「決勝点」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 決勝点とは

2019-12-31

2019年宮城県大学野球を振り返る

半年で見事にリバウンド、1年前の脂肪肝状態に戻った反省から断酒をしていたが、大晦日くらいは……ということで、アルコール支配された脳みそを振り絞り、何とか年内中に書いてみたいと思う。

春秋ともにリーグ制覇を達成した福祉大も、全国ではいずれも早期敗退と寂しい結果に終わってしまった。特に秋は最終回に4失策(実質5失策)という、鉄壁守備を誇る野球エリート軍団しからぬショッキングな形での敗退となった。

春は打力不足を露呈しただけに、秋は東海大相手に8得点課題の克服はアピールしたものの、自慢の守備があそこまで乱れては……4年になってからずっと良くなかった津森が最後最後復調の兆しを見せていただけに惜しかった。

春の反省で打撃を磨きまくった結果、秋は守備が疎かになってしまったのだろうか?

春は無双状態を続けていた山野も、秋は不安定さを感じさせるピッチングに終始した。ラストイヤーは、年間を通してモノの違いを見せ続けて欲しい。

レギュラー野手陣では、個性豊かで頼れる4年生軍団がゴッソリと抜けてしまうのが痛い。残された下級生レギュラーでは、プロ注目のショート元山全国大会決勝点となるHRを放ったサード楠本弟もラストイヤーを迎える。元山は、ドラフトを考えると走力でのアピール全国大会での打撃の結果がもうひとつ楠本は速球の対応と、意外に守備の安定感が課題。2人とも来年は、圧倒的なパフォーマンス数字を見せつけて欲しい。

下級生の投手では、三浦がまずまず活躍を続け、ノーノー男・綱脇が台頭してきたものの、椋木・佐川の2年生コンビがパタリと姿を見せなくなった。来年リーグ戦で投げているところを久々に見たいものだ。

野手では、最終的にスタメンを勝ち取った大里新人戦でキャプテンを務めた斎藤の打撃面での成長が著しい。走攻守そろうルーキー・杉澤も木製バットでの対応力に成長の余地があり、定位置の確保が期待される選手だ。

ロマンあふれる4年生軍団の全国出場があちこちファンから期待されながらも、福祉の壁を超えられなかった仙台大。

投手では大関稲毛田小林

野手では佐藤優、柿澤といった有力な4年生たちの全国での活躍が見たかった。

怪物・宇田川は、決して満足のいくシーズンではなかった。特に秋は、自慢の速球が走らず、フォーク頼みのピッチングが続いた。また、苦しい時のマウンド捌きにも課題を残す印象を受ける。素材は素晴らしいものがあるだけに、一つ一つを克服し、全国出場と最高評価での指名を目指し、精進して欲しい。

その他投手陣では、長久保松本佐藤亜と1年生の活躍が目立った。

特に1年生左腕らしからぬコントロール変化球の精度を兼ね備える長久保ピッチトンネルの使い方は、もはや学生レベルを超えていると言って良い。

来年以降も先発の柱として大きな期待がかかる。同じく実戦派の佐藤亜、サイズは宇田川以上の巨漢・松本と、今後の同校を担う投手たちの成長が非常に楽しみだ。

野手では、今津佐野といったスーパールーキーも早いものラストイヤーを迎える。コンスタント活躍し続けてきた姿は立派だが、来年はチームを全国へと導く爆発的な活躍にも期待がかかる。

その他、永長・益子小笠原大北川村といった経験豊富な下級生レギュラー組が残る点も大きなアドバンテージ

番手は、持ち得るパフォーマンスをフルに発揮できる学院大か(その点を県内高校で例えると、なんとなく三高が被る)。

長いこと4番・捕手を務めた渡邉離脱は痛いが、早坂という成長著しい正捕手候補がいるのは大きい。投手陣も速球派右腕が揃っており、左腕の台頭がポイントか。

野手陣も布施林田根本など打力のある新人が残る。新入生でも、一芸に秀でた逸材たちが入部予定とのことで、早いうちから出場機会を与えられるかもしれない。

学院とは対照的に、個々の能力資質は確かながらそれらを実戦で中々生かすことのできない工大は、投打において絶対的な柱となれる選手必要だろう。

軟投派投手で小刻みに繋いだり、新人戦のようにアベレージヒッターを4番に置いてなんとかしてもらうのではなく、有望株は多いだけに、王道の戦法で挑んで欲しい。

東北大・宮教大の国公立勢も、田村・鳩原・松下クラスはいかなくとも、例によって見所のある選手複数存在する(つい先日、松下独立リーグで再開すると知った時はものすごく嬉しかった)。

ラストイヤーを迎える東北大・中尾は素材だけなら先輩の田村と比べても遜色ないし、指にかかった時の140キロ超の速球は私学勢でも苦戦するはず。そろそろひとり立ちしなければならない時期だ。

宮教の速球派・青木も、ラストイヤーを迎える。速球のスピードは確かだが、1年の頃からほとんど変わっていないのも事実だ。今シーズンチェンジアップはじめ変化球に大きな成長を感じただけに、速球の進化次第では大化けも期待される。

東北大は、打力強化の成果が出てきており、椋木・山野高川学園福祉コンビ連続無失点記録を2年連続HRによって破るなど、インパクトのあるシーンを量産している(近年の二高といい、インテリ守備を捨ててでも打撃を強化するという方向に落ち着くのだろうか?)。

宮教も、4番も務める守備職人小原、あと一歩で盗塁王を逃したシュアな打撃も魅力な菅野高校時代は4番も大学洗礼を味わった猛肩・大川口など、見所のある野手散見される。全体的にパワー不足は否めないので、投打共々、一冬での成長を期待したい。

福祉一強の様相を見せる仙六リーグだが、すべての大学に見るべきものがあり、今後どう勢力図が変わってもおかしくない雰囲気がある。一度ハマると、高校に負けず劣らず魅力的な仙台大学野球を、来年度も追い続けていきたい。

2019-11-16

今日柏レイソルがこれからJ2優勝するけど

誰が決勝点を決めるかな?

2019-09-30

anond:20190929162414

ドロップゴールは今大会結構出てますけど、あれ難しいんですよ、ワールドクラスでもざらに外れる。

あのときの周囲の状況がどうだったかからないですけど、まずその状況からドロップゴールを決めるなら

スクラム絶対押されない確信がある

・後ろに田村などドロップゴールを決められる選手がいる

・その位置はゴール真正付近である(角度のあるところからドロップゴールはほぼ決まらない、あの時のスクラム位置真正からやや左にずれていたので、右後ろにパスを送って真正面の位置にする必要がある)

・その選手プレッシャーがかかっていない

・そしてSH田中にもプレッシャーがかかってなくていい球がキッカーにだせる

・かつ、理想は80分すぎてから蹴って、決まる、次善は決まらなくてもポロリなどで試合が切れて終わる

という状況が整ってないといけませんよね。

それに近い状況が2003年ワールドカップのイングランドで、たしかゲームが終わる条件は違っていた(延長に時間設定があった)はずですけど、ほぼ終わりの時に蹴ってそれが決勝点でした。

その時のイングランドスクラムが異様に強く、また、キッカーのSO、ジョニー・ウィルキンソンキックも超正確で、スクラムとそこからとったペナルティで大半の点を叩き出せるほど絶対の自信があったのでできる戦術だったと思います

あのときはもうちょっと時間があったし、スクラムもよくて五分(それ、下馬評からするとすごいことなんですが)だったので、時間稼ぎが一番硬いっちゃ硬かったんじゃないかなぁ・・・

2018-07-03

日本ベルギー戦で感動した?

当方サッカーのことはほとんど知らず、今回のW杯試合も見ていない。

今回の試合で知っている情報は「日本が後半のはじめに2点取った後、最後20分あまりで3点取られて逆転された」という事実

「感動した」とか言っている人がいるらしいが、この試合展開は日本にとって感動できるものなのだろうか?

無論、ベルギーにとっては感動モノだろう。0-2という状態をひっくり返せたのだから

個人的には「感動できる試合展開」というのは、1点取ったら1点取り返される、みたいな一進一退のせめぎ合いがあって、

最後の数分で決勝点を取る、取られる、みたいな展開だと思う。

そんな試合が終われば「いやあ惜しかった。ベルギーおめでとう、日本もよく頑張ったよ」みたいな感動があるだろう。

でも今回の試合展開だと「後半開始直後で一気に2点も取れたし余裕でしょ」みたいな油断があったのではないか、と勘ぐってしまう。

例のポーランド戦があった後だからなおさら、「あとは体力温存でもしとけ」みたいな指示があったのではないか、と疑ってしまう。

ポーランド戦の戦略についても議論百出だろうが、ここでは自分はあまり良い印象を受けなかった、とだけ触れておく)

もしくは、単に後半になっておじさんジャパンが体力切れを起こした、とも考えてしまう。

油断にせよ体力切れにせよ、あまり褒められた試合内容ではなく、とても「感動した」とは言い難い……

W杯に興味がない人間試合結果と概要だけ聞くとそんな印象を受けた。

あくま個人の印象であって、感動するのは間違いとかそういうことを言うつもりはない。

感動した人は本当に感動したのだろうし、パブリックビューイングかなんかで周囲の人達感情を共にしていたのなら

その想いもひとしおだろう。

まあどちらにせよ日本W杯は終わった。関係各所の皆様はお疲れ様でした。

2018-06-25

また本田決勝点に関わってはてなー憤死しそう

あると思います

2018-06-05

俺のパワプロペナントモード渋川選手

パワプロペナントモードで、ドラフトで獲得した架空選手ばかりにして、オートでペナントモードを回している。

選手の成長は自分でやってる。もう総計70年くらい回している。

今年のペナントで、我がパワフルズの渋川選手シーズン最多本塁打更新しつつある。9月4日の段階で、57本。バレンティンの実際の記録まであと3本だ。時間問題である

ただ、渋川選手には一つ大きな問題があった。打率が2割6厘なのだOPSは.818。

現在までの総安打数97本(内本塁打57本、二塁打12本、短打28本)。ただのヒットより2倍近くホームランが多い。

しか問題なのは得点圏打率も同じく悪いこと。2割1分9厘。そして打点が98であることから分かる通り、ほとんどがソロホームランなのだ

そして三振が極めて多い。152.三振率は3割2分3厘。

渋川選手はもともとミート力(C68)もあり、前年も60本打っている。その際の打率は2割8分。3割を打った年だってある。

なぜか今年だけ、打率2割でホームランばかりの選手になってしまった。

もしこんな選手が実際にいたら、どうなるんだろうか?

ただホームランの数だけ多いのだ。他はひどい。一応チームの決勝点ホームランでもぎ取ることはある。だけど、いつも三振内野への力ないフライばかりしている。

他の指標が全く揃わない60本打者。昔、外国人王貞治の55本を更新しようとした時、露骨敬遠されたことがあった。その問題をも乗り越えてバレンティンは60本打った。

もし現実プロ野球で、日本人で、打率2割打点100程度で60本打たんとする打者が現れたら、どうなるだろうか。ちなみに四球も選べない。ただ、守備は上手い。

ホームラン記録にも品格と言うものがある」「こんなただホームラン打っただけの記録は認められない」とかいって、退けられやしないだろうか。

勝手渋川選手への賛否両論想像している。

2016-07-28

言っても詮無いが、宇都宮けんじにしておけばなあ…

例え負けたとしても意味のある選挙戦になったはず。

宇都宮けんじ過去2戦は次点とは言ってもはっきり言って惜敗というわけではなかった。

圧倒的な勝者の添え物でしかなかったし、2番手にふさわしい世論の注目すらなかった。


今回こそは自民宇都宮の激突になるはずだったのに。

知名度頼みのひどい候補相乗りするために宇都宮を辞退させて。

選挙戦ワイドショー的ないじりと文春砲ゴシップが飛び交う酷いものになって。

自民の内輪論理なんかが主題の一つになり、ノビテルがオウンゴール決勝点を放って。


今度こそ意味のある選挙戦が戦われるはずだったのに

こんなどーーーしょもない選挙戦になって。

それもこれも、最も真面目でやる気と積み重ねのある宇都宮けんじという候補を切ったから。

彼のために用意されたはずの最高の好機に。

2014-06-25

http://anond.hatelabo.jp/20140625121026

それこそ終了間際にたまたま広い面積を塗れたんで逆転しましたとかでいいんじゃないの?

ゲーム全体の貢献度は低くても決勝点入れたらヒーローだよ。

2014-06-13

恥ずかしい恥ずかしいオナニー来たぞお前ら!


クロアチア西村主審に不満爆発「勝利奪われた」

ブラジルW杯第1日1次リーグA組 ブラジル3―1クロアチア(12日、サンパウロサンパウロアリーナ

主審が勝利を奪った」「(クロアチア代表は)勇敢に戦った」。サッカー・ワールドカップW杯)の開幕戦ブラジルに敗れたクロアチアでは、

代表チームをたたえる一方で、決勝点のPKをブラジルに与えた西村雄一主審への不満が爆発した。

クロアチア代表コバチ監督地元テレビに「われわれはベストを尽くした。あれが(PKの)反則なら、サッカーなんてしない方がいい」と強調。

主審試合レベルに達していない。恥だ」と酷評し、怒りをぶちまけた。

地元メディアも「チームはホストブラジル相手燃え尽きるまで戦った」と健闘を称賛したが「主審ブラジルの肩を持った」と非難した。





宇多田ヒカル @utadahikaru

I hope Croatian people don't hate Japanese people after their unfortunate match against Brazil today...

https://twitter.com/utadahikaru/status/477285760089858049




日本人西村主審クロアチア人に憎まれたとして、なんでその憎しみを無関係の俺らまで受けなきゃいけないんだよwww


で、それを予防するために先回りして謝罪


「お前は西村と同じ日本人から差別するわ」っていう人たちの価値観内面化してるんだよ宇多田は。そういう差別は許容してるんだよ宇多田みたいな奴は!


俺がよくわからないのは、ネガティブなことでは積極的にひとくくりにされようとする人々って、ポジティブなことではひとくくりにされたがらないよなwww


その非対象性おもしろいわwww


俺なら、ポジティブなことには積極的にひとくくりにされに行って、ネガティブなことは自分と切り離すわwwww


これ読んだらブックマークしろ



(文:masudamaster)



http://anond.hatelabo.jp/20140316114316

http://anond.hatelabo.jp/20140613131206

http://anond.hatelabo.jp/20140614025031

宇多田W杯開幕戦の判定に「日本人を嫌いにならないで」

http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140613-00000019-tospoweb-socc




追記:

宇多田ヒカル @utadahikaru

周りのサッカーファンがみんな誤審だって騒いでたか鵜呑みにして失礼な冗談を書いてしまった 西村さんごめんなさいorz

https://twitter.com/utadahikaru/status/477339706363895808

2011-09-06

北朝鮮戦の埼スタの雰囲気が気持ち悪かった話

さらだけれど。

スタジアムは、ワアワアしていた。特に終盤に顕著だった。

チャンスの(というかチャンスをものにできなかった)ときだけワァーーッと騒ぎ声が響く。

指定席

まずは自分が座っていた辺りの印象から話そう。

あの日は協会関係者にいただいた北寄りバックロアーの指定席にいた。自分で買った南自由は人に譲った。

そこにはスタジアムによくいる「ぐだぐだうっせーけどたまに的を射たことを言うおっさん(にーちゃん/ねーちゃんの場合もあり)」の声がなかった。カテゴリーの関係もあるだろうが。

周辺が、とても静かで、もちろんシュートを外したときなんかはワアワアやっていたし決勝点の瞬間は総立ちだったが、とにかく大人しいという印象だった。ゴールのあとの、終了の笛を待ちわびるゆっくりとした手拍子にも、加わる人は少なかった。

ちなみに、ゴールの前に席を立ってしまたかわいそうな人は、見える範囲で二組だけいた。

■バックロアーから見たゴール裏

一番騒いでいたのは中央部。横軸中央の、上から下までのラインだけ、最初から最後まで手が動いていた(席確保の際はあそこから先に埋まって行ったんだろうか)。同心円状でなく、縦のラインが形成されているのが興味深かった。

それ以外の場所は、なんとなく、のっぺりしていた。抽象的な表現で申し訳ない。

今までの代表戦でも「お祭りみたいで楽しそうだなあ」と思ったことはあったが、のっぺりして見えたのは初めてだった。そこが気持ち悪かった。

帰宅してから映像を見ると、飛び跳ねていても声は張ってない若い人たちがいて、ああそういう「楽しみ方」もあるのだなあという感想を抱いた。喉より足が疲れそうだなあ。

■チャントについて

日本チャチャチャ、あとは似たような曲目3種類くらいで回していたような印象。

特定の選手が好プレーをしても「(選手名)チャチャチャ」ではなくほとんど「日本チャチャチャなのは

選手の判別がついていないのか、みんなでがんばってるんだから贔屓はしないという精神なのか、と勘繰りたくなる。

ゴール裏から起こったチャントに北が乗っかっていたのは聞いていておもしろかった。

切れ目ではなくて、一区切り付く前の途中から被さっていっていたように聞こえた。本当のところはわからないが。

ここぞというとき日本チャチャチャに対して、指定席周辺からの「呼応」が極端に少なかった気がする。チャンスのあとの手拍子のしやすいチャントにしても。

バックアッパーからは、時折、手拍子が雨のように降ってきていた。

けれどスタジアム全体で雰囲気を作り上げるには、1階席からの声援がもっとなければいけなかった。

ゴール裏→バックロアーという「繋がり」が絶たれているのは厳しい。

試合後、選手達の反応

選手ブログ試合後のコメントで「一体感があった」と褒められていた。

どういうことだろうと考えていた。

終盤、シュートが外れるたびにゴールへの期待感が高まっていく、それは(たぶん)あった。

思うに、ゴールを信じて声を張り上げていたサポーターたちの気持ちと、最後まで諦めずに北側のゴールに攻め続けた選手達の気持ちが、一体となっていた、ということ……なんだろう。

でも、私は、もっと良い雰囲気を作ることができたはずなのにと、思わずはいられなかった。

気持ち悪いのは私だ。

2011-07-11

なでしこJAPAN快勝の裏に日本代表主将のあの男の活躍がの巻き。

※このエントリは私の大好きな「スポーツ見るもの語る者~フモフモコラム」のパクrもといリスペクトです

http://blog.livedoor.jp/vitaminw/


心を整えたい!


女子サッカーワールドカップの準々決勝、日本ドイツ試合開始前およびハーフタイム中のインタビューで「あの男」が繰り返

した言葉です

「あの男」そう、サッカー日本代表主将長谷部誠選手ですなでしこJAPAN歴史を創った陰で彼が暗躍していたことはもっと

知られても良いでしょう。

今回はそんなサムライブルーキャプテン長谷部選手の動きについてチェックしていきましょう。

モテモテ長谷部選手はいつでもウェルカム

長谷部選手と言えば日本代表の中では主将として、真面目に誠実にメンバーコミュニケーションをとり曲者揃いのチームをまと

め上げている名キャプテンで、

若手選手は真面目な発言をした人に「長谷部か!」というツッコミをするほど、チームメイトから尊敬を集めています

そして先日発売した著書「心を整える。」はベストセラーとなっています

世の中の女性に対しても、そのイケメンではないがさわやかなルックス、日本代表キャプテンというステータス海外活躍する

ことによる高い給料と、モテモテ要素を全て備えており、その圧倒的アピール力に寄ってくる女性は後を絶ちません。

そんな状況で浮かれ立たない男などいるはずもなく、長谷部選手日本との遠距離恋愛でなかなか会えない某本田アナと別れ女遊

モードに入りますしかフリーであることを天下に示すために、シーズン終了後の帰国時に「The End Of LOVE」と書かれたT

シャツで全世界女性にウェルカムを表明した事は記憶にも新しいですね。

つウェルカムヘブン[DVD] http://amzn.to/omTtDa


そんな誰でも来い状態の長谷部選手日本では散々テレビに出まくって、女子アナアイドルグラドルメール交換しまくった

の良いものの、オフが終わりドイツに帰国。ヴォルフスブルクという北部のド田舎町では全然女遊びができません。が、そこに朗

報が!ドイツで開催されている女子ワールドカップ試合ヴォルフスブルクで組まれたのです

しかも見事に勝ち進んだ「なでしこJAPAN」がやってきたのです勝手知ったるホームタウンに大量の女子長谷部選手は自らのプ

レースタイルのように労を惜しま縦横無尽に動き始めたのです

…言いたい事はわかりますなでしこJAPANなんて不器量の集まりではないかと。モテモテ長谷部選手のお口に合うのかと。確かに

サッカー青春を捧げた彼女たちは、ヘディング練習のしすぎで顔が潰れてしまった澤選手を筆頭にお世辞にも美人揃いとは言え

ません。しかし、何人かは見られる顔の選手がいらっしゃるです。個人的には鮫島選手、超タイプです

安藤 梢

 http://matome.naver.jp/odai/2125351445532140015

丸山桂里奈

 http://matome.naver.jp/odai/2126559444013016401

・鮫島 彩

 http://matome.naver.jp/odai/2126524399704137901

もちろん、極上のルックスとはいえませんが、彼女たちはサッカー選手として純粋長谷部選手尊敬しています。ウェルカム

態の長谷部さんにとってはまさにお手軽なのではないでしょうか。

トレードオフ 上質をとるか、手軽をとるか http://amzn.to/nrBTTE


◆心を整えるには まず体から

しかし問題はどうやって彼女たちに近づくか。ワールドカップ中の選手へは安易に近づけませんし、通常は関係者以外は男子禁制

ですしかし、ピンポイントの早いパスでディフェンスラインの穴を通すのも長谷部選手の得意プレー。それは、NHKBS1日本

国民に明かされました。試合直前にピッチサイドでインタビューを受ける長谷部選手

日本サッカーは十分通じるはず」

「大アウェーだけど頑張ってほしい」

「昨晩、宿舎におじゃましたのですが雰囲気が良かった」

え?普通に宿舎におじゃましちゃったの?さすが長谷部選手日本代表主将という肩書をフルに発揮して、試合前日の夜という、

極めてセンシティブ時間に宿舎に突入していました。宿舎ですから当然シャワーもベッドもあります連戦ストレス男子

足で飢えた女子選手とウェルカム長谷部。どうなるかは火を見るより明らかですね。

女医が教える本当に気持ちのいいセックス http://amzn.to/pDP7yW


こんなこと私の下種な妄想であって欲しい。そう思いスポニチを見ると、下記の報道が。

試合前夜に宿舎を訪れた男子主将に、同じく浦和からドイツに渡ったFW安藤梢(29)=デュイスブルク=らが奮起。』

http://news.goo.ne.jp/article/sanspo/sports/ssp20110711008.html

丸山長谷部の著書「心を整える」に引っかけて「お会いできて、すごく心が整いました!」と感謝した。』

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2011/07/11/kiji/K20110711001185890.html

見事に「見られる顔の選手」に手を出しとるやないかい!さすがの戦術です長谷部選手

試合前日に手を出された方はというと、前半積極的なチェイシングで守備を助けた安藤選手を後半に丸山選手に交代。監督は、期せずして姉妹となってしまった2人が同時にピッチに立たないようにする気遣いで、2人の奮起を促します。丸山選手の感動的な決勝点はこうして生まれたのですね。ありがとう長谷部選手

しかし、一晩に2人お相手とはさすが無尽蔵のスタミナを持つ長谷部選手ですね。いやいや彼のスタミナを持ってすればさらに…

…はっ、我らが鮫島選手にも手を出したのでは!?そう思って試合中継のビデオを見直すと、長谷部選手おでこに大きな絆創膏が。

そう、完全に返り討ちにあっているではありませんか。良かった、鮫島選手のの貞操は守られたんだ!

つ強い女は美しい 今日から使える護身術 http://amzn.to/q3FTCq


今回の経緯を見るに、現役の日本代表選手女子宿舎を訪れるのは、なでしこJAPANにとってプラスの様です準決勝フランクフルトで開催されますクラブチームにはかつて高原選手稲本選手所属していました。現在日本人選手所属はありませんが、槙野選手のケルンからならアウトバーンをひとっ走りです


準決勝に向けて槙野選手は是非、大黒柱である選手を訪れてあげてください!



※まともな観戦記を読みたい方は本家 フモフモコラムをご覧ください。

http://blog.livedoor.jp/vitaminw/archives/2011-07.html#20110710

2011-01-31

http://anond.hatelabo.jp/20110131145458

お前ら、普段嫌韓なくせに、こういう時だけ李を擁護するのな。

韓国韓国人が嫌いなのと、李をそういう視線から保護することは矛盾しねえだろ。

韓国マスコミ日本マスコミ偏向報道ばっかしてるけど、調子いいことばっか言ってるのはお前らの方じゃん

韓日のマスコミ韓国ネチズンを看過して日本ネットを叩こうとする人は

要するに「反ナショナリズム」ではなく「反日本」だよね。

うどんなアホでも気付いて飽き飽きしてる詭弁ポーズ

そんなお前らによってどれだけ在日韓国人が傷ついて苦しんでるかわかってる?

なにが、なににたいして?

またぞろ被害者素振りが始まるんですか?

今回李を賞賛した人は、他の在日韓国人にも同じように言ってやれよ。

「お前の決勝点ボレー凄かったな!」って道歩いてる在日朝鮮人に言うの?

なにそれ意味不明

まあ在日朝鮮人がどこにいるのかよくしらんけど。

お前らが韓国マスコミ馬鹿にしながら李をかばう、そんな姿勢を李は見たいと思っていない。

だって韓国マスコミ馬鹿じゃん。

極めて幼児的な民族ナショナリズム、手癖のような事実捏造偏向報道

キヨンソンの人種差別ポーズを擁護する為に関係無い試合画像報道できる奴等。

馬鹿馬鹿って言って何が悪い

韓国マスコミと李にどういう関係があるんだ。

お前と李はどのような関係にあるんだ。

手柄立てた人間にすぐ威を借りて勝手に"内心"を騙るんじゃないよ乞食が。

むしろ悲しいと思っているに違いない。

いい加減に気付いてくれよ。

身をよじるような振り付けで他人の内心を勝手に力説すんな。

お前のその論法は韓国マスコミによう似てるわ。

そして、擁護したつもりで「李は日本人です」なんて恥ずかしいことも言うな。

李は日本人じゃねえか。

彼自身が国籍日本にし、心としても日本祖国と決めたか日本人だ。

今後もし気が変わったなら残念だがまた別の祖国に籍と心を置けばいいこと。

彼の自由はお前が干渉することじゃあないよクズ

そして、そういう人は李の他にもまだまだいっぱいいる。

どういう人だよ。

お前が勝手に騙る李と”同じ人”か。

で、同じってのは何が”同じ”なんだ。

日本に住んでて国籍朝鮮から”同じ”か。

自分が言ってることわかってんのか。

いい加減な感情でものを言うな。

おまえがな!

何か立派なことをした奴がひとり出るたびに

そいつたかるみたいにしてオナジダオナジダ喚きながら

そいつとは似ても似つかない態度で被害者の所作をするだけの奴等や

そういう悪い習慣を推奨するいい加減かつアホ丸出しな日本人どもは

いい加減恥を知って成長しろ!

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん