「レアカード」を含む日記 RSS

はてなキーワード: レアカードとは

2020-09-21

女児向けアニメキラッとプリ☆チャン」のゲームにハマったよ

いままでアニメのようなオタク趣味にハマったことがなかったけど、ゲーセンにある「キラッとプリ☆チャン」がやばいほど楽しくてめちゃくちゃハマってしまった。

簡単に言うと、ゲーム開始時に自分好みの女の子を事細かく作成できて、カード(ファッションアイテム)を集めて、リズムゲームを楽しむアーケードカードゲームだ。

ムシキング世代自分にとって、この手の100円を入れてカードを手に入れるアーケードゲームには虜になってしまう。

ファッションアイテムには色々なシリーズ存在して、同じシリーズヘアーアクセトップススカートシューズの4枚全てを集めればフルコーデが完成してポイントが高くなる。

シリーズによっては、トップススカートドレスワンピースのように一つになっていて、3枚集めるだけでフルコーデが完成する。

なにより魅力的なのは自分が作ったキャラクターに、スキャンしたカードをコーデした状態印刷された、オリジナルカードが作れることだ。

フルコーデをスキャンして、レアカードをゲット出来れば、この上なく満足できる。

また名刺交換のような、フレンド機能もあって、色んな人のオリジナルキャラクターゲームに参加させることもできて楽しい

まだ初めて間もないが、早速レアカードのフルコーデが完成する一歩手前、立直状態だ。

モチベーションが上がって毎日キラキラしている。

幸いなことに筐体が設置されている近所のゲームセンターは夜中まで営業しているので、小さい女の子たちの邪魔することなく、痛い視線を向けられることなく、存分にプレイできる。

アイカツおじさんwとか馬鹿にしてたけど、まさか自分もそうなるとはなあ。

アニメの方はまだまだ視聴中だけど、これからもっと見ていくぞ!

2020-09-13

ポケモンカードコピーしてみた

お金を刷ってる気分になった。お金コピーしたら犯罪だけどカードコピーし放題。これでレアカード使い放題だ。

2020-09-01

カードゲームやってるひとおる?

約100万円で取引されているリザードンレアカード争奪戦にでることになったんだけど、練習相手いないし、なんならルールもよくわかってない。

古本市場とかトレカショップ?いけばそこでやってるポケモンカードの対戦とかに混ぜてもらえるんか?

2020-07-29

anond:20200729000111

削除逃亡阻止するでおじゃる~

公式による推し冷遇が酷すぎるのでジャンル降りる

ふと、これまで推し推していて良かったと思えた事より、辛い思いをした事の方が多いのではないかと思った。そうしたら、あんなに好きだった推しへの熱が、急激に冷めていくのを感じた。

以下は全て、当該ジャンル所謂キャラカタログジャンルである事を前提に記述している。

①全てが後回しにされる

キャラクターがいくつかのユニットに分けられ、基本的ユニット単位で展開するジャンルなのだが、自分推しはあらゆるジャンル展開がいつも後回しである

コラボアイテム第一弾のユニットのもの需要過多で炎上し、第一弾分の再生産のために推しユニのいる第二弾もあわせて延期。舞台も後回しにされた結果、コロナで延期。コミカライズ封入特典も1巻のラインナップに推しはおらず、2巻の発売を心待ちにしていたら、2巻には全く異なった別の特典がつくと発表された。結局推しの特典が付いたのは3巻、1巻の発売から1年弱経っていた。3巻発売までに、多くの同担ジャンルを去っていた。

いつか来ることは分かっている。分かっているのだけれど、供給で盛り上がる他担を尻目に耐え忍ぶのは、あまりにも辛かった。

推し担当声優が出演しない

担当声優のウェイトが大きいジャンルであるキャラクター主体コンテンツの展開はあまり多くなく、声優本人が登場するライブ生放送が、ジャンルの一翼を担っている。

しか自分推し声優の出演率はダントツで低い。他キャラ声優は最低3回ずつは生放送に呼ばれているのに、推し声優が出演したのはたった1度きり。推し声優を除いた全員が集まった生放送さえあった。

推し声優は、正直ジャンル内の声優の中では一番勢いがあり、瞬間風速で言えば最も人気のある声優だ。かなり多忙なはずで、彼が出演できない事自体しょうがないと思う。でも、ファンとしての想いはついていかない。また推しは出演しないのか…と、何度落胆したか、覚えていない。

そしてライブ推しの持ち曲は当時の登場キャラの中では(同率もいるが)最も少なく、従ってライブにおける推し声優の曲数、即ち出演時間も最も少なかった。MCを多く振るなどして声優ごとの出演時間を揃えようとかい配慮は一切ない。私はもちろん現地参戦したが、ステージ上の推し立ち位置から私の席が遠かった事もあるが、ライブにおける推しの印象が余りにも薄くて、終了後、異様に虚しい気持ちになってしまった。

ソシャゲ逆差別しか思えない扱いを受けている

これが今回ジャンルを降りようと決意した決定的な要因だ。

この春、ジャンルソシャゲサービス開始した。ただでさえ公式供給が少ないジャンルであるので、最初推し新規ストーリー新規イラストが定期的に見られる事がとても嬉しかったし、もちろん課金する気でいた。

しかし現状、推し露骨冷遇を受けている。今日時点で、これまで開催されたストーリー付きのイベントは5回、ストーリーはそれぞれ8話で構成されているが、推しが出演したのはたったの2話。それも、うち1話はスチルもボイスもない、台詞のみの出演。因みに最多のキャラは19話登場しているらしい。そしてイベント限定の最高レアカードが1枚も出ていないのは、全キャラ中で推しだけだ。こちらも、多いキャラはすでに3枚もらっている。

実はソシャゲでは、推し以上に冷遇され、カードストーリー出演も殆ど無い他キャラもいたのだが、本日から始まったイベントでメインとなった事で、現在推しの不遇さのみが浮いている。因みにその他キャラは本編展開では出ずっぱりで、トータルでの出番は私の推しよりずっと多いキャラである

なぜ私の推しけがここまで不遇な扱いを受けなくてはいけないんだろう?正直運営推しアンチである以外の理由が思いつかない。確かに推し大人気ではないが、一方で1人だけここまで冷遇されるほど、ダントツの不人気キャラでもないと思っている。正直ジャンル自体斜陽の今、キャラ人気格差は縮まっている。

ソシャゲ運営は私の推し露骨冷遇する一方で、排出率を今時珍しいほどに渋く設定した人気キャラガチャを立て続けに導入している。当該キャラ推しから聞こえてくるのは歓喜の声ではなく悲鳴だ。そんなに連続してガチャを出されても、ガチャを回すだけの資金を用意する事はできない。当然、売上は下がる一方だ。推しガチャが来れば回さずにおれないファン心理を利用すれば、楽に金を稼げるだろうと、頭の悪い運営を続ける運営会社には殺意しか湧かない。

まあここまで詳しく書いてしまえば、少しジャンルに触れたことがある程度の人でも容易にジャンルキャラ特定できてしまうだろうが、別に特定されても良いと思って書いているか問題ない。ただ怒りを吐き出すために書いているので、文章をまとめようとかいう気もさらさらない。

「言うほどお前の推しけが不遇とかねーよ、公式はなんだかんだ言って気を遣ってる」「良曲と良MVもらって何言ってんだよ、自分推しの方が不遇だわ」「新キャラの出番こそ少ないんだからまれてる方だろ」みたいな反論を抱く人がいる事も想像できる。

私はただ、自分が「推し公式から、優先度の低い、別に出番を作らなくても問題ない存在であると思われている」と思い込んでしまっている事自体が悲しく、悲しい思いをするのならば、あくま人生の片手間に楽しむ為のものである娯楽として相応しくない、と感じられてやまないのである

公式による推し冷遇が酷すぎるのでジャンル降りる

ふと、これまで推し推していて良かったと思えた事より、辛い思いをした事の方が多いのではないかと思った。そうしたら、あんなに好きだった推しへの熱が、急激に冷めていくのを感じた。

以下は全て、当該ジャンル所謂キャラカタログジャンルである事を前提に記述している。

①全てが後回しにされる

キャラクターがいくつかのユニットに分けられ、基本的ユニット単位で展開するジャンルなのだが、自分推しはあらゆるジャンル展開がいつも後回しである

コラボアイテム第一弾のユニットのもの需要過多で炎上し、第一弾分の再生産のために推しユニのいる第二弾もあわせて延期。舞台も後回しにされた結果、コロナで延期。コミカライズ封入特典も1巻のラインナップに推しはおらず、2巻の発売を心待ちにしていたら、2巻には全く異なった別の特典がつくと発表された。結局推しの特典が付いたのは3巻、1巻の発売から1年弱経っていた。3巻発売までに、多くの同担ジャンルを去っていた。

いつか来ることは分かっている。分かっているのだけれど、供給で盛り上がる他担を尻目に耐え忍ぶのは、あまりにも辛かった。

推し担当声優が出演しない

担当声優のウェイトが大きいジャンルであるキャラクター主体コンテンツの展開はあまり多くなく、声優本人が登場するライブ生放送が、ジャンルの一翼を担っている。

しか自分推し声優の出演率はダントツで低い。他キャラ声優は最低3回ずつは生放送に呼ばれているのに、推し声優が出演したのはたった1度きり。推し声優を除いた全員が集まった生放送さえあった。

推し声優は、正直ジャンル内の声優の中では一番勢いがあり、瞬間風速で言えば最も人気のある声優だ。かなり多忙なはずで、彼が出演できない事自体しょうがないと思う。でも、ファンとしての想いはついていかない。また推しは出演しないのか…と、何度落胆したか、覚えていない。

そしてライブ推しの持ち曲は当時の登場キャラの中では(同率もいるが)最も少なく、従ってライブにおける推し声優の曲数、即ち出演時間も最も少なかった。MCを多く振るなどして声優ごとの出演時間を揃えようとかい配慮は一切ない。私はもちろん現地参戦したが、ステージ上の推し立ち位置から私の席が遠かった事もあるが、ライブにおける推しの印象が余りにも薄くて、終了後、異様に虚しい気持ちになってしまった。

ソシャゲ逆差別しか思えない扱いを受けている

これが今回ジャンルを降りようと決意した決定的な要因だ。

この春、ジャンルソシャゲサービス開始した。ただでさえ公式供給が少ないジャンルであるので、最初推し新規ストーリー新規イラストが定期的に見られる事がとても嬉しかったし、もちろん課金する気でいた。

しかし現状、推し露骨冷遇を受けている。今日時点で、これまで開催されたストーリー付きのイベントは5回、ストーリーはそれぞれ8話で構成されているが、推しが出演したのはたったの2話。それも、うち1話はスチルもボイスもない、台詞のみの出演。因みに最多のキャラは19話登場しているらしい。そしてイベント限定の最高レアカードが1枚も出ていないのは、全キャラ中で推しだけだ。こちらも、多いキャラはすでに3枚もらっている。

実はソシャゲでは、推し以上に冷遇され、カードストーリー出演も殆ど無い他キャラもいたのだが、本日から始まったイベントでメインとなった事で、現在推しの不遇さのみが浮いている。因みにその他キャラは本編展開では出ずっぱりで、トータルでの出番は私の推しよりずっと多いキャラである

なぜ私の推しけがここまで不遇な扱いを受けなくてはいけないんだろう?正直運営推しアンチである以外の理由が思いつかない。確かに推し大人気ではないが、一方で1人だけここまで冷遇されるほど、ダントツの不人気キャラでもないと思っている。正直ジャンル自体斜陽の今、キャラ人気格差は縮まっている。

ソシャゲ運営は私の推し露骨冷遇する一方で、排出率を今時珍しいほどに渋く設定した人気キャラガチャを立て続けに導入している。当該キャラ推しから聞こえてくるのは歓喜の声ではなく悲鳴だ。そんなに連続してガチャを出されても、ガチャを回すだけの資金を用意する事はできない。当然、売上は下がる一方だ。推しガチャが来れば回さずにおれないファン心理を利用すれば、楽に金を稼げるだろうと、頭の悪い運営を続ける運営会社には殺意しか湧かない。

まあここまで詳しく書いてしまえば、少しジャンルに触れたことがある程度の人でも容易にジャンルキャラ特定できてしまうだろうが、別に特定されても良いと思って書いているか問題ない。ただ怒りを吐き出すために書いているので、文章をまとめようとかいう気もさらさらない。

「言うほどお前の推しけが不遇とかねーよ、公式はなんだかんだ言って気を遣ってる」「良曲と良MVもらって何言ってんだよ、自分推しの方が不遇だわ」「新キャラの出番こそ少ないんだからまれてる方だろ」みたいな反論を抱く人がいる事も想像できる。

私はただ、自分が「推し公式から、優先度の低い、別に出番を作らなくても問題ない存在であると思われている」と思い込んでしまっている事自体が悲しく、悲しい思いをするのならば、あくま人生の片手間に楽しむ為のものである娯楽として相応しくない、と感じられてやまないのである

2020-07-20

ソシャゲサービス終了ボーダーはどこなのか

サーバー維持費を達成しているから許されるのか?


私の好きなソシャゲ配信開始からもう6年半くらい経ちます女性向けの恋愛ゲーで、まあよくある学園モノです。配信当初メインとなるストーリーは無くて、個人の低レアカードや紹介文から推しを作りイベント上位を目指したりガチャってカードを重ねてストーリーやボイス、スチルをゲットするのを楽しむ、これまた当時はよくあるスタイルでした。だんだん複数キャラ活躍するストーリーキャラ個人主人公恋愛するモードが追加され、一部キャラをより深く知る事ができるようになりました。

最近ストーリーが充実していて主人公そっちのけでキャラクター同士の相関を楽しむゲーム女性向けでは多いというか、人気ですよね。

好評配信中のこのゲームですが、もう2年以上イベントどころか新規情報更新されていません。ただし2ヶ月から半年に1度のサーバーメンテと、後述する特典の交換期限更新は行われています。でももう開発チームも存在するのかわかりません。先日不具合の問い合わせをしたところ即日返答が来たので対応する方はいらっしゃるようです。派生リズムゲームもあったのですが、こちらも後期はイベントという名のキャラ新規復刻どちらも無しアイテムのみ配布期間が続いて去年サ終になりました。

こんな状況でもゲームアクティブ層はそこそこ、そこそこ存在します。新規絵は無いものの、過去リリースされた任意キャラの高レアカードを手に入れられるエンドコンテンツ存在しているからです。ただしこの高レア特典は半年に1枚しかゲットできないため今始めてもストーリーを回収できるかは運営次第で保証されていません。(ストーリーを全話読むためにはカードを最低3枚重ねる必要がありますカードの代わりになるアイテム存在しますが最高レアには使えません。)私もときどきログインして推し以外のキャラカードを集めたりしています声優も豪華なので色々聞いてみるのも楽しいです。

リズムゲーサ終から緩やかに過ごし迎えた今年始め、界隈が盛り上がる出来事がありました。(余談ですが、界隈がざわつくと本家サ終かと焦ります。)初期にキャラデザを担当されていた作家様の個展が開かれ、そこでこのゲームの新グッズが発売されることとなったのです。新規絵ではないものの久々の推し個人グッズです。缶バッジなんかは属性ごとといえど(キャラは3種類の属性に振り分けられています)10数人ずつ完全ランダムで、それでも飼いならされたオタクたちはこぞって求めました。私も初日に並びに行きました。こんなにこのゲームオタクってまだいるんだ、と可視化されなんだか嬉しくなりました。整理券が配布されて午後になったのでカフェTwitterの様子を見ていたら個数制限が無く開始から1時間強で完売していたので悲しいような嬉しいような会場運営複数買うオタクはいないと舐められているのかとか色々思う所は有りましたが、目当ては後日譲っていただけたのでもうどうでもいいです。

公式グッズが発売されたのに、イラストが展示されたのに、ゲームTwitter公式サイトでの言及はありませんでした。作家様が独断キャラグッズを公の場で名前を出して販売できるわけがありせんし、公式サイドに対応する人はいたはずです。それでも公式が広めることは無く個展は会期を終えました。私の推しキャラ声優様は個展に行ったことをツイートされていました。すごく嬉しいです。素敵な声と演技をしていらっしゃるのでもっともっと売れて欲しいです。

察しの良い方はもうゲーム名に気づいているかもしれませんが、このゲームはある人気ゲーの姉妹作品として生まれました。当初はバグが多くキャプチャTwitterを回っていたのが懐かしいです。ピンときていない方も、元となった人気ゲーは当時CMが大バズりしていたので覚えていらっしゃるかもしれません。(^q^)くおえうえーーーるえうおおおwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwのやつです。こちらは今も更新が続いていて、こういったイべやガチャサイクルが早く天井もほぼ無いもの搾取ゲーと呼ばれますが、それでも羨ましいに尽きます

サ終するよりはマシかもしれません。データ存在して、いつでもゲームを開けばキャラたちに会えて、イラストも見られる。それでも、現状が良い方に傾くとは思えません。これまでと同様にずっと下り坂にしかならないでしょう。この状況下で、ゲームを始めたてだとしても、課金する人がいるとは思えません。あまり課金メリットがなさすぎるからです。課金要素はガチャアイテムキャラの所持枠ですが、ガチャは恒常のみで、恒常なら高レアでもチュートリアル後に1枚と、先のエンドコンテンツを進めていればすぐに手に入れられますし、アイテムも同様にすぐ貯まります。あと有用なのは所持枠ですが推しのみなら溢れませんし、アルバム機能存在するため今更購入する人は少ないでしょう。

集金が出来ないはずのこのゲームが続いているのは何故なんでしょうか。新要素が無いにしてもサーバーの維持費だってかかっているはずです。会社だって慈善事業では無いのだし、メリットがあるから続いている、そう思いたいです。タイトルにしたサーバー維持費達成すらこのゲームでは難しいでしょうに。常にサ終に怯えて、ああでもこのゲーム公式に忘れ去られているか大丈夫なんだったあははバカみたいなごまかしをしてはへこんでいます。大好きなんです。ただただ周回して同じような作業をしてるだけのゲームでも、無くなってしまうのだけは嫌なんです。

最近話題になったクラウドファンディングがあります。4年続いたソシャゲがサ終するとともに、steamでの買い切りリリースを目指す、というものです。サ終を経験したオタクならわかると思います、終わってしまうのは苦しいし悲しいけれども、せめて、データだけは残してくれ。オフライン化してくれ。それが叶う上にありがとう投げ銭ができる、うらやましすぎるCFです。是非こうなってくれ、とはいいませんし、思いません。1番の願いは更新復活です。私はまだゲームが復活してイベントガチャに盛り上がる日が来る事を信じています。生殺し状態のいまが変わることを、本気で。それでも、それでもも運営サーバー維持すら厳しくなったときに、少しでもゲームへの愛と余力があるのなら、お金を出すファンはきっと、運営が考えているよりも沢山いますオフライン化をして欲しい。買い切り版でもいい。今のデータが引き継ぎ不可でもなんでもいい。ゲームを残してほしい。これは2番目の願いです。

リリースされたあの日から、私はボーイフレンド(仮)が大好きです。プレイヤーが、キャラたちが、生かさず殺さずされていても、変わらず好きです。どうか今年、本家こそは良い方向に転がってくれますように。

2020-05-08

取りこぼした10代の思い出とかを掘り起こす

仕事もねェし、おめえら"11連休"じゃあ!」

お偉いさまの一言は、社員たちを長い休みに駆り立てた。

コロナのお陰で休みを貰えたはいいけど、コロナのせいでやりたかった事の半分以上は実現不可能

オン飲み同窓会もそう毎日やるもんでもなく、暇を持て余した俺は子供時代好きだったものを掘り起こしてみることにした。

アニメゲーム漫画...自分時代には無かったメルカリとやらがあれば、何でもすぐに安く手に入る。

まあ安くないものでも、聞けば年々その値段が上がっていると聞いたので結局買ってるんだが。

そうやって自分の部屋はあっという間に当時の小学生の部屋になった。当時の自分にはとうてい手に入らなかったレアカードファイリングしてある。

当時感じたような「大人はずるい!」の体現者になった。

それが今日からは少し趣旨が変わってきた。普段趣味なんかよりよほど安上がりな買い物に勢いづいて、大した思い入れの無いレアアイテムを購入してしまった。

ドラクエには確かにドハマりしていたがこのキャラクター特別好きだったわけでもなく、ただ単にレア高値がついているから、という触れ込みにつられて買ったはいいが、眺めていても特に何も湧いてこない。

そこに子供の頃に感じた純粋な憧れは無かった様だ。

と気づいた所でふと我に返った。

昔を懐かしむのは時々適度になら良いことなんだろうが、一人でどっぷり浸かり込むのは何か違うらしい。

2020-04-23

株でガチャやっちゃいかんのかね?

ガチャで月3000円使ってる上司がいるんだけど、株はやらないんだよね。

ただの絵やん。って思ってるんだけど

バトルさせたり効果あげるのに楽しいらしい。

株でやれたら面白そうじゃないですか。

任天堂の株を買うと、〇〇のレアカードゲット!なんかいも買わないとでないよ!そのかわり、配当金しまーす

(だめやろな)

でもさ、お金かいまくってくれて

無駄にならないかもしれないっていいと思わん?

配当金が来るなら

と、とうしだもん!

いろいろいいわけして買ってくれそう。

2020-03-16

アイカツ!無料配信されているので初めて見てる

言葉選びのセンスヤバい

あおい:「(二人組なのに一人がオマケになっていることを)例えるなら、蘭がカレーいちごラッキョウ!」

いちご:「えー、ゆで卵がいいー」

あおい:「(ラッキョウも)美味しいのに」

この会話の意味不明さに痺れた。

・あおいちゃんあのビジュアルからオタクだし「萌え...」とか言い放つのすごい。なんなんだこのキャラクターは。

アイドル活動のためにレアカードを集めるとかい世界観いまいち理解できていない。何らかの大規模な利権があるんだろうか。

いちごちゃんとあおいちゃん距離、...ちか、近くない!?あいうもんなの!?

・各種アイドル活動(広義)のためのシュール描写も、ずっと見ていると「これはもしかしてギャグじゃないんじゃないかスタッフはいたって真面目に作っているんじゃないか?」と思わせる謎の説得力がある。

作品としてアイドルというものにしっかり向き合っているのがいいし、一話完結でちゃん王道展開しているので見やすい。無料配信分は全部見ようと思う。

2020-01-06

ソシャゲVtuberゲームってまだ無いの?

当たりそうな気がするけどまだ無いのかな。

Vtuberの人気度をソーシャルゲーム内の強さに反映するゲーム

チャンネル登録者数、動画再生数、高評価数、収益総額をゲーム内の強さとリンクさせるようにして、

人気度が高いキャラクターソシャゲ内でのレア度を上げる。

そうすればユーザー側はその人気カードを引くために必死ガチャを回すだろうし、

新人Vtuberとかは戦闘力0、レア度0から始まる訳なのでカードはすぐに手に入る。

その代わり推していってもし人気Vtuberになったらそのカスカードレアカード進化する、みたいな。

客層的に被ってるだろうしウケそうな気がするんだが。

2019-12-27

ソシャゲまらなすぎて笑う

いやーワシもそろそろ齧ってみなきゃと思ってね、ちょっと始めてみたんすよ。

マリカーやらモンストやらFGOやらブラダスやら色々ね。

でも駄目ね。

どれもコンシューマpcゲームと比べるとクソですわ。

モッサリした操作グダグダバランス、ワンパな戦略だるい演出

まるでブックオフ100円シール貼られてるPS時代の零細ゲームのよう。

まあスマホで遊べるってのはすごいよ。

でもPSゲームを持ち歩いて遊べるなんて10年は前に通った道ですから!残念!

やっぱね、ソシャゲって基本的パチンコなんすよね。

うおおおお大当たりでたあああ俺つええエエを楽しむゲームなんすよね。

それに対してバランス糞とか言っちゃだめよね。

意図的に壊してるバランスものね。

まあマージャンゲームCPU側になったような気分を味わう遊びなんじゃろねえ。

銀と金に出てきた金持ち麻雀みたいに。

まりゲーム性が違うのよね。

課金して強くなるのを馬鹿馬鹿しいと感じちゃうなら向いてないのよ。

分かった分かった。

俺に向いてないだけで、向いてる人は確かにいるわ。

いやーうんそりゃ流行るよなあ。

こんなゲーム今まで無かったもんなあ。

TCGだってレアカード全部集めた先に今度はそこをスタートラインにしてガチガチデッキ組んで魅せるプレイングする妖怪がいるんだもんなあ。

課金すれば確実に強くなれて、そっから先は睡眠時間をどれだけ削れるか、テンプレを素直にコピペ出来るかのゲームなんて今までなかったもんなあ。

いやあったわ。

課金系のネトゲだ。

そうだな、ここが原点のサンシャイン牧場だもんな。

それをバトル風にすることで産まれた新しいジャンル

そりゃあ、流行るよなあ。

ブルーオーシャンだったもんなあ。

いやーやっぱ触らんと理解はできんね。

よく分かった。

俺には合わない。

でも合う人は絶対いる。

そういやヒプマイも同じ感想だったなあ。

2019-11-11

小学校の頃の同級生がもうすぐ女装ものAV男優としてデビューする

もうすぐ小学校の頃に仲の良かった友達AV男優としてデビューする

しか女装もの作品で男にケツを掘られるというデビュー作にしては過激すぎると思う。

彼がどんな思いでAV男優になることを決めたのかは分からないが、小学校の思い出からその推測をしてみようと思う。

なんかツイッターガンガン自分を発信してたからここに載せておく。

twitter:https://twitter.com/sinosukedesu

<キムチをよく食べていた彼>

彼と出会ったのは小学校3年生の時だった。

いつも赤い服を着ていてちょっと小太りでクラスの中でも背が低かった。

親が中国人で家に遊びに行くといつもキムチが置いてあり、彼はいつもお昼ご飯キムチを食べていた。

自分の家で食べるキムチとは違って本場なのかキムチはとても臭くてゲロみたいな匂いがした。

何も気にせずムシャムシャと食っている彼は、遊戯王やろうぜと僕を部屋に誘ってくる。

本当にゲロみたいな臭いがして、くさいと言いたかったけど、彼が傷つくと思って、鼻を押さえながら、僕は笑顔でいいよーと言った。

暇なとき遊戯王をしてよく遊んでいた。

彼のおじいちゃんはとても優しくて、彼が欲しいと思ったレアカードはすぐに買ってきてくれる。

彼の部屋は遊戯王カードでいっぱいだった。そのおかげで僕が「このカードちょーだい」と言ったらタダでもらえた。

ある日、一枚7000円もするレリーフレアカードを買いたいと彼はおじいちゃんからもらったお金を握りしめて、カードショップに行っていた。

彼が家に戻ってくると泣きながら財布を握りしめていた。

お金を盗まれたようだ。

自転車から降りて財布を自転車カゴに置いたままお店に入ったので、取りに戻った時にはお札だけ抜かれていたらしい。

財布をカゴに置いたままお店に入るかと僕は思ってしまうが、そんなことは言ったら彼は傷ついてしまうので言わない。

「まじかー、盗んだやつ誰だよ、ありえないよな。」と彼の側について犯人を罵った。

そうやってドジなところばかりな彼だったが、何をやっても楽しかった記憶がある。

<お父さんの部屋にあったエロ本>

二階のお父さんの部屋にはいつもエロ本が並べられていた。

彼の家は祖母祖父のもので、そこに父と母が住んでいる。

部屋もキムチ臭くて、エロ本がお父さんの部屋にあって、いろいろ変なところはあったけど、彼と遊んでいる時間はとても楽しかった。

でも時々けんかをすることもある。

足が遅くて、運動が苦手な彼はいつも体育の時間は笑われものだった。

たぶん彼にも葛藤はあったと思う。

彼は知らないうちに数々の習い事を始めていた。

マンガ家を目指したり、スイミングスクールに通ったり、野球をやったり、クモンに通ったり、いろんなことに挑戦していた。

彼なりに輝ける場所を探していたのだろう。

嫌いな人がいるときは仲の良い友達を集めて暗い部屋のすみにある勉強机の下にライトを灯し、一人ずつその人の悪口を言っていくという遊びをしていた。

悪口をみんなで言い合う雰囲気を狭くて暗い空間として演出していたのだが、みんな楽しんでいたと思う。

お父さんの部屋にあったエロ本を使って、小学3年生の時に友達同士でオナニーを試した。

やり方はわからなかったけど、女性の裸がたくさん見れることに、いままで味わったことのないような気持ちになることをただ楽しんでいた。

彼がAVに足を踏み入れてしまったのは幼少期からの変わった家庭環境であると思う。

2019-08-23

[]シャークトレード

トレーディングカードゲームにおいて、カード相場を知らない初心者に対し、「実はこれは超レアカードなんだ」などと偽り、安いカードレアカードを交換すること。

2019-07-11

あんさんぶるスターズが好きだった

あんさんぶるスターズアニメ放送開始おめでとう。

1話を見ました。作画も動きも綺麗で、あんスタ独特のトンチキ感もあり、時間をかけて丁寧に作られたことが伝わってきました。

これからどう進んでいくのか分かりませんが、きっと素晴らしい作品になるのだと思います


この記事は、供給の波に乗ることができなかった弱いメンヘラユーザーの、お気持ち表明にも満たないようなただの愚痴です。オチもありません。

あれが駄目これが駄目と並べ立てるつもりはありませんが、あんさんぶるスターズ純粋に楽しめている人にとって、気分を害する内容だと思います

楽しめている人は、その気持ちを大切にしてこれからも楽しんでください。読まなくていいです。

ただ、吐き出すくらいはさせてほしい。

匿名でごめんなさい。











私は、あんさんぶるスターズが大好きだった。

イベントではストーリーと背景までは毎回必ず回収し、

月に何万円も課金するような重課金ユーザーではなかったけれど、推しランキング報酬ガチャが来れば課金をする程度の普通ユーザーだったと思う。

ゲームを始めた頃は、周りにあんスタユーザー殆どいなくて、私が勧めるかたちで周りの友達が始めてくれた。

それがきっかけにもなってグループでよく遊ぶようになり、

ゲーム自体はもちろん、あんスタを基盤とした仲間とのコミュニケーションも含めてあんスタが大好きだった。



私の推しはローテーション的に間隔が空いているにも関わらず、最高レアカードがなかなか登場しなかった。

いつくるのかと毎回ヒヤヒヤしていた。

それでも、二次創作の素敵なイラスト漫画を見て、自分なりに楽しんでいた。

しかし、今考えてみると、やはり推しの最高レアが来ないことは心の負担だったのだと思う。

どのキャラが最高レアになっても喜べるような状況ではなく、「また◯◯じゃない…」と落胆していた。ただ、SNSや周りと話す時には「△△格好いい!次こそは◯◯だから!楽しみだなあ〜」と、いい子なユーザーでいようとしていた。



数年前、あまりにも推しキャラの最高レアカードが来ないために、あんスタをやめる選択をして炎上した方がいた。

その当時は、「わざわざ辞めなくてもいいのに。他のキャラストーリーを楽しみながら待っていたら、いつか推しが来るかもしれないのに」と友達と話していたけれど、今なら気持ちがわかる。

推しが来ないって辛いよね。

期待と落胆を重ねるにも限度があるし、アイテムお金無限ではないから次に来るかもしれないと思うと別所での出費もセーブしてしまったり、気になるガチャ我慢したり。

もちろん、ずっと楽しめる人もいるけれど、それができない人もいる。

私は後者だったのだと思う。

少しずつ熱が冷めていって、ストーリーの回収が最後まで終わらない時があったり、

推しの星4ポイント報酬でさえ理由をつけて取らないこともあった。

息抜きのつもりで別のコンテンツに逃げているうちに、あんスタとそのコンテンツ重要度が逆転してしまって、

あんなに好きだった推しに対してテンションが上がらなくなってしまたことがショックだった。

認めたくなかったし、あんスタを嫌いになりたくなかった。

のんびり推しを待てる人でありたかった。



しばらくあんスタから離れていたが、推しの最高レアランキング報酬イベントが来たので走らなければと思った。

しかし、走りきることができなかった。あんスタに苦手意識を持ってしまっていたのだから当然だ。ストーリーにも違和感を感じるようになってしまった。

さらに、もう1人の推し過去が明らかになるイベント(追憶)が始まると聞いて、

この時にはもうカードを取る熱意はなかったけれど、ストーリーは読んでおきたかたからそのぶんは走った。

しかし、これまでに固められた私の中の推し像と、新たに発表された推し像にズレが生じてしまった。

俗に言う「公式との解釈違い」である

この言葉が成立するか否かはともかくとして、 推しに隠されていた、思ったより壮大な設定に引いてしまった。

周りは「公式絶対!」派が多かったこともあって、このズレや違和感を周りに共有してもらうことができなかった。

言い方が悪いけれど、後出しジャンケンのように出された情報を見て、

推しを好きだと思った初期衝動であったり、過去に読んだストーリーの 余白で楽しんでいた部分を否定されたような気がした。


あんさんぶるスターズ基本的に1年間を繰り返し、たまに1年前や1年後の世界を覗かせてくれる。

私たちと時を重ね一緒に歩むというよりかは、

歴史を知るようにキャラ出来事についての空白を埋め深掘りしていく側面が強いように思う。

から当然、年数を重ねるごとにキャラ出来事に対する情報が増えていく。

高校生という短い時間が、彼らのきらめきを一層尊いものにしている。

これは、あんさんぶるスターズの強みの一つだと思うけれど、もしかしたら私には合っていなかったのかもしれない。



推し追憶から数ヶ月が経った。

もう1人の推しの最高レアガチャ実装され、あまりにも格好良かったか課金をして入手した。嬉しかった。推しを入手できたことに対して喜べたこともまた、嬉しかった。

だけどまだ、あんさんぶるスターズに対する苦手意識はなくなっていないようだ。

先日、ファンが待ちに待ったアニメが始まった。

推しは可愛かった。

だけど、楽しいと感じることができない。

周りとの熱量の差を強く感じて、取り残されているように思える。

本当は、やっと動いた推しを見て純粋に喜びたい。

アニメきっかけとして、これからゲームライブイベントも益々盛り上がっていくだろうあんスタを追いかけて、

周りと同じ熱量で盛り上がりたい。

せっかくのアニメを楽しまず、1人勝手モヤモヤしている今の状況がアホらしい。

自分が嫌になる。



コンテンツが悪いから今すぐ直せ!」などというわけではなく、私のわがままさであったり、相性とかタイミングであったり、そういう話だと思っている。

だけど、過去キャラローテーションや解釈の違いなどでコンテンツを嫌いになった人たちのことも責める気になれない。



好きなもののこと、楽していつまでも好きでいられたらいいのになー。

2019-07-06

遠足お菓子の思い出

小学校に通っていた時の、遠足の思い出。

遠足には200円以下のお菓子を持って行って良いことになっていたが、私はお金がなく、100円も持っていなかったと思う。

から遠足のために、当時50円くらいだったプロ野球チップスというお菓子を一つだけ買った。

プロ野球チップスというのはポテトチップスカードになった野球選手が入っている、付録付きのお菓子である

少年だった私はお金を少しずつ貯めて、プロ野球チップスを買うのが楽しみだった。

さて遠足

待ちに待ったお菓子タイムで、私はカードの袋を開けようとした。

しかし、これがなかなか開かない。

簡単に開かないように、頑丈な作りになっている。

四苦八苦して開けた。

すると中からキラキラするものが見える。

おっ、これは!

イチローレアカードが出てきた。

当時の大当たりである

パリーグは人気が無かったけどイチロー異次元選手という認識だったし人気があった。

そしてキラキラ光るレアードを初めて手に入れた高揚感!

しかし、手で無理やり袋を破いたせいで、カードの右下のほうが折れていた。

一度折り目のついたカードは元に戻らない。

悔やんでも悔やみきれなかった。

それまでにも何度か買ったことはあった。

たぶん家の鋏で開けていたんだと思う。

しか子供の頭では遠足に鋏を持っていくという発想には至らなかった。

友達から賞賛の声が上がる中で、言われた一言「でも折れてんじゃん」

ショックを増幅させた。

そうだ。折れてるんだ。だから価値は何割も低いんだ。

ずっとお金を貯めてせっかく買ったプロ野球チップス

買う前から遠足の時まで何が当たるかずっと期待に胸を膨らませていた。

でも一瞬の出来事台無しになってしまった。

その日のポテトチップスは、いつもよりしょっぱい味がした。

2019-04-25

キンコン西野が分からない奴はただの人生経験不足

情けないと思ったほうがいいよ。

俺は分かる。

西野が言う言葉と全く同じ経験をした。

其の昔とあるゲームガチャからレアカード12枚集めれば13枚目の激レアカードが貰えるって企画があったんだ。

それで俺は11枚目まではサクサク集まったんだけど、12枚目までなかなか集まらなくてすげー苦労した。

数学的に考えれば1/12をあと1回当てるだけでいいのに、何故かいつまで経っても集まらない。

これはまさに10時までの時計の針はやがて重なるのに11時の針だけ全然重ならないのと一緒だよ。

最後のたった1/12時間が物凄い遠いんだよ。

それまでと同じ1/12時間確率的には何も変わらないはずなのに。

これはね、マラソンラスト1kmときっと同じなんだろうね。

俺も実は昔マラソンしたことがあってね。

高校生の頃に学校企画で5kmのマラソンを走らされたんだ。

最初の1km~4kmはなーんだ結構楽勝じゃんと思っていたんだけど、最後の1kmが本当に苦しくてね、もう何度も諦めかけたよ。

マラソンって本当に苦しい。

人生マラソンだよ。

君たちはマラソンを走ったこと、あるかな

ガチャを引いて12枚のカードコンプリートしたことは?

ないだろうね。

コメントアイコンから人生ペラペラさが溢れ出てるもの

同じ1/12が段々とすごく遠くに感じる気持ちを知らないんだろうね。

1時はすぐ重なる。

2時もすぐ重なる。

10時は遠い。

11時は永遠とも思えるほど重ならない。

その感覚が分からないんだろうね。

可哀想にね。

君達の人生にそういう経験を積むチャンスはもう残ってないよ。

コンプガチャ法律禁止されてしまたからね……

哀れだよ……情けないなんて行ってゴメンね。

可愛そうな人に可哀想なんて本当のことを行ったら可哀相だよね。

IQが20違えば会話が通じないのと一緒だよね。

君たちは僕やキンコン西野よりIQが21ぐらい低いんだろうね。

哀れだけど憐れまないよ。

僕は優しいから。

さようなら永遠に僕らと重なることのない13時の針達……

2019-04-03

人生ソシャゲ

同僚がどうしても進撃のバハムートというのをDLしてやってほしいというので渋々プレイ

チュートリアルが終わった時点でげんなり。

メニュー画面もパチンコみたいな文字が溢れていて何がなんだかよくわからないし、

いきなりプレゼントが10個位あって、レアカードだの宝石だのプレゼント応酬

よくわからないまままとめて受け取ったらガチャの画面に切り替わった。

演出パチンコと似ていて、これゲームというよりギャンブルなのでは?と思った。

ゲームもどう進めていいかからないし、これを休憩中、家に帰ったら寝るまでやっている同僚はやばいのではないだろうか。課金しているし。

パチンコもこの同僚に誘われて一度だけしたけど、当たってお金になるならまだパチンコの方がいいのでは……。

とにかくソシャゲはひどいなと思った。

2019-03-11

anond:20190311133415

レアカード盗難騒ぎとか絶対起こるよなと考えたらesports以上に問題あるしな

2019-01-16

anond:20190116121023

遊戯王レアカードを何枚も持ってる

所有していることをお伝えすると怒り出す謎の勢力

anond:20190116120402

だってそれ「遊戯王レアカードを何枚も持ってる」位の意味しか持たんやろ。

松坂桃李に対して自慢するならともかく、そうじゃない人間に誇っても価値そもそもないって前提を忘れがちだからキモがられるんだよ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん