「学士」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 学士とは

2020-05-19

anond:20200519023306

偉いの基準がよくわからんが、いわゆる勉強に重みが置かれすぎて研究方面での姿勢が云々の話だったら、

法学系は一昔前まで、学士助手が中心だったか学部試験成績の重みが他の分野に比べて大きすぎるとかいう指摘は見たこと有るな

勿論東大が中心の制度だし、結局東大だけの話とかかも知れんが。

2020-04-26

ヒューマンコンピュータインタラクション(HCI)への違和感

はじめに

anond:20190329034939

この日記が物議を醸してから1年以上経った。

その頃自分M1からM2に上がりたてで、HCI系の研究室所属していたが特別ブラックというわけでもなく(直接指導にあたる教員との相性は悪かったが)、記事を読んでも筆者の境遇に思いを馳せるぐらいの月並みなことしかできなかった。

それでも、HCIは「一見役立たなさそうなおもちゃのようなものに、理屈をこねくり回して正当化させるのが多いように感じ」るという主張に心から共感したことは覚えている。「おもちゃ」という表現がぴったりだと感じたのだ。「ゴミ」とか「クズ」ではなく、「おもちゃ」。自分も含めて学士修士研究は大半がゴミ同然なのだろうけれど、どうしてかHCI研究の一部は「おもちゃであるように思えてならない。当時その理由漠然と考えてみたりもしたが、結局まとまらないうちにほとぼりが冷めてしまった。

今、自分修士課程を修了して労働をしている……が、このご時世なのでここの所はずっと自宅待機で時間を持て余している。だから、今のうちに寝かせたままのもやもやを整理し、言語化しておきたい。そういうわけで、増田に書くことにした。

一応断っておくと、これから書くことは修士卒の人間主観に満ちたお気持ち表明であり、HCI全体のごくごく狭い領域事情を述べているに過ぎない。HCIの学際的な領域は多岐にわたるが、その中でも自分記憶感情コミュニケーションといった人間精神的な活動コンピュータ技術支援しようという趣のことをやっていたから、余計におもちゃ性の強い研究に触れる機会が多かったのかもしれない。そのあたりを踏まえた上で、読んでもらえると幸いだ。

HCIはどのようなおもちゃ

HCIが立派な研究であるかどうかは、HCIおもちゃ問題を考える上で大きな問題にならないと自分は思う。正しく研究フォーマットに則ってさえいればそれは研究と呼ぶ他ないはずだし、研究質的議論は何もHCIという分野に限られたことではない。

HCIにとって真に重要なのは、人の役に立つかどうかだ。

学問有用性は、例えば人文学の軽視だとか、もっと次元を低くすれば三角関数を習う意味だとかで、これまたよく議論対象となる話題である自分としては、一般的学問に関しては直接的な人間への有用性という観点のみで議論されるべきではないと思っている。学問による間接的な恩恵や将来への投資無視するのはあまりに浅慮であるし、根源的な欲求の充足というのにも価値はあるはずだと考えるからだ。

しかし、HCIは例外だ。HCIは、人を対象とし、大半の場合エンジニアリング的なアプローチによる課題解決を目指しているのだから、人の役に立たなければ意味を持たない。しょうもないHCI研究は、道具・ツールとして失格の烙印を押されたガラクタの「おもちゃなのだ

自分は、ワゴンいっぱいのガラクタおもちゃの中にあって気持ちがみるみる冷めていったし、元増田の筆者もきっと同じだったのだろう。

おもちゃHCIの特徴

ここからは、自分おもちゃだなと感じてしまうHCIの特徴について列挙していく。

継続的使用が望めない、一回限りのモノである

おもちゃHCIは往々にして一発芸の様相を呈しがちである

遊ぶように楽しめる何かを作ること自体結構だが、課題解決を目指す工学において繰り返しに耐えないモノを作るのは全くのナンセンスだ。

それこそ、人間にとってのお役立ち度は、縁日の射的の景品やヨーヨーと全く変わらないということになる。

人間理解していない・理想化しすぎている

HCIの研究プロダクトが役に立つ前提として、人間というのは常に明るく元気で前向きで、人と繋がりたくってしょうがない生き物なんだと考えているんじゃないかと思わされることが何度もあった。確かに現在社会においてそのような人々は理想的で偉いのかもしれないが、現実を見ればそのような前提を掲げられるはずもないことは火を見るより明らかだろう。

また、人々に高度な認知能力要求するような例も多いが、そのような人々がいくらかエンハンスされたとしてもそれに対するHCIの貢献度は、はじめからA判定の生徒を受け持つ家庭教師のような疑わしさが持たれて然るべきだ。

他分野の援用に飛躍がある

これは元増田にも指摘のあったことだが、他分野を無理のある形で援用してトンデモ仮説を作るようなことが見受けられた。逆ソーカル事件といえるようなことが、あちこちで起こっているんじゃないかと思う。

射程が短い、もしくは長すぎる

大いなる研究の礎として失敗した研究存在するという考え方があるが、おもちゃHCIは礎たりえない。それは、そこに積み上げられるものが全くないか、あるいは逆にバベルの塔を建てようとしているからだ。つまるところ、未来が両極端なのだ

おわりに

ある程度もやもやを形にすることで、多少スッキリしてきた。

当たり前のことだが、何もHCI全体を否定しているのではない。優れた研究研究者は数多く存在しており、今後も我々の生活を豊かにしてくれるのだろう。

ただ、おもちゃHCIが存在するのも事実で、それに関わると残念ながら莫大なリソース無駄に終わってしまうからちょっと口出ししておきたかったのだ。

anond:20200426090822

理系では数学をやれば基本的論理学の訓練になる。

文系では哲学基本的論理学の訓練を受けるのが本来の姿。

博士号をPhD(=Doctor of Philosophy、哲学博士)って呼ぶのはそのせい。

ところが、戦後日本では大学哲学教育マルクス主義哲学に乗っ取られてしまって、左翼イデオロギー刷り込みになってしまった。

その結果、文系一般教養としての論理学の訓練としては役に立たなくなってしまい、文系学士様の多くは論理学素養を授けられていないのだ。

文系大学カリキュラムカルチャーセンター区別がつかないといわれるようになってしまって現在に至る。

2020-04-15

日本工学院八王子専門学校について、進学を考えている方へ

日本工学院八王子専門学校ITカレッジについてです。

ブラック環境です。

退職者も多いです。

そんな教師にとって劣悪な環境でいい教育ができるわけがありません。

近年のエンジニア志望の増加により、生徒は増えるのでより教師にとっては厳しい環境となるでしょう。

いい教育を受けたいなら日本工学院八王子専門学校を選ばない方がいいです。

エンジニア志望の方は専門ならHALを選ぶといいです。(CAなど有名企業にもHALの方はいます

最善は情報系の大学にいくことです。

専門に進学して数学英語の学ぶ環境を失うことは人生においての損失です。

海外で働く際にも学士を持っていないことは大きな不利を被ることになります

日本工学院八王子専門学校に進学を考えている方は逃げずに考え直してください。あなた人生です。

また、日本工学院八王子専門学校に在籍している方は発信をしていただけるといいと思います

どうか多くの方にこの日記が届くことを祈っています

2020-04-06

马斯克生于南非的比勒陀利亚[7];他的母亲Maye Haldeman Musk是加拿大人,而父亲Errol Musk则是南非白人[8][9]。Elon本人有德裔宾夕法尼亚人血统,他的祖母英国人,他的外祖父来自于美国明尼苏达州,后来移居到了母亲的出生地——加拿大萨斯喀彻温省。马斯克的父亲是一个电动机械工程师,母亲则是一位作家、营养师和模特。Elon在家排行老大,有一个弟弟Kimbal和妹妹Tosca。 马斯克在10岁那年买了第一台电脑,并自学了编程。12岁时,以500美元出售了自己第一个名为Blastar(一个太空小游戏)的商业软件。17岁(1988年)高中毕业后为了避免南非的强制兵役,离开了南非,因此在之后的求学过程中并未受到父母的经济资助。 1992年,在加拿大皇后大学学习两年后,转而到美国宾夕法尼亚大学学习商业和物理;从宾夕法尼亚大学的沃顿商学院毕业,获得经济学学士学位后,又留校一年,再获得物理学学士学位。他接着移往加州硅谷并打算在斯坦福大学念应用物理材料科学博士学位,然而在入学天后就辍学。马斯克考虑了三个最想涉足的领域,这三个领域在他看来都是深刻影响人类未来发展的领域,分别是:互联网、再生能源、太空。 随着一些新兴技术的不断出现,即使是马斯克也担忧科技激进发展的问题,他曾呼吁政府应该针对人工智能立法监管,透过社会规范AI技术进步[10],并称人工智能可能引发第三次世界大战[11]。

https://allmovie.pro/video/257-prichin-chtoby-zhit-3-serija-87593.html

https://allmovie.pro/video/257-prichin-chtoby-zhit-4-serija-seriala-onlain-87594.html

2020-04-02

马斯克生于南非的比勒陀利亚[7];他的母亲Maye Haldeman Musk是加拿大人,而父亲Errol Musk则是南非白人[8][9]。Elon本人有德裔宾夕法尼亚人血统,他的祖母英国人,他的外祖父来自于美国明尼苏达州,后来移居到了母亲的出生地——加拿大萨斯喀彻温省。马斯克的父亲是一个电动机械工程师,母亲则是一位作家、营养师和模特。Elon在家排行老大,有一个弟弟Kimbal和妹妹Tosca。 马斯克在10岁那年买了第一台电脑,并自学了编程。12岁时,以500美元出售了自己第一个名为Blastar(一个太空小游戏)的商业软件。17岁(1988年)高中毕业后为了避免南非的强制兵役,离开了南非,因此在之后的求学过程中并未受到父母的经济资助。 1992年,在加拿大皇后大学学习两年后,转而到美国宾夕法尼亚大学学习商业和物理;从宾夕法尼亚大学的沃顿商学院毕业,获得经济学学士学位后,又留校一年,再获得物理学学士学位。他接着移往加州硅谷并打算在斯坦福大学念应用物理材料科学博士学位,然而在入学天后就辍学。马斯克考虑了三个最想涉足的领域,这三个领域在他看来都是深刻影响人类未来发展的领域,分别是:互联网、再生能源、太空。 随着一些新兴技术的不断出现,即使是马斯克也担忧科技激进发展的问题,他曾呼吁政府应该针对人工智能立法监管,透过社会规范AI技术进步[10],并称人工智能可能引发第三次世界大战[11]。

https://allmovie.pro/video/257-prichin-chtoby-zhit-3-serija-87593.html

https://allmovie.pro/video/257-prichin-chtoby-zhit-4-serija-seriala-onlain-87594.html

2020-03-02

[]2020年3月1日日曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
001301268097.537.5
0171606585.430
02336873208.349
03386708176.553
04409000225.071
05233946171.642
0622168676.651
07598929151.367
0811512001104.461
097814949191.751
101161120596.633.5
119714964154.349
1215719549124.547
131461102775.545
14130972074.833
151971472174.738
162431681669.242
1721423342109.147
181531501198.137
191801767998.255.5
20124976078.736.5
2118334788190.146
2216735685213.737
2313621779160.137
1日2852338883118.844

本日の急増単語 ()内の数字単語が含まれ記事

東京事変(9), 脳炎(4), Travis(3), トレペ(3), かかわりあい(9), 底堅い(3), 熊本県民(3), キートップ(3), コロナビール(4), 受電(5), さかさ(3), ポリシーロンダリング(3), 休校(39), トイレットペーパー(58), コロナ(114), あいて(14), 在庫(15), 撤去(20), マスク(79), メルカリ(25), 要請(17), 感染者(26), ウイルス(36), 感染(84), 転売(18), 肺炎(16), エロ本(15), 検査(30), 風邪(18), デマ(17), ライブ(15), 症状(19), 政府(32), 満員電車(14)

頻出トラックバック先 ()内の数字は被トラックバック件数

メルカリ社員ってこんな企業に勤めてて恥ずかしくないのかな /20200301070448(30), ■スクウェア・エニックス退職しました(派遣) /20200301041248(21), ■ロック迷惑紙一重東京事変ライブコロナウイルス /20200301023327(19), ■女性オタクによる実在成人男性への性的消費が酷すぎる /20200301124153(15), ■すこ /20200301221321(7), ■なんで反安倍デモ起きないの? /20200301023257(7), ■東日本大震災発生時との雰囲気の違い /20200301114800(6), ■増田って /20200301080135(6), ■突然の休校で良かった /20200301083517(6), ■過緊張というのか /20200301193935(6), ■女の子とサシオフすることになっちゃった /20200301205611(6), ■ /20200229194348(6), ■「フィクション犯罪率を下げる」という主張は正しいのか? /20200301111100(5), ■冗談大喜利抜きにはてブでこんなこと言ってる奴は信用ならねえってテンプレコメントある? /20200229124515(5), ■虐待相談 /20200229164536(5), ■はてブっていつも「文章力がすごい」って言ってるよな /20200229232115(5), (タイトル不明) /20200301045444(5), ■自分が新型コロナ感染していると仮定して、最もウィルスを広めるにはどうすればよいか /20200225001114(5), ■anond20200301150550 /20200301151649(5), ■コロナ騒ぎでデート場所にこまっている /20200301151850(5), ■横だが /20200301165110(5), ■ありません。博士修士学士高専卒(準学士)等、様々な技術系職 /20200301172644(5), ■大学受験に落ちた /20200301173451(5), ■ /20200301182014(5)

増田合計ブックマーク数 ()内の数字は1日の増減

7074097(2229)

2020-03-01

ありません。博士修士学士高専卒(準学士)等、様々な技術系職

技術職員場合修士博士業務内容に差があったりしますか?(例えば、博士だとこれができる・・・など)

ありません。博士修士学士高専卒(準学士)等、様々な技術職員がいますが、業務内容に差異はありません。

https://twitter.com/JAXArecruit2021/status/1229284426997059584

みんなはどう思う?

2020-02-22

anond:20200222144540

それはありえる。だいぶ年季の入ったおじいさんだし。

学士とったのは半世紀前かもなw

2020-02-16

ITエンジニアとして大マネーを稼ぎたい

受託開発企業ソフトウェアエンジニアとして働いている。27歳。月の残業約30時間。それ込みで年収源泉徴収票記載される支払金額)400万程度。

これよりひどい所もいっぱいあるとは思うけど、正直毎日「こんなことで良いのか俺!」と思ってる。

そこで近年の流行アオリを受け、アメリカシリコンバレーに行ってフリーな風潮のクールなチームにジョインして大マネーを稼ぎたいと思いはじめた。具体的には、独身なら家賃差し引いても毎月70万くらい貯金でき、基本的残業なしの自社開発企業で働くこと!

しかし具体的にどうすれば良いのか分からない。

大学情報系の学部卒業後(学士)、ITエンジニアとして働いてきた恵まれた経歴が自分にはある。TOEFLは受けたことがないが、まあ気合でなんとかなるだろう。言語気合だ。知ってんだそれくらい。しかしだ、どうしたらそこからシリコンバレーで働けるのかが分からない。それが困った。

こう言うとアメリカの院出ろっていう人がいるが、そんなハードル高いのは困ります。初っ端からGAFA目指す訳じゃないんだし、既にキャリアがあるんだから、それ生かしてカタコトの英語でどっか滑り込めンじゃないスカと思う。こんなこと言うとシリコンバレーで、いや英語圏の先進国で働いてる日本人から見ると甘いと思われるのかなぁ?

とりあえずLinkedInプロフィール埋めよっと。😊

2020-02-04

anond:20200204000243

トップ東大学部卒ですらなく、東大在学中に採用試験合格して中退したキャリア官僚だよ。

国際会議に参加する外国官僚博士号持ちが多い中、事実上高卒でよく頑張ってると思わない?

アカポスでも修士博士より学士助教が格上だね。

東大特別名誉教授安藤さん高卒だし、東大は見掛け倒しの学位なんかよりも本人の実力を大事にしてるよ。

2020-01-01

100分de名著シリーズバックナンバー約100冊を読破したら人生変わった

補足書きました

思った以上の反応を頂いて驚いてます

コメントへの返信など、追記しようかと思ったのですが、長くなったので別記事しました。

興味あったら見てください。

https://anond.hatelabo.jp/20200102201209

はしがき

釣りっぽく書いたけどほんと。

結構色んな意味読書知識というものに関する意識が変わったので、なんかアウトプットしたくなった

なお、名著そのものを知ったことに関する感銘とかは今更私が言うまでもないので省きます

書きたいのは100分de名著シリーズ対象にした読書を集中して実施したことに関するメタ効果に関して。

ちなみに、読破したと言っても読破したのはあくま解説本。

スペシャル版とか、ブックス版はもう少し厚いけど。どれも約120ページで、読書慣れしてる人なら2-3時間で読める量だと思う。

いやそれじゃ読んだことにならないだろ原典あたれよ、って思うよね。私もそう思っていた。

から最初20冊くらいは解説本を読んで、原典にあたって、と繰り返していたけど、以下の2つのことに気づいて一気に解説本を読む方向に転換した。

原典を読むのは、それが終わってからでも遅くないと感じた。

本の解説で繰り返し取り上げられる要素(人名思想歴史上の出来事など)があることがわかった

勉強とか、何でもそうだと思うんだけど、繰り返し出てくるものって記憶に定着しやすくなる。

さらに、その要素が「影響を与えられた」もの解説として出てきたり「影響を与えた」もの解説として出てきたりする。

何でもそうだと思うんだけど、流れというか構造の中にある知識って単発の知識より遥かに定着しやすくなる。

なので、バックナンバーの中で関連のありそうな同時代、同地域、同分野の本をグループ化して間開けずに読んでいくのが効果的に思えた。

原典が全16巻とか(おまけに明治時代の訳だったり)あるものがあった

まぁ要するに、それを読むだけで半年とかかかりそうなものがチラホラあったということ。

そこに突っかかっているうちに飽きて来ることを懸念した。

実に20年ぶりくらいに読書エンジンがかかっていることを実感していたので、これに水を指したくなかった。

約1年かけてバックナンバー読破して効用として感じていることは、、、


文系学問価値理解できるようになった

ちなみに私は理系出身

よく「文系は作者の気持ちでも考えてろ」と言われるけど、「本気で作者の気持ちを考える」ってのは実に尊い活動だと考えられるようになったこと。

今みたいにリアルタイム意見のやり取りが出来るわけでもないのに、驚くほど人間の考えや意識ってのは「繋がって」いることがわかった。

ある偉い人がいいことを言うに至った過程を忘れてしまうのは人類の損失だなと。というか、理系と一緒なんだよね。

アインシュタイン相対性理論だって洞窟暮らしていたアインシュタインがある日突然思いついたわけじゃない。

それに、曖昧さを嫌い、論理にはもととなる論理が明確に存在する理系学問「ですら」そうなんだけれど、

現時点の主流見解は現時点の正解ですらなくて、考え直しが迫られるのはよくある。

そういうとき、どこから間違っていたかどこから考え直すためにも歴史的な思考の経緯は絶対に失わせてはいけない。

文系学問の究極の目的は、新しい思考を生み出すことと思っているけど、新しいものを生み出すために今までの流れを知ることも必要だ。

果実を生み出すのがポンと生まれてきた天才的な作家哲学者だけれど、

天才誕生を待つ間その過程を丁寧に残すのがむしろ普通文学者役割で、

アカデミズムとしての文系学問の真髄はそちらにあるのかもしれないと思った。

これ、理系ブレイクスルーを起こす天才待ちと同じ構図だよね。

天才、と呼ばれる人間自身の業績についてちょっと違う視点物事を捉えただけ、とかちょっと違う組み合わせを思いついただけ、と語るのはよくあることだ。)

大学教育意味について捉え直せた

バックナンバーの消化も終わりに近づいたことろ、私は思った

「かなりいい勉強になった」

大学生の頃にこういうことをやっておくべきだった」

「というか大学でこういう講義あってもいいのに」

「あ、でもこんな事やってたらそれだけで四年間終わっちゃうか?」と。

そこで計算した。

100分deというくらいなので上記解説本一冊は、約100分の映像となる(補足説明踏めると1-2割、解説本のほうが情報量多い気がするけど)。

以下、とても雑な計算だけれど。

大学はだいたい15時間講義で1単位とされる。

まり900分だ。上記解説本でいうと、9冊。

100冊なら、約11単位計算してみて驚いたが、たったそれだけ。

一般的大学生は1年に20-30単位取得するだろうし、卒業には120単位程度必要だ。

定義サボり気味の大学生の半期分程度の勉強しかしていないことになる。

嘘でしょ?

驚いたついでにもっと攻めた想定をしてみる。

こんなことを意識している大学生はほとんどいないと思うけど、15時間講義には、30時間の事前学習と30時間の事後学習が想定されているらしい。

http://www.ohshiro.tuis.ac.jp/~ohshiro/univlaw.html

1冊辺り6時間程度の読書時間が追加で想定できるわけで、

原典には上記したとおり全16巻あるものもあれば、100ページもないものもあるから、慣らすとだいたいそれで読めてしまうとする。

するとつまり大学とは本来

「最も頭の冴えた4年間に」「専門家が選んだ良質なテキストを」「専門家解説付きで、必要なら質問し放題の環境で」「1200-1300冊読んで理解する」

場所だ、ということだ。

ああ、確かにそれをこなせば立派な「学士様」になれたろうと思う。

私は修士を持っているが、この10分の1も学士になれた気はしない。俺はなぜあん無駄時間を、、、

可能なら、放送大学なりでもう一度大学生をやってみたいと思う。

叶うなら今度こそ、学士になりたいものだ。

読書習慣と、読書をする体力を取り戻せた

なんというか、これから実施していきたい諸種のおもーい本を含む読書に挑む筋トレというかジョギングと言うか、基礎体力を作ってくれた感ある。

活字を追う体力、意味を捉え続ける体力みたいなのがないと、ほんとうの意味読書趣味にすることは出来ないと思った。

ていうか、楽しむ余裕がない。

スポーツと一緒で、やる気と勢いだけでやっても続かないと言うか。

この1年やってきたことは運動部の1年生が実施するような、練習をするための練習。これがまず必要だったとろこで、その役割果たしてくれたと思う。

練習のための練習として、この「解説読破」が有用だったと思う理由は以下の2つ

2-3時間で1冊終わること

週末、朝と夕方に一時間読む気でいればその日のうちに「また1冊読めた」と思って寝れる。

平日でも、風呂に入ってる30分で読めば25%終わり、はっきりと進んだ位置しおりを挟んで寝ることが出来る。

進捗が目に見え、さらにすぐ終わりが見えるというのは精神的に楽だ。

無駄足にならないこと

価値保証されている書物を、その書物についての深い理解があることが保証されている著者が解説する本であるということは、

読んでいた時間無駄になることはない(たとえ激烈につまらなくても3時間で終わるし、つまらなければ原典を読む必要はないという判断ができるということだ。)

という確信を持って取り組めるということだから、これも精神的に楽だった。

つらいだけのうさぎ跳びとかしたくないのよ。

今後読書を続ける動機づけになった

いろいろな本の中で語られていたことだが、

日々「モヤッと」してることはたいてい昔の人も同じこと感じていることがわかった。

下手の考え休むに似たりではないが、自分程度が疑問に思ったことはきっと昔の頭の良い人が一生かけて考え抜いているので

自分の中で結論出そうとするより同じ疑問を持っているであろう偉人の著書にあたったほうが

考えを前進させる上でコスパが遥かに良いことが芯から理解できた。

実はこれが一番の収穫だと思っている。

これから

というわけで、これから年末にかけていよいよ原典にあたっていこうと思う。

の前に

山川日本史世界史を買った。

解説読破の中で出てきたいろいろな付随知識、これがまとまりそうで纏まらなかった。

これをまとめてからの方が、今後の知識吸収速度が格段に上がりそうな気がすると思って、適切な本を暫く求めていたが結論まさか高校教科書だった。

今読むととんでもなく面白い本だ。まさに私の求めていたものだった。無論完璧じゃないが、知識統合がすすむすすむ。

なぜ俺はあん無駄時間を、、、と思うけど、おそらく解説読破と順番が逆じゃだめだったろう、OKOK。

さて、年末山川をやっつけたあと、原典の中で特に気になっていたものを30冊ほど買った。解説本で実施した筋トレ効果で読むスピードが上がっているが、

途中で気になった関連書籍とかその年気になった本とかをはさみつつ、100冊(巻数でいうと200近い)読み終わるのは3年後くらいの想定だ。

来年シリーズは続いていくので、積ん読もどんどん増えるだろう。

やりたいことが増えていくともっと若くからやっときゃよかったと思うことばかりだけど、

何もすることが無いよりはいいか、、、

とりあえず、今買った30冊とプラスαくらいは、今年の年末までに読み終わっておきたいところだ。たぶん出来る気がする

2019-12-09

anond:20191208200514

高卒には分からない世界だろうが、博士号取得のために絶対必要になる「まともな査読付き国際(英文)学術誌に自分第一著者となって原著論文を通す」っていうのは、大学学士(下手したら修士も)でやってきた""お勉強""と全く違う能力必要とされるからなあ。

話の流れ的に工学系だと仮定するけど、修士卒を新卒で取って社内で育ててから社会人博士号取らせるというルートはもちろんあるけど、そんな社内育成なんてしち面倒くさいことしなくても初めから博士号持ってる奴を採用したほうがポテンシャル低い新卒を掴まされるリスク低いし、というのはあるはず。

下手したら修士でも、っていうのは知ってる例だと京都大学医学研究科でも原著論文どころか学会発表もせず20ページくらいの修論で修了した人を見たのでまあアレですよ。皆さんの回りにも意外とそういう人いるんじゃないですか?私は理学系の博士卒なんでそういうオボちゃん予備軍みたいな人は周りにはいなかったですが。

あっ長文書いてる途中に別増田が「外れを掴まないことが重要」って言及してくれてるな、被ってしまった。

2019-12-08

anond:20191208200514

正直この問いには反論しにくいよなあ

学士も単なる大学入試突破したライセンスの面が大きい

博士レベルでようやく高卒レベルよりも難しい勉強したと言える差が見えてくる

博士とったとして、能力的にちがう存在になるの?

日経記事と、そのブコメみても疑問なんだけど

そもそも論

学士にしても結局は入学するための試験が一番重要でさ

4年間がんばって勉強して学士もらったところで

学士ってそこまで価値があるものじゃないじゃん

博士どころか学士ですら意味からないじゃん

そもそも論その2で

研究という立場で言うなら、修士となにが違うの?論文いっぱい書きましたってだけ?

修士企業就職した人の3年後と大学に残っての3年と何が違うの?

その企業研究開発することと大学研究することに、そこまで違いが分からないんだけど

大学じゃなければいけない理由ってなに?

博士じゃなければいけない理由ってなに?

って思うけどね

この手の話ってさ

俺の言う通りの人生歩んでない奴らを一時停止してるかのような世界観で語るじゃん?

今回で言うなら博士以外の人生

俺は高卒なんだけどさ

工業高校出て機械つくる会社に就職したんだけど

大卒高卒の話でよく言われてきたんだよね

でも4年間何もしてこなかったわけじゃないしさ

22歳のときにTOEIC800点と電験3種とって

その辺の平均的大卒よりはできると思ってたんだけど

でも大卒じゃないと評価はされなくて

そしたら日経記事博士博士うから

博士になったらなにか変わるの?

修士と違うの?って思うわけですよ

2019-11-19

anond:20191119064725

もう一件の自殺は全分野通じて年間15人しか選ばれない学振SPDをとり、学術会議学士院の賞までとっていて、それでポストがなかったわけですよ。

あんな小さな分野で三冠なんて、知らんけど前代未聞じゃないかな。

私なんか適正ないか適当に死なない手段は確保して、論文閲覧のために週1日非常勤する、という生活で(文句ないとは言わないが)そんなもんかなと思うんだけど、あれだけ評価されて職がないんだと精神ダメージもでかいだろうな、と思う。

この状況で「見極め」なんて無理ですよ。

2019-11-14

anond:20191114224544

井の中の蛙って言うけど、絞った範囲で見てかないとキリなくない?

極端な話国外含めたら学士まりの時点で高学歴扱いはされんし、所詮ガラパゴス国家の中でどれだけ名前が通ってるかで争ってるだけだぞ。

ってことはやっぱり地方民には地元学校が一番だし、自分が属する会社なりなんなりにどれだけ学閥があるかが全てだと思う。

2019-11-10

氷河期世代の人は学歴差別してくる人が多い

もちろん個人的意見

この世代の人は学歴社会と実社会が不幸にもミスマッチしたせいなのか学歴に対する自尊心とその裏返しの低学歴への侮蔑感が強い。

かつてとある氷河期世代の人から

自分高卒ということ

90年代後半生まれ(大学進学率が高い)

という二点から心底軽蔑されたことがあり、あれは思い出すだに腹立たしい体験だった。

なんかああい冷血な態度をとられると正直「あなた新卒希望企業採用されなかったのはその性格問題なのでは?」と言い返したくなる。まあ言えないんだけど。

はてなブックマークにも氷河期世代ブックマーカー複数いて、上述の経験に基づく個人的な執心から日頃彼らのブックマークコメントに着目しているのだけど、やはりと言うかなんと言うか学歴に対する拘りや、頭の悪い(と彼らが感じた)人に対する冷血な態度がちらほらと垣間見える。

個人的にはとても納得感があった。

もちろん自分世代にも学歴差別する人はいるし、未だ日本学歴社会なんだけど、大学進学率が高まって「大体みんな大卒」という普遍的感覚が共有されてるみたいで、自分世代では高学歴よりもその人固有の稀有スキルを持った人が称賛されてる感覚がある。

YouTuberなんか正にそれで、コンテンツ力?とでも言ったらいいのだろうか、そういう固有のスキルが高い人ほど羨望の眼差しを向けられ尊敬されてるイメージ

から当然同世代にとって高卒自分など尊敬対象ではあり得ないんだけど、逆に特段軽蔑もされないというか、割合的にむしろ無視されてる感じ。

高卒?ふーんみたいな感じ。

軽蔑されるよりは無視される方が幾分かマシではあると感じる。

自分でも高卒コンプレックスがないわけではないので、通信教育学士を取得しようかな、と思ってはいるけど、それで周囲の扱いが高卒とそれほど変わるわけでもないんだろうな。

世代で語るのが乱暴なのは知ってるけど、愚痴のつもりなので乱暴に語りました。

2019-10-25

anond:20191025070443

みんな適当にやる学士卒論からこそ、そこをまじめにやることが大学生じゃないとできないことなんじゃないかな?

長期の海外旅行とかは、転職タイミングとかでできないことはないが、担当教員がついてアカデミックなことを

まじめに取り組むってのは大学生じゃなきゃできないよね。社会人をやってから大学院へってのもあるけど、

海外旅行より敷居高いし。

2019-10-12

Googleさんに低所者認定されたわけだが今度は

学歴学士 と 社員数大規模雇用者(従業員数:1000〜10000人) の タグがつけられておった

何を判断基準にしとるんじゃろね?

なお、どっちもハズレじゃよ

2019-10-09

anond:20191009200728

つのまにかブラック企業就職してるみたいに残業ノーカンで後輩の指導もやらされたりするんだよね

理系学士ひっさげて4卒でどっかにもぐりこんだほうがよかったのでは

とにかく体優先でな

親にも思い切り泣きつけよ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん