「ヘタレ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ヘタレとは

2019-01-16

anond:20190116152853

ウォンテッドアメコミ原作なのに全く原型をとどめてないから...

マーク・ミラー申し訳ないレベル映画だった

ただ、ジェームズ・マカヴォイの演技は良かったな。ヘタレ野郎から成長していく感じ。

あとキーボードでぶん殴るシーンマジですこ

2019-01-10

anond:20190110123116

夢回でアカネ内海友達としてなんかいろいろやってたシーンから逆算すると、内海アカネ怪獣友達として設計されているにすぎず、反逆の意志はあったとしてもまだアカネの掌中であったとは思われ。

微妙ヘタレで行動を起こせない所とかもアカネコントロールが為してたりするんだろ。だからアカネプログラムした人物像と異なる動きをせん限りはやはり悩まぬレプリコンポイドの域を出ないよ。

2019-01-09

旧日本軍って

超大雑把ですまんけど、

要するにミッドウェーからマリアナまでの丸々2年間、

延々と中部太平洋の島々の取り合いをしてたわけでしょ?

まりソロモンサイパンニューギニア辺りに釘付けにされたまま

一歩も動けず負けたと。

だせえwww


そりゃあ戦後アメリカ

×大東亜戦争

太平洋戦争

と訂正したのも理解できるし、

戦前山本五十六米内光政が渋ったのも道理だが、

でも奴らは結局東條英機に押し切られたヘタレだし、

東條は一夕会の御先達の意向に従って粛々と開戦させて

そのまま粛々と絞首台送りになったのはいいが、

死後ちゃっかり靖国に祀られていると。


雑に調べただけでもこんだけバカバカしいのに

それでも大日本帝国のノリが好きな人がいるんだから

人の世は様々ですな。

2019-01-06

anond:20190106173042

男だけど乾殿は好き

今ではわりと古参な方なのに本人ヘタレすぎてマイナーなままで

かたやゴリラ氏はあちこちに出演して知名度あげてるのをみると気の毒になるけど

推しカプが地雷になってジャンルを降りる

どうしても受けつけない同カプの絵師がいて、自衛はしているが狭いジャンルでは名前を見る機会が何度もあり、彼女名前を見るだけで次第に創作意欲がなくなっていった。そして今日ツイの垢を消してジャンルから降りることにした。

その絵師から自分作品エアリプ批判されたこともあるので(自分に宛てた言葉という確信はある)ヘタレ自分はもうとにかく関わりたくない気持ちが大きくて筆を折ることにした次第だ。

キャラ解釈にこのうえなく自信があるようだが大前提として二次創作だ。

どれだけ絵柄が美麗だろうが読むものの心を揺さぶり感動を呼ぶ文章だろうがどいつもこいつも公式のまがい物。正しいだとかの次元で採点されるべきではないでしょうに。

二次創作であるのに自分思考こそ正義であると声高に叫ぶ滑稽な姿を見ていると気持ち悪くてしかたなくなる。

自分なりの解釈ギャグ要素強めで、その方の解釈とは方向性が違うという自覚はあったけど、けどそれを「お前なに言ってんの?」と頭ごなしに嘲笑われるのはおかしいし堪えられない。いろいろ言われたけど言葉選びひとつにしても人間性が合わない。すべてが癪にさわる存在だ。

なぜ一方的批判されなければいけなかったのか、そしてなぜそのような不用意な発言を流す人間が一部でもてはやされるのか不思議でならない。

2019-01-05

ここのところのコミケのまとめ、はてぶが全て気に入らん

この数日のコミケまわりのまとめとかが気に入らなすぎていろいろ書きたい

1 「都庁焼き討ち」の文字を叩きつける同人誌まで 中核派親衛隊全国指導者いるか楽しいんだ【C95 3日目レポ】

文=昼間 たかし

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/otapol.jp/2019/01/post-52409.html

中核派というかつての過激派で今は下火になって革命もできないか同人誌でも作って若手をオルグして人生を空費させようとするこのクソ過激派を、学生運動など経験したこともない1975年生まれの青っ白いのが自称学生運動経験があるみたいなわかったふりをした上っ面だけの記事を書いていて死ねと思う。

こいつらの目標なんて組織への人員勧誘に決まってるだろが。大学意味分からんサークルを装って勧誘してきて、ある日突然「日本はこのままでいいのか」とか余計なこと言いだして活動家にしようとしてくる連中だぞ。それより50代にもなって昼から大学サークルにいるお前こそこのままでは良くないだろう。みたいなああいう連中だ。

コミケオルグとかされたらクソ迷惑だろうが死ね。何が中核派親衛隊いるか楽しいんだ。だアホか。記事のほうもナチスとかオウムとか記事に混ぜといたら中核派なんて単語も薄まってこれで記事になるだろうみたいなガストドリンクバーも真っ青の薄い薄いこのハゲライターの頭髪よりもまだ薄い意図も見えて胸糞悪い。サイトデザインもヘボい。だからサイゾーなんだよ。

2 コミケで隣のサークル迷惑をかけられた話

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1305284

これも気に入らん。列整理もできんクソ企業サークル席にしゃしゃり出てきて隣のサークル迷惑をかけてるのは気に入らんが、こいつもこいつで「楽しかった時間は帰ってこない」とか後からぐちぐち言うならスタッフ呼べやハゲ

1回呼んでダメだった?お前は反復できんのか。100回呼べや。スタッフバカじゃないから2回も呼んだら対策を講ずるわ。その場で解決しろスタッフ信じろ自分のスペースを大事しろ

から漫画まで描いて復讐して自分だけキレイ被害者ポジションに立とうとするその態度が気に入らん。同情する気も失せるわ。お前絶対反対側や裏のサークル迷惑かけてるだろ。その場で解決せずに引きずっても意味ないだおるがハゲハゲハゲ

3 コミケが「韓国人中国人お断り」のヘイト張り紙を許容した件について、表現の自由戦士ヘイト張り紙を援護する。それに対しての反論

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1304930

https://togetter.com/id/MochizukiOda

お断りを書いた真意中国人韓国人から暴力を受けたから書いた本人が自己防衛のために書いたってツイートスルーで、ヘイトヘイトヘイト大連呼。議論じゃなくて正義押し売りのためにどっからでも湧いてくる。こっちくんな。

もう中国の人の人権とか韓国の人の名誉とかじゃないところが気に入らん。こいつらみたいなのが一番外国との関係をこじれさせてんじゃないの。コミケ行ったら中国韓国台湾日本関係なく仲良くやってるわ。お前らが来ると話が面倒になるし臭くなる面倒なのがあっちこっちから来るからくんな

それを鵜呑みにしてるアホバカマヌケがこぞってはてぶに集まっててさらに気に入らん。ちゃんと読めやこのハゲども。毟るぞ

4 コミケ徹夜組回数70回の人にインタビューしてみた→削除しました。

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/note.mu/tokuten/n/ne8df31b30970

ビビッて消すくらいなら最初から書くな。ヘタレか。恥も外聞もない中核派とか自分のことしか考えてないヘイトヘイトヘイトのみなさんみたいに図太くいけ。

インタビュー答えたアホに危害が加えられるからインタビューしましたって魚拓とられるのもわからんくらい知恵が浅いのか。徹夜組なんて誰よりも憎まれてるから今頃特定されて家にピザとか宗教の入信案内が届いてる頃だ。その程度で済めばいいけどな。

徹夜組死ね。ってどんだけ言われてると思ってんだ。で、徹夜組接触できるってことは書いたアホも徹夜組なんだろ?特定されて痛い目にあえ。

2019-01-02

anond:20190101173713

なんだ、自分ひとりでは特定も開示もできないヘタレかよ。

2018-12-27

anond:20181227145038

だーかーらー、コンビニ仕事に体力が居ることは判ったが、話の流れ的にそういう仕事の話はしてないだろ。

もっと筋骨隆々人達しかいないような極端な力仕事仕事を指して「そういう仕事は女には向かない」みたいな話をしてたんじゃないのか?

そこにコンビニを持ち出したら「コンビニとかwww」って流れになるに決まってんだろ。

あと、お前の周りの男がヘタレだろうが何だろうが、力仕事はやっぱり男の方が向いてる。それは生物構造上変えようのない事実。お前の個人的体験談はわかったから、もっと統計的有意な話をしような。

2018-12-24

anond:20181224164657

ここで勇ましいことを言っているけど、面と向かっては言えないヘタレなわけでwwww

2018-12-20

2017年「今年読んで良かった漫画」3席

平成期末の12月、さりとてただの西暦2018年末も暮れゆきEvernoteを整理(という名目現実逃避)していたら、去年の末に増田に投下しようとして書き上がらないまま放置されていた漫画レビューが転がっていたので、供養として投下してみようと思う。細かい表現ばかりが気になり頭をひねっていたら知恵熱を上げてしまって、結果として放り投げてしまったのだった。けど1年寝かすと、ほんとうどうでもよくなるもんだ。今年こそ、ちゃんと書こう。

以下、そのままコピペ

----------------------

年の瀬ということで、あっちらこっちらで総括的なものが始められている模様。そういうところにブコメをして推し布教していくのもいいが何せ100文字で多くを語ることができない、ので徒然に増田に投下してみるわ。あー、明後日納会行きたくねー(社内ぼっちなので)

お題は表題の通り。コミックスとして発刊されてるもの対象。発表時期は昨年以前のものでも、今年私が買ったものなら対象流行に疎いものでね)というどこまでもジャイアニズム全開のまとめだ。誰かのこころに刺さるものであれば幸い。

【1席】

「違国日記」① ヤマシタトモコ祥伝社

https://www.amazon.co.jp/dp/B077GQL19W/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

ヤマシタトモコモノローグのうまさが前からそれなりに好きではあったのだけど、話や画づらがガチャガチャしていてあまりハマり切れてなかったところがあって(「BUTTER!!!」とかね)。

だが今作は主人公(の片割れ)が小説家ということもあって純粋に持ち味である「語り」が活きてきたな、という感じ。(ベタなフィーヤン的おセンチメンタリズム…ではあるのだが)

気が付いたらハマっていて、「2巻ないの?」となった。

両親を亡くした思春期の子を叔母(母の妹)が引き取る…なんて話だったら往々にして、「世の中を斜に見ているひねくれもの」という設定が「思春期の子」役にあてがわれることが多いんだけど、本作の「田汲朝」ちゃんはとても素直な性格なうえ、人見知りしない(齢34を超えて未だに他人とまともに話が出来ないおばさんにちょっとコミュ力分けてくれよ)。この人物造詣がなにより良かった。

それと、読まないと絶対からないような細かいポイントで恐縮だが、「乾いた寿司は殺す」。この一言でもう、やられてしまった。

【2席】

プリンセスメゾン」④ 池辺葵小学館

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B071J6PGN6/ref=series_rw_dp_sw

4月ごろに部屋探しをしていたので、結構感情移入しながら読んでた。

(割と長いシリーズなので、ご存知の人も多いだろう。ということで概要ははしょりまーす)

主人公・沼ちゃんはようやく「ここだ」という部屋に出会いマンション売買契約を結びました…ここまでが3巻のあらすじ。

で、それを受けた4巻だけど、平常運転です。相変わらず、沼ちゃんと周辺の人々のパートと、市井の人とその人の暮らす部屋にまつわるお話パートとを行き来しながらお話は続いていきます

いつもどおり続くけど。

例えば、娘に命かけたものは何か、と問われた母親が「出産」と答えるエピソード、それを受けた娘は「じゃあ、私、一生懸命生きなきゃだね」と応える。

「いつもどおり」は日々のなか暗渠のようにずっと流れ続けていて、ある時まれにそれが顔をだす。その輝きのなんと素晴らしいことか。

8年暮らした部屋を出る沼ちゃんエピソードに、5月10暮らした部屋と街を出た自分自身を重ねて、少し泣いてしまった。

【3席】

官能先生」① 吉田基已講談社

https://www.amazon.co.jp/dp/B0721MBYT7/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

ようやく「森・青木」以外の物語を書いてくれる気になったか…というところで、デビュー作「水と銀」以来ファン歴18年の私としては感無量です。

お話としては、相変わらずぶっ飛んでて良かった(吉田先生的には平常運転)。

ヘタレむっつりストーカー気質おじさん×ツンデレ狐目女子萌え(何やら言語中枢がやられてしまってるようだ)

当落ライン狭間で】

「淫らな青ちゃん勉強ができない」①・②・③・④・⑤ カワハラ恋/講談社

「男はケダモノ」という世界観で生きている女子高生が、ピュア男子高生に好きになられて…。

一人妄想を膨らまして、勝手に怒ってみたり悶えてみたり童貞マウンティングしたりする主人公・青ちゃんを「一番ケダモノなのはお前やないかーい」と愛でるのが本作の趣旨です。

とはいえタイトルでわかる通り、「出オチ」系のマンガなので、そろそろマンネリがきつい。最新刊では青ちゃんに想いを寄せる女子高生も現れ、百合展開もあり…次の一手に期待。

お前はまだグンマを知らない」①・②・③・④・⑤・⑥・⑦・⑧ 井田ヒロト新潮社

これも出オチ系。マンネリが気になるかな。でも、グンマのこと、好きになれたよ。

ラブ焼きまんじゅう

----------------------

追記

「違国日記」は3巻まで出たね。いいボルテージを維持しているので、引き続き期待しているけど、ヤマシタ先生の描こうとしているものの全容を想像するに、きちんと終わるまで何年かかるだろう、と思う。

巻末の「○○のそれぞれ」で脱線してる暇はないっすよ。

対照的に「官能先生」は2巻でもう物語の核心に触れつつある。次巻、起承転結の“転”となるエピソードがくるかな。「恋風」も「夏の前日」も5巻だしな、物語を転がすのが本当にうまいって思う。

ビジネス的にはどうなのかと思うが、「作品の質が全て」という信条なのでそれは無視

当落線上の作品は、結局捨ててしまった。

(「おまグン」はWebくらげバンチで読んでるけど、単行本を買うには至らない)

日々は、進んでないようで、過ぎていく。たまに過去自分が書き散らかしたものに出くわすたびにその少なくない変化を驚かされるばかりだ。

2018-12-14

anond:20181206230632

僕も食べられたい...

ヘタレ性格なので、性的積極的女性に求められるのが好き。(自分からは何もできない...)

2018-12-11

anond:20181211205004

逆だろ。幼馴染の特権で、警戒されずに仲良くなり易い。(というか、既に仲がいいから幼馴染なわけで)

から、成長してから新たに異性と親しくなれない俺みたいなヘタレ男が幼馴染で手を打つんだよw

2018-12-10

漠然とした辛さ

つらい。

最初に書いておく。自分鬱病である

病院でもきちんと診断された鬱病だ。

きっかけはありふれた理由だったので割愛する。

無職でもう三年経ってしまった。寛解は遠い。

この後の文章ちゃんとした文章になっていなくてきっと見るに堪えないと思う。

自分にはもう考える能力もない。頭が痛い。つらい。死にたい死ねない。



この冬という寒さには毎度鬱をリセットされている気がする。

どんなによくなっても、自分には生きることを許されていないんじゃないかな。

無職だが実家があり、親は優しくおんぶに抱っこ。時折バイトをして過ごしている。

そして冬になればバイトを辞め、鬱を悪化させては自分と親の貯金を食い潰して春を待っている。

身体はぶくぶくと太り、髪は白髪がちらほら出てきた。

自分老いた。

三年もの無職でもう人間にはなれないのだと強く実感した。

例えば今窓を開けて飛び降りれば打ち所が悪ければ死ねるかもしれない。

でも出来ないんだ。

だって痛いのは嫌だからね。

でも生きていると日々「親の金を食い潰しているな」と感じる。

引きこもって誰にも会わなければいいのかもしれないけれど自分は外が大好きで、でも一人じゃ起き上がるのもついか介護してもらっている。

バカみたいだな。無職で外が好きなら働けば良いのに。

働くことを思うと苦しい。

正社員にはもう戻れないだろう。

フリーターとして生きていくんだ。

実家があって良かったね、恵まれているね。親が許してくれるから、親が援助してくれるから

ああ死にたい

自分は自立したい。

一人の人間として、大人として、生きたい。

なのになんで今無職なんだ。

なんで今泣きながら文章を打ってるんだ。

死にたい

でもヘタレから眠ってそのまま死にたい

睡眠導入剤を多く飲めばまかり間違って中毒になってぽっくり逝けないだろうか?

でも頭はきちんと処方通りの量だけを手に取って飲み込む。

なにもできない、なににもなれない、自分は昔の稼ぎで買ったパソコンで、ちっぽけな承認欲求を満たすために色んな創作をしている。

かに「すごいね」「とても良いね」って言われたい。

でもさ、「すごいね」とか言われると「死にたい」って思うんだよ。

本当に自分は好きじゃないのに、承認欲求を満たされたくて作ってごめんなさい。

でも、好きなんだよ。作ることも、承認されることも。

死にたい

この日本でこんなバカみたいなこと考えて鬱こじらせてる自分でも、復帰できるのかな。

未来にも希望がない。過去は消したい。現在死にたい

これをここまで読んでくれた誰かへ。

ありがとう

自分はこれを書いたことでまた明日から寛解に向けて努力する人間」の顔ができます

寛解なんて、出来ないのにね。

健康身体が恨めしいや。心だけじゃなくて身体も不健康ならこんなに悩まなかったのに。

2018-12-03

anond:20181127010725

あのう、いまさらですが、本当に私で良ければ、お相手していただけますでしょうか。

書き込みを読み返していたら、たまらなくなってきました。

あなたとしたい...

というか、あなたにしていただきたい....

ただ、私は47歳の元増田氏じゃなくて、途中から話に乗ってきた50代の別人なもので、横取りするみたいで、つい遠慮がちになってしまい.... (こんなヘタレから今まで童貞なわけですが)

どちらにお住まいですか? 首都圏でしょうか。

2018-11-25

anond:20181125145307

記事から一部分だけ抜粋

指一本だけという約束からセックスにいたるまで

夜、暗い部屋、ベッドの上でいざとなり、妻が「じゃあ、やって」と言ったが、そもそもいきなり指は入るものでない。。。こういうときどうするんだっけととても慌ててしまった。「いきなりは入らないからさ、クリトリスとか触ってもいい?」と聞くと「うーん、許可する」とのこと。パジャマの中に手を入れ、まずはパンツのうえから触ろうとしてみる。この試み自体が久しぶりすぎて、クリトリスが股のどのあたりにあるのか完全に忘れてしまっていた(笑)

パンツの上から触りながら、昔はよく電マを前戯に使ってたよね、あれ今はどこにあるんだっけと話していると、なんとベッドのすぐ近くの棚にあり、2週間に一度ぐらい使っているという。おまえ性欲あるじゃねぇか〜〜!!話が違うやんけ〜!!と突っ込みたい気持ちを抑えつつ、慣れている電マでさっと濡らしたほうが良いということになった。

電マをクリトリスにあてているあいだ、妻は顔を隠していた。嫌なのかなと聞くと痴態を見られることへの抵抗がすごいらしい。まだ痴態というほどでもなかったのだが…。

10分ほどあてていると妻の身体がややのけぞったりぴくっと反応するようになったので何も聞かずにパンツの中に手を入れてみるとしっとりとしてきているのがわかった。割れ目を薄くなぞるとぬめりが指先をかすめた。この液体を指でかきあつめ、クリトリスに擦りつけてみた。その動きをゆっくり繰り返すと徐々に濡れてくるのがわかった。そういえば妻はこうやってクリトリスを刺激されるのが好きだったなぁと思い出す。

このときには会話もなくひっそりと愛撫をしていたのだが、なんだか懐かしくなってしまったのでオレから「昔はこのあと、オレが口で○○の股を愛撫してたよね…」と言ってみた。今日は指だけってことだし、気持ち悪がられるだろうからやめておこうと思ったら妻が「…今日はそれやらないの…?」と言う。うーーーん、これはしてほしいってことでいいのか!?聞くのも野暮なんだよな、たぶん。。2年半に及ぶセックスレスがオレを完全に童貞の心に戻してしまっており、セックスにおける女心、いや、妻の心がまったくわからなくなってしまった。

ヘタレなので結局「してもいいの?」と聞いたら「どうぞ」。やり方も忘れていたが、内心喜びながら妻の割れ目と、クリトリスを立ち花菱で舐めたり吸ったりした。愛液の味と香りにひどく興奮したオレはこのときに既に自分パンツも濡れていることに気づく。2年半のレスの間のオナニー生活では体験したことないほどに我慢汁が出ており、その冷たさを不快に思った。今日はお前の出番はないんだぞ…と自分の息子に心で言い聞かせる。

唾液と愛液が混じり潤沢になってきた頃に指を入れることにした。オレはまず小指にコンドームを付けてゆっくりと挿入した。あっさりと根本まで入ったあとに痛くないか確認すると、入っているのはわかるけどほとんどわからないぐらいとのことだった。この濡れ具合ならもう少し太い指もいけるだろうということで中指を入れ、さらには二本指を入れることにした。指2本はほぼ陰茎の直径にもなるので痛がられるかもと不安だったが、指を入れる際にも感度が高いクリトリスに刺激をあたえ続けることでぬるっと入ることができた。

もともとは指一本だけでも入れることが目的だったのでこの時点で妻は約束を守ってくれたことになる。オレは「ありがとう、ここまでしてくれてうれしい」と正直に伝えた。すると妻は少し黙って、「今ならたぶん、できると思う…たぶん」と言った。

!!!????何を。。。。!?何をできるんですか??????目的語が抜けているんですけど〜〜〜!!!?前にも(心で)言ったけどもう心が童貞なので、はっきり言ってくれなきゃわかりません!!!!!!!!!!で、たぶんってなに!!自信を持て!!!自分身体のことには!自分が知ってる!!自分言葉に、自信を持て!!!

という気持ちを抑えつつオレは「じゃあ、やってみよっか。いやだったらいつでもやめるから」と言ったが、内心本当に混乱していた。あれだけいやがっていたのに突然見せたこの優しさis何。

かくしてオレは妻に挿入した。正常位でゆっくりと、入り口から奥までじっくり感触を味わうように挿入した。このときにも妻が不安にならないよう、クリトリス愛撫しつづけた。挿入が辛いものであったとしてもクリトリスへの刺激でそれが和らげばと思った。結果としては何の障害もなくスムーズに挿入が完了した。いきなりピストンをするのは痛がられるかもしれないと思い、まずは挿入した状態のままでクリトリス愛撫しつつ、ゆっくりペニスを出し入れした。正常位でクリトリスを刺激し続けるとオレの膝と腰が疲れてくるので、こたつ隠れのような形で足を伸ばし、可動域をせばめるかわりに挿入部とクリトリスがよく見えるような位置取りをした。

ペニスを激しくは動かさず、正常位の変形型としての対面座位、理比知らず、帆かけ茶臼、獅子舞のような体位を経由しながらクリトリスを刺激し続けていくと、妻のようすが変わってきた。これまでのように声をうっすら漏らすのではなく「気持ちい…」「もっと触って欲しい」「そんなに動かすと、だめ」などと強く言葉を発するようになった。これまでオレとのセックスを拒絶していた妻とはまるで別人のようだったがかつてのセックスでもそうであったことを思い出し、どうしようもなく愛おしくなった。オレは妻にかわいい、きれいだと声をかけつづけ、何度もだきしめ、キスをした。

セックスが終わってほしくない、そう思いながらほとんど動かさずにいたオレに気づいた妻は「大丈夫増田気持ちいい?」と聞いてくれた。本気で動くとすぐいっちゃうから動かないよ、と答えた。終わらせたくはなかったが、一緒に絶頂を迎えたい気持ちがあった。とはいっても過去にも妻が膣内での刺激でイったことはなかったので、クリトリス気持ちよさがMAXになったときにオレも射精するようにしていた。その話をすると妻は「これで、イってみたい」と言い、自分から電マをクリトリスに当て始めた。イく…と漏らした数秒後に妻の身体複数回びくっと震える。そのタイミングで両手が空いていたオレは妻の腰を掴みつつこれまでで一番よくペニスに刺激がいくように動かし、射精した。快感ペニスだけでなく足先まで走り全身の力がぬけるような感じだった。射精の時にペニスがびくりと脈打つたびにそれを妻の膣が押し戻すような感覚があり、それが気持ち良かった。

「しちゃったね」と言い笑いながら時計を見ると、始めてから4時間近く経っていて度肝を抜かれた。たぶん愛撫に1時間半、挿入してからも2時間ぐらい使っていたんだと思う。こんなに長いのはお互い初めてだった。

2018-11-13

[]メタルギアソリッド1,2,3

2、1,3の順番でプレイ

全部vita

通してプレイするとさすがにマンネリだな

潜入しながら中ボス数人と戦って終盤で捕まって拷問受けて最後メタルギアと戦って最後最後肉弾戦っていう

4がムービーなげーって言われてるけど正直1のときから長いと思う

4やってねーけど

2は全編人工建造物の中だからつまんなかったけどノウハウ的な問題かいろいろあったんだろうな開発当時の

3で自然の中ってやっぱりいろいろ開発大変そうだもん考える必要あること多すぎて

クソヘタレ下手ゲーマーから難易度は一番簡単なやつで、詰まったらストレス貯める前にすぐ攻略みた

攻略みてもうまくいかん・わからんってのもあって結局イライラするのも何度もあったけど

最初オセロットとの追いかけっ子で3,4回しんですげーイライラしたw

翌日プレイしたらあっさりいけたけど

あと序盤で赤外線ゴーグルがないと厳しくて最初からやり直す羽目になったのはゲームバランス調整ミスだと思う

まあ序盤だからやり直すダメージもまだあんまなかったからよかったけど

1のときから操作性の悪さはあるんだなと変な驚き

移動したいのに壁はりつきしちゃうやつね

あと段差登るために箱に近づいてるだけなのにはりついちゃうやつも

途中から攻略見て8時間くらいでクリアした

通信シーンは音声きかずにそこそこ飛ばしたから全部聞いたら多分10時間くらいいきそう

最後911ムービーなくなったのがいたいなー

唐突感がパない

結局ソリダスと戦うのも微妙な気がするし

リダスのほうが正しいんじゃないのかと思うくらいだったか

難易度は一番低いと思う

(全部ゲームの中の一番難易度低いやつでプレイした中で

草すげー

PS4とパソゲー比べて草はえてる、みたいな比較ゲハで見かけるけどPS2でこれだったらすげーよなあ

vitaになって草増えたわけでもあるまいし

草とか洞窟とか人工建造物とかあって楽しかった

でも難易度は1,2より段違いで高くなってたかベリーイージーでやった

それでもフューリーとヴォルギンとボズは結構時間かかったし手間取ったけど

スタミナと治療要素がめんどくさかった

オセロットが可愛かった ちょっとゲイくさかったけど

格ゲーじゃないからだけど動作キャンセルいかもっさり感がすごいしイライラする

カメラ旋回速度も調整できないのと、カメラ回転とキャラ視点があってないから、カメラまわしてターゲットみつけてよし主観で狙うぞってやったときにあさっての方向むいてたりするからめんどくさい

ラスト脱出してから無駄に長くていい加減にしろという感じ

2重スパイ3重スパイってやつ、アトミックブロンド思い出したわ

2018-11-12

稀勢の里稽古充実とはなんだったのか

ほんとこいつヘタレだよな

2018-11-03

anond:20181018205833

事件をたどっていたら、この日記に辿り着きました。

フィクションですが)私も同じ会社インターンをしていました。文脈からするとあなたと同期かと思います。私はあなたよりも先に辞退しました。覚えていないとは思いますが、Oさんにヘタレ受けと言われた者です。

辞退後に会社がこんな状況になっていたなんて本当に驚きました。

今回の事件ですが、短い期間でしたが一緒に働き、同じ時間を過ごしたOさんが亡くなったことは本当に驚きました。本当に悲しいです。

また、原告が小上さん(仮名であることにも驚きました。当時を思うといろいろと変わってしまったんだなぁと思うばかりです。

この事件については私も追って行きます

2018-11-02

anond:20181102002011

明確に名指しするとメタブクマの翼がばさばさはばたくこともあるからヘタレにはちょうどいい言及法だよ

ヘタレ具合はエア言及の方が上なんだけど願わくば至近弾をかすらせたいという意味でみっともなさでは上回るかもしれない

2018-10-29

初めてサークル参加した時の思い出

同人活動を始めて10年が過ぎ、初めてサークル参加した時のことをふと1年ぶりくらいに思い出した。

同人イベントといっても、コミケのような大規模なものではなく、札幌つどーむで開催された小さなイベントだった。

まれて初めて作った同人誌は、コンビニでいそいそと刷り上げたコピー本だった。

学生お金も無くペンタブイラスト制作ソフトは持っていなかったため、アナログで描き上げた拙い漫画本。

発行部数10部、イベントで買ってくれた人は誰もいなかったが、1部だけ頒布できた。

その1冊は、隣のスペースの方に差し上げたものだ。

隣の方は、私と同じ小さなジャンル内でも大手の方で、地方イベントにも関わらず多くの人がスペースに立ち寄っていた。

イベント当日まで、その方の隣だというプレッシャーでずっと腹が痛かった。

個人サイトが盛り上がっていた時代だったから、その方のサイトにも日参していたし、優しい人なのだろうとは思っていたけれど、とても年上の方だと知っていたし、学生としてはなんだか怖かった。

でも、その方は本当に優しい方だった。

おはようございます、と挨拶を交わした瞬間に、私の無駄な緊張はほどけていった。

よろしければどうぞ、とその方は新刊をくださった。表紙フルカラーオフ本を。

なるほど、これが新刊交換の文化か、とサークル初参加の私は感慨深かったけれど、同時に、こちらが手渡せるコピー本がみすぼらしく見えて恥ずかしかった。

こんな本ですみませんが、と私はおずおずとそのコピー本をお渡しした。

その方は、ありがとうございます、と優しく笑って受け取ってくださった。

イベント昼過ぎには閑散としており、隣の方はおもむろに私のコピー本を手に取って読み始めた。

私も、その方の御本を読んだ。素晴らしかった。手が震えたくらい、神本だった。

すぐに感想をお伝えしたいと思っても、自分コピー本ヘタレっぷりに恐れをなして、声を掛けても良いものか悩んだ。

すると、稚拙コピー本を読み終えたその方が、明るく話しかけてくださった。

可愛らしくてほのぼのするお話でした、素敵な本を作ってくださってありがとう。その方は、そう言ってくださった。

涙が出そうだった。絵も話も線もへたくそコピー本だけれど、一生懸命に描いたものだったから。その気持ちが報われた気がして、とても嬉しかった。

何度もお礼を言って、その方の御本の感想もお伝えした。幸せ時間だった。

私の本を買ってくれた人はいなかったけれど、1冊だけ受け取ってくれたその方の優しさに救われて、私のサークル初参加は良い思い出となった。

あれからその方は同人活動引退され、私も活動ジャンルが数回変わった。

今はコミケや他の関東関西イベントにも参加し、毎回新刊を楽しみにしてくださっている読み手の方もついてくださっている。

それでも、時折あのサークル初参加のことを思い出しては、初心に帰って努力を続けていこうと気を引き締めている。

あの方のように、優しくおおらかなベテラン同人者になりたい。

そんな願いをもって、イベント時お隣の方へのご挨拶は明るく優しくを心掛けている。

2018-10-23

主観に逃げ込む」vs「客観で攻め込む」

主観に逃げ込む」ヘタレ VS 「客観で攻め込む」キチガイ

ファイッ。

キチガイキチガイの分際で御大層に主語デカ過ぎな【客観】や【実在】を騙りたがる。

なにせキチガイなもんで。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん