「最近の若者」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 最近の若者とは

2020-05-16

安倍でいいやから安倍がいいへ

最近の若者たちは消極的安倍支持から積極的安倍支持になってきているという

その理由を聞いて納得した

言葉遣いの悪い左翼うんざりしたというのだ

しか日本左翼はやたらと好戦的感情的ヒステリックに見える

左翼熱量を見て若者は引いてしまうという

正義理想理念を語るのは価値あることだが戦略的でないと支持は得られない

左翼活動はもはやインテリ独りよがり言葉遊びに堕しているのではないだろうか

2020-05-07

anond:20200507093202

いまどき本当に「最近の若者は」という枕詞で語る奴いるんだ

最近の若者何をするにも周りを気にし過ぎなやつ多すぎ問題

〇〇オタク、〇〇おじさん、その年で〇〇は〜、

価値観の押しつけは良くないという押しつけ、変態性癖LGBTだっけ?とかい名称つけて持ち出してこれを許容できる自分さも偉いでしょ感

お互いがお互いの領域で楽しめることを楽しめばいいのに

もはや盗撮まがいなことしてこんなことしてる奴いたwみたいなので拡散

馬鹿馬鹿しい 

多様性みたいな言葉流行ってるけどとてもそうとは思えない 自分が気に食わないものなら気に食わないって言えよ

2020-04-10

anond:20200409230530

すごくわかる。

自分はここでいう「最近の若者」に当てはまる年齢だけど、去年転職して、同時期に自分を含めて同世代が3人くらい中途で入社したのに他の2人はメンタルが…って言って半年くらいで辞めてしまった。

仕事は確かにキツい部分けど、上司も先輩も相当優しく教えてくれていると思う。

友人と話していても何というか、根性がないなあと感じるので、実際本当に最近の若者メンタルが弱い人が多い。

2020-04-06

高齢者叩きが止まんないのは

普段高齢者が「最近の若者は」と若者叩きするもんだからここぞとばかりに反撃されてるだけなんだよなぁ

 

俺だけは若者叩きしないようにしようと思ってても若者叩きは高齢者の性なんだろうか

2020-04-01

正しいIT用語の読み方

最近の若者は物を知らない。

IT企業就職したのに、IT用語の読み方を間違える恥ずかしいやつが多くて困る。

新入社員でもこれぐらいは抑えておいてほしい。

2020-03-14

anond:20200314234240

最近の若者向けみて文句垂れてんじゃねえよ老害

おめぇの望む世界なんかありゃしない

鉄人28号でも見てろや

2020-03-12

anond:20200312103032

最近大御所は」→「最近の若者は」って感じで若い時に年上を老害呼ばわりする人ほど年取ったら老害になる傾向があるんだよね

2020-03-03

最近の若者

若者伝染病蔓延させると高齢者から先に死ぬ、ではなく、高齢者が病床を先に埋めてしまうので治るはずの他の患者に手が回らなくなる、だろ。

まったくツイッター若者共め。そのスマホアルコール漬けにしてやりたいわ。

2020-02-29

愛国心がない

日本が好きだけど、愛国心というのはない

中国に負けたとか、台湾に負けたとか、なんの感情も湧かない

なぜか?最近の若者はみんなこうなのかな?わたしアラフィフだけど・・・

2020-02-27

最近の若者けしからんおじさんよりも

自分若者気持ちがわかるんだおじさんの方がうざいねん。

おまけにキモいし。

そうやって自分はまだ若いだって思いたいだけだろ。

2020-02-21

オタク文化が自滅する」と言ったものだが

改めて考えてみたら、最近の若者はみんなオタクだし、学者研究者経営者とかの一流の人間もみんなオタクだし、オタクは金を使うのでとてつもない経済効果が期待できるし、オタクの好む萌え絵は老若男女あらゆる人々に受け入れられているし、オタクコラボすれば世間から支持を得られるし、オタク文化はクールジャパンとも呼ばれ海外でも高く評価されているし、オタクの好む娯楽に依存性などの悪影響はないし、オタク文化は昔とは比べ物にならないほど面白くなっているし、オタクコンテンツがつまらないと言うやつは自分自身がつまらない人間なだけだし、オタク多様性に寛容で同調圧力などないし、オタク不条理攻撃されることはあっても逆はないし、オタクを悪く言うオタクヘイターは話の通じない嫌われものだし、オタクの方々は人間性の優れたお方ばかりだし、そんなオタク文化が自滅するわけがいね、ゴメンゴメン。

2020-02-18

anond:20200218140532

私はフェミ側の人間ではない。

それそれとして「若者オタク支持」が精神の拠り所といったところか。

から若者」というキーワードスルーできず反応してしまった。

それを隠すためには全レス返信すべきだったんだ。

本題だが、確かに若者の中にオタクに好感を持つものもいるだろう。

だが、それはオタク定義がいい加減だからという面もある。

最近の若者オタクとはマニアファン陰キャ程度の意味合いだと思っている。

だが、明確な定義存在しないのだから今後もオタク定義はどんどん変わっていくだろうな。

そして、それは今のオタクの華々しいご活躍を反映したものに変わっていくわけだ。

吹けば飛ぶ程度のものしかない。そんなあやふやものが拠り所で大丈夫か?

他人事ながら不安になる。

2020-02-13

anond:20200213205735

500人以上ブクマしてるなかのたった2・3人分のコメントを取り上げて「最近の若者」論を語っちゃう奴が他人認知バイアス嘆息する図

2020-01-23

自分の嘘を本当と思い込んでしま病気

この間、アメリカ80年代ネオコンドキュメンタリーあったので見てたんだが

アフガン紛争の時にアメリカ支援のために現地に派遣したCIAの元工作員や、それらの政策にかかわっていた政治家官僚たちの証言

アフガン紛争は、実際に戦闘を行ったのは現地のアフガニスタン人だった、ムジャヒディンたち義勇兵は、訓練こそ受けてマスメディアに対しては勇ましいことを唱えていたが、

実際にアフガン紛争全域を通じて戦闘に参加したことは一度もなく、そもそも戦闘が始まれば真っ先に逃げ出していた」とか暴露されまくってたが

同時に「その後彼らは自分たちを救国の英雄だと自己宣伝を始めて、その嘘を本当だと思い込んで、あるいはついた嘘に引っ込みがつかなくなって、実際を知るアメリカに対してテロを起こし始めたのも理由の一つではある」とかぶっちゃけられてたのを見て、なんかやるせない気分になった

多分、今のどこの国にも、ここの国でさえ「若いころは苦労した」だとか「最近の若者は」とか「俺らが若いころは」とか声高に言ってるやつらって

実際にその時代最前線で体張ってた人らではなく、その後ろでコソコソ勝ち馬にだけ乗ってあんまり役に立たない人らだったんじゃないだろうか?そういうのが嘘をついているだけなんじゃないだろうか?と思った

古今東西、嘘を本当と思い込んでしまったとき、人は極端に走るんだろうな

2020-01-12

成年後見人になってはいけない…と弁護士は言った。

https://anond.hatelabo.jp/20200111024952

これを書いた。

色々疲れているので、めちゃくちゃに書いてスッキリたかった。はっきり結末を書いていない部分も多く、文章構成も考えないで書いたか支離滅裂だと言われると頷くしかない。

アドバイスくれた人もいたので、それに対して少し答えようと思う。

あと、成年後見人については、今回のことで少々知見を得たので、それを記すことにする。

一つ言い訳をするなら、自分の下の世代に「自分若い頃は…」って話はした事がないし、同じ道を歩んで欲しいとも思わない。

最近の若者は優秀で素直な者が多い。そのせいか、一部のクズが目立ち過ぎているという面はある。

クズはどの世代にも一定数いるので、突出して多いわけではないが、メンタル面の弱さはやや感じる。

彼らには面倒だなと思うことはあっても、怒りを感じることは少ない。

たまに、自分は正しく、正義はいつでも勝てると純粋に信じている雰囲気を感じる事があり、その点をうらやましく思う事はある。若い頃に困難が多い社会情勢(就職氷河期)だったので、社会が言うところの正義を素直に信じられない。

誰か書いてたけど、下の世代よりも、むしろ上の世代の方に怒りを感じることはある(勿論、全員ではない)。

部下に当たっていると思った人もいたようだが、むしろ、一部の若手や上司が不機嫌を周囲に撒き散らす事も多いので、それに精神をやられそうになったり、ライフスタイルの変化による困りごと、他部署にいて仕事の進め方に悩んでいる社員から相談愚痴を聞かされる事がある。

自分プライベート問題があったり、上から面倒を押し付けられたりしても、周囲に当り散らしたりしない。

生産性がないと言うこともあるけど、そもそも相手に興味がないし、怒るほど元気もない。

そんな感じなので、社内では常に精神状態一定だと見られているらしいけど、本当の中身はぐっちゃぐちゃなんだよね。

本来相談を持ちかけられるような性格ではないし、知りたくもない裏事情を知ることになるので、他人の裏事情を知りたいハイエナが、事あるごとに探りを入れてくるので非常に迷惑している。

長くなったが本題に入る。

督促状が届く

実家のローンを払いきれず、数年前に手放したのだが、売却後に残債が残り、債権回収会社債権が渡った。

この債権回収会社は「サービサー」と呼ばれ、国の認可を受けた民間企業だ。

ある時、父親アパートに出向いたところ、山のような郵送物の中から督促状を発見した。

わずかな金額を返済していたことは知っていたが、詳細までは知らなかった。

父親は病状が悪化して、意思疎通ができない時期でもあり、状況確認のためにサービサーに連絡を入れた。

結論から言えば、何も教えてもらえなかった。

手元には父宛に送れらた書類があり、識別番号もわかっている。

が、個人情報保護観点から、娘であったとしても情報の開示はできないと言う。

ただ、支払いが滞っても、娘の私に支払いは求めないので心配するなと告げる。

保証人になっていないので、そこは当たり前だと思うのだが、問題は「口座の差し押さえである

担当してくれたソーシャルワーカーのおかげで、病院費用負担免除されていたのだが、今後の生活施設のお世話になるのは確実だった。

それらは年金収入で賄うため、差し押さえされると非常にまずい。

連絡が来た以上、必要最低限のことはするが、金銭援助をするつもりはない。

サービサー担当者も、事情を知って気の毒に思ってくれたようだが、個人情報保護を考えると「一般的な話」までがギリギリできることだった。

その時に「成年後見人になれば情報開示は可能。そうする親族もいるが、任命されるまで時間もかかり現実的ではない」と止められた。

金を払えと督促を出すのに、情報開示にための成年後見人は現実的ではないと止める。

矛盾する話に閉口したが、そう言う理由もありそうだ。

  

結局、サービサーからはそれ以上の話はできず、定期的に連絡を入れると言うことで電話を切った。

放っておけばいいと言われればその通りだが、降りかかりそうな火の粉を放っておけば、気付いた時には大炎上している可能性がある。

火が小さなうちに処理しなければならない。

忌々しいが、自分のことを考えると仕方ない。

法テラスの紹介で法律相談センター相談する

個人情報保護が壁になっているなら、弁護士相談するしかないが、あいにく弁護士の知り合いはいない。

法テラスの紹介で、ある支援センターに連絡を入れた。

ここは弁護士会が行なっているサービスで、初回は電話相談になる。電話相談無料

ここで話したのは下記。

  1. 成年後見人は裁判所が選定するため、第三者がなる場合が多い。
  2. 成年後見人には費用が発生する(身内がなっても)。利用者の懐事情に応じて裁判所が決めるので、今回の場合無料になる可能性が高い。
  3. 差し押さえになる可能性はある。ただし、差し押さえには銀行名のほか支店名まで必要なので、現状は難しいのではないか
  4. 現状、差し押さえは難しいが、2020年の春頃に民事執行法改正され、裁判所命令で該当者の利用口座情報を開示するようになる。そうなれば危ない。
  5. 破産視野に入れればいいのではないか

電話相談に応じてくれた弁護士が言うには「費用は発生しないと思うので、成年後見人になっても良いのでは」と言う事だった。

この弁護士の話をそのまま信じるなら、成年後見人の制度を利用するのが一番良いような気がする。

でも、たった一人の弁護士の話のまま、進めてもいいものか?

迷った挙句弁護士を知っていそうな知り合いがいたので、恥を忍んで事情を話し、成年後見制度に詳しい弁護士を紹介してもらえないかお願いした。

成年後見人になってはいけないと弁護士に言われる

人づてで弁護士を紹介された。相談料は30分5000円。

先に相談した弁護士よりも詳しく、また反対のアドバイスをされた。

  1. 成年後見人は財産を持つ人のための制度である情報開示だけのためならメリットはない。
  2. 裁判所後見人を選定するため、第三者が任命される事が多かった。その場合、月2〜3万の費用が発生する。
  3. 成年後見人を立てると辞める事ができない。
  4. 差し押さえをするには、毎回裁判所への申請を行わなければならない。資産がなく、押さえられるのが年金収入だけであれば、費用対効果で差し押さえを行わない、または1度差し押さえを行なった後、口座に金が貯まるまで(1年後とか)、次の差し押さえは行わない可能性が高い。
  5. サービサーは少しでも金を回収したい。電話での情報開示は無理でも、登録先の住所に返済計画書一式を送付することは可能。必ず送ってくる。

法テラスから紹介された弁護士アドバイスのことも話し、それについても意見をもらった。

  1. 一時期、成年後見人は第三者が選定されることも多かった。ただ、先日の裁判で「身内が選定されないのはおかしい」という判決が出たので、身内の選定も多くなるはず。そもそも財産勝手に使う身内がいるので第三者が選定される事が多くなったが、蓋を開けてみれば、第三者財産勝手に使う事例もあり、第三者を選定するメリットは大きくない。
  2. 無料というのは周囲では聞いた事がない。月2〜3万くらいはかかる。一度選任すると辞める事ができないので、結構負担になる。だから情報開示のためだけに制度を利用すると、ほぼメリットがない。
  3. 破産については、債務者の余命と金額で検討する。200〜300万円以上の残債があるならば検討しても良いのでは。破産には費用がかかり(弁護士に依頼すると50万前後)、その金額をかけて処理するメリットがあるか考える必要がある。現状、相続する財産もないので、相続放棄すれば子供が責務を引き継ぐ必要はない。

成年後見人は、すべての高齢者に対して必要ものではないし、利用する事でかえって色々な制限がかかる可能性がある。

私の場合は、利用すべきではないという意見だった。

この弁護士自身高齢の身内が認知症を患った時でも、成年後見人を立てずに財産等の処理を乗り切ったとのことだったので、こちらが思うほど、万能な制度ではないのかもしれない。

成年後見人を立てずに処理をした

結果そうした。

アドバイス通りにサービサーに連絡すると、振込先の銀行口座、残債の内容と返済計画書類一式を送付してきた。

金額確認したところ、100万円ほどの残債だった。破産するにも、自分の持ち出しになるのでやりたくない。

年金収入でどうにかできそうだったので、返済を続けることにした。

父親の死後は相続放棄することで、こちらに返済義務が生じないようにする。

以下、もろもろ

父親を捨てればいいじゃんという意見もあった。

ただ、連絡が入った以上、最低限のことはしなければならない。

問題大炎上してから全振りされたくないので、小さなうちに鎮火しておくのが肝要だ。

ただ、病院関係者や、今お世話になっている施設担当者には、積極的に関わるつもりはないと話している。

先方も心得ているので、最低限の接触しかない。

とはいえ、どうしても自分が出向く必要もあるので、仕方なく行く場合はある。

親の離婚により離れていった友人は、高校の時から別の学校に通っていた。

離婚自体は私が20歳の時だったが、友人が知ったのは24歳くらいの時だ。

すでに就職はしていたものの、定期的に会っていた。ただ、話をするまでに時間がかかった。

やっぱりなーと思うのと同時に傷ついた。まだ若かったし。

相手にしてみれば、自分の身近にいない環境になった人間と付き合いたくなかったのだろう。

面倒になると思ったのかもしれない。

10万で管理職って…っていうコメントがあったが、10万だったのは、新卒入社した会社の時の話。

いくつか会社渡り歩いて、現在に至る。

管理職としては、月収は低めだと思う。それでも3倍くらいにはなった。

年代が少ないから、あんたの実力でも管理職になれたんでしょ?っていうコメントもあった。

年代が少ないのは同意だが、年功序列じゃないので、有能だと30代入るか入らないかで昇進する者もいる。

もともと技術職で食ってた人間だし、管理職としての教育も受けてない。その志向もない。他部署管理職を異動させる方法もあったので、管理職に上がるのは本意ではなかった。

数年抵抗を試みて、自己評価をかなり低めに書いていたこともある。

結局、管理職代理みたいな立場で、給料非管理職のままなのに責任だけ負わされることになったので、退職するか上るしかなかった。

転職視野に入れていたので、ゆるゆると活動はしていたけど、仕事は忙しいわ、父の件でそれどころではなくなって休止してしまっている。

地元離れてないと思われてるっぽいけど、20代の時に離れている。

共産党の支持者と思った人もいるみたいだけど、それも間違い。

彼らを否定することもないが、支持してるわけでもない。そもそも支持政党なんてない。

離婚した母は再婚している。

私が成人してからなので、当然、養ってもらったことはない。

が、再婚相手は私を娘だと思っていて、年賀状を寄越さないと不満らしい。

私には年賀状を書く習慣はもともとない。

母親懇願されて、しぶしぶ書いた年もあったが、本当にめんどくさい。ちなみに再婚相手に会ったことはない。

2020-01-10

「あれより早くても遅くても」問題

彼が助かっていた場合

薬剤の投与が「助かったタイミング」より早くても遅くても(=助かったタイミング以外では)彼は助からなかった

という意味に取れる。

これは「最適な投薬のタイミングピンポイント存在した」という意味である

彼が助かっていなかった場合

薬剤の投与が「助からなかったタイミング」より早くても遅くても(=どのタイミングでも)彼は助からなかった

という意味に取れる。

これは「結局のところ最適な投薬のタイミングなどなかった」という意味である

投薬のタイミングを悔やむ医師に「どちらにしろからなかったよ」と慰めの言葉をかけるようなシチュエーション想像される。

ゆえに前提次第でどちらにも解釈できる。

悪文とまでは言わないが、一文だけを切り出して判断することはできない問題だと言える。

ただし元ネタ場合はやや異なる。

花水木の道があれより長くても短くても愛を告げられなかった

https://sunagoya.com/jihyo/?p=1726

この短歌は「告白」と「道の長さ」がちょっと離れた関係にあるからこそ、

その二つをつなぐ「逡巡する自分」「機を窺う自分」が立ち現れてくるものだ。

すなわち「告白できた」という意味にとるなら、

「短いと踏ん切りがつかない、長いと逡巡しすぎる、ちょうどいいか告白できた」

とすんなり解釈できるが、

告白できなかった」という意味にとるなら、

「なぜ道の長さなんて持ち出してきたのか?」という話になる。

もっと道が短ければ踏ん切りがついたのに…いやどちらにしろ無理だったか…」などと

詠み手懊悩しているシチュエーション想像するにはかなりの補完が要求されてしまう。

そういった点で「投薬のタイミング」と「道の長さ」は対称的ではない。

いいだかずま氏のアンケートはあまり参考にならないし、

土岐友浩氏は、たまたま解釈を間違えた若者がいたくらいで

最近の若者心理に重大な変化が起きているー!」などと盛り上がるべきでないと言える。

2020-01-05

anond:20200104141902

あれって若者自分が知らないだけで昔にはよくある光景だったりするんだろうか

オウフwww いわゆるストレート質問キタコレですねwww

よかろう、本コメント補足委員長立候補いたすwww 無事当選、九頭龍閃wwww コポォwwwwwwwww

まず、増田氏は「ロマンポルノ」という単語を使っておるが、それだと「日活ロマンポルノ」だけを指してしまう気がすなるwww

そこで、「ピンク映画」の使用を推奨したいwww

この定義なら、大手以外の映画製作会社によって作られたポルノ映画全体のことを言えるのでまほろ駅前多田便利軒www

はい、ここで増田シナプスに注目ゥwww 彼のシナプスは「大手映画」という単語キャッチしたことにより分子レベルで疑問が浮かんだでござるな?www な?www なあなあ?wwwwwww

ピンク映画流行る前の1960年頃、日本映画製作大手映画会社5社(松竹東宝大映新東宝東映)が牛耳っており、五社協定というものが結ばれていた。

ドプフォwww つい五社協定なんていうマニアック単語が出てしまったwww 五社協定というのは、専属監督俳優らに関する協定のことでござるなwww 他社所属監督俳優の引きぬきや貸出は禁止ですというモノwww ま、これぐらいのボキャブラリィ存じ上げておったかwww スマスマヌwww

なんでそんな協定ができたかwww 当時は多大な需要を満たすために、スター俳優を中心としたシステムを作り上げて大量の本数を作っていたのじゃwww

そうなると、客を呼べるスターを引き抜いちゃえばいいじゃんと泥沼の戦いになってしまうとwww



ところが、1960年代後半になると、日本における製作本数のうち半分近くがピンク映画になった。(ピンク映画自体製作本数も桁違いに増えた)

はいクエスションwww その原因は何でしょうか?www




正解はテレビでしたーwwwwwwwwwwww ブフォオッwwwwwwwwww

テレビの浸透によって映画館への客足は鈍り大手五社製作本数も激減www 五社協定新東宝倒産し、日活が加入)は1971年をもって消滅www

まりですなあwww 映画文化自体は残りつつも、製作予算の安いピンク映画に流れたというわけでござるwww

から増田の言った「昔にはよくある光景」っていうのは正解かもしれないwww 

正直、拙者は資料しかからないけどwww フォヌカポゥwwwwwwwwwwwwwwww

ちなみに、ピンク映画は「低予算かつ女の裸が映っていれば何でもいい」という思想があるwww そのため、敷居が低いことから作家性が強い作品も多いwww

浜野佐知のように一般映画では稀有だった女性監督ですら存在したwww

現在商業映画で有名な監督にもピンク出身の人は多いwww

最近の若者も知ってそうな人だったら、「愛のむきだし」の園子温や「カツベン」の周防正行などなどwww

そんな感じで由緒あるピンク映画界隈だけれども、最近は廃れつつあるらしい。

ちょっとググってみたのですが、かつて200本以上の製作本数を誇ったピンク映画ですが、2010年には50本近くになってしまったとか。

ことなく漂う昭和の残り香は消えゆく文化残滓。跡をたどって、DVDなどで新しい世界を覗いてみるのもオツなものかもしれません。(「成人映画館」自体はかなり敷居が高い印象・・・

以上、いっちょかみですが大変失礼致しました・・・・・・

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん