「バンジージャンプ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: バンジージャンプとは

2019-11-09

anond:20191109153636

だれにも起こらんしセックス恋愛まで含めるのが一番ハードル高いじゃん

運命恋愛結婚でのセックス>よくある恋愛結婚してセックスお見合いマッチングサービス出会い系結婚してセックス風俗セックス>おなにー

左が一番難しくて右が楽ちん でも肉体的快楽度は大差ないよ

 

不倫とかよくわからん

紐をたしかめずにバンジージャンプするのが好きな人たちがいるらしい程度の認識

2019-10-30

anond:20191030105820

バンジージャンプの紐が切れて死人が出た、というニュースを耳にしたら──死んだのは私かもしれない

おっ!楽しみに毎日ニュース7チェックするわ!

富士山で滑落したニコ生主が羨ましい

富士山を登りながら、動画配信していて、山頂付近で足を滑らせ、行方不明になった男性ニュースになっている。

そのなりゆきニコニコ動画アップロードされていたので視聴した。

笑った。最高だった。私もこういう風に死にたい

私は、本気で自殺について考えたことがあるタイプ人間だ。

しかしいまだ自殺していない。

まだ死ぬようなタイミングじゃないからだ。

自殺にもいい自殺と悪い自殺セクシー自殺とそうでない自殺がある。

首吊り自殺なんて最悪だ。発見した人の気分を害する、最低の死に方だ。

いじめから逃げるための自殺もっと最悪だ。カッコ悪すぎる。私なら、いじめられて死ぬくらいなら、いじめてるやつを刺し殺す。

では、いい自殺セクシー自殺とはどういう自殺だろうか。

一つは心中だ。江戸時代遊女のように、大正時代女学生のように、愛のために死ぬ。美しい。エモすぎる。

もう一つは殉死だ。君主の死を受け、忠義のために死ぬ。今の私にはよく理解できないが、それがとても尊い死に方なことは分かる。

心中殉死。この伝統から分かるように、我々日本人はある種の自己表現のために自死を選んできた。自殺日本の文化だ。あの三島由紀夫だって割腹自殺したんだぞ。

昨今、自殺は良くないだの悩んでるなら相談しようだのやかましい言説が流行している。それも一つの考えであることは否定しないが、日本全体がそういう風潮になるのは文化的な退廃であるように思う。

もし大勢ムスリム日本にやって来て、豚肉を食べるなんて汚らわしい、と言ったらあなたはどう思うだろう。ヒンズー教徒が牛を食べるなと主張したらどう思うだろう。ほっとけって思うよな。今の私の気持ちがそれだよ。分かってくれ。

人は、生まれ場所を選べない。だけど、生き方は、死に方くらいは選べる。

矛盾しているようだが、自殺もまた、一つの生き方なのだ

余談だが、今のアイドルオタクに物申したい。お前らなんで生きてんの?死ねよ。

2001年音楽グループ野猿」の解散を受け、女子高生2人が自殺した。遺族には申し訳ないが、私はこの死に方を選んだ2人の意思尊重しようと思う。

アイドルオタクよ、女子高生だって自殺したんだぞ。お前らも推しアイドル辞めたら死ねよ。絶対届かない場所にいる彼女もお前が死んだらお前の名前絶対に忘れないぞ。世間のやつらだって彼女アイドルを辞めた事件絶対に忘れない。私だって野猿解散を覚えてるくらいだからな。

アイドルオタクよ、死をもって己の意思を示せ!

え、死ねない?家族が悲しむ?そうか、そうなんだな、君は推しより家族の方が大切なんだな。いいよ分かるよ。けど、君の推しに対する愛はそんなものだったんだな。

ところで、こんなことを言っている私を皆さんはどう思うだろうか。きっと、陰湿でウジウジしたやつだと思われているに違いない。

しかし私は私を陰湿人間だとは思わない。私は、人を楽しませることが大好きなエンターテイナーだ。

自殺について本気を出して考えた私の今のところの結論は、自殺はよくない、ということだった。

残念ながら、今の日本人の多くは心中殉死理解しない。だから私は心中殉死もする気がない。そんなことしてもスベるだけだし。

なら、どういう風に死にたいか。すまない、語らせてくれ。

私は、皆が笑えるような死に方をしたい。

冒頭で話したような、配信中のアクシデント死ぬような死に方はかなり理想的だ。自殺を聞くと人々は悲しむが、こういう死に方なら笑う人もいるだろう。いいなー、ずるいなー、私もこういうくだらない死に方したいよ。面白い死に方したいよ。

人が死んで笑うなんて不謹慎だ、なんて言う人もいるかもしれない。

だけど、悲しんで欲しくて死ぬ人がどれだけいるだろう。多分少数派だと思うけど。私がニコ生の彼なら滑り落ちながらガッツポーズしてただろうな。今のは良かった、絶対話題になる、最高に笑える、面白いマーベラス

もしあなたが、バンジージャンプの紐が切れて死人が出た、というニュースを耳にしたら──死んだのは私かもしれない。その時は多いに笑ってくれ。それが私の望みなのだから

2019-09-19

絶叫マシンが楽しくない

年々スリルを感じなくなってる

やばいやばいやばいキャーーーー!!!……うえぇ………」

って騒いでグロッキーになるまでセットでストレス発散になるから好きなのに

最近、乗る前も全然キドキしないし、乗ったあとも「あれ?終わった」って感じで精神的にも身体的にもノーダメージ

富士急ですらそんな感じだもんな

やっぱ海外のは凄かったりするんだろうか

バンジージャンプは1回だけやったけど良かった

でもどうせ2回目だったら「あれ…こんなもんだっけ…」ってなるんだよな

怖いとかじゃなくて、つまんないって理由で絶叫離れになるとは思わなかった

誘われれば行くけどもう自分からはいいかな…

2019-08-11

新しいこと

なんとなく、毎日新しいことしたいと思っている。新しいことをすると何かが変わるような気がするとかそんなレベルなんだけど。

もう少し正確に言うと、多少興味があるんだけど、まだやったことないなーってものをやっていきたい。嫌なことがしたいわけではない。たとえば、高所は結構ダメなのでバンジージャンプとかは別にいかなと思う。

本当に小さいことでもいい。新しい音楽聴くとか、新しいアプリ入れてみるとか。

あとは、IT系エンジニアなのでそっち方面の新しいこともいいな。

仕事終わって帰る時とか土日が始まる時に、「今日はこんな新しいことをしてやろう」と思うとちょっと楽しいんじゃないかって気がする。

思いついたこ

自分の発想力ではこれくらいしか思い浮かばない。

普通の人が普通にやってることだよね。まぁ、それでもいいかなと思う。

なんか、これは新しい体験だったとか良ければ教えて欲しいかも。

2019-07-13

anond:20190713215355

からそれがだめ。

絶対安全安心にならないのがだめ。

1%確率死ぬかもしれませんって言われてバンジージャンプなんてやりたくない。

そういうこと。

2019-06-18

子供産め

いやお前、昔の技術力だったら死ぬかもしれないことだけど今は超痛いくらいで死にはしません!ってことしたい?

10ヶ月間ずっと重い風邪ひいた状態で過ごしたあとゆるゆるの紐でバンジージャンプしてください!って言われるよりもっと辛いんやぞ

2019-05-24

anond:20190521170419

結婚式をやって喜ぶのは誰?

あなたはずっと憧れている結婚式かもしれないが、この状態から無理やり開かれる結婚式、その実態は怪しいものだ。

このまま強行するならどうなるか?

悪いストーリーを考えてみよう。私が思うに、これはかなり現実的ストーリーである

彼は式を心の底から楽しめないだろう。式の後もあなたに対する鬱憤カケラとなり残り続ける可能性は大いに考えられる。

ものすごく良いストーリーでも、せいぜい「思ったほど悪くはなかった」が自分が折れたという事実は消えない

友人

あなたの友人はあなた結婚を祝福するだろう。しかそもそもの疑問として

「友人に会う機会としての結婚式」はその意義に疑問がある

たとえばあなた誕生日を大々的に祝うという口実で友人を呼んだとして、その友人が来ないもっとも大きい理由とは何か?

それは単に「そこまでして行きたくないからしかない。かなり失礼なことを言うが、あなたに会う一生で最後のチャンスだと喧伝しても「誕生日程度のパーティはいかない」と言う友人はあなたに会う気はそれほどないのではないか

結婚式ならいく」というのは言い換えれば「結婚式」を人質に人を動かしているようなものでは?

これは日頃からの疑問でもある。しがらみを基盤に人付き合いを固めるのは誰も得しない最悪のコミュニティかもしれん。

あなた自身

そういった、心の底から祝福されない、特に彼が満足しない結婚式を本当に望んでいたか

はっきり言うが、大抵の男性は「結婚式」に特別幻想や夢を抱かない。少なくとも彼はそうだろう。また彼は(その理由がなんであれ)自分の友人知人を呼ぶことも嫌がっていて、収入心配している言葉が実際に出ている上での出費などもあるわけで、療養中の彼の立場に立ってみれば「儀式お金を払って人に会う苦痛に耐える」という二重苦なのかもしれない。それこそ結婚式を挙げる理由は「あなた」への儀式以外に無い。

ではどうするか

もっとも良いストーリーは、結婚式もっと大事なのは当事者ふたりであるからふたりが心の底から望んで結婚式を挙げること」だろう。療養中で収入心配もある彼の現状から察するに、これは簡単なことではない。

なにより彼には「結婚式への幻想」がない。小さい頃から女の子には「結婚式女の子の夢」(私に言わせれば洗脳)があるが、男性である彼には「全く」こういった幻想がない。むしろ父親や既婚の友人が「結婚式は金がかかるだけ」とでも言おうものなら、彼の結婚式への印象は「悪しき奇習」でさえある。この意識の違いを実感するのはあなたには難しいかもしれないが、彼の態度から察するにこの印象を持っている可能性は高い。あなただって結婚儀式危険なひもなしバンジージャンプをするなどと聞けば「おかし儀式だ」と感じるだろう。「部族の掟だ」と彼がそれを持ちかけて笑顔で乗れるだろうか。

彼の印象をあなた幻想が上書きできればよいが、それにはそれなりの時間がかかるだろうし、何より現時点の彼の不安(療養や収入)などをやわらげることがもっと重要だろう。ゆっくりと彼の不安を取り除きながら、結婚式の良さを訴えていくのだ。中途半端な式よりは、たとえ時間がかかるとしても、成功する式の方がよいのでは?

あるいは単に結婚式を諦めることだ。それは単なる幻想に過ぎない。人生幻想は大変重要だが、生活できなければ人生のもの破綻する。あなたと彼は幻想のためではなく生活のために結婚するのではないか

もしそうでないと思うなら、あなた幻想のために、彼の人生生活犠牲にするのはやめるべきだろう。

外野は「結婚式程度でいがみ合うなら結婚向いてない」などと無責任なことを言うかもしれないが、生活がうまくできるかどうかと結婚式でいがみ合うことは全く関係がない。少なくともこういった外野エビデンスに基づいて言っているわけではない。

2019-05-06

希死念慮MAXの俺が梅田飛び降り動画を見て思った事

過労で鬱になってから15年。

双極性障害の病名もついてずっと希死念慮から離れなかった。

いつ死のうか、いつどこで首を吊ろうかと考えてばかりいた。

実際一度未遂も起こした。飛び降り自殺シミュレーションとしてバンジージャンプも飛んだ事もある。

でも昨日あちこち拡散された、梅田飛び降り自殺動画を見て凄く生理的嫌悪感を感じた。

自分が一番欲しかった「死」がそこにあったのに、その人を羨ましいとは思わなかった。

亡くなった人には申し訳ないが、忌まわしくすら感じた。

ここで気づいた。自分は生きたいのだ。

死にたくはないのだ。

過労、パワハラ、病状、人間関係から自由になりたいのを「死にたい」と誤解していたのだ。逃げたいだけだったのだ。

全て逃げて生きられるなら、それを選択したいのだ。

やっと希死念慮から脱出できる。

この気持ちは次の診察で精神科医にも話さないと。

2019-02-28

バンジージャンプが大昔に流行したことがあったけどスカイダイビング流行しないのはなぜ

ひょっとして料金が高いんですか

2019-01-29

バンジージャンプしたことある?

1回やってみたいなぁ。

誰かやったことのある人っている?

もしそう言う施設があったとして

オッサン一人が張り切ってバンジーしてみたいんですってOKやろか?

やってみたいなぁ。怖そうだけど

2019-01-15

anond:20190115212625

あ、それ、普通から

どれくらい普通かって言うと、どんな専門学校でも1人はいから

就職100%って言っても母数が就職希望者がだったりするし。

俺の周りには大学出てニートになったヤツがいっぱいいるよ。就職してもすぐ辞めて30までニートとかね。

・・・っていう正論元増田の求めるものではないので、言っちゃうと、まだ、なんかしようって思っているだけ偉いよ。

ただ、身体が動かないんだろ?よくわかんない世界距離を置いてんだ。

バンジージャンプなんてみんなすぐ飛べるわけじゃない。みんなが「せーの」っていうタイミングで飛べなかっただけ。飛べなくて恥ずかしくてちょっとモゾモゾしてるかもね。

自分のペースでいいよ。就職なんて今までと違う世界だし、自分なりの方法社会に出ればいいよ。

2018-10-24

駅伝つん這いと特攻隊

駅伝で体が動かなくなったのに四つん這いで必死にタスキをつないだ選手の話、

どの記事ブクマだったか選手の素晴らしい闘志に感動した」などと書いてるのがあった。

これっていわゆる感動ポルノのものなんだけど、いくつも星がついてて、こんなふざけた奴らが複数いるかと大いに笑えた。

自分一人だけなら将来のことを考えて棄権するところを、仲間がいるか棄権できず無理を通さざるを得なかったのに

実情も知らない、ろくに運動しないような無責任な奴らが、なぁにが「感動した」だ、バーカ!

駅伝に限らず、常に故障危険と隣り合わせなスポーツ選手はいっぱいいて

客が勝手に抱く期待という圧力、そして仲間内で足手まといになるわけにはいかないという圧力が彼らを故障まで追い詰める。

もちろん、そんな圧力に負けない鋼の心の人たちもいるかもしれない。

だけど、真面目で努力家の選手たち、特に集団スポーツ選手達は多かれ少なかれ、

そんな圧力に晒され、精神的に圧迫されている事を隠してそのスポーツに打ち込んでいる。

一見優雅そうに見えて水中で必死に足びれ動かしてる白鳥のように。

上記ブクマを見た時に頭に思い浮かんだのは、特攻隊に感動する人たちのことだ。そっくりじゃね?

この度、ひっでぇ題名の(よりによって「紀」を使うか?!)本を出版される嘘八百田さんが思いっきり美化しまくった本を読んで感動する奴ら。

他者から圧力で命を懸けざるを得なかった他人の行動に「素晴らしい」「感動した」とか言ってる奴ら、

自分らで紐なしバンジージャンプに挑戦してみればいいのに。

ぜひとも「素晴らしい」「感動した」と大いに褒めたたえて差し上げ……たら奴らと同じになるから念仏の一つでもあげて差し上げるさ。

2018-10-21

60メートルバンジージャンプよりも

親に怒られる方がよっぽど怖い

2018-10-04

anond:20181004105559

汚いおっさんに犯されることを想像するのと、実際に汚いおっさんに犯されるのを一緒にされても…

バンジージャンプスリルを楽しめる人は数多くいるけど

命綱も何もなしで高所からダイブしたがるのは自殺志願者だけだ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん