「明治政府」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 明治政府とは

2022-08-10

anond:20220810000921

それはその通りで、近代においてもっとも悪質なカルト宗教は「国家神道」だと思うよ

現人神とか文鮮明と言ってること同じだから

そういう意味では日本占領下の朝鮮半島で生まれ文鮮明統一教会を起こしたのも元はと言えば明治政府が悪いのかもしれないね

2022-08-04

anond:20220804132511

言うても明治政府は「気に入らん奴はぶっ殺して自分たちの言うことを押し通そう」という方針成功体験を積んだテロリストの集まりやったからね。

別に「こうしなければ生き残れなかった!仕方なかった!」じゃなくて好きこのんで拡大路線をとったわけよ。

なんか保守寄りの人は「あれが最悪のなかでも最善だったんだ」って言いたがるけど

拡大路線を突き進んだ結果としてのWW2敗戦本来なら完全にバッドエンドやんね。

国体が残って経済発展したのは幸運に恵まれ結果オーライにすぎんわけで。

anond:20220804124723

ロシア一方的な悪玉ってわけでもないんだな

時々まとめサイト日本はどうすればよかったのかって話題で、ハルノートを受け入れれば良かったとかリットン調査団を受け入れれば良かったとか言ってるけど、そこまで進んじゃうと日本外交手腕ではどうにもできなかったんじゃって思う

明治政府が対外進出したがったのも当時の植民地主義の影響だろうし、何が悪かったかと言ったら当時の空気が悪かったと言っていいのかな

anond:20220804122344

ロシア南下政策以前にまず征韓論-台湾出兵やろ

ロシア圧力に対して受動的に戦争に巻き込まれたわけやなく

もともとノリノリで対外進出したがってたのが明治政府

2022-07-21

カルトって

ダニみたいなもんだな。

なぜいつのまに、こんなに自然発生してる?

ワクチン政府に打てよ

江戸幕府明治政府弾圧してたのも分かるわ

のさばりやがって。

現代手法でさっさかフランスみたいに

規制すべし

2022-07-11

明治政府菅野長修 以下 二十一名を斬に処す。既に死する者は其後を絶つ」

「後を絶つ」とは子孫を全滅させるということだろうね?

それで現代は、怪しげな宗教が家庭を崩壊させている

2022-07-04

  だから日本史教科書を見ても天皇制というのは出来上がった順から維持していただけの人にしか見えない。そういう側面が強いだけの宗教からである

    平成時代金もうけの時代だったというのは、出来上がった戦後憲法社会があるのは当たり前、しかし、そんなものに魅力はない、だが維持しないといけない、

  それゆえに、金もうけで、出来たものを維持してきた、それだけ、一億一心金儲けみたいなものがなかったら、出来上がったものを維持するモチベーションが何もなかった

   つまり金もうけというのはただ単に出来上がったものを維持できる人に金をやるというだけの話で、相当前からの経緯を紐解かないとそれの何がいいのか全然理解できない

    逆回しに言えばほとんど、実力社会といっているだけのものである、つまり、頭がいい、できる、能力がある、そういう人に金が行く

      つまり、金だけに重点をおいて、それ以外はあいまい、それでうまくいくと思ったらうまくいかなかった

   古代から天皇制というのは要するに見たくないものに蓋をするようなところがある。実際には1000年以上も幕府政権を握られていた時代があっても、国家としてみれば、

  法的には、征夷大将軍例外的やらせていただけとみる。明治維新前のように、暗殺事件や、 明治末期の大審院裁判長自殺第二次世界大戦のような戦争をしないと

   生活できないような時代があっても、そういうところはほとんど割愛するし、戦後30年がいかに素晴らしくても教科書にはそのことはほとんど記載しない

    つまり伝統的な天皇制法治国家は、着実にできたところだけを積み重ね、派手にやらかし悪事については闇に葬る。何をするにしても、出来上がったもの賞賛

   その背後でやっていたことはなかったことにする。だから、気が付いたら出来上がったものけが残っていてそのいいところは何も残っていないといった現実が露見する。

      歴史的に出来上がったものだけには徹底的に執着し、出来上がる過程にあったことはなかったことにする。場合によっては、出来上がったものしかないという時代もある。

    平成時代には金もけがあり、つまり金があったというが、それは、背景に、既に出来上がった社会の塊があって、それを維持できる人が金を儲けるというような話である

    現代戦後憲法社会というタテマエだから保守派に言わせれば明治政府が作ったもの敗戦存在していない。昭和54年頃に出来上がった社会があり、金もうけで

 それを維持しているという。漠然経済社会だと言っているだけである

    もちろん、天皇制国家は、天皇制といいながら出身武士であったり豪族であったり全体としてあいまいであるしかしその特徴としては、出来上がったものを積み重ねるという

   保守性にある。つまり単なる古典的美的趣味である

     もちろん、この天皇制日本に対して、ナマの日本人の存在が許し難いという側面もある。しかし、ナマの日本人がいいのか、天皇制国家がいいのかどうかははっきりいって

  そんな判定基準は何もないという他ない。しかし、日本列島には、一貫して、意味はなくとも、出来上がっているところまでを評価するという宗教的な傾向が強い。

    そして日本国民には、出来上がったタテマエの中で、何もないときには我慢する時期があり、それが最近であるように思う。

2022-06-24

財政の先行きどう思う?

「イケイケどんどん」の安倍vs「引き締め」の麻生

(岸田に)選ばれたのは「イケイケどんどん」でした。

今とは比べ物にならないほど、税金使ってやりたいことアホみたいにあった明治政府ですら財政収支のバランスにめちゃくちゃ気を遣ってたんだけど、今の政府学校へのタブレット配布だとか下らない事にばら撒き過ぎでは?例えばタブレットは家庭で用意すれば良いし、出来ないなら他の方法で生徒とその親が工夫するしかない。明治大正お金無くて教科書ノートが用意できない子はいただろうけど、一々手取り足取りしない。むしろそんな中でもがいた子ほど大成してる例もある。

2022-06-18

anond:20220618094627

100年未満周期で明治政府自分の畑を取り上げられたり、アメリカB-29に爆撃されて家を焼かれたり、戦後預金封鎖から新札切り替えコンボお金紙くずになったりしてるわけで、投資しておけば将来安泰っていうのはお花畑だよな

2022-06-06

明治政府ロシアの脅威に対して、北海道支配を固めるべく、

開拓使という官庁を作って、次々に官営事業を生んでいった。

しかし、北海道事業は当時の金額で1400万円もの巨額な予算官費から出したものの、多くがあまりうまくいかなかった。

から、それらの事業民間に払い下げることにしたが、財界人は誰も見向きもしない。

そこで、開拓使長官だった黒田清隆は、大阪経済復興させていた事業家、五代友厚相談した。

五代友厚はちょうど大阪商人たちと関西貿易社という会社を作ったばかりで、

北海道での貿易視野に入れていたので、それらの事業を引き受けることにした。

誰も見向きもしなかった事業なだけに、38万円という破格の安さで、諸事業関西貿易社に払い下げられた。

ところが、黒田清隆五代友厚は二人とも同郷の薩摩出身だったことが、問題となった。

薩長主導の政治に反発していた非薩長政治家たちが、「黒田五代が結びついて癒着している」ということを糾弾し始めたのである

それをマスコミ面白おかしく取り上げ、癒着疑惑は全国で話題となった。

これによって、五代友厚は方々から攻撃をされることになり、大阪商工会議所の初代会頭など重職を辞任しなければならなくなった。

この事件によって、五代友厚は心労が祟り、その数年後に病死してしまうことになる。

だが、五代友厚は無実であり、政争に巻き込まれたというだけである

これによって、払い下げが白紙となり、五代友厚の行動もかなり制限されたので、

この事件北海道の発展を遅れさせ、大阪の発展も止めたことになる。

ここまではわかる。

ネット社会になってからは、ますます炎上の頻度が多くなってきた。

何か問題があったという話題には、無関係国民がやたら文句を言う。

そういう非難の声は、実際にはいろんな流れを止めてしまう。

それが顕著だったのが近年の新型コロナウイルス騒動で、

マスク程度の予防で良かっただけなのに、多くの人が非難の声を上げたことで、

無意味緊急事態宣言を敷くどころか、それを長引かせる結果になってしまった。

結局は、自分たちの首を絞めることになってしまうのだ。

そうやって、たくさんの人民の声が、発展のための偉業を阻止する、円滑だった経済を止める、といったことは、歴史の常である

仕方のないことではあるのだが、せめて、

非難の声が大きくても、 自分だけはきちんと判断しよう」という意識が大切である

ここはぜんぜんわからん

せっかく前半がいい話だったのになんでこうなるんだ…

2022-05-31

anond:20220531063847

GPSで地積が正確になったが

明治政府は(内務省地理寮か)大手鉱業家には忖度してか地積を相当狭く記録したらしい

広海二三郎の九重鉱山もそうらしい

なんなら工区税率はどうしたやら

ソン○ジャパンらしい

2022-05-17

anond:20220517161111

神道に傾倒したのは明治政府政治利用した時期だけとも言えるが

こうしてみると宗教なんてその時の気の迷いでどうとでも変わっとる

2022-05-16

anond:20220516130446

なるほど。でも明治政府を例に出したのは間違いました。

要するに、誰もお金を持ってない状態からお金流通させ始めるにはどういうステップを踏むものなのか?

ということが知りたいわけです。



政府がお札刷って、タダで誰かに配るなんてことはしないはずです。

となると、一番最初政府が物か役務を買い、その代金としてお金を渡すという方法お金流通の起点になるのかな?

と考えたわけです。



で、通常(何が通常かわかりませんが)お金を刷るのは中央銀行(正確には印刷局だけど)なので、上記の前段階として政府国債を発行しないと

お金流通が始められないということなのかなと。



そうでないと(国債を買い取らないと)、中央銀行バランスシート左側に何も持ってない状態なのに紙幣左側に持っている状態になってしまい、バランスシートが成り立たないのではないか

と考えた次第です。



なんか質問自体的外れなのかもしれませんが、頭の良い方、知識のある方、お答えくださいませ。

anond:20220516123653

通貨の仕組を知りたいが故の質問です。

なので、できれば架空の話という前提でお願いします。

ある時、突然国ができて、通貨が全くない状態紙幣発行し始めるという前提。

というか、架空の話でなくても、明治政府不換紙幣最初流通させるときはこの仮定状態だったのでは?

なぜならそれまで発行していた兌換紙幣そもそも信用されていなかったし、兌換紙幣健全状態では流通していなかったはずなので(健全流通してたら不換紙幣に切り替得る必要なかったはず)。

2022-05-01

anond:20220501050809

暦に関しては植付け時期をまとめた農業カレンダーとか明治政府給与踏み倒し事件かいろいろあるので調べてみると面白いと思うで

2022-04-30

作者がロリコン犯罪者ケチがついたるろうに剣心

初期の頃は一応明治政府による人権侵害とか結構描いてたよな

2022-04-08

anond:20220408125356

https://anond.hatelabo.jp/20211222134652

いいですか?

継体天皇なんですよ、初代天皇は。

AD507年に即位した継体天皇こそ初代天皇なんです。

明治政府による廃藩置県と四民平等義務教育政策では…?


いいですか?日本に残る文献記録ではですね!記録ではですよ!

最低でも東北地方!そしておそらくは関東地方までは!まではですよ!日琉語族ではない集団が住んでいた痕跡ができね!

あるんです!

稚内ワッカナイ」「米内在ヨナイザイ」とか、あとは「トネ利根」とかですね!!!

しかし!しかしですよ!残っているのは地名だけなのです!!!

それも奈良時代平安時代のころには!その状態なのです!!!

ということはですよ!!!

遅くとも奈良時代ごろには!奈良時代ごろにはですよ!ほぼ消えているんですね!!!

関東以南の日琉語族以外の言語文化!!!

2022-02-12

https://anond.hatelabo.jp/20220212010453

平家はなぜ後白河法皇を殺さないのか

殺してしまったら上から下まで総スカンやで。天皇自体権威があった (古来から儀式とかの継承者) からというのはそうだけど、洋の東西を問わず権力掌握のために主君殺すってなかなかない気が...「主君すら簡単に殺す奴が他の勢力ならもっと簡単に潰しに来る」みたいに思わるので相当な根回しが必要やと思う。

臣下に殺されたっていうので思いつくのは三国魏の高貴郷公やけど、これは高貴郷公自らが兵を率いて司馬昭を始末しに行って逆襲されて殺されたから 、後白河が直接平家にぶつかれば殺されるかも?高貴郷公の件は名ばかり皇帝に落ちぶれた東晋皇帝がこのことを知ったときにそら(皇帝殺して皇帝になったら)そう(権威なんてなくなって名ばかりになる)よ...orz ってなってたので、主君殺すってなかなかできないんちゃうか。

あと、後白河平家が決定的にこじれたのって鹿ケ谷の陰謀さらに後の重盛の死後処理で後白河やらかしたからで、その先は後白河がいようがいまいが戦乱になってたんちゃうか?源平合戦に火をつけたのは後白河じゃなくて八条院周辺だし。後白河にしても平家にしても自分ところの利益だけを場当たり的に追及するところがあって、それがgdgdの源泉だと思う。

なんで天皇がここまで尊くなったか不明なんだけどやる夫スレでよければ やる夫が大海皇子になるそうです というのを読むといいかも。長いけど。この作者の前作が やる夫が鎌倉幕府の成立を見るそうです でちょうどこの時代やな。こっちも長いけど。

反乱を起こした高倉上皇兄弟は殺していた

以仁王のことか?そりゃ天皇でもなければ自分で反乱起こして戦場に出ちゃったからね。後白河も後鳥羽戦場に兵を率いて出てはいないのに注意。どちらも合戦は部下に戦わせて自分のところまで敵が来たら素直に従っている (法住寺合戦承久の乱等)。ここで抵抗したらなにかのはずみで殺されていても不思議ではない、が天皇とはそういうものではない。また当然ながら尊さにも位があって 天皇上皇 >> 皇太子 >> 親王 >> ただの王 で、天皇家に連なっていても親王宣下されなきゃたいしてえらくはないで。

天皇でもないのに後白河法皇の死にそこまでの重さはあるのだろうか

このころの上皇とか法皇とかは事実上最高権力者やで。平安中期は摂関家自分の甥である天皇後見をすることで権力を握ったが、平安後期では天皇直系尊属である上皇法皇天皇家の家父長権でもって天皇後見をすることで権力を握った。最高の権門である天皇家の家長として荘園も集積しているので財産も持っている。まあ後白河は中継ぎって見られてたから前任の白河とか鳥羽とかみたいな盤石の権力ってないけど。ついでに父の鳥羽から財産を受け継いでないし。

源頼朝を殺さな

頼朝は蔵人を務めていた上西門院(統子内親王・後白河の姉にして准母)と母親実家である熱田大神宮家助命に動いて助命されたんやで。これらの貴人達の反対を押し切って殺すのは政治コストが高すぎる。そもそも平治の乱時点での清盛は財力武力はあっても正四位大宰大弐にすぎないわけで政権の中枢にいたわけでもないし、反乱鎮圧立役者ではあっても処刑にどこまで関与できたというと疑問な気がする。平家政権ができあがるのはこのあと後白河法皇二条天皇の間を上手に泳ぎ回った(平時の乱もその上手に泳ぎ回ったの一部だが)上で1165ごろに二条天皇政界の大物複数名が相次いで死んだ結果なので、このときの清盛に平家政権全盛期の公卿殿上人数多という未来を言っても信じなかったんではないか

そもそも天皇家は神道権威だろうに、後白河法皇は何で出家してるんだろう。

昔は仏教神道密着してたのか?神の子孫の天皇家がバンバン出家していた頃って、どんな宗教観なんだろう。

仏が神より高い位置にいたとか?

日本古来の伝統がたった150年ほどで忘れさられるとは嘆かわしい。明治政府のなんと罪深いことよ。仏教日本に受け入れられる際に神道を取り込んでこのころには不可分になってるで。そのあたりの理屈をつけたのが本地垂迹説やな。出家すると神道儀式主催するのは不適切という概念はあったらしいので、神道儀式は現役の天皇にまかせて退位したら出家して仏教儀式に専念する、というのはありかもしれない。神道仏教もどちらも国を護るには重要やしな。

あと神の子孫ということなら大体の平安貴族神の子孫やで。

anond:20220212135751

なんかもう明治政府キチガイっぷり引くわ

明らかに今までの日本と違う感じ。

残りカスみたいなんも消えてほしい

anond:20220212010453

そういわれてみると、天皇家って江戸時代より前はふつう仏教信仰してるな。私はそこに何の疑問も持ったことはなかった……。明治政府以降の国家神道でいうほどは宗教の中枢に天皇家があったわけじゃないのか。国家神道なんかキリスト教猿真似だし、天皇家に無理やり教皇立場押し付けただけなのか。

2021-12-07

anond:20211207135511

東京京都併置論などもこの頃提案された。

明治政府は、東京遷都ということを公式には表明していない。宮中公家京都の町衆の強い反対を避けるため、政府公式位置

けをわざとしないまま、なし崩し的に東京遷都実施したと言える。なお、明治維新正史とも言える文部省維新史料編纂事務局編『維

新史 第5巻』(1941年)でも、「遷都」ではなく、単に「都を定める」ことを意味する「奠都」(てんと)が使われている。

2021-10-24

anond:20211024164306

明治天皇は何もしてないし徳川幕府明治政府よりまともだったし今の政治家よりまとも

2021-10-23

anond:20211023144935

なるほど。明治政府尊王攘夷派のテロリスト政権ということか。どうりで欧米列強がどこも承認しなかったわけだ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん