「商業誌」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 商業誌とは

2021-05-15

はてなブックマークひどいな・・・でも他にいくところがないんだ問題

作るか・・・

世の中カテにハフポストとかの超くだらない記事とか組織上げされてるの超きもい

東洋経済とかダイアモンドダメライターがいい加減な記事書いて突っ込みブクマ集めて広告収入にしているのも見苦しい。

最近は文春まで。

ハーバービジネスかいうのがなくなるみたいで少しほっとした。

商業誌炎上しても注目されたら勝ち、はてなブクマが伸びて認知あがって良しとかじゃなくて

なんかもう少し考えてほしい。

これも含めて増田弱者ポエムとかブクマする人たちが気持ち悪い。

それを取り上げる文春とかダメすぎるだろ。

2021-05-13

日本女性として生まれて思うこと」の文章力批判批判する

https://anond.hatelabo.jp/20210512185228

自分もそんなできた人間じゃないから、他人文章力批判批判するとかおこがましいけどさ、ちょっとこの添削あんまりじゃないか?と思ったので批判批判

まずタイトル

日本女性として生まれて思うこと」の文章力批判する/追記

まず文章力批判するってなんだよw普通批判するのは文章のものだろw文章力批判とかイミフ文章力を指摘するならまだ分かるけど文章力批判って……。

これが商業誌市販小説に対してなら批判する道理もよく分かるけど一般人投稿した匿名日記に対して文章力批判って何がやりたいんだかわけわからねえわ。やってることに意義がない。同人小説文章力を求めてるのと同じだろ。そこまで高尚な文章力を求めるんなら増田じゃなくて他行けって話。

素人小説に口出しして「知識人の俺カッケーでしょ!みんな褒めて!」ってやりたいなら最初からそう書け。何をやろうとしてるのか謎なんだよw

  

「私はネット出会いなんて求めていない主婦なので」→無意識なんだろうけど、この文章って過去の話? 現在の話? 今主婦をやってて、今の話をしているのか、「10代の頃に主婦をやっていて、そのころはネット出会いを求めていなかった」という過去の話をしてるのか。

全部指摘するのも面倒だから目立つところだけピックアップして指摘するけど、元々の文章過去形で、さらに前置きできっかけは〇〇だった~ってつながってるんだから現在の話?過去の話?って聞かなくても分かるだろ。

これはお前の文章を読み取る能力が低過ぎ。揚げ足取り。後半でも指摘を見て思うけど根本的に前後文章のつながりを読み取れないタイプに見える。  

  

「似ているのに」→ここは「ほとんど同じ」の方がよい。「ほとんど同じ」という表現比較したときに、「似ている」は「同じではない」という含意が含まれる。「ほとんど同じ」であれば「同じ」であることが強調される。

「どれだけ気を使っても~と言われる始末だ」→「どれだけ気を使っても褒められることはない、むしろ~と言われる始末だ」くらいに書き換え。1文が長いので読みにくい。

ここらへん完全にお前の感想じゃん。筆者の意図感覚を伝えたいから「似ている」って表現がでてきたんだろ。

ほとんど同じ」という表現じゃ筆者が本当に伝えたいことが伝わらない。お前の曲解じゃん。筆者はそれら表現や立ち回りは似ているが、同じではないって言いたいんだよ。

そもそも筆者がほとんど同じだと思ってオカマ口調使ってたら、それはオカマ口調じゃなくて女言葉。実際使ってるイメージが全く変わる。

表現曲解して、似ているが全く別の言葉に改変してしまうのは悪文以上に編集者としてやってはならないあるまじき行為だぞ。

  

一文が長いって言う所もお前の感想ぶっちゃけ全く長くない。本を読めば一文が長くなっていることは多々あるがこれを長いと感じる場合読み手普段から読みやすネット小説漫画ばかりを読んでいて活字に対してストレスを感じていることが多い。筆者が言いたいことに対して冗長と言いたいのかもしれないけど、ぶっちゃけ読み手感想だろとしか言えない。その場合完全な相性なので読み手が去ればいいだけの話。自分好みの文章にするために文句をつけだすのはただのクレーマー

  

もう疲れてきた。

じゃあやめろよ。何で続けてんのかイミフ

愚痴るくらいならやるな。

  

「どうしてここまで差が生まれたのか軽く考えた」→すごく細かいことだけど「軽く」は不要自分の主張を弱めるような表現を使う意味が無い。あと、この直後に結論持ってくるなら、「わたしがたどりついた結論はこうだ。」くらいの文章は入れておいてください。「軽く考えた」という文章がきたら、読者は通常このあとに「どう考えたのか」が続くのかと期待します。

軽くに何でここまで突っ込んでんのかわからない。軽く考えた後、それを深く掘り下げていくというのはよくある流れ。

たぶん徹底的に無駄を省いて意図だけ伝えりゃいいじゃんってタイプなんだろうけど、それお前の好みだよね?

    

文章力批判もかなり長くてダルい文章からここまでにしておくけど、やってることがただのクレーマー

ぶっちゃけ、筆者の意図表現したいことを無視して無理矢理文章を改変させようとしてる当たり、国語先生にすらなれてない。

「お前の文章下手」→その通り。書きながらもっとしっかりした表現に直したくなったけど増田だし気にしないことにした。文章添削した人間がの下手さを指摘されるのは当たり前だし、あとで書いてるようにこの文章自体性格悪いので自業自得として修正しないでおく。

あと致命的なのはコレ。

文章が下手なのを自覚して、直したいとおもったのに増田だし気にしないってわけがからない。

女の文章には文句をつけて散々悪文だこう直せって指摘してたのに「増田から気にしない」って支離滅裂じゃん。

増田から気にする必要もないなら最初から文章添削をすんな。最後まで読んだ人の時間ぶち壊してんだろ。

  

それを後から性格が悪い、ストレス解消だったって開き直ってるけど、結局叩かれたくないための言い訳じゃん。

はじめ書いたときは「俺は知識人、みんなが褒めてくれる」って意識があったから、悪文を直して正しい文章を見たいな書き方になったんだろうけど、批判が増えた瞬間「俺はストレス解消だった」って主張を変えてるのはやり方が卑怯

  

主張をコロコロ変えてるようじゃ他人文章力添削なんて百年早いよ。

2021-04-07

anond:20210407180307

つーか男性向けエロって広まりやすいんだよね

ネットアダルトサイト無断転載されてる同人誌はほぼ男性向けだけだけど

あれはエロってだけで同人誌世界なんか全く知らないエロ漫画読みたいだけの人からアクセスが大量に稼げるから

商業誌と違って無断転載してもどうせ作者は泣き寝入り、とナメられてるってのもある)

から同人ろくに知らない人は「同人誌男性向けエロ漫画」としか認識してない

でも実際の同人誌一般向けや女性向けの方が多いのも、それを作ったり買ったりして関わってる人が女性の方が多いのも

多少同人誌世界を知ってる人ならすぐ分かる

コミケもそれ以外の同人誌即売会も女性向けの方がずっと広いし種類も多様だし人も多いか

でもそういう同人誌の大半は原作ファンファン活動の一環として作っているだけのエロくもない作品から

原作ファン以外は興味持たないので広まらないし

ネット無断転載したって大してアクセス稼げないか無断転載される事もない

2021-03-31

同人誌きっかけで、オリジナル商業誌仕事がある作家が、一握りでもいるのなら、同人誌は無闇に非難されないでほしい。

2021-03-24

最近流行りの異常なんたらって

Twitterとかで最近、異常独身男性みたいなワードをよく見かけるな〜とは思ってたけど今もう商業誌とかでも異常〇〇みたいなの使われててびっくりした(自分観測してなかっただけでもっとからあったのかもしれないけど)

結構好きで読んでた雑誌で今度異常論文特集をやるらしい

こういう自分の異常性アピールで売り出していくのって、売れれば儲けものだし(当たり前だけど)、最終的に伸び悩んだり批判されたりしてもそれ自体自分らの異常性の担保になって悦に浸れるからマジでいい商売だよな

やろうとは思わんけど

2021-03-22

商業誌で明らかにパロディに見えるキャラデザすんのやめろよ

少女、はしたなく懇願←表紙のキャラあきらかにハルヒ

メス・イズ・オールマゾ←表紙があきらかにりあむ

2021-03-19

何十年も前からそうなんだが anond:20210319143314

時代を築いた あかほりさとる なんかはまんまト書きファンタジー

1990年代ノリに乗ってた富士見文庫は叩かれつつも売れてるので正義だった。というか小学校図書室にあった

富士見の中でもライト表現異端だった 神坂 一 も売れてるので正義だった。というか小学校図書室にあった

 

しか女性向けだけは商業誌揶揄されることが多かった

講談社X文庫ティーンズハートなる、少女小説バカ売れだった時期、GS美神の「紙の砦!!」で、

少女小説漢字は少なく。改行はこまめに。でないと読者がついて来れないのよ。

      あんたたちが芸術ぶって文学マニア向けの作品ばっかり書いてきたせいで、

      日本小説若い世代に読まれなくなってるのよ!!」


文豪悪霊「笑わせるなー! このアホな文章で、読者がついてくるとでも言うのかーッ!?


少女小説「私の本は1冊平均10万部、売れてるわっ!!」


文豪悪霊「こんなものを、10万人も・・・文学は死んだーッ!!」

 

とかやってたよ

 

個人的には、ラノベ(笑)は、とあるシリーズあたりからじゃないかなという気がしている

とあるシリーズの文は様々なサイトで弄られてるやで

anond:20210319085714

無知な人が出た

例えばコミケ頒布される同人誌のうち成人指定率は精々3割

(これは「ストーリーの都合上性描写があるだけで所謂ポルノではない、商業誌であれば全年齢で販売出来る程度の本」も含まれ数字から

ガチポルノに限ればもっと少なくなる)

ネット無断転載されるのはその少数派の方だけだけど、それが全てだと思ってる奴がいるんだよなあ

2021-03-18

anond:20210317235416

コレ>”人気者ゆえの特権的な「お願い」権”

もう少し嚙み砕いて言うと、

ワンパターンで新鮮味のない凌辱同人はいくらでも替えが効くが、

ウマ娘アニメウマ娘アプリちょっと替えが効かないぐらいオリジナリティ高くて面白くてしか安価無料で見れたし遊べるし)だから

消費者後者を支持するぜ。

って話だね。

消費者著作権なんか気にしてないし「同人屋は空気読めよ」っていう叩き棒として使ってるに過ぎないのはそうだと思うよ。

著作権気にしてたらそもそも同人誌は読まないし。

 

いうても同人屋も生活費稼ぐためにリサーチしつつやってる人もいるわけで(商業誌宣伝して同人で稼ぐって公言してるし)

まあ生臭いなのは確かだよね。

そこを指して「ウマ娘を気にするならもっとマイナー作品のことも気にしてあげてよ!」っていう人が出てきたら、

そこは圧倒的に正しい。

2021-02-27

anond:20210227131308

というかそもそもエロ漫画自体商業誌だろうと、それ以外に比べたらある種のアングラ性があるものだと思うんだけどなあ

2021-02-26

高須氏の再来週掲載予定「ダーリンは76歳」公開ツイート

https://twitter.com/katsuyatakasu/status/1364886936578498561

高須克弥 on Twitter: "再来週のビッグコミックスペリオール連載「ダーリンは76歳」面白い🤣なう

 

著作者である内縁の妻西原理恵子氏の承諾を得たうえでの公開だとしても(まだ掲載紙は発刊されていないので、画像元はサイバラから提供なのは確かだ)、

商業誌の連載作品著作者がすべての権利を保持しているのではなく、著作権のうち公表権(著作物で、まだ公表されていないもの公表するかしないか、するとすれば、いつ、どのような方法公表するかを決めることができる権利)や公衆送信権アップロードして読者にダウンロードさせる権利)は作者から出版社金銭を対価として譲渡する契約を結んでいるものなので(でないと出版社雑誌掲載できん)、出版社の承諾を得ない公開は、一時期問題となったネタバレサイトと同じで著作権違反犯罪となる。

 

しかも今回はネタバレサイトのように一部のコマ画像文章であらすじという形でなく、ページまるまるスキャンして公開してるからより悪質。

 

もし作者であるサイバラ氏が、高須氏がツイッタースキャンデータ掲示すると認識した上で原稿提供したのなら、これは出版社との信義を損ねる行為であるし、出版社作品を一番に雑誌掲載することで得られた利益を害する行為であり損害賠償対象となりうるし、また公表権を譲渡して原稿料を得る連載契約違反となるので、そちら側でも損害賠償対象となりうる。

もし高須氏が公表するとサイバラ氏に伝えずに、ただ「じっくり見せて」等と言って原稿を借りて勝手スキャンしてアップしたなら、表現者作品に対するリスペクト皆無で夫婦間の信頼を損ね、今後の関係にも支障を及ぼす行為だろう。まあその辺は個人間の問題なので、お好きにどうぞだが。

 

とはいえ出版社無関係人物による権利侵害ならネタバレサイトのように訴えられて刑事民事で追及されるだろうが、高須氏は現在連載中の作者の内縁の夫という立場なので、出版社サイバラ氏との今後の関係配慮して、内々に注意を促すという形で済ませると思われる。

ただ、他の作家や今回の高須氏のアップロードを知っている読者の手前、出版社は何らかの対応を行い見解を示したほうが良い。これを内々に済ませて対外的には何もしないとなると、小学館ツイッターでのネタバレ、発売前のスキャンデータ公開を黙認する権利者だと誤解を広げる虞がある。

2021-02-25

anond:20210225134131

同人だけじゃなくて商業誌でそれやってる人いたじゃん

押忍空手部とか歌詞だけで1話終わってる回があったような…

2021-02-11

anond:20210211012019

緑のルーペか?

全年齢商業誌でも同じ名義描いてるから知らん人がググったときダメージ大きそうだなと思った。

2021-02-02

骨、家へかえる

今年度触れた小説の中で最高のもの三角みず紀という詩人の「骨、家へかえる」だった。

十年以上前作品で、小説としての出来もいいとは言えないし、彼女が書いた小説はこの一作のみで、テーマ不明瞭で、賞なんて掠ってもいなく、一切売れていない、彼女からし詩人としても(処女作のオウバアキル所収の私を底辺としてこそ界隈では少し有名だが)派手さはなく、いくらでもいる食えていない芸術家しかない。

けれど私は彼女作品が好きで、彼女視点が好きで、彼女の詩が好きで、小説も好きだ。

レースや売上レースにグチグチと言うのはいつも自分の好きなものを好きであると言い切る意気地のない者だ。芥川賞直木賞ノミネート作品が何であろうと、売上順位がどうであろと、「私はその作品が好きではない」それだけでいいではないか

小説も詩も終わってなんていない。文化継続することと商業の成立は必ずしも両立すべきものでもない。書き続けるものがいる限り、その文化は終わらない。それでいいだろう。

ネット文化の奔流によって確かに商業誌は青色吐息である。ただ文化としての執筆文化としての活字がこれほどまでに溢れた時代が今まであっただろうか。同人活動がここまで爆発的になされた時代過去あっただろうか。

今、現代において、小説も詩も音楽絶頂にある。

2020-12-09

anond:20201208210546

こじらせたのが多い?

しろ俺は逆だと想う。男性向けに関しての話だが。

最近同人二次創作漫画イラストは、昔のそれより「キスハメ」描写を導入したものが多い。

キスや立体的な唇をエロ文脈で艶かしく描く傾向が強くなっていているのをここ10年ほどで感じる。

言うまでもなくキスはイチャラブ・相思相愛関係で描かれることが大半であり、まあ中には催眠精神支配系の文脈で陵辱的に用いられることもあるとはいえ本質的にはノーマル寄りの嗜好であるはずだ。

商業誌で多いのは言うまでもないが、同人でもキスハメ描写が目立つようになってきた現象は近年の風潮として特筆すべき変化の一つだと想う。

なぜこうなってきたのかは判然としないが、VRアダルト動画の影響も少なからずあるのではないか

だがVR流行りだす以前から既にキスハメは増加の兆しを見せていたように個人的には感じる。

10年前といえば催眠音声が流行りだした時期で、その後に続く同人音声作品においてもキス音や唇の存在感をフィーチャーしたものは多い。

囁きや耳なめを含むASMR/バイノーラルの認知度が高まるにつれ、唇の持つ性的魅力が注目されてきた背景があるのかもしれない。

それに加え、男性を溺愛するタイプ病みキャラおねショタ系嗜好の露出も増えてきた印象があり、それとキスの相関も深いため、一因として数えられるかもしれない。

果ては女性キャラを「ママ」と呼び「バブみ」を会得したオタクの出現などもあり、M気質というか受動的に愛されることが一種ミームと化していた側面もある。

こう考えると背景はだいぶこじらせたものであると捉えることもできるし、元増田からは「やっぱり普通じゃないじゃん」と言われそうだが。

中には特殊な嗜好に基づくものもあるとはいえSNSなどで承認欲求を刺激されがちな現代人にとって、愛するより愛されたい心理が強まるのは自然なことかもしれない。

いや、漫画等で描かれるキャラ自分ではないので厳密には少し異なるが、それでも女性から愛され求められる様子を見て幸福や興奮を強く感じるようになるのは、孤独を感じやす現代において加速していくように思う。

価値観多様化分散化による精神的な孤独だけでなく、ここ1年に限ってはコロナによるステイホームテレワークさら物理的な孤独感も増しているので、尚の事だ。

2020-12-01

こだか和麻鳥「BORDER慧」連載中

@kodaka_kazuma

今日聞いたパワーワード。BL編集が「読者さんにストレスを与えないように」と言う。キャラクターが辛い目に合うシーンなどを極力省いて、現実ばなれした優しい世界を描くように。それが売れるんだから、薄味ハッピーが売れるんだから。ということだそう。作者のストレスたまる一方だろうな。

この編集が「売れてるものを知らない」わけではなく、実際売れた本の数字をみてのことなので、当然といえば当然なんですよね。ごりごり設定のもの勝負するほどバックアップ予算はないし余裕もない。だから適度に稼げるライトなBLだけ描いてくださいよってこと。

商業誌として出すものからそこそこ売れてくれなきゃダメなのこともわかるし、今求められてるテーマ日和見なのも理解できる。しかし「読者さんにストレス与えない内容」って言い方は読者さんを下に見すぎじゃないか?と個人的には思ったのでした。

2020-11-25

anond:20201124220304

商業誌同人漫画家修行の場である

修行が終わったら、向上した画力と、溜め込んだ妄想同人に戻ってくる。

そんな妄想をしている。

2020-11-24

作家個性を殺すな

エロマンガ家の増田なんですけどのたうち回っているので書く

エロマンガ家にはエロマンガ雑誌献本が届く。描いてない号も届く。普段はそんなに熱心にそれを読まない増田だが今日は急いで開いた。大好きな作家の新作が載っていたから。

元々同人作家でその作家の本は手に入るものは全て探して手に入れていた。もうなんかものすごく重たくて愛が歪んでいてちょっと怖いそういう歪んでる所がめちゃくちゃ可愛くてエッチ女の子を描くのだ。こんなこと誰にも語ったことはないが最高なのだ増田は滅多に好きな作家と思えるような作家出会わないのでこれはすごく嬉しいことなのだ。

自分がその雑誌に描くより大分後に載るようになった作家なので最初献本に載っているのを見たときにはめちゃめちゃびっくりした。言わずもがな最高の作品が載っておりこのときばかりは献本自動的に送られてくることに歓喜した。

さて、増田も同じ雑誌に描く作家として、編集と打ち合わせをする。どんなのがいいかな~って話す。たまに趣味を出してものすごい暗いヤツとかどうですか?と言ってみるけどやめましょうよ……と言われて素直にやめる。乳のでかい可愛い女が好いてきてセックス、みたいな全然中身のないヤツを描く。でもこれが一番喜ばれるし叩かれないよなあ、ともう無心で作っている。そこに自分趣味趣向はない。仕事とはそういうものだ。

話を戻すとさっきわくわくしながら読んだ献本には、増田の好きな作品は載っていなかった。増田お気に入り作家の描いた作品は、乳のでかい可愛い女が好いてきてセックス。という全然中身のない何かだった。

あああああ!!!!!!増田は心の中で叫びなだれた。有る意味中の人間なので何が起こったのか手に取るようにわかった。違う、違うんだよ。増田が読みたかった先生漫画はこれじゃないの!!!

ちなみに先生商業をはじめてから同人誌を出していない。それでも今まで載っていた作品は、ああ先生作品だ………と思えるような雰囲気があった。多少商業誌において気を使ったような部分は有るものの、漂う雰囲気ちゃん作家個性だった。

しかしさっき読んだ漫画には1ミリもその雰囲気がなく、ちんちんはしおしおになった。

いや、作品としてはとても素晴らしい、というか画力もものすごく上がっているし作家として言えばこれは売れそう!正しいルートだ!誰も彼もがこの作家漫画、よかったって言いそう!と感じた。

強いて何が悲しいのかと言えば、大好きな作家路線変更した事ではなく、自分の好きな路線は潰されると言うこのいつでも起こり続ける現象が悲しい。身を持って知っているからこそ作家に罪はなく、仕事ってそういうものだと言うのがよくわかる。

もう先生のあのねじ曲がっててちょっと怖い感じの女の子、見れないんだあ………。いやひとつ実験であるとありがたいんだけど………。

雑誌作家として編集相談してこようかな………とも思うけど自分が無個性に甘んじてるのになんかなあ………と思いながら暴れている増田でした。ああああああ!!!!!

2020-11-23

鬼滅の刃作者が卑屈なのがムカつく

Web無料公開するのではなく、

商業誌で連載するってことは

「金儲けしたい」

「売れたい」

っていう欲望があったからだよね

それが叶ったのになんであんなに卑屈な態度なの?

売れたならもっと勝ち誇ればいいじゃん

逆張り

「勝ったのに冷静なアタシかっこいい」

しか見えないんだよなあ

過剰なくらい謙虚なワニをアバターにしてるけど

本当は胡蝶しのぶとかいう暗黒微笑キャラが作者の内心の投影なんじゃないの

2020-11-14

同人女感情増田長文腐女子(の一人)が読むとこんな感じ

結論から先にいうと、

増田長文腐女子のほうが原液から濃くてヒドくて面白いよ(宣伝)。

2chネタ商業化されてから原文の2ch読みにきてハマる人もいたのだから、そういう意味での存在意義はあるけどね。

 

・本文

私は「同人女感情」をネットで全部読んだ同人女です。「わたしジャンルに神がいます」もコンセプトカフェの帰りにアニメイトで買いました。最近角川は腐女子ネタ頑張ってるね。たしかつづいさんもだっけ。お布施がてら、私は知ってるけど家族にもよませるために買える絶妙立ち位置の本うまい最近の角川。(家族に読ませない本は電書が重くなくて楽)

増田にもそれに先んじてネット掲載最終話アンチの話がリツイート数がもりあがらなかったって投稿 anond:20201110232328 がブクマをあつめておりました。

盛り上がらなかったのは、私の見たところ単純に、冒頭で一度綾城本人でなく取り巻き中島アンチ?の話をやってて、繰り返しになっちゃったからかとおもいます理由はどうあれ、神にとってどう対処しようもないことを目障りな行動とうけとめ嫉妬してアンチになる構造は同じです。

(実際は本当に作風があわない場合アンチというより地雷になるケースがありますし、真田氏最終話では最初そちらを狙ったのだけれど商業化のせいでそこまで踏み込まなかったのかもしれません。し、最初から再話になってでもアンチ感情主題として繰り返し突き詰めたかったのかもしれません。)

また、書籍化にあたり綾城がどのように中島と付き合い出したか、その同人最初期のようすが描き下ろしで追加されています

からみると、あ~まぁだいたいそんな感じですよねぇ、という人物造形です。特に絵師場合専門学校芸大などで一緒だったとかいうつながりも多いし、めちゃくちゃ馴れ馴れしい取り巻きがおるとおもったら家族だったり幼馴染な場合も。

から綾城と中島の間には神も生育歴をもつタダの人間である以上どうにも他人には割って入れないんですよね。嫉妬するだけ無駄だったんだよというネタバラシ(もちろん創作情熱を落とし込めたことは彼女の今後の人生によい影響があることでしょう)。

表紙4だったか帯だったか実家猫写真といい、本人はあまり神の自覚がない、ごく普通の、一分野だけセンスちょっといいだけの女性が綾城ですし取り巻き意識のない仲良しさんが中島です。(そういえば、この自覚がないまま神に祭り上げられる同人書きの「嫉妬信仰勝手に向けられる気持ち悪さ」の吐露増田記事でなら読めるよ!宣伝

 

ところで角川は「同人女のクソデカ感情」を帯の惹句に使うことにしたようですが、クソデカ感情って一体なんだろと思ってしまいました。

感情って表出しないとなかったも同然のものなのですよね。登場人物はどの人物も最終的に同人創作に手を染めるくらいなので作品へのクソデカ感情はある。そしてその創作に至るきっかけの部分で、綾城の文に出会い、それを書いた「神」へのクソデカ感情ももつわけです。作品のみならずそれを解釈する先達への感情も表出しているってのが主題なわけです。ただし綾城「神」本人以外。神は創作するのですごい感情を持っているのですがそれを全部作品昇華した上、真田氏はその創作を直接は書かないので神がどういう感情をもっているかは読者からは徹底的に隠されています。それがまずおかしいわけです。

結局、人は、創作か行動で表すかしか感情を表出できないし、他人からみても感情サイズをクソデカと計測できる部分はない。そして創作も行動もできない人のほうが世の中は多いわけです。

同人、それも文章でクソデカ? いやいやこんなものじゃないでしょう、って思うんですよね。

鬼滅のなんとかを見てたらわかるじゃないですか。普通の善良なおとうさんおかあさんが子供を喜ばせたい感情動機に、同人女が欲しくても手を出さないよう自制しているまがいもの商品を買ってしまったり。出版社のえらいひとも混乱してわけのわからないものを独占商標として出願しようとしてあわてて取り下げたり。

プリミティブなだけに行動は繊細さがなくドカドジャンルを踏み荒らしていく。それをみてもともとジャンルにいた人がジャンルが売れたと喜んだり、新規ファンが粗暴だ公式が横暴だと悲しんだり、繊細に毎日時間ツイッターを見ながら感情うごかしていますが、そんなもの世間ではなかったも同然なんですよね。

世間のほうが同人女なんかよりクソデカ感情によるクソデカ行動をツイッターの外でやってるんですよ。やらかしですよ。

さらにいうと、人はファンである自分自覚し始めるとクソデカ感情(? 「私腐女子から」「オレオタクだから」)を動機簡単に法を踏み越えるケースがあるし、ネット創作からむとより簡単にやれてしまます。そんなもん合法○○マニュアルみたいなもの商業誌に出すわけにいかないですが、2話3話あたりの垢移動先突き止め作業なんか出版会議ですれすれだったんじゃないかなとおもいます

その暴れん坊の感情面をいい感じに抽出してここまでが合法ですよという綱渡り創作としてはお仲間からみて、さじ加減が見事で面白いってのはあります

ただし感情創作行為になんとか落とし込めている人たちは本当にレアケース、くそエリートです。同人やってたらねほりんぱほりんに招かれた人くらいレアエリートです。

実際は真田さんは絵かきですよね(文章書きと兼任する人も多いですしよく調べてますちょっと違うなと思う部分も)。

絵かきより文かきは個性が表出しづらいです。読みやすさ追求により互いに似てくる傾向があり、二次創作を追求するだけのことでも非常にこじれやすいケースがあります。というか、どうしても同じキャラ同じ性格を下敷きにするので同じシチュ流行る。再話に再話を重ねてしまう。伏線自分発見したのに~なんて嫉妬するのはものすごく流行ってるジャンルだと全監視できるわけないんで無理なんですよね。てか実況ツイでみんな同時に同じようなこといいだしますよ。今日もフォロイーさんが今日嬉しくなってツイした「今日発見した伏線かもしれないフカヨミ」、一応ググったら2年前の過去ツイに同案が居らしたって落ち込んでらした。ジャンル10年、ミニジャンルでも5年以上超えるとまあ誰かがどこかで同じことをお考えですね。もはやだれが考えついたのか区別がつかないくらいみんなでツイのまな板にのせてこね回した共有幻想ですから二次創作自分個性を出すことってものすごく難しいですよ。

そういえば増田anond)では同人盗作騒ぎについても興味深い腐女子長文投稿がありました(宣伝

他にも人は様々な理由同人を始め、心をへし折られ、敗れてジャンルをさります

そういえば一時期、増田マキシ丈云々とかやってたのなんか単なる容姿が原因ですもんね(宣伝

真田さんのマンガに出てくるクソデカ感情女さんはピアスの似合うセミロング美人ばかり。(いやよく見ると髪型が一時期の少年漫画みたいなお方もいらっしゃいますし、綾城は法則の外にいます

から物理でいえば等速直線運動くらい初歩の初歩のモデルケースなんです。「ただし弾性率は100%、摩擦は0とする」みたいな。

もっと複雑化された人間模様とクソデカ感情がみたければ増田腐女子長文とかうんことかついてるやつ読むとめちゃくちゃおしろいですよ。「1年前から増田にきてください、本当のクソデカ感情ってやつをお見せしますよ」とおりすがりの山岡くんもこういうはず。

はてなもね、なぜかジャンルを去る腐女子がちょくちょく長文捨て台詞を落としに来るという利点を自覚してまとめて本でも出せばいいのに。

(q.hatenaで2冊も商業出版されたことがあるじゃないですか)(知らないの? きみはもしかしてはてな初心者?)

 

腐女子のクソデカ感情がみたければ増田も濃くて面白いんですよというお話でした。

ついでにorangestarさんの801ちゃんコミックよろしくね。あれもいにしえの腐女子のクソデカ感情(びたーんびたーん)が本当におもしろいしはてなブログから同人版買えるからね(宣伝

2020-11-08

anond:20201106151946

まあ同人作家商業誌で連載持ってるし

ボカロP歌い手メジャーデビューしたし

なろう作家書籍化したしな。

YouTuberみたいにプラットフォームから収入だけで食っていけないと商業化を目指すのは当然だし

YouTuberでもそろそろテレビ軸足移すやつがいてもおかしくない。

2020-11-03

anond:20201103142227

そもそも男性向け」「女性向け」って商業誌的なカテゴライズであって

とくに二次創作界隈はその辺は溶け合ってないか

女性自分ジャンルに異性が入ってくるの警戒しがちかもだけど

男性向け作家(男女問わず)が女性には遠慮してほしいなんて話きいたことないよね

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん