「プロジェクトX」を含む日記 RSS

はてなキーワード: プロジェクトXとは

2019-07-06

その昔、挑戦者はい

pay騒動の末改めて持ち上がるSuica最強説

https://togetter.com/li/1372997

こういう話題が出てくるたびにプロジェクトXという番組を思い出す

2019-05-12

anond:20190511221004

そんなのいちいちまともに受け取る必要無いんだから「へーそうなんですかー」で終わらせて美味しくメシでも食っとけ

どうしてもマウント取り返したいなら「のりたま誕生秘話」でも仕込んでプロジェクトX風に紹介でもして黙らせろ。

2018-12-15

伝説企業家 アメリカをつくった男たちが面白い

19世紀活躍した著名な企業家を紹介した番組なのだがとても勉強になる。競争に勝ち生き残るには何をすれば良いかということを教えてくれる。かつてプロジェクトXという番組があったが経営者労働者では腹の据わり方が違うと思った。hulu12月31日まで配信しているので興味がある人は観てほしい。

2018-11-25

anond:20181125172643

日本だとそもそも最初から「妻子を顧みないのがかっこいい」扱いだから

プロジェクトXなんか典型的だったよな、仕事ばかりやって離婚や家庭崩壊するのを

家族犠牲にしてでも日本に尽くした男達」と美化していた)

最近はそれじゃ女性ウケしないせいかそういう描写は消えたけど

2018-10-30

anond:20181030194838

からその手の番組はあった

プロジェクトX』とかもそうだろ

最近は、ひねらなくなっただけ

2018-10-15

プロジェクトXみたいなガンダムってあるの?

(作中で)ガンダムを作り上げた(作中の)技術者エンジニア達を取り上げた話とか。

まりにもアムロとシャーが脚光浴びすぎ!

2018-10-13

若おかみは小学生! を観に行ってないのが許されるのは中学生までだよね (感想)

若おかみは小学生を見てきた

両親が交通事故で亡くなっておばあちゃん経営する温泉旅館〈春の屋〉で小学生のおっこが若おかみ修行をするっていうあらすじからしてもう年寄りの涙腺が崩壊確定。

まだ観ていない人のために私から伝えられるのは

おっこが!!!かわいい!!!!!!!!!

以上だ。

これより下はネタバレ含む感想垂れ流し文章から未鑑賞の方は今すぐブラウザバックしてその足でお近くの映画館に行くがいい。















開始五分で両親がおっこに花の湯温泉ドグマを受け渡し、交通事故で両親が退場するスピード感。もうここでメンタルがギッタンギッタンに引き裂かれた。ここから後この娘子はどれだけの心労と苦労とを重ねなければならないのかが容易に想像されて、もういいから早く!!!!!!の子幸せにしてあげて!!!!!ハッピーエンドを我々は所望する!!!!!わからんのか!!!!!!スタッフ!!!!!!!!と残りの80分弱叫び続けていた。もうね、家族3人で住んでいたアパートを一人でランドセルを背負ってキャリーケースを引きながら電車に乗るおっこがかわいそうでかわいそうでもうおばちゃん心がしんどかったわ・・・。隣のボックス席には父親母親に構ってもらえる子供の様子が見えてるしさ・・・。もうおっこ(と我々)の心にダメージを与えるのはやめて脚本・・・

部屋にいるとき旅館掃除をしているとき、布団で寝ているとき、あえて現実に重ねる形であり得たはずの両親とおっこの一家団欒が描かれていて、おっこがまだ両親の死を受容できていないのが本当にクるんですけどやっぱり少女が受け止めきれない喪失感世界観を歪めてまで自分を保とうとする姿って生命力に満ち溢れていて萌えますよねわかりませんか?がっこうぐらしでも使われた技法だけど刺さる人には刺さる死ネタなんやなぁ。

本作を語る上で絶対に外せないのはやはり同級生ピンクフリフリラバル旅館百合と謎多き占いお姉さん年の差百合ですよねわかりまぁす(ねっとり)。

二人ともいい女なんですよね~~~~~~~~かっこいい、めちゃくちゃかっこいい。自分ポジションをわきまえているからこそ身振り手振り一挙手一投足に宿るオーラが半端じゃない。

真月は膨大な資金ブランド力で高級路線の大旅館の、おっこは小さいながらも一人一人のお客の望む宿泊体験を少数精鋭の従業員提供する家族経営の小旅館の跡取り。大資本対小規模経営対立構造ではなく、花の湯温泉を共に活性化させていく温泉ギルドの仲間として二人が互いを「バカおかみ」「ピンふり」と罵り合いながらも最善のホスピタリティを目指すのがさいっっっっっっこうに百合なんですね。真月を高飛車無能かませ犬ポジションに置くのではなく、小学生ながらホモデウスを読み過去偉人金言にも精通した超絶努力家としているのが本当にうまい鯉のぼりの大群を山から見える風景構成するのに端に行けば行くほど小さい鯉のぼりを置いたり、イルミネーション庭園の監修をするなどのデザインセンスに長けたキャラクター性が打ち出されている。自分に課せられたブランドを損ねることが他の旅館観光業の人々に与える甚大な影響を知っているから、己の才能と太い実家にあぐらをかくことな研鑽を止めない。その姿を周りも見ているから、ピンフリと影で呼びこそすれども同級生は憧れ、尊敬の目を向けている。広くない土地の近い業界ギルド全員がうまくやっていくための信頼と協力の労働が成り立っている世界観に輝きを感じた。そう、描かれてるのはあくまでも温泉ギルドを中心とするおもてなしの心であって、だからこそ他人利益気持ちを損なうような不純物や明確な悪意を持った悪役が一切出てこない。お客さんも全員多少の難はあるけれど本質的に善人で、それぞれが日常で傷ついた心を非日常の春の屋で癒されて帰っていく。おっこの心情にフォーカスすれば不運な境遇女の子過去と決別する映画であるが、若おかみとしての言動努力フォーカスすれば、使えるもの幽霊でも鬼でもなんでも使う美味しんぼテイストプロジェクトX。二つの成長譚が重層的に織り込まれてながら進んでいく構成、なんて素晴らしい脚本なんだ...。そしてこの界面に現れ出てくるのがグローリー・水領、年上クールビューティお姉さん。若おかみの顧客でありながらよき理解者でおっこの知らない世界を見せてあげられる唯一の人物。どうしたらそんな属性を一人にガン積みさせられるんだよ百合絶対殺すマン???失恋の傷心を癒しに春の屋にきたカリスマ占い師のグローリーが、おっことの溌溂としたやりとりと露天風呂生気を取り戻しそのままおっこと買い物デートに行くんですけどこの展開のスピード感がかっこよすぎて、なんでお姉さん一気に距離を詰めるの???惚れた。まぁ大方の予想通り高速道路でおっこの交通事故トラウマフラッシュバァァァックしてしまうんですが。過呼吸のシーンも大変よかった。よかった…。ここで帰宅するんじゃなくて、おっこにはウリ坊とみよがいて見守ってくれているんだよという心の弛緩が入りつつ、ジンカンバンジージャンプを爆音でかけて買い物シーンに突入する転換が最高にハイってやつでしたね。超絶高まるオタクと化した。超かっこいい曲だったから早く配信するんだ公式ジンカン人間音読みで世間意味だととるなら、人の世の中にたった一人で飛び込まされた小学生女の子人生の艱難辛苦と悲喜こもごもを一気に駆け抜けながら感じる世界観を歌った疾走感溢れるキラーチューンだと言えよう。そしてウリ坊やみよちゃん鈴鬼含む人ならざるものグローリーあかねといったお客、真月やクラスメイトやおばあちゃんに親戚、周りの人々との繋がりが縒り合わされてできた命綱彼女の足にくくりつけられている。だから彼女一人ぼっちじゃないんだ。それはそれとして買い物シーンでグローリー姉さんの衣装着せ替えがクッッッソスタイル良くて眼福。おっこの衣装激カワ。あの一瞬をもう一度と言わず何度でも見たい。(パンフレットでおっこの衣装が見れたが、目に感情が宿ってなくて泣いた。映画館でみた光景は偽物だったのか?)

この勢いだと登場人物と起きたイベント全てに言及ちゃうマンになりそうなんだが行けるところまで行ってみよう。おっこが旅館についてウリ坊登場してからずっとマジウリ坊UZEEEEEEEって思ってたしそんなに峰子ちゃん鼻くそLOVEなのかよしかも死因ダサ過ぎるとか台詞回しストーリー進行にやや無理あるでしょまぁ児童書だしそういうもんかって思ってたんですけどね、最後オチでやられた…。ネタバレしていい?12文字後にネタバレするんだけどさ、おっこの両親を車で轢き殺した男の家族を鈴鬼が呼び寄せたのホント鈴鬼何やってんのおい鈴鬼。なんでよりによってその客呼んじゃうのさ・・・。男の方もさ、知らなかったんだよね、あんたが泊まりに来た宿の若おかみがあの娘だって自分が今まさにおもてなしをした男が両親の仇だって気づいてしまった瞬間、両親がもうこの世にいないんだって気づいてしまった瞬間のおっこの表情が、真実にたどり着いてしまった時の涙でくしゃくしゃの表情がとてもよかった…。こんときのね、みよちゃんとウリ坊も本当に辛そうなんだよ。もうお前らが泣いていたのも含めて、完璧世界がそこに形成されていたんだ。ありがとうありがとう、本当にありがとう。ウザいとか言って本当に申し訳なかった。この映画ジブリ系譜を受け継いでいるのか、水の描き方が本当に美しい。温泉流れる湯の一滴一滴を視認できるくらい緻密に描写された変態作画が、何物にも変えがたい純粋少女性を保持した涙を生み出した。感動ポルノ精神リョナや安っぽいカタルシスなんかではない、もっと上位の美しさが、耽美があった。もう一度この目で確かめたい。誰か一緒に観に行きませんか?お前以外でお願いします。あ〜〜〜〜〜〜思い出した、グローリーがね、虫の知らせか女の勘か、早く誰かおっこの心を埋めてあげてくれっていうタイミングで車を走らせておっこを抱きしめてくれるんですよ。ハァ〜〜〜〜〜〜〜〜最高。真月もアフターケアに動いてくれるしできる女って感じですよね〜〜〜〜〜〜。一応のクライマックスは、一人の少女としてのおっこと、若おかみとしてのおっこ、どちらの立場を取るべきかという課題に向き合うシーンになるのだが、両親と峰子ちゃん祖母から受け継いだ「花の湯温泉のお湯は誰も拒まない すべてを受け入れて癒してくれる」というドグマに従い、自分から両親を奪った相手を赦すことで、孤独のおっこから若おかみのおっこへのメタモルフォーゼは完遂される。

それにしてもおっこはマジでえらいんだよな。きちんと謝罪ができるし。自分なんかおっこの年の頃ちゃんと謝れた覚えないしむしろ今の方がまともに頭下げらんねぇもんな。一旦は怒りを爆発させても最後はきちんと頭を下げることができて、おっちょこちょいでも誠心誠意心からお客様に喜んで欲しいという気持ちが一本芯を貫いているのが本当に魅力的で人徳を感じさせる。これは個人的性癖の話なんですが、おっこが蛾とかカナヘビを見て叫ぶ声の演技が思ったよりリアルだったのも高評価でしたね。

我はオタクなので唐突自分語りしたくなっちゃうんですけど、自分父親を亡くしていて、うっかりおっこに感情移入してしまったせいでかなり心情的にもキツいものがありましたね〜。我は突然謎の病気消滅したパターンでかなりの割合記憶がないのだけれども、親戚から伝え聞くには、我が両親のお通夜の晩に「お父さんどこなの?」とタンスや押入れを開ける行動がみられていたらしく、おっこの両親の喪失を受け入れられないのも真実味があるな〜と思いました。パンフレットによると監督体験が反映されてるとのことで、リアリティがあるのも頷けました。

まとめると、若おかみは小学生ダークナイトだって散々言われてたせいで逆にダークナイトネタバレ食らったのほんまにtwitterオタク許さんからな。

あと私が観に行った回、5人ほどの男性オタクしかいませんでした。

おわり

2018-06-12

ふるさとってさ

大学講義プロジェクトX映像見たんだけど

その中でダムで沈んでしまう村の桜を移植して再生する、っていう事業があったのね

そしてその桜を移植して、そこは第二のふるさとになったっていう話で、結構感動したんだけど

でもそこでは間違いなくふるさとは壊れてて

でも新しいふるさととしての桜が生まれた、というエピソードなんだけど

俺は地元愛とか持ってないんだけど

これ見て、ふるさとってじゃあ、後天的に人々が決める、共有するものなんじゃなかろうかと

俺はまだ地元愛とか持ってないけど、いずれ何がしか経験コミュニケーションの中で守りたい地域が出てくる

そうなったときふるさとって呼ぶんじゃないかと思ったのね


普通場合でも、ふるさとって長くそこに住んだ経験があって初めて

意識的無意識的かはおいといても)「ふるさと」へとなっていく、守りたいと自覚できるようになる

そういう意味でもふるさと後天的ものであって

まれ場所として最初から決まっているとか、親によって決まるものでもないんじゃないか


どこかに住みついて、そこの人とコミュニケーションをとって、愛着を持つようになる過程ふるさとになる

ということに意識がいくと、こういうことを支援したり、そうしたふるさと意識を持った人々がふるさとを守るため

あるいはこの場合は、新しいふるさとを他の人々と共有するため行動を起こす

そういうことも、何かこう権力関係の中で利権を争うみたいな官僚やら政治家やらの動き以上の

根本的な人々の政治なのかもなと思いました

どっとはらい

2018-05-19

anond:20180518184020

こないだ職場消防隊の人を講師救命講習を受けてたか感想書いてみる。

心臓マッサージの手の組み方を、毎日サクッと思い出しつつ手洗いしてる。トイレのあととか。指の間まで洗えて一石二鳥

リズム中島みゆきさんの『プロジェクトX』のテーマ曲くらいの速さって話を前に新聞で読んでて。講習でやってみたら消防隊の人にほめられた。

・でも、講習で思ったけど、2分間ぶっ通しの心臓マッサージマジでキツイ。こっちが死ぬかと思うくらい。交代要員は必須

AEDを借りて来てもらう人のことは、ちゃんと指差し指名しろって講習で言われたけど、緊急事態になると人ってフリーズしがちだからなんだな。なるほどね。

・どこならAEDあるか、家の近所だけでも調べておくといいかも。駅じゃなくても、例えば内科かにいかな?

2018-05-04

anond:20180504075922

プロジェクトX見ているとライバル企業としてSONYがちょくちょく登場するんだよね

バブル期家電メーカーの回とかでね

SONYが似たような商品開発を行っていることがわかって…とか

SONY製品市場競争で一旦負けてチームが解散危機に…みたいな

下町ロケット陸王に出てくる大企業みたいな扱いで、「打倒SONY」というカタルシス演出していたんだな

2000年代初頭はまだSONYの誉望の時代

AIBOトランジスタラジオなどSONYのものを取り上げた回も多数放送されていたはず

いやはや時代を感じさせるね

一寸先は闇、任天堂もすっかり存在感がなくなるかもね

そんじゃぼくちんプレステモンハンしてくるね

2018-03-13

anond:20180313190209

日本人に合った仕組みってのが難しいと思う

プロジェクトXみたいなスタンドプレー好きだし、空気仕事するからね。

小さいトコでは上手くいくけど、大きくなると途端に権力が偏っていくのよね。

それで上手く権力使いこなせないという。

からゴーンさんとかカリスマ社長とかワンマン社長がうまくいくんだろうねぇ

2018-01-06

スポーツ観戦をしたくなる気持ち理解できない

30代男。昔からスポーツ観戦をしたくなる気持ちが全く理解できない。何がおもしろいの?スポーツ観戦がおもしろいという人ばかりなので、世の中についていけない。

例えば、プロジェクトXとかガイアの夜明けみたいな、仕事のアツい話は分かる。たとえ自分とは全く違った仕事の話でも、単純に豆知識として勉強になるし、取り組み方は自分仕事にも役立てられるかもしれない。そもそも、何であれ、たいていの仕事は、社会の役に立つものだ。頭が悪くても才能がなくても、工夫次第で社会の役にたつ、皆に喜んでもらえるモノが作れるよ、というのは分かる。そういう話に感動したり、そういう番組を見たくなるのはわかる。

スポーツ観戦は、そういうのとは全く違う次元の話に思える。確かにスポーツ選手努力しているかもしれないけど、スポーツ選手社会の役に立つために努力しているわけじゃない。スポーツ選手スポーツをうまくなったところで、皆に喜んでいるようなモノが作れるか?といえば、それは違うだろうし。

そりゃ、スポーツ選手仕事から仕事に向き合う姿勢とかで役に立つことがないとはいわないけど、特殊仕事すぎて、ほとんどの人には役に立たないのでは?

大体、知ったところで、スポーツ選手は途中から参入できるような仕事ではない。スポーツ用品営業とかの仕事転職したいかスポーツ観戦をする、というのならわかるけど、スポーツ観戦してる人ってそうじゃないよね。

あるいは、ミリタリーが好きとかいうのも理解できる。勝ち負けがはっきりしている。負けたら死ぬ。皆、死にたくない。だから一生懸命いかにして生き残るか研究する。それが勉強になるっていうのはわかる。

でも、スポーツ観戦が好きな人って、そういうのでもないよね。勝ち負けにやたらこだわるくせに、負けた側が死ぬような映像は見たくないとかいいやがる。

結局、スポーツ観戦が好きな人は、何がしたいの?

2017-12-19

日本凄いみたいな奴嫌いだけど

考えてみると、プロジェクトX大好きだったな

たまにパロディされてることもあるし、多くの人に影響を与えていた番組な気がするよ

2016-09-27

http://anond.hatelabo.jp/20160927164253

技術発展の方向性についても既に世間に転がっているニーズに答えるための「最適化型の発明」と

今の社会には存在しないが商品化されることで必需品となる「新提案型の発明」の2種類がある。

特許を取りやすくて独占しやすいのは言わずもがな、新提案型。

提案型は今ある問題に対して新しいアプローチや、直接的に目の前の業務関係性のあることじゃない勉強や開発が必要とされる。

そんなことは自転車操業している企業現場では絶対に無理。

大企業なら企業体力がありそれ専用のプロジェクトチームを作るのは難しくないが、

中小企業は適度に暇な時間現場レベルで作って遊んでると思われても自分たち勉強して手探りしていかないといけない。

ベンチャー企業が無かった頃は、会社に残って一生懸命残業してアイデアをひねり出したとか美談のように語られるが、

ぶっちゃけ技術者がこっそり余暇を使って…正確には余暇を作って、自分知的好奇心会社私物化して行ってただけのこと。

誰も予想できない新発見を目指した開発が公に認められるわけがない。

研究所に入って自分テーマプレゼンして理解を得て初めて資金調達して研究できるというプロセスをすっとばして、

会社の物を使って自分のやりたいことをやってたやつがゴマンといたのが昔の話。

その中でたまたまヒットした成功者ピックアップして昔の技術者すごい!今の技術者どうした!?って絶賛してるのがプロジェクトX

んで、技術者はいるだけで好きな事してた環境があったから立ち回りとか全然そのあたりのノウハウが蓄積されずに、

歳食ったエンジニアは追い出されて、海を渡り今度は中国で好きなことをし始めたのが20年前。

今はもうそういう余暇を奪うことが絶対正義勘違いしてしまった結果、大企業病が多発してプラス能動的に作れず不正だらけになった。

利益率にならない行為を認める余暇重要性を理解していないと今の日本のようにどれだけ先進国としてインフラを発展させても簡単凋落する。

2016-06-17

 

そもそも低レベル経験値なし地方出身主人公

都会の理不尽ベテラン狂人に囲まれて成長してくタイプ物語が苦手だ

そういう成長物語好きな人もいるんだろうが

こっちはド素人一喜一憂してる姿見て何が楽しいの?ってなる

俺TUEEEEもっと苦手だけど

見たいのは学生社会科見学じゃなくてプロジェクトXなんだよ

2014-09-29

仕事=がんばってやるもの」っていう意識が息苦しい環境を作ってる

当方平のリーマン

最近職場が息苦しい。

すごく小さく簡単な作業なのに、こむずかしく、熱く、声を出して「これの作業が社運をかけてんだぞ」ぐらいの勢いの

指示を出す人がいる。

最初はあわせて真剣な顔で返事をしていたけど、こっちが消耗するので今では生返事で返すことにしている。

こっちの貴重な仕事にかけるリソースを食い尽くそうとする行為が許せない。

とてもイライラする。

まじめに言うとこういう人は「仕事=がんばってやるもの」ていうのが頭にあって、

楽になんなく手をかけないでも結果を出してしまうことが許せないはず。

しろ結果はそこそこでも、残業バンバンやって、寝不足顔で会社通って、客先に何度も電話かける姿を見せてれば

結果がともわないほうが納得するんだろうな。

この先少子化で働き手が少なくなる日本で、この手の考え方は非常にダメで、。

しろ少ない労力で大きい結果を出す考え方が必要になってくるんじゃないかな。

プロジェクトX観は今の親父世代で終わりにしてほしい。

2013-09-04

http://anond.hatelabo.jp/20130904002714

プロジェクトXノリ

もう散々言われてると思うけど、あれプロジェクトマネジメントの失敗事例も多いからね。気をつけてね。

誰か、「仕事楽しい」と言ってくれ

当方工学学生就活が目前に迫っているが、正直ここで誰か殺してくれないかなと思っている。

就職して楽しいことなんて何もないし、苦しいことばかり。納期に追われ、残業代も出ず、上司悪態をつきながら毎朝頭を抱えて出社する。SNSからはそんな話しか漏れ聞こえてこないのに就活にやる気を出せという方がおかしい。優秀な超優秀な学生なら「ものづくりの楽しみ」だとか「新しい領域に挑戦」だとかいプロジェクトXなノリで人生を生きていけるのだろうが、凡人以下の能力しか持たない私がそんな夢の夢の夢のような希望を抱けるわけもなく、ただ単に社会歯車として取り込まれていくだけだろうという、そんな想像しかできない。

結婚以上に就職人生墓場である学生立場から社会人アカウントを眺めるとそんな感想しか出てこない。誰か、ウキウキ仕事に向っていく様を見せてくれ。誰か、「社会人楽しい」と言ってくれ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん