「写像」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 写像とは

2021-10-06

anond:20211006082711

違うね

その写像元は「おまんこがヒクヒク動く」であって「おっぱいが揺れる」ではないね

2021-09-15

劇画風のイラストって事務作業的あるいは機械的に描けるものなの?

光栄パッケージや一部の官能小説(一番最近見たのだと「ぼくのふしだらバイト」とかいうやつ)の表紙

あとは昔の映画だと武蔵野夫人みたいな頃のパッケージ劇画調だったりするけどラノベ挿絵と違ってイラストレータ―の名前が公開されてないよね

あいうのって実在人物機械的写像みたいなことして誰でも作れて属人性とかないかなのだろうか

2021-08-31

論理破綻王のひろゆき自分スタイルを忘れてしまったのか?

以前のひろゆき基本的相手に喋らせて相手曖昧なことを言ったらそこを突くというスタイルでやっていた。

これは本人も言っているけど昔2ch訴訟毎日のように裁判に出ていたことが影響しているという。

自分から何かを主張するのではなく、「写像ってなんですか?」「なにか証拠あるんですか」「それって感想ですよね」と相手が言ったことに対して足を引っ掛けるスタイルだった。

しかし、いつしか自ら「こういう説があります」「フランスではこうです」と主張するようになった。

別に本人はなにかの専門家ではないから、主張しだしたら穴があるのは当然である

さて、自分ひろゆきにはある特性があると思っている。

それは周りが作ったひろゆきイメージを、実際に演じようとしてしまうという特性である

最初期のひろゆきは「好青年普通若者」だったのに、2chイメージがつくことによってアナーキー屁理屈王になっていったという経緯がある。

そして、今度はメディアが「論破王」と持ち上げだしてから、なんでもかんでも持論を言おうとする論客になってきたのである

おそらく本人は自覚してないだろうが、周りのイメージを忠実に守ろうとする性格にあるのは間違いない。

そして次は「論破王じゃない」ってイメージがついたら、「おいらなんて大したことないすよ」と振る舞い出すだろう。

2021-08-18

ひろゆき論破されるようになったのはスタイルを変えたか

以前のひろゆき基本的相手に喋らせて相手曖昧なことを言ったらそこを突くというスタイルでやっていた。

これは本人も言っているけど昔2ch訴訟毎日のように裁判に出ていたことが影響しているという。

自分から何かを主張するのではなく、「写像ってなんですか?」「なにか証拠あるんですか」「それって感想ですよね」と相手が言ったことに対して足を引っ掛けるスタイルだった。

しかし、いつしか自ら「こういう説があります」「フランスではこうです」と主張するようになった。

別に本人はなにかの専門家ではないから、主張しだしたら穴があるのは当然である

さて、自分ひろゆきにはある特性があると思っている。

それは周りが作ったひろゆきイメージを、実際に演じようとしてしまうという特性である

最初期のひろゆきは「好青年普通若者」だったのに、2chイメージがつくことによってアナーキー屁理屈王になっていったという経緯がある。

そして、今度はメディアが「論破王」と持ち上げだしてから、なんでもかんでも持論を言おうとする論客になってきたのである

おそらく本人は自覚してないだろうが、周りのイメージを忠実に守ろうとする性格にあるのは間違いない。

そして次は「論破王じゃない」ってイメージがついたら、「おいらなんて大したことないすよ」と振る舞い出すだろう。

2021-08-17

忖度」って森友問題の前までは人前で使うのはばかられる単語だったよ

忖度」って言葉意味知ってる人なんてほぼいなかったし、そんな単語をつい使おうものなら逆に「新しく覚えた言葉使いたがるバカ」扱いされかねなかった。

さながら、ひろゆきvs勝間和代ときの「写像」みたいな感じの単語だった。

「あたら」とか「就中」とか「仄聞」より意味知られてなかった。

今じゃ忖度なんて単語ヤンキーだって使うもんな。

2021-08-08

anond:20210808194056

まず、ℚ(√2 + √3) = ℚ(√2)(√3)であることを示す。

ℚ(√2 + √3)⊂ℚ(√2)(√3)は明らか。

逆の包含を示すため、ℚと√2 + √3から有限回の四則演算で√2, √3を作れることを示す。

1/(√2 + √3) = √3 - √2より、√3 - √2∈ℚ(√2 + √3)。

よって、√3 = ((√3 + √2) + (√3 - √2))/2∈ℚ(√2 + √3)、√2 = ((√3 + √2) - (√3 - √2))/2∈ℚ(√2 + √3)。

よって、ℚ(√2 + √3)⊃ℚ(√2)(√3)。

ℚ(√2)/ℚとℚ(√3)/ℚはともにℚのGalois拡大であり、それぞれ√2, √3のℚ上の共役をすべて含むから、ℚ(√2)(√3)も√2, √3のℚ上の共役をすべて含む。

したがって、ℚ(√2)(√3)/ℚはGalois拡大である

写像φ: Gal(ℚ(√2)(√3)/ℚ)→Gal(ℚ(√2)/ℚ) × Gal(ℚ(√3)/ℚ)を

φ(σ) = (σ|ℚ(√2), σ|ℚ(√3))

で定めると、これは群準同型になる。

ℚ(√2)(√3)はℚ(√2)とℚ(√3)で生成されるから、σ|ℚ(√2)とσ|ℚ(√3)がともに恒等写像になるのは、ℚ(√2)(√3)の恒等写像である。したがって、φは単射である

また、Galois拡大の推進定理より

[ℚ(√2)(√3):ℚ] = [ℚ(√2)(√3):ℚ(√2)][ℚ(√2):ℚ] =[ℚ(√3):ℚ][ℚ(√2):ℚ]

∴ |Gal(ℚ(√2)(√3)/ℚ)| = |Gal(ℚ(√3)/ℚ) × Gal(ℚ(√2)/ℚ)|

よって、φは同型である

Gal(ℚ(√2)/ℚ) ≃ Gal(ℚ(√3)/ℚ) ≃ ℤ/2ℤだから

Gal(ℚ(√2 + √3)/ℚ) ≃ ℤ/2ℤ × ℤ/2ℤ

である

2021-08-07

対魔忍すら75%、85%だっけ?の男性ユーザで、100%男性ユーザーじゃないってことには驚く。いくら記憶違いはあっても95%ではなかった。

世の中のコンテンツ男性向けとか女性向けとかあると思っているのは錯覚なのだろうか。

実際それは、男は男向けとみなされるようなコンテンツを多く持っているが、女性向けのもいくらかは持っている、女ならその逆、という程度のものなのかも。

これだと、あるコンテンツが男に享受されるか女に享受されるかということは、あるもの男と女のどちらに振り分けられるかという命題になるので、鳩ノ巣理論確率論の混合みたいな問題になってくる。一人の男が男性向けを所有する割合の平均、女性それから導き出されるその結果が、あるコンテンツの男女比へとをどう還元されるのかということには写像概念が絡んでくるか。

まあとにかく今はうまく言語化できないからまとまったら再投稿しよう。

2021-06-20

複素関数勉強を始めた。

多価関数とかリーマン球面とか等角写像とか、これまで自分不勉強だったせいで知らなかった概念に新たに触れて、世界が広がっていく新鮮な気持ちを味わっている。

2021-06-11

数学科飲み会

「Xが飲めて〜」

「Yが飲めない〜」

「わけがない〜〜〜 (f: X→Y)」

ハイ !

単射全射全単射!」

写像対応準同型!」

ハイ !

「環!可換!可換!非可換環!」

ハイ !

任意の〜」「任意の〜」

任意任意の〜アルアルアルアル」

絶対値からの不等式〜〜〜」

ハイ !

2021-06-06

上巻と下巻の最初の方まで読んだ

その後の展開が推理できたので、後で答え合わせする為に備忘録として書き残す。もしかしたら、ネタバレ注意。

---

漫画世界で何が起ころうと、それが漫画である限り現実の脅威とはならないと、多くの人は考えている。漫画は作者の脳の写像であり、それが直接現実に対して影響を与える事はない。一休さんじゃないのだから、夜な夜な屏風の中から虎が抜け出すなんて事はありえない。しか作品を観た者の行動を変え、間接的に現実を変えるという事ならあるかも知れない。

現実対峙するのはリスクを伴う。そんな時は空想世界に逃げ込むしかない。それは逃避かも知れないが、その空想現実を変える日が来るかも知れない。それには長い長い年月がかかるだろう。だが人の命と違って作品寿命が長い。今すぐ現実を変えなくても、いつか変える日が来るかも知れない。作品を残す事は、自分の魂を冷凍保存して未来へ託すことに等しい。

2021-05-04

ディープラーニングアニメ絵動画を生成してなんの意味があるのか分からない。

なんてリアルではそれ系の研究をしたりディープラーニングスゲーって盛り上がってる人たちが周りにいるので言えないんだけど。

実際意味あるのか?

実現したいアニメ作品ゲーム作品などの企画に合わせてアーティストキャラデザをしたりコンテを描いたり動画を作ったりするプロセスのどこかに自動生成が入る余地があるのか?

キーフレームの間を補間するようなやつはわかる。動画作成の手間を削減できるからな。でも何だか分からん適当空間上のランダム点や軌道からGANとかで絵や動画写像するタイプの話はどう使い途があるんだ?

サイコロ振っていい感じのキャラ動画が現れるまで頑張るのか?ちょっと修正したいんだけどとなった時どうするんだ?そもそも自分萌えるキャラなりシーンなりを作り出したいんじゃないのか?

オタクから効率的に金を巻き上げるコンテンツを最低限の手間で作りたいという純粋ビジネス用途だとしたらA/Bテストどころか無数に生成させたランダムキャラのガワを全部市場投入して反応を見るしかなくなるんじゃないか?それは流石に成立しなくないか

色んな意味で疑問しかねーんだよなあ。せいぜい教師データ年代ベルを入れて今ウケてるキャラクター造形の分析をするのに使うとかならわかるか。乱数入力したらそれっぽい女の子がでてきたやったー!の嬉しさがわからん

2021-04-26

anond:20210425022947

共通言語たるドメインモデルを、そのままコードと1対1対応しなければならない、という思い込みや風潮。

既存のWAF(Web Application Framework) の利点を潰してどうする…」

こういう誤った思い込みエンジニアにさせているのは、ドメイン駆動設計の原典であるエリックエヴァンスドメイン駆動設計」が、いか抽象的な内容で、ある意味では哲学的であったかを、明示するものでは無いか

プログラムとはメタファーであり、現実を、もしくはそれに準ずる写像的な世界観を、コードに忠実に再現するものでは必ずしも無いと考える。この記事増田は「過度な抽象化」とも書いているが、プログラムというか、そもそも言語のもの物事の全てを表象できるものではなく、ある一側面の一イメージしか切り取れない不完全なものだし、それ自体問題ではない。現実ソフトウェアの溝を、ユーザーエンジニアの溝を、ドメインソースコードの溝を、いかにして埋めるかというのが、ドメイン駆動設計の本質だし、その埋め方についてはエリックエバンスは一例を示しているに過ぎない。EntityやValueObjectなど、必要なら使えば良いし、不要なら使わなければ良いのだ。ただし、元々何が問題なのか、問題だったのかという点について、いかにして向き合うかが肝要であり、それは技術論や方法論の話ではない。

ドメイン駆動設計の記事を書いたり、勉強会で発表をしている人間は、原典やそれに付随するドキュメントの内容を、無批判に信奉し、そのようにしなければならないという強迫観念に追われているのではないかそもそも、本当に理解しているか怪しいし、不安から教科書の内容にしがみつこうとするのだろう。さらにこの手の連中は、昨今のCQRSやイベントソーシングマイクロサービスなどとも絡めて話をし出すから、タチが悪い。「ドメイン駆動設計はこの手の技術スタックと相性が良い」という言葉を何度も見かけたが、技術的な方法論はそもそも無関係だったはずだし、そうやって安易に結びつけてしまうからユーザーが置き去りになって来たんじゃねーのと、暴言でも吐きたくなる。問題本質はどこにあったのかを、聖典の内容や、流行り廃りの技術とは切り離して、エンジニアは三思九思すべきだ。

別にこうあらなければならないという法律や決まりは無いし、好きにやれば良い。モデルと1対1にならなければ、分割する事を選択するのも一つの向き合い方だ。ドメイン駆動設計の信者にゃんにゃん写真でも撮られて、ばら撒くと脅迫されているのであれば勿論話は別だ。恥ずかしい写真魚拓されたくなければ、とりあえずEntity、ValueObject、Repository、Service(笑)位は最低限、用意するのが身のためだろう。

自分の頭で考えて、自分責任判断するという当たり前の事に立ち返りたいものだ。ドメイン駆動設計という盲目的な宗教からいかにして抜け出すかが今後のエンジニア課題だろう。

追伸

増田ドメイン駆動設計が大好きです😘

2021-04-08

AIの遺電子新刊出てた

とてもよい。

星新一的な小綺麗な未来から現代写像のような生活感ある未来ちょっと変わった。

2021-03-21

anond:20210321145435

まあみんながみんなTwitterやってるわけじゃないし、Twitterやっててもクラスタ毎に文化がまるで違ったりするというのはある。

勝間和代ひろゆきの「写像ってなんですか?」に呆れてしまったのは、「写像を知らないことを馬鹿にした」のではなく、「まさかひろゆきほど博識なIT分野の人間写像を知らないことが想像できず、煙に巻くためにすっとぼけたと勘違いした」のよな。

文化が変われば常識も変わる。それ自体差別の無くならない理由でもあるから難しいよな。

2021-02-14

anond:20210214181423

ところがセンター後期になると、どこから出すか事前に予告してしまう。

かならず統計は第5問に出すとか、すべて予告されてしまったため、攻略簡単になった。

2025年には複素数平面とベクトル二次曲線はすべて理系数学になるのだが、

あれ25年前は文系数学なんだよ。

40年前は、理系は「微分方程式写像行列と一次変換」がセットで入ってたんだからね。

50年前は、群論とポワソン分布オペレーションリサーチと初等幾何学フォイエルバッハ定理)も入っていた。

あれ全部ないんだよ。

ないほうが難しいということはあり得ない。

この部分無視した読解だよねそれ

2021-01-14

anond:20210114010704

写像微分という概念は、可微分多様体MとNの間の写像f:M->Nがあったとき、x∈Mにおける接空間T_xMからNの接空間T_f(x)Nへの線型写像df_x: T_xM -> T_f(x)Nとして定義される。

2020-12-18

パターナリズム中間段階としての成年の関与

大人」には許可されている行為であって子供についてはパターナリズムに基づいて制約されているものの一つに、飲酒がある。

しかし、特に飲酒について顕著であるが、適切な経験を経ずに飲酒文化に触れた結果、若者だけで無鉄砲飲酒文化形成し、自らを害する例が少なく無い。大学生、うっかり急性アル中で死に過ぎ問題である

近年は飲酒に対する私人間での制裁が強化され、問題行動は随分と減った。しかしそれは、飲酒経験者の減少の写像に過ぎない。母集団自体が縮小したのであって、飲酒大学生における問題行動の割合が減ったわけでは無い。

適切な飲み方というものがあるのだから、それを覚えた大人が、手本となって若者を導くのが望ましい。経験者による監督指導である

未成年への飲酒指導免許制度を導入し、未成年者の飲酒は、免許を取得した有資格者の下に限って認める。

こうすれば、むしろ高校生のうちに学校の授業で飲酒指導することもできよう。無茶な飲み方しか知らない大学生が、無茶な飲み方をする後輩大学生再生産する愚を回避できる。

 

性交も同様である。そしたら指導免許取って高校指導に行って若人たちに頑張れ頑張れって言いたい。

2020-09-25

anond:20200925051507

自分ラッキーだったけど自覚が一切ない、もしくはそれも実力のうちだと心から思ってるから

運のないやつは幼稚園からそろばん片手に日銭を勘定しながら実力を研鑽しろ

そうでなければ甘んじて一生麦でも食ってろ、むしろそうなってるだろ。受け入れろ。と。

まあそうよね。これの写像がいまの日本にちょうど現れてるな。

しかしそれらの行き着く先は腐敗と破壊暴力による解決だ。筋肉は一応のところ逆進性が低いしな。

これからいろいろと等比的にコストは増えるんだろうけど、せいぜい上積みのみなさんで元老院開いて苦い顔して切り詰めでも考えてくだしあ

俺らは麦でも食って暮らすから

2020-09-05

anond:20200905190731

回転行列を考えてみてもXYZどの軸について回転させるのか?で、行列がすこしちがうだろ? それと同じように、同回転させたいかで違う。同じと言えば同じなんだけど、まあ空間写像みたいなかんじ

2020-08-14

anond:20200814134346

これさ86とWin32に直写像してexe・・・あのー つくる?javaccってこと?今調べてる

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん