「カロナール」を含む日記 RSS

はてなキーワード: カロナールとは

2022-07-30

anond:20220729233344

少し経ったが、今朝は37.7。ハーシスからの連絡も来たので情報記入したんだけど、あれメルアド要求するのな。保健所病院経由で電話番号伝えて、その電話番号SMSで通知来るんだから電話番号登録できればよくない?

さっき測ったら38.0。なかなか下がりません。咳はそこそこ出るし、痰もそこそこ出るが、もともと後鼻漏気味なのでそれとの区別が付かない。しかし今朝は結構鼻の裏が痛かったが、水を飲むと少しマシになる程度のもので助かっている。

ブクマ菊池っていうおじさんの体験談を読んだが(今のところ)その人ほどの喉の痛みがなくて助かってる。そんなに食欲はないけど、食べようと思えば食べられてるし。ただ、

ショットグラスに軽く2杯分ぐらいで喉に張り付いている

というのには興味が惹かれた。不謹慎だが。昨日の昼からカロナールも飲まずに38℃くらいなので、今のところマシなんだと思う。

2022-07-29

anond:20220728202107

1日経

発熱外来に行って、無事陽性判定いただきました。カロナールもだが、まおうとうとかい漢方結構効いてるっぽい

昨日の夜は頭が割れそうに痛くてマジで寝られなかったが、今夜は寝られるかな?ただ熱は38.6か38.9が最高だった。これは正直どっちが正解か覚えてない。ただ昼間に38.9は出ました。それ以降は37℃台と38℃台をうろうろしてる。ただなんとか耐えられるので昼から飲んでない。マジで死にそうになったら飲む。

あとアイスノンというか熱冷ますやつは買っといた方がいいと思うよ。頭痛少しマシになったから。

昨日は夜8時にカロナール飲んだから、次飲むとしたら8時間後で4時かな?と思って、それまで頭痛地獄だったけど、頭冷やしてなんとかなりました。寝られなかったけど。お前ら買っとけ。マジでおススメ

暇だからノクターンノベルスをずっと読んでるんだが、マジでチンコ勃たねえのな。でもドラクエ10は出来るくらいには回復した。ただ座ってられるのは1時間限界だな。

2022-07-26

コロナ療養4日目

熱はだいぶ下がって、カロナールなしで37度を下回るようになった

その代わりに鼻水と咳が出てくるようになった

2022-07-25

コロナってただの風邪なんだから行動制限とか無意味だよね

ワクチン打ってれば重症化しないしカロナールで抑え込める

もうウィズコロナの時期になってるんだけど、いつまで非常事態(笑)にしたいの?

コロナ特効薬ってカロナールだろって思うわ

カロナールが効いているとものすごく楽

今朝、生まれて初めて新型コロナに陽性判定を受けた

東京

ワクチン2回接種済。

35歳男。

BMI21の軽肥満。基礎疾患なし。

電子タバコ常用者、飲酒は年5回くらい。


(21日)

喉に違和感を覚えながら起床。

冷房に喉をやられた時と全く同じ感じだったので侮っていた。

昼頃、喉がカスカスになり寒気に襲われ始め、炎天下をのべ1時間ほど歩いていたのにもかかわらずあまり暑いと思わなかった。

夕方、首から上がモロに熱くなっているのを感じ会社を早退。

帰宅後、熱を測ると37.1℃。

平熱が35.6度くらいなので結構高いなと思った。

頭痛と寒気と全身の筋肉痛で寝たり起きたりを繰り返す。

特に頭痛が一番きつく、こめかみと眼球がガンガンするのが耐えがたかった。

体温は39.0度まで上がっていた。このとき私物パルスオキシメーター酸素飽和度を測ったら98もあった(普通の体調の時は96しかないのに)。


(22日)

保険手続き会社への報告のためになんとしてもPCR検査を受けたく、朝から徒歩圏内にある病院のべ10件に数え切れないほどの回数の電話をかけるも9割型不通。

残り1割は「来週いっぱいまで枠が埋まってる」or「明日また予約の電話かけ直して」パターン

熱は39.0度で安定。症状も変わらず。

夜中、頭痛にあまりに腹が立ち叫び声を上げる。

酸素飽和度98。

(23日)

朝、体温は36.4度まで下がっていた。

また、近所のクリニックの発熱外来の予約を奇跡的にとることが出来た。

電話での予約受付をしておらず、サイトフォームに各種個人情報入力して時間別に枠を争う方式をとっていたのが幸いしたと思う。

なお、予約受付開始スタートから全枠が埋まるまで30秒くらいだった。

唾液のPCR検査を受けて、普通風邪薬(ムコダイン?とかカロナールとか)を処方されて帰宅した。

ちなみに医者酸素飽和度を測ったら相変わらず98もあった。

(24日)

体温36.1度。

頭痛がほぼおさまった代わりに少しだけ鼻づまりと咳が出始める。インフルときと同じレベルの喉痛もこのタイミングで発生した。

また、太もも二の腕、腰にまだらな蕁麻疹が発生した。蕁麻疹については痛みや痒みや皮膚の隆起はなく、この時点で自分のなかでは

コロナ陽性は9割型ない。ついに数年越しの潜伏を経て梅毒HIV発症したのでは?」

と半泣きになっていた。

酸素飽和度98。

(25日)

9時にクリニックからコロナ陽性の連絡を受け10日間の自宅療養に突入

全く休んでいた筋トレを再開。



結局、食欲不振に陥ったり、肺炎に苦しんだり、人事不省になったりというのは1度もなかった。

あとなぜか丸2日間高熱でうなされてるのに汗を全然かかず、またガチ臭いタイプの無音オナラが止まらなかった(5分に1発こいてた)。


体感ではインフルエンザのちょい強版。

全く期待してないからまだ要求してないけど恐らくホテル療養は不可能と思われる。


あと自分のなかではPCR検査を受けられたのは奇跡しかない。

ファストドクターなどの訪問サービスすら「第7派の影響で受付を停止しています」だったとき絶望した。

2022-07-24

カロナール偉大だわ

これ切れると猛烈に調子がわるくなってくる

カロナール切れると熱がまた出てくるな

2022-07-19

コロナ感染日記

感染発覚数日前〜前日

喉の違和感エアコン乾燥普段風邪か、しかしいつもとは少し違う感覚コロナを疑う。

・1日目

怠いなと体温を測ると38度の熱。病院へ行くとやはり陽性反応。

夜になるほど辛くなる。喉の痛み、鼻水、頭痛、38度台の熱の辛さで眠れない。

・2日目

日中は37度台に下がるが、夜になると38度を超える。夜がやはり辛い。

喉の痛み、咳、鼻詰まり、鼻水、頭痛、倦怠感と、風邪の諸症状スターターセット状態。薬無しでインフルエンザよりやや強い病気に耐えてる感じ。日中も起きれず、ずっと横になっていた。あまり解熱剤を飲みたくないタイプなのだが、しんどすぎてカロナールを飲んで寝た。

・3日目

まだ熱は下がらない。午前中に38度を超えている。やはり起きられない。日中はひたすら寝る。

体温にはむらがあるようで、昼過ぎには37度台に落ち着く(それでも37度台)

夜は咳と鼻詰まりがひどい。また38度台になるが、カロナールで寝る。

・4日目

ようやく少し楽になる。日中起き上がって部屋の中でなら動けるようになる。

37度台の微熱、咳、鼻詰まり頭痛、倦怠感と、体感普通の「風邪レベルになる。普通風邪ということはつまり普通しんどい

夜はおまじないカロナールを飲んで寝る。

・5日目

最初に比べるとかなり楽になる。部屋の中で動いたりテレビ見たりする余裕ができる。

しかし、微熱、声ががらがらでダミ声(喋る気力も出ないので気づかなかった)、頭痛、倦怠感の症状がある。

頭痛と倦怠感について、今は在宅ワークだが、それでも仕事を1日やりきれないだろうと思うほどには鈍く頭が重いし怠い。

2022-07-15

更新コロナ陽性でした。

コロナ陽性でした。

3日間遊び呆けてからの陽性なので慰めの余地なし。

バツが悪すぎる。気まずい。

不要不急の外出してごめんなさいの気持ち

でも、経済を回してきたからゆるせ。

手指消毒してたし、マスクもしてた

帰ってから手洗いうがいもしてたよ!!!!!

皆も気をつけてな。油断禁物。

症状をメモってく。

1日目

夜:膝に関節痛と筋肉痛のような症状が少しでる。

(履きなれない靴で1日中歩いたからかな?と思ってたけど、おそらく症状の出始めだろうと思うので1日目とする。)

2日目

朝:うっすら全身が痛い。

(オール+連続の外泊だったため、オールの疲れと慣れない場所で寝たからかな?と思ってた。)

昼:気管に潤いのない感じというか、痰が絡む感じというか… 違和感を感じる。

(エアコンのよく効いた空気乾燥が気になる場所に数時間滞在していたため、そのせいだと思ってた。)

夕方:関節痛と筋肉痛悪化する。悪寒を感じる。

(先月、扁桃炎で41度の熱を出してるのもあり再発か?! また熱でるのか?!!!?! これはまた床に伏せるのか…。という気持ちに。)

夜:激しい関節痛と筋肉痛に38.5度の発熱頭痛がしだす。

(終わった。また、発熱に2,3日はたえなければいけないのか…。はぁ。やれやれ仕事も休まなきゃ。先月も長々と休んだのに… 気が引ける… いや、でも、この間の扁桃炎熱の時とは症状が違うし、ワンチャン疲れ熱で寝てる間に引くかもしれない。)

3日目

早朝:39.7度の熱に関節痛と筋肉痛も変わらず。頭痛も続いてる。

(寝てる間に引くどころか悪化してて草 滝のような汗をかいて目覚めたり、寒気と関節痛筋肉痛が痛すぎて起きたり、まったく寝た感がない夜だった。)

朝:かかりつけ医受診

(モニターで測る表面体温36.5度 脇下38.7度 は? モニターの計測あてにならなすぎぃ まぁ、病院までバイクだったし?し、しゃーない?か? 院外で問診票書きつつ待機 呼ばれて隔離スペースで抗体検査の為の検体(唾液)を採取。鼻づまり口呼吸しかできないのと熱が合間った潤いゼロの口から3mlの唾液摂取するの難易度高すぎ。あと、唾液ためるのシンプル気持ち悪い。院内隔離スペースだったけど、ビニールハウス使用なのと熱でくそあち。シャワー浴びたん?ぐらい髪の毛びっしょりだったし、ハンカチぐしょぐしょだった。検査結果は翌日らしい。)

昼:熱が下がったり上がったり。関節痛と筋肉痛は安定して痛い。激しい頭痛。咳が出始める。

解熱剤(カロナール)飲んでも熱下がらない。なんなら上がったりする。

夜:熱下がらず。関節痛と筋肉痛が痛すぎて心が折れる頭痛もひかない。

時間に1回激しい寒気がきて目が覚める。かと思いきや、9度台の熱がでて滝のような汗をかいて目が覚める。

4日目

朝:9度台から熱下がらず。湿布で関節痛と筋肉痛が少しましになる。咳が激しく出るようになる。

湿布様々。してない時と比べるとかなりいい。それでも痛いけど…

熱は相変わらず上がったり下がったり。カロナールが効き始めたような気がする。

咳がくせ者。悪化すると肺炎になる。っていうのはよくわかる。肺と気管(支)がやられてるなという感じのいかにもヤバそうな咳がでる。長年タバコをすって肺を酷使してる人のあの咳。スーゥ ゲッホゲホ(なんか絡んでる) 不可抗力ででてしまうんじゃなくて、吸い込みの ス-ゥ がいかにも。って感じ。全身力むし喉が震えるから痛痒い。そして頭にも響くから頭がさらに痛くなる。

病院から陽性の連絡。

保健所からの連絡待ち。

夕方:布団も自分も汗臭いからどうにかしたいけど、そこまでの気力はない。(日頃から風呂がめんどくさい民)

カロナール効果を発揮しだしたのか熱は下がって安定(37.2度)

関節痛と筋肉痛はまだある。痛い。

頭痛いのはおさまった。

咳ぃ、咳しすぎて腹筋割れそう。

保健所から連絡がくる

名前 生年月日 住所 身長 体重 基礎疾患(治療中の病気)

症状がいつからたか、今はどんな症状か

(メモ書き出しててラッキーだった)

自宅療養かホテル入院

(軽症だから自宅療養でいいやろってことで自宅療養)

これから対応についての説明

まだ何人にもかけなきゃいけないのか、最近電話番になったのか… 電話口のおにいさんがキョドっててイマイチ話が入ってこなかったけど、症状発症日(自覚した日からにしていいらしい。なんだそれ。ゆるっ。熱出た日にしておいた。)から10日間自宅療養するべしってのと、これから今後の流れ?のショートメッセージが届くのと、生活物資とパルキシオスメーターと健康チェック表?らしきものが3日後ぐらいまでに送られてくる事は把握した。

先月患った扁桃炎と違う点

重力に逆らえないような体の重さだるさはない

頭がボーッとするような感じがない

喉の痛みはすくない(イガイガ、チクチクする痛みが多少あるけど、扁桃炎はもろ喉がやられてるからそれに比べるとなんともない。)

鼻の奥が痛い?(プールで水吸った時みたいな感覚)

咳がえぐい

関節痛と筋肉痛が痛すぎる

ここまで、食事についてふれてないのは食事をすることについてはなんの不自由もないからです。

なんなら、熱がでて消費してるのかめっちゃ食欲ある。

あえて、「食事をすること」と言ったのは、食欲あるしなんでも食べられるけど、頭 関節 筋肉の痛さが尋常ではないからできるだけ楽な体制でいたいのと、熱がある時は単純にだるすぎるため作るのがしんどい

熱がなくて、もろもろの痛みがひいてる時がご飯チャンス!笑

2022-07-14

第7波が我が家にやってきた!家族4人コロナ

<
家族構成
増田・夫・娘(小6)・息子(小3)
まずは結論から
ミクロンそんなに辛くない

7/7(木)

娘が習い事から帰宅後、疲れと喉の痛みを訴える。

7/8(金)娘発症

朝起きると娘が熱い。発熱38.5
欠席連絡すると担任から電話がかかってきた。 クラスに陽性者が居たこと。この日、発熱で多くの人数が欠席していることを知らされる。
コロナ陽性者が出た場合学校メール流れるクラスまでは開示されないためクラスに陽性者がいることを知らなかった)


コロナ覚悟するが、娘は熱以外に症状がなく、食欲もあり、元気。これがなによりの安心
娘のクラス学級閉鎖となり、息子も学校から帰された。

病院受診しようと都のマップを見る。 近所の病院視覚的に見ることができ、さらに小児対応可・小児専用も選べて良かったが、近隣の病院電話をかけまくるも10件近くかけて無理だった。
東京都福祉保健局の診療検査医療機関マップ https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/iryo/kansen/corona_portal/soudan/hatsunetsugairai.html
受診できる病院がないので発熱相談センター相談することに https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/iryo/kansen/corona_portal/soudan/coronasodan.html
感染拡大期にはなかなか受診できないらしく、市販の抗原検査PCR検査キットの購入を勧められる。
コンビニAmazonカードなどが売られているところにありますよーとのこと。
発熱相談の方は若めの男性だったけど、ものすごく親切でこなれててプロ感ありありで、その仕事ぶりに感動した。ありがとうございます

地元コンビニ薬局などを何軒も検査キットを探して回るが、どこにもない。結局、夫に仕事帰り渋谷で買ってきてもらった。
結果、陽性

ちなみにコンビニ選択肢は抗原検査3900円、PCR検査8470円だった。高い。

都内あちこち無料検査があるもの
・無症状であること
・濃厚接触者でないこと
が条件のよう。


でも検査キットのこの高さ、病院になかなか行けない人は無料検査場にかけこむ人も多いんじゃなかろうか。
PCR検査無料化のご案内 https://tokyo-kensasuishin.jp

7/9(土)増田発症

娘の熱、変わらず38.5。頭痛はあるらしいが、相変わらず元気で安心する。
朝一で病院電話したら無事に二軒目で予約を取れた。
連れて行ったら検査は何もしないままの陽性判断だった。えー、そんなのアリなのー(アリらしい)


そして晩ご飯を食べている時、増田の体に異変・・・なんだか体が痛いような気もするが、気のせいにして寝た。
が、寒気で起きる。熱を測ったら37.5。きちゃった・・・

7/10(日)

娘はすっかり元気。


増田、終日39度。体の痛みがあるものの、起き上がれないほど辛いわけでもなく、最低限の家事をして、あとは寝て過ごす。


娘の陽性が保健所登録されたらしく、携帯に案内が届く。
夫が喫煙者なのでパルスオキシメーター貸与に申し込む。
自宅療養サポートセンター(うちさぽ東京https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/iryo/kansen/corona_portal/shien/uchisapo_tokyo.html

携帯に届いた案内は他にも保存食配送宿泊療養申込窓口などについて書かれていた。
夫を宿泊療養させたいところだが、まだ発症していないため無理だ。夫のみ自宅内隔離を続ける。


濃厚接触者向け抗原検査無料配送されてるらしいので、夫と息子のために申し込む。
濃厚接触者となられた方のための検査キット申込サイト https://tokyo-testkit.jp

7/11(月)

増田、すっかり熱が下がり軽快。体はまだ少し痛いが、元気!
朝一で電話したら病院予約が取れたのでPCR検査を受ける。結果は明日とのこと。

7/12(火)夫発症

病院から電話がきて増田の陽性が確定。検査の前にうっかり飲食してしまったけど陽性でたよ。


そしてついに夫が夕方から体の痛みを訴え始め、夜には37.5。
家庭内隔離では逃れられなかった。

7/13(水)息子発症

最後の砦である息子、朝食を食べながら「腕が痛い」きたか
熱をはかると37.5。きてしまったな。。。
どんどん熱が上がり「頭が固い!」と意味不明なことを言いながら涙目で愚図るのでカロナールを飲ませたら熱が下がる。
夜には39度まで上がる。機嫌が悪く薬を飲んでくれない。
寝る間際には震えが来ていたので、強引に水溶きカロナールを口に流し込む。半分位は体に入ったと思う。


熱性けいれんなど、もしものために対処法を聞いておこうと発熱外来電話をかける。
最初の人とはうってかわって、微妙対応中年女性
いや、夜に電話を受けてくれること自体は有り難いのだが、家族4人の状況を全て聞いた上で「小児が行ける病院はありません」って。。
最初に「今行ける病院はないと思いますが、緊急時のための対処法を聞きたいのでお電話しました」と伝えたのになあ。


担当者曰く、小児の受入は現時点で逼迫しており、不測の事態になった時は救急車電話するしかないが、搬送してもらえる可能性は少ないとのこと。(2回ほど復唱したが、そのような状況らしい)


夫は終日37.5だが偏頭痛持ちのためか頭痛がすごいらしく、カロナール頭痛を抑える。
もともと娘の陽性からリモートワークだったが、今日は休んで1日寝ていた。

7/14(木)

息子、平熱。「頭が元に戻ったー」
息子の発熱外来予約は7/15の予定だが、来週から夏休みに入るのに果たして受診必要なのだろうか。


今日も37.5の夫は朝一で電話したら発熱外来を予約できたので行ってきた。結果は明日


夜にポストを見たら抗原検査キットが届いていた。
都も郵便局もがんばってくれたけど、BA5スピードに追いつかなかったな。もう家族全員治ってしまった。

最後にまとめ的なもの

大変さ
これまで増田以外の家族がまとめてノロにかかったり、インフルにかかったりしたこともあったが、今回が一番楽だった。
増田も含め寝込む時間が圧倒的に少なく、回復も早い。
怖さ
息子が汗を流し震えている様が一番怖く、心身を削られた。家庭に弱者がいると高熱はやはり不安だろう。
からといって、我が家場合ワクチンをこれ以上打とうとは思わない。(夫婦ともに2回接種まで子は未接種)
そろそろインフル並の扱いでいいのではないだろうか?と個人的には思う。
医療行為を期待して病院に行くのではなく、社会的要請から病院に行くことに対する違和感医療者への申し訳なさとでもいうか。
家族一人が陽性になったがために家族全員が一週間も外に出られないほどの病気なのだろうか?
後遺症
今のところ娘に後遺症は見られない。


増田は病後すごく発汗している。
産後ものすごい発汗があり、これで産後痩せるのかと理解したが、それを思い出すくらいに毎日発汗している。
発汗以外に気になるところはないが、後遺症は怖いので、無理せず、過信せず、慎重に日々を送っていきたい所存
どうぞ皆さまもご自愛くださいませ >

2022-07-05

わたしのみた発熱外来の状況

最近だいぶ高い発熱があったので病院に行こうとすると、全国的になのかはわからないが、発熱外来というもの対応している病院電話で先に予約をしなければ入れないということを知った。

コロナ禍になってから熱など出したことがなかったので、ここまで煩雑な段階を踏まないと病院に行けないとは、医療が大変なことになっていると散々ニュースで見ていたのにもかかわらず、思いもしなかった。

県の相談センターに問い合わせると、日曜日だったので受け付けている病院はないと言われ、翌日の月曜日に予約をすることにした。

朝、いくつかの候補病院の連絡先を手元に、響く頭痛を堪えながら電話を開始するが、どこも繋がらない。ひとつ病院に絞り何度もかけ続けていると、ようやく繋がり、その日の午後に発熱外来の予約が取れた。

時間になり病院に向い、問診票などを書き席について待つ。症状としては高熱と頭痛、体がともかく熱く、熱が逃げない。外で体を動かしていたというのもあり、この熱だと、重い熱中症なのではないか自分では疑っており、発熱相談センター病院に予約する際、熱中症かもしれないと言うたびに、ともかく発熱外来受診しろと言われ、専門家ではない自分自己診断があてにならないことはわかっているし、特に疑うこともなく自分の行く先は発熱外来なのだと自信を持っていたのだが、それが少しずつ崩れていくことになる。

待合室には咳き込む人が多数おり、簡易なカーテンのようなもので3席間隔で仕切られていた。特に席を固定にという指示もなく、問診票を渡しに立ち上がった患者が別の席に着く事もザラで、患者が立ったところで周りを消毒するようなこともなく、アルコール除菌用のボトルは置いてあったが、熱と頭痛のせいで手指消毒しなければという意識も働かず、座った席から動く気力はなかった。

私はその予約時間の一番最後手前に診察を受けた。先生はこのコロナ禍で多忙なのか、胸ポケットの中で鳴り響く院内内線?になんども対応しながら診察をしてくれた。

私は頭痛と高熱、そして熱中症ではないかという自己観察、そしてその理由を話したが、熱中症は翌日まで熱が続かないと思うと一刺しされてしまい、そこからは″コロナであればこう言う症状が出る″というようないくつかの症状、例えば普段とは違う喉の痛みや、味覚の変化等、のみを確認され、pcr検査を受けたのち、熱が高いので解熱剤を処方され、診察は終わった。

大きな病院で、薬剤科?から直接人が赴き、薬を渡される手筈なのだが、なぜか最後に診察を受けた人よりも遅くわたしに薬が届き、そしてその薬がカロナールだとわかり、実はそれを前日飲み効果が現れず、医学生の友人に相談していたところ、コロナの熱にカロナールは効くが熱中症カロナールは効かないと教わっており、薬剤科の方にも、前日服用したこと効果が感じられなかったことを話たが、とりあえず飲めと言われ、頷くしかなかった。

家につき、薬を飲むも熱は下がらず、前日の悪夢のような時間を思い出す。熱が出た晩、熱いのに汗が出ず、冷房で冷やそうとすると悪寒がひどく、寒さと頭痛に苛まれながらも、保冷剤を使い体を冷やしたり、スポーツドリンクをひたすら飲み、頭痛とだるさに争いながら眠れない夜をどうにか過ごしたあの時。

同じように体を冷やすように専念したところ、ようやく汗が出始め、二日目の夜にして、ようやく頭痛が和らいだ。その日はどうにか眠れ、翌日の昼pcr検査の結果の連絡が来た。

結果は陰性だった。

まだ発熱があるので、これは普通内科に診察でいいのかと尋ねると、また発熱外来の予約を取れと言われる。勿論何かしら意味があるのだろうというのはわかるが、納得が出来ず、モヤモヤとした気持ちを抱えながら電話を切った。

しろコロナなのであればそうであれと思った。こんなに苦しい状態のまままた予約をして診察を受けてという行為をするくらいならコロナだと認定され、処置を受ける方が楽なのでは…とまで思って、いやそんなことを思っては行けないと自分を諌めた。

だが腑に落ちない。ふと厚労省のだしている感染接触アプリを見てみると、病院に行った日、つまりは前日に感染者との接触があったと出ている。

その日は病院しか行っていないのだ。あそこでpcrを受けたどなたかが陽性者の登録をしてくれたのだろう。

私は病院に行くことでリスクコロナではないという証明をもらっただけで、高熱と頭痛の原因はわからなかったということになる。

そしてそんなところへ陰性で、さらに体が弱っているものをまた放り込むリスクはないのか。勿論二回目で陽性が出たという話もよく聞くので、通常の診察にグレーな患者を送り込むリスクもあるだろう。ならばオンライン再診でもいい、そういった人間ケアする方法はないのか。

これからの時期は熱中症患者は倍増すると思う。どう対策をしていくのか、現状はどんな対策をしているのだろうか。やはり医療現場は逼迫しているのだろうし、その現場を国は補助できているのだろうか

2022-06-23

カロナール飲んだら痛みが引いてきた

やっぱすごいぜ・・・薬!

2022-05-25

トリップしたくてしょうがないバカ入院サバイバル

仕事中に事故って入院

全治4ヶ月の入院2ヶ月。

やっと明日退院になるので、この2ヶ月間の珍道中を書き記そう。

辛かったぜ、よく耐えたよ2ヶ月。

おれは片足を潰してしまって車椅子生活をしている。

入院で辛いのは煙草も吸えないし酒も飲めないこと。

どうにかして、ぶっ飛びたい…。

看護師たちは意外とザルだ。

オーバードーズしないように薬は1日ずつ配られる、飲んだ証拠として空容器を回収されるんだけど、

飲んだ瞬間まで見られるわけじゃない。

夜眠れないと主治医に言えば睡眠薬をもらえるのでそれを少しずつ隠して貯め込んだ。

エスゾピクロンmmルネスタ)を5錠、5日間頑張って貯めた。

むしゃくしゃした夜、ボリボリ喰って、アクエリで流し込んだ。

多幸感を心待ちにして時計を見る。

30分…1時間…2時間…。

ふつうに眠気が少しきてフワーっとしたぐらいか

何一つ幸せなんて感じなかった。

5日分の期待を込めた分、がっかり感でマイナスだぜ。損失回避バイアス

くそう。

もう翌日からはやけだった。

貯め込んだカロナールロキソニンもボリ喰い。

ただ下痢になっただけだ。

くそ、ゲリだけにくそったれだぜ。

処方された眠剤は貰った瞬間にケツ穴に突っ込んだ。

やはり1mm程度じゃ何も起きん。

あーくそ、つまんねぇ。

酒も飲めないし、タバコも吸えねぇ。

そうだ。

ご時世でそこらじゅうにアルコール消毒液があるぜ!これだ!

アルコール消毒液は純度が高過ぎて飲むのは厳しいが、肛門に突っ込めば酔っぱらえるのではないかと考えた!

これも幸いなことにそこらじゅうにゴム手袋があるので、ゴム手をセットして中指たっぷりアルコールをつける、

そして自分肛門に突っ込んでみる。

めちゃくちゃ痛い、熱くて痛い。

高校の頃、罰ゲームでちんぽこにシーブリーズを塗った感覚に近い。

しかしこれもトリップするためだ…。

全然トリップしねぇ。

量が足りないのかと思い、

どうすればもっと量を突っ込めるのか考える。

そうだ、イチジクかんちょうだ。

それらしいもの病院内で手に入らなそうなので、自作してみる。

ゴム手袋の親指部分を切り取り、切り口にセロテープを円錐状に巻き、スポイト状にする。

おぉ、こりゃあ完全にスポイトだ!よし!ここにアルコールを吸い込ませてケツ穴にぶっ込もう!

そこでスポイトの原理に気付く。

吸い込めるってことはさ、押したら自動で膨らんでくれないと吸い込めないのよね。

まりゴム手で作っても吸い込めないのよね。

どうやって自作スポイトの中にアルコールを入れるか。

もう、馬鹿みたいだけど口に含んで入れるしかなかろう。もう最初から馬鹿なんだからいいや。

口に含んでスポイトの中に吹き込む。成功

見事にスポイトの中に入ったアルコール

さー待ってました、頼むぜおれのケツ穴ちゃんたっぷり吸い込んでくれ。

………。

シュー…、スポイトが決壊した。

おれのケツ穴は想像以上に締まりが良く、自作の貧弱スポイトではパワーが足りなかったようだ…。

ケツ全体に広がるアルコール無駄に消毒されていくおれのケツ。

くそ

なだれていた時、一筋の光が。

サプリで飲んでいたビタミンCカプセル!これだ!!

こいつを分解して中にアルコールを入れ、閉じる。

これでアルコール入り錠剤の出来上がりだ!

よし!こいつを5錠ケツ穴にぶっ込んでみた…。

…。

しばらくすると表面のカプセルが溶けたのか、ケツの中が熱くなる。

…酔っ払うか…??

うーん…いまいち…。

だめだこりゃ

もうやる気がなくなって意気消沈して終わった。

結果、ストレス発散は便所でシコるくらいしかない。

翌日、大便と供に潰れたカプセルが出てきて切なくなった。

2022-05-10

ワクチン無しでオミクロン感染した

別にワクチンでもないが面倒だったのでワクチンは未接種だった。

予兆

ワクチン3回打った妻が38度超えの発熱

ただの風邪だろうと思っていたら、PCR陽性でコロナだった模様。

4歳の幼児と共に家族隔離生活スタート

幼児、サクッと発熱PCR陽性。

罹患

消毒やマスク努力はしていたもの幼児隔離するわけもいかず、入浴時にクシャミ等されていてもう半ば諦めていた。

からワクチン未接種であること、元喫煙者である事で非常に心配されていた。

じわりと喉に違和感があり、3日後にあっさり自身発熱

発熱

1日目最大38.6度

2日目最大39.2度

3日目最大38.1度

熱は少ししんどい程度だったが、喉は激痛だった。

我慢すれば食事飲み物は飲める。

通院時に貰ったカロナールを解熱鎮痛として頓服する。

回復

4日目最大36.4度

5日目最大36.6度

喉の痛みはある程度あったが、次第に気にならなくなっていった。

妻や幼児もあっさり回復していた。

たまたま運がよく軽症レベルにもならなかった模様。

認識している後遺症

無し。

脱毛味覚障害は恐れていたが、特に無かった。

キツかった事

何より幼児ストレス管理が厳しい。

保育園2週間行けない=自宅で見ながら仕事するのは本当に苦しかった。

終わりに

これを記述したのはコロナ自宅療養の証明書を出す際に必要だった情報を整理する為で、決してワクチン接種を軽んじているわけでは無い。

妻の方の方が症状は軽かったし、オミクロンでなければ自身は更に苦しんでいたであろう。

自身もこれからワクチン接種受けてくる。

コロナ禍が早く終わりますように。

2022-03-31

処方忘れか処方漏れ

本日休暇を取り、内科に診察に行ってきた

支払い時にいつも領収書処方箋、測定機器用のセンサーを受取るのだけども

今日領収書処方箋のみだった(この時質問していればよかったかな)。

処方箋を持って薬局に向かう。飲み忘れて余っている薬の量を伝える。

途中薬剤師から今日センサーを処方するか聞いているかと聞かれたので

「あ、やっぱり薬局で貰うようになったのかな」と思いつつ肯定

診察中に役所から着信があったので、ファミレスに移動し連絡。

昼食をとり薬を飲もうと確認すると、コロナワクチン摂取後に

発熱した歳の為に処方すると言っていたカロナールがない。

センサーも見当たらない。精算して病院電話して受取に行くことに。

先生以下職員総出でお出迎えで少し驚く。

どうもセンサー会計時に渡したし、薬局側も患者質問したが

センサー受け取ったと返答があったと言ってるらしい。

薬一式、手持ちのバッグ、服のポケットまで目の前でひっくり返したからか

とりあえず必要分のセンサーと処方漏れ分の処方箋を貰って薬局により帰宅

看護師さん達の会話から自分会計前後に同内容の患者がいたらしいというのは

わかったがその後薬局に向かったので詳細はわからない。

帰宅先生から改めて丁重謝罪電話があったが、「センサーありました?」と

聞くのを忘れたのでどうなったかわかるのは来月かな。

職員総出だったのも在庫管理に関わるからでは?とうっすら思ったけれども

会計担当した看護師さんが怒られたりしてなければいいけど。

2022-02-01

港区パワーカップルコロナ事情

わいは港区は森家の城下町かわいいボーイを2人育ててるんだが、不思議と彼らの小学校/保育園(区立ね)が休校にならないことを不思議がっていた(文章力

会社山手外縁民は日々「今日は2,3年学級閉鎖じゃー」「Aクラス学級閉鎖が終わったら次はBクラスじゃー」などと悲鳴をあげているのに。

この週末で似たような共働き子育て世代の話を聞いて合点がいった。

なぜなら今日2月1日2月の勝者が決まる日

 

 

家族A)

マッマ 先週38度の熱が出る。当日は悪寒、翌日全快、空咳が残った。

家族三人(ぱっぱ、10歳BOY、6歳BOY)元気いっぱい

マッマがPCR陽性判定出て、元気一杯4人が自宅軟禁

 

家族B)

上16歳BOY、学級閉鎖。あれれ、本人も熱が出てきたぞ。

下BOY、今週が正念

上BOYは一日39度までいったけどカロナールで全快でもとりあえずアパホテル行き、ついでにパパも。 そういやパパもこのまえ一日熱あったな?

 

まり

下手にPCR受けて陽性反応いただくと、家族全員身動きがとれなくなる。

んで、ワクチン打ってて通常の肉体をしていると、1日で終わる。

そもそも病院いっても軽症者には特に何もしてくれない(カロナールとかムコダインぐらいじゃない?

 

ということは、熱出ても家で寝ててリモート会議かいしてるのが最適解となる。

そのことにみな気が付いて、受験近辺世代がだれも病院行かないか港区小学校はたいして学級閉鎖してないんじゃないのか?

リモート授業も一般的になって、学校に出席しないのもあまり違和感がないし。

そうだとすれば、兄弟受験生がいる家庭と、いない家庭の出席率に有意差があるはず。

そう確信したわいは、パパ活をしに六本木に旅立ったんじゃ

2022-01-31

インフルだと思ってたがコロナっぽい

悪寒筋肉痛と熱と目の痒みだけだったかインフルだろうと思って勝手に療養してたけど

ピーク時の深夜前頭部かち割られてるぐらいの頭痛があって寝れなかった

1日目は夕食後カロナールに加えて追いカロナールしたらなんとか寝れたけど

2日目は夕食カロナール抜いて、起きてる間は頭痛耐えて就寝前カロナールにしたけど寝れないぐらいの頭痛があった

前兆3日上記の含めて本格症状4日で治ったけどインフルじゃないよなこれ

まあインフルだと思ってたので検査はしてないけどな

2022-01-24

大阪市コロナ陽性(ごくごく軽症)になった場合

1/18

午前…何の問題もなく出社。非接触型体温計の体温も平熱。体調も何の問題もない。

夕方…突然体の節が痛くなる。風邪症状と似てる…と感じるもそのまま勤務する。

夜…家に帰ってから体温を計測。37度台後半。やらかした…

知り合いにも感染者は数名いるが、みんな「午前中は何の問題もないのに突然発症する」は一致していた。気を付けて…

1/19

会社休む。孤発例の場合保健所電話せずに直接発熱外来受診せよとの情報を持っていたので、最寄りのクリニックへ電話

最寄りの発熱外来を紹介してもらう。発熱外来到着から検査まで1時間以上外で待たされる。

病院対応は納得出来る。コロナ疑い患者とそれ以外の動線分けなきゃいけないしね…

検体採取され帰宅昼過ぎ、陽性の連絡が来る。「後に保健所から連絡が来るはずなのでそれに従って。」

カロナールトローチのみ処方される。

体温は38度台後半だが、鼻が通っているのでインフルよりはラク

この日の夜以降、体温が平熱に戻る。

1/20~21

会社休む。

この感染症は体温が平熱に戻った後に頭痛・関節痛・咽頭痛・吐き気などの症状が出続けるのが特徴だと思えた。

1/22

症状が落ち着く。おかゆヨーグルト以外のものが食えるようになる。

保健所から連絡が全くなく、上司からも「いつ出社可能になるの?」と詰められ、不安になる。

自宅療養期間は唇がガサガサになる…

1/23

夕方にようやく保健所から連絡が来る(陽性判定から4日後)。

・先にSMSが来て、My HER-SYSに登録して経過観察に必要データを入れろと指示される。URL厚労省の本物だったので、フィッシングを一瞬疑ったが黙ってクリックした。このメール文言漏れフィッシングサイト作ったら、引っ掛かる陽性者大勢いそう…その後保健所から電話連絡が来る。

大阪市では隔離メシの宅配サービス現在一切行っていない。他の自治体と同様のサービスは出来ない。自腹でネットサービスを利用しろと言われる。

ホテル療養か自宅かも全く聞かれない。自宅前提。ちなみにこの連絡が来るまでは文字通り自宅放置

・要隔離期間の最終日付近パルスオキシメーターを配布する。その数値と体温が正常なら隔離解除となる。

1/24

なぜか体温が平熱より下がる。

結論維新はクソ 他の自治体のレポ読んで愕然。この差は何?これが維新???

2022-01-23

コロナの自宅療養がおわった in 東京 (第6波・オミクロン株) ※追記あり

タイトルのとおりですが、色々トラブルもあったのでまとめます

一言でいえば「連絡先はしっかり確認すること」に尽きます

(※追記 2022/1/25 市区町村によってはHER-SYS(自動音声)で体調管理をしているらしく、場所ごとにオペレーションはだいぶ異なるようです。)

【陽性者スペック

30代独身

23区一人暮らし実家の近く)

個人事業、いわゆる士業(職業柄、人との接触多め)

ワクチン2回接種済(9月10月

1/12~1/13(発症1-2日目)

夜中お腹ピーピーで目覚める。

熱はないが、朝から倦怠感と喉のいがらっぽい "風邪ひく一歩手前の体調" が続く。

栄養ドリンクを飲んで仕事して、帰ったらさっさと寝て過ごす。

1/14(発症3日目、自宅療養1日目)

喉が明確に痛くなってきたため、10時ごろ地元かかりつけ医へ。

熱は36.4℃だったが、これから繁忙期のため念のため抗原検査をすることに。

鼻をゴシゴシし、液をたらして20秒ほどであっという間に陽性に。

先生の「あーでちゃったね」が忘れられない。

保健所の連絡先として携帯番号を伝え、そそくさとクリニックを出る。

薬局電話コロナ陽性になった旨を伝え、外でクスリの受け渡しを行う。

(処方されたのはムコダイントランサミンカロナール風邪三銃士

から平熱~37℃台をフラフラする。

喉の痛み・咳痰が悪化し、悪寒がするようになる。

その日のうちに保健所から連絡がくるということだったが結局こず。

1/15(発症4日目、自宅療養2日目)

ウエルシアの抗原検査キット(体外診断用)を実家家族が買ってきたため、

自分も分けてもらったら、やはりあっという間に陽性になって一人で笑う。

末端がすごく冷える。寒すぎて風呂に入り、かえって38℃の熱が出る。

17:00 区の保健所から携帯に着信

医師の診断により発症日は1/12、自宅療養はそこから10日間を数えて1/22までを予定

ホテルと自宅療養どちらを希望するか(でもホテルは空きがないとかなんとか)→自宅療養で

・食料の宅配はいるか→お願いした

・連絡先→①携帯番号②実家固定電話(緊急連絡先)

 ※電話に出れないと防護服のスタッフが自宅にくる場合があると脅される

家族は同居か→先方が把握している住所が実家だったため、一人暮らししている旨と実際の住所を伝える

※実は濃厚接触について聞かれたらどうしようと思っていたが、一切聞かれなかった。

 実家ではちょいちょい食事をしていたため、その話も伝えたが「別居していてお風呂など水回りを共有していなければ大丈夫です!」といわれ、むしろ濃厚接触者を増やしたくない圧を感じた。


1/16(発症5日目、自宅療養3日目)

熱は37℃台。

喉は若干改善・鼻詰まりがひどい。

17:45 東京都自宅療養者フォローアップセンターからTEL

…がなぜか実家にかかってくる。

折り返すと、保健所が誤った電話番号を伝えていたらしい。

看護師から30分以内に改めて電話するというので待つが着信こず。

寝てて気づかなかったが、22:47に着信があった。


1/17発症6日目、自宅療養4日目)

鼻詰まりが解消。鼻の下と唇がガサガサ。

喉の痛み、咳は若干あり。

14:30 フォローアップセンター看護師からTEL

・体調の確認

LINE登録のお願い

・招待用SMSスパムに分類される(Pixel5a)

LINE毎日10時と16時にその日の体調(症状・体温・SpO2)を報告する仕組み。登録者が4万人ほどいた。

1/18-19(発症7-8日目、自宅療養5-6日目)

体調がかなり快方に向かう。

ただ、なぜか体温が低くなり、35℃台~36℃ちょっとしかでなくなる。実は死んでるかも。

1/20発症9日目、自宅療養7日目)

たんが絡む以外の症状良好。体温は依然低い。

13:00 フォローアップセンター看護師からTEL

・自宅療養後の陰性証明について質問

 コロナの死骸でも陽性になるので、具合悪いとき以外の療養後のPCR検査おすすめしない(それで陽性になったらまた病院から保健所に連絡するオペレーションになっている)

保健所から療養終了の証明書がでるので、そちらを利用しほしいとのこと

看護師に親と間違えられる(そんな元気だったか?)

看護師から電話LINEで体調管理ができていない人にかけているらしい。

 なんと、保健所電話番号間違いでLINEアカウント患者情報の紐付けがうまくいってなかったのだ。

 しょうがいから再登録


1/21(発症10日目、自宅療養8日目)

食料品パルスオキシメーターが未だにこないため、フォローアップセンターに問い合わせる。

調査の結果、伝票の電話番号が誤っていたため配送されずに東京都にもどってきたとのこと。

携帯を連絡先にしてほしいことと、自分の住所を再度伝える。

1/22(発症11日目、自宅療養9日目 ※自宅療養最終日)

食料品パルスオキシメーター実家に届けられる

近くなので家族に運んでもらったが、やはり住所も電話番号も訂正前のままだった。

夜、自宅療養終了のSMSが届くが、やはりスパムに分類される。

1/23発症12日目、自宅療養10日目)

念のため本日も引きこもる。

LINEで体調管理の連絡がくる←いまここ

結論

連絡先を一度誤るとその後のすべての対応が後手に回るので、最初にしっかり確認したほうがいいです。

冷蔵庫リアルに空になって困りました。

とどいた食料品は常温保存できて普段食べないものもあったので大変ありがたくいただいています

↓このあたりがうまかった

ニップン My Soup Style 生姜スープ

ニップン My Soup Style ミネストローネ

いなば もつ煮

いなば とり大根

追記 1/24 17:15

本日、自宅療養2日目で使った抗原検査キットを試したら陰性になってた!

まだたまに空咳がでるので、ワンチャン陽性になると思った…これが後遺症ですかね。

ブコメありがとうございます

住所の件は、保険証実家の住所なので、おそらくそのせいだと思います

電話番号の間違いは完全に架空の番号でした(おそらく書き間違え)。

2022-01-03

膀胱炎死ぬから市販薬で誤魔化さずに病院に行け

2021夏、世間コロナ医療崩壊の真っただ中、私はコロナとは全く関係ない理由で死にかけて入院した。

半年経って当時の日記を発掘したので、正月休みで暇な今せっかくなので当時の日記日記増田に供養する。


20代学生女性

経緯を言うと、膀胱炎放置していたために、血中に細菌侵入し、敗血症性ショックになり、生死の境をさまよったのである

コロナワクチン接種とタイミングが重なってしまったため、副反応だと思って放置してしまい、大分大変なことになってしまいました。

本当に処置が一歩遅かったら私は死んでいた。


膀胱炎放置しておくと危ない病気らしい。全然知らなかった。

膀胱炎は、大腸菌などの細菌尿道から膀胱感染することで起こる。女性に多い病気で、自覚症状は排尿時の痛み、残尿感、頻尿、尿の白濁、陰部のかゆみなど。

おしっこをがまんしすぎたり、疲れて抵抗力が弱まったり、不衛生な陰部の環境だったりなどで発症する。

そして膀胱炎は放っておくと菌が尿管から腎臓に上がり、腎盂腎炎を発症する。すると発熱下腹部の痛みが起こる。

さら放置すると血中から大腸菌が全身を回り、全身の臓器が機能不全を起こし、血圧が低下し、ショック症状を起こす。これが敗血症性ショックである

インターネット情報を参考なので間違っているかも)

膀胱炎は放っておくと死ぬので放置せずすぐに病院に行け、は界隈の常識らしいですね。私知りませんでした。

今回身をもって実感しました。

膀胱炎放置しちゃだめ、ぜったい。


以下詳細な日記である

20代学生女性

8/13 (金)

膀胱炎自覚症状。一般的に言われる自覚症状のオンパレードで、これは明らかに膀胱炎ですな、といった感じ。

3年前くらいにも一度膀胱炎にかかっており、その時は病院抗生物質をもらったらすぐに治った。

もう一回くらいかかったことがあるような気がする。その時は市販薬で治ったはず。いつかは覚えていない。

この時期友人の家に入り浸りまくっていたので、まあそのへんとかで疲れがたまって不衛生になっていたのかな…、そういえば恥ずかしくてあんまりトイレ借りて無かったな・・・、と考える。

という訳で市販薬(腎仙散)を飲み始める。病院に行ってもよかったのだが、前述のとおり友人の家に入り浸っていたので、出先で病院を予約するのが面倒で、「市販薬で治るでしょ」とごまかしていた。

この後も友人の家に入り浸る生活。8/15と8/19しか実家に帰っていない。それも終電近くに洗濯物を取りに帰っただけである

8/19 (木)

まりにも薬か効かないのでボーコレンに変更する。まだ少し効く

8/20 (金)

夕方コロナワクチンファイザー、一回目)を打つ。

発熱はなし。

思い返せばこの日の夜下腹部痛があり、今思えば腎臓が痛かったのかもしれない。

腎盂腎炎になると逆におしっこが出なくなるので、排尿時の痛みはあったが、排尿の頻度が下がったのでこのあたりから膀胱炎のことを忘れはじめ、薬を飲むのを忘れ始める。

8/21 (土)

日中は37°C台前半。ロキソニンを飲んで寝る日中を過ごす。

23時頃、直前まで何も無かったのだが、突如猛烈な寒気に襲われ、体が勝手にガタガタ震え出し、熱を測ると41.7°Cを記録。人間ってこんな体温出せるんだな。

ポカリロキソニンを飲んでどうにか落ち着く。無理やり寝る。

8/22 (日)

翌日になると熱は37.4°Cまで下がっている。友人のワクチン接種に付き合う。

帰りがけあたりから熱が上がっている感覚がする。帰って熱を測ると38.8°C。

最大で40°C台まで上がった。

ただ薬を飲むと熱が37°C台に下がった。

8/23(月)

この日から頭痛嘔吐の症状が出てきて一気にしんどさが上がる。

頭を動かすたびにガンガンとなる頭痛がするので起き上がりたくないし水も飲みたくない。

水を飲んでも胃液を吐いてしまう。水分補給が出来ないのがしんどい

薬を飲むとこれらの症状がマシになるが、2-3時間しか効かないし、6時間空けて飲まなければいけないので薬が効いてない時間地獄

熱は薬を飲んでも下がらずにずっと40°C台、最大で41.3°Cまで上がった。

インターネットを参考に薬をバファリンルナiに変えたら効きが上がった。薬が効くと熱は38°C台まで下がった。しかしこれも2-3時間しか効かない。

薬が切れた途端猛烈な寒気に叩き起こされ、震えが止まらなくなり、熱が上昇する。

「なぜ私だけこんなつらい目に合わなければならないのだ…!」との思いが募る。

そろそろ、「ただの副反応じゃないんじゃ…?」と思い市の副反応相談センター相談したところ、「明日になっても熱が下がらなかったら医療機関へ」とのことだったのでもう一晩様子を見る。

8/24(火)

症状は昨日と変わらない。副反応相談センターにもう一度相談したところ、市の医療機関を紹介してくれる番号を教えてもらう。しかし今は横浜実家でなく世田谷の友人の家にいるので使えない。

#7119でもいいですよと言われたので、そちらに電話をかける。深呼吸をしなさいと言われる。

友人が最寄りの発熱患者可の病院を探してくれる。家から50 mの距離だが歩ける気がしなかったのでタクシーを呼んでもらう。

病院では栄養剤の点滴をしてもらい、コロナに効く解熱剤(カロナール)を頂く。

今思えばこの医者はヤブだったのでは?発熱が4日も続いているのにPCR検査もしないし、その他検査もしないし、点滴と薬だけ貰って「様子見て」と言われた。

もし血液検査をしてくれていたら、きっと白血球の数値とかがおかしかっただろうから、原因も分かったろうに、、、

ただこちらも、「そういえば膀胱炎でした」と言い忘れたし、もうそんなのすっかり忘れていたし、さすがに医者もそれを聞いたら尿検査血液検査くらいはやってくれたと思うので、言えればよかった。

あとワクチン接種でめちゃくちゃ忙しそうだったしね。初診の外来患者なんて後回しよね。

吐き止め成分も一緒に点滴してもらった。しかし帰ってポカリ一口飲んだらそっこーで吐いた。嘔吐RTA。吐いたら2時間は飲み食いしないでと言われていたが、しんどすぎてそのまま薬を飲んだ。

カロナールはよく効いた。熱は37°C台まで下がった。これも2-3時間しか効かないが。一緒に処方された吐き止め薬ドンペリドンの眠気誘発効果も高く、薬が効いている間は快適に眠れた。

薬が効いていない間は相変わらず40°C台の発熱頭痛嘔吐

薬が効いている間しかまともに飲み食いが出来ないし、薬が効いている間は強烈に眠いのでまともに飲み食いできないので、要はまともに飲み食いできず、それがしんどかった。

おかゆを買ってきてくれたが、一口食べてギブアップした。ゼリーはすこし食べられたような…?

夜9時、あまりにもしんどさが天元突破したので実家に帰る決断をする。一人で他人シングルベッド占領していたのが申し訳なかったのもある。友人に布団で寝て欲しかった…

親に電話して洗いざらい話す。「なぜもっと早く連絡してくれなかったのだ」と親にめちゃくちゃ怒られる。

タクシー8000円)で帰りたかったがなんとタクシー発熱患者を乗せられないらしい。

しょうがないので翌日始発の電車に乗って帰ろうという話になる。

別にコロナじゃなかったからいいけれど、もしコロナだったら電車移動よりまだタクシーの方がウイルスを広げる可能性が低いのだけど、このへんどうにかなりませんかね、えらい人)

私はこの後薬を飲んで寝てから記憶が無い。次の記憶は木曜か金曜の病院のベッドの上である。以後は伝聞。


8/25(水)

午前2時頃、シャワーから上がった友人は私の奇行を目にする。

友人のカバンを持ち、友人の靴を履いて、家の扉をガチャガチャして「あれ…?開かないなぁ」とつぶやいていた。

これは薬のオーバードーズによる奇行だと思った彼は、とりあえず私を引きはがした。

すると私は白目を剥いて倒れた。レギュラー西川のようだったそう。

これは死んだわ、と思った友人は、ひとまず#7119に相談

すると「それは救急車呼んだ方がいいですね。こちらで救急車を手配します」と言われた。

ほどなくして救急隊がやってきて、私を救急車に連れていく。友人はよく分からなかったそうだが、救急隊曰く当時の私は痙攣していたらしい。

救急車に運ばれ、受け入れ先の病院を探す。しか医療崩壊ど真ん中の時期だし、夜中だし、高熱なのでコロナ疑いだし、意識不明から救急病院でなくてはならないし、で受け入れ先が全然見つからない。結局1時間半くらい各所に交渉したそうである

熱は42°C、血圧60、意識不明重体の私の横で受け入れ先の病院が見つからない中ひたすら待つ友人…。不安だったろうよ…。ごめんね…。

最終的に、最初に断られた病院に無理やり病床を開けてもらったらしく(他の人を一般病棟に無理やり移したらしい)、そこで受け入れてもらうことになった。コロナの為病院には同居家族以外の侵入不可だそうで、友人はその場で救急車から追い出された。申し訳ない…。

病院到着が午前4時。両親がタクシー病院にかけつける。コロナ疑いなので、両親も別室に隔離され、沢山の同意書にサインをさせられる。

点滴をする同意書、点滴のために喉に管を通す同意書、けいれんを抑えるために麻酔を打つ同意書、けいれんがひどくなった時に体を縛り付ける同意書、などなど。

最初医者も原因が分からず、とりあえず白血球の数値が異常に高いことが分かったので、適当抗生剤を打っていたらしい。

培養検査の結果、とある種類の大腸菌が原因だということがわかり、おそらく膀胱炎悪化し、腎盂腎炎になり、血中にも大腸菌侵入して、臓器が機能不全を起こした、敗血症性ショックだろうということが分かった。

原因が分かってしまえばあとは早いので、それ用の抗生物質を点滴し、あとは回復を待つのである

PCR検査も陰性だと判明し、コロナではないと分かった。


8/26(木)

私は意識を取り戻し、「スマホが欲しい」と言ったそうだが、何一つ覚えていない。けいれんを抑えるために麻酔を打っていたそうだし、意識朦朧だったのではないだろうか。金曜日あたりまでの記憶は私は曖昧である主治医と1回話したはずなのだがうっっっっすらとしか覚えていない。

そのまま2週間くらい入院ですね、と言われる。コロナの為面会謝絶で、必要ものは母に届けてもらい受付経由で受け取る。

面会謝絶なのは意外とよかった。病室が静か。

両手と首に点滴が通っているので、私はひたすら気をつけの姿勢で寝ることしかできない。暇。うつ伏せで寝られないのがストレス

あと食欲が全くわかず病院食が食べられない。「これだけは飲んで」と言われた栄養飲料(そんなに美味しくない)と、たまに出るフルーツくらいしか食べられない。なので栄養剤の点滴も外せない。

とはいえ意識は取り戻したので近いうちに一般病棟への移動が決まる。

8/27(金)

この日から元気にLINEをしている。この日か翌日に一般病棟に移った気がする。

8/28(土)

この日あたりから食欲を取り戻し、病院食が完食できるようになる。

8/29(日)

8/30(月)

食事が完食できているようなので、と栄養剤の点滴が外される。これで点滴が朝晩3時間つの抗生剤だけになり、夜うつ伏せで寝られるようになる。超ハッピー

8/31(火)

抗生剤だけなら飲み薬にして退院しよっか、とのことで急遽翌日の退院が決まる。急いで両親各所に連絡する。

9/1(水)

退院。声はカッスカスで、支えが無いとまっすぐ歩けない。10日くらい臥せっていると筋力その他が大分落ちるのだなと理解した。

その後自宅療養して大分普通に戻りました。

私が入院していた間、私が死ぬんじゃないか、と毎日家の中はお通夜状態だったらしく、大分迷惑をかけてしまった。非常に申し訳ない。


以上当時の日記になります

あのまま友人が朝まで様子を見る決断をしていたら私は本当に死んでいた。そしたら原因にワクチンは全く関係ないがワクチン副反応で死んだ人扱いされただろう。

繰り返すが、今回得た教訓は、膀胱炎市販薬で誤魔化さずに、病院抗生物質を貰うべきだということである

それから2021年の医療崩壊はやはりひどかったですね。治療にあたってくれた医療関係者方、そして各所でたゆまぬ努力を続けてくださっている各医療関係者様方に感謝します。

2021年冬は少し落ち着いていましたが、冬休みにかけてじわじわ感染者が増えてきていますね。また当時のような惨状になると医療機関がまた悲鳴を上げてしまます。我々は基本的感染対策を怠らず、淡々と過ごしたいですね。

あとそれから友人に本当に感謝。私の看病をしてくれ、救急車を呼んでくれ、救急車でも意識のない私に声をかけてくれていたらしい。本当にありがとうあなたは私の命の恩人です。もし我々の縁が切れることがあったとしても、その事実は変わらず、私は一生あなた感謝して生きていきます

それから家族にも本当に感謝。だいぶ心労をかけてしまいました。楽しく労働することで恩返しするね!

ちなみに、「あん経験をしたんだからちょっとくらい失敗しても「死ぬよりまし」とか思えるようになりなよ」と友人によく言われる。

さなことでくよくよする生活は変わらないままである

かに今日記を読み返して、「本当に死ななくてよかった」との思いを新たにしました。生きていることに感謝ですね。明日から新学期なので頑張らねば!


以上です。皆様も体にはお気をつけて、、、。

市販薬安易に頼らず病院に行った方が結局早いし安いことが多いですよ、、、。

2021-11-12

副反応の症状から持病に気づいたらスイッチしていたのではないか

副反応が3日目にまで伸び、なぜか3日目には吐き気頭痛の強さが増したのに平熱になっていた。ちなみにずっと寝てたせいか頭痛で起きるようになった。目の奥が痛いんだな。

カロナールを何度か処方されていたので飲んでいたが何故か効果がなく困っていた。

そこでふと思ったのが持病の肩こり頭痛じゃないかと思い頭痛ポイントを探したが、見つからず、とりあえず両肩と首に貼って寝た。

即効ではなかったが、4時間後には頭痛はほぼ引いて楽になった。なのでよく聞く頭痛持ちの副反応頭痛は、元々の頭痛が発生したのかもしれない。

自分場合はずっと寝てたからどっかでへんな姿勢を取ってたのかなと思う。もしくは血流が悪くなったか(血圧がずっと上下ともに10上がっていた)

2021-10-22

ワクチン2回目副反応まとめ

3回目接種が有り得そうなので自分の体から出た反応とその対策をまとめておく

打ったのはファイザー

副反応

・1回目と同じく5、6時間ほどでじわじわ接種箇所から肩と肘までが痛くなってくる

 一番痛みが酷い時は痛くて肩より上には上げられないと思っておいた方がいい

12時間程度で発熱が本格的になる。最高で38.2度までは確認したがもっと上がったかも知れない

 熱が上がるに連れて頭痛が酷くなっていく

・熱は1日で収まる。が、頭痛は2日続くと思っておけ

・丸1日免疫細胞活性化した結果めちゃくちゃ疲れる。全身筋肉痛みたいになる

・3日経ってやっと全快かなという感覚になった。休みは3日取れ

対策など

・数年前に処方されたカロナールがあったのでそれを飲んだが、効き始めは目眩のような嫌な感覚があった

 他の頭痛薬や解熱剤を使った方がいいかも知れない

風呂は必ず接種前日夜~当日朝までに入っておけ。2日は入る気になれないしほとんど寝てる

・接種の帰りにゼリー飲料カロリーメイトスポーツドリンク系は必ず多めに買い込んでおけ

 ビタミンのもの選択したのは正解だった気がする

アイスクリームカップ麺みかんゼリーなど簡単かつすぐに食える美味いものがあると気分が上向く

・体温計の電池が持つか不安なら予備を買っておけ

スマホタブレットは寝込む前に満充電しておけ。布団から動きたくなくなる

こんなもんか

とにかく寝るか飲むか食うかスマホ・タブを弄るかという感じだったのでそこ重視で

幸いなことにほぼ冬装備になった後に接種できたから寝具や服は問題なかったが、3回目があるとしたら初夏あたりかと思うので一考した方がいいかも知れない

個人的には面白い体験だったので是非また打ちたいと思う

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん