「欽ちゃん」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 欽ちゃんとは

2022-03-12

にちようチャップリンでのランジャタイ初登場ネタ(仏が沼に落ちる欽ちゃんのやつ)凄まじいな。

阿呆ほど笑って涙出たわ。

なにアレ。

2022-02-01

走る目標ハードすぎる今月の増田酢魔の津現コルギドーハがうょ引く盛る市は(回文

タカタカタ!ターンッ!

できたー!

おはようございます

夢の中でも増田を書くようになってからが本番です。

あのさ、

ウエアラブ腕時計毎日9キロメートル走れ!と行ってくるのでさすがにそれは無理だわ。

今月のノルマ毎日9キロ走らないと今月の目標クリア出来ないからな!って

私は何と戦って何を目指しているのかって思っちゃったわ。

ただ普通に毎日丁寧に暮らしたいだけ!

あれさ、

どんどん普通にウエアラブ腕時計に言われるがままに目標値を上げていったら

1日アクティブリングを閉じるのに800キロカロリー分動け!って

言われるけど結構ハードよ。

どんだけ追い込むのよ!って

よくさ筋肉マッスル超人トレーニング

5、4、3って鍛えるメニューのあと何秒で終わるかってカウントダウンするじゃない。

そんでゼロ!ってなったら

また5秒からカウントダウンさせて追い込むとか

もう筋肉は喜んでいるかも知れないけど

私は喜ばないわ!

肩に山手線走るの電車乗っけてんのかーい!って

だってキレるわ!

ってぐらいウエアラブウォッチ腕時計も追い込んでくるから

私にそんな課題課すのなら自分目標値変更出来るの私知ってるんだから!って

ウエアラブウォッチ腕時計端末に逆襲したところよ。

朝は朝で起きたら

目標睡眠時間達成して良かったね!って

もっと寝ていいよ!って追い込んでくれないのよ。

それはそれこれはこれなのかしら?

それでさー

睡眠判定出来る今のウエアラブウォッチ腕時計端末装置って

どういう仕組みで私が寝た瞬間を測定してるのかしら?って思うし

なんだか睡眠が深い浅いとかも

グラフに出てくるし

あれ何を見て本当に判定してるのかしら?って

もう睡眠バトル心理戦を繰り広げているようで、

朝起きたときの90点台をたたき出したときのグッドな睡眠と言っても

そんな良い目覚めではないって

点数と目覚めの良さとは比例しないみたいなのよね。

欽ちゃん仮装大賞であと一点とったら合格!ってところで

ピロッ!ピロッ!ピロッ!ピロッ!フワンフワンフワワ~ンって不合格の音が鳴る寸前で

奇跡の1点追加で

テテーテテーテテーテテーテーテーテデデン!って合格になった時とはまた別の達成感があるのよね。

いや違う言い間違えたわ。

点数と寝心地の達成感とはかけ離れているのよ。

なんか今日睡眠点数55点。

明日は頑張りましょう!って言われてもどう頑張るのか?

意識問題なのかしら?分からないけど、

55点でも目覚めが超快調爽快!って時もあるので

ウエアラブウォッチ腕時計端末機械装置って信じていいのかよく分からないわ。

寒さが身に染みる今朝とか

みんな「くーぅ」って言って川平慈英さんみたいになるのより不思議よ。

くれぐれも寒いからって川平慈英さんみたいにならないように注意しなくっちゃ、よ。

うふふ。


今日朝ご飯

タマサンドよ。

お昼はおにぎり握ってきました!

最近はもう鮭と若菜の一択よ!

いや二択だけど。

三択の女王竹下景子さんだけどね。

やっぱり朝のタマサンドは美味しいわね。

それに併せていただくホッツミルクカフェオレのヒーコーが最高!

1日の良い始まりよ!

デトックスウォーター

今日急須で煎れてきた緑茶ホッツウォーラー

あんまりお茶っ葉とか気にしないんだけど

ようはなんでもホッツグリーンならいいってこと。

新しい電気ケトルが欲しいんだけど

2リットルいっぺんに一度に沸かせるのが欲しいわ。

沸かすのかい?沸かさないのかい

私の筋肉に聞いてみるわ。

ほら聞かれてるぞ!

沸かす!パワー!!!

私は2リットル沸かしたいわ。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2021-12-29

anond:20211229171051

お笑いというもの解決不能悲惨について

通夜ムードにしないために茶化すものではないかと思う

この指摘自体には一定の正しさがあると思う

表現規制憎しの余り、差別的ネタ排除したら

お笑い物がいっさい成立しなくなってしまうとか極論を言う人がたまにいるけど

それじゃ古典落語とか、昭和中期のドリフ欽ちゃんは全部放送禁止か?

当時もある程度は差別的ネタもあったが

そうでない笑いもいくらでもあったと思うんだけどな

2021-10-30

いまだに福岡ホークスがある感じする

そもそも野球とか興味なかったんだけど、十数年前にTVぶっ壊れて以来持ってないから余計なスポーツニュースに触れる機会もなくて、大体2000年台前半くらいで世界観が固まっている

なんか気がついたらやたらゲーム会社だかネット会社スポンサーしている球団あるよな。今ってヤクルトとか近鉄バッファローズまだあるのだろうか?なんかDNAになってた気がする

仙台あたりにも謎の球団が出来てた気がする

欽ちゃんがやってるジェンキンスっていう球団。っていうギャグの方の印象が強くて、正式名称知らん

そういえばジェンキンスさん亡くなったよな

2021-08-09

少し前にビートたけしおもしろさがわからないという増田があったけど、萩本欽一子供の頃嫌いだった

おもしろくもないし、仮装大賞の司会で素人に絡んでいる口調や態度も小馬鹿にしたような、と感じていた

もはや欽ちゃん仮装大賞しか見ないのでわざわざ嫌いと声をあげる人もいないだろう

自分も近年はろくにテレビも見なくなったし嫌う以前に目にしようがないけど

そういや嫌いだったなと

2021-08-08

文句言ってるみんな思い出して、長野オリンピック閉会式欽ちゃん進行で激寒だったことを!

2021-08-05

小山田圭吾いじめ問題月刊カドカワ9月号(1991年9月1日発行)の記事の一部書き起こし

クイック・ジャパン』『ロッキンオンジャパン』以外で、小山田いじめ自慢していたとされる『月刊カドカワ9月号』の掲載記事について、

メディアが偏向的な切り取りで掲載して拡散され続けているのがずっと気になっていたんだけど、

案の定これを利用して、拡散元凶となった件のブログが『 小山田圭吾がいじめを語る理由 - 孤立無援のブログ 』という記事外山恒一氏のnote記事反論している。

また変な扇動しかねないので、記事の冒頭から関連する箇所(幼少期から高校時代)までをまるっと書き起こした。

なお、カドカワ記事フリッパーズ・ギター3rdアルバム「ヘッド博士世界塔」の発売直後に刊行されたもので、

アルバム発売を受けて、音楽への姿勢を掘り下げるために幼少期から振り返させた全19頁のインタビュー記事のようだ。

月刊カドカワ9月号(1991年9月1日発行)P348〜P352

きっと、ぼくの生い立ちなんて面白くないですよ。やっぱりこういう話が載るんだったら、波乱万丈の人生を歩みたかったですよ。

幼稚園ときに、巨人土井選手の娘がいてね。土井ヨウコちゃんていう子だったんだけど、餅つき大会があって、土井選手が餅ついててかっこいいって思ったのが最初記憶ですかね(笑)土井ヨウコちゃんの顔は覚えてないんだけど、土井選手の顔は覚えてる。今でもテレビ土井選手の顔を見るたびに、餅ついてたなということを思い出しますね。

すみれ三組だった。それは年長組で、その前は忘れちゃった。ぼくはお絵かきを習ってた。シンちゃんていうちょっと知恵遅れの子がいて、クレヨンを投げまくって先生にひっぱたかれていたのを思い出すな。

普通の子だった、おとなしくもないけど。すみれ三組の隣のクラスに「ひらけポンキッキ!」に出たヤツがいて、そういうヤツの悪口を陰で言ってた。出たからって威張るんです、そいつら。ぼくらはイジケたグループで、五人ぐらいいた。女の子もいたな。まだ人間できてませんからね。学芸会普通にこなしてたな。インディアンの歌を歌うその他大勢の役をやった。

小学校は遠かったんです。同じ世田谷区だったんだけど、私立だったから。それからぼくは高校まで同じ学校に通うわけなんだけど、もうシンちゃんはいなかったんだけど、二年のときにKという知恵遅れの子が転校してくるんです。ぼくらの学校身体障害者の人が多いんだけど、特別クラスは作らないで普通に入ってくる。Kは高三まで同じクラスだった。ぼくだけじゃなく、みんなにインパクトを与えたと思う。Kとは小学校ときはわりと距離を置いて付き合ってたんだけど、高校に入ってから意外に密接な関係が出てくる。

小学校ときは成績は良かった。運動会リーダーとか、班長とか。それから、物が流行るじゃない、スーパーカー消しゴムとか怪獣消しゴム流行ったしね。そういう物のコレクトに関してはいつでも一位にならないと気が済まない男でね。それで人気を博してたからね。相撲消しゴム流行った。貴ノ花とか高見山とか。ガチャガチャでも、十円入れてガチャガチャカプセルを出すと効率悪いのね。

ちょっと遠いところに駄菓子屋があって、その店では中身がドンと箱に出してあって、自分スーパーカー消しゴムを選べる。友達とその店を発見して、他の友達には言わないで、自分らだけでコレクトして・・・ジャーン!!(笑)

小学校ときって、足の早い人とか人気があるじゃない。そういうタイプじゃなかったから、物で誤魔化したり、人気のあるヤツの足ひっぱったりとか。陰で悪口言ったり、変な噂流したり。こすいヤツだったな(笑)。だからすごく嫌われたりすることもあったな。いちばんショックだったのが、小学校五年くらいのときに文集を作ったんだけど、みんな普通のことを書いてるのに、「小山田くんの嫌なこと」とかいタイトルで作文書かれてね(笑)別に人気者じゃないヤツに書かれたからね、よけいにムッときて。親にその文集はみせられなかった。ぼくがそいついかにして迫害たかっていうようなことが切々と書いてあってね。でも、事実なんです(笑)まさか文集にそんなタイトルで書かれると思っていない。ちゃん印刷されてるもので、先生が見るだけじゃないの。みんなに配られちゃうの。けっこう挫折だった。だからそいつには、小学校人生全部かけて復習した(笑)

運動会リーダーも五年のときかな。仕事はそんなにしなくて、自分の好きなようにやってた。学校に遅くまで残れたり、プリント刷ったりするのがすごく好きで、そういうことができたからやってた。運動が得意だったていうわけじゃなくて。

音楽幼稚園からアニメとかのコレクトがすごかった。幼稚園の頃はコレクトって意識じゃなかったけど。水木一郎って知ってるでしょ。あの人が近所に住んでたの。それで家族でどっかに旅行に行ったら仮面ライダー・ショーをやってて、司会が水木一郎で、うちのお母さんが仲良くなって、家に来たことがあった。そのときイナズマン』のLPサインしてもらった。やっぱり子門より水木だよ、とか言って。ウルトラマンからマイナーのものまでLP集めてた。「鉄人タイガーセブン」とか。よく一緒に歌ってた。その頃から歌手になる資質があったんですね、ねえよ、そんなもん(笑)

テレビっ子。家に帰ったら、ずっと。アニメ再放送とかゴールデンタイムも。でも三年生ぐらいから「ザ・ベストテン」が始まった。大好きだった。チャートを全部メモるの、点数まで。二十位から十一位まで久米さんが早口で言うんだけど「『いい日旅立ち山口百恵、九千何百何十点」とかいうのを、早くて書けないから「いい日、山」とか書いて後で清書する。それで学校で「昨日、何位だったよな」って言ってメモ見せて威張るというのが流行った。あとになって小沢もそれをやってたって話をきいて。他にもいろんなチャート番組きいて、どのチャート信憑性があるとかって。オリコンもずっと読んでる、細かいチャートまで。地方チャートだとフリッパーズ・ギター四国全然ダメなの。だからこれから四国を強化したいなと。

あと、「カリキュラマシーン」が好きだった。鉛筆ジョーとか宍戸錠とか吉田日出子とか藤村俊二とか。変な歌があった。「ねじれてねじれてシャシュショミャミュミョ」とか、そういうねじれる言葉があるでしょう。そういう言葉を覚えさせるためにその曲がある。一緒に歌ってた。それから、「三は嫌いだよ、いつもいつも、二人仲良くなると、ひとり仲間外れ〜」とか言い終わると、二人が真ん中のひとりをギターボコボコにしておしまいっていうような(笑)。強烈なの。コント55号はもう欽ちゃんソロでやってたけど、ぼくはダメだった。ドリフ志村のほうが好きだったけど、それより「カリキュラマシーン」のほうがずっと好きだった。よくギャグを覚えてる。ギャグともとれないようなギャグだったけど。きっと当時は笑ってはいなかったと思う。『天才バカボン』の第二巻もすごかった。

中学になると、人当たりが悪くなって。クラス友達があまりいなくて、すぐにイジケるタイプに変わったんだよね。あまりしゃべらなくなった。休み時間は仲のいい友達クラス出て、他のクラスの仲のいい友達と遊ぶみたいな感じ。中学になると音楽がすごく好きになって、そういう話もできる人としかさなくなった。

Kはね、体がでかくて、小学校ときは突然牛乳ビンで人を殴ったりしてたんだけど、中学になるとそういうことはしなくなった。大人になったみたいで。

同じクラスにひとり仲のいい子がいた。その子のお兄さんがパンク系が好きで、ぼくもその人の影響でそういう音楽が好きになっていった。その子テープ録ってもらったり、貸しレコード屋に行ったり。その頃、ウォークマンブームで、そういうのはいち早く察知して、お金なかったけど小六のときウォークマンⅡを買った。ボディが青くてヘッドホンオレンジ。すごく大事にしてたんだけど中一のとき電車に置き忘れちゃった。ショックだった。で、二台目はアカイやつ。電車の行き帰りで聴いてた。最初に行ったコンサートは、中二のときクイーンかな。

その頃、初めてエルヴィス・コステロインペリアル・ベッドルーム』を借りて、すごく好きで、そのちょっと後に『パンチ・ザ・クロック』ってアルバムが出た。音楽雑誌グラビア見るのも好きで、"イアン・マッカロクのお部屋"とかいって、奥さんと一緒に写ってる写真の中にレコードがダーッと並んでて、いちばん前にアズテックカメラの『ハイランド』が置いてあった。それで貸しレコード屋に行ってアズテックの「思い出のサニービート」の12インチシングルを借りて、その友達と二人で「いいね」って聴いてた。それからそっちの方面音楽にどっぷりいった。

そういうふうにして中学生のとき洋楽を聴いてると、みんな馬鹿自分は頭いいって思いがちでしょう。案の定、そういうふうになっていた。

ギターは中一から。いとこが弾いてて、クイーンとかディープ・パープルを教わった。教則本とか見て普通に弾けるようになったんだけど、アズテックカメラは弾けない、コーが難しくて。いろんなコードを知らないから、コピーして一生懸命した。だから我流で、コード名前なんて知らなくて、指の形で覚えた。

高校になると、すごく仲良かったヤツが違うクラスなっちゃった。そうしたらKが隣の席なの。アイウエオ順で、小山田の次がK(笑)クラスにいるときは、Kとしかさなかった。Kって特技がひとつだけあって、学校の全員の名簿を暗記してるの。バスの中で一緒になったとき、「あいつの住所は?」ってきくと、ペラペラペラって出てくるの。見たこともない下級生や上級生の電話番号とか兄弟もわかってる。で、高校になるとみんな色気づいて下敷きの中にアイドル写真とか入れてくるじゃん。Kも突然入れてきた。何かなと思って見たら、石川さゆりだった。「好きなの」って言ったら、「うん」。それから、Kは鼻炎だから、いつも鼻かんでるんだけど、ポケットティッシュだとすぐなくなっちゃう。だから購買部で箱のティッシュ買ってきて紐つけてあげた。それでKはいつも首から箱をぶら下げてた。難しい漢字にもすごく詳しかった。暗記には異常に強かった。俺はいつもビクビクしてたの。ある日、突然キリッとした顔して真面目なこと言い出したら怖いなって。「本当は俺は・・・」って。だって下敷きに石川さゆりを入れてるのも、ギャグなのか本気なのかわからないじゃない。ギャグだとしたらすごいじゃない。で、ずっと観察してたんだけど、そういうことはなかった。だけど風の噂だと、Kがどこかで森鴎外小説を読みながら歩いていたという話をきいた。

ぼくは浮きまくりっていうか、クラスのみんなが和気あいあいでやってるんだけど、クラスの集合写真にいなかったり。文化祭打ち上げとか、集まるときに呼ばれなかったり。でも別に平気。人に相談とかしないし。高校になると他の学校友達かいたから。

変な高校でさ。普通レベッカとかBOØWYコピーバンドとかが主流としてあるんだけど、先輩が変わってて、メテオーズのコピーバンドとかよくわかんないバンドが多くて、レベッカとかやってると迫害されて潰しにかかられる。学園祭体育館でやるコンサートにはオフコースとかニューミュージック系のコピーしか出られなくて、パンクニューウェイヴ系は音楽室。そこにアズテックとかスミスコピーやって出てた。授業中はウォークマンヘッドホンコードを袖に通して手のひらに隠してきいてたりね。

小沢中学だけ同じ学校だったんだけど、別に仲良くなくて。高一くらいのときたまたま友達の家で一緒になって、ぼくの持ってた編集テープ聴いてからそういう音楽を好きになったみたいで電話かかってきた。それから学校の帰りに待ち合わせて、お茶の水ジャニスって貸しレコード屋に行ったり。そこはイギリスインディーズとかヨーロッパものが置いてあって、泊まって、学校行かないでレコードを全部テープに取って、返しに行って・・・そういう生活してたな。その頃の経験てでかいかもしれないな。エスカレーター式だから大学試験はそんなに難しくないんだけど、遅刻とか欠席が多かったか一年生の時点でダメだとわかってた。だけど小沢学校に行くの。ぼくは小沢の家で寝てたり(笑)

※このあと、音楽の話からフリッパーズ・ギター結成までのエピソードアルバムに対する思いなどが語られるが、問題となっているいじめ関係する箇所は上記だけなので以降は省略。



読んでわかると思うのだけど、ここでも小山田外山恒一氏の読みどおり、過去を振り返るときは一貫して”自分自身自虐的で自嘲的なニュアンス”で語っているんだよね。

そして問題記事から遡ること3年前にもかかわらず沢田君の話が出てくることから、彼に対しての思い入れが深いのもわかるし、

自分自身を嫌なやつと言ながら、”イジメしていたことは認めたくないけど認めざるを得ない葛藤があったのではないか”とする外山氏の下記視点は、なるほどなと腹落ちする。

小山田圭吾問題の最終的解決|外山恒一|noteより

まず第一に、これは小山田氏が、自分いかに情けない人間か、いや、〝情けない〟を通りこして、もはや〝卑劣〟で〝ろくでもない〟と云ってよいぐらいの人間であるか、自虐的に語り続けている過程でこういう話になっているのだ、という点を見逃してはいけません。活字に起こすと単に「(笑)」となってしまますが、少なくとも小山田氏のセリフに付け加えられている「(笑)」は、ニュアンスとしては完全に自嘲的な「(笑)」です。イジメをやっていた当時の気持ちに戻ってしまって、「楽しかったなあ」と笑っているわけではありません。

ーーー(省略)

それにしても驚かされるのは、小山田氏がイジメの始まりエスカレート過程を、事細かによく記憶していることです。さんざん云われるように、イジメた側はそんなことはやがてすっかり忘れてしまって、これほどまでに、「ああ、そういう展開はいかにもありそうなことだ」と情景がまざまざと思い浮かぶような語り方をしうるほど詳細に覚えているというのは、イジメた側としては極めて例外的ことなのではないかと思うのです。このことはむしろ世間で云われているのとは逆に、小山田氏が自身イジメ加害経験真摯に向き合ってきたことを示しているのではないでしょうか? それも極めて稀なレベルで、です。小山田氏の云うとおり、そもそも最初は〝ちょっとフザケていただけ〟、〝ちょっとからかっていただけ〟なのでしょう。それがいつのまにかエスカレートして、ヒドいことになっていく。小山田氏は「決してイジメているつもりはなかった」という線を頑なに守ろうとしていますが、内心ではおそらく当時リアルタイムで、「これはもうイジメと云われても仕方がないレベルなのではないか?」と不安になってもいたように感じられます高校生になってイジメっ子を卒業してからか、あるいはイジメっ子時代の末期からことなのかもしれませんが、「どういう経緯でこんなことになってしまったのか?」ということに強くこだわって、よくよくそれを思い返し、もちろん少なくとも『ロッキンオンジャパン』や『クイック・ジャパン』でそれを語ることになる20代半ばの時期まで、何度となく反芻してみたのでなければ、なかなかここまで詳細に記憶していられるものではないように思うわけです。



また、件のブログの反論としては、”自分判断で「障害者虐待できる俺ってかっこいい」というブランディングを行っていたのである”ということだけど、

フリッパーズ・ギター解散前にそんなリスクの高いブランディングを行う必要はないでしょ、と。

下手したら、「障害者虐待アピールするから小沢に捨てられた」というような負の印象を残しちゃうわけで、ダメージの方が大きいことは想像できるし、いくらなんでも無理筋すぎる。

2020-12-29

欽ちゃんとかドリフってつまらないけど

昔の人はこれが面白いと思って見てる人がたくさん居たんだよなあ。

笑える、笑えない以前にデリカシーの無さにドン引きするけど。

まあ兎に角社会レベルがどんどん上がってるんだなあと実感する。

こうやって面白いものアップデートされていくうちはまだ捨てたもんじゃ無いと思う。

2020-10-19

anond:20201019125748

※主演作のみ、テレビドラマに限るとすると

って言ってるし、ドリフト欽ちゃんにはならんだろうな

普通に考えたら期間と視聴率ドリフとか欽ちゃんが強すぎる

2020-06-04

かにとんねるずを出しにして「テレビの変化」みたいなのを語る人は多い

欽ちゃん山田邦子で語る人はいないのに

2020-01-18

後一つブクマがあればホットエントリーに入るのにな〜ってとき欽ちゃんが煽ってくれる仕組みを導入して欲しい

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん