「育児休暇」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 育児休暇とは

2023-01-31

anond:20230131200929

そういや、育児休暇については何か言ってなかったのか?

炎上してるのって育児休暇中でも勉強してろ!!みたいことで反感を買ったって内容だったと思うけど

anond:20230130131606

叩きたいというよりも、「私は大変」アピールをするために政策を使ってるだけでしょ

このまま育児休暇をとって、出世も諦めて大変な育児に専念しといてください、で終わりじゃ無い?

ハンガリー少子化対策

国の基本データ

人口:約970万人(2021)

首相オルバーン・ヴィクトル

GDP:1,546億ドル(2020)

ジェンダーギャップ指数:88位(2022)

政策

有給育児休暇が3年

②4人産んだら所得税0円

大卒女性妊娠した際の学生ローン免除

子ども3人以上いる家庭のマイホーム補助金

体外受精費用の全額補助

子供3人以上で車購入補助

GDPの4.7%を少子化対策投資日本は0.8%)

効果

出生率改善

1.23(2011)→1.56(2020)

日本出生率は1.27(2022)

その他

ハンガリー:新法 トランスジェンダー権利否定 : アムネスティ日本 AMNESTY https://www.amnesty.or.jp/news/2020/0602_8789.html @amnesty_or_jpより

ハンガリー移民支援罰則化する法案を可決 - BBCニュース

https://www.bbc.com/japanese/44558008.amp

雑感

・やっぱ金をばら撒けば少子化はある程度食い止められそう。でもハンガリー人口推移を更に細かく見ると2016(1.53)→2020(1.56)の期間では殆ど増えておらず頭打ち感がある。正直ここまでやっても2.0以上を目指すのはかなり厳しそう。

ハンガリー少子化対策為政者の古いジェンダー感、人間意識と表裏の関係にあるのでは?

2023-01-30

結局自分で言うほど女は社会に出て男と対等に渡り合いたい訳じゃなかったってことだよね。

NZ首相の様に働きたい訳じゃなくて仕事はそこそこ緩く、でも家事育児旦那折半、「日本終わってる」と言いつつ世界最高の育児休暇制度格安の保育を貪り管理職になりたくない政治家になりたくないでもGGIが低いのも気に入らないとか無茶苦茶なことばかり言ってやがんの。

はーバカバカしい。

育休やめて、育役にした方がいいと思う

育児休暇って、休みっていうからアイツ休んでて怠けてる。ずるい。ってなるわけで、

ちゃんとした義務として言い方から変えたほうがいいと思うんだよね。

軍役と同じように、育役。

国民義務として子供が生まれたら男女平等に数年の育児業務に就く。

もちろん全日じゃなくても良いけど15時からは育役のため帰宅します。

ってなったら、「おぉ、頑張れよ」ってなる気がする。

もう少子高齢化かなりやばいので手遅れ感はあるけども、

出産/育児国益のための重点課題として今からでもやった方がいいと思うんだよね。

「育休中に勉強もしないようなやつ、まずいんじゃないの」に反対

タイトルの通りなんですが。

育児休暇に学ぶには、学ぶための余裕を作るための精神的な余裕を作るための経済的な余裕が無いと、現実には絶対に無理。

そこを無視して会話すると、ツッコミが入る。

育児休暇就労、の間の移行期間に学ぶのならまだ分かる。

ただその移行期間さえ社会進出理由就労するのでなく、経済的に厳しいのを補助する目的から仕方なく就労する場合、そんな余裕は全くない。

余裕があるなら育児休暇という休暇を取る必要がない。育児休暇があるのは育児が大変だからそもそも育児も次の世代を育てるという立派な仕事だろう。

余裕がないながらも学ぶための支援を、なら分かる。

学ばないやつはまずいんじゃないの、は流石に大多数の世の中が見えてなさすぎる。

学ばないと就労に戻る際キャリアが下がる現実があるから学ぶための支援を、なら分かる。

なので、支援に関しては、まずは最初の一歩として大いに評価する。

しかし、育児休暇中は学ぶことができる、学ぶことが当然、学ばないのは怠惰だ、という育児休暇を軽んじる意見には反発する。

上記が僕の主張。

おまけ、上記主張に至った僕のバックグラウンドを。

多分、僕は、かなり恵まれている。

現在、うちは子ども4人。

1番上の息子が生後半年とき、僕の仕事が超絶忙しかったのが続いていたのがちょうど節目が来たこと、ワイフが育児ノイローゼ気味になったこと、僕もワイフもヘトヘトで消耗しきってもう駄目だ、となり僕は会社休職を願い出た。

育児休暇みたいなカッコいい休みでなく、完全に消耗の末の仕方なくの休みだった。

最初の二週間、僕は家のこと子どものことを手伝ったが、いくら僕が頑張ってもあくまで手伝っただけで、ワイフの育児ノイローゼは改善する見込みは弱かった。

蓄えがあるから休職したのでなく、仕方なく休職したのもあり、経済的な余裕は無い状況、育児ノイローゼの改善傾向が弱い状況から夫婦相談してワイフが働くことになった。

ワイフは元々金融畑の営業キャリアウーマンだったが、結婚を機に引っ越し引っ越しを機に退職結婚就職就職しばらくして妊娠就職してすぐのため産休育休が取れなかったため退職復職しようも条件にあう仕事がほぼ無い(残業前提、ストレスフル、立地などなど)、で前のキャリアを活かす仕事はすぐに見つからず、一ヶ月経った頃仕方なく近くの工場で働くことになった。

ここから半年専業主婦逆転生活が続く。

ワイフは外で働くことで少しずつ回復していった。

一方、僕は、離乳食が始まったばかりの息子を見ながらの専業主夫生活となった。

実際に専業主夫をやってみると、サポート役だった最初の1ヶ月と自分主体半年では、精神的な負担難易度全然違っていた。

子ども夜泣きするとどんなに眠くても抱いていないといけない、泣かしておいても良いんじゃね?とも思っても近所や翌日仕事があるワイフに迷惑をかけられず仕方なく抱く、泣いてる子どもはいつも気まぐれでいつ大人しくなるかが予想つきそうで微妙に予想を外してくる。

翌日眠気で死にそうでも子どもを放っておくわけにもいか家事をやりつつ子どもの世話をする、ちょっとした作業の合間に一息ついて思わず少し子どもから目を離すと何かやりだす、ちょっとしたことでだいたい死にかける、死にかけるリスクが高くなるので部屋の片付けはしないと、片付けばかりもやってられないので食事洗濯など別の家事を、別の家事をしてる間にちらかす、散らかさないようにものを完全に片付けると泣いて騒ぐ、対策をうっても必ず何か別の問題が引き起こされそしてそれが堂々巡りしてる感が結構強い。

ワイフが仕事から帰ってくると、一通り世話したあと、子どもの世話をお願いして仮眠する。ひとりの時に寝ると、子ども死ぬリスク、部屋が大惨事になるリスクがあるので、ここでやっと眠れる。

眠した後は夜中子どもの世話がまたやってくる。その繰り返し。

これだけならまだ良かった。

この生活が続き2ヶ月目過ぎたあたりから、洗剤などの家の各種ストック品が切れてきて在庫管理必要になり考えることが増えてきた、経済的な余裕がない中家に使える少しのお金だけを買い物に使う機会が増えたせいか金銭感覚がかなり細かくなり数円の金額差が気になるようになってきた、寝ても寝てないような疲れが取れたような取れていないような中途半端体調が続くようになった、なんとなく視野がかなり狭くなっていた感じがした。

一方で、子どもは今まで以上に懐いてきた気がする。母乳育児だったのだが、母乳が欲しい時以外は僕に懐いて僕の方が泣き止んでいたため、ワイフは「私がただの母乳製造マシーンと化してる」とボヤいていた。ワイフとの戦友感、自分自身が兄弟4人一番上で子どもの大変さがなんとなく慣れてたこと、自分自身が子育て家事比較的苦でなかったこと、などなどがあいまってなんとかやってこれたが、なにか一つでも噛み合わせが悪ければズタボロだった気がしてる。

その後、その生活半年続き、僕は復職

なんやかんやで、今4人目も産まれ、今隣で寝ている。上の子たちは寝相が悪いのでワイフと一緒に寝ている。

2人目、3人目、4人目、と子育てに対する慣れ熟練度により楽になる、僕のキャリアアップに伴い経済的に楽になる、楽になる部分がある一方、同じ遺伝子から始まって似てるはずなのに個性が強く同じようで同じでない、下の子を見るのと同時に上の子を見るので大変なのは全然変わらない。

家電の違いでの負担軽減はかなり大きい。食洗機洗濯乾燥機ロボット掃除機、大容量冷蔵庫、電鍋ホットクッカー、等々の家電のお陰で一日に必要家事に要する時間が減って助かっている。

それに、家事したくない疲れた時、外食に行けるのは気晴らしになる。

子どもが大きくなれば、24時間目を離せられないような大変さはなくなり、直接的な疲労はぐっと減るが、幼稚園小学校の世話などやることが多いのは変わらない。

結局、それで頑張って時間を捻出して残るのは一日数時間

その数時間は正直休憩にまわしたい。

ワイフは元々キャリアウーマンで仕事好きな人間なので、ゆくゆくは復職したいと思ってるが、また金融系の仕事に戻るには再度勉強して資格など取り直さなければいけない。

勉強をする余裕がまだ無いので、お預け状態になってる。

余裕は、子どもが大きくなれば多少はできてくるのかもしれない。でも、その世代ごとに大変なことがあるので、なんやかんやいってずっと楽にならないのかも。

今余裕を作ろうとするには、金があれば改善する部分が大きそう。

実際ここまで作ってきた余裕は子育てによる慣れよりも、経済的部分が寄与した割合がかなり大きかった気がしてる。

家電外食家事代行、子どもストレス発散のためのレジャー、何をするにも金をかけなければ自分が動くしかなく、金をかければ楽に満たすことができる。

当たり前の話だ。

我が家はワイフが専業主婦でもなんとか暮らしていける稼ぎがあったから辛うじてやっていけた。

だが、幼稚園小学校の親の同世代を見ると、皆経済的理由で仕方なく共働きしてる。

一人目を育てていたあの頃、あの頃のまま経済状況だったら、仕方なく共働きになっていたと思うし、共働きになっていたら精神的な余裕は全くないだろう。精神的に余裕ない中では勉強ができないし、余裕を作るには金がいる、金を作るには働かなきゃいけないし、働いていると余裕がなくなる。

そんな堂々巡りのなか、皆苦労しながらやってる。

うちは、僕がほぼ完全リモートワーク&ワイフが専業主婦から、乗り越えられてる。

まれている。

という背景があっての最初の主張だ。

子育て支援復職キャリア支援は支持する。

育児休暇を軽視する意見には反発する。

以上

2023-01-29

仕事しながら育児家事をやるのが当たり前なら、育児家事をやりながら仕事するのだって当たり前だろう

そして社会人にとって仕事のための勉強なら、それは仕事の内に入るんだから育児休暇中にも当然やって然るべきだろう

だって仕事しながらでも育児家事ができることが前提なのだから育児家事やりながら仕事する暇も体力もないなんて話にはならんわ

仕事しながら育児家事をやるのが当たり前なら、育児家事をやりながら仕事するのだって当たり前だろう

そして社会人にとって仕事のための勉強なら、それは仕事の内に入るんだから育児休暇中にも当然やって然るべきだろう

だって仕事しながらでも育児家事ができることが前提なのだから育児家事やりながら仕事する暇も体力もないなんて話にはならんわ

育休の話は男性が育休取れば終わる話。アイスランド大統領もそう言ってる

男女平等への鍵は、母親父親が「平等育児休暇を取得できる制度」を充実させることだと考えています。また、育児掃除料理など、どちらか一方に負担が集中するような関係も好ましくないと思っています。もし私が仕事から帰ってきて、パートナーがすべてをやってくれると期待したら、それは間違っている。



さすがジェンダーギャップ指数で13年連続1位のアイスランドやで

一方116位の国の首相は育休中にレベルアップしろと宣いましたとさ

5人のパパで育休5回のアイスランド大統領に聞くジェンダー平等「日本にできないはずはない」(日テレNEWS) - Yahoo!ニュース

2023-01-26

anond:20230125162619

めちゃめちゃ間違ってて腹立ったから訂正するわ。

増田の考え方は日本基準に染まったもの。それを無理やりニュージーランドに当てはめてるのがそもそも大きな間違い。

育児休暇を取り、自分の子どもは自分の手で育てなければならない」という考え方はガチガチ日本ガラパゴス的な考え方だろ。

欧米ではベビーシッターを雇ったり、子育てを外部に発注するのが当たり前。一から百まで外部に頼らないで自分子育てしろ、なんて馬鹿げた考えはない。

一番引っ掛かるのはこの部分

パートナー育児を任せてとっとと働きに戻る

女性が働きに戻る=子育てを疎かにしている

という増田の考え方こそ明確に間違ってる。

子育て外注していたとしても、子どもの成長に必要スキンシップ時間が確保できているなら何も問題ない。

日本の古式ゆかしい子育て論をニュージーランドに強引に当てはめてんじゃねえよ。

2023-01-16

anond:20230116100147

こういうのやっても低い方に合わせるだけなんだよね。。。

階級が同じなのに賃金が違うっていうのは、おそらく評価によって差異をつけてるんだと思う。

女性育児休暇看護休暇や子ども関係遅刻早退することが多いので成果に影響ありで評価を下げる要因になってるんだろう。

今度ここを禁止すると評価賃金を連動しない運用になる。そうすると全体の賃金が上がってしまうので全員の給与を少しずつ下げることでこれまでの人件費を維持する。

それか、男性看護休暇等を取得したときにここぞとばかりに低評価を集中させる、かな。これはこれで男女差別と思うけど、男性場合数が少ないか問題視されないし全体でみると男女差が縮まるから改善したことになる。

これから時代、成果だけで評価をつけるには限界がきていると思う。

2023-01-14

anond:20230114084547

少子化対策は、産みたくない人に産ませる施策じゃない。

産みたいけれど保育園が少ないとか育児休暇が取れないとかいった理由で産む決断ができない人に、遠慮なく産んでもらうのが少子化対策

産みたい人がみんな産みたいだけ産んだ場合、結果として人口が増加する方向に行くというだけの話。

anond:20230114090518

その「異次元少子化対策」って別に次元変わってなくない?

要するに子ども支援パワーをこれまでより強力に広範にしますってだけで、これまでの延長線上にあるものじゃん?

同じ線の上にあるわけだから全くもって同じ次元の話しかしてないわけだ。

じゃあ別の次元ってどこだよって、そもそも子ども支援の部分じゃなくてその前段階として配偶者持つ人を増やさなきゃいけないんじゃねえ?

から俺が全く別次元少子化対策提案しようと思う。

まり結婚したくなるような対策を考えるわけだ。

でもどうすればいいかっていうと迷うよな。

たとえば結婚相談所やらペアーズやらのマッチングアプリはやりたいやつはみんなやってるわけで。

そこにこう、なんかしらのでかい支援を入れても現状からべつにそんな大きく変化はせんよね。

市とかが開催してるお見合いパーティーとかはもうやってるし、たぶんまぁ、必要十分な数開催されてるだろうからそこは現状でOKで。

じゃあどうするかっていうとやっぱ金銭面的な問題なわけだな。

金が不安から結婚を渋るわけだ。

んで何が不安かっていうと結婚しただけじゃなくて、子どもができたら金がかかるから不安なわけだな。

もちろん金だけじゃなくて、子どもに両親とも手間をきちんとかけられるようにできれば、より安心して結婚できるわけだ。

それを踏まえて、僕が思う異次元的な少子化対策はここらへんだと思う。

財源?しらん

anond:20230114090518

根本的に「みんなできれば仕事なんかしないで子育てしたいに決まってる!」という謎の思い込みに沿って考えるから、「全ての親に育児休暇義務付けるようにしよう!」とか的外れ施策が出てくる。それは一部の子育てオタクだけの話で、そういう層は子育て支援があるとかないとか関係なくとっくに子供持ってる。だって子育てしたくて仕方がないんだからな。

実際に子供を持たない層における「できれば育児なんかしたくないし気が向いた都合のいい時だけ子供を愛でるだけでいい感じになって欲しい」という本当のニーズ直視して考えないと効果がない。

本当の異次元少子化対策について

今までの延長線じゃない対策って意味なんだろうけど、補助金拡充程度じゃ今までの次元だよな

出産と5歳くらいまでの育児が何とかなれ産んでくれるって国は思ってそうだが、実際は子ども独立するまで育てられるのか、という不安のほうが大きいので人生計画ちゃんとしてる人ほど敬遠するよね

それを踏まえて、僕が思う異次元的な少子化対策はここらへんだと思う。

財源?しらん

2023-01-10

障碍者雇用で働いてた経験

企業の特例子会社で働いてた。事務仕事

仕事内容について、俺は健常者の仕事経験したことがないからきれい比較ができないけど。

基本的に同じグループ会社から業務を振られるんだけど、突然、簡単マニュアルが送られてきて「来週から業務そっちでやって」みたいな場面がよくあった。

普通会社だと「はいわかりました」と受けて、走りながら業務を習う みたいな展開になるんだろうか。

でも、うちは上司が「それでは困ります」とまず止めて、業務の詳細の聞き込みをしてマニュアルを作り直して、準備期間として1カ月程度を設けて、さらに何かあったらサポートしてもらえるように交渉する

という手順を踏んでから社員仕事が振られた。

そんな手間なことやってたら仕事にならん みたいな意見もあるだろうし、これだから障碍者は使えない とか感想を持たれると思う。

でも、誰だって気合と体力で無理やり解決する仕事のやり方よりも、余裕を持ってちゃんとした手順を踏んで進めることができるほうが良いに決まってる。

雇用するうえで障碍者と健常者という区別を設けてるけど、仕事をする場合にその違いは明確に「これ!」という線引きできるものではないと思う。

から、上みたいな手間のかかる仕事のやり方というのは、障碍者のためでもあるんだけど、同時に健常者の社員にとっても意味のあるものだと思う。

仕事というものはそんな甘いものではない」と言われそうだけど、昔は女性結婚するからキャリアなんて存在しなかったし、男が育児休暇を取得するなんて考えられなかった。

そういう時代は古いものになってみんなが働きやす環境を求めてる。

から障碍者のように楽をして働ける環境が、健常者にも広まるという未来があっても良いと思ってる。

ちなみに俺は「体を動かして働くほうが楽」ということが分かって3年務めてやめて今は引っ越し業者とウーバーイーツで働いてる。

2022-12-24

近年の雇用においては男は女の劣化

近年の雇用においては男は女の劣化版でしかない。

安定した離職率の低い正社員になるのであるならば、女のが数段楽である

何故かこの事実を認めたがらない人間特に女に多いのが解せないが。


以下はその理由


一般職エリア総合職を受けられる(男は全国総合職のみ)

事務経理職を受けられる(男は営業職のみ)

看護師薬剤師栄養士など、デスクワークでほぼ女性専用資格職がある

男性公安職、土建業など優遇職はあるが、デスクワークとは限らずまたいずれも離職率が高い)

既卒でも事務職になれる 派遣契約社員になれる

既卒男性フリーター飛び込み営業外食社員くらいしかなれない)

アファーマティブアクション公務員教師になりやすく、出世もしやす

また産休育児休暇をほぼ100%確率で受けられ復帰も保障される

男性採用不利益を被る上、産休育児休暇の穴埋めでサービス残業が多い)


女でもできる仕事はどんどん女に採られている現状で、男は女ができない、もしくはやりたがらない仕事に就くしか不利を回避する手段はない

正社員内定率で10%も遅れをとるのもしょうがない気がする。

何が男性社会がしんどくで生きづらい私達だ、社会パパに甘やかされている癖に。

2022-12-21

anond:20221221032200

本来理解真逆ダメな方向に独自解釈してるだろ

まず私は「女性権利を与えるべきだ」「女性尊重するべきだ」という根源にある主張はまず理解できるし、同調しているんだ。

しろ女性の方が生物として上位種であるとすら考えている。男性である自分劣等感すら覚える。

女性の方が優れているのだから女性尊重するべきだ」という肌間隔があるからだ。

女性が優れてるから女性尊重するべきだってのはフェミニズムじゃなくて女神化とかいう別の差別技法じゃなかった?

すべての人間は生まれながらに権利を持ち尊重されるべきってだけ、優れてるとか劣ってるとか関係ない

女性管理職割合が低い! 男女平等のために割合を上げろ!」とか

育児休暇取得は女性ばっかりだ、男性育児しろ!」とか

「性被害におびえる女性が多いんだからなんとかしろ!」とか

でもそれらを社会解決したところで彼女らの要求は増えていく一方だと思うんだ。

人類の半分が女性なのに管理職正社員政治家男性ばかり、親は男女1人ずつ同数いて授乳以外のすべての世話と家事ができるはずなのに、育児負担がなぜか出産で車に引かれたレベルの損傷を負ってる女性に優位に偏ってる、性犯罪が発覚して司法救済を受けられ有罪判決になる割合の低さ(1%くらいだっけ?)、算数が分かる人ならヤバいってわかるよねーという話では

フェミニズムそもそもはじめは大学教授海外在住の強者女性メインストリームだったと思うし

彼女らの欲求が増える前に社会女性差別解決したことがないんだけど

政治意思決定層の女性比率を90%にして性被害を厳しく取り締まって育児男性比率が90%で経済格差が9:1=女性男性になるのは理不尽だと思うなら、今そうですけど逆がおかしいってありえないですね差別ですねって話で

フェミニスト嫉妬する20代弱者男性の話。

突然ですが、僕は男性だが女性になりたい。

そんな私の悩みと愚痴を書いておくから聞いてほしい。

別にトランスジェンダーというほどでもないと思う。

性自認は完全に男性だし、自分男性であることに対する違和感は全くない。

これまで男性として育ってきてしまたからかもしれないが、今更手術を受けて女性になろうと思うほど逼迫した思いも抱えていない。

恋愛対象は両方だと思う。

多くの場合好きになるのは女性だが、男性を好きになったこともある。

ちなみに全く女性にはモテない。女性モテていたらこんな拗らせた思いを抱えることもなかったのかもしれない。

変な悩みを抱えずに男性として生きれていたと思う。

でも、ただただ、女性になりたかったなと思ってしまう。

女性になって、女友達と一緒におしゃべりして、お化粧してお出かけして。加工だらけの写真をインスタにアップして。

素敵な男性に愛されて、子供を産んで。間違ってもはてな匿名ダイアリーなんて読まない。

そんないわゆる、旧来的な女性幸せが欲しかったと思う。

その自身の願望の表れの一つとして、私は一人称全然統一できない。

使い分けは意識的ではないのだが、ふとした瞬間に「私」と言ったり「僕」と言ったり「俺」と言ったりする。

「私」という一人称がふとした瞬間に出てくるのは、自身女性化願望の現れの一つである自覚しているし、

自身男性として表現したいときには「俺」と言っているように思える(もちろんフォーマルな場面で「私」という一人称を使うからといった理由存在する)。

この文章もそうやって書いていく。

そんな私だからフェミニスト女性をみると腹が立って仕方がない。

いや、違う。もっと本心で、正直に言ってしまえば、もうちょっと拗らせている。

彼女らに嫉妬してしまうのだ。

50%の確率で、「私から見れば運よく」女性に生まれることが出来たのにも関わらず、

彼女たちは、女性であることが辛いと言い、いかにも男性男性社会に加害されているかのように嘆くのである。そんなのずるくない???

ただ単に「女性に生まれた」ことだけを嫉妬しているわけではない。

そもそもフェミニスト女性が「生きにくい」というのは「女性から」ではないだろうと思っている。

単純に、「現代社会」が我々のような「メンヘラ体質」にとって生きにくいだけなのだと思う。

男性だろうが、女性だろうが、現代社会は息苦しく、辛い世の中なんだ。

言いたいことだって匿名のこんなネットの隅にしか書けない。

そりゃ僕だって表立って、「女性ばっかりずるい、女性になりたかった!」と声を大にして言いたい。

でもそんなのダサいし、みっともないし、誰から共感されない。Twitterなら炎上まっしぐらだと思う。フェミニストが秒で寄ってくると思う。

これだって炎上するんじゃないかビビりながら書いてる。誰も読まないよね、こんなブログ。だから大丈夫

俺はそんなのは嫌なんだ。不特定多数のみんなから共感されながら、「うんうんわかるよ、君も辛かったね、君は悪くないよ」って言われたい。

肯定してほしい。他者からいいねが欲しい。そう思ってしまうのが現代社会の生きずらさでしょ?

一方で女性は違う。

生きずらい自分の目の前に「フェミニズム」という、いかももっともらしい思想が落ちていて、共感してくれる人もいっぱいいる。

「生きずらい自分」が悪いのではく、「女性を大切にしない社会」が悪い、と責任転嫁して、自分を守ってくれすらするいいねだっていっぱいつく。

そりゃ目の前にそんな都合のいい思想が落ちていたら飛びつきたくなるだろうと思う。

そこに「社会を変革する」なんていう大義名分がついていたら、他者攻撃する自分のことだって肯定できるだろうし、

自分社会に対して貢献しているんだ」という達成感や誇らしさすら得ることが出来る。アドレナリンやらオキシトシンやら、脳内麻薬バドバだと思う。

そう、私も女性だったら多分フェミニストになっていて、男が悪い、社会が悪いと騒ぎ立てていたと思う。

きっとそれは無自覚的に快楽だろうし、弱い自分肯定してくれさえもする。自分でも自分肯定できる。

もちろんフェミニスト彼女らがそれを認めることはないだろうし、自分女性だった場合にもそれを認めるなんて屈辱的なことは絶対にしないと思うが

(ただし、クロワッサン症候群のようにある日突然にフェミニズム流行りが終焉を迎えて、彼女らには何も残らない……なんて日が来ることもあり得るなと最近は思っていたりもする。ざまあみろろツイフェミども)。

でも、俺は男だ。

から目の前に「フェミニズム」に相当する何かは存在しない。

自分を守ってくれる安易思想が落ちていない。「ミソジニー」? いや違うな、俺は女性が嫌いなわけじゃない。

ていうか、むしろ女性が大好きだし、大好きだからこそ女性になりたいとすら感じているのだから。そういう意味では私は自分原理主義的な「フェミニストであると思っている。

から言い訳なんてできない。俺の生きずらさは、現代社会適応できない俺が悪いのであり、誰も共感なんかしてくれない。

もしも、このブログを読んで、少しでも同じ悩みを抱えている人がいたら、共感してほしい。それだけで俺は心から救われます

女性にとって、自分を救ってくれる「フェミニズム」があるのに、僕にとってそれはない。そんなのずるいじゃないか……。

毎日その不条理をかみしめて生きてる。毎日女性嫉妬しながら生きている。

から俺は毎晩、「朝起きたら美少女に生まれ変わってますように」と願いながら眠りにつく。

別に可愛くなくてもいいけど可愛いに越したことはないよね、うん。でも女性はお化粧が出来て、ある程度顔がよくなくても擬態できる。それもチートだと思う。俺だって化粧してかっこいい男になれるなら毎日化粧するわ。でも今はまだ男性用化粧品って種類が少ないのよね~)

一昨日も昨日も明日明後日も寝る前に祈る。もちろん今日も。でもそんな日は絶対に来ない。不条理すぎると思う。

今の俺の最後希望は、俺がまだ若いこと。今はまだ20代前半で、これからある程度は稼いでいける見込みがある。

今に金持ちになって弱者男性を脱却して、女を見返してやるんだ、なんて、女になりたいのにもかかわらずそんな女への復讐を胸に抱きながら今日は眠りにつく。

最後に。

長文乱文失礼しました。

ここまで読んでくれた人、あなたのおかげで今日はいい夢が見れそうです。

拗らせ成人弱者男性独白をここまで聞いてくれてありがとう

本当にありがとう

(2022/12/21追記

コメント読んだ。

ありがとう。誰も読まない、誰も目にとめないことがいちばん嫌だったから、批判的でもコメントくれてうれしい。

批判コメント結構、むしろもっとじっくり議論したいまである。私もこの拗らせた悩み解消したいからね。

うそう、価値観が古臭いのかもしれないことは自覚してる。

から日常ではそんな価値観を隠して生きているわけで、こんなネットの片隅に愚痴をこぼすことくらい許してほしい。

さて、コメントを読んで足りなかったなと思ったところを補足する。

原理的な「フェミニスト」という表現について。

まず私は「女性権利を与えるべきだ」「女性尊重するべきだ」という根源にある主張はまず理解できるし、同調しているんだ。

しろ女性の方が生物として上位種であるとすら考えている。男性である自分劣等感すら覚える。

なんで上位種である女性に生まれなかったんだと心の底から思う。

これは論理的というよりも感覚的にだ。なんで、と聞かれても思ってしまうのだから仕方ない。

そういう意味自分原理主義的な「フェミニスト」だと思っている。

女性の方が優れているのだから女性尊重するべきだ」という肌間隔があるからだ。

そのうえで、表層的な一つ一つの事象、例えば「女性管理職割合が低い! 男女平等のために割合を上げろ!」とか

月経で辛い女性が多いんだから生理用品は無償配布しろ!」とか

育児休暇取得は女性ばっかりだ、男性育児しろ!」とか

「性被害におびえる女性が多いんだからなんとかしろ!」とか

そういうのにもほとんど同意する。まあわかる。全くわからない例もあるけど、ここには書かない。

でも彼女らの本懐はそこにはない気がしていて。

例えば上に挙げたようないくつかの事象とか、さらにそれ以外にも彼女らが抱えている様々な一つ一つの女性特有の」悩みももちろん抱えているんだと思う。

どこまで行っても生物学上は男性の俺にはわからない悩みだっていっぱいあるんだと思う。大変だね、救ってあげたいと心から思う。

でもそれらを社会解決したところで彼女らの要求は増えていく一方だと思うんだ。

それは本質的彼女らが「メンヘラ体質」で「弱者気質」だからだと思う。女性から悩んでいるんじゃなくて、弱者から悩んでるんじゃないの?

そもそもフェミニズムなんかなくても、昔から強い女性社会進出していた方はいたわけで、「女性からできない、虐げられている」には少し疑問符がある。

女性だとか男性だとか関係なく、ただ単に、弱者自分を守ってくれる、弱者自分を救ってくれる、それが彼女らの本懐だと思うんだ。

から別に女性からとか関係なくて、きっと彼女らが男性だったら、その時は「弱者男性に女をあてがえ」って言ってたと思うんだ。

男性からとか、女性からとかじゃない、弱者から救われたい、それだけなんだよな。

から彼女らを救ってくれる「フェミニズム」が目の前にある事実がうらやましい。俺だってそんな浮き輪があるなら飛びつきたい。

弱者男性の心の闇を救ってくれる思想はないのか? 俺も女の子になりてえよ。

2022-11-21

anond:20221120160603

あなたが退園してくれたおかげで、助かった家庭はあるから・・・

もしあなたが退園せずそのままだったら、そちらの家庭からしたら「両親とも育児休暇中なのに私より優先されておかしい」ってなるでしょうね。

他者の事も慮れるようになりましょうね。

2022-10-26

橋本さん……😢

「育休取りイクメンに」

 自動車部品メーカーアイシン精機製品開発を担当する橋本淳邦さん(32)は、育児積極的に行う男性イクメン」だ。二人目の子どもが生まれた時に三カ月の育児休暇を取り、子育ての楽しさを実感した。価値観が変わり周りにも勧めている。【3/10中日朝刊P9】ci

2022-10-07

育児休暇は全国民義務にしてほしい

男女、独身子供がいなくても。

育児休暇を取らない社員がいる会社ペナルティーを課して欲しい。

これで女は出産があるから採用を控えるとか出世コースから外すとかい理由がなくなる。

韓国徴兵があっても社会が回ってるから、これでも大丈夫でしょ。

2022-10-04

育児休暇に加えて「孫休暇」を導入だって

一生の間に楽しいイベントが何度も起こるばかりか休みまでもらえる勝ち組

一生休めない俺たち

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん