「検体採取」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 検体採取とは

2020-05-18

地元紙・湖北日報電子版)によると、市内には386カ所の検体採取場があり、1日に最大10万人分の検査能力があるという。ただ、それでも今回の目標の1日100万人との差は大きい。このため市保健当局は、10人分の検体を一度に混ぜて検査し、陽性が出た場合にのみ、その10人をそれぞれ再検査する手法検討湖北省保健当局関連企業妥当性に関する研究を進めている。

2020-05-09

anond:20200509113820

PCRって装置試薬や、検体採取の防護服とか検体採取人件費かいろいろ込みにすると1件1万円は楽勝で越えると思うんだが、

それを全部保険適用にするとか、そんなんでいいのかな。

2020-05-08

anond:20200508174746

そのあたりが自治体ローカル医師会自助努力になってるのはどうにかならんもんかね

検査待ちの数、検体採取から検査結果が出るまでの平均時間医療機関から検査依頼の件数なんかの情報も少なくとも公には出てこないから、

どうやって政府検査が充足してるのかを判断してるのかがまったく謎だ

anond:20200508111632

少なくとも輸送にかかる時間を踏まえても検体採取から結果が出るまで数日はかかりすぎ

2020-05-04

日本においてPCR検査能力が早期に拡充されなかった理由

日本PCR等検査能力が早期に拡充されなかった理由

(5/4専門家会議 尾身副座長考察 スライド書き起こし)https://www.youtube.com/watch?v=5ASBthOcKhY

制度的に地方衛生研究所行政検査主体

新しい病原体について大量に検査を行うことを想定した体制は整備されていない。

はしか結核審査する組織


・その上で、過去SARSMERSなどは国内患者が発生せず。

日本PCR検査能力の拡充を求める議論が起こらなかった


・そのような中で、今回の新型コロナウイルスが発生し、重症例などの診断のために、

検査を優先せざるを得ない状況にあった


専門家会議提言等も受け、PC検査民間活用保険適用などの取組みを講じたが、

拡充がすぐには進まなかった。

PCR検査件数がなかなか増加しなかった原因

帰国者接触相談センター機能を担っていた保健所業務過多

職員がかなり減らされてきた)


入院先を確保するための仕組みが十分機能していない地域もあった

医師会努力でなんとか増えてきた)


③地衛研は、限られたリソースのなかで通常の検査業務も並行して実施しする必要があること


検体採取者及び検査実施者のマスクや防護服などの感染防護具等の圧倒的な不足

医師会感染防護力がない」)


保険適用後、一般医療機関都道府県との契約がなければPCR検査を行うことができなかったこ


(検査が多すぎると困るということで契約にした、現在は「新型コロナ治療に携わっている医療機関」でないと契約がなかなか結べない

今後は改善する。相談センターを介さな地域医師会が手伝う地域外来検査センターで、どんどん検査できるようになればいいだろう)


民間検査会社等に検体を運ぶための特殊輸送機材が必要だったこ


今後求められる対応について

医師必要と考える軽症者を含む疑い患者に対して迅速かつ確実に検査実施できる体制に移行すべき

保健所地方衛生研究所体制強化及び、労務負担軽減


都道府県調整本部活性化知事リーダーシップ


地域外来検査センターさらなる設置(特措法では新しい建物も建てられる)


感染防護具、検体採取キット、検査キットの確実な調達政府が)


検体採取者のトレーニング及び新たに検査実施する機関における

PC検査体制の把握及び、検査数や陽性率のモニター公表

さらに、政府に対してPC検査等を補完する迅速抗原診断キットの開発及び質の高い検査実施体制の構築を早急に求める

anond:20200504085843

一日あたりにどれだけ医療機関から保健所に依頼があって、そのうち何割がアクセプトされて、それから検体採取から結果がでるまでどれだけ時間がかかるか、

というKPI厚労省から出てない以上なにもわからんけどな

から検査数の上限を2万に拡充するという目標設定も意味不明で単に行政側のアリバイ作りにしかなってない

ちなみに日本と同様に極力検査しないポリシー台湾でさえ、単位人口あたりの検査数は日本の2倍を超えてる

anond:20200504081150

現状でもキャパオーバー足切りされることもあるし、検体採取から結果が出るまで数日かかるケースもある

検査数の上限が重要だとは思わないが検査体制改善必要じゃないの?

てかこれ2月からずっといわれてるよね

2020-04-29

anond:20200429110742

そういう状況を「歯科医師PCR検査をする」と言うのか。

俺が見た報道だと、検体採取だけを歯科医師にも認めて、その採取した検体を分析するPC検査地方衛生研究所保健所民間会社で行い、地域医師会にも委託されている。というような説明になってたのだが....

https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202004/CK2020042702000125.html

anond:20200429105743

検体の採取を行ったら機械に掛けるだけだから、その作業を「歯科医師ではできない」とする根拠には乏しいし実際検査検体採取可能=検査可能と扱ってるニュースソースばっかだけどな。

anond:20200429105743

まあ、PCR検査検体採取ではなく検査のもの)は無資格者でも出来るので歯科医師でも当然出来るけどな

anond:20200429105532

PCR検査検体採取と肺の診断は全然別の話なので無理です

看護師採血できるからって看護師が診断できるわけではない

2020-04-23

https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/60254?page=2

例えば、感度について言えば、PCR検査は陽性の患者が正確に陽性と判定される確率が70%としばしば指摘されていた。確かに中国武漢におけるPCR検査は即席で感度は低かっただろう。

 ただ、国立感染症研究所の「検体採取輸送マニュアル」を見ると、綿棒で下気道と鼻咽頭からそれぞれ検体を採取するとある。また、試薬の調整方法が異なる2つのセットでの検査を推奨しており、製薬会社関係者によれば、検出キットも一つのサンプルで複数回、判定するもの一般的という。仮に感度が70%だとしても、判定の回数が増えるほど、すべての検査で間違える(陽性判定できない)確率は下がる。 anond:20200423165600

2020-04-18

anond:20200418205043

検体採取時の安全確保の丁寧さに違いがありそうだけど、アメリカの様子を調べないとよく分からない。

自分で調べる?、他の増田にググらせる?

量はこなせるけれど遅い検査所による検査と、量はこなせないけど早い病院による検査に分かれてるみたいだ。

2020-04-17

2020-04-17 今日発表の感染判明者数は大きな数字になる

検査実施から結果判明までおよそ2-3日のタイムラグがあるようです。

また、週明け月曜に検体採取を行って移送火曜日検査実施という流れなのか、火曜に検査数が増えている傾向にあります。そして、その検査結果が明らかになるのが水・木くらい。集計までタイムラグがあるので、判明結果の発表に至るのは金曜日になるのでしょう。

4/14火曜日検査数は1万超えました。その速報が水曜くらいに官邸に入り始めたのでしょう。全国に緊急事態宣言10万円一律支給が慌ただしく動き出したのは、この水・木です。また、この水・木、陽性者数が思ったより増えていなかったという印象をもった人も多いと思います件数が多いので、集計や発表までに時間をかけているのかもしれません。

そして、今日4/17首相会見が予定されています

2020-04-13

anond:20200413121052

増やそうって言ってかんたんに増やせるとまだ思ってるんです?

検体採取時に毎回防護衣や消毒が大変なの何も解決してないんですが

採取された検体を検査する技師知識経験必要なんですが明日突然技師が数千人増えるような魔法でも使えますか?

2020-04-12

どこかでまた新型コロナウィルス院内感染が起きる

コロナ受け入れがあるかもしれない二次救急病院のことだが設備的・能力的に感染対策不可能

  

①出入口が3つしかない

患者入口職員通用口救急受け入れ口の3つ。非常出口は2階

救急患者院内に入るには職員通用口と合流するところを通らないといけない。

そしてその合流地点レントゲン室の入り口でもある。動線を分けることは無理である

  

エレベーターが2つしかない

職員用と患者用。

職員用は食事を運ぶのと救急患者・オペ患者輸送にも使われる。

どうやってコロナ患者を運ぶ?

  

感染対策マニュアルがない

あるかもしれないが絶対役に立たない。看護職で長の付く人が厚生労働省検体採取輸送取り扱いマニュアル存在も知らないようだった。

検体採取後の取り扱いがなっちゃいない。

  

そもそも新型コロナウィルスを疑う患者風邪症状のある患者)の受け入れ方法が決まっていない

決まっていないというか、インフルエンザと同じ扱いをしている。

検査結果が出て追っかけ対応をとるようなものである。その間に環境患者汚染される。

  

関東のどこかとしか言わない怪文書であるが、そういう病院もあることを知っておいてくれ。

(どこかで院内感染が起きても答え合わせはしない)

2020-04-07

[]2020年4月6日月曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
008015918199.051
0166605791.847.5
02374332117.156
03215152245.340
041596664.429
0522181482.560
0636229263.738.5
07708518121.733
0871591383.342
091241074286.645
101351038076.938
111391107579.744
121451343292.643
13136985472.539
141351066679.040
151631167471.629
161371174485.747
171831241767.947
181861407275.738.5
191571470093.644
20130974074.930.5
2113613610100.131
2218225540140.344.5
2316427245166.145
1日267025785396.641

本日の急増単語 ()内の数字単語が含まれ記事

トラバスパム(6), CT(11), パルスオキシメーター(5), ミトコンドリアイブ(4), 検体採取(3), 諮問(4), セイラさん(3), にぎわっ(3), 粉塵爆発(3), 理髪店(4), 緊急事態(119), インフル(68), 宣言(119), ロックダウン(19), クラスター(18), 医療崩壊(16), 見通し(14), 自粛(81), 休校(30), 肺炎(37), 補償(22), 要請(33), コロナ(269), インフルエンザ(24), 感染者(52), 外出(38), 感染(113), マスク(82), 新型(31), ウイルス(34), 風邪(28)

頻出トラックバック先 ()内の数字は被トラックバック件数

インフルと変わらん派だった人、正直に手を上げて~ /20200406104418(40), ■オタク知識ではないがオタクなら知っているもの10選 /20200406094532(20), ■妻がAKIRAを読みたいというので /20200405083945(12), ■参考として5年前に結婚相談所経由で結婚できた我が家を見てみよう /20200405130053(10), ■すみません、はじめてつけるブラのオススメを教えてください /20200405224742(9), ■職場コロナでた /20200406122130(8), ■船オタクって少なくない? /20200405155110(8), ■辛抱日記 /20200406003301(8), ■逆に今のところ全勝中の人はどのくらいおる? /20200406135144(8), ■一連の婚活増田を読んで /20200405220910(7), ■インフル死者VSコロナ死者 /20200406140237(7), ■このままだと人を殺すかもしれない /20200406125625(6), ■amazon詐欺やられた /20200406153938(6), ■マスクをするのに抵抗ありすぎる /20200406112255(6), ■好きな人がいること /20200406002615(6), ■anond20200406104418 /20200406142335(5), ■anond20200406151352 /20200406151518(5), ■元巣鴨民だけど、地蔵通りから人は消えないよ /20200406154944(5), ■ /20200406171736(5), ■ /20200406173833(5), ■anond20200406174829 /20200406175016(5), ■あのさ、ジャップさあ /20200406181147(5), ■日本人性格が悪すぎて辛い /20200406203511(5), ■ /20200406083403(5), ■婚活してないけど、婚活増田への反応に絶望する /20200406220915(5), ■吉野家豚丼 /20200405194644(5), ■物欲がなくて困っている /20200406104644(5), ■anond20200406104418 /20200406105052(5), ■セックスより気持ちいいことって全然ないじゃん /20200405090954(5), ■1/4沢直樹「やられたらやり /20200406224009(5)

2020-04-06

anond:20200406184923

PCRはウィルスを直接咳でふきかけられる危険検体採取方法から医者もやりたがらないよ

 

CTは無症状者からも「影」(肺炎までいってなくても)を見つけられる、安全に測定できる

トラバもなにいってんのかわからないけどトラバスパムひどすぎたら通報するから

 

トラバスパムつけられて消した書き込みの内容↓)

今の「37.5度発熱×4日」がないと絶対やらないという基準を緩めるの?

医者クラスター発生源になるね

anond:20200406170415

それこそドライブスルー検査がいいのでは

あれ検体採取部分の話だし

工程は 面談→検温→採取

面談医師なりが必要だろうけど、マニュアルと装備を整えれば検温と採取はそれこそバイトでもできるでしょ

そう考えるとやっぱり日本官僚政治家かしらんけど、その辺の無駄プライドのせいでこんな事になってるのか

2020-04-02

anond:20200402135456

理解していない人は文字面だけ見てPCR検査自体の感度が低いと理解して否定しているんだと思うよ。

PCR検査機械自体は信頼できる。

検体採取の時点で鼻や喉にウイルスが上がってきていないことが多いか検査精度が上がらないとちゃんと毎回書かないと。

2020-03-16

臨床検査技師が推察する新型コロナ検査数が増えない理由

twitter検査しているのは技師なんだ!って動画がバズりました。著作権問題はあるけど、あるあるが詰まってて面白かったです。臨床検査技師が少し注目されたので、公開されている情報を元に新型コロナウイルス検査キャパが増えたにも関わらず検査数があまり増えていない理由を主に「国がどうやって検査キャパ数を増やしたか」を中心に推察していきます

みなさんが思っている論点と違っててタイトルで釣ったと思われる方がいたらすみません

タイトルを「国が〜」とかにすると政治的意図があると思われそうだからやめました。


前提として全数把握をしない理由は、様々な先生方がおっしゃっている通りだと思っています現在、陽性者は軽症・重症にかかわらず原則入院措置がとられています。(病床数の都合で一部は違うみたい)軽症のコロナ患者感染症病床をとられてしまうと、空気感染するような麻疹結核などの感染力の強い感染症患者隔離できなくなってしまうことが危惧されます

まり身近には感じないかもしれませんが、結核患者数は年間1万5千人を超えており死亡率は20%弱(平成28年)です。麻疹に至ってはワクチンがあるにも関わらず未だにゼロにできていません。


この病床数の点については、この先新型コロナ感染者数がもっともっと増えてくれば、軽症患者は自宅隔離処置がとられると個人的には予想しています


さて、本題です。

ここでは以下の4点を踏まえて検査キャパ数に比較して検査数が伸びない訳を推察していきます

あくまでも私個人意見です。違ってたらすみません

1. 増田について

2. 国はどのようにして検査キャパ数を増やしたか

3. 保険適用でも検査できない?

4. PCR簡単か?

時間のない方は2と3だけでいいかも。


1. 増田について

臨床検査技師一般市中病院微生物検査に数年、病理検査に十数年いた中堅技師病理検査フラジャイルをご存知の方であればわかるかも。森井君と同じ仕事をしていました。ちなみに大学卒業研修はTaqManプロブリアルタイPCRを使った、ガン遺伝子定量身バレ防止でざっくりすぎ)。今は事情があって退職主婦をしています

現場で働いている人たちは守秘義務もあってなかなか発信しづらいし忙しいだろうから外にいる増田個人的見解をみなさんにお伝えします。


2. 国はどのようにして検査キャパを増やしたか

当初、新型コロナPCR国立感染症研究所マニュアルに基づき、一部の地方衛生研究所実施していたようですが、2月14日厚生労働省日本臨床検査技師会(日臨技:全国の臨床検査技師所属する団体)の理事長あてに協力要請を出しています。おそらく、ダイヤモンドプリンセス号の検体を大量に検査しなきゃいけなくなった頃なんじゃないだろうか。これに対し、関東圏に所属する技師が1日に数名〜10名ほど派遣されています

*1 新型コロナウイルスに関連した感染症対策における協力要請について

http://www.jamt.or.jp/information/tuuchi/asset/pdf/yosei-3.pdf

*2 派遣の状況

https://www.jamt.or.jp/covid-19/

派遣された技師がどこで何をしたかは把握できませんが、タイミング的には検体採取後のように思えるので新型コロナ検査に関わっていたものと予想されます


また、*1のPDFを読むと、2月17日には日本生検査所協会(全国の検査受託会社所属する団体)宛てに厚労省から検査協力の要請がなされています

ざっくり内容をみると、「検査試薬をお試し分だけ提供するから欲しい人は言ってね。検査できそうだったらどれくらいできそうか教えてね。」ということが書かれています

それに対し、SRLやBMLLSIといった大手をはじめ複数検査受託会社がうちはこれくらいやれますよと協力を表明したようです。

どの会社がどれくらいかはわからないけど。自社のホームページ公表している会社もあります


これにより1日に検査できる数を増やし検査可能件数が約7000件と見積もられたものと予想されます


ここまでがキャパが増えた経緯。

そして、ここから検査が増えない訳。


*1には協力要請とともに

感染者が増えてきたら、地方生検査所は疫学調査クラスター接触者追跡のための検査をするから診療必要検査検査受託会社検査お願いね。」といった意味にとれる文があります

まずこの文章から現在症状は無いし感染者との接触も明らかでないけれども不安から調べたいという人の窓口は無い、ということがわかります

ある程度検査を重ねて陽性例・陰性例が積み上がってきた中で、やっぱり海外渡航歴のある人や換気が不十分な部屋にいた集団、それらの濃厚接触者に陽性者が多いみたいだとわかってきた。だから保健所を通した地方生検査所は、濃厚接触者を中心に検査をしてクラスターを追っていきたいという意図がみてとれる。それを踏まえてtwitter検査拒否された人のツイートをみてみると地方生検査所は接触歴のない人の検査お断りしている可能性がある。

繰り返しになるけど、接触歴の明らかでない風邪っぽい人(=診療必要検査)は病院から検査受託会社検査に出すことを想定しているから。

実際はどうかわからないけど。


では、症状があるのに調べて貰えないのはなぜか?次に続きます


3. 保険適用でも検査できない?


症状のない人に対して病院では検査ができないのは皆さんご存知の通りです。保険診療対象にならないからです。なので上で述べたとおり、症状のない人の窓口は無いに等しいです。

では、症状があれば検査してもらえるのか。おそらく簡単には検査してもらえないと思っています。ここからはかなり個人的な推測が強くなります。訂正してくださる医師の方お待ちしています

*3 検査料の点数の取り扱いについて

http://www.hospital.or.jp/pdf/14_20200304_01.pdf

ここには、新型コロナPCR検査保険適用になった旨を通知する内容がかかれています

難しいことがたくさん書かれていますが、重要な部分をかいつまむと、「認可された検査施設で認可された試薬を使って検査してね。検査するときは明細書に検査必要だと判断した医学的根拠を書いてね。」という意味だと思います。(保険診療の但し書きはいつも解釈が難しいです)

まり医学的根拠のない人は簡単には検査してもらえないようなのです。

医学的根拠が具体的にどんなことをさすのか技師の私にはわかりません。すみません

しかしながら、日本環境感染学会から出ている医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド

*4 医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド 第 2 版改訂版 (ver.2.1)

http://www.kankyokansen.org/uploads/uploads/files/jsipc/COVID-19_taioguide2.1.pdf

を読むと、肺炎存在証明されないケースは感染リスクがなければ積極的検査すべき対象とは言えないと書かれています。(今のところ感染リスクがある人=濃厚接触者は保健所対応

また、新型コロナウイルス感染症に特異的な症状や所見がないと書かれていることからも、まずはコロナ以外の肺炎の除外が先になります

ということは、新型コロナ検査適応になる人は、胸部X線CT採血、喀痰培養(数日かかる)、迅速キットなどで細菌性・マイコプラズマインフルエンザなどなどによる肺炎が除外された原因のわからない肺炎にかかった人ということになるのではなかろうかと個人的には思うのです。おそらくあんまり多くない。

*5 市中肺炎入院症例の年齢別・重症度別原因微生物予後

http://www.jrs.or.jp/quicklink/journal/nopass_pdf/044120906j.pdf

*6 肺炎予防のために 知っておきたいこと

http://www.saitama-med.ac.jp/hospital/division/25respiratory_medicine/images/kanazawa02.pdf

診療方針については専門外なので検査から電カルをみてた経験から想像すみません。もしかしたら、いや別にもっと簡単コロナ検査出せるよと言われれば、あ、そうなんだ。って感じです。


あと、個人的には検査は適切な治療を行うための一つの手段だと思っています。今の状況をみていると、医療従事者側は患者治療目的なのに対して、患者側は新型コロナ検査を受けることが目的となってることによる混乱なのかなと思っています

国や病院側の方針患者目的果たしてくれるようなものでは今の所ないです。たぶん。しらんけど。


患者コロナかもと言い出すと病院にかかることすらもできなくなっていることも検査数が少ない原因の1つかもしれません。これは余談だけど、重症化しちゃったらコロナかどうか調べて貰えないことよりも、肺炎(もしくはそれ以外の病気)の治療をしてもらえないことの方が困るので、接触した覚えがなくて自宅療養してたけどつらいってなったら、保健所コロナかもって電話するより病院接触者じゃないことをきちんと伝えて周りに移さな対策をとりつつ普通に診察してもらって通常の検査受けた方がいいんじゃないだろうか?確率的にはコロナ以外の方が高いし、除外されればコロナ検査正規ルート?でたどり着く。のか???


実際どのくらいの検査が行われているのか、どのくらい増えているのか、は私が調べた範囲ではわかりませんでした。もしかしたらどこかにあるかも。先に書いた通り、病院からの検体は保健所を通さずに検査受託会社に回されるので、情報収集に時間がかかるのかも?


ちなみに、新型コロナ検査料は都道府県負担をするそうなので、PCR検査料の患者負担はないようです。他の検査処置料はかかるよ。

下のサイト解説が優しい。

*7 新型コロナウイルス検出のためのPCR検査3月6日から保険適用

https://gemmed.ghc-j.com/?p=32688


4. PCR簡単か?


上記理由から検査数が増えていないと思っているので、PCR簡単かそうでないかはあまり関係ないと思っていますが参考まで。

PCRにもいろいろあって、手順が簡易化されたものや細かい濃度調整や設定が必要ものがあります一般の市中病院内で行われているPCRは大体がメーカーがキット化した簡易的なものです。おそらく皆さんが想像してるのはこういうやつ?

*8 LAMP法を使った 結核迅速診断キット

https://jata.or.jp/rit/rj/339p11.pdf

正確にはLAMP法はPCR法とは異なります。ちょうどいいPCR資料が探せなかった。PCRはもうちょっと複雑になるけど院内でやれるPCRのざっくりしたイメージはこのくらい。リヴァイ班いなくてもできそう。うん。緊急度の高い結核PCR検査頻度の高い淋菌・クラミジアPCRあたりが実施されています

一方で、新型コロナのような新しい項目でキット化されていないもの検査頻度の低い項目は、採算性や精度管理などの点から多くの病院検査室では実施せず、検査受託会社外注されているのが現状です。


ではPCRの何が難しいのか?

国立感染症研究所ホームページ新型コロナウイルスPCRプロトコルが公開されています

*9 病原体検出マニュアル 2019-nCoV Ver.2.8

https://www.niid.go.jp/niid/images/lab-manual/2019-nCoV20200304v2.pdf

キット化されていないというのはこういうことです。読むだけでしんどいです。

DNAに比べRNAの扱いはシビアです。すぐ壊れる。手順がすごく多くて扱う試薬も多い。機械自動でやってくれるのは7ページの3)の部分あるいは11ページの7)の部分。あぁ、疲れてきた。

手順や試薬が多いとミスが起こります。1で増田卒業研究PCRやっていたと書きましたが、例にもれずコンタミネーションを起こし、ある一定の時期からネガティブコントロールに弱い反応が出続けるという地獄をみました。

おそらくピペットチップを交換し忘れ、共通試薬ターゲットを混入させるとかいう超凡ミスやらかしたのだと思います

逆に共通試薬を入れ忘れれば全て陰性になってやり直し。ぴえん。

あとで原因がわかればまだましで、間違った結果を出してしまうと最悪です。しかもこんなに手間暇かけて一生懸命やっても感度はそんなに高くない。感染にも配慮しなきゃいけない。

このプロトコルをひたすらやっている姿を想像するとつらくなっちゃます

臨床検査技師であっても大学講義・実習でちょろっとやっただけの人がほとんどです。ご年配の技師の中にはPCR原理説明できない人もたくさんいます。本格的なPCRが精度よくできるのは研究所大学病院クラスの大きな病院研究熱心な一部の病院検査受託会社担当者くらいです。なので、いきなりマニュアル見てやってねと連れてこられても結構難しい。


検査受託会社がどうやって検査枠を増やしたのかはわからないけれど、検体検査資格を問わないので、もともと理学部卒とか農学部卒とかも多いし集めやすいのかも。(病院検査室は採血とか他の業務もあるし資格のない人を採用しているところは少ないです)


感度・特異度の高い簡易キットが開発されて検査する人の負担が少なくなるといいね



最後


ここまで読んでもらえると、ネットで騒がれている

病院検査室は忙しい、だから新型コロナ検査はしない。という状況ではない

ということはわかっていただけたかと思います

多くの検査検査受託会社が請け負うので、病院検査室が忙しいのはまた別問題

おそらく大変なのは検査対象でない患者対応に追われてる保健所と濃厚接触者の検体を受け入れてる地方生検査所とか。

検査数がみんなが思っているより少ないのは、あくま国内感染コントロール方針治療方針によるものである個人的には思います

もう少し気軽に検査出せるようになってもいいと思うけど。まあ外注だしすぐに結果わかるわけじゃないか微妙か。


ここまで言っといてばかすか検査されてたらウケる

急激に増えてきたのがわかったらしれっと消します。


検査はすでに増えてるのかもしれないし、言っていることが矛盾していたり、誤字脱字があったりするかもしれませんが、臨床検査技師なんてただの凡人ですし、わたしリヴァイ班でもありませんのでご容赦ください。

間違っていることがあればご指摘いただけると幸いです。

長々とまとまりのない文章を、ここまで読んでいただいた方、ありがとうございました。


症状あるのに仕事風邪なんかで休めない!

ていう人。いるよね。私もそうだった。

休むのが一番だけど、どうしてもいかないと死ぬときは、なるべく喋らない、距離とってしゃべる、食事時間ずらす、会社で共有してる電話PC自販機券売機食器・文具などなどは触らない、触ったら消毒か洗う。

くらいはしてもらえると少しは違うかも?

逆にそれらの共有物は汚染されてると思った方がいいです。

飛沫感染よりも手についたウイルスが目鼻口から入る接触感染の方が多いっていわれてるから目鼻口の周りを触るときには必ず手洗いしてね。

食事、化粧直し、間食、たばこの前とかちゃんと手洗ってる?

あと、すれ違っただけなら感染しないよ。

もつば顔に吹きかけられたらするかも。

それと咳したときにグーの手とかで受け止めるのはほんとやめてよそのウイルスコロナに限らず)の付いた手どーすんの?すぐ洗えんの?!

2020-03-04

anond:20200304202416

1%って初めて聞いたんだけど…

257例の患者、27例の無症状病原体保有者が確認されている。

新型コロナウイルス感染症について

WHOレポートだと中国については無症状は比較的稀な事例で、本当のところどれくらいいるかからないけど感染の主要因ではなさそうという記述はみつけた(数字ざっと目を通した感じだと見つけられなかった)

https://www.who.int/docs/default-source/coronaviruse/who-china-joint-mission-on-covid-19-final-report.pdf

クルーズ船か?と思ったけど確定例531名のうち48%の255名が検体採取時には無症状

現場からの概況:ダイアモンドプリンセス号におけるCOVID-19症例

1%ってのはちょっと見つけられなかったのでよかったら教えてくれませんか

2020-02-28

検査は不足もあるし、過剰要求もあるけど、なんか大臣答弁おかしくね

検査の過不足について

これは、気づいている人も多いけど、検査の不足が一部にある一方で、過剰に検査要求している人も多数いて、両方を分けて議論をして、両方とも改善しなければいけないという話。

検査不足については、高山義浩先生岩田健太郎教授プロレス相手)も「これまでの積極的疫学調査感染者の接触者を追跡する調査)の結果をみると、このウイルス感染力は必ずしも強くはありません。少なくとも、インフルエンザほどは強くない。」「私たちは封じ込められる可能性を捨てるべきではありません。」と語っている(https://www.facebook.com/100001305489071/posts/2716494688404021/)。封じ込めるためには、感染者を確定診断し、その濃厚接触者を追跡・隔離することが何より重要であるにも関わらず、死亡後に感染確認という例があったり、検査忌避に関する報道が多数あり、後述する検査キャパ改善が遅々としている点は問題であり、何としても改善すべき話である

現状において、風邪症状のみで濃厚接触者でもない人が検査を求めるのが害悪しかないという言説は、確かにその通りであり、啓蒙必要であると考えるが、良い記事があるのでリンクを紹介して省略する。(新型コロナ、なぜ希望者全員に検査をしないの?  感染管理専門家に聞きました/https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/covid-19-sakamoto)

検査キャパについて

検査キャパについては、これが不足しているがゆえに検査不足があり、改善すべきと考える。積極的検査抑制不正告発が容易な日本社会においては、ほぼないと考えるが、検査キャパ不足が改善がなされないのは行政不作為であり、追及すべき段階と考える。(当初は、「武漢市への渡航歴」とか「武漢市への渡航歴があり、発熱かつ呼吸器症状を有する人との接触」など検査対象に制約があって、それも問題であり別増田で指摘したりもしたけど、そこは改善した https://anond.hatelabo.jp/20200210110528

では、なぜ検査キャパが後述の大臣発言もあるのに増えないのか。この件は、1)受け手側の機器検査要員の限界、2)輸送手段限界 3)院側での梱包発送 という問題があり、全てクリアにならないと検査実施できないという3点があり、さらにはその限界を超えないように見通して、優先順位をつけ、検体受入れ可否も含めた調整も必要であること。

また、大きな要因として検体を量産していたダイヤモンドプリンセス号も含めて、検査需要があるエリアが偏っていて、稼働率が極端に低い都道府県と、極端に高い都道府県があることは容易に想像でき、日本全国での検査機器キャパを母数として稼働率を見ても、そうそう上がらない状況にあった可能性は高い。

特定病原体を含むかもしれない検体の輸送は、梱包受け渡しにせよ、輸送業者体制にしても厳格な決まりがあり、末尾にリンクを貼るが、そう簡単民間委託キャパを増やせず、結果として保健所職員などの自治体職員の人的リソースの枯渇もあると考えられるし、長距離輸送も困難を伴うことになる。この点は特例的な臨時許可業者検討したり、自衛隊災害出動をかけるべきと考える。

また、東京都愛知県内などの一部の保健所・衛生環境研究所では、人的リソース不足があるのは明白で、DMATでも自衛隊でも県庁職員でもいいし、その他大学教育者研究者技官でも良いので、応援人員の動員を検討すべきである

検査数についての追加疑惑

加藤厚労大臣は、国会答弁で18~23日の検査件数の内訳を明かし、その内容は18日996件 19日672件 20日656件 21日1594件 22日1166件 23日675件とのことである。この検査数はダイヤモンドプリンセス号、武漢帰国者チャーター便の搭乗者を含む可能性は高いが、両者ともにピークは超えている日程と考えられる。

一方で、「新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省対応について」と題して、ほぼ日次で厚労省Web上で報告している文書によると、「2月25日18時時点までに疑似症サーベイランスおよび積極的疫学調査に基づき、計1,061件の検査実施。そのうち147例が陽性。」とある。同文書時点の国内感染者数は160名(含む無症状者・除くDP号とチャーター便帰国者)であり、陽性者数と国内感染者数に大きな乖離はないので、市中の検査においては、1,061件がほぼ国内検査全数であるように読める。

一番さかのぼれる「1月27日12現在 計14件」から約1カ月を経過して、1,061件しか検査してないという説明は、加藤大臣の答弁とも大きく乖離してており、どちらの数字が正しいかにより、検査不足の度合は大きく異なる。マスコミならびに野党各位は、「1日約3800件の検査可能説明していた」のになぜ「1日平均約900件」というピンボケな指摘をやめて、厚労省Web大臣答弁の数字差異こそ追及して欲しい。

なお、厚労省Web数字は一部韓国紙にも参照されていて、間違いがあるのならば国際的な誤解を解くためにも訂正が必要であり、一方で大臣答弁に虚偽や欺瞞があったとすると、実態として1カ月でわずか1000人ちょっとしか検査していないということであり、国家総力をあげて改善すべきであると考える。

加藤大臣答弁の数字について、1つ仮説を述べておく。厚労省が出している検体採取に関するガイドラインリンク末尾記載)によると、1人の患者から2検体「下気道由来検体(喀痰もしく䛿気管吸引液)」「鼻咽頭ぬぐい液」を検査することになっているが、それを2件とカウントし、同一患者からの経時的な検体も個別カウントアップして検査数としている可能性を指摘しておきたい。

他に検査数・陽性者数の差異として、DP号下船厚労省職員や検疫官を中心に、一部「疑似症サーベイランスおよび積極的疫学調査」のいずれにも該当しないものの、検査実施し、一部陽性となっているものがあることは予想される。

自宅待機要請検査について

「自宅待機しろって言うけど、家族への感染は許容しろってことか?」という発言も多い。これは一理ある。この観点から課題は2つあり、隔離場所の確保と、隔離に際して誰をどこへ隔離するかの優先順位付けの問題とに分かれる。この隔離優先順位付けのために、PCR検査もっとすべきという意見は一面では正しいが、以下の観点から現状では軽症者は避けるべきという話になる。

PCR検査キャパが限られていること

・(特に軽症者の)検査精度が低いこと

日本国内流行がそこまでではなく感染確率のものが低いこと

PCR検査をするために病院へ出かけることが感染リスクを高めること

家族への感染リスクは、現状ではそもそも感染確率が低いところから許容すべきではあるが、より流行が拡大した場合などは、もう一方の課題、「軽症の疑い者」の隔離場所の確保という観点も含めて対応すべきであろう。その場合インバウンド激減となっているホテルの一棟借り上げとかも想定されるが、その施設スタッフの防疫も考えると、むしろ「軽症の疑い者」の家族を、普通に宿泊客としてホテル等へ避難させ、当人を自宅隔離する方が簡便だと考えられる。

地場観光産業を救う意味にもなるし、補助金を積んで「軽症の疑い者」の同居者に感染リスク回避したい高齢者、基礎疾患がある高リスク者、もしくは受験生などがいる場合リスク回避する家族が、ホテル公立宿泊施設公営住宅の空き部屋などを比較安価に利用できるようにすれば良いと思う。自宅に要介護者がいるケースなどは、例外対応的な、病院未満の隔離先もあればなお良い。

そこまでの事態にならないといいんだけどね。以上。

情報ソース検査数について

貼ろうとしたらリンクが多すぎると投稿できないみたいなので、伸びたらトラバで貼ります

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん