあると言えるかもしれませんが。ただ、誰でも名前を知ってる有名な一般レーベル中公新書)で本を出しているという点では呉座さんの方に一日の長がありますね。

終身在職権て日本にもあったんだ

えーと、日本でのテニュア普通会社で言うところの終身雇用のことであって、アメリカみたいな終身在職権じゃないです。日本だと定年制合法なので……

私もこの意見に同感。単に職位が上の女性に対して嫉妬していただけということだと思う。

そもそも職位は関係ない説もあって、私はそっちを推しますね。だってポストのない藤崎さんとか、そもそも学者ですらない川上未映子さんにも悪口言ってたわけでしょ。要するにリベラルフェミっぽいことを発言する言論人が嫌いだったんだと思いますよ。

今回の件、「リベラルフェミが嫌いなついったらーが鍵垢でリベラルフェミ界隈の有名な言論人を相手暴言を繰り返していたら、たまたまどっちも博士号持ちの学者だったせいで大騒ぎになった」というのが本質だと思うので、アカハラだ何だのというのがピンと来ないところが正直あります。まあ、だから許してやれよ、とは思わないですけど。どちらにせよ北村さんは暴言被害者なわけだし。

2021-03-24

anond:20210324220104

本性はみんな隠しつつ、なりたい自分を実現していくと思うで。

今回の件がなければ掘り起こされることが今のところは無く、変な色の付いていない英文学者としてポストを得ていく未来もあったのかなと。掘り起こされる発言をしたのが悪いのは最もなんだけど、それが取り上げられてラディカルフミニストに祭り上げられる機会を作ったの自体は完全に事故からな。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん