「日本人選手」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 日本人選手とは

2020-09-13

同じ日本人からなんなの?

日本人選手活躍!!

映画で賞を取った!!

科学者世界に認められた!

から何なの?

嬉しいか?お前関係なくね?

何にもしてないし関係ないじゃん。

2020-09-11

MtG Arena大会やってたからだらだら日本語実況見てたけど

サイトでは日本人選手22人も出てます!って宣伝してた割に

特に日本人選手試合が見れるわけでもないし途中の戦績情報とか出すわけでもないし

誰を応援すればいいのかよくわからなかった

2020-07-29

anond:20200729163915

サッカー試合イエローカード出されてる日本人選手をみて、

「あ、差別じゃねーかよ!!」なんて憤ったことはない。

2020-07-26

みんな四連休なにしてたの?

楽しい連休が終わっちゃうので、せめてやったことを書いて無駄じゃなかったと思いたい。


髪をきった

夏に向けてさっぱり。美容院コロナ対策まったくしてなくてええんかいなと思ってしまった


今更リモート用の椅子を買った

コクヨingって動くやつ。楽しい


ゴーストブツシマクリアした

政子殿と市川先生は話を聞かない老害って感じで良かった。グラフィック演出がとても良かった


妻の白髪をピンセットでぬいた

まだ全然無いけど割合的にどれぐらいから染め始めるのかなー


ローストビーフ作って食べた

料理はお店と同じような美味しさでできると嬉しいね


eスポーツ大会みてた

ウメちゃん強かった

梅原大吾(海外ではその獣のような悪魔のようなプレイスタイルからDAIGO The Beastと呼ばれる)といえば日本プロゲーマー第一人者として有名であり、書籍『1日ひとつだけ、強くなる。』もベストセラーとなっており、日本においてはe-sportsといえばウメハラ、みたいなところがある。

その彼も最近は加齢による衰えかあまり活躍できていなかった。あまり活躍できていなかったといっても普通に他のプロゲーマーと勝ったり負けたりといい勝負をしている程度ではあったのだが、他のプロゲーマー配信で言っていた「勝率60%もいけば勝ちすぎといわれるトッププレイヤー同士の対戦なのに、ウメさんだけはトーナメントで優勝以外許されないのハードル高すぎるでしょそらきついよ」という評の通り、我々一般人動画からの期待が高すぎるところがあった。それは過去ウメちゃんが今より遙かにプレイヤーが多数いた時代に一発勝負トーナメント奇跡勝利を何度も続けていたり、ストリートファイターシリーズのような単一ゲームだけではなくギルティなどの複数ゲームトップ層に到達してきており、その時のイメージ動画などで残っているからであった。動画に興味がある方は『evo moment 2004』や『背水の逆転劇』などでお調べください。

一方、最近ウメちゃん自分の主戦場としているストリートファイターV(そう、昔流行ったスト2の続編であるスト5で今はe-sportsしてます)ではなく、他のゲーム有名人を有名にする配信や、すでに有名な売れているゲーム(アンダーテイル、雪山人狼東方etc)の配信格闘ゲームプロプレイヤーというよりはストリーマーとしての活動が多く一部のファンから失望されてしまい、ウメハラ総合スレという名前で30000以上続いている格闘ゲーム話題を扱うスレからタイトル剥奪されて、単なる数字だけカウントするスレッドになってしまっていた。これは格闘ゲーム業界ではかなり大きなトピックで、ウメちゃん存在感格闘ゲーム業界で圧倒的一番ではなくなってしまったということを意味していた。

最初全国大会優勝(ヴァンパイアセイヴァー)したのが1997年で、2020年のいまだにトッププレイヤーなのは誰しも認める(というか賞金獲得期間がもっとも長いプロプレイヤーとしてギネス認定されている)ところではあるが、もうレッドブルスポンサー(一生生活保障されるとのこと)で人生上がりだしなんとなくダラダラやってるだけじゃない?という認識が強まっているところがあった。

特に最近ときどさん(東大卒プロゲーマー、同名の書籍上梓済)のトーナメント勝率が異常かつウメちゃんとの直接対決でも圧倒することが多く、直近のトパンガリーグという長期戦をフィーチャーした大会では7-0でウメちゃん完封していたり、ゴールデンタイムバラエティである笑ってこらえてに出演するなど存在感が非常に増していたので、私もウメちゃんからときどさんへのゆるやかな世代交代の時期が来たんだなと思っていた。そしてときどさんはとにかく格闘ゲーム以外に対しても真面目でストイックなところも、格闘ゲーム以外はちゃらんぽらん気味(ダイエットあきらめる、やたら酒を飲む、髭が不衛生etc)なウメちゃんと対比されて世代交代もやむなしかというところもあった。

そしてここにきて毎年一年ツアー総合ポイント上位者が出られる(ゴルフみたいなイメージ)カプコンカップコロナのため、ツアーがなくなり、全世界地域居住者のみでオンライントーナメントをしてその優勝者のみがでられる形式に変更されてしまった。サッカーワールドカップみたいに実力で言うとヨーロッパ南米の方がもっと強い国はあるけど枠の関係である程度世界まんべんなく出る感じに変更されたのであるしか過去の強さの優先枠とかそういう考慮は一切無かったため、日本勢は最大2名しか出られなくなってしまった。格闘ゲーム基本的日本勢が圧倒的に層が厚く、毎年カプコンカッププロツアーが終わると最終的に出場者32名の半分以上は日本人選手となる。それが今年のルールでは最大2名である東アジア大会のため、韓国台湾の強いプレイヤーが勝った場合はそこからさらに減ってしまう。

(キャラ相性が極端でなければ)トップ層の対戦は勝率50-55%程度に落ち着くため、はっきり言ってトップ層の短期トーナメントじゃんけんとかわらないということも言われたりする。ウメちゃんは去年もぱっとしなかった(カプコンプロツアーが始まって以降、初めて一年通してプロツアーで優勝が一回もなかった)ので、今年のカプコンカップは全体的にレベルが低くなりそうだしウメちゃんは流石にみれないかなうーん残念と思っていたら、昨日は危なげなくtop8にのこり、今日ときどさんをまず倒し、韓国の攻めが強いVelorenを圧倒し、グラビアアイドル倉持由香旦那でありウメちゃんと同じストリームチームのチームメイトであるふ~どを倒し優勝ですよ。優勝ももちろん嬉しかったんだけど、画面をメチャクチャみている反応が良すぎるスーパープレイ連打からウメちゃん優勝です。

連休最後ありがとうウメちゃん

2020-07-14

田澤ルールについて

メジャーリーグベースボールボストン・レッドソックス等で活躍した田澤純一投手が13日、日本独立リーグ BCリーグ埼玉武蔵ヒートベアーズ入団した。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200713/k10012512801000.html


日本歴代3位のメジャーリーグ388試合登板というリリーフ投手としてメジャーリーグで積み上げた数字の割には、日本では知名度が低いだろう。

それは通常、日本スター選手になり満を持してアメリカに渡る選手が多い中、田澤選手日本プロ野球所属した経験が無いかである


田澤ルールというものをご存知だろうか。

日本プロ野球NPB)の選手契約に関するルールだ。

日本ドラフト拒否して直接海外挑戦した場合日本に戻っても高校出身選手は3年間、大学社会人出身選手は2年間、ドラフト指名できない」

というものだ。

プロ野球12球団の申し合わせ事項となっており、通称で田澤ルールと呼ばれる。

これはまさに田澤選手が引き金となって作られたルールであり、本人が希望したとしても、巨人阪神などのいわゆるプロ野球球団にはすぐに入団できないということである

田澤ルールができた経緯

田澤選手は、高校卒業後、社会人野球のJX-ENEOSに進んだ。

JX-ENEOS活躍して評価を高め、複数球団からドラフト1位候補として名を挙げられるようになった。

しかし、ドラフト指名が確実視されていた2008年メジャーリーグMLB)挑戦を打ち出した。アマチュア有望株のMLB挑戦について、当時の球界には一大騒動が巻き起こった。

田澤選手NPBの全球団ドラフト指名を見合わせるよう文書を送付し、バッシングを受けながらも最終的にMLB球団契約した。

これを受けて、NPB球団は事後的に上述のルールを定めたのである

日本人のMLB挑戦

日本人のMLB挑戦自体比較的新しい歴史である

1995年野茂英雄氏をパイオニアとして(ただし、日本人初のメジャーリーガー1960年代村上雅則氏)、その後数々のプロ野球選手アメリカに渡ったが、ルール問題が発生するたびにその都度整備されてきた。

野茂氏のMLB移籍も複雑な話だった訳であるが、長くなるためここでは割愛する。


NPBを経ずにMLBに行こうとする日本選手が現れるのはどんな背景があるのか。

一度NPBに入ってしまうと、原則9年は海外移籍できない。

海外移籍のためのフリーエージェント権利を得るのに9年の1軍登録必要からだ。2軍暮らしが長ければもっと時間がかかる。

原則と書いたのは、ポスティング制度を利用すればそれより短い期間で移籍できるからである

しか球団が認めなければポスティングでは移籍できないので、海外フリーエージェント権を得ない限り移籍自由保証されない。

MLBに挑戦するのが30歳近くなれば、選手によっては全盛期を過ぎていることもある。

数年間日本で実績を積んでMLBステップアップしよう等ということはできないのである

田澤ルール目的

目的は有望選手国外流出を阻止することにある。

日本選手自由海外球団契約できることは、NPBレベル低下につながる。

田澤ルール抑止力として働いていることは間違いない。

しかしながら、「NPBからオファーがあったにも関わらず、それを蹴って海外球団契約されてはNPB面子が立たない。面子を立てなかった選手の面倒は見ない」という裏の声が聞こえてしまうように思えてならない。

一方で日本球団は、チェン・ウェインリン・イーハウなどといった台湾の有望選手を獲得している。

また、昨年には異例中の異例で、2018年MLBドラフト1巡目指名を受けたが契約に至らず、2019年にも再度の1巡目指名確実と言われたカータースチュワートMLBを経ずにNPB入りしている。

田澤選手の今後

今季、田澤選手日本独立リーグプレーすることになる。

ここ数年の田澤選手アメリカでもマイナー暮らしで、力は落ちてきていると見られる。

したがって、田澤ルールが無かったとしても今の実力でNPBで投げれるかは未知数だ。まして2年後、3年後にNPB球団が獲得する保証はない。

とは言うものの、インタビュー記事からすると、田澤選手自身もこのルールには従っている。

しかし、将来の選手のためにも、このようなルールが少しでも変わっていくことを願っていることも事実のようだ。

https://full-count.jp/2020/07/14/post829635/

田澤ルールは田澤選手が渡米した事後にできたルールから、田澤選手には適用されないのではという説もある。

もっとも、NPB球団が田澤選手ドラフト指名する動きが無いため表面化していないが。

NPBルール検証

レベル報酬の面でNPBMLBに敵わない以上、アマチュアプロわず今後も多くの選手MLBを志望するだろう。

しかし、この田澤ルールについては、大物アマチュア選手MLB志望を口にすると、たびたび話題にはなったものの、深い議論には至らず置き去りになっているように思える。

この年数はアマチュア選手にとってどんな心理的影響を与えるのか。年数を変えたらどうなるのか。

同じ目的を達成するのに、他の手段ではダメなのか。どうしてもこのルールである必要があるのか。

議論を重ねた上で、最終的に結論は変わらないかもしれない。しかし今はまだその議論がなされていない。選手契約移籍に関する問題は発展途上だ。

NPBにおかれてはこの田澤ルールが本当に妥当なのか、今一度検証されたい。

2020-03-13

スポーツってなんだろう

2週間ほど前になるか

スポーツを見下す野田秀樹演劇人傲慢さに批判殺到

https://togetter.com/li/1476399

というまとめを見た。

このまとめそのものじゃないかもしれないけどおおよそこういう内容のまとめ。

で、ちょっともやもやしたのだけどスポーツってなんだろう。

スポーツに観客がいる意味ってなんだろう。

無論経済的な側面は無視できない。演劇スポーツ関係なくエンタメというのはそれを見ることに価値を見出す人間がいなければそれを生業とすることはできない。

それは当たり前だと思う。

でもそれそのものジャンルとして行為として「成り立つ/成り立たない」という話であればやはり誰も見に来ない演劇と誰も見に来ないスポーツのどちらが成立し得るのかといえばやはりスポーツの方が観客なしでも成り立つものだといえるだろう。

そもそもスポーツにおいて大事なのはなんだろうか。

周りの観客と盛り上がることだろうか。

試合を見に来てるんじゃないだろうか

モチベーション大事というのは認めよう。体調とか気分というものはどうしてもある。

でも応援で、それも「無い」ことで左右されるモチベーションってなんだろう。

しろないことで集中できると考えた方が自然なのではないだろうか。

何かのスポーツでも、あるいは学校勉強でもいい。静かにしているなり好きな音楽ラジオを聞くなり、一定の不動のペースが存在している方が集中できたんじゃないだろうか。

自分もそう多いといえるわけではないがスポーツ観戦は現地・テレビわず何度かしたことがある。

その中で一番楽しかった観戦の経験といえばバイアスロン2010年バンクーバーオリンピックのこと。

もちろん現地ではない。

たまたま友人宅でテレビを見ていた折、チャンネル回しをしているとバイアスロンをしている専門チャンネルに当たった。それだけのことだった。

正直に言うとバイアスロンという競技を初めて知ったのもこの時だ。当時ルールも知らなければ(おそらくいなかったと思うが)注目される日本人選手なども知らない。

あれがリアルタイムの中継だったかどうかも覚えてはいない。

多分男子スプリントだったと思う。

現地に応援ほとんどいた記憶がないし実況も控えめだったと思う。かなり淡々としていた。

それを数時間眺めるのが物凄く楽しかった。手に汗を握って友人と無言でみつめてしまった。


書いてる途中でここのコメントをみかけた

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1476399

見下してるわけじゃないだろうと思ってるのは自分だけじゃないと確認できたのでよかった。

これを見たらなんだか溜飲も下がってしまったのでここまでに吐き出せたことだけで終わりにしたい。

ここまで付き合ってくれてありがとう

あと、直接関係ないけど

スポーツイベントのように無観客で成り立つわけではありません。」

という表現はただの事実、少なくとも野田氏の主観における事実であって蔑む表現は見当たらないし見下しと感じるはほとんどストローマン論法じゃないだろうか。

2019-12-13

日本大会中止に見るONEにおける現状の日本位置に関して思う事3

日本大会中止に見るONEにおける現状の日本位置に関して思う事1】

https://anond.hatelabo.jp/20191213200434

日本大会中止に見るONEにおける現状の日本位置に関して思う事2】

https://anond.hatelabo.jp/20191213200448


(つづき)


話が大分脱線してしまったので元に戻すが

ういういろんなことが原因で

限られた日本人枠数に対して選手数だけが増えてしま

試合間隔が長くなりすぎて

流れがいちいち途切れるのである


あの選手随分もう試合してないなあ?という感じの選手ばかり

前の試合どんなんだっけ?状態である


ある程度実績があり完成されている選手はそれでもまだいい

しかし発展途上の選手はそれではまずい

せめて年に3~4試合はしたい


特に平田選手を見ていて思うのだが

ポテンシャルが高く若い選手は成長の度合いも速いので

トントントンっと試合をさせてあげるだけで

成長度合いが手に取るようにわか

見ている方も面白く興味を持って見続けられる

しか平田選手は現状そういう環境を与えられていない

時間が空きすぎて毎度単発試合感で成長の度合いがよくわからない

対戦相手もまだ弱い相手ばかりということもあるが

だったら尚更もっと短いスパン試合をさせてあげたい

デビューからもう一年つの

未だに平田選手MMAの実力度や全体像がよくわからない

まだ全てを出せていないし全ての局面を見れていないので

本人も自分の実力を測りかねている

このままでは彼女の成長が遅れる

気が付いたら大して試合もしていないのに歳だけ取っていた

かいう恐ろしい状態になりそうで怖い

この一番の伸び盛りなのに

増えるのは経験ではなく入れ墨の数ばかり



みんなONEだったら自分でも活躍できるんじゃないか

甘い汁を吸おうと集まってきたもの

選手の育ちが遅く魅力的な選手も出てこない


「まだこの体制になって一年程度だよ

 これからだよ

 あせりなさんな」


そんな声も聞こえてきそうだが

そんな呑気なこと言っていて大丈夫ですか?


チャトリはしたたかなので面と向かって口にだしては言わないが

カードの編成や大会の数でちゃん評価を下してくる


ONE慈善事業団体ではない

しろ投資家に支えられている分普通企業より結果にシビア


これまで理由も分からず対価に見合わない過分な報酬をもらって

それが当たり前だと浮かれていたなら考えを改めなければならない


ONEレベルの低い選手にも大枚をはたくのはあくま投資から

理想とか夢とかそんなきれいごとだけでONE日本に近づいてきているわけではない

それはあくま大義名分


ONE営利企業

金が儲かるかどうかが全て

そうでなければあんなに投資は集まらない

投資家格闘技理想郷を求めて慈善投資しているはずがない

お金儲けのために投資しているのである



そして多くのONEに参戦している選手

そしてこれから参戦しようとしている選手達に言いたい

特に若くまだ社会の厳しさを知らない選手たちに言いたい

これを見ても分かるように

https://togetter.com/li/1441534

当初おいしい話ばかり並べていた大人たちが

全員ここにきて180度言うことが変わってきた


そして話が違うと詰め寄ると必ずこういうはずだ


人生変えれるかは自分次第」

https://twitter.com/Tribechonan/status/1114320999187509250

「格闘界は学校じゃねえんだぞ」

https://twitter.com/long_goodbye/status/1204092621552930816


こういう大人のやり方が正しいとは思わない

こいつら汚いと罵倒するのもいいだろう

しか罵倒したところでこの人たちは何もしてくれない


からこそもう一度しっかり考えてほしい

ONEに行けば簡単お金がもらえて試合もできるわけではないということを

バブルははじけた

今年のような待遇を今後もONE約束させるには

それ相応の見返りがONEにもないとこれまでのようなおいしい話はないのだと

市場という意味では日本はもう人口が減るだけなのでどうやっても価値はない

もし同じレベル日本選手中国人選手がいたとして

どちらか一人しか試合に出れないとしたら

当然ONE市場が魅力的な中国人選手を優先する

これはビジネスである

実力だけで正当に評価されていないとか泣き言は通用しない

いろんな要素があって優劣が決められていく

だとしたら

選手たちのパフォーマンスの魅力でそれを上回るしかないのである

スタートの時点で既に日本人は市場の魅力の無さゆえに

他の新興国よりもハンデがあるのだと肝に銘じておかなければならない

日本選手試合は他の国の選手よりいつでも誰の試合でも面白いね

是非また見たい」

と言わせるしかないのである

それは並大抵の努力ではできない

その覚悟自覚がある選手けがONEに参加する資格があるのだということを

日本人の評判を下げるだけのつまらない試合しかできない選手

他の日本選手の足手まといになるので排除されなければならないということを

常に頭の中に入れておく必要がある



(おわり)

日本大会中止に見るONEにおける現状の日本位置に関して思う事1

8月に日本オリンピックがあるから4月の大会を延期するという

正直こじつけしか感じない延期の理由


http://mmaplanet.jp/98945


オリンピックが急に決まったわけでもないのに今更感


というか普通逆では?

オリンピックで賑わって世界が注目している今こそ

売り込むためにも日本大会を開きたいというのが普通思考

オリンピック特需の今こそチャンスであり

五輪ロスを考えたらオリンピックの後に開催するリスクの方が大きい


日頃格闘技の普及を口にするチャトリだからこそ

オリンピック正式種目にMMAを!」

くらいぶち上げてプロモーションしてもよさそうなものなのに

今回そのチャンスをみすみす逃した


ONEにとってそのくらいにしか日本開催に大して魅力や価値を感じていないということなのであろう


オリンピック以降にリスケということは

もともと日本大会は年に二回と思っていたので

実際はリスケではなく4月の日本大会の中止ということなのでしょう


8月以降に無理やり二大会押し込むことも無理ではないかもしれないが

インターバルなさ過ぎて薄い興業になるだけ

五輪ロスの懸念もあるし未確定要素が多すぎる

特に日本ONE運営青木ダメだしされるほど評判が悪いので

そんな運営に短いスパン日本大会を仕切れるとはとても思えない

リスクしかない


今回の日本大会中止を見ても分かるように

今年の10月の日本大会台風の影響があったことを考慮に入れても

まり芳しい結果ではなかったということが容易に想像できる

それでここにきての大きな方向転換

ここ最近日本人の試合数減を見ても

ONEにおける日本重要度が下がっていることは否めない



百歩譲って中止の理由がそういう理由ではなかったとしよう

一部で埼玉スーパーアリーナを押さえられなかったからでは?

との憶測もある

その割に随分と前から関係者

埼玉スーパーアリーナ開催を匂わせていたのは一体なんだったのか?


なんにしても

もしそういう理由であったとしたなら

随分と軽い対応である

歯医者の予約時間取れなかったので今回は諦めた

程度の重さしか感じない


埼玉スーパーアリーナ絶対取るぞ!

という意気込みも

埼玉スーパーアリーナ押さえられなかったけど

日本大会は是が非でもやるべきだ!

なんとかしよう!

という気概も感じない


これまで見てきてONEはどうも時々やることがラフなことが見受けられる

エラートライはいい加減さを正当化する随分と便利な言葉ではあるが

ひょっとして放漫経営になってやいやしないか

と疑いたくなるようなお粗末さが時々垣間見られる


しかしま普通に考えたら過去日本大会大会の結果から

採算が取れなさそうなので止めた

ということでしかないのであろう

それをそのまま言うと大ごとになるので

なにかそれっぽい言い訳はないかと考え

オリンピックがちょうどあるのでそれをこじつけたのであろう

だとするとオリンピック後も本当に開催されるのか結構怪しげだなと

思わざるをえない


だとしたら本当はこの一年日本人は勝負に出なければいけなかった

ONE日本市場に参入したいがために

日本特別扱い優遇してくれる時に結果を出しておかなければならなかった

しか一年たって今年印象に残っている日本選手をあげろと言われたら

正直青木くらいしか印象に残っていない


日本大会をやるとして

メインイベンターを任せられそうな選手がいまだに青木しかいない

メインカードにすら日本人が入れるかは怪しいのが現状


和田選手若松選手のように

「負けたけどDJとそこそこやれた俺凄い!」

ではちょっと寂しい


新しい戦場に来たばかりでDJも馴染むのに時間必要だし

こっちはDJを知り尽くしているが

DJはこっちを全く知らない初手合い

なのでDJ最初は様子を見るしある程度こっちができるのは当たり前


かと思うと一本極めきらない塩試合で満足してしまっている上久保選手


じゃあUFC上がりのベテラン秋山選手岡見選手をつれてきたもの

やっぱり賞味期限切れは否めない


三浦選手平田選手女性陣はまだまだこれから


修斗パンクラスから大量にチャンピオンを独占してはみたもの

どの選手インパクトは与えられていない


キック勢も大して振るわない


大沢さんは身内びいきが過度なのが気にかかる

やたら猿田選手をまたベルトに挑戦させたがるが

世間的にはパシオvs猿田は完全決着がついている

記録上は1対1のイーブンに見えるが実質は猿田選手の二連敗だ

一回目の試合猿田選手が判定勝ちだがチャトリから物言いがつき

再戦してのKO負けでやっぱりパシオの方が強かったね

で話は完結している


パシオと再戦したいならもう一回一から実績積み直してこないとおかし

そこまで面白い試合内容だったわけでもなく

ファンもこう短いスパンで何度も猿田vsパシオを見たいとは思っていないだろう


その結果今年のONEを振り返ると

あれだけ日本人が出場したにもかかわらず

この選手になら乗れる!という選手が一人もいないのである

みんな「頑張ってはいるんだけどねえ。。。」である

一年以上やってきてワクワクする選手が一人も生まれていない

これはかなり重症といわざるをえない


この一年見てきて本当にONEに出場している日本選手には危機感がない

青木選手一人を除いては

出場できてお金がもらえることが当たり前だと思っていて

しろ浮かれている選手ばかりに見える


それと基本的ONE関係者自画自賛が多すぎる気がする

凄くもないのにすげー!すげー!とすぐ言うし

やばくもないのいやべー!やべー!と軽々しく言う

萎えるだけなのでやめてほしい


もうちょっとちゃん客観的に厳しい意見が言えるご意見番必要

青木選手結構まともな意見を言ってくれてはいるが

現役選手ではなくて第三者ちゃん客観視できて

説得力のある物言いができる人物必要

今のONE周辺の関係者にはそういう人がいない


これだけ危機的状況なのだ

「今回中止になって日本人の枠がちょっと減るかもしれないけど

 オリンピック後の大会でまた頑張ればいいさ」

くらいに軽く考えている選手がいそう


前途したようにオリンピック後の方が五輪ロスなどの懸念もあり開催にはリスクがある

本当に開催されるかなど蓋を開けてみるまで分からない

から2020年の前期半年選手達は例えそういうマイナス要素があったとしても

日本大会開催にはそれを上回るメリットがあるということをONE運営に印象付けなければならい

しかしそういう危機感を持っている選手があまりいそうな気がしない

青木選手一人を除いては

一体いつまで青木選手孤軍奮闘が続くのだろうか?

他の選手申し訳なくならないのだろうか?


人口減少の一途をたどる日本市場としてはもうおいしくない

そんな儲からない市場一生懸命になるより

将来性を考えたら中国インド市場の方がはるかに魅力的

だとしたら日本にかけているリソース中国インドに集中した方が全然賢いのである

まり現状いつONE日本市場撤退しても何も不思議はないのである


(つづく)


日本大会中止に見るONEにおける現状の日本位置に関して思う事2】

https://anond.hatelabo.jp/20191213200448


日本大会中止に見るONEにおける現状の日本位置に関して思う事3】

https://anond.hatelabo.jp/20191213200532


2019-12-05

安倍総理退陣したら東京オリンピックはどうなるの?

審判を買収して日本に有利な判定をさせたり、

ドーピング検査日本人選手だけ甘くしたり出来なくなるじゃないか

2019-11-01

anond:20191101031941

カンボジア国籍の芸能人東京の方が自分が有利になるつってたな

暑いのは得意な方だし、暑いレースが荒れるから自分のような底辺でも上に行けるかもしれない的な感じで

日本人選手暑いのが得意な人が多いらしいね

となるとマスコミ的にはその方がメダル狙えて盛り上がるという目測もあるのかな

それで多数が棄権する事態になろうと日本人選手メダル取れる方が大事なんだろうな

2019-09-21

anond:20190921015549

日本テニス協会が育成に力を入れたという事実はある。

大坂本人もそれは恩義に感じているので、日本人選手としてプレーすることを選んでいるとか。

2019-09-20

からも左からも嫌われる行為を考えた

オリンピック会場で日本人選手応援時に大きな朝日新聞の旗を振り回す。

・「NHK国民が守る党」(通称N国)を結成。NHKの集金人に「立花孝志の分も僕が払います」と2世帯分以上の受信料を払おうとする。断られても押し付ける。逃げようとする集金人を追いかけ、それをユーチューブ配信する。

・家の近くの普段誰もいない神社看板勝手靖国神社に書き換え、東条英機の命日等に参拝。

慰安婦像の隣に座って肩を抱く。更に抱きつく。キスをする。慰安婦像の前で全裸になる。

…他にもアイデアがあれば教えてほしい。

2019-07-29

anond:20190729145846

日本人選手は肘が痛くてもしばらく我慢するけどアメリカ選手はわりとすぐ手術に踏み切るとかなんとか。

張本さん

昔、日本人選手メジャーに行くのに批判的だったけど、あれって若者自分より業績上げるのがいやって心理の表れなんだろうな。

2019-05-28

anond:20190528120209

ヘビー級とかだと迫力あって違うんだけどな

それか奇抜なスタイル

でもミドル以上で世界通用する日本人選手なんてなかなかいないし

奇抜なスタイルハメドをパクり損ねたピエロみたいなのばっかだしなぁ

2019-05-13

ジャップ同胞判定厳しすぎるだろ

血筋は半分日本人日本語ペラペラでも「日本人選手」じゃなく「日本選手」なんだよな

日本人選手世界と戦うのは応援するのに日本兵世界と戦ったら非難する奴はなんなの?

ツンデレってやつ?

2018-11-01

anond:20181101223701

違うね

2つ勘違いがある

まず百歩譲って差別言うなら日本人差別

外人の方が日本人より上って考えのもと有利にならないように制限してるから

次にそもそもあれは関税とかと同じ考え

子供の時から日本人選手を育成するためだよ

外人で埋まってたらプロになれないし目指さないからな

2018-09-10

逆の立場で考えてみる

東京柔道世界選手権をやってて、金メダルがかかった試合日本人選手外国人選手が戦ったとする。

審判日本人選手にばかり厳しく指導を取って、3回目の指導相手に「技あり」が加えられ、直後に相手の「技あり」が決まり合わせて一本。

こういう状況になったら、絶対日本国民マスコミも「あの審判おかしい」「買収されてるのか」という声で埋め尽くされるだろう。

ましてや選手自ら「あの判定はおかしい」と声高に叫んだとしたら。柔道界の重鎮まで声を揃えて「あの判定はおかしい」と言い出していたら。

こう考えると、世界中どこの国にもありそうな「身内びいき」を今回はアメリカ人がやってるだけに思える。

差別だ何だというのはあと付けで、結局のところはアメリカ人自国スターが負けたのが悔しくて仕方ないんじゃないの?

2018-07-30

anond:20180730000936

バブルだったら数年間も続かないが。

LoLなら韓国ヨーロッパの方がレベルが高いものの、日本語の実況・解説及び日本人選手需要があるため、国内リーグは安定している。

メジャーリーグより高校野球が好きみたいなもん」と揶揄されてるが、現に定着しつつあるのだから心配するな。

2018-07-24

日本国籍黒人メダルを取っても日本人ではなく黒人が凄いだけ

のような反応を大多数の日本人が示すことになるんだろうな。

黒人日本人選手オリンピックで今まで日本が取ったことのない競技メダルを取ったとして。

日本人メダルを取る意味は、明らかにまれつきフィジカル弱者チビガリアジア人が、その中でも最も神に愛された肉体を持つ個体見出して鍛え上げて、

それでも足りずに、マラソンのような勝ち目のある競技に狙いを絞ったり、バトンパスのようなチームプレイを極めたり、ルールの隙間を突くような道具やフォームを編み出したりして、

フィジカル強者黒人白人に知恵と努力と絆で勝つところにある。

黒人日本代表として勝ったところで生まれつき恵まれた肉体を持った者がそれゆえに勝ったというだけのことで、

大多数のチビガリアジア人に過ぎない日本人はそこになんの共感も感動も覚えないだろう。

「金メダリストが凄いのであって、たまたま同じ日本国籍なだけのお前が凄いわけじゃないんだぞ?」

と腐したがる人々は、短距離走日本に初の金メダルをもたらした黒人選手へ大多数の日本人が冷めた目を向けるのを見て深い満足を抱くのだろうか?

最近日本人異人種選手活躍を見るに、最短で次の東京オリンピックで、実際に世間がどういう反応を示すのか見られそうで、ちょっと楽しみにしている。

2018-06-01

anond:20180601131030

ご存知かどうかわからんが、韓国サッカー選手日本人選手との対戦で(おそらく侮辱意味で)目を横に伸ばすジェスチャーをしたわけよ。

でもそれってアジア人に対しての侮蔑表現で、差別表現を実行する意識の低さはもとより、何て考えのないやつだ、と呆れたわけよ。

日本人ジャップ使用はそれに近い感じ。

2018-05-31

サッカー日本代表」の〈幼年期≒高度成長期〉が終わった後の世界

世界最高峰ヨーロッパトップリーグで優勝するチームの主要メンバーである、という

大昔の奥寺ぐらいしかいない偉業を成し遂げても、今では誰も大騒ぎしない。

日本サッカー」に対するファン意識が変わり、「サッカー日本代表」への要求の高さも変わった。

勝てば監督の功績、負ければ個人能力の足りない(くせに勘違いしている傲慢な)選手責任

監督の崇高な戦術理解出来ない「日本人脳」の責任だとでも言いたげな、出羽守チックな

サッカー日本代表」への逆風は、ワールドカップ(WC)に初出場して以来、初めてではないだろうか。

WC外国人監督の下で戦ったのはトルシエジーコザッケローニの3回だが、前述のような

『勝てば(外国人)監督の功績、負ければ(愚かで傲慢な)日本選手協会責任』というような

風潮は、3人の外国人監督の時でも無かったし、当然ながら岡田監督の時にも無かった。

ニワカではあるけれどJリーグ創設の頃からサッカー日本代表」をゆる~く眺めてきた自分には、

「驚いた」としか言いようがない初めての経験だ。

南アWCの時の岡田場合は逆で、『負ければ監督協会責任、勝てば選手の功績』だった。

グループリーグ突破した事で、『選手が大スター扱い』され始めたのは、皆さん、ご存知の通りだ。

サッカーというスポーツ日本において草の根に定着し、「サッカー日本代表」より、自分が贔屓にしている

クラブチームの成績を重視し一喜一憂する、というサッカー先進国では普通?の状態日本がなったのだ。

中年ノスタルジーで「昔の日本代表は良かった」と、アジアでも弱小国だった頃を美化しても生産性に欠ける。

『数年後(未来)の代表の方が現在日本代表より強くなるし魅力的なサッカーをしてくれる』という

楽観的な気分が共有されていた?「右肩上がり幸福な時期」は終わり、「頭打ち」の状態が続いている。

ハリルホジッチには何の期待もしていなかったが、彼の考える「日本代表」の戦いを見たかった。

自分アギーレに期待していたが。個人的には4年前のブラジルWC惨敗希望は失せたままだ。

特定選手の反逆とかスポンサー圧力とかは、海外代表でも見かける事だし、誰が勝とうが大きな

しこりが残るのは間違いない。ただ、『勝てば監督の功績、負ければ選手責任』というスパルタ

シバキ上げの風潮の下で、責任感と喜びを持って戦えるプロ選手は、ロボットでもないかぎり、少ないだろう。

西野JAPANは『監督へも選手へも協会へも期待値ゼロ』という未知の世界へ踏み出した初の代表だ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん