「てにをは」を含む日記 RSS

はてなキーワード: てにをはとは

2018-11-26

anond:20181126195931

いや、あるでしょ、自分もそうですよ

なんだろうね…やっぱり商業で出てるものって一定クオリティラインクリアしてるから

例えばアマチュアがやるあり得ないミスとかってあまり起きないじゃないですか

てにをはが滅茶苦茶とか、重複しすぎとか、小説なのに文章であることをまったく活かせていないとか

セリフと擬音ばかりでマンガプロットみたいになっちゃってるとか

自分アマチュア全然読まないよ

 

もちろん商業活躍するプロでもダメダメなのはあるし(海猫沢めろんとか)

逆にアマチュアで高レベルな人もいるだろうけどね

2018-08-14

自民党へのご意見フォーム仕様がひどい

自民党ホームページから政策について意見を送れるフォームhttps://www.jimin.jp/voice/)があるので、サマータイム反対の意見を送ろうとしたのだがこれがひどい。

具体的には、下に引用したツイートにある通り過去他人が送った意見タイトルかぶると「既に投稿されています」というエラーが表示されて投稿できない。

自民党Webサイトからサマータイムの導入の件について、意見を書いてSubmitしたら、「既に投稿されています」というエラーが。

もしかして…」と思って、タイトルを「サマータイムの導入の件について」からサマータイムの件について」と変えてみたら、確認画面へ遷移。

竹洞 陽一郎 (@takehora) https://twitter.com/takehora/status/1026678856265158656

「ください」を「下さい」に変えたり、「てにをは」を入れたり抜いたりしたら投稿できるので、みんなも適当に工夫してクリエイティブタイトルサマータイム反対の意見自民党に送ってみよう。

何通りか試してみて使えたタイトルと使えなかったタイトルを下に並べてみたよ。

「既に投稿されています」というエラーが表示されて投稿できないタイトル
現時点ではエラーが表示されないタイトル

2018-06-19

最近アマゾンが荒れ出した件

なんか最近さあ、最近amazonでモノ買おうと思って検索するとさ、

変な外国ブランドばっかでめっちゃ鬱陶しいんだけど、これ俺だけ?

MOXNICY、RuiPo、Wsriiloom、KNDUVTH、、、

こんな感じのどこの国の言葉かもよく分からんようなブランドばっか出てくるもんで、

OX(俺エクスペリエンス)がめっちゃ悪いんだわ。

まあさ、会社名とかみるとさ、隣の国の会社ってのが分かるからスルーするからいいんだけどさ、

この手の会社が多すぎて、amazonでの買い物の効率めっちゃ落ちてるんだよね。

ぶっちゃけ一見して分かんないじゃん?

本当にその会社が隣の国の変な会社なのかって。

だってブランド名だけで判断できんがん。

レビューとかも何十個とかあって、星のレート4個以上あるもんで、

まともな会社のまともな商品なのかも、って期待しちゃうじゃん?

ほんでまぁクリックして商品説明見ると、

誤字脱字、てにをはおかしい、ぎこちない日本語オンパレードっ!!!

まぁあかんわ、amazonさん。

OX下がりまくりですわ。

もちろん、隣の国の事業者全てが悪いとは言わんけどさ。

そんなページの会社からモノ買いたくないじゃん。

ほんで、そんなページがたまにあるくらいないいんだけどさ、

最近めっちゃ多いじゃんね。

これ、どうにかならんかね?

2018-06-08

amazonが荒れ出した件

なんか最近さあ、最近amazonでモノ買おうと思って検索するとさ、

変な外国ブランドばっかでめっちゃ鬱陶しいんだけど、これ俺だけ?

MOXNICY、RuiPo、Wsriiloom、KNDUVTH、、、

こんな感じのどこの国の言葉かもよく分からんようなブランドばっか出てくるもんで、

OX(俺エクスペリエンス)がめっちゃ悪いんだわ。

まあさ、会社名とかみるとさ、隣の国の会社ってのが分かるからスルーするからいいんだけどさ、

この手の会社が多すぎて、amazonでの買い物の効率めっちゃ落ちてるんだよね。

ぶっちゃけ一見して分かんないじゃん?

本当にその会社が隣の国の変な会社なのかって。

だってブランド名だけで判断できんがん。

レビューとかも何十個とかあって、星のレート4個以上あるもんで、

まともな会社のまともな商品なのかも、って期待しちゃうじゃん?

ほんでまぁクリックして商品説明見ると、

誤字脱字、てにをはおかしい、ぎこちない日本語オンパレードっ!!!

まぁあかんamazonさん。

OX下がりまくりですわ。

もちろん、隣の国の事業者全てが悪いとは言わんけどさ。

そんなページの会社からモノ買いたくないじゃん。

ほんで、そんなページがたまにあるくらいないいんだけどさ、

最近めっちゃ多いじゃんね。

これ、どうにかならんかね?

2018-06-06

anond:20180606145103

いかげん面倒だなぁ。自分がなにをやったかからないモウロクしてる人に説明しても負けを認めるわけがないし低能しか返ってこないと思うと面倒くささ倍増ではあるんだけどさ。

最初は、第三者増田低能先生トラバしたんだよね、最初。それ見て変なのと思ってツッコんだんだよ。

第三者増田

教師が生徒を好き嫌い対応分けるのは完全な悪として批判されるのと同時に、生徒が教師好き嫌い対応分けて試し行動みたいなことするのも批判されてしかるべきと教えるべきだ

社会に出て差別者になる恐れもある

https://anond.hatelabo.jp/20180606083633



これに低能が突っかかったわけ

生徒側が好き嫌いを押し通すのは、権力を持たない不利な状況を”意思の力で”はねのけているだけだぞ低能

権力意思による選択関係ねえよ低能

ほんとお前は馬鹿だよな

https://anond.hatelabo.jp/20180606111030



まぁ、てにをはが少しだけおかしいのはカーッとなったんだろうからしょうがないとして、おかしなところがあるなーと思ったので、私が横増田をしたのがこれ

同僚である教師Aと教師Bとの間で息子の態度が変わるなら、権力勾配は関係ないんじゃ…むしろ息子は、ヒラ教師であろう担任へ強く当たって、管理職級の教師校長に言いつけにいく!)には諂ってるとも見えるが。

https://anond.hatelabo.jp/20180606090500

おかしいと思ったところは、”権力を持たない不利な状況”を意思の力ではねのけている、という状況を、低能がどう理解したのか、という点。

教師理不尽を飲み込まされたから生徒が意思の力で反発する、ということな理解できるんだよ。例えば意味もなく坊主タマ強制するとか。それに反発するのなら確かに理があると思う。

でも元増田の息子のケースは、「結果的教師理不尽対応をせざるを得なくなったが、そもそもは息子が学校で学ぶための基本的ルールを注意しても守らない」と言うところが源泉になっている。その後のラケットでうんぬん~机がうんぬん~部活出るなのくだりなどは、どちらかと言うと、教師意図した理不尽元増田息子を狙って生徒いじめをしてやろう等)ではなく、行き過ぎた指導という未必の故意的な結果じゃないかと私は思ったわけ。ここが低能と私の状況認識の差があるところ。

さらに、元増田息子は、登場する学校関係者によって態度を変えている。校長先生主任に言いつけに行くことができる。つまり担任問題があることはもちろん共通認識学校全体としては元増田息子に対して抑圧的ではない(教育範囲を超えない)体制がそれなりに有ったと言えるし、もっと言えば「元はと言えば自分担任指導無視しているのが事件の発端なのに、それを棚に上げて一人の人間でもある教師暴走してしまたことを権力悪用して糾弾できる」つまり権力悪用言葉が強すぎるけど敢えて分かりやすく)する能力ある子供であると分かる。

から教師によって態度が変わることを一概に「権力を持つ教師への意思を持った反抗」と讃えるのは場違い議論だと思ったし、権力勾配とは関係ない話じゃないか、と指摘した。

そっから先は低能ループ始めちゃったんだよね。私のツッコミ理解していただけなかったからだと思うし、低能先生の状況認識は間違っていると思う。だからおじいちゃん交通事故に例えた。

低能

生徒側が好き嫌いを押し通すのは、権力を持たない不利な状況を”意思の力で”はねのけているだけだぞ低能 権力意思による選択関係ねえよ低能 ほんとお前は馬鹿だよな

https://anond.hatelabo.jp/20180606111030

前に長々と説明したように、私は、そもそも元増田息子が、その「意思の力ではねのける」をやって良い権利を有さないと考えている。最初に小悪事を行い、指導を(おそらく元増田記述によると「嫌い」という理由で)無視するという、「義務を果たさなもの権利だけを要求する」状況はフェアじゃないし、高校義務教育機関ではないしね。

から私は

学校にいるなら守らなきゃいけない決まりを守らないのが意思の力とは、恐れ入りました低能先生。さすがですね。

https://anond.hatelabo.jp/20180606112151

と答えた。

もうここから先はかなり不毛になるから、振り返るだけでウンザリするんだけど…

低能

もう一度言う

好き嫌い教師への対応を変えてはいけない」という「学校の決まり」は存在しない

お前の「学校にいるなら守らなきゃいけない決まりを守らない」という前提は成立していない

https://anond.hatelabo.jp/20180606113122



それは、学校の決まり以前の人間関係常識からじゃないかな………

https://anond.hatelabo.jp/20180606113232

正直、リアル中学生が言いそうな「地球が何べん回った時だよ!論法」に入っちゃったよ…とウンザリしたので、こう答えて終わりにしよかなと思ったら、トラバリーが伸びてた。

で恐らく低能発言

引きこもりはお前の方じゃね?w 好き嫌い対応を変えない奴は希少種だよwww そもそも権力勾配の話とも関係無いしなw

と言い出したので、ええー!!ってびっくりしたわけよ。権力勾配言い出したのは低能先生なのに…。「関係なくね?」って返したのは私の方なのになぁって。

交通事故現場からの報告は以上です。

追記

あ、コピペしたところ改めて読み返してみたら、これ低能のやつ、発端の増田を書き換えてる!「権力勾配」と言う言葉を先に使ったのは低能増田のはずだったのに。

なーんだ、自分でやっちまった!って思ってたのね笑

2018-04-20

sierとかちょれえわ そう思ってました

うーん。

ちょろくはないな。

知識経験もいらなくて、人から聞いた話を右から左に流しつつ、書類にハンコ押したり押してもらったりしつつ、たまーに仕様書とかのてにをは弄るだけでいいから、正直内容自体ペラペラなんだが、ちょろくはないな。

なんつうか、能力を使わんかわりにストレス耐性を消費していく感じだ。

正直、営業マンポジション的に大差ないし、理系文系なら全力で文系よりで、なんで理系から人引っ張ってきてコミュ障引き入れたりしちゃうのか理解不能

ぶっちゃけ代理店専門業みたいなもんだから存在価値のものが限りなく低い。

責任転嫁先となって、利害がぶつかりあったときに真ん中で土下座して怒りを収めるのがメインの仕事な気がする。

でも同時に、俺らがちょこちょこ理解度の低さから頓珍漢なことすることで関係者ストレスマッハになってたりするから総合的にはやっぱいらねーなと。

お金持ちが中間搾取仕掛けるための中継地点として用意されている実態のあるペーパーカンパニーみたいなもんなんじゃないかな。

トカゲの尻尾切りするためのジョイント部でもある。

ちょろいけどつらいわ。

仕事内容はつらいだけで中身がないかスキルも身につかないのが特につらい。

いる意味のない歯車からなあ。

トマソン廊下に挟まってるようなもんだ。

虚無。邪魔不要

工事現場安全おじさんもそうだけど、俺達みたいな存在価値のない立場人間を生み出して責任をそこに押し付けるのが最適解になるような法律業界ルール作らんで欲しいのよね。


寄生虫より

たまに5chに投稿すると緊張する

誤字とかてにをはおかしくても、あそこは修正できないからな。

増田は割と適当でいい。

最悪削除すればいいし。

2018-02-01

助詞で終わる文章が大っ嫌い!

てにをは」みたいな助詞で終わる文章が嫌いです。

例を挙げるとすると、こんな文章です。↓

だんだん気持ち悪くなって。」

「そのときわたしまだ子供で。」

大丈夫だと思ったのに。」

そのあとは何!?と言いたくなる!こういう中途半端文章でぼかして曖昧にしようとしてるんだろうか?

偏見だけど、女性に多いような気がする。

地球へ…」だけは許す。

自分より評価されている他人馬鹿にせずにはいられない物書きの話

 最初に前提として私の性格を言っておこう。

 まず、プライドが高い。文才も地の頭の良さも無いのに、どうしてか自分は頭が良いと思いがちである

 そして、他人との比較による評価判断の重きを置く。

 極め付けには、「プライドが高く才能も無いのに相対評価にいつもびくびくと怖気付いている私は馬鹿なのだ」と分かりきっているようなことを考えて、まるで自分のことを本当に理解しているからこそ卑下するのだという態度を取る。

 こんな人間の戯言でも良ければ見ていってほしい。

 私は二次創作小説を書いている。ペースは1〜2週間に8千〜1万字程度の短編を一本。生活を圧迫しない程度に小話を書いて満足している、趣味には飢えていない物書きごっこ大好き遅筆人間である

 小説を書くのは楽しい。また理解出来ないようなキャラクタの心情をどうにか知ることは出来ないか考察に走ってみることも楽しい。但しその考察目的が「キャラクタを知りたい」というものである以上、その楽しみが「考察をすること」に留まってはいけないと思うし、考察によって自分が得た「キャラクタの心情」が一次のキャラクタが持つそれと同一である盲目的に信じることもいけないと思う。

 話が逸れてしまったのですぐ上で述べたことを繰り返すと、私は文章を書くことに対して喜びを感じている。元々勉強でも現代文が一番得意で、本も同年代の平均的な読書量と比べれば読んでいる方だろう。文章に対して苦手という意識は無く、文を読むこともこねくり回すことも大好きな部類の人間だ。

 だから好きなキャラクタについて文章を書くことも楽しいし、それ自体目的であり手段であるのなら「○○について話書くのたのしいな!」で思考ストップしても別に構わない。それが当然の帰結であろう。

 けれど、そこで終われないのだ。

 書き終わった後作品コミュニティサイトにアップし、どれくらいの人から良い評価を得られるかが気になってしまう。数時間おきにページを開き、通知を確認してしまう。

 その上、他人が書いた作品に付けられた評価自分作品に与えられた評価とを見比べ、一概に言えるわけもないのに「自分の方が上手い文章であるのにどうしてこの人の方が褒められるのか」と苛立ってしまう。“一概に言えるわけもないのに”という表現からも、私のプライドの高さが伺えるとは思う。

 pixivを例に挙げると(実際私が今小説投稿しているサイトpixivではないが)、pixivには閲覧者があなた作品が好きですという感想マウスをワンクリックするだけで伝えることの出来る「すき!」という評価システムがある。

 勿論閲覧してもらうこと自体嬉しいのだが、好きだと言ってもらえることはもっと嬉しい。嬉しくてたまらない。しかしその嬉しいという純粋感情は、次第に「私はこれだけ評価されている」という目を背けたくなるような慢心へと姿を変える。

 そして評価されているのは私ではなく私が書いた小説であるということにも気が付かずに、「私はこれだけ評価されている」という偉ぶった思いが、いつのまにか「他人があれだけ評価されている」という妬ましい思いにすり替わっているのである

 実際pixivではランキングという一つの評価指標のようなものがあり、そのランキングがその時の利用者の間の流行に左右されて一つのジャンルで埋まることがあるとしても、競争心のようなものが煽られているような気はしなくはない(利用者が気軽に「評価の高い≒高確率でハズレではない」作品を閲覧出来るようにという意図によって作られたのだろうけれど)。

 しかし私の利用しているサイトではランキングシステムはなく(世間様の目に触れてはいけないようなジャンルを扱う人々が作品をアップするサイトであるからかもしれない)、皆恐らくのんびりと創作に勤しんでいるはずだ。競争心を煽るようなものはどこにも見つからない。

 にも拘らず、だ。私は人様に寄せられた好意と私の作品に寄せて下さった好意とを失礼なことに比較して、剰え自分の方が優秀であるだろうなんてことを考えている。好意を寄せる人々とその“人様”とを侮辱しているようなものではないか

 まあ多分、きっと、私の文章面白くないのだ。それに今熱中しているジャンルは、本編の放送が終了してしまっている。だから離れていってしまった人も多いのだ、というのは言い訳として言わせてほしい。実際閲覧数も落ち着いてきている。

 でも、本当に面白くないのだとは心の底では思ってなどいない。そんなの認められない。認めたくないのだ。だって、私にはプライドがある。私の文章面白くないわけないじゃないか、という捨てられない最後の砦がある。

 どうしてそんなクソみたいなプライドを持ち合わせてしまたかというと、それは中高時代経験が多分にある。

 私は中学受験をして、世間からお嬢様学校と呼ばれるような学校に入った。御三家第一志望とする受験生が第二・三志望で出願するような学校で(当時の話だ。今がどうかは知らない)、毎年数人が東大に行き、学年の半数以上が早慶上智、少なくとも皆GMARCHには行くくらいのレベルのそこそこ進学校である。めちゃくちゃバレバレだが。

 小学校では中学受験をする子が周りにおらず、親も褒めて伸ばすタイプだったのが逆に悪かったのか何なのかは知らないが、いつのまにか私の中には「自分は頭が良い」という意識が生まれていった。

 しか中学に入って、私はだんだん勉強に追いついていけなくなる。100点のテストで70点しか取れなくて悔しがっていたのが、いつしか苦手科目や5教科以外の試験なら平均点や満点の半分の点数を取れればまあ良いやというようになってくる。

 初めは真面目に通っていた鉄緑会も辞めてしまい、鉄壁はその厚さにギブアップしてターゲット1900に切り替えるなど楽な方を選択して勉強もまともにしなかった為、高3では地獄を見る羽目となった。

 それは元々の私の性格である怠惰さや勉強があまり好きではないという思いから来るものであり、また自分よりも学にも芸にも秀でている友人を見ていくうちに漸く得た「なんだ、自分って大したこと無いんじゃん」という諦念の感によることだったのかもしれない。

 けれど、私は「自分は出来る子だ」というプライドを捨て切れなかった。

 夏休み課題で提出する小説で賞を貰ったこと、授業で誰一人理解することの出来なかった『こころ』の友人Kの感情自分だけ読み解けたこと、センター志望校過去問絶対現代文だけは間違えなかったこと、そういう取るに足りない誰もがきっと忘れていくような些細な物事の欠片を、歩いてきた道を振り返ってしゃがみこんで目を凝らして拾い集めた。

 誰にも自慢出来ることがなく、性格が良いわけでもなく、美人でもなければ気が利くわけでもない。友人と呼びたくとも向こうがこちらを好いていなかったらどうしようと怖くなって友達もあまり作れなかったし、部活で一緒だった数人の友達と呼べる人たちが皆国立理系コースに進む中私だけ私立文系という道を選んだ(算数嫌いが祟って数学も駄目だった)し、夢もなく何かに向かって努力たかと言えば泣きながら日本史熟語を頭に詰め込んだ時くらいだ(暗記科目が苦手なくせに受験で使った)。

 要するに救いようのないくらい臆病な馬鹿だ。出来ないことが多すぎて、常に劣等感に苛まれている。しかし臆病であるからこそ本当に自分は駄目なんだと諦めたくなくて、「自分馬鹿じゃない」と思い続けている。

 結果として大学受験センター滑り止め他志望校で躓き続け、奇跡的に第一志望だけ合格したのだから始末に負えない。世間様に馬鹿にはされない学校に入ったことで、人生設計の全く捗らない行先に少しは安心出来る要素がプラスされたくらいのくせに、私の「自分は出来るんだプライド」は強化されてしまった。

 「どうしてどうせまともに勉強もしていないようなあなた文章が、W大文学部の私が書いた文章よりも評価されるの?」

「どうしてあなたがテキトーに書いた3千文字も無い文章が私の1万字よりも評価されるの?」

「どうしてまともに『てにをは』を使えないあなた文章が私の文章より評価されるの?」

 というような泣きたいくらいの進化が遂げられてしまった。いやもう泣いてる。見ず知らずの人を絶対自分よりも下流努力していない人間と決めつけて、自分付加価値で殴ろうとしている。文章は長ければ長いほど良いと思い込んでいる。三番目は許してほしいが、信じられない愚行だ。

 まず第一勉強が出来る(=成績が良い)ことと文章面白く書けることとは全くもって関係がない。ウィット文章を書けることと教養があることとは関係があるだろうが、そちらは関係がない。

 第二に学歴文章判断するのは間違っている。学歴が無くても面白い文章は書けるし、一般大衆にウケたり賞も獲れたりする。

 まったく評価基準が間違っているとしか言いようがない。視野が狭い人間なので他にも叩ける部分はあると思うのだが、溜息しか出ない。しかもわかっているのに直せない(と思い込んでいる?)のだからどうしようもない。どうしたら良いのだろう。どうすれば良いのかわからなくて、途方に暮れている。

 嫌な人間になってしまったものだと思う。でもこの世の中は競争社会で、相対評価が当たり前で、何かしら人と比べなければ気が済まない人々に囲まれ環境に置かれればそうなってしまうのも致し方ないのではないか、と自分を庇ってしまいたくもなる。

 誤解の無いように言っておくと、他人様の文章に感動しない人間ではない。寒い部屋で鼻水垂らして泣きながら読んだ大好きな小説もあるし、してやられたと最後最後でのどんでん返しにニヤついてしまうこともある。

 しかし「人に馬鹿にされたくない」という思いと「人に評価されたい」という思いが混ざると、こんな面倒なことになってしまう。でもどちらも当たり前の感情だとも思うから、返って対処の仕方が解らない。

 作品に関しては宣伝もっと上手く出来れば閲覧数が伸びるのではないか、という指摘もあるかもしれないが、表立って書いてますとは言えないジャンル創作なので、そこの辺りは難しいのではないかと思う(一応ツイッターにそのジャンル専用の鍵アカウントを作ってあるが、相互が40人程度の小規模なアカウントだ)。

 人に賞賛される喜びが捻じ曲がって醜い嫉妬に変わり果てるのは、今私や私の小説を好きだと言って下さっている方々の思いの否定にもなりかねず心苦しい。

 今回はそういう気持ちをどこかに吐き出したいと思いチラシの裏感覚文章を書いたのだけれど、割合すっきりしたのと同時に恐らくこれからもそのような自己矛盾と付き合っていかなくてはならないのだろうな、という実感が湧いてきている。

 何があっても筆は止まらないし、折るつもりもない。文章を書く喜び、キャラクタに向き合う喜び、そして人に賞賛されるという喜び。それらの何物にも代え難い快感を知ってしまったら、もう当分心大人になりきれるまでは、ずっと苦しみ続けなければならないのだ。

2018-01-08

とても頭の悪い彼女の思い出

俺が高校生の時、とてつもなく頭の悪い彼女がいた。

てにをは」をよく間違える。算数計算が非常にあやしい。そんな彼女だ。

出会いもめちゃくちゃだった。

そこそこのバカ高校の生徒であった当時、童貞は最高にダサいという価値観クラス蔓延していた。

そんな中、ひどく焦って、信頼できる先輩に紹介してもらったのが面識のない一つ年上の彼女だった。

先輩曰く、こいつは童貞の筆下ろしの達人だと。

セックスにおける諸々の礼儀作法を学ぶにはうってつけの、歴戦の猛者であると。

何度か電話交渉した結果、初対面が俺の自宅デートかつその場で即座にセックスで条件合意という、

ガチホームなのにアウェイという非常に困難な状況で会う事となり、

緊張しながらも、俺は彼女との初対局にあたり万全の備えをしつつも、立ち上がりは強めでいこうと決心していた。

童貞とてなめられてはいけない。オスとしてのプライドはある程度守らなくてはいけないが、

しか紳士的かつフレンドリーでありたいと、そう心に決めて臨んだ対局だった。

結果として対局はスムーズに進みつつ、無事に童貞の見栄っ張りは一撃で粉々に砕け散った。

さすがは歴戦の猛者といった試合展開で、負けもいっそ心地いい。名人に一本とられたという具合だ。

初対面の童貞職人芸を惜しげなく披露するプロフェッショナル彼女の姿に感動し、

俺は他人からこの人がビッチと呼ばれていてもいいから、

一緒に居たいといたく感動し、胸焦がれた事を今でも覚えている。

それから何度も逢瀬を重ねるも、やがて、全てがめちゃくちゃなので、自分から自然消滅的に連絡を絶ってしまった。

地元では有名なビッチだったので、その人を周囲に紹介しづらいという後ろめたさがあり、

俺は彼女正式彼女であるオフィシャルに言えなかった。

秘密愛人のような、隠した存在のように扱ってしまった。

とても愛していたのに。なんて馬鹿な事をしたのか。今でも、深い、深い後悔をしている。

それから20年が経ってしまった。

俺は東京に出て一山あてようと頑張りつつなかなか成果が出ないという現状なのだが、

ひょんな事で、彼女東京のしかもごく近くに住んでいる事を伝え聞いた。

彼女もいい年をしておいて独身だ。まぁ問題が色々あったんだろうなと即座に察した。

連絡をしようかどうか?これは極めて困難な問題だ。

20年も経って連絡するのは向こうも驚くだろうと。はたから見れば意味不明でしょうと。

でも、めっちゃ近い。なら会いたい。今なら。今であれば。

伝えられなかった事も伝えたい。童貞の筆下ろしのプロ

俺はそんなプロフェッショナルの人となりに、本当に敬意を持っている。

できるならば今後は俺の隣にいて欲しい。愛おしい人。

2017-12-21

最近てにをは」の使い方がおかしい人が多い気がする

そういう人たちは一様にあちゅうというもの批判してる

あちゅうというものには人の知性を低下させる何かがあるのだろうか

2017-12-20

anond:20171220132059

とりあえずある程度規模の大きい都道府県レベル自治体という前提で書きますね。まず新人とき研修文書事務の流れみたいなのを習います。ご質問公文書の書き方だけでなく、起案(役所内で意思決定必要稟議書)の立て方とか文書の回付の仕方とかですね。ただし、最近は起案文書の決裁が電子化されているところもあるので、ただ単に原理原則論として習うだけで、研修が終わると忘れてしまう人も多いと思います

あとは、都道府県によっては「文書事務の手引き」みたいなのがあって、「こういうときはこういう書き方をする」というルールが示されています。ある程度規模が大きい部署だと文書係という担当部署があって、てにをは文字の配字や条例規則等に照らして妥当な内容かどうかをチェックします。ただし、そうやって細かくチェックされる文書の方が少数派で、小さい事業所なんかだと、結構ぐずぐずな書き方で表に出てしま文書もあります個人的には細かいてにをはとか、送り仮名とかどこを一文字出してどこを引っ込めるかとか細かい形式的なチェックをするのはいかにもお役所的でアホくさいと思っていますが、だからといって誤字脱字があったり、部署個人の好みによって公文書体裁が違ってしまうのもそれはそれで問題なので必要悪ではないでしょうか。

から公文書の出来不出来は配属された部署やついた上司によってかなり個人差が出ます。余裕のある部署上司が丁寧に見てくれるようであればそれなりのものが書けるようになるし、忙しくてあまり面倒みてもらえないとか、とりあえず去年の文書コピーして日付とかだけ直せば用が足りる状況だと、人まねはできても自力オリジナル文書を作るときに苦労するでしょう。個人的には内容がきちんと相手に伝わるように書いてあればそれでいいじゃんとは思っていますが、あまりにも極端にいわゆる公文書体裁をはずれると受け取った側に「本当に役所から来たの?」と疑われてしまうので、ある程度形にはめて書く必要はあるでしょうね。

ところでなんでこのことに疑問を持ったのですか?公務員を目指しているとか?

2017-11-30

anond:20171130132127

同意確認するのが野暮なんじゃなくて、野暮な確認の仕方をするのが問題なんだろ

てにをはから全部教えられないと相手不快にさせない態度もわからんのか

2017-10-10

anond:20171010170720

近所とは挨拶程度の付き合いしかしていないのだが、どうも行動不審な奥さんが二人いる。

一人(Aさん)は日によって凄く怒っていたりご機嫌だったり普通だったりする。

もう一人(Bさん)はこちらに敵意を剥き出しにした言動をとってくる。

しかし二人とは会話するどころか挨拶をしたこともない。

不思議に思っていたが、詳細を確かめることもなく七・八年が過ぎた。

先日、うちの旦那がAさんと話す機会があったそうな。

それによると、我が家の隣に住む奥さんが、Aさんに失礼な態度を取るらしい。

かに隣の奥さんも時々そんな日がある。

だけど変だなと思うのは、愚痴を吐いているAさんのほうがもっと酷い態度を取っているってこと。

AさんとBさんはよく会話しているところを見かけるが、

二人で話しているうちに疑心暗鬼になって、隣の奥さんと我が家グルだと思うようになったのか?

しかし、うちは隣の奥さんともロクに話したことがないし、根拠もなく疑うもんだろうか?

隣の奥さんも言動不審だけど、私からしたらあの二人の方が強烈すぎるんだわ。

==============

夫を除く重要人物がすべて「奥さん」という状況。「てにをはレベルの間違いを多分に含んだ文章カオス

2017-09-27

anond:20170927182000

おどけても言い訳しても無駄

誤変換はいくらでも許す俺だが

てにをは間違う奴は国語力低いと見なす

まして国語力を云々する文章でそれは、まともな奴なら有り得ない

anond:20170927181434

そういう内容の文でてにをはもきちんとできない低能がなにをいう

2017-09-16

てにをはが変なのではない

てにをは対象意味が変わるのが日本語

ふざけろ

2017-08-24

ツイッターでよく流れてくるデタラメ英文

「来世使える!クソみたいな英文」というツイッターアカウントが人気があってRTされまくってるらしいけど、

あれが載せてる英文ほとんど全部滅茶苦茶だからね。

文法もよく間違ってるし単語のチョイスや使い方が明らかにおかしい。英語ろくにわからない人間適当に書いてる英文

辞書見てたまたま訳語が一致したもの適当に選んでるだけみたいに見える。実際の使われ方を知ってたりちょっと調べたりすれば日本語のその言葉とは意味文章の中での役割がかなり違うとわかるのにね。

おかしいよって指摘する人がいればいいんだけど、十分な知識のある人がそんなにいないし、いたところで空気嫁とか言われるだけだと思ってあんまり言わないんだろうね。

もしツイッタープロフィールに「作者は英語があまりわかりません」とか書いてネタだとハッキリ分かるようになってればまあいいけどそんなことはないし、それどころか勉強を謳ったり著書まで出してる始末。何がおかしいのかまだわからないような初学者に嘘を教える害悪

こんな風にいうと「細かいことばかり言うから日本人英語ダメ」とか「間違っても果敢に使っていくことが~」とか言い出すかもしれないけどこれは違うからね。

すでに日本語が使える人がめちゃくちゃな日本語文章を読んでもなんともないけど、日本語を学ぼうという人がわざわざ「てにをは」がデタラメで一行ごとにニュアンスを取り違えた単語を使ってる文章を読むのは百害あって一利ないでしょう。

2017-08-23

職場の後輩

今春に新卒で入ってきた後輩が不思議ちゃんで困っている。

電話がとれない

電話が苦手そうなので、内線しかとらせていない。だから、本人も直接聞きに行こうとするし、わからなくても他の人が聞きに行けるのでなんとかなっている。

Excelが使えない

タイピングは早いんだけどな…。MicrosoftExcelを初めて見たかのような反応だったけど、今どきの学生は授業でやらないのかな。行と列の挿入・削除もちょっと怪しい。

ネット検索が出来ない

最初は懇切丁寧に教えれば…と思ってたけど、つきっきりでメモを取ってもらいながら教えても忘れるし、メモを見ることもしないし、なんならメモ帳を家に忘れてくる。

後輩だから面倒見てあげないとと思うし、後輩ちゃんの合うやり方で教えられればもしかしてと期待をしてしまうしで、気になってしまって精神衛生上よろしくない…

そもそも、ついこの間まで学生だった人に求めすぎているのかも、と不安になってしまっていたりもする。

今年の6月twitterで、「自分の後輩が社会人なのにパンチの空け方もわからなくてやばい!」っていうツイートが流れてて共感したんだけど、「教えなければ知らなくて当たり前です!」って叩かれてて、挙げ句の果てに不正ログインされててツイート消してしまわれてた。

うちの後輩も、ダブルゲージのガイドがないとパンチが使えなくて、片側しかガイドが付いていないパンチしかないときは、ダブルゲージのパンチを探してうろうろし始めるし、切手の貼り方も切手の料金の調べ方もわからなかった。

正直、後輩は辞めた方が本人のためにも良いんじゃないかと思っているけど、同僚に愚痴ったら、それは言い過ぎって言われた…

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん