「ディスコン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ディスコンとは

2021-10-15

多分俺だけが大好きな曲

もったいぶらずに言うと、lunar handとかいアメリカかどっかの木端バンドのLosing Sleepって曲なんですが、これがもう、すげえ好きなんだよな

スリープなんていうくらいだし、まあユルい感じの曲調なわけです

低めの、ダルそうな歌い方のボーカルがイイ

そんで、ちょくちょくすげーいいフレーズがある

やっぱ一番Aメロの"Maybe you were the incentive”なんですよね

君の目を引くためにいろいろやってきたけど、なんか疲れちゃったぜ、みたいな内容の歌詞ぽいんだが、そんなかのフレーズなんすよ

たぶん君が動機だったんだよな、と

そういうことなんすよ

メイビー・ユー・ワー・ジ・インセンチブってえ響きがくそいい

気持ち良すぎる

第一キモチエーポイント

第二キモチエーポイントはなんつってもサビだ

Baby take this discomfort, 「なあ、この不快をとってくれよ」、かっけえ

何がイイって、ディスコンフォートの発音がいい

フォートあたりが、すげえ英語っぽい音なんすよね

カタカナフォーじゃねえの カタカナでは表記不能な音

それをマネするだけで楽しすぎる

そんでこの、サビのフレーズ第一キモチエーフレーズの音が似てんのがまた最高

サビの先だしって最高なんすよね

残りは言ってしまえば惰性なんだが、それでも全然気持ちよくはある

https://m.youtube.com/watch?v=f4WESL1dsFI

これすげえのが、YouTubeの公式っぽい動画が3000再生もされてないということ

こんだけいい曲でありながら、ほぼ誰も知らんわけだ

すげーよ

ほぼ新雪ですよ

俺のモンじゃあ

2021-10-11

或るリサイクルショップで騙されそうになった話

リサイクルショップの店内をうろついていたら、既にディスコン品となった自転車部品が売られていた。

外箱の機種のチェック欄の所には正式な機種(グレード)も記載されていた。

箱入りで未使用品、しか格安だった。

Webサイトでは新品(未使用品)が売られている事も有るが、価格が下げられていることは無い。

最初は購入を躊躇った。

古い機種の部品を寄せ集めて一式揃えるのか、全く新しい機種で一式を揃えるべきか。

一週間悩んだ挙句、古い部品を購入することとし同ショップを再訪した。

レジで念のためラップを外してもらい、箱の中身が未使用かどうかを確認した。

 

家に帰り、暫く手を付けていなかった自転車を、汗だくになりながら分解と掃除した。

さて新しい部品の取り付け、箱から取り出し取り付けようとしてぎょっとした。

箱に書かれている機種と、部品のものに書かれている機種名が違っている。

下位グレードの部品だ。使用する3つの部品全てを調べてみると、全て同じ下位グレードの物だった。

騙された!と思った次の瞬間、もしかしてリサイクルショップも騙されたのか?という思いが沸き上がってきた。

レジで箱を開けた時、部品を細部に渡って確認するべきだった。

箱に書かれた機種名だけを信頼してしまった事を悔いた。

 

取り急ぎリサイクルショップ電話し、箱と中身が違う事を説明し返品可能か聞いてみた。

電話対応してくれた男性謝罪言葉と、申し訳ないが返金処置に来てくれという事を言ってくれた。

ここで疑問なのが誰が悪かったのかということだ。

リサイクルショップに持ち込んだ人をAとする)

  1.Aが、騙すつもりで下位グレードの部品を入れて、事情に詳しくない店員はそのまま受け入れた。

  2.Aは箱と中身が違う事を説明し、店員理解した上で受け入れたが、箱と中身が違う事を表示しなかった。

  3.細部まで確認せずに購入した俺が悪い。

1ではAが悪いが、2では店員が悪いのではないかと思うのだが、犯人捜しをする意味も無いだろう。

結局自転車は分解掃除されたままの状態となっている。分解する前はまだなんとか走れたのだが。

ディスコン品の未使用部品を寄せ集めても、中途半端な出費となるが、

新しいコンポーネント一式買い揃えるにはかなりの出費となる。

さてどうしたものか、また悩むこととなった。

2021-08-02

anond:20210801225649

こんど、タミヤがそういう層向けに「タムテックギア」という一回り小さくて完成品セットになってるやつをリニューアルするよ。

https://www.tamiya.com/japan/products/56714/index.html

昔もあったんだけど、時代があわなかったようで人気が出ずいったんディスコンしてた。

今のは2.4Ghzを使うようになって、周りと電波が混信とかまずない状況になり遊びやすくなった。

2021-01-10

Business Journalの「サクラ革命記事が酷すぎるので俺がレビュー書く

セガサクラ革命』爆死&大炎上の“納得の理由”?開発費30億円超、売上7千万円か

https://biz-journal.jp/2021/01/post_200847.html

いやはやまったく、はてブにあがってたので読んでしまったが、久々にあまりにも酷いレビューを読んでしまった。あぁそうそ引用している記事にはアクセスしなくても良い。時間トラフィックリソース無駄だ。

記名は編集部となっているが、Business Journal編集部員の質はこの程度なのか?まるで私たち編集部Web検索すらしないで又聞きした情報記事にしています宣言したいがために記事を公開したのかと邪推したくなる。

1つの記事へ膨大な時間を掛けて執筆することは生産性考慮すると悪手であるのは間違いない。しかし、いくらなんでも"ほど"があるだろうと言わざる得ないのだ。

当該記事の質が低い点の指摘

下記の理由からBusiness Journal編集部は当該記事編集部員へ二度とゲーム記事は書かせないほうが良いと"ご意見"をよせさせて頂く。

太正100年への非難と新主要エネルギーへの非難整合性の無さ

当該記事では太正100年が既存サクラ大戦シリーズとの歴史的連続性の無さを指摘しつつ、蒸気エネルギー排除され主要エネルギー採用されたことへ対して非難の声がよせられていると書いている。

しかし、太正100年は西暦で言えば2011年である。半世紀以上の時間が経過していながらサクラ大戦シリーズはいまだ蒸気エネルギー依存し続けなければならないと本気で思っているのだろうか?

そして、歴史的連続性の無さを指摘しているが現在公開されているサクラ革命シナリオは、チュートリアル九州編と中国編(そして九州舞台としたサイドシナリオ特別イベント)のみだ。

サクラ革命47都道府県舞台としようとしているのは現状で明確にわかる。つまり素直に受け止めれば45シナリオが残されている。全体のシナリオ進捗は約4.25%であり、この状況ではサクラ革命サクラ大戦シリーズでどういう立ち位置なのかほぼわかっていないとWeb検索するまでもなく察することが出来るので、なぜこれを"爆死&大炎上"の理由としたのか本気で謎である

サクラ革命を現状で物凄くやり込んでいるプレイヤーすら何もわかっていないのに、何をわかったつもりで居るのか。

サクラ大戦シリーズスチームパンク世界観が支持されていたという誤解

サクラ大戦シリーズにおいて蒸気エネルギーは主要エネルギーとして確かに重要であり、サクラ大戦シリーズを彩るスパイスとして無くてはならない存在であるのは間違いない。

しかし、サクラ大戦シリーズにおいてスチームパンクスパイスであってメインの素材ではなく、あたかサクラ大戦シリーズスチームパンクからこそ支持されていたかのように描くのは誤解である

サクラ大戦シリーズファンへはわざわざ説明するまでも無い話だが、申し訳ないけれども知らない読者のためにも付き合って頂きたい。

端的にかつ簡潔に述べるならば、サクラ大戦シリーズは「アイドルマスターシリーズのご先祖である

サクラ大戦シリーズ宝塚歌劇団パロディした作品であり、その痕跡キャラクター名や帝国華撃団など各名称に現れており、歌って踊り、企画段階で強くメディアミックス意識され、当時の声業界すら巻き込んで現在にもその影響を残しているターニングポイントだった作品だ。

霊子甲冑デザインを著名なメカデザイナーが手がけているなど日本SFとして決して軽視できるものではないが、宝塚歌劇団パロディとしてゲームに落とし込んだという要素に比べればスチームパンク要素は些細と言って過言ではない。

から「戦うアイマスアイドルマスター XENOGLOSSIAかよ」と一部のユーザがそう感じてしまうのも仕方ない。ご先祖なのだから

ついでに誤解なきよう言及しておくと、蒸気エネルギー要素はディスコンされていない。当該記事の書き方では蒸気エネルギーディスコンされてしまったものと誤解する読者が出てきそうなので。

主題コンテンツ貶めるため他のコンテンツを持ってくるという禁じ手

これにはサクラ革命プレイヤープロジェクトセカイプレイヤーの双方が怒って良い。というか既に怒っているだろう。

どういう神経でプロジェクトセカイを持ってきたのか呆れて果ててしまう。

現代サブカルシーンでは主題コンテンツ貶めるため他のコンテンツを持ってくるのは禁じ手とする傾向が強くなってきているのを読み取れていないのか。

作品Aはカワイイ作品Bもカワイイ。どっちもカワイイ。どちらがカワイイのではないどちらもカワイイ

これが現代サブカルシーンであり、当該記事の書き方はまるで10年前のゲームハード戦争真っ直中の素人レビューのようだ。

他のコンテンツ貶める暇が在るなら推しコンテンツ布教しろ

サクラ革命非難される真の理由

Business Journalとかいう質が低すぎる文字同人サイトの誤りを指摘したので、次は実際にサクラ革命プレイヤーである筆者がサクラ革命非難される理由を書こう。

繰り返されるお涙頂戴シナリオ

ネタバレになるので詳細は控えるが、サクラ革命現在配信されている3つのメインシナリオであるチュートリアル九州編、中国編すべてでお涙頂戴が展開される。

しかもお涙頂戴の起因が3つとも同じだと言って良い。どれだけライターはこのシチュエーションが好きなのか。流石に3連続、というか配信されているすべてのメインシナリオがコレなのはおかしいだろう。

この繰り返される同じお涙頂戴シチュエーションについてはTwitterちょっと検索するだけで出てくるので当該記事を書いたBusiness Journal編集部員はおそらくWeb検索すらしてないと思われる。

Twitterユーザーの100文字に満たないツイート、例えば「お涙頂戴繰り返すからサクラ革命シナリオ微妙」みたいなレビューよりも質が低い上に、あれだけの文字なのだから執筆時間Twitterユーザーのツイートより掛けているだろうから生産性まで低い。圧倒的な質の低さである。お前Twitterユーザー以下だぞと。

ほぼ確定で決まる執拗な弱体化補正

サクラ革命戦闘シーンで敵ユニットが毎ターンほぼ確定で自ユニットへ弱体化補正(いわゆるデバフ)を決めてくる。

まり、敵ユニットが自ユニットへ対して攻撃力や防御力、必殺技ゲージの低下を(自ユニットが弱体化耐性を持っていない限り)毎ターンほぼ確定で決めてくるのだ。

ディライトワークスが開発するスマートデバイス向けの別ゲームタイトルFate/Grand Order」のプレイヤーならば慣れているゲーム設計と言えるが、ディライトワークス製ゲームを初プレイするプレイヤーに取っては不快ゲーム設計だろう。

サクラ革命スマートデバイス向けRPGありがちな、いわゆる「育成周回」が必須ゲーム設計となっている。

そしてサクラ革命には攻略ステージ毎へ親切にも自ユニットの適正レベル記載されているのだが、どうやらこれは自ユニット攻略ステージ開始時の初期ステータス基準にしているらしく、適正レベルへ至っていてもターンが進む毎に敵ユニットから弱体化補正をかけられ続けると攻略が困難になってくるのだ。

当然、非常に高度な立ち回りをすると苦戦しつつも結果的勝利を収められるが、忘れてはならないのがサクラ革命は「育成周回」が必須ゲーム設計なのである

「育成周回」しなければならないのにターンを膨大に重ねるのは非効率なので、ここに矛盾が生じて慣れていないプレイヤーストレスを感じてしまう。

Fate/Grand Orderプレイヤーはこのゲーム設計に慣れているので即座に「最短ターンで編成を組むのがサクラ革命の最適解」と察して行動を取れたが、ディライトワークス製ゲームを初プレイしたプレイヤーはより一層のストレスを抱えているだろう。

"お家芸"バグ

これは完全にディライトワークス製ゲームプレイヤー間の内輪ネタだが、ディライトワークス製ゲームにとってバグは"お家芸"である。何も笑えないが、ネタにして笑い飛ばすくらいの胆力がないとディライトワークスには付き合っていられない。

Fate/Grand Order」でもローンチ直後から様々なバグがあり、その伝統は本作にも引き継がれ、大いにプレイヤーを笑わせてくれている。・・・その笑いは失笑かも知れないが。

筆者が笑ってしまったのはローンチ初日サクラ革命アプリ初回起動後に追加データダウンロードというゲームアプリにはありがちな仕様(初回起動時に追加データダウンロードが発生するのは各アプリストアの仕様上の制限である)で、ダウンロードプログレスバーが表示されている間に、登場キャラクターの簡易プロフィールが読めるという演出になっていた。ダウンロード中にプレイヤーが飽きてしまわないよう配慮された仕様だ。

しかし、この簡易プロフィールデータがどうやら初回起動後の追加データに含まれていたらしく、1人目以降まったく簡易プロフィールが読めないというバグがあった(現在修正済み)。ゲームプレイする前からわかりやすバグ発見できる。これがディライトワークス。

サクラ革命を実際にコーディングしている開発者からすると変な汗が出る初歩的なバグであるのは筆者も情報技術者の末席に連ねる者としてお察し出来るので心身痛み入る、まぁそういうこともあるさという言葉を送りたい。

こうやってディライトワークス製ゲームプレイヤーが開発元ディライトワークスをイジるのが内輪ネタというわけである

ちょっと戦略性上げましたというバトルシステム

Fate/Grand Order」のバトルシステムは登場当初スマートデバイスでもバトルっぽいことができると示した素敵なエコシステムだが、サクラ革命のバトルシステムはそのエコシステムエコさ加減を最大限に活かしつつ、ちょっと戦略性を上げましたというバトルシステムである

サクラ革命という新しいゲーム開発へ関わったのだから「もうちょっとなんかあったやろ」というツッコミが方々から聞こえてくるが筆者としては1周回って「ディライトワークスだしコレで良いんじゃね?」と思えてきている。

詳細なバトルシステムが気になる人はYoutubeか何かで観たほうが早いだろうし割愛する。所詮ポチポチゲーですよ。

期待させておいて観せない歌劇シーン

筆者としては歌劇シーンを観ることができると思ってサクラ革命インストール事前予約してまで期待して待っていた(ディライトワークスなのでバトルシステムは鼻から期待してない)のだが・・・観れないんだなぁ・・・(遠い目)。

いやコチラが勝手に期待したのが悪いっちゃ悪いんだが、3DCGでやるって言うんだもんアイドルマスターみたいな歌劇シーンを期待しちゃうじゃないですか。もしかしたら初代サクラ大戦のメンバーとかもスペシャルゲストとして動いてる様子が観られるとか思っちゃうじゃないですか。

このあたりが怨嗟を生んでる気がするんですけど、ディライトワークスさん1周年イベントで良いんで歌劇シーンやりましょうや。

サクラ革命評価できる点

悪いところばかり挙げるのもアレですし、とりあえずプレイせず様子見している"司令"も居るでしょうから良い点も挙げておく。

何だかんだで立ち絵が動くって良いよね

初代サクラ大戦のイメージを引っ張っている司令からすると違和感が物凄いけれども、慣れてくるとこれはこれで良いものなのではないかと思えてくる。

ただモーションは固定なので高く期待するほどでも無い。

ガチャで思いのほか当たる☆5キャラ

サクラ革命ではガチャゲーで、アイテムや装備も一緒に排出されるいわゆる"闇鍋ガチャ"であるが、☆5キャラ排出率が恒常ピックアップ☆5キャラが0.375%で「Fate/Grand Order」と比較すると悪くはない(FGOの恒常ピックアップ☆5キャラは0.029%)。

筆者もそうであるが、コレクター的な性質を持つプレイヤーならば出費少なく結構簡単に現行でガチャ実装されているキャラが揃ってしまうので、その辺は気持ちよさがある。

ちなみにガチャで所有キャラが被ると必殺技の性能が向上するという仕様。最大でLV20。

ガチャだけでなくアイテムでも上げられる必殺技性能

前述したとおり、ガチャで所有キャラが被ると必殺技の性能が向上するという仕様だが、ガチャでなくとも必殺技の性能を挙げるためのアイテム存在する。

いわゆる"箱推し"でなく"嫁"を愛でる性質を持っているプレイヤーであるのならば自由意志で集中してアイテムリソースを注ぎ込むことが可能だ。

いやキャラデザ悪くないやろっ!

ボブ・太眉やぞ!!!?????

Chrome OSAndroidエミュレータ動作可能

一部の読者からすると途端にマニアックな話になって申し訳ないが、サクラ革命Chrome OSAndroidエミュレータ動作可能で、Chrome OS上のGoogle Play Storeで普通に配信されている。

これはおそらくAndroidアプリ開発の統合環境Android Studioの仕様で、デフォルト設定だとChrome OSでの動作許可されているためだ(ちなみに「Fate/Grand Order」も動作する)。

筆者は細かな検証をしていないが、どうやら新しいApple Sillicon M1採用したMacでは動作しないようなので、この点だけはほんの少し新しいMacbook Airよりも一歩、いや半歩だけ進んでいると言って良い。

ただ、どうやら配信されるバイナリARMアーキテクチャ向きのものであり、x86(x86_64)アーキテクチャ向きのものではないようで、そのためかレンダリングへ一部不具合を抱えている上に動作が重い。これが半歩の理由

Chrome OS上でサクラ革命動作検証した筆者のChrome OS環境で最大スペックのものCPUCore i7-10510U(第10世代)でワーキングメモリ16GB、M.2 SSD 512GB(PCI Express 3.0)であり、それでも「軽快さはないがプレイに全く支障はない」くらいの重さを感じるので、現状でサクラ革命Chrome OSプレイするならこの程度のスペック必要になると思われる。

情報技術者としては今後デスクトップおよびラップトップコンピュータスマートデバイス向きアプリケーションが動作するのが一般的なのは目に見えているので、アプリ開発者デスクトップおよびラップトップ向きのハードウェアサポート検討する時代突入し始めていると多少の意識を向けたほうが良いのかも知れない。

例えば、各アーキテクチャ最適化されたバイナリや、スマートデバイスではあまり意識されてこなかったハードウェアキーボードサポートシングルタップ時とマルチタップ時のトラックパッドの振る舞いの違い、変動するアスペクト比など挙げればキリはないので頭が痛い話だ。

<

2020-12-14

電気自動車でみんなが忘れていること

はいどーも。

適当電気自動車お話をしていくよ。

実用的な電気自動車を初めて見たのは、鉄腕ダッシュだった。ダイハツハイジェットを改造したソーラーカーだん吉号で、TOKIOメンバー日本を一周していた。テレビ番組なので、話半分でみないといけないけど、太陽光で充電して、短い航続距離カバーしながら走っていた。

で、こいつは、今なら、三菱ミニキャブミーブを買うとご家庭でも真似ができる。軽自動車電気自動車があればとか言っているブクマカが多いけど、ミニキャブミーブを買えば、軽自動車電気自動車ライフを送ることができる。

さらにいえば、アマゾンあたりでソーラーパネルと変換器を買えば、だん吉号のようにソーラーパネルで充電することもできてしまう。20年前のテレビ企画はご家庭でできるところまで技術革新が進んでいるのだった。残念ながら、乗用タイプアイミーブディスコンになってしまった。

ミニキャブミーブの実力はというと、航続距離は150㎞。片道10kmくらいの通勤を5日くらいにはギリ耐えるかなといったところだ。お値段は、2,431,000円也。三菱の充電会員になると1500円/月で充電し放題になる。中古は航続距離が4/5くらいになるが、80万くらいからある。

充電インフラと航続距離がなんとかなれば、軽自動車電気自動車は、すでにすぐそこまできている。

以上のことを書いていたら、中国ホンダから HR-V日本ベゼル)の電気自動車タイプが発表されたようだ。航続距離480㎞、価格が240万円くらい。現実解に近づいてきたもよう。

価格、航続距離、充電インフラバランスすれば、電気自動車へ一気に傾くタイミングがきてもおかしくないのかもしれない。

ではではー。

2020-10-12

なんかむかつくレビュー分析

5つ星のうち1.0

耐風性なし。購入はオススメ出来ません。

 

https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RB0C3UWJQO02Q/ref=cm_cr_arp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B07SF8VJSJ

書いていることはだいたい合ってるんだけど、なんかイラッとするレビューというものがある。

上にあげたものスノーピークシングルバーナー「ギガワーストーブ 地」についたレビューで、

耐風性のなさとか、別売の専用風防がディスコン高値転売されている)なこととか、

挙げられた不満点にはおおむね同意できる一方、その書き振りがいささか不誠実に思える。

 

せっかくのコンパクトデザインですが、結局風防セットで考えると全くコンパクトじゃないですよね。

(中略)

スノーピークならば風防セットのナギの方がオススメですし、他メーカーでは風防が無くとも耐風性が良く考えられ、且つコンパクトで優秀なバーナーはいくらでも有ります

たとえば前段では、市販の風防とセットで使う羽目になるので小型軽量でも意味ないと言っているが、

後の方で引き合いに出しておすすめしてる「ナギ」なんか、そもそもが350gオーバーで、

「地」(75g)とその辺の風防のセット(例えばEPIgasのロング、221g)

のほうがまだ軽い。

だいたい「ナギ」は鍋やフライパンと併用するようなサイズの分離式だし、あえて比較するようなものではない。

 

ソロテントの前室で調理など、正直私には出来ません。風に煽られて幕体に引火しかねません。

また、他のメーカーシングルバーナーに耐風性の高いものがあるのはその通りなんだが、

そのちょっと前に実例?としてあげているような、

ソロテントの前室で「地」を使ってて、吹き込んだ風で幕体に引火するほどの強風条件下なら、

類似のどのバーナーでも使用感はどっこいどっこい(ほぼ使えない)と言ったところである

ジェットボイルぐらい燃焼部を覆うやつなら別だけど。

 

「地」を使っていた知人らの内、今でも手放さずに使用している者は1人も居ません。

 

とにかく安いモノでスノピが好きでという方にはピッタリかもしれません。

という締めの文句なんかはずいぶん安っぽい煽りだが、このへんはかわいいものである

ライフステージが進んで、ソロ向けの軽量ストーブを使わなくなっただけなんじゃないのと思うけど。

 

要するに、対象の品を批判するために他の選択肢を引き合いに出しておきながら、

表現を盛ってるせいで正当な比較になっていない悪文を晒す大間抜けの分際で、

レビュー対象とそのユーザーを妙に小馬鹿にしてるのが、イラつく原因なのだろうと思う。

もの比較を書いて納得してもらうのは、意外と難しいのだ。

2020-08-09

イオン冷凍チキンライス

近所のまいばすけっとには「電子レンジ不可」って掲示冷凍食品売り場に延々貼ってあるんだけど、

かにこの味だと買った後レンチンして昼食にする人とか出そうだなと思った

なおこの袋に文字だけ書かれた安い版はディスコンのようで、50円くらい高いやつが現行版のようだ

2020-07-06

テクノロジー進化して世の中良くなっているのか

戦後からだと良くなっているのは確実なので、時期を決めると95年以降で良くなっているのだろうか。

デジタル化すれば良くなる、デジタル化に反対するのは時代遅れ世界上位の株価企業デジタル化を進めている、など一般的に色々言われている。


良い面は沢山あるが、悪い面は置いてけぼりだったりする。

例えばスーパーティ構想で便利になりそうだなと思う反面、すぐに陳腐化して技術負債になるのが想像できる。

トンネルのように数十年後に更新というほど長いスパンではない。

ソフトウェアなのだからからアップデートできるというが、早くディスコンになるライブラリが多い。

(メンテするソフトウェアエンジニア転職考えるとメンテを嫌がるだろう)


話変わってネット言論空間だが、キャスサスティーンがインターネット民主主義の敵かという本を出してから、良くなっているどころか悪くなっている。

広告費が絡んでいるので、なお悪い。

2020-02-27

みんなそんな欲しいものあるのか?

消費税が上がって景気が悪くなったニュースコメントで、消費税上がったから買うのを諦めたというコメントを見ない。

お金は欲しいの当然だが、買いたい物やサービスってあるのか。


アメリカみたいに景気が十年単位で拡大しているのが実感していて、反動としての不景気であれば、商品ディスコンにならないが、

日本場合、長い個人消費不景気(感)で、新しい物が出てこなくなって、前の商品部品不足でディスコンになっていないだろうか。

コンビニちょっと贅沢したい価格はいいとして、万単位ブランド服は離れている。

2020-02-12

anond:20200212092742

コンデンサーの種類

マザーボードに使われているコンデンサーの種類に保証があるやつかワンショットなのかをみる

サーバをやっていると、少し前に事故になったがお10年ぐらい考えなきゃいけないのですぐにディスコンになるような部品なんぞ使えない

などなど、今は使われないような知識盛りだくさん。

ようするに、ネットにないような知識がどんだけ埋もれているか?ということ

2020-01-22

amazonブランドポリ袋、気付いたらディスコンになってるんだけど

後継商品があるわけでもなくナチュラルamazonブランドだった商品が急に消えるってどういうことなの…

消耗品なんだからamazonブランド提供してたらずっとぼろ儲けだったろうに。

利益がクソ薄かったりしたってこと?

2020-01-18

「気に入った」ってなる

バイクとか時計とかの、そこそこ値が張る耐久消費財。入手した当初はいつも「うわ失敗した...このチョイスはなかったわ...むしろいらんわ」って思うのに、しばらく使ってるといつのまにかコレ最高!もしこれが潰れたときディスコンだったらどうしようとか思うようになる。

絶対最初は不満で絶対愛着湧いて手放せなくなる。絶対は言い過ぎかもしれないけどほぼたいがい。

モノじゃないが彼女とかも。自分人生もかな。

この性格というか思考パターンを端的に表す呼び方はあるのか? 「得な性分」以外で

2019-10-01

anond:20191001100211

今はもう1060ですらディスコンなのにそれより大分前の探そうとするとかなにしたいんだよ感あるな。

メルカリで探せばええやん。

2019-07-23

anond:20190723135808

マウスは? 最近ワイのお気に入りロジクールG600がディスコンになってもーたか

店頭在庫消える前に何かしら対策打っておかなあかんのやけど。

2019-02-04

中堅くらいの漫画家なんだがデジタル移行前に買ったスクリーントーンを使う機会がなくて困っメル

若い人なら最初からデジタルトーン貼りなんて見たことないない人もいるみたいだしアシさんに上げても喜ばないんだよね

ディスコン前にと思って買って溜め込んだトーンどうしようかな

2018-09-16

anond:20180915210128

外食だけど最近松屋のクソ割高ぶりに気が付いてムカついてる。ビビン丼もディスコンだしもう行く価値がない。

2018-07-04

anond:20180704151947

ググれば1つだけじゃなく結構あるよ

まぁ確かにマイナージャンルからすぐディスコンするけどw

俺は嘘は言ってないぞ、一体型が存在するには存在するんだ

anond:20180704151626

製品あったくらいで存在した認定には流石にならんで…

現行製品として存在するならともかく、流行もしなかったディスコン商品やんけ。

2017-07-25

https://anond.hatelabo.jp/20170725042208

俺もネットの評判にそそのかされてRealforceを買ったクチだが、底の鉄板のお陰で底打ち感が強すぎて腱鞘炎になった。

結局Cherry赤軸の樹脂基板マウント(鉄板入ってないやつ)が最強という結論に至った。

鉄板Cherry赤軸って既にディスコン純正キーボードしかいから、何枚か買いだめしたけど、壊れたらきついな。

2017-06-28

型落ち格安3Dプリンター 3D SYSTEMS Cube 3 の購入前に知っておくべき事

別にわざわざ増田で書くような事でもないのだが、増田を使ってみたかったというのもあるので、ここで書く。

手軽なFDM方式3Dプリンタである3D SYSTEMS社のCube 3rd generationの新品未開封品がオークションストアなどで比較安価取引されている。

私もそれを、ひょんな事から入手する事になったが、数日使ってみた換装は、「新規ユーザーには全くおすすめできない」である。以下、その理由説明していきたい。

ネット上の情報垣間見ても、ある点においていくぶん評判の悪い機種でもあり、またすでにメーカーの方でも製造終了かつディスコンとなっており(※消耗品提供はしばらく行われる)ので、あえてこれから新規で購入する理由普通ないはずであるが、上に書いたようにオークション等では新品で比較的安く入手できるため、ある意味入手しやすい機種と言えなくもない。だが繰り返すが、以下に記すようなトラブルにめげない自信のない人は、この機種を購入すれべきではない。

Cube3の特徴

私の見立てでは、Cube3は家庭用の安全で手軽な3Dプリンターとして設計されている。誠意ある大人の言う事に耳を傾ける事ができ、言ってる内容が理解できる程度の知性があれば、就学前の子供でも充分安心して使う事ができるように思える。しかしそれ故の痒いところに手が届かないような面も多く見られる。以下、それらを私なりに整理してみた。

長所
届いたその日からすぐに使える

パッケージには、プリンター本体の他に、専用マテリアルカートリッジ工作物の取り外し用のヘラペンチなど、3Dプリンティング必要なほぼ全ての道具が同梱してあり、手順通り開梱しセットアップすれば(※セットアップ時にネットアクティベーションする必要はあるが)、すぐに使い始める事ができる。

調整が簡単

工作物が乗るベッドの調整は自動化されており、手動での調整は滅多に行う必要がない。仮に必要になったとしても、付属の工具で、操作画面に表示されている通りにネジを回すだけの簡単さだ。

マテリアル排出ノズル一体型のカートリッジ方式で取り付け取り外しはワンタッチ

これがCube3の最大の特長(にして最大の弱点)で、排出ノズル(Cube3では「ジェット」と呼ぶ)がフィラメントを納めたマテリアルカートリッジと一体となっており、フィラメントに直接手を触れずにマテリアルの装填と交換ができる。カートリッジプリンタ本体の左右のへこみに一つずつ、都合二つまでワンタッチで嵌め込んで固定されるようになっており、他のプリンタのように、武骨なリールハンガーなどが必要ない、スマートな外観となっている。

FDM方式であるため、ノズルは200度まで加熱されるため、マテリアルの交換時にうっかり触ると火傷するのでは?と思われるかもしれないが、良く見るとノズルは放熱性の良いアルミ製であり、また操作画面の指示通りに取り扱う限り、ノズル温度が高い状態でノズルを取り外される事がないよう工夫されている。

マテリアルの種類や残量はカートリッジに内蔵されたEEPROMに記録されており、例えば工作物指定されたマテリアルが装着されていない時には、プリンター側でそれを検知して、カートリッジを交換するよう促してくれる。

デュアルノズル構成

無論お気づきとは思うが、一回のプリントで同時に二つのマテリアル使用できるデュアルノズルである二色でのプリントサポートはPLAでと工作物ABSでというように、異なるマテリアル使用する事もできる。

新しいファームウェアと専用スライスソフトウェアでは、水にぬらすととけるPVAのフィラメントサポートとして使用する事もできる。

専用のスライサー

Cube3の専用スライサーは工作物の配置や使用するマテリアルの割り当てをするだけではなく、工作物にあったサポートの生成をフルオートで行ったり、サイドウォーク工作物の周りに設置し、工作物をはがしやすくするための薄い板で、工作物ととの間はミシン目になっている)の生成を指定する事ができ、モデリングの段階で面倒な作業をする必要ほとんどない。

またスライス結果をWifi接続されたプリンターに直接送信したり、またはUSBメモリ用にファイルで保存する事もできる。

短所
とにかくランニングコストが高い

ノズル一体型カートリッジ方式であるがゆえに、この機種以外の機種では全く使う事ができない。つまりメーカーが今後同じカートリッジ使用した機種を製造しない限り(そしてそれは望み薄と言わざるを得ない)、このディスコンの機種でカートリッジ供給が終了すると、そこで製品寿命が尽きてしまう事になる。そればかりか、一般的リール売りのフィラメントにくらべて、価格のわりにはカートリッジ内のフィラメントの量はかなり少ないと言わざるを得ない。

カートリッジ方式なのに、密閉されていない。

マテリアルほとんど、特にPLA(ポリ乳酸)は湿気をよく吸収してしまう。メーカーでは相対湿度25%以下での保存を推奨しているため、湿度の高い日本では、除湿剤入りのケースに密封しなければならないかもしれない。

しかもすぐジャム

湿気を吸うと、マテリアルはしなやかさを失い、もろくなる。すると、フィラメントカートリッジ内で折れてしまい、ジェットから排出されなくなってしまう。これが割と簡単に起きてしまう。少なくとも私の場合、一晩放置しただけで、付属の2本のカートリッジが2本とも、ジャムってしまった。

実は、このすぐジャムるという特性ユーザーの間ではかなり良くしられているらしく、YouTUBEなどで様々なハックが披露されている。私もこれで助けられた。

電源を切るたびに、せっかく行ったギャップ調整が初期化されてしまう。

FAQによると、ギャップ調整は電源を入れるたびにやりなおして欲しいという事らしい。困った事に、マニュアルに書かれているギャップ調整方法は実は間違っていて、正しいやり方はFAQの方に書かれているので、要チェック。

一度印刷を開始すると、イルミネーションオンオフができない。

Cube3はこれでもかというくらい、各所に白色LEDイルミネーションが設置されていて、大変美しいのだが、下手すると何時間もかかる印刷中、ずっとイルミネーションを点けておく必要もないので、なぜ印刷中はオンオフできないの?としか言いようがない。

(追記予定)

2017-03-31

4/4の発表会でipad新型でるよね?ね?

こないだの価格改定ディスコン?だけじゃないよね?ね?

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん