「増田文学」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 増田文学とは

2020-09-12

いわゆる増田文学意識した文章

「つまらない」

って感想がつくのはわかるが

創作乙」

とか

「どうみても嘘松なのにお前ら馬鹿すぎだろ」

って反応するやつがいるのがわからない

2020-09-10

anond:20200910165303

自分語りでもいい、なんてのは少数派でしょ。スルー、うんち、嘲笑殆ど玉石混交の物量からヒットは生まれるが、現状不快な反応もらう可能性が高いので増田文学投稿は減っていくかもね。知らんけど。

はてブ意味わかんねえよ!!!

ケンタッキー アドバイス増田、興味深く読んだんだがブクマ2000超えてて変な声出てしまった

ブクマ2000、そこそこありそうだけど滅多にないんだよな実は

なんせアレですよ 

かの増田文学100選、あれのブクマ数次席であるところの『自走式彼女』、増田を見始めたころの俺がぐぬぬ……としばらく唸らされた光属性暴力、あれ2034ブクマから

ケンタッキークーポン使うと安いぜ(大意)の増田2081ブクマ

イオイオイオイ……

そりゃお役立ちアドバイスのほうがブクマハードルは低いし、増田最強の駒だって英語学習法だけどさあ!

増田文学の大半がケンタッキーお得情報に負けたってことだろ?

泣けるぜ

はてブブクマ全然読めないな、この内容で700行くのにこれが30止まり?!みたいなことをつねづね思ってはいたんだけど今回のはちょっと衝撃がデカすぎる

誰か頑張って増田文学でいっぱつかましてくれよ

セコいライフハックじゃなくてさあ!

匿名ダイアリーだろ!KFCクーポン良いぜって話のどこに匿名性が必要なんだよ!あの増田は確かにありがたかったけど、媒体として増田が選ばれた理由は多分「より多くの人に届くように」だろ?

しか増田知名度ゼロ人間が多数に届く文を書くのに最も適してはいるけどさあ…こう、理念としては違うじゃん

日本死ねみたいなやつが正当な増田だろうがよ

自分語りでもいいよ 惚気とかさ とにかくこう、照れとか危なさとか、そういうの無しに書くために増田選択されてないといけないんだ

拡散性は確かに増田性質ひとつだけど、それは本質じゃないじゃん アノニマスから増田なんだよ 

匿名なのを活かした記事が一番上にこなくて何が増田だよ

頼むよ誰か 俺にはエピソードがないから人の心を震わせられるような増田は書けん

書いてくれ そして、英語学習法を倒せとは言わないから、せめてケンタッキーを倒してくれ 

2020-08-24

増田文学とか言って持ち上げるのもううんざり

自分ブログでやれって言ってやりたい

2020-08-17

小説を書いたこともないのに「私はいつか作家になる」という妄想に取り憑かれている

最初に言うが、これがそういうタイトル増田文学で、全部単なるフィクションなんてことはない。紛れもない事実だ。

私は今年で40になる。これはちょっと嘘。±30歳ぐらいの範囲で嘘をついてると思って欲しい。

そこそこ安定した業界の安定した職場正社員をやっている。給料は良くない。

ぶっちゃけこの仕事は嫌いだ。まず面白くない。労働時間も長めだ。スキルの身につきも悪く同業他社への転職だって苦しいだろう。なまじ安定してるせいで変な人間けが居着いて、ちゃん他所で生きていける人間は逃げていく。

「いつか自分小説家になってこの世界を出ていく」

こんな妄想にいつも取り憑かれている。

小説を書いたことは一度もない。

それっぽいものを書こうとして結局やめたことはある。

夜中にアイディアをひらめいてプロットエディタに設定を並べて、次の日見たらつまらなすぎて消したことが10回ほど。

それとパロディ小説流行っていた頃に、真似事をしようと匿名掲示板書き込み欄に妙なものを打ち込んで5分後に完全に飽きて消したのが3回ぐらい。

ハッキリ言って、この小説を書く以前の行為の段階で自分には才能と呼べるものがないことがハッキリしている。

アイディアは思いつかないし、文章力はないし、情熱も続かない。

小中学生の頃は青い鳥や角川の文庫をよく読んでいたので同級生よりはちょとばかり文章は上手かったが、それでも読書感想文の賞すら貰ったことはない。

ある時提出した宿題の出来が良かったのか論文コンクールへの応募を薦められ、好きにしてくれと教師に伝えたら後日参加賞をそっと渡されたことはあった。惨めだった。

最近ネットばかりしているから本もロクに読んでいない。

ブログ投稿内容を10年前と見比べると露骨に語彙が減ってきたなと感じる。

そんな状況なのに、私は今でも「私はいつか作家になるのだ。超売れるのだ。そして仕事をやめるのだ」と思い込んでいる。

信じられるかい

ツイッター面白い(と自分では思っていること)を呟いた時にいいねが2個ついたら喜ぶような人間が、作家として大成する可能性があるのか?

もうこんな妄想ぐらいしか自分には残ってないからなんだろうな、と。

まりにも毎日が惨めすぎるから何かしら妄想に縋ってないともう限界なのだろう。

たとえばこれが「仕事大成功する」とか「エンジニアとしての才能に目覚める」だったりすれば、きっとそれはもっと生々しい実感を伴って日々何も積み重ねていない自分の姿を映し出すことになるのだ。

小説家になる」というアホみたいな夢だからこそ、本当に何もしてないままでなんとか夢を見続けられているに違いない。

なにせこうやってどうでもいい言葉を書いたり読んだりするだけでも「読み書きの練習」だと言い張れるんだから

これが「絵描き」だとか「音楽」だったりしたら大変だ。

インプットはともかくアウトプットにはそれ相応の労力が必要になる。

ネットプログラマーにもイラストレーターにもなれない奴が小説家を目指すというフローチャートが貼られたが、そのどうしようもなさがいい方向に働いているのだ。

とにかくこの妄想は私が死ぬか、次の妄想に取り憑かれるまで続くのだ。

しろ、私の人生貶めるような妄想から私を守ってくれているのがこの妄想と言える。

宗教や薬物や恋愛人生の逆転を求めてのたうち回らぬようにするためのものだ。

お菓子の袋に窒素パンパンに詰まっているのと同じだ。

自分人生に余計な劇物を混ぜ込まれないよう、なにかコントロールしづらいものが始まらぬよう、不活性な夢を詰め込んで空虚なままにしているのだ。

昔2chでみたコピペ人生を壺に例えるのなら、小石や水を詰めてしまう前に大きな岩を入れなさい」。

あの話における岩を自分人生に入れることも出来ず、かといって手頃な石を必死に集めて人生価値を取り繕うのも面倒だから、風船を一つ押し込んで人生を終わらせることにしたのだ。

このままつまらない仕事を続けて、結婚もせず、大した趣味も持たずに死ぬ

酔生夢死を夢見ながら実際にはそれなりの苦痛を緩やかに味わい続けて命が潰えるのを待っていく。

そのための連れ合いとして必要不可欠だからまれた夢だったのだと思う。

夢に酔えば現実からはピントが外れる。

全て忘れたい。

こんな程度の人間に生まれたことも、生きるために人波の中でゆっくり針のむしろを感じて生きる時代の中に生まれたことも。

何もしたくない。

何もせずに生きていたい。

だけど、いつか何かが起きて生きててよかったと思えるから自分に騙されてここまで生きて、今更何もなくて終わらせるのは耐えきれない。

から夢が必要だった。

それで選んだ夢がこんなものか。

何の才能もないから「小説家を目指す」ことにしたのか。

それで結局、何もやっていない、と。

どうすればいいんだ。

駄目だ。

自分で書いて読み返すのもキツい。

添削もせずに投稿するから誤字が多いだろうが気にしないでくれ。

2020-08-04

狂人の真似とて大路を走らば即ち狂人なり

小説風に書けば増田文学だなんだとちやほやされるのに、実話風創作だと嘘松だのうんこだのいわれるのひどくない?

狂人の真似とて大路を走らば即ち狂人なり

小説風に書けば増田文学だなんだとちやほやされるのに、実話風創作だと嘘松だのうんこだのいわれるのひどくない?

2020-08-01

anond:20200801180547

レスバは、増田文学を呼ぶ召喚魔法みたいなものだよ。

みんなが、お気持ちでない長文に「増田文学」とタグを立ててにブックマークを付けたくなるのは、レスバで荒れ過ぎた増田の流れを変えたいときなんだ。

その中身はなんだっていいんだ。

から増田文学を呼びたければ、誰彼構わず難癖つけていけばいいよ。

増田オフ行ったんだけどロクな奴いなかった

この前100ホッテントリ達成して増プレ入ってさ、嬉しかたかメルマガ会員にもなったんだよ

知らなかったんだけど、毎月ホッテントリ者でオフ会やってるらしいのね 開催場所も近いんでいくことにしたわけ

増プレdiscordのほうで有名な増田文学者も参加するって情報あったからけっこう楽しみにしてだんだけど、まじで酷かった

恵比寿駅の西改札口集合だったんだけど、もう改札出る前から臭えの。異臭

イヤな予感してさ、ちょっとICカードチャージするフリしながらあたり伺ったら、いましたよ、ヤバい集団

全員中学生みたいな格好してる・全員全身黒づくめ、全員浮浪者みたい を同時に達成してんのね。意味わかるか?中学生みたいな格好をずっと着替えずにし続けて、ダサイけど彩りはあった服が全部真っ黒になってんの。

関係ない集団かとも思ったんだけど、オフ会情報的に絶対アレだったんだよな。

チラチラ見てたら目があっちゃって、そしたら全員こっち向いてほんとに「ニチャア」って感じで笑ったんだよ。つか、そのニチャアって音が距離を超越して耳元で聞こえた感じがした。今思い出しても鳥肌がたつ。

悲鳴上げて逃げちゃったよ。改札抜けてなくて本当に良かったと思った。秋口だったんだけど、電車に駆け込んでひと息ついたときには身体中冷や汗まみれだったぜ。

増田ってマジでロクなもんじゃねえな。

2020-07-27

anond:20200727205134

あれだけ取り沙汰されたのに強固な態度で算用数字増田文学の文中に含める度胸というか鈍さというか。

2020-07-21

anond:20200721225123

そのブクマたどればわかるけど昔から増田文学やるやついっぱいいたよ

適宜作風と書いてる人がいれかわってるだけだし

なんならめんどくさくて誰も指摘してない時期もあったかもしれないけどね

2020-07-20

anond:20200720212404

どちらかといえば元増田派。

しか理不尽を言うならまともな批評が入らない増田文学(笑)もそうだし、そもそもラノベのことを言えば文学たり得ようとしてない。

文学の一応の定義文章を使った芸術作品から

ラノベ定義から外れているし、「」なんていう白眼無言の表現も本当は地の文で語るべきだという論が適切だ。

しかラノベにそれを言うのは違う気がする。

図解が小説内に入った時も、地の文説明すべきだという主張があった。

しかしそんなものラノベの無敵感の前では無力だ。

図解してもいい。

そればかりか本を開いたら立体模型が立ち上がってもいい。

あまつさえ本の中身がくり抜いてあり、映像再生されてもいいだろう。

その自由度ラノベだ。

ラノベなのだ




知らんけど。

anond:20200720132358

その増田文学前にも読んだし二匹目のドジョウおじさん哀れ

また適当炎上カウントかせいだ時点で消し逃げして再起を図るんだろwwww

みんな飽きてるよ

2020-07-19

増田文学というジャンルがある。

何をそう定義するかは、よくわからない。

ブコメによってそう呼ばれる増田がある。

そういった増田文学らしき増田で、とびきり好きなやつがある。

海賊FMラジオのこと

https://anond.hatelabo.jp/20130218042353/

1990年代前半に存在したらしい「バンブーラジオ」のリスナーが書いたお話で、投稿2013年

この増田を初めて読んだとき自分若者だった時代、そのころの真夜中の空気が立ち上がるようで、興奮した。

わたしは「バンブーラジオ」を聞いていなかったが、とてもなつかしくて切ない。

バンブーラジオから流れていた音や増田の嗜好、それはわたしが好きなものとは違った。

でも、わたしはこの増田がめちゃくちゃ好きなのだ。なんで好きなのかはよくわからない。

2020年わたしは相変わらず増田を見ているのだけれど、くだんの増田は常にわたしにとってベストであり続けている。

そう思っていた今日大阪梅田のはずれを歩いていたところ、「バンブーレコード」という、看板を見つけた。

バンブー」というキーワード中古CDあるいはレコードを商っているらしいその雰囲気

わたしの中では、バンブーラジオ運営者、あるいはあの増田の営む店なのでは?という妄想が生じた。

店には入らなかった。

2020-07-15

文章の読みやすさと長文は両立出来るのだろうか

増田文学という文化を見るに可能なんだろうとは思う

ただ文才のない自分には決してあんな上等な事は出来ないと理解している

ならどうするかといえばどうしようもない

精々こうすれば読みやすいだろうかと出来る限りの努力をするだけである

ヘタクソでも良いからとりあえず書いている内に考えが纏まって最後自分の中で結論を出せるのが面白いとも思う

2020-07-05

anond:20200705153422

増田文学警察的には意味通ってるってことね。

こういう謎の捨て台詞みたいなから

なんでも勝ち負け基準で考える性質がにじみ出るね。

あとよく考えてみたら警察行為始めたのお前やんけ

anond:20200705153308

なるほど。

増田文学警察的には意味通ってるってことね。

ありがとうございました。

2020-07-03

anond:20200703152532

私はスターをもらったことがない

流行りの増田文学

コロナ記事で ダジャレブコメ

ファーストブクマしまくっても貰えなかった

赤いカラースターが配られるのを

不思議気持ちで見てたけど

私「スターください」って書き込むのは違うと感じてた

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん