「2次創作」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 2次創作とは

2018-07-01

5、6年ぶりにpixivに絵を投稿した

新規垢でアニメ2次創作絵をいくつか上げた。勿論絵は伸びない 。自分で見てもブクマしたいと思えないのでこれはヤバイ

[]2018年6月30日土曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
0015015357102.446.5
011101044795.044.5
026210464168.841
03202981149.131.5
04212845135.539
0518175797.656.5
06346075178.7102.5
07367528209.148
08546936128.456.5
099811513117.563
1012713237104.244
1112312856104.535
121391021373.540
131911796494.140
141701601394.246.5
1512913097101.548
169211442124.464.5
178010666133.350
181511096272.646
19929432102.540.5
201451300789.744
2116318723114.947
2215115675103.853
2316417207104.952.5
1日2520266397105.747

頻出名詞 ()内の数字単語が含まれ記事

人(263), 自分(220), 増田(150), 日本(142), 先生(135), 低能(126), 話(118), 今(110), 仕事(88), 問題(69), 必要(69), 人間(67), 女(65), 前(61), 意味(56), あと(55), 社会(55), 理由(54), 子供(53), 相手(53), 感じ(53), 他(51), ネット(51), ー(50), 好き(50), 最近(50), 目(49), 自殺(49), 男(48), 気(48), 気持ち(46), レベル(46), 金(44), 国(42), 時間(42), 世界(41), 普通(40), 嫌(40), 絶対(40), 関係(39), 頭(39), 医者(38), 生活(37), バカ(36), 批判(36), 結果(35), じゃなくて(35), 昔(35), 無理(35), 理解(35), 場合(35), 今日(35), 存在(34), 自体(33), 意見(33), 医師(32), 結婚(32), 結局(32), しない(32), 行為(31), 事件(31), サッカー(31), 別(31), 記事(31), 人生(31), 当たり前(30), 他人(30), 嘘(30), 会社(30), 一番(30), 手(29), 全部(29), 言葉(28), 誰か(28), ただ(28), 状況(28), 可能性(28), 一人(28), 状態(28), まとも(28), 親(27), 全く(27), 日本人(27), 情報(26), 病院(26), 時代(26), 給料(26), 価値(26), 時点(26), 女性(25), 幸せ(25), 馬鹿(25), はてブ(25), おっさん(24), 機能(24), 考え(24), 心(24), お金(23), いや(23), ブコメ(23), 世の中(23), 現実(23)

頻出固有名詞 ()内の数字単語が含まれ記事

増田(150), 日本(142), じゃなくて(35), 可能性(28), はてブ(25), ブコメ(23), Hagex(21), わからん(21), 高プロ(20), hagex(20), 低脳(18), 韓国(17), ブログ(17), twitter(16), なんだろう(16), いない(16), ポーランド(13), 卑怯者(13), 中国(12), はてなブックマーク(12), 外国人(12), 元増田(12), 笑(12), リアル(11), 自衛隊(11), ブクマ(11), 二次創作(11), 何度(11), いいんじゃない(11), ツイッター(11), スマホ(11), 陸士長(11), 大阪(10), エビデンス(10), ホリエモン(10), マジで(10), 北朝鮮(10), 1日(10), 無敵の人(10), 個人的(10), かもしれん(10), 上級国民(9), アメリカ(9), IT(9), はてなー(9), IDコール(9), キチガイ(9), 容疑者(9), ガチ(8), 管理職(8), 3日(8), 自分たち(8), ワイ(8), 労働者(8), なのか(8), おまえら(8), 健常者(8), スマートスピーカー(8), 知らんけど(8), ID(7), 夫婦(7), アレ(7), 東京(7), 障碍者(7), 社会的(7), 決勝トーナメント進出(7), …。(7), 発達障害(7), リア充(7), 先進国(7), ぶっちゃけ(7), イケメン(7), ブクマカ(7), 被害者(7), ホッテントリ(7), 私たち(7), asahi.com(7), 娘(7), adblock(7), ネット弁慶(7), 医療崩壊(7), プレイ(7), 1回(6), 安倍(6), カス(6), 成果主義(6), 障害者(6), 高齢者(6), 安倍総理(6), a(6), トヨタ(6), 2018年(6), ワールドカップ(6), SNS(6), 一日(6), 大企業(6), な!(6), あいつら(6), 就活(6), 自民党(6), 残業代(6), マウンティング(6), or(6), アプリ(6), PC(6), 安楽死(6), コピペ(6), article(6), 日本代表(6), 引きこもり(6), 迷惑行為(6), ASL(6)

頻出トラックバック先(簡易)

■私が医療崩壊トリガーになる未来 /20180630150652(21), ■こんばんは。私は豚です。 /20180630181929(12), ■吃音のこと知ってほしいって就職活動されても一般枠は勘弁してほしい /20180616140506(11), ■リアルタイムで、話の通じない増田に絡まれ続けているんですけどどうしたらいいですか? /20180630104947(9), ■ここ5年以内の作品おすすめの暗いアニメ・鬱アニメ教えて /20180627170550(9), ■そもそもなんで売春は良くないものという風潮なの? /20180630181900(8), ■ちょっとお前らをビックリさせるわ /20180627141122(8), ■態度の悪い40代無職を誰が救えるの? /20180629224012(7), ■外に出ろって言うけど何をすればいいの? /20180624140926(7), ■機能の停止って主観じゃ判別できなくね? /20180630000301(7), ■anond20180630151333 /20180630151529(6), ■誰もあなたを働かせようと思ってないか安心してね /20180630132751(6), ■地域振興券効果なかったのに、給料を上げて消費が伸びるのか? /20180630140024(6), ■猫と話せる人居ますか? /20180629195858(6), ■性依存症なのかもしれない /20180630074743(6), ■妹が家で里帰り出産したんだけど /20180630063708(6), ■私は声優に関する知識がない /20180630195754(6), ■最近おっさん女子学生恋愛する話が御法度とされる中で /20180630040501(6), ■勘弁してくれNHK /20180630233747(5), ■お前ら家族はいるのか? /20180630122825(5), ■2Lサイズアクエリアス気持ち /20180630062240(5), ■パソコンリプレースめんどい /20180630203143(5), ■殺すし殺されるよ /20180630141509(5), ■なんで日本人女って、外国人口説かれるとメス顔するの? /20180630211131(5), ■anond20180630094621 /20180630095545(5), ■1次創作2次創作の違いについて考えたこと /20180630120958(5), ■日刊SPA報道ちょっと言いたい /20180630103514(5)

増田合計ブックマーク数 ()内の数字は1日の増減

5365271(4476)

2018-06-30

1次創作2次創作の違いについて考えたこ

全ての創作は、他人特に過去の人)の影響を受け、真似して書かれてる。私が好きな著者に、森博嗣という作家がいる。この人は独創的だと言わているが、この著者でさえ過去著作物の影響を受けており、一部は真似をしている。だからこの法則例外はないと私は考える。

最近森博嗣2次創作をしている方と、ウェブ上で意見交換をする機会(私が議論一方的にふっかけたのですが…。すいません。)があった。

そこで考えたことは2次創作をする人と、創作をする人(ここではイメージを具体的にするために森博嗣を思い浮かべて下さい)の違いについて考えてみたい。

まず2次創作をする人は、作家に近づきたいと考える人であると私は考える。これは森博嗣新書小説の書き方(題名は正確でないかもしれません)」で書いた方法真逆の道である森博嗣の考える小説の書き方の1つは、他人創作を読まない、真似ない、流行りの小説とは別の手法で書くというものである

森博嗣の熱心なファンが、森博嗣の真似をして、森博嗣意見小説の書き方という本に対してのみだが)と逆の道を進まれているのが、印象に残った。

同人誌という本を私はほとんど目にしたことがなく、読んだこともないため、同人誌を書く人の約束文化について、あまり気にせず意見を述べたので、少し反省

2018-06-12

anond:20180612225355

マジレスすると

著作権問題完全クリアして2次創作するの、

絵を描く以外はハードル高すぎだろ

自分権利もってない動画編集とかって許されるの?

勝手に曲とか作っていいの?

のじゃおじの曲はちゃん相互許可取っての話だろ

ゲームの素材完全に権利クリアして作るのどれだけ大変かって話なわけで

フリー素材使えって話もVtuber場合微妙。完全非営利とは言い切れないから)

2018-06-07

自分2次創作するとそのカプに萌えなくなる

私は腐女子で、普段は好きな作品の2次腐向け小説を書いたりしているオタクなんだけど、ひとつジャンルに長くいられないタイプで長くても一年とかで移動しちゃうんだよね

友達かにも「また移動したの?」ってからかわれるのが嫌だった

で、自分が長くいられない理由について深夜テンション考察してみたんだけど、やっと理由がわかったような気がして面白かったのとすっきりしたのとこれからどうしていいかわかんないのが混ざった感情のまま世界さらけだすことにしました

ただ吐き出したいだけです。よろしくお願いしま

まずそもそもとして、私が新しいジャンルのこのカプの小説書きはじめるときは、基本的にこのカプのこんな話よみたい! で書いてたんだけど、小説書くのも好きだし自分が書けば推しカプ作品ひとつ増えるしでうれしくて、自己満足で書いてたんですよ

でもそうやってそのジャンルオフもオンも同人やってくと、そのうち他人の生み出すそのカプに萌えなくなっていくんだよね

作品として良かった、すばらしかったとは思うんだけど、萌えがあるかって言われたら違うというか……

自分作品も、この表現好きだとかこのシチュエーションいいなとかは思うけど、読んでて萌えにつながらない 「作品としていいかどうか」にばかり気をとられてしま

これは結構からなんとなく気づいてて、理由もわかってた。自分作品を書くと自分の中の推しカプ解釈が定まってしまうから、で自分解釈が一番好きだから他人作品も「解釈が合うかどうか」「この解釈が受け入れられるかどうか」にばかり重きを置いてしまうようになっちゃうんだよね

私が今までハマってきたジャンルはどれも大きなジャンルメジャーカプで、少ないほうでもカプだけでpixiv小説が2000件以上ある

私の解釈はそのカプでいうとマイナーものが多くて、つまりカプで一般的とされてる解釈は私に合わなかったから、そんな大海の中から自分好みの作品を探すのは難儀でだんだん自カプ作品を漁らなくなっていくようになる

自カプへの愛はあるし創作意欲だってあるんだけど、自カプ作品萌えなくなってしまうというか……

なんていうか、作品書いてしまうと自カプに対する感情萌えから信仰へと変わっちゃって、他人作品聖書読ませてもらってる感覚になるわけ だからこの聖書良いとかこの解釈合うとかは思うけど聖書萌えないっていうか……

そんな感じで、自分が今一番書きたいジャンル自分が今一番萌えジャンルが一致しないようになっていくことに気がつきました

それってオタクとしてどうなんだろう? って思う だって萌えから書くわけじゃん こんな話絶対萌えるな、読みたい、が小説書く動機じゃん

2次創作ってそうあるべきだと思ってて、誰かに読んでもらいたいとか承認欲求満たすために原作を利用するべきじゃないって考えだから、そこは絶対にブレたくない

なのに私が書きたいカプで私は萌えない

自分解釈にがんじがらめになっていく

そうなると今度は新しいカプで作品書くのもこわくなってくる もしまたこのカプ書き始めて、他人作品萌えなくなっちゃったらどうしようって それなら書かないほうがいいんじゃないかって

ふたりがそこにいるだけで幸せになれたのに、ひとたび作品を書いてしまうとふたりの在り方に文句をつけてしま

嫌なんだよね

私は自カプがめちゃくちゃ好きだし、大きなジャンル作品もたくさんあるとしてもいつだって増えてほしいし、もっともっと書きたいって欲はあるんだけど、でもも萌えないんだよ

萌え作品を探せていないだけだってずっと自分に言い聞かせてたけど

ハマりたてのあの頃みたいにふたりがいればそれでいいって思えないんだよね

これって2次創作する意味なくない?

創作から手を引いたほうがいいのかな?

でも2次小説書くのはめちゃくちゃ好きなんだよね

ていうか最近同人しか趣味ないし

1次創作はできないんだよ、向いてないしやりたいとも思えないか

萌えなくても書いてていいのかなあ

書きたい気持ちは嘘じゃないのに萌えないなんてことある

単純に好きになってから時間が経って慣れただけなんだろうか

他人作品自分を比べちゃうからそうなるのかな

もうなんかわかんないや

最初萌えてたのになあ どうして萌えることができないんだろう 

そのジャンルを好きな気持ちは変わんないっていうかむしろ強くなっていってるのになあ……

まあ元から2次創作は向いてない人間なのはわかってたんですけど……

オタクやめたい

2018-06-05

絵師

自分の絵は無断転載されると嫌なくせに無断転載動画字幕アニメ動画rtする矛盾

過去テレビ番組アニメ公的ものというか話のネタになるからOKそもそもそんなこと言ってたらネットなんてやってられない…

かに他人の絵を無断で貼り付けるのも色々欠けている行為な気がする 違法アップも勿論駄目だけど(最近公式がパロ動画言及したりとかもう訳分からん)それはそれ

オリ動画を自サイトに上げてた人がyoutube無断転載されてそれから動画全削除もう上げませんなんてこともあるのでやはり個人作品2次創作でも)の無断転載は少し考えてほしい

とか書いておいて大抵の絵描き使用範囲がどうとか書くからそれ守ればで終わることに気付く

2次創作禁止とかガイドラインにあるキャラクターとかもいるしもう面倒くせえ

2018-05-21

anond:20180519125910

権利者が決めること。以上。

統一的に決めて、何も考えてない自分も甘い汁据えるような枠組みを作ってくれってのは通らないよ。

まだだいぶ試行錯誤な段階だから、先鋭的なところが自分の身を傷つけるの覚悟でいろいろやってみて、取捨選択していい枠組みを作っていくということだろうね。

先鋭的なところがこれ以上独走できないために枠をはめようなんての通らない。

で、そもそも人気の基準が、ネットでの露出度になった以上、二次創作ガイドラインつきコンテンツの独走になってる。(東方ボカロ艦これfate刀剣乱舞

ただ、ちょっとお絵かき楽しすに金払え+申請しろというのは通らない。許諾の枠組みができたが、もう全く見向きもされなくなってるのがJASRAC曲の二次創作だな。

同人誌であれば緩いからある程度マルチジャンルだが、音楽二次創作東方艦これ以外ほぼ絶滅状態なのは見ての通りだろう。(ボカロあくまオリジナルだし)

そして、昔は東方だけだったが、そこそこ二次創作ガイドライン付きコンテンツも増えてきた。とすると、その中での競争も始まってる。もうそんな時代

東方STREAMLINE上での使用許可を出した。金が絡んでるからまあ、本家サイドにもいくらかは回ってるだろう。

でも、この辺りも極力二次創作者に負担がかからないような枠組みでやっている。

で、商売をやるうえで、いちばんは「顧客の満足をどうやって満たすか」なんだよね。法律でこうだから取れる取れないじゃなくて。

この場合客は2つある。二次創作者と、エンドユーザー

二次創作者が楽にいいものを作れるようにして、露出を増やし、エンドユーザーへの波及を図る。

東方は正直二次創作者が創作を楽しんでほしいという気持ちけがスタートだったのかもしれん。

そこで二次創作者が使いやすいようにしたか二次創作者がふえ、エンドユーザーまで波及するというモデルになった。

結果的には二次創作者を利用した露出を増やさんと人気が出ない時代になった。

正直、創作だけじゃなくて、日本商売全般として「客をどう満足させるか」ではなく「ここはもうかるはずだから出ていく」みたいなとこがある。

で、自己満足顧客に使いにくいものばかりを作って、黒船突撃しきて日本勢全滅みたいになってる。

ただ、今回の黒船東方だったってこと。黒船も万全とは言えないけどね。下らん喧嘩コンテンツ全部をだめにした動物みたいな例もあるし。

動物典型的な「ここはもうかるはずだから出ていく」で顧客ガン無視でのごちゃごちゃだ。

東方もうまく立ち回らんと下らん喧嘩コンテンツ全部をだめにするリスクはまだまだあると思う。

もちろん、ほかの2次創作ガイドライン付きコンテンツもね。まだネット時代黎明期だというのは感じる。

あれだよ、元増田はもう空母時代二次創作者という艦載機を含めての時代)になってるのに、戦艦排水量制限を設けようとか言ってるようなもの

どういう許可の出し方をするかも含めての競争になってるの。

2018-05-20

anond:20180519125910

それを決めるのは二次創作元ネタ作品権利元であって、市井一般人ではない

べつに「二次創作一切許さんアニメとか漫画」が何本かあっても良いとは思う

さら業界全部そっちになることはありえんだろ

1990年代末~2000年代初頭のエロゲなんか、一迅社とかの「公式2次創作アンソロジー存在によって作品知名度が広まったりファンの盛り上がりを高めるため二次創作を歓迎してた面は確実にあったし、今じゃ多くの出版社アニメ製作会社がその効果を認めているのではないか

2018-05-18

anond:20180518082819

一旦、2次創作として出した以上は商業出版にするべきではない。

これにつきるね

問題にならないわけがないし、

中身以前に元二次創作であるってそれだけでケチがつく

二次創作で人気が出たか一次創作に」のやつにコメント

なんかまだコメント欄議論が続いていいるようなのでコメントを。

https://togetter.com/li/1227347

個人権利を重視する立場と、行使される権利の総量を重視する立場対立に見える。

交通で例えると、自家用車を所有している人が都心などの混雑が予想される場所に車で出かけることに対して、個人権利を重視する立場からそのような行為規制する法律はないなどと擁護する立場と、渋滞することが予想されるのだから公共交通機関を使うことを勧める立場

当初、2次創作であった漫画を1次創作に変更して商業出版することも別にそのこと自体とがめられることではない。でも、名前だけ変えればいいんだという認識が広まってしまうと、ファン活動とは言い難い2次創作が広がって、権利元が態度を変えるかもしれない。だから、一旦、2次創作として出した以上は商業出版にするべきではない。

こういう、総量が問題になる件に対処するのに、法律とか権利とかルールって、あまり役に立たない。権利元が、年間に数冊くらいなら2次創作ベース商業出版があっても許容範囲だと思っていたとして、それを具体的なルールとして文章にすることができない。2次→商業OKですと明文化してしまうと出版数を制限することができず、2次→商業NGですと明文化すると年間数冊なら許容範囲なのに過剰な規制になってしまう。

結果、空気を読むとか、ファン活動矜持とか、学級会みたいな話になる。今回のこの本については、かなり著作権的に白いから、商業出版しても大丈夫なんじゃないかなとは思うけれど、2次から商業に移すことを一律自粛するのも、安全運転に徹するという意味でありうる立場ではある。

面白いのは、「お気持ちの表明」を非難していたサイドも、

モヤモヤするなどといった、個人的な悪感情Twitter投稿すること自体、汚い言葉を使わず抑制的に行えば別にとがめられることではない。でも、その不満の感情がたくさん集まって、作者の目に触れる規模にまで増えると困るから自重しておいたほうがいい。といった風に、総量規制を主張している点か。

2018-04-29

anond:20180429232817

少女マンガ少女小説は付き合った時点で作品が完結することが多いので

そのあとのラブラブイチャイチャを読みたくて

2次創作を読むことが多い

あるいは、少女マンガなのに本編で恋愛要素皆無になってしま

ネットラブラブSSを読み漁るとか

2018-04-02

絵と文の格差

友人二人と自分の間に壁を感じまくってる。

そのオタクの友人二人は絵の人で、わたしだけ文。めちゃくちゃ疎外感。細かく何があったの話はもう面倒なので割愛。ほんとに文のジャンルは陽が当たらない。

書いても書いても反応は微々たるものだし、かっこいいイラスト可愛いイラスト面白いマンガでバズってるツイートはよく見かけるけど2次創作小説でバズったツイートなんかそうそう見かけないでしょ?ほら。もうやめたくなる。

最近はやっと書きたいと思ったものができて、それを完結させるまでは…と思ってまだツイッターアカウントも消さずにいるけれど。もし書き終えたら本当に消そうと思ってる。だって書いても書いても陽に当たれないんだよ…人に褒めてほしいか創作するのは間違いだけど、書いたものに反応来なくて悲しいのはそれとは違うでしょ。悲しい。泣きたい。

新生活不安がありまくり今日日記はそれにしようと思ったけど、こんな悲しくなったのは久々だったからまたグダグダ創作愚痴になった。

反応のために書いてるわけじゃないけど、あんまりにも絵との格差がひどい。いくら絵の人が「絵のエロ規制が厳しくなってるけど文はないから、読み終えた後の満足感が違う」みたいなこと言っても読まない人は読まないんだよ…。そんで読んでみようと思っても、大体の人はブクマ数とかで見るからほんっと陽が当たらないんだ…。じゃあブクマされるように良い文を書けって言われそうだけど、いくら良い文でもブクマつかなきゃ新規の人には読んでもらえないんだよ。それで埋もれてる名作を何度も見てきた。

カプ名で検索して(18以上の方なら特にここで「18禁か否か」がプラスされる場合が多い)、とりあえず「ブクマ数が多いやつ」のキャプション覗いて良さそうと思ったら見る、だと思う。満遍なく見てるよって人もいるだろうけど。

全員が全員満遍なく見てるならなんで全年齢であげたやつにはそんな閲覧もブクマも付かなくて、今まで見向きもされなかったユーザーなのになんで18禁であげた途端閲覧が付くんだ。

日に当たりたい。もうこの際わたし文章でなくていい。2次創作小説ジャンルメジャーになってくれ。

2018-03-28

結局堂々巡り

小説書くの再開したけど、やっぱり他人の目を気にしてしまう。

わたしの一挙手一投足が誰かに不快感与えてないか心配で、わたしの書いたものがあまり不快ジャンルの人たちに嫌われてやしないか心配で……。気になりすぎてツイッター2次創作用に作った公開のアカウント、鍵掛けたり外したりしてしまう。ただの被害妄想自己否定ってことは分かってるけどやめられない。

無言=否定と受け取ってしまう。わたし個人的には嬉しい?というかマシ?なのは「好かれる>嫌われる>いてもいなくても同じ」という感じ。好かれたら嬉しいけど、好かれないなら嫌われたい。いっそあなたの書くもの不快ですって言ってきてほしい。いてもいなくても同じ空気より、マシ。たとえマイナス感情でも誰かには見てもらえたんだからそれでいいや……って、思えちゃう

反対に、全然知らない人からいいねをもらえたらするとすごく嬉しくなる。相互さんだから……フォローしてるから……で見てあげてるんじゃない、検索タグからわたしを見つけて、何かしら反応をしたいと思ってくれたのかな……と舞い上がる。

自分評価他人に預けすぎなのかなあ、と書いてて自覚した。

誰にも見てもらえなくてもわたしが気に入ってるから良し!って言える人はすごい。わたし一時的にできても、後々寝る前とかに自己嫌悪とかがぶわーっと来て消したくなる。これ治せるものなのかなあ……。

精神身体一定に保つ薬や機械がほしい。

嬉しいも悲しいも一定基準値内では変動するけど、大喜びしたり、その大喜びした反動ドン底気分になることもない。今日はすこぶる体調が良くてバリバリ仕事/勉強捗る!なこともないけど体調不良ゲロゲロしたり些細な頭痛に悩まされることもない。極論、無機物が羨ましいに落ち着いてしまう。

昨日は結局朝起きれず迷惑かけた。自分が悪いのになんか、いろいろ、自分子供っぽすぎてつくづく嫌気が差す。いつまでも成長できない周回遅れだと思う。

自己肯定感増長して毎日ある程度幸せになれる薬が欲しい。世間ではそういうのは危ない薬になるんですけどね。幸せ錠剤とか欲しいね

2018-03-17

anond:20180317210504

批判するのはいいんだけど、自分が何か、漫画界の重鎮みたいな、

これからを背負って立つ人材目線で語るからウザがられるんだろうね。

そいつもやってる事は2次創作で、人のキャラ使って小金稼ぎしてる小悪党なのにな。

わたしの作ったもの

数週間前、とあるbotを消した。

わたしの好きなとある漫画作品の、とある4人組仲良しキャラたちがわいわいしてる完全自己満足アカウント、を4人分で計4アカウント

いわゆる「コピペbot」ではなく、ただただわたしが「彼らの日常妄想して書いてるアカウント」だ。雰囲気としてはSNSを利用したプチ小説(?)、もしくはピクシブにある○○ちゃんねるパロ系の小説に似たようなものだ。

最初は仲良しな相互さんが見たい〜!って言ってて、わかる!って反応してまあそんな具合でわたしが書き始めた。ほんとに身内だけでやってるつもりだったのに、いつのまにか界隈の神絵師様だったりにも反応いただいて、そこそこ認知度も上がった。とても嬉しかった。

わたしが考えた彼らのやりとりを、可愛いと言ってくれる人がいた。ツイートするたびにふぁぼをくれたり、リツイート先で○○君可愛い!って言ってくれる人がいた。分かる〜○○君こういうこと言いそうって理解してくれる人もいた。

けれど、とある理由でその界隈が居づらくなった。わたしには全然関係のないことだったんだけど、すごく居心地が悪くなる事件(というほどの騒ぎでもないけど)があったり、マナーの悪いジャンル者が増えたりとか、まあ色々あって、作品は好きだけど界隈を離れることにした。

同時期に鬱になった。ほんと何も気力がわかないし、死にたい気分なのに毎日キャラになりきって明るいツイートをするのがなんかキツイなあと思い始めてしまった。原作特定はしないけど、元気で将来が希望に満ちてるような男子高校生キャラ死にたいとか言い出したら引くだろ。わたしなら引くわ。

そんなわけでしばらく休止してた。それも、休止しますって言うのすら面倒でぱったり閉じてしまった。とにかく何も考えたくなかったんだ。自分今日死なない(死にたくならない?言語化が難しい)だけで精一杯だった。

自分今日死にたいと思ってる精神状態他人生活想像するなんて、すごく疲れるものだった。

そして鬱になったと同時に社会との繋がりが薄れまくり外出もしなくなったので、単に書くネタもなくなった。

そして数ヶ月が経つ。ツイートもしていないのでbotに通知は来ない。まあそりゃツイートもしないbotなんか見てても仕方ないよなあ。どうせ見てる人もいなくなっただろうと思って、だんだんアカウントを残しておくことが重圧になった。またこアカウントツイートをしなければならない、消すなら消すと言わなくてはならない。そんな重圧だ。

すごく、消したいと思う気持ちが強くなってしまった。誰ももう見てないだろうし、いいやと思い始めた。もちろん書きたいことはまだいくつかあるにはあった。けれど数ヶ月もツイートしない状態からいきなり話し出すのもおかしいかなあと思った。今更ノコノコでてきて「こんちはー☆!」とかい雰囲気、出せそうにない。

それならいっそ、みんな忘れてるであろうからこのままひっそり消そうと思って、消してしまった。

大好きだった。彼らの日常妄想するのが楽しかった。大して小説を書く技能もなく、絵も描けないわたしなりの2次創作ができたと思ってた。好きだと言ってくれる言葉が嬉しかった。なのに重圧が勝ってしまった。

そして今日、ふと思い立ってそのbot名で検索をかけてみた。

すると、「○○bot見当たらない、消しちゃったみたい。悲しい」「○○bot好きだったのになあ」といったツイートが何件か引っかかった。

泣きそうになった。

そうかあわたしみたいなのが作った、自己満足妄想アカウントツイートでも、好きだって言ってくれる人がいたんだ。なくなったら悲しいと思ってくれる人がいたんだ。

なんか、悪いことしちゃったのかなあ。でももう多分30日経っちゃってるから復旧もできないだろうしなあ。復旧しても多分、あの頃みたいなツイートはできないと思う。前述の通りbot元ネタ作品漫画作品なんだけど、連載の追っかけはやめて単行本派になったから、今の界隈のネタについていけないだろうし。なによりモチベーションだ。まだ時々ものすごい憂鬱感が襲ってきて、精神不安定になる。そんな状態で書いても、面白くはないだろう。わたしもつらいし、ツイートもきっと面白みのないものしかならない。

から、もう続けない。

ごめんなさい。

あのbotを知ってる方がここを見ているとは限らないけど、一応。そしてありがとう。好きって言う人が1人でもいてくれたのが、本当に嬉しかったです。

「好き」だったら何を言っても許されるんだろうか

私はたまに2次創作Twitterで流す。いいねを押してもらったり、感想を言ってもらったりがありがたい。

創作屋の常で、時々不安になり愚痴も書く。面白くないんじゃないか、私の好きなCPなんて、マイナー過ぎるんじゃないか。そんな不安

「その人」は私が不安気持ち愚痴にすると、よく怒ってコメントをつけて来た。

「私は●●さんのこと好きなんです。いいねこそつけないし、感想も言わないけど好きです。なのにそんな愚痴言うのは、ひどいです」

「●●×■■は私も好きです。なのにマイナー過ぎるなんて言うのは、とても傷つきます

最初愚痴を言う私が悪いと思って、その都度謝っていた。でも何か違う気がしてたんだけど…

この人は自分が書いてるように「いいね」も押してくれなきゃ、感想もくれない。なのに私が愚痴った時だけ怒りのコメントをつける。

「私は好きなんです。そんなこと言われると傷つきます

って。

ごめん、全然好かれてる気がしない。怒られてばかりじゃ。

2018-03-14

デレマスは「いじめ社会

デレマス宗教」という言葉をよく耳にするが、私はその言葉いまいち合点がいかなかった。

というのもデレマスPは必ずしも運営を是とする訳ではないかである

例えば、デレステコンセントレーションという特技が実装されたとき、あまりの使い勝手の悪さに「コンセを早く修正しろ!」という意見が多数上がったうえ、それらが排斥されることはなかった。その甲斐あってかコンセントレーションは多少使いやすいように改善された。

以前某はてなブログの筆者が「アイマス宗教」という言説を唱えて話題となった。私もその記事を読んでみたのだが、やはり「デレマス宗教」というワードには納得がいかなかった。

しかし、筆者が感じていたであろう「なんらかの歪さ」には共感していた。

その正体は、つい最近に起こった「ツインテール騒動」を目の当たりにしてようやく明らかとなった。

それは「デレマスは『いじめ社会』」ということである

私自いじめ体験したことがあるから分かるのだが、よく言われる「いじめはされている側にも問題がある」というのは本当で、内向的で風変わりな者、所謂異端児」がいじめの標的になることが多い。

集団の中にはそのような異端児は必ず存在する。

同様に忌憚なく誹謗中傷ができる人間も必ず存在する。

いじめが発生したとき必然的に前者がいじめられる側に、後者いじめる側に立つ。

残りはいじめに加担する者、陰口を叩く者、そして静観するものに分けられる。

誰もいじめられる人を助けることはない。なぜなら自分いじめの標的にされることは明らかである

人は誰しも正義感をもっているものだが、いじめをされる恐怖には勝てない。

それこそ魅上照のような異常なほどの正義感がなければ進んで助けることなどあり得ないのだ。

からいじめはなくならないし、いじめられっ子が不登校になるか最悪自殺するまでいじめは続くのである

今回の「ツインテール騒動」は私が受けたいじめを想起させた、

そもそもこの騒動は、とあるPが担当髪型ツインテールにされたことに憤慨し、「これを許容したら、今後も俺のように趣向が否定される危険性があるから、みんなもイベントボイコットしよう!」とツイートしたのが発端である

私は正直言ってこの人の意見賛同できなかったし、ボイコットの呼びかけも褒められるものではなかったと思っていた。

しかし、問題はそのツイートではなく、そのツイートに対して反応したPたちの言動である

ある者は、「こいつ頭おかしいこと言ってるぞ」と明確な悪意を持ってツイート拡散した。

ある者は、そのPに暴言誹謗中傷リプライを叩きつけた。

またある者は、陰で「この人頭おかしい」と呟いた。

デレマス絵師は時流に乗るかの如く髪型変更のイラストを描いた。

その凄惨光景は、さながら1人の「異端児」を寄ってたかって叩き潰す「いじめ」であった。

炎上したPは「いじめられっ子」、中傷リプを送った者は「いじめの中心人物」、RTした者や絵師は「いじめに加担した人々」、陰で呟いた者は「陰口を叩いた人々」、そして何も語らない者は「静観していた人々」のように見えた。

まさに地獄絵図であった。

と同時に、炎上したPを助けず、黙ったままでいた私自身を強く恥じた。

さて、ツインテール騒動からは少し脱線するが、過去に「城ヶ崎美嘉ロリコンである2次創作がパタリと消えたことがあった。理由は明確で、中の人である佳村はるかさんが「美嘉をロリコン扱いするのはやめて欲しい(要約)」と発言たかである

これは個人的意見だが、2次創作者がロリコンネタを扱わなくなったのは、「佳村さんの意見尊重しろ!」とPたちから袋叩きにされるのを恐れていた、すなわち自分異端者扱いされることを恐れたからではないか、と思っている。結果的に佳村さんの発言はまさに鶴の一声となったわけである

以上、私が今回のツインテール騒動を受けて思ったこである

2018-03-09

実写とアンチモヤモヤ

好きな作品実写化した世界線のヲタクです。

 実写は率直に言うと期待したような作品ではなかった…安直な言い方で面目ないけど解釈違いだった。原作クラスタには楽しめなかったひと多かったと思う。

 だから好き嫌いはいいよ。嫌いだけど気になって見ちゃうのもわかるよ。ただ言葉定義うるさいマンとしては

原作読まないで作ってる!」ってディスりが多いのには納得いかなかった。

 読んでんじゃん!

 明らか読んでんじゃん!

 読んだ上でなんでこうなったか疑問はつきませんけどどう考えても読んでんじゃん…。

 そんでそういう全否定の仕方は舐められると思うよ。

「読んでない!」

「いや読んでるしw」

で終わりじゃん?なんでも文句つけるタイプヲタクと思われて終わりじゃん?

 心のファイティングポーズを取りそうになった。でも心のナウシカが立ちはだかって止めてくれた。うん、意味のない戦いは避けよう。だって実写擁護派じゃないんだもの

 あと、これはあくま個人的感覚なんですが。自分2次創作読んだりなんなら作ったりするタイプヲタクでもあるので、グレーゾーンファンなんですよ、おのれの認識では。公式実写化ってさ、なんだかんだちゃん許可とってお金払って作ってるもんだからリアル大人社会骨折って筋通してるんだから。どれだけ自分原作を「好き!!」って思っててもどっちが原作を「大事にしてる」かって話になると、考え方次第なんだよな…。

 2次創作なんて見たことも聞いたこともない読者のほうが数としては多いだろうし、それが普通の「原作ファン」かなと思うけどなんか、周りにそういう層があんまりいないので比較できてないか先入観かもしれないけども。怒ってるひとってほとんど2次(読み専オン専含む)に足突っ込んでない?原作と違うことでも自分の好みに合うからって受け入れてない?そのうえで「蹂躙された」「こんなの公開を中止して欲しい」とか主張できちゃうのがな!なんか腑に落ちなくてな!

 大声で公式批判してる人ってそのへんどう捉えてるんでしょーか、モヤモヤする。

 アンチの主張に納得いかなかったせいで二重に疲れたんだ…。眠らせてよママン…目が覚めたら一緒に帰るから…(謎のフラグ)。

 当時言えずにメモしてたことを匿名で供養です、読んでくれてありがとね。

追記:マトモな反応してくれたひとがいてありがたかったので補足する。

改変や何かに不満があって「読んでない」って表現してるのはわかってるんだ。で、その言葉のチョイスが批評とか感想として浅い気がどうしてもするんだ(だから言葉定義うるさいマンとか書いた)。

汲み取りようがないじゃん、感想として。制作した側にも相手にされないような気がしてた。

ということが言いたかったのに書けてなかったわけだから自分もろくなもんじゃない。

2018-03-05

諦めはついたようなつかないような

結局、創作活動はやめることにした。

わたし文字を書く才能もなければ、絵なんて以ての外才能がなかったんだ。それを埋める努力も足りなかったんだ。努力はしてきた。してきたけど、穴の空いたバケツに水を入れ続けても決して満タンにはならないように、してどうにかなるものではなかったんだ。

絵は描けなかった。絵が描けないなら他のところに才能が割り振られて文章なら書けると思ってた。そこにもなかった。かと言って特別機械に強いわけでもなく、人力や自作動画ゆっくり実況とかもできなかった。音楽センスセンスの前に知識もなくてダメだ。2次創作にこだわるからだと思って創作小説イラストを書いてもダメだった。何をしても向かなかったんだ。わたし技能芸術は振られてなかったみたいだ。

褒めてもらえる、見てもらえるという報酬が無いと頑張れないのは違うらしい。自分が「これだ!」と思えるものを作れればいいらしい。それで認めてもらえれば嬉しいけど、そうでもなかったみたい。いやそれでも認められるまで頑張るんだ!とか。それができるってことも一種才能だよ、わたしには無かった。才能才能ってうるせえなあって?あんまり才能のせいにしたくもないけど、だってじゃあなんでこんなに書けないんだ、こんなになにもできないんだ。

見苦しい自己嫌悪嫉妬しかできない。オタクリア友がみんな絵を描く人だから、もともと文章の人ってだけで居心地悪かったのに、ここ最近自分の僻みだけで自分で居心地悪くしてる。そんなこと思ってないはずなのに、絵描けないわたしだけ疎外感あるように思えてしまう。被害妄想だと分かってるけど。

でもアイディアだけはまだなんとか出てくれる。昨日はあれほど聞くのも嫌だった音楽、色々聞いていたら「あ、この曲推しカプっぽい」とか、そういうことは思えるようになった。数年前はもっと色々なものから刺激受けれてたけど、どうもセンサーが鈍ったみたい。言葉でもらわないとセンサーが反応しなくなった。センサーの反応までは枯れなかったようだ。けど、それが逆につらくもある。この発想を誰かに伝えたいという感情はあるのに、それを伝える手段を一切失ったというかそもそも持ってないのだ。

あ、この曲推しカプっぽい!なんちゃって白背景マンガですけどどうぞ!も140字SSですけどどうぞ!もできない。ましてやパロディ動画化なんてできない。

そうやって否定するからできないんだ〜とかなんとか言われそうだけど、もうこの自分の何も出来なさにはもう自分で飽き飽きしたんだ。

かに褒めて欲しい。たくさんの人に見てもらえれば、それはとても嬉しいことだけど。一人でもいいから好きって言って欲しい。なんか泣けてきた。

2018-03-04

何が違うんだ

もう文章を書くことを諦めてしまった。

いや、ここの日記ではなく、2次創作活動の話で。

ものすごくつらい。わたしは結局何もできてなかったんだ。

事細かに話すと長くなるけれど、結局わたしには何も無かったし色々なものが足りなかったんだ。

歌を聴くのも嫌になった。

音楽を作る才能があって、当然だがわたしより素敵な文章(歌詞)が書けて。

ただの嫉妬だ。

何のせいにしていいのかもう分からない。

才能なのか。才能があるからなのか、才能は関係なくとも努力で補える。そうか、それもそうだね。

人気なのか。認知度が低いからなのか、そもそも素敵なものが作れなきゃ認知度なんか上がらないし、認知度ある人は素敵なものを書けてる。そうか、そうだね。

努力なのか。努力してないからなのか、わたしでは努力が足りなかったのか、どれぐらい努力すればいいの?そんなものない、出来上がるまで努力し続けろ。そうか、そういうことか。

何のせいにしてもだめだ。人のせいにしたらそれは八つ当たり嫉妬だし、自分のせいにしたら努力が足りない才能がない。どこに逃げればいいんだ。逃げちゃだめですか、そうですか。

泣きそう。せっかく外と繋がるための、推しカプの話するアカウント作ったのに結局鍵にしてしまった。人の作品を見るのもつらくなってきた。わたしには書けない文を、わたしには描けない絵をみんな書けてる、なんで、なんでってなってしまう。汚い嫉妬って分かってながらしてしまう。

とある感想をもらった。

わたしの心に刺さった、悪い意味で。

こんなことを言われる文章を書くぐらいなら、もうやめた方がいいのかな。いいよね。つらいもん。やめました。

人と話すことが苦手になってしまった。

見なきゃいいのにアンチスレなんか見るからだ。もし、もし万が一、わたし同人活動で本を出したりして有名ユーザーになれたとしても、少なからずそういう人が出てくるのかと思うと不安というか、恐怖だった。好かれなくてもいいから嫌われたくない、とか、その次元ではない。

いやわたし、散々有名ユーザーはたくさん拡散されて作品見てもらえて羨ましい!とか言ったら思ったりしてたけど、案外合わないのでは?学校の授業の挙手して発言すらできなかったんだもん。苦手なんじゃない?いやそんなことないか。やっぱり書いたものぐらい褒めてほしい。

みんな違ってみんないいとは言うけど、素敵な作品を書ける人とわたしとでは何が違うんだろう。真似したら上手くなれるのかな。わたしだけの文章を探した方がいいって?そうだね、それで素敵な作品だねって言われるのなら嬉しいけど。

2018-03-03

エゴサ人気順検索

してますか?エゴサ

わたしはしてます

しがないオタクです。ごくごくまれ2次創作します。

エゴサします。好きって言って欲しいんです。作品ツイートして、あなた作品好きですってリプライもらえれば感謝土下座で大泣きして大喜びだ。けど本当に作品が良いか、もしくはそれなりに名のある人じゃないとそうそうもらえないものだ。

いやユーザーが有名じゃなくても君が良い作品を書けばいいだけだって?そうだよね。そうやって書いてきたよ。書き終わるたび、全身全霊込めた、会心の出来だ、誤字脱字もない、表現にもこだわった、そう思って投稿する。書く人にとっては当然なんだろうけど、わたしとしては毎回そうやって努力している。

けれど本当に、日が当たらないのだ。有名ユーザーの力が強すぎるのだ。

わたしエゴサする。

作品リツイートしてくれた方あれば、ホーム画面行ってそのリツイートの後にしたツイートを見る。自分の垢名で検索してポジティブ発言あれば、裏垢行ってこっそりふぁぼをする。

わたしが全身全霊で書いた文より、有名ユーザーさんの下書きやラフやらがたくさん見てもらってる。なんなんだ。

わたしだって好きって言ってほしい。一言でいい感想がほしい。流し読みしてくれるだけでもいい。いやいっそ作品リンクいくらでも貼るから閲覧数だけでもほしい。

最近承認欲求をなくすと生き方が楽になるどうこう、みたいな話をよく聞くが、うるせえって感じである。誰だって認められたい感情が少なからずあると思う。

素顔より可愛く見られたいから化粧する。逞しく見てほしいか筋トレをする。誰だってあるだろう。わたしなんて今承認欲求ありすぎて母親のお手伝いして褒められた時代が羨ましい。

承認欲求なしで生きていける奴は余程の自信家か、うぬぼれが酷い奴か、自分無頓着すぎる人だ(自信があるというのは、それもまた羨ましい話ではあるが)。個人偏見だけど。

認めてほしい。わたし作品も見てほしい。なんとなく推しカプ検索してたら出てきた、見てやるかぐらいでいい。もうとりあえず見てほしい。

Pixivプレミアム機能、ご存知だろうか。人気順検索。やめてほしい。人気のない作品には価値がないみたいだ。そりゃ、人気のある作品は出来も良くて萌えるんだろうし、エッチ作品ならめちゃくちゃエッチなんだろう。

この作品ブクマ数多いからきっといい作品なんだな、こっちは少ないかあんま良くなかったんだな、みたいな風潮。

いや本当につらい。一回でいい、陽に当たってみたい。好きですって言ってほしい。あなた作品良いですねって言ってほしい。

そんな感じでわたし今日エゴサした。

2018-02-09

それでもアイナナを嫌いになれない。

アイドリッシュセブンアンインストールしよう、と思ったことは何度もある。

手を替え品を替え繰り返されるパク問題、3部に入ってのキャラ崩壊、プチななとかいう触りもしていない謎システム、走る気すら起こらない投げやりイベント

そして極めつけに、未成年課金問題フレグランス訴訟から垣間見えた、運営のヤバさ。

もはやツイッターで「好きだ」と呟くことすら憚られて、プロフィールからもアイナナの文字を消した。最近は他アプリの話しかしていない。

正直こんなコンテンツにこれ以上課金したくない、と理性は告げているし、『アイナナ嫌い! 名前すら見たくない!はやく終了しろ!』という人の気持ちもすごくよくわかる。某所の愚痴をよく覗きに行くのだが、共感しかない。

が、未だにライブや展示会のお知らせがあるとわくわくしていいねしてしまうし、新規イラストPVが来たら即チェックする。アニメも毎週欠かさず見ている。録画して朝一で見てメチャテン上げしている。

嫌うことも、手放しに好きになることもできないこの現状がとても辛い。

わたしには、一時期職場に行くのが嫌で嫌で、食事もろくに喉を通らない時期があった。

そのとき、一番の心の支えはアイナナだった。

次々と公開されるストーリーを何よりの楽しみにしていた。2次創作もたくさん漁ったし、自分でもたくさん書いた。ネットでアイナナの情報を調べるだけで幸せだった。

推しもたくさんいた。たまに引くガチャ推しが出たら、それだけで幸せになれた。

あの時アイナナがなかったら、と思うとゾッとする。3ヶ月で終わってしまアニメや、たまにしか新刊の出ない漫画では多分ダメだった。毎日スマホから会いに行けるアイナナだったからこそ、頼れたのだと思う。

から、アイナナには本当に感謝しているし、このコンテンツを生み出してくれた運営に、本当なら心からの賛辞を送りたい。

だけど今は、これ以上泥を塗り重ねるくらいなら、いっそサービス終了してくれ、とすら思うときもある。

でも、実際にそうなったら、きっとすごく私は悲しい。今はストーリーを追うだけの状態だけど、キャラたちのことは大好きなんだ。彼らを大事にしてくれる声優さんたちも大好きなんだほんとは。

からきっと、なんだかんだいっても、最後まで嫌いになれないんだと思う。

アイナナ運営のやり口に傷ついている人には、ごめんなさいとしか言えない。

アイナナのことは嫌いなままでいいから、せめてアイナナを好きな人もいる、ということは許してほしい。です。

今は、7月メットライフドームで歌って踊らなければならない声優さんたちのことが心底気にかかる。こんなコンテンツのために、誰かが倒れるなんて、絶対にやめてほしい。

2018-01-17

anond:20180115212840

そりゃ悪い意味で外部の影響を受けすぎだな…まさか12月ドリームチャンス外れたりイリュージョニスタや咲いてjewelの2000位から漏れたとかもあるのか?

まあガチャや上位は冗談として同じキャラをまだ好きな者としての意見

自分ゲームで見たキャラけが本物だということ

他人キャラ付けやお遊びよりもまずは自分が好きな原作を信じなさいな

巷に溢れる2次創作ネット上の遊びも言い切ると「他人が考えた何か」に過ぎずそこにアイドル当人はいない

もう一度いうぞ

他人が考えた何か」にアイドル当人はいない

いるのはバンダイナムコ提供してるものだけだ(それだけに公式のやり方に疑問を感じた時が危険なんだがそれは置いとく)

モバゲー版でもスターライトでも事務所に行けばアイドルはい

だけど外部の人の考えたモノの中にはいない…あくまで「アイマスキャラを元にした何か」であり「ただの二次創作」だから

そう割り切る方が楽だしアイドルを嫌いにならないぞ

それに界隈あるいは周囲にクソだと思うところがあるなら切り離して考えた方がいいのは他のどんな趣味も同じだ

2018-01-12

anond:20180112001841

元増田読んで取り留めもない雑感。

日本BLが発達したのは独特の漫画アニメ文化の魅力的なストーリーキャラクターがあってこそだったんだろうと思うので

BL好む女性が一概に「女をログアウトできるから」好きかというとそうでもないと思うんだよな。

めっちゃ好きな男キャラAとめっちゃ好きな男キャラBが絡んでたら、単純にすごい見てて眼福じゃん楽しさしかないじゃん応援できるじゃん、っていうのが大元なんじゃないかなあ。

からA君の相手自分でもモブ女でもヒロインでもC君でもない、B君にこだわるんだし日々CP戦争起きてるんじゃ?

思い入れがなければC君がどこの誰と付き合ってようが対して興味ないしなぁ。

でも「腐女子とは」って定義しようとするのは、女を定義しようとするのと同じくらい無理ゲーことなのはわかった。

2次創作商業は別物だと思うし、読み専と描き手じゃ違うし、グッズ厨もまた別だし。

腐女子って、主語デカいんだな〜と知れたことが今回一番大きかったかも。

2017-12-13

何のために生きようかな

生きるのに不自由たことがないけどずっとずっと息苦しかった。

息苦しさからどうしたら逃れられるかわからなかったから、好きなものを食べたり、寝たり、やらしいものを見たり辛くなったら三大欲求を満たしてみたりもした。

でもまだずっと苦しい。人から認められたら、褒められたらあるいは生きててもいいのかなって思ったから、一時期から絵を描いてネットにあげるようにした。

それも2次創作ジャンルのおかげで、実力よりは人に見てもらえるようになった。ファンを名乗る人に会ったりもした。嬉しかった。一時期満たされたような気がした。

でもまだまだ息苦しさは止まない。そのジャンルうちわ内で人間関係のいざこざを味わってからあんなに楽しかった交流が色褪せて見えてきてしまった。どんな人に褒められても、それは本心から言っているのか疑わしくなってしまった。

今呼吸をするのが楽だと感じるのは好きな人に会っている時。今まで恋人が居たことはあったけれど、どの人も少し無理をして付き合ってる感じで、でも今の人は生き方が似ていて落ち着く。話しが合う。無意識共感できる。でもだから、彼は生きているのに息苦しさは感じないのだろうかと時々不安にもなる。

ももしかたらこれもいつか消えてしまうのかもしれない。

死にたいって積極的には思わないけど、生きるのはもう良いですって気分。生まれてこのかたずっとこんな感じで、特に不幸でもないのにって怒られそうだけど、でも、この息苦しさから逃げられないのはやっぱりしんどいことなんじゃないでしょうか。

なんで人は生きたいと思えるんでしょうね。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん