「スカイダイビング」を含む日記 RSS

はてなキーワード: スカイダイビングとは

2019-04-27

anond:20190427155326

クワクしたいなら高いところに登ればそうなる

スカイダイビングとかも向いてると思う

2019-04-22

酸っぱい葡萄ならぬ甘い葡萄

FANZA同人CG集買って抜くのが日課なんだけど、たまーに「あれ?サンプルは妙にエロい雰囲気だったのに中身がぜんぜん実用性ないぞ?」という同人CG集に当たる時がある。

それでも700円~1000円ぐらい払っているので抜かなきゃ損だと思って、なんとかエロいフィールを感じ取って抜く。

これって酸っぱい葡萄の逆の心理だなとおもった。

 

たまーに同人CGでも枚数が多いからか1500円ぐらいするのがある。サンプルみてかなり抜けそうだと感じて買おうと思うんだけど1500円となると考え込んでしまう。

なぜなら1500円あれば700円の同人CG集を2つ買えるわけで、つまり1500円というのは2回分の値段なわけだが、1500円1回はどうしても割高である

性欲旺盛の20歳前半ぐらいの時なら、失敗を恐れないガッツある絶頂ボリュームがあればそれだけ楽しむことが出来たものの、今はとにかく失敗をしたくないので、同人CG集を買ったら先ず一通り眺めて「このシーンで抜くからここで一気に力を上げる」と予定を立てて楽しむので、1作品1回が基本になる。

人物シチュエーションがころころ変わり複数抜ける作品がある大当たりなら2~3回もあり得るが、経験上、これは作家画力に比例する。画力が高い作家複数人物をかき分ける。これはまろんまろんがすごい。基本まろんまろん作品はすべて大当たりである。割高でもコスパが断然良い。

しかし、1500円とかでもキャラが三人以内だと一回しか使えない場合が多い。

から、1500円の作品を見た時、「これはコスパが最悪」と酸っぱい葡萄理論で避ける。(なお、セールで50%OFFとかになると買うもよう)

 

話を戻すが、一番最悪なのは700円払っても抜けなかったときだ。

ロケハンざっと内容をみて、思ってたのと違うとなると大変である

サンプルでノーマルな奴だと思っていたら製品版でおもらしが入るだとか、サンプルで催眠モノだと思っていたら製品版で常識改変で露出ハード痴女プレイ(見るに堪えない)しだすとか、サンプルでごっくんシーンがエロかったけど製品版でそのあと下品なゲップをするとか、そういう不意打ちを食らった時、怒りがふつふつと湧いてくる。

でも700円払っているのでなんとしても抜かなければならない。

そこで自分が持ってる作品は「甘い葡萄」だと思いこんで、目を瞑って抜くということをやってしまいがちである

サンプルで感じたフィールを、目を瞑って頭の中で反響させ、サンプルの製品画像だけを表示して、たまに目を開いて抜くのである

例えば、本当に許せなかった例の最後のやつだが、ごっくんシーンだけを表示して目を瞑って「上品人妻、がっつりフェラ」と頭の中で反響させ興奮を高めていって「これはいい作品だ。これはいい作品だ。抜けるいい作品だ。」と声に出しながら抜くのである

これを俺は甘いを葡萄理論と呼んでいる。

 

ただし、これをすると賢者と化した時の後悔がすごい。

先ず一通り眺めて「このシーンで抜くからここで一気に力を上げる」と予定を立てて楽しむ方法だと、絶頂というのは「至ってしまう」のである意識に逆らえきれない。ヘリコプターから飛び降りスカイダイビングのような抗えない力に身を任せるので満足感も高い。

しかし、頭の中で反響させてシーンを切り出して抜く方法は、まるで泥の中を潜るような苦心しかない。それでも人間不思議もので絞り出したかのように「至る」。

同じ700円でも結果は文字通り雲泥の差である

 

これを避けるためにはどうすればいいのか。

それはきっと、手が届かない葡萄を見つけた時に酸っぱいと思わないこと。そして、酸っぱい葡萄を甘いと思い込まない素直さが必要なのだろう。

素直であること。それが本当の人間であると言える。

2019-02-28

バンジージャンプが大昔に流行したことがあったけどスカイダイビング流行しないのはなぜ

ひょっとして料金が高いんですか

2018-10-17

anond:20181017074017

気持ちいかっていうと多分思ってるのと違う。

ジェットコースターの頂点から落ち始めるとき自由落下感あるだろ?

あれがもっと長く続く。自由落下「感」じゃなく問答無用自由落下。

でも、当たり前だけど落下速度は数秒で一定になるんだよ。

そうすると落ちている、というよりは「真下から強風が吹いている」感覚になる。

もちろん実際は猛烈に落ちているんだけど遠景で見てやっと分かるくらい。

スカイダイビング醍醐味はここで、例えば氷河が見えるとか、

大自然の造形美とか、そいうのを見ることだと思う。

一般的には3600m~4000mくらいから落ちて、1000mになるより手前でパラシュート開くけど、

この間が60秒~80秒位。最初の数秒除けばあとはずっと強風吹付け期間。

1000mパラシュート開けば景色もゆったり見れるし、話もしやすくなる。

(落ちているときは風の音でインストラクターとも会話できない)

サービスがよいところだとあれはどういう山だ、とかあそこに何が見える、

とか空中散歩を楽しませてくれるところもあるけど

大体は次のフライトがあるから早めに降りる場合ほとんどだな。

というわけで何度かやったことあるけど個人的には景色が綺麗なところでやるならまたやりたい。※「きれいじゃない」じゃない「きれいな」だった

そうじゃなければ高い金出してやるようなことではないと思う。

anond:20181017074017

スカイダイビングって、海でやるダイビングから来てる名前なんだろうけど

ダイビングと違って潜ってるわけじゃないし元いたところに戻るでもないし

フォーリングって呼ぶべきじゃねと30秒前から思ってる

スカイダイビングって気持ち良さそうだなぁ

でもすごい怖そう。

いやでもすごい気持ちよさそう。

あぁいいなぁ。

どんな感じなんだろうなぁ

ジェットコースターみたいなもんなのかなぁ?

2018-09-27

anond:20180927024803

論旨は分かるが、間違ったら赤ちゃんできるから、もうちょい重いんじゃないか

事故った時に人生が一変するレベルからバンジーとかスカイダイビングやる感覚

2018-08-18

死ぬ前にやることリスト

海外旅行へ行く

  ・マリファナ合法地域体験する

  ・拳銃体験試射

  ・病気とか避妊とか倫理みたいな縛りを忘れて本能のままにやりまくる。

  ・リゾートへ行く

  ・欧州の古城とか行ってみる

  ・ハングルの読み方を覚えて韓国焼き肉とか食べる。

  ・トルコ語を覚えてイスタンブールケバブ食べる。

体力負担の少ない体験スポーツをする

  ・南の島でダイビング釣りスカイダイビング

  ・高緯度地域オーロラ観測

  

国内旅行へ行く

  ・ウニカニイカタコアワビサザエシラスサクラエビキノコなどの産地でおなか一杯食べる。

  ・日本酒蔵・焼酎蔵・ワイナリー蒸留所お菓子めぐり

  ・沢、滝、修験道パワースポット巡り

  ・明るい月明かりで良いにおいのする風が吹いているところで誰かとキスする。

しかったけどちょっと高いなと思ってたもの全部買う。

  ・ちゃんとした家具とか服とか布団とか照明とか絵とか。

性感開発とかヨガとかダイエットとか身体可能性を追及してみる。

あんがい少ないな・・・すぐ死ねそう。

2018-08-14

anond:20180814225257

乗馬は誘われたし体験切符も貰ったんですけど、父が入院しててそれどころじゃなかったんです。

スカイダイビング気持ちいかな。高い処大好きです。

2018-07-22

anond:20180722155220

トイレで踏ん張りながら使う

マリカーキノコ使った時に使う

村上春樹小説を読みながら5秒に1回使う

スカイダイビング中にパラシュートの紐を千切りながら使う

2018-06-21

[]コトノハ〇×で大量連投の為に副垢作成することへの見解

コトノハ〇×(http://kotonoha.cc/)とは、数年前までは人気があったSNSサイトである
mixiで一時期流行した「人生の経験値」を元ネタとし、トピックに対して〇×で評価するという独自スタイルが特徴である
トピックは「コト」と呼ばれ、ユーザー自身投稿することも可能である

現在コトノハでは大量の副垢を用いて連投を行うユーザー存在問題となっている。
複垢(複数アカウント)を用いて連投を行うユーザーとして、ここでは便宜上、「複垢連投厨」と呼ぶことにする。
複垢連投厨がコトノハ内で嫌われているのは、彼の人間性や数々の嫌がらせ行為迷惑行為は勿論、大量の副垢(サブアカウント)を作成しての連投行為(これも便宜上、「複垢連投行為」と呼ぶことにする)を行っていて、これを不快に感じたユーザーが反抗したことが事の発端である
その複垢連投行為が他のユーザーに認められなかったがために、今度は「コトノハオールスターズ」、「コトノハホールディングス」などというアカウント作成し、運営を騙るようになり、反抗するユーザーに対しては「規約違反者」として嫌がらせを行うようになるということの繰り返しである
ここでは、そもそも何故、コトノハでは複垢連投行為が嫌がられるのかについて解説していく。

人生の経験値

まず、コトノハについて語る上で絶対に外せない事柄がある。
それは、コトノハ元ネタになったと公称される「人生の経験値である
人生の経験値とは、コトノハが開設された頃、mixiなどを始めとするSNS流行していた、人生の中で経験するかもしれない、しないかもしれないといった事柄リストで、自分経験したこと・していないことを○×形式でチェックしていくという遊びである
ちなみに私はこの頃、コトノハ、並びにmixiを利用していなかったため、リアルタイムでこの現象経験していない。

人生の経験値には、この遊びを広めた発案者が作成した初期リストがあり、コトノハ最初期のコトはこれに基づいて作られている。
リストは膨大なので、ここでは以下に1から20まで引用することにする。
はてなキーワードに「人生の経験値」の記事があり、そこに全リストがあるので興味ある方は参照されたい。

1.入院

2.骨折

3.献血

4.失神

5.結婚

6.離婚

7.フーゾク

8.しゃぶしゃぶ

9.エスカルゴ

10.万引き

11.補導

12.女を殴る

13.男を殴る

14.就職

15.退職

16.転職

17.アルバイト

18.海外旅行

19.ギター

20.ピアノ

例えば、1番の「入院」ならば、入院経験したことがあるならば〇、無いならば×というようにシンプルに答えていくものである。以下で記す増えて行った項目の中には「スカイダイビング」、「アナウンサー握手」のような項目も存在し、経験たか否かではなく、やってみたいかどうか、それは有りか無しかみたいな〇×の付け方も勿論可能である
初期リストは93、遊びが広まるにつれて増えて行った項目は189あり、SNS日記、またブログを書いているならば十分なネタとして重宝する。

さて、話を元に戻すが、「増えて行った項目」まではさすがに全一致はしないが、初期リスト全一致しており、1の「入院(http://kotonoha.cc/no/1)」から93の「治験(http://kotonoha.cc/no/93)」まで綺麗に順番にコトが存在している。
時間が経つに連れてコトノハのコトは多様化し、本来趣旨である人生の経験値」は薄れて行ったが、最初期は「人生の経験値」を誰でも気軽に楽しめるようにしたものであったということを前提として考えるべきである

コトノハの遊び方

Helpには、コトノハの遊び方についての記載がある。
ここから読み取れる開発者運営者側のコトノハ利用の趣旨見解について書いていく。

ニコレ?引用

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく新感覚コミュニティサービスです。 ○× を通して、自分と似た価値観の人を見つけたり、自分自身の新しい一面を発見できるかも知れません。

○× をつける他にも、他のユーザメッセージを送ったり、ブログ○× を貼り付けるなど、様々な機能をご用意しています

ぜひコトノハ○×世界をお楽しみください。

  1. [コトノハ]に関するみんなの○×
  2. コトノハは、「人生の経験値」という遊びを参考にしてつくられました。

遊び方引用

気になるコト(キーワード)をみつけて、○か×をつけてください。コメントもつけたりできます

もちろん、自分でコトを作成することもできます

あなたなりの楽しみ方を見つけて、どうぞ楽しんでください。

ここから読み取れる通り、基本的には「投稿」よりも「共感」に重点を置いた趣旨になっていることが分かる。
基本的には既に投稿されたコト(トピック)に対して〇×を付け、存在しないトピック(コト)に関しては自分作成することもできるというようなニュアンスになっている。
他の多くのSNSWebサービスのように投稿が基本アクションとなっていない。

趣旨を守るための仕様

上記の「人生の経験値」と「遊び方」を守るために、コトノハでは幾つかの対策が行われている。
ここでは便宜上仕様」と呼ぶことにする。

コトノハ共感が基本であることは既に書いた。
しかし、最初から沢山投稿しようとするユーザーも勿論存在する。
ここで、そのようなユーザーコトノハ趣旨認識させるために、共感を行わずひとつアカウントで大量することが行えない仕様になっている。

その仕様は、

  1. アカウント作成後、30個のコトに回答するまで投稿(Post)できない。
  2. コトを幾つかに投稿(Post)し、その投稿(Post)したコトへの回答数が十分でない場合、回答数が十分になるまでコトを投稿(Post)できない。

である
2の方は、私はコトノハ開発者ではないので詳細な値や制限を掛けるアルゴリズムは知らないので詳細について述べることは出来ない。
要するに、他人のコトへの回答数が十分でないのに只ひたすら投稿しようとする人、回答数が少ないつまらないコトを投稿する人に対して、共感を基本としたコトノハ趣旨に気付かせるような仕様になっている。

コトノハでの投稿数に関する価値観

複垢を用いての尋常でない数の大量連投は言語道断であるが、通常の投稿頻度や連投に関しては人の価値観によって基準に差が生じている。

例えば、

  • 1日に1人あたり1投稿のみ
  • 連投でなければ、若しくはある程度の時間を空ければ1日に複数投稿しても良い。
  • 1~3回程度などならば連投しても構わない。

などである

しかし、一般的には1日1回のみというユーザーが圧倒的に多い気がする。

作成中~

2018-06-04

YouTube広告テロが酷い

最初の5秒だけ飛ばさなタイプ広告で、ユーチューバーだかアーティストだかの広告があったんだがその歌い出し5秒が最悪。

高めの男の人の声でポップにまくし立てる、その5秒間の歌詞が以下の通り。

性的虐待 4つの被害は 見られて 触られ 入れられ 売られ

100人女の子の膣 実の父親 挿入歌

メロディだけのイントロなんてなくて、いきなりこれ。

厳密にいうと5秒では「売られ」くらいまでで、ギョッとしながら「広告を飛ばす」ボタンを押そうとすると、2行目の歌詞が歌われているというところ。

画面にはデカデカと、それこそ流行りのテロップ動画みたいに歌詞が出る。

上記は「あべりょう」という人の「スカイダイビング中のインストラクター裏切り」という曲で、ジョイサウンドでも配信されているようだ。

ツイッター検索すると非常に叩かれており、下品不快だというものからテロ的に広告配信されている為フラッシュバックして自殺者が出るぞといった声まで。

実際、「いれられ」とか「膣」だとか、突然言われるのでかなりギョッとする。

やはりというか、度々報告から削除? 凍結? されて、何度も復活しているとか。公式ツイッターアカウントも鍵がかかったり外れたりらしく、いまは鍵垢になっている。(これだけやってフォロワー700人ってのがなんとも。垢も作り直しているのか…?)

あべりょう本人はこれは啓発なんだという論法をとっているようだけれど、これはキャアキャア言われたがる露出狂と同じ部類のものだろう。ACの怖いCMとは下劣さが違う。

こうやって騒ぎ立てること自体が彼への宣伝なのはわかっているけれど、彼だけでなくyoutube側に対しても、こういった広告を二度と配信しないようにして欲しいと強い怒りを感じたので、ここに騒ぎ立てます

2018-05-21

登山とかスカイダイビングとか海潜るのとかさぁ

死ぬリスク背負ってまでやって楽しいのかな

2018-05-08

anond:20180508105423

空を飛んだら気持ち良いのかな~?と思う反面

スカイダイビングは怖いからやりたくない。

2018-04-19

https://anond.hatelabo.jp/20180416160102

海外旅行とかスカイダイビングとかあるにはあるけど

そもそもそういうのに付き合ってくれる友人がいない…

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん