「レッドカード」を含む日記 RSS

はてなキーワード: レッドカードとは

2019-10-05

ラグビーW杯 10月5日第2試合 日本 vs サモア レビュー

前回、オーストラリア×ウェールズ試合パブリックビューイングの模様とともにお伝えしたが、1日遅れのレビューもたくさんの人に読んでもらえて嬉しい。

今日日本×サモアレビューを贈りたいと思う。

--------

先週、プール最大の強敵アイルランドを下してどこか祝祭的ムードが漂う日本だが、体重100kgオーバーでありながら50m・6秒台を叩き出す「巨漢超特急」を並べる今夜の相手サモアは決して侮れない。

--------

4年に一度のW杯増田としても全試合を追えれば最高なのだが、サモアに関しては実際の試合を見たのは24日のロシア戦のみ。

その試合サモアは、スコアだけ見れば34-9の圧勝なのだが、内容といえば両軍合わせて3枚のイエローカードが乱れ飛ぶ乱戦で、サモアは1時期13人で戦っていた。

また、トライを積み上げたものの、それは個々の突破力で取ったものであり、キックを織り込んだりセットプレーのような準備が必要な高度な戦術は取れていない印象があった。

おそらくその荒さが、30日に戦ったスコットランド相手には格好の付け入る隙と写り、0-34という結果を呼んだのではないだろうか。

相変わらず規律問題サモアは強みも弱みも極端だ。

--------

ちなみに出なきゃ最高のイエローカード、出てしまうと10分間の退出となり、当該選手ペナルティーボックスに送られ、チームは1人少ない状態で戦わなければいけない。

Sin-binと呼ばれるそれは直訳すると「罪の箱」、意訳なら「留置所」とでもいうのだろうか、全く身も蓋もない表現である

直前のイングランド×アルゼンチンでは、イエローどころか、わず17分で試合からの完全退場となるレッドカードが飛び出した。

フィジカル要求される強度が高いラグビーでは、長時間少ない人数で戦うのは危険が伴うと思う。

しかし、危険プレーを見逃していてはそれこそ選手が危ない。

カード裁定は難しいところだと思う。

日本はいろんな意味で「『当たれば』デカい」サモアを封じ込めて、プール突破前進できるだろうか。

ここで個人的趣味を挟むと、増田はどことなかりゆしを思わせるサモアコーチ陣の衣装がなんか好きだ。

--------

国歌斉唱に続いて、サモアによるウォークライシバタウが演じられる。

先週の敗戦からチームを作り直さないといけないサモアだが、それがうまく運んだようにも映る一糸乱れぬ見事なパフォーマンスだった。

--------

前半、日本キックオフで試合開始。

日本はその後の攻防で攻め込み、後手を踏むサモアの反則を誘ってペナルティーゴールを獲得。

これを決め3-0。

6分には自陣のスクラムから一気に深く攻め込む日本、またもサモアディフェンスの反則を誘い、再びペナルティーゴールで6-0。

今日田村は当たっている。

--------

8分、リスタートから今度は日本ディフェンスで反則。

サモアペナルティーゴールで6-3。

13分にもサモアはマイボールスクラムからペナルティーを獲得し、前進

圧力を盾にペナルティーゴールを獲得し、6-6。

--------

20分、キックから始まる攻防のプレッシャーの掛け合いで、日本は敵陣ラインアウトを獲得し、セットプレー

ここからディフェンスの反則を誘い、ペナルティーゴールで9-6。

リードこそしている日本だが、今日サモアはい集中力を発揮し、ペナルティーゴールの応酬で振り切ることができない。

地上戦レフェリング解釈と、サモア集中力で、密集戦での冷静さと我慢が鍵を握る試合になってきた。

--------

しかし、そのサモアにここで悪い癖が出てしまう。

24分、フォワード、TJ・イオアネが松島に対する、遅すぎてかつ相手をしっかり掴んでいない危険タックルイエローカード

シンビンだ、サモアはこの試合でも14人での戦いを強いられる。

27分、この数的優位を活かし、最終的に大幅に攻守の人数差を作り出したプレー日本トライを獲得。

コンバージョンも決まって16-6。

--------

離されたくないサモアは、33分、キックオフから反則がらみの展開でペナルティーゴールを獲得、16-9として前半を終了。

--------

今日日本アイルランド戦と打って変わってよく蹴る。

その結果、ハイボールコンテストからの攻守の入れ替わりが激しい。

常にリードはしているものの、攻守のキワでのペナルティーが多く、サモアキックでついてこられているのは気がかりだ。

後半どう修正していくのだろうか。

--------

後半、サモアキックオフ。

後半の修正に注目していた増田だが、後半の日本は前半に増して徹底的に蹴る。

前への圧力が強いサモアだが、そのせいかラインの後ろが大きく開いていて、今日日本キックはそこに蹴って走らせるのを狙っているのかもしれない。

これがいつ効いてくるか。

試合の均衡は突如崩れるかもしれない。

--------

43分、密集で反則を獲得したサモアペナルティーゴールで16-12に迫る。

50分、今度は反則がらみからの攻防で、密集戦に手を突っ込んだ日本FW・姫野がサモアの「ボールを置けない」反則を誘い、ペナルティーゴールを獲得し19-12

--------

52分辺りで試合は徐々に様相を変え始める。

サモアは脚が止まってきて、日本のランに完全に後手を踏み始めた。

日本ギアが変わったかもしれない。

53分日本は敵陣深くでラインアウトを獲得。

このラインアウトから日本モールを押し込んでトライ

コンバージョンも決まって26-12

--------

ここでキックサモア撹乱していた山中にかえ福岡堅樹を投入、この時間から走りあいを挑む気だ。

対するサモアはここで、37歳の大ベテラン、トゥシ・ピシを投入して流れをもっていかれないようにする。

59分にはキックオフから大きく攻めたサモアだが、これを力負けで押し返されてしまう。

サモアにとってはリソースも少ない中、嫌な時間で押し切れなかった。

--------

60分すぎ、日本SH流に変わって田中史朗を投入、体力もメンタルも追い込まれている今のサモアにとっては、流れを読んだ上で一番してほしくないことをしかけてくる、最悪に近いいやらしさを持つ男がピッチに現れた。

続く67分、接点でも押し負けはじめているサモアに対して日本が投入したのが重機のように前進するヘル・ウヴェ。

日本戦術的交代で畳み掛ける。

--------

なんとか試合を蘇らせたいサモアは70分、日本陣深くのセットプレーからついに待望のトライを獲得。

コンバージョンも決まって26-19。

しかし75分、日本はもう蹴る時間じゃない、キックオフから連続攻撃ロケットのように加速する福岡堅樹にボール渡りトライ

31-19。

--------

80分すぎのラストプレーサモアゴールラインを背にしてマイボールスクラムという、1週間前のカーボンコピーのような展開になったが、予選突破の望みをつなぐため、ここで試合を終わらせる合理性はないサモア、予選突破に向けもう1トライ欲しい日本

似た状況で全く違う意味を持つ状況となった。

お互い試合を切れないスクラム合戦の中、この攻防で日本スクラムを獲得、最後最後まで相手我慢押し付けて、ここからの攻めで松島インゴールに飛び込んだ。

コンバージョンも決まり最終スコアは38-19。

日本は80分の試合を大きく捉えたゲームデザインで、しっかりとチームを立て直してきたサモアさながら詰将棋のように沈めた。

--------

さて、第3戦目も終わり、そろそろ星取り勘定も気になってくる。

今日の結果でノックアウトラウンド進出がなくなったサモアロシアを除けば、勝ち点状況は日本14、アイルランド11スコットランド5。

水曜日に行われる試合で、スコットランドロシア相手敗戦するとは考えづらく、仮にこの試合を大勝して勝ち点5を獲得すれば、日本14、アイルランド11スコットランド10となる。

その際の、日本スコットランド勝ち点差は4。

スコットランドにしてみればロシア日本の両方相手に大量得点を積み上げて勝ち、ボーナスポイントも取りこぼさず、かつ日本トライを封じないといけなくなった。

オープンプール」と目されていたプールAは、その突破をかけ、目を離せない緊迫した状況のまま最終戦を迎えることになる。

--------

前回W杯、3勝しながらボーナスポイントの不足で涙を飲んだ日本

沈めたのはスコットランドだった。

そこからの4年で大きく進化し、今夜獲得したボーナスポイント1は非常に大きな意味を持つ。

はたして13日のプール終戦日本スコットランドにどんな結果がもたらされるのだろうか。

--------

すわ予選1位通過なら相手ニュージランド17-145の屈辱を注ぐ再戦だ、いやもしかしたらリベンジ燃える南アフリカと戦うことになるかもしれないぞ、という声もし始めたが、その話はまだ早い。

1週間後、極上のドラマが待っている。

anond:20191001011756

2019-09-22

サッカーイタイイタイちゃんと指摘するために

https://note.mu/satonao310/n/nd7256bae4a27

この記事ブコメが酷いのと、サッカーファウルについて勘違いしている人が多い。

まず、サッカー審判の言うことを聞かない、とかいうこの記事は何か勘違いしていて

サッカーレフェリーを欺くようなプレーシミュレーション)をすると、一発でレッドカード退場になります

有名どころではかの有名な2002年ワールドカップイタリア韓国戦

当時のイタリアエースだったトッティペナルティエリアで倒れたのをシミュレーションとして一発退場になりました。

(まぁアレが本当にシミュレーションだったと思ってる人はほぼ居ない気がするけど)

ともあれ、審判に口答えしたら基本的にはイエローカード、もしくはレッドカードなので

審判の言うことを聞かないとか欺くとかいうことは誰もしません。

というか、残念ながらほぼ全てのスポーツ審判の言うことを聞かない奴なんかいません。

ベースボール審判の言うことは絶対で、昔の日本野球では審判の言うことを聞かないことが多く、外国人助っ人が驚いたっていう話はよく聞きました。

で、ごくごくたまーにそういう奴がいて、たいていの場合レッドカード退場とかになるんだけど

話を戻して、サッカーファウルがあったとき

あんなんで転ぶなよwwww」

みたいなのをよく見ますが、全力で走ってる人の足を引っかけたら転びます。当たり前です。

歩いてるときならリカバリできたとしても、全力で走ってる人間は転びます

しかもだいたい後ろから引っかけられるので気付かずに転びます

スローで見るとほとんど当たってない場合もあります

そもそもスライディングに来るのが見えたら避けようと無理な体勢になるので場合によっては転びます

あと、スローファウル検証って本当に意味が無くて

野球ボールなんてスローなら打てるでしょ、とか、イレギュラーバウンドも捕れるでしょ、とかいうぐらい意味が無いです。

スローでほんのちょっとしか当たって無くても転びます

てか、ラグビーも転んでるよね?そりゃタックルされたら転ぶけど、ちょっと触られただけで転んでるよ。

ラグビーは転んでラックに持って行くから誰も指摘しないけどね。

倒れた後になかなか起きないとか、イタイイタイしているのはどうかっていうのを聞くけど

まぁ中東とか一部の選手はおいといて、本当に痛いからね。

全力疾走から転んでるんだから痛いです。当たり前です。

で、しばらくしたら元気に走ってて「なんだあいつは!」みたいに言われることもあるけど

痛いのに頑張ってピッチに戻って「本当は痛くないんじゃ無いの?」とか言われることほど悲しいことは無いよね。

ただ、サッカーファンからしても中東時間稼ぎ作戦は本当に見るに堪えなくて

FIFAは本当にどうにかして欲しいと思う。最近はマシになってきてるけれど。

どちらにしろスポーツのチーム同士や選手批判することは百歩譲っても

スポーツのもの批判するのはい大人のやることじゃないよね。

スポーツに優劣なんてないし、全てのスポーツは楽しめる要素があるはずなので

どんなスポーツでも積極的に楽しむようにする方が

一時的批判してクレバー振る舞う優越感を得るよりも人生楽しいと思うんだけどね。まぁ人それぞれですが。

2019-09-07

anond:20190907171025

それは病院変えた方がいい

ほとんどの女性は鉄欠乏だから医者はそう思い込んでる気がする

聞く限り、貧血と低血圧っぽい気もする

普通重度の貧血になったら、健康診断でもレッドカードから、治らないならなんらかの対処されるはずだけどね

貧血はばかにならんよ

他の医者にしてみたら

2019-06-20

小田嶋隆文章が読みにくい理由

当人が匂わせてるように「内容が盆百にはわからんくらい高度だから」ではない。

かといって単純に「文章が下手くそから」でもない。

目がついてる読者ならピースオブ警句シリーズを1、2本読めばわかる。

あれは文字量の水増しだ。

半分のページ数で十分に書ける程度の内容を5ページとかにしている。

無駄な話や論旨のいったりきたりがあるからまり頭よくない人だと何読んでるのかわからなくなる。

頭悪くない人でも「これ水増しだ」と気づくアハ体験以外で小田嶋の文から得るものは少ない。


おそらく小田嶋は「お前の文は分かりにくい、下手くそ!」などと誰かに言われて憤慨してあれを書いたのだろうが、

小田嶋は文章が下手というよりネタがないのである

ページ数の決まった契約なら「こんなに書けませんから半分にしてください」と申し出て契約結び直すべきだし、まさかページ数で稿料をもらってるなら見苦しい真似やめろと言いたい。


酪農家が水で薄めた牛乳を納品したら一発レッドカードプロ失格である

文筆業は水で薄めた文を納品して恥じないのだろうか。

2019-05-29

anond:20190528200636

1個だけだとなー

"不良が捨て犬にエサやってたからいい人"現象の逆って感じだな

せめてあと10個ぐらいshufuoとやらの非道コメントを探して来てくれ

期待しています

追記 本人じゃねーよw

shufuoとかいうウスラバカがどうなろうが知ったこっちゃねえし、寧ろ笑いものにしてやりてえ

ホレ、早くしろ

期待してまーすw

追記その2

ありがとう。笑わせてもらった

死ねばいいのに」は一発レッドカード級だ

shufuo=軽佻浮薄野郎のレッテル貼っていいな

それと俺も早くしろよ等と煽り返した事は謝る。すまんかった

2019-05-16

anond:20190516095134

手段として戦争提示する」北朝鮮イラクじゃねえんだから近代国家がそれやった時点で一発レッドカードだよ

USAでも同じこと言えんの?

2019-03-18

anond:20190318134733

島本和彦スポーツマンがなんか全部ルール分かってなさそう

「男の一枚 レッドカード」とか「燃えるV」とか。「逆境ナイン」はまだマシな方。

特に燃えるV」はネタ的な意味おすすめテニプリに通じるもんがあるぞ

2019-03-15

VTuberが「優しい世界」と言われる所以

VTuber界隈、よく「優しい世界」と言われる。

特にアンチコメントで荒らすことも無く、荒らしたとしても一発ブロックで終了。

一昔前のニコ生やそれに付随する配信界隈とは全く違う様相を呈している。

死ね」という言葉すら一発でレッドカードを突きつけられる、ある種厳しい世界でもある。

この状況は崩れることな今日まで維持されていることに驚きを隠せない次第である

ではなぜ、ここまで「優しい世界」が維持できているのか。

先述の通り、一昔前は殺伐としていて、ボロクソに叩くのが文化みたいなところがあった。

可愛くても「ブス」「きm」、とりあえず挨拶代わりに「4ね」、少しでもとちれば「使えねーな」と罵声の嵐。

それを言われ続けたのは誰か。

そう、今を支えているVTuber前世の方々である

誰かとは言わないが数多くの配信者がVTuberとして転生しているのは有名な話である

そんなボロボロに痛めつけられてきた人達が集まったコミュニティはどうなるかと言えば、それはお互いに思いやりと遠慮をし合うことになるのは必然である

視聴者にしても、殺伐とした状況に辟易とした人達VTuber流入してくれば、「優しい世界」は完成する。

配信者は荒らしアンチを徹底的に摘み、視聴者はそれに習い自治健全化に従う。

こうして「優しい世界」が生まれた。

しかし、こうした世界が本当にいいのかと言われると、個人的にはあまりよろしくはない。

どこか息苦しい。

現実と同じくマナーと秩序を守らなければならないのかと、ネット無法地帯だったからこその良さがあったはずなのに、と。

しか時代は変わったのか。

十数年ネットをやってきた人間老害に成り下がっていたことに気付かされる次第である

2018-12-09

anond:20181208120626

埼玉県在住で深夜勤務。そして自転車通勤

職質の回数は結構多い。

最近はイアホンでは職質に来ない。

なぜなら音楽聴いているか電話なのかの判断一見では出来ないから。

その代わり右側通行はすぐにレッドカードを貰う。

とはいえそれだってすぐ曲がれば何も言われない。

車載TVの一時停止を解除する改造とか、EDM大音量流れるビックスクーターは何も言われず。

一方通行の逆走が連発する通りがあるけどそっちより放置自転車処分の方が大事みたい。

埼玉県警だけと言えばそれまでだけど。

2018-11-24

恋愛するとき告白から始める風潮を撲滅する

見かけ次第片っ端からレッドカードを突きつけていく

追記

masumizaru いきなりキスしたり押し倒したりホテルに誘ったりするより、「君のことが好きだから付き合ってください」って素直に告げるほうがよっぽどスマートだと思うんだけど。一部の人が頑なに告白否定する意味分からん

お前のそういうところだよ

キックオフからそういうボールを出してくる辺りがそれなんだよ

wdnsdy 自分告白された場合でもレッドカード突きつけんの?

イエローカードだろ

2018-10-08

RimWorld

正式化で高くなるかもしれないというので買って遊んでみた


チュートリアル終了直後にネズミが発生、3人いたコロニー住人のうちAさんが噛まれて逃げ周り唯一の治癒技能持ちの身で出血で重傷レッドカード

Aさんを医療用ベッドに運ぶ方法に手間取っているうちに重体になり、Bさんに指示してアホみたいに遠い箇所からコロニーに運んだもののAさんは重体化し意識不明

同時期に遠くで資源を採っていたCさんもネズミに襲われる。ライフルで応戦するもこちらも重傷で移動不能

グロッキーで寝ていたBさんにCさんの救助運搬を指示し移動開始させるも意識不明だったAさんがコロニー内で死亡、同じ部屋にいたペットハスキー発狂し、救助に向かうBさんを全力で追いかけて襲い掛かり重傷を負わせる

たまたま通りかかった不審黒服の男を追尾しハスキーは消えるものの、噛まれてショック状態のBさんが間に合わず意識不明になり死亡、噛まれ最後の一人はショック状態で昏倒


なにこのゲームチューリアル終了数分でコロニーほぼ全滅とかバッカじゃないの最初からやるわ

とりあえずネズミかに襲われたら手持ちの武器で応戦するように指示すればいいんだな

2018-08-20

anond:20180820233756

うん。ほんとその感覚はよくわかる。常識が変わった。

そして、何がセーフで、何がアウトなのか、新しい常識はまだ出来てないと認識しチエル。

たとえば、何がセクハラどこまでの会話はいいのか何がMetoo基準がない。

ルールのない現状が一番怖い。あと数年経てば、おおまかな社会的合意

できるんじゃないかな。例えばサッカーレッドカード一発退場、イエローカード

累積2枚で出場停止みたいなやつ。

出来てほしい。

2018-07-28

チームを救うための究極の行為は一発レッドカード。我が身を捨てた執念の行為

ずーっと気持ち悪ぃなと思ってたけど、そもそも、開始3分0-0の状態レッドくらう判断のどのへんが究極なんだ。

我が身を捨てんのは勝手だけど、チームをほぼ90分数的不利で戦うハメにさせた上に結果的には負けてるし。

2018-07-25

anond:20180725225850

女性の権利押し出しながら男が中心で

女性性的魅力を売りにして男につきまとって特ダネ狙ったりする時点で

累積でレッドカードなんだが?

詩織さんをレイプしたのがTBSの局員だったことも忘れてるんか

そのくせ二枚舌でセクハラ批判セクハラ理由にした上司麻生批判したやんか

水球 大本監督投稿した内容を見て

もう削除されてしまったけど、大本監督フェイスブックには以下の内容が書かれていました。

スポーツ報知朝日新聞などの報道大本監督悪者みたいに捉えられてしま

ヤフコメには大本監督批判も。


日頃から水球の楽しさ、フェアプレーの大切さをフェイスブックで伝えてきた

大本監督批判されることはツライですね。

もっと多くの人に真実を知ってほしいです。


そして、日本代表女子側の監督指導者たちが表に出てきていないのですが、きちんと出てきて説明すべきだと思います

つかみあいが当たり前、大事、と代表女子に思わせてしまっている指導は明らかに間違っていますよ。


↓以下、削除されたFB投稿内容。

水球関東学生リーグ女子決勝で5枚の水着が破れた。女子選手水着を破かれプールから上がってくる姿は水球関係者としてみるに堪えない。

この悪質行為はすべて日本代表選手によるもの女子選手に話を聞くと世界ではつかみ合いは当たり前。フェアプレーはきれいごとにすぎず現実的ではないと。

試合は10点差の大差。悪意しかないのは明白。

つかみ合いが大事という選手たちに問いたい。対格差があり、世界に歯が立たないあなた方が外国人と同じようにつかみ合いをして勝てるのか?と

この思考を変えない限り女子水球選手永久に勝てないバスに乗ってるのと同じ。悪質行為正当化ではなく技術の向上に向き合ってほしい。

悪質行為正当化するのであればそれはスポーツではないか応援できないし、子どもたちにはやらせてはならない。むろん、税金を使うことも許されない。

この試合レフリーはこの行為容認し、その判定にクレームをつけた監督レッドカードを出す始末。

4枚水着が破かれたチームの監督レッドカード。あきれるしかない。

水球委員会はこの判定をお咎めなしにしている。

これでいいとは到底思えない。」

2018-07-16

anond:20180716141014

別に参入するのはかまわないよ、ファールしたときに退場させればいいんだし

ただ、おむねつんつん親父の場合自分レッドカード貰った理由理解できずに抗議してるし

レッドカード一枚で退場は厳しすぎるとかいってるのがやばい

2018-07-07

ガーターベルトと蒸れない夏

夏場のストッキングは蒸れる。

ちょっと汗ばむと、ストッキングがぴっちり肌に吸い付いてきて、不快なことこの上ない。

そこで快適に夏を過ごす方策を考えてみた。

先手はロングスカート+ノーストッキング

膝下まであるロングスカートであれば、足の露出が少ない。

そこでストッキングを履かずに出社してみた。

結果、ストッキングが吸い付いてくることはない。また、露出も少ないのでストッキングなしでの違和感も少ない。

が、しかし、普段ストッキングで守られている下腹部冷房で妙に冷え、一日中寒かった。冷気が足元から上がってくるため、生足では避けようがない。

また、少しといえど生足が出るので、毛の処理が曖昧だと思わぬところでレッドカードをくらう。

1日外にいる日などであればいいかもしれないが、電車冷房も強く感じる昨今。

冷房が苦手で、冷え性と戦うOLにとってノーストッキングリスクであった。


そして次の手段ガーターベルトを試してみた。

ガーターベルトエロいアイテムなだけではない。太ももまでの靴下状のストッキングと、それを固定するベルからなるため、股の部分が蒸れずにストッキングが履けるのだ。

これはまさにイノベーションだった。

蒸れて不快なのは主に股部分だが、そこはストッキングがないため開放感がある。

冷えてしま下腹部腹巻を上からかぶせればオッケーだ。

から上がってくる冷気は腿までのストッキングカバー

ビジネスマナーとしても、完璧武装

デートの帰りにちょっとあんなことやこんなことになっても、腹巻さえサッと隠してしまえば即座に戦闘態勢に入れる。

ガーターベルト、いいじゃないか

夏のOLの標準装備として推したい。

2018-06-30

anond:20180629084635

増田だけど、俺は覚えてるよ、マスゴミは忘れてるっポイけど

あとルール違反だけど褒められたケースとして、ワールドカップ決勝だかでDFのくまがいだっけ?彼女が終盤相手攻撃レッドカード貰いながら防いで

日本ピンチを救って賞賛されたのも覚えてるよ

2018-06-29

サポーター本音

ルール規定で勝ち上がったのは確かだけど、警告を与えるのはルールじゃなくて審判からね。コロンビア戦レッドカードといい、本田のゴールといい、さいごのパスまわしといい、予選突破といい、日本代表の今大会試合は偶然性がとても高い。少なくとも現日本代表のプレーの質の高低や采配・戦略評価してる人はみなペテンだよ。次戦も偶然のゴール、従って奇跡勝利を楽しむというのがサポーターの皆の本音

日本人博打好きだけど、欧米の人たちからすれば日本代表のこういう偶々な試合って価値のない試合=退屈な試合なんだよね。

日本サッカー成熟

アジアカップ 2004 決勝 PK戦 主将宮本の難癖つけ → 勝利

女子ワールドカップ 2011 決勝 岩清水レッドカード → 優勝

女子アジアカップ 2018 予選 パス回し → 優勝

ロシアワールドカップ 2018 予選 パス回し → 1時リーグ突破 → ?

2018-06-22

からマネキンとかトルソがすげえフェチにはまって、部屋に自作彫刻に女物の服着せたアレなオブジェが数点あるんだけど

これできたばっかの彼女招いたら一発レッドカードな奴だろうか、服脱がしてデッサン用とか言っときゃセーフ? 全部女性型なんだけど

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん