「プロジェクトX」を含む日記 RSS

はてなキーワード: プロジェクトXとは

2020-08-24

anond:20200824100551

プロジェクトXノベライズ本を選んだ時があってその時はいたく担任に感心されたな。

てかさ、俺の増田自意識過剰すぎて本選びすら優柔不断だったって話なんだよ。ちぐはぐなトラバもやもやすんなあ。

結局のところプロジェクトXの時もしんどかったよ。

しかも褒められてその場ではちょっといい気にはなったけど、結局その本を選んだ経緯とあらすじと当時の情勢の説明原稿用紙が埋まってるような代物で情けない気持ちも強かった。今でも思い出しただけで恥ずかしい。

経験に照らし合わせると俺はどの年でもどんな本選ぼうが苦悶していた。

繊細さを踏みつけにされながら自意識を癌細胞のように肥大させてた俺の様な児童がいたとして

それこそ「自分ならどうするか」「この本の人たちのように行動できると思えない」「本の人たちは困難に立ち向かって社会を変えられて本当にすごい」「自分もこうありたい」って理想的なことを簡単に書ける

というようなテンプレ優等生解答を書き綴ることは受け入れられないし

「それが『面白かった』『つまらなかった』レベル感想より深みのあるものなのか?そんな虚無の塊みたいな人間を俺は演じないといけないの?」みたいな反発心を抱くんじゃねえの?実際俺はそうだった。

これは今でもそう感じてしまことなんだけど、藤井聡太だとかの神童みたいな扱いされてる未成年が公の場で話してるの見て「若いのにしっかりしてんね」みたいな反応する奴に凄くイラッとするんだよ。これぐらいの月並み挨拶スピーチできる子どもいくらでもいるからって言い返したくなる。

だって「がきなんて未熟だから思想とか人格なんてろくにあるわけないでしょ」って普段軽んじてるから若い割になかなかやるじゃない」っていう上から目線な褒め方になるわけじゃん。

フラット視線から見て純粋に素晴らしいと感じたから褒めてるってわけじゃないんだから投げかけられた方は面白くない。更に言えば、褒めた(つもり)の方は受け手人格が酷く幼稚で単純な物だと考えてるからそれで喜ばない方がおかしいぐらいに思ってるし、自覚していても子どもが見抜いてくることはないと思っている。

こういった感じの大人に誰が見てるわけでもないのに愛想よく振る舞う秀才が、子どもの頃の俺には滑稽に見えた。優等生的な回答で卒なくこなすことが二流でかっこ悪いものに感じたんだ。

テレビとかネット見たら10代で自分スタイル確立しているように見える人がいくらでも見つかるわけじゃんか。だって子どもがそんなん見て憧れないわけないじゃん。

で、俺の時代10代作家を持て囃すブームがあって綿谷りさとか羽田圭介乙一なんかに衝撃受けてたからなおさら読書感想文気合入れたんだよ。今の子にもこういう文章がかけたらいいのになって憧れの対象はいると思うけど違うかな?

とどのつまり作文とか読書感想文書けない子ってイノセント故に志が高すぎるのかもな。

俺はもう中2くらいから開き直ってこういう類の課題は「高校もろくに通ってないおバカアイドルブログ」とか「小学3年生が祖父母に宛てた手紙」みたいな想定でわざと雑に書くようにしてた。

当然そんな風にやさぐれるのはよくないからこれからの子たちには上手いこと身の丈にあった憧れを見つけてほしいもんだ。

親御さんはまず「どういう読書感想文を書きたいのか」っつう目標設定をお子さんとヒアリングを重ねてしっかり決めるべき。

anond:20200823080321

選ばれづらいけど、読書感想文には物語じゃなくて実話ものを選んだほうが絶対感想を残しやすいと思うよ

課題図書にも必ず伝記とかプロジェクトX的な本が入ってるでしょ

現実にあった話を読んだほうが自分の身近な世界との接点を想像やすくて、本の内容を素直に咀嚼できるよ

それこそ「自分ならどうするか」「この本の人たちのように行動できると思えない」「本の人たちは困難に立ち向かって社会を変えられて本当にすごい」「自分もこうありたい」って理想的なことを簡単に書ける

まあどうしても図書の選定の時に、物語のほうがエンタメ要素があって読みやすそうって意識が働いてしまうのかもしれないけど、それは罠なんだよなぁ

創作された物語だと「面白い」「つまらない」以上の感想を持ちようがないから。

比較するにしても「自分」とじゃなくて、他の物語小説だけじゃなくて漫画アニメゲーム映画ドラマ)のキャラとの比較が真っ先に思い浮かんで、余計に書けなくなっちゃ

2020-03-24

anond:20200324091820

そう、

そこで、異世界から眺めた視点を、読者視点にして解説ものにしても(平成プロジェクトXの焼き直しを令和でやることになるが)門外漢には面白いし、

お定まりの”魔法“”魔力“で、それありきの他交通機関とのバトルにしてもサイエンス・ファンタジー面白くなるのでは?

2019-11-28

会社成功ストーリーを皆信じすぎ

今回こういうふうにしてこれを作りました

すごく良い仕組みができました

みたいな

プロジェクトX的な話

安易に信じすぎでは?

国の発表とかは信じないのに、成功秘話とかは安易に信じるよな

別に彼らが騙そうとしてるってわけじゃないが、間違ったことかなり言ってると思うよ

2019-07-06

その昔、挑戦者はい

pay騒動の末改めて持ち上がるSuica最強説

https://togetter.com/li/1372997

こういう話題が出てくるたびにプロジェクトXという番組を思い出す

2019-05-12

anond:20190511221004

そんなのいちいちまともに受け取る必要無いんだから「へーそうなんですかー」で終わらせて美味しくメシでも食っとけ

どうしてもマウント取り返したいなら「のりたま誕生秘話」でも仕込んでプロジェクトX風に紹介でもして黙らせろ。

2018-12-15

伝説企業家 アメリカをつくった男たちが面白い

19世紀活躍した著名な企業家を紹介した番組なのだがとても勉強になる。競争に勝ち生き残るには何をすれば良いかということを教えてくれる。かつてプロジェクトXという番組があったが経営者労働者では腹の据わり方が違うと思った。hulu12月31日まで配信しているので興味がある人は観てほしい。

2018-11-25

anond:20181125172643

日本だとそもそも最初から「妻子を顧みないのがかっこいい」扱いだから

プロジェクトXなんか典型的だったよな、仕事ばかりやって離婚や家庭崩壊するのを

家族犠牲にしてでも日本に尽くした男達」と美化していた)

最近はそれじゃ女性ウケしないせいかそういう描写は消えたけど

2018-10-30

anond:20181030194838

からその手の番組はあった

プロジェクトX』とかもそうだろ

最近は、ひねらなくなっただけ

2018-10-15

プロジェクトXみたいなガンダムってあるの?

(作中で)ガンダムを作り上げた(作中の)技術者エンジニア達を取り上げた話とか。

まりにもアムロとシャーが脚光浴びすぎ!

2018-06-12

ふるさとってさ

大学講義プロジェクトX映像見たんだけど

その中でダムで沈んでしまう村の桜を移植して再生する、っていう事業があったのね

そしてその桜を移植して、そこは第二のふるさとになったっていう話で、結構感動したんだけど

でもそこでは間違いなくふるさとは壊れてて

でも新しいふるさととしての桜が生まれた、というエピソードなんだけど

俺は地元愛とか持ってないんだけど

これ見て、ふるさとってじゃあ、後天的に人々が決める、共有するものなんじゃなかろうかと

俺はまだ地元愛とか持ってないけど、いずれ何がしか経験コミュニケーションの中で守りたい地域が出てくる

そうなったときふるさとって呼ぶんじゃないかと思ったのね


普通場合でも、ふるさとって長くそこに住んだ経験があって初めて

意識的無意識的かはおいといても)「ふるさと」へとなっていく、守りたいと自覚できるようになる

そういう意味でもふるさと後天的ものであって

まれ場所として最初から決まっているとか、親によって決まるものでもないんじゃないか


どこかに住みついて、そこの人とコミュニケーションをとって、愛着を持つようになる過程ふるさとになる

ということに意識がいくと、こういうことを支援したり、そうしたふるさと意識を持った人々がふるさとを守るため

あるいはこの場合は、新しいふるさとを他の人々と共有するため行動を起こす

そういうことも、何かこう権力関係の中で利権を争うみたいな官僚やら政治家やらの動き以上の

根本的な人々の政治なのかもなと思いました

どっとはらい

2018-05-19

anond:20180518184020

こないだ職場消防隊の人を講師救命講習を受けてたか感想書いてみる。

心臓マッサージの手の組み方を、毎日サクッと思い出しつつ手洗いしてる。トイレのあととか。指の間まで洗えて一石二鳥

リズム中島みゆきさんの『プロジェクトX』のテーマ曲くらいの速さって話を前に新聞で読んでて。講習でやってみたら消防隊の人にほめられた。

・でも、講習で思ったけど、2分間ぶっ通しの心臓マッサージマジでキツイ。こっちが死ぬかと思うくらい。交代要員は必須

AEDを借りて来てもらう人のことは、ちゃんと指差し指名しろって講習で言われたけど、緊急事態になると人ってフリーズしがちだからなんだな。なるほどね。

・どこならAEDあるか、家の近所だけでも調べておくといいかも。駅じゃなくても、例えば内科かにいかな?

2018-05-04

anond:20180504075922

プロジェクトX見ているとライバル企業としてSONYがちょくちょく登場するんだよね

バブル期家電メーカーの回とかでね

SONYが似たような商品開発を行っていることがわかって…とか

SONY製品市場競争で一旦負けてチームが解散危機に…みたいな

下町ロケット陸王に出てくる大企業みたいな扱いで、「打倒SONY」というカタルシス演出していたんだな

2000年代初頭はまだSONYの誉望の時代

AIBOトランジスタラジオなどSONYのものを取り上げた回も多数放送されていたはず

いやはや時代を感じさせるね

一寸先は闇、任天堂もすっかり存在感がなくなるかもね

そんじゃぼくちんプレステモンハンしてくるね

2018-03-13

anond:20180313190209

日本人に合った仕組みってのが難しいと思う

プロジェクトXみたいなスタンドプレー好きだし、空気仕事するからね。

小さいトコでは上手くいくけど、大きくなると途端に権力が偏っていくのよね。

それで上手く権力使いこなせないという。

からゴーンさんとかカリスマ社長とかワンマン社長がうまくいくんだろうねぇ

2018-01-06

スポーツ観戦をしたくなる気持ち理解できない

30代男。昔からスポーツ観戦をしたくなる気持ちが全く理解できない。何がおもしろいの?スポーツ観戦がおもしろいという人ばかりなので、世の中についていけない。

例えば、プロジェクトXとかガイアの夜明けみたいな、仕事のアツい話は分かる。たとえ自分とは全く違った仕事の話でも、単純に豆知識として勉強になるし、取り組み方は自分仕事にも役立てられるかもしれない。そもそも、何であれ、たいていの仕事は、社会の役に立つものだ。頭が悪くても才能がなくても、工夫次第で社会の役にたつ、皆に喜んでもらえるモノが作れるよ、というのは分かる。そういう話に感動したり、そういう番組を見たくなるのはわかる。

スポーツ観戦は、そういうのとは全く違う次元の話に思える。確かにスポーツ選手努力しているかもしれないけど、スポーツ選手社会の役に立つために努力しているわけじゃない。スポーツ選手スポーツをうまくなったところで、皆に喜んでいるようなモノが作れるか?といえば、それは違うだろうし。

そりゃ、スポーツ選手仕事から仕事に向き合う姿勢とかで役に立つことがないとはいわないけど、特殊仕事すぎて、ほとんどの人には役に立たないのでは?

大体、知ったところで、スポーツ選手は途中から参入できるような仕事ではない。スポーツ用品営業とかの仕事転職したいかスポーツ観戦をする、というのならわかるけど、スポーツ観戦してる人ってそうじゃないよね。

あるいは、ミリタリーが好きとかいうのも理解できる。勝ち負けがはっきりしている。負けたら死ぬ。皆、死にたくない。だから一生懸命いかにして生き残るか研究する。それが勉強になるっていうのはわかる。

でも、スポーツ観戦が好きな人って、そういうのでもないよね。勝ち負けにやたらこだわるくせに、負けた側が死ぬような映像は見たくないとかいいやがる。

結局、スポーツ観戦が好きな人は、何がしたいの?

2017-12-19

日本凄いみたいな奴嫌いだけど

考えてみると、プロジェクトX大好きだったな

たまにパロディされてることもあるし、多くの人に影響を与えていた番組な気がするよ

2016-09-27

http://anond.hatelabo.jp/20160927164253

技術発展の方向性についても既に世間に転がっているニーズに答えるための「最適化型の発明」と

今の社会には存在しないが商品化されることで必需品となる「新提案型の発明」の2種類がある。

特許を取りやすくて独占しやすいのは言わずもがな、新提案型。

提案型は今ある問題に対して新しいアプローチや、直接的に目の前の業務関係性のあることじゃない勉強や開発が必要とされる。

そんなことは自転車操業している企業現場では絶対に無理。

大企業なら企業体力がありそれ専用のプロジェクトチームを作るのは難しくないが、

中小企業は適度に暇な時間現場レベルで作って遊んでると思われても自分たち勉強して手探りしていかないといけない。

ベンチャー企業が無かった頃は、会社に残って一生懸命残業してアイデアをひねり出したとか美談のように語られるが、

ぶっちゃけ技術者がこっそり余暇を使って…正確には余暇を作って、自分知的好奇心会社私物化して行ってただけのこと。

誰も予想できない新発見を目指した開発が公に認められるわけがない。

研究所に入って自分テーマプレゼンして理解を得て初めて資金調達して研究できるというプロセスをすっとばして、

会社の物を使って自分のやりたいことをやってたやつがゴマンといたのが昔の話。

その中でたまたまヒットした成功者ピックアップして昔の技術者すごい!今の技術者どうした!?って絶賛してるのがプロジェクトX

んで、技術者はいるだけで好きな事してた環境があったから立ち回りとか全然そのあたりのノウハウが蓄積されずに、

歳食ったエンジニアは追い出されて、海を渡り今度は中国で好きなことをし始めたのが20年前。

今はもうそういう余暇を奪うことが絶対正義勘違いしてしまった結果、大企業病が多発してプラス能動的に作れず不正だらけになった。

利益率にならない行為を認める余暇重要性を理解していないと今の日本のようにどれだけ先進国としてインフラを発展させても簡単凋落する。

2016-06-17

 

そもそも低レベル経験値なし地方出身主人公

都会の理不尽ベテラン狂人に囲まれて成長してくタイプ物語が苦手だ

そういう成長物語好きな人もいるんだろうが

こっちはド素人一喜一憂してる姿見て何が楽しいの?ってなる

俺TUEEEEもっと苦手だけど

見たいのは学生社会科見学じゃなくてプロジェクトXなんだよ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん