「ドリランド」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ドリランドとは

2019-03-05

anond:20190305134319

ドリランドが、日本における「ソシャゲー=ガチャゲー」という道筋を作った切っ掛けのゲーム、あるいは戦犯

2018-08-13

GREE

TwitterのTLに懐かしい携帯ゲーム画像が流れてきた

なんでもウン周年の記念イベントで、普段ガチャ諭吉を積まないと手に入らない

レアモノ何十種類ものから一つ無料で手に入るということをやっているらしい

三、四年ぶりくらいにGREEログイン

懐かしさすら覚えるポチポチゲーに一通り触れた後

ふと今はどんなゲーム流行っているのだろうとランキングボタンを押した

ハコニワドリランド釣りスタクリノッペ

スマホなんてものはまだなくて、折り畳みの携帯電話を持っていた頃からまるで変わっていない!

GREEは未だ平成中期。その頃にタイムスリップしたい人にオススメ

2017-10-14

童貞は恥ずかしい」って価値観をいまだに持っている人って恥ずかしいよね

フェイスブック流行っているのに「ネット実名投稿とか恥ずかしい」と言ってる人の事を思い浮かべてみて?

何こいつ何で十年以上前価値観をいまだに持ち歩いてる馬鹿なんじゃないって思うでしょ。

童貞恥ずかしいブームなんて時代の先端ではとうの昔に廃れているのに、時間感覚おかしくなった老人だけがいまだにそれが続いてると思いこんでる。

言ってしまえば「若い子の間ではドリランドっていうのが流行っているんでしょ?おじさん詳しいんだよ」と同じレベルですね。

おっさん時計止まってるよ。

早く気づいて。

せめて、自分時計が止まっていることを自覚して。

2017-04-05

ドリランドのことも思い出してあげてください

2016-12-11

http://anond.hatelabo.jp/20161210104115

こういう話題が出る度ミリマスのことが心配されるけど、あれ、売上的にもDAU的にもあんま大したことないんだよね。

規模的には釣りスタとかドリランドのほうが桁1個位上です。

2016-11-27

welqについて答え合わせをしてみる

welqへの批判が前提としている大半の推測が間違っていてフラストレーションたまっていたところに比較的まともな論考が来ていて思わず答え合わせの増田書きたくなりましたので書いてみます。とはい基本的公開情報とそこから推測できることだけしか書きませんが。

記事製造過程お話、またmeryの劣化コピーやったのかという感じです

こちらの内部告発エントリ

元welqライターから告発

http://cwhihyou.exblog.jp/24972121/

おおむね記事生成過程はあっている、というか、だいぶ形だけ真似したんだな(それでも検索結果を占有できるSEOって怖いな)と思いました、

ちょっと話しは遠回りになりますが、キュレーションサービス形態の中でmeryを位置づけてwelqがどう劣化コピペになったのかを語りますね、

キュレーションサービス(笑)って、実は単に客数多いから純広告出してね、ちうビジネスで、客の集め方は3種類あると思っております

ちなみに医療情報問題でいうと、こちらの方がより野放しでヤバイんですが、医療と銘打ってないだけで許されている感じがします。

量産の手法ですが、

という感じです。流石に全方位で記事は量産できませんし、引用して問題なさそうなDBを作ったりするにはカテゴリ特化が必要、ということでカテゴリ特化型のサイトになります

ココでMeryが賢かったのは、ファッションというジャンル適当文章を繋いでウソっぱちの内容が出来たとしても大半の人には実害が無い)選択だと思います。これにSEOの腕が加わって一大勢力を築きまして買収と相成ります

ここでwelq(というか、買収したiemo, Find-travel以外の全DeNAパレット)がどうしくじったかというと、カテゴリ引用元DBの精査をしなかったというところだと思います。welqだって、信頼できるac.jpドメイン記事とかだけをソースにさせて指示してれば、むしろ立派な読みやすい導入記事サイトとして褒められて客も集まったでしょうに…

DeNA戦略お話、そこまで戦略的じゃないよ

こちらの見解ですが

Welqが席巻するSEO界隈と、DeNAコンテンツ戦略、そしてその行く末に思うこと。~DeNA Palette編~

http://nagaregoto.com/dena-palette-seo

要旨はこんな感じかと思います

が、前者はそんなことはないんですし、後者は無理だってのは経験上分かるはずなんです。

前者ですが、DeNAパレット作戦を練る段階で調査チームは、市場規模金額人口)だけしらべて並べて上位から手を付けていたらしいです。

ちょっと聞いた話ですが、調査チームから相談された人曰く、

だそうで。

たぶん

  • Meryと同じもの横展開すれば客数集まってウハウハじゃね?
  • AdNetwork的な広告で繋げば一大媒体の完成じゃ!

くらいのテンションでしょう。決算とかでも重複ありで各媒体ユーザ数だしてますからねぇ。

広告主がまともな感覚あれば、重複とか気にして出稿しないと思うんですが、広告屋なんて露出しか考えてないので(広告代理店にいる人の能力をみれば効率を1.5倍にするより、露出を安く買いたたいて1.5倍稼ぐ方が楽ですからね)これでもなんとかなってしまったってのも結構問題だと思います

そして後半、ホワイト化をMeryの素材リッチ化をソースに述べられてますが、たぶんあれは儲かったから素材の予算が増えただけじゃないかと。

第一、一度ダークなイメージが着くとぬぐえないのはDeNAが1番よく分かっているはずで、

とこれだけ経験があるはずなのに。

ライフサイエンスは、わざわざ別会社にして東大医科研と連携し、論文読み専用の博士号持ちも5人以上雇って沢山論文読ませたり、自動車自動車でちゃんと国交省とかに事前に根回ししながら共同所有という形態を黙認させたり、とかしていたんですが…

ベイスターズ横浜ベイスターズとしてファンサービスを愚直にやりきり、チームもようやく強くなってきたんですが…

というわけで、あとからホワイト化なんて無理です。

なんでバカやったんでしょうね、ほんと腹立たしいです。

ましてやネット関連でガセを沢山流す永江一石の飯の種にされてしまうあたりが1番腹立たしいわい…

welqについて答え合わせをしてみる

welqへの批判が前提としている大半の推測が間違っていてフラストレーションたまっていたところに比較的まともな論考が来ていて思わず答え合わせの増田書きたくなりましたので書いてみます。とはい基本的公開情報とそこから推測できることだけしか書きませんが。

記事製造過程お話、またmeryの劣化コピーやったのかという感じです

こちらの内部告発エントリ

元welqライターから告発

http://cwhihyou.exblog.jp/24972121/

おおむね記事生成過程はあっている、というか、だいぶ形だけ真似したんだな(それでも検索結果を占有できるSEOって怖いな)と思いました、

ちょっと話しは遠回りになりますが、キュレーションサービス形態の中でmeryを位置づけてwelqがどう劣化コピペになったのかを語りますね、

キュレーションサービス(笑)って、実は単に客数多いから純広告出してね、ちうビジネスで、客の集め方は3種類あると思っております

ちなみに医療情報問題でいうと、こちらの方がより野放しでヤバイんですが、医療と銘打ってないだけで許されている感じがします。

量産の手法ですが、

という感じです。流石に全方位で記事は量産できませんし、引用して問題なさそうなDBを作ったりするにはカテゴリ特化が必要、ということでカテゴリ特化型のサイトになります

ココでMeryが賢かったのは、ファッションというジャンル適当文章を繋いでウソっぱちの内容が出来たとしても大半の人には実害が無い)選択だと思います。これにSEOの腕が加わって一大勢力を築きまして買収と相成ります

ここでwelq(というか、買収したiemo, Find-travel以外の全DeNAパレット)がどうしくじったかというと、カテゴリ引用元DBの精査をしなかったというところだと思います。welqだって、信頼できるac.jpドメイン記事とかだけをソースにさせて指示してれば、むしろ立派な読みやすい導入記事サイトとして褒められて客も集まったでしょうに…

DeNA戦略お話、そこまで戦略的じゃないよ

こちらの見解ですが

Welqが席巻するSEO界隈と、DeNAコンテンツ戦略、そしてその行く末に思うこと。~DeNA Palette編~

http://nagaregoto.com/dena-palette-seo

要旨はこんな感じかと思います

が、前者はそんなことはないんですし、後者は無理だってのは経験上分かるはずなんです。

前者ですが、DeNAパレット作戦を練る段階で調査チームは、市場規模金額人口)だけしらべて並べて上位から手を付けていたらしいです。

ちょっと聞いた話ですが、調査チームから相談された人曰く、

だそうで。

たぶん

  • Meryと同じもの横展開すれば客数集まってウハウハじゃね?
  • AdNetwork的な広告で繋げば一大媒体の完成じゃ!

くらいのテンションでしょう。決算とかでも重複ありで各媒体ユーザ数だしてますからねぇ。

広告主がまともな感覚あれば、重複とか気にして出稿しないと思うんですが、広告屋なんて露出しか考えてないので(広告代理店にいる人の能力をみれば効率を1.5倍にするより、露出を安く買いたたいて1.5倍稼ぐ方が楽ですからね)これでもなんとかなってしまったってのも結構問題だと思います

そして後半、ホワイト化をMeryの素材リッチ化をソースに述べられてますが、たぶんあれは儲かったから素材の予算が増えただけじゃないかと。

第一、一度ダークなイメージが着くとぬぐえないのはDeNAが1番よく分かっているはずで、

とこれだけ経験があるはずなのに。

ライフサイエンスは、わざわざ別会社にして東大医科研と連携し、論文読み専用の博士号持ちも5人以上雇って沢山論文読ませたり、自動車自動車でちゃんと国交省とかに事前に根回ししながら共同所有という形態を黙認させたり、とかしていたんですが…

ベイスターズ横浜ベイスターズとしてファンサービスを愚直にやりきり、チームもようやく強くなってきたんですが…

というわけで、あとからホワイト化なんて無理です。

なんでバカやったんでしょうね、ほんと腹立たしいです。

ましてやネット関連でガセを沢山流す永江一石の飯の種にされてしまうあたりが1番腹立たしいわい…

2016-11-05

もしもポケGOグリーが作っていたら

ドリランドGO!でもなんでもいいんだけど、もし仮にポケモンGO!的なゲームグリーが作り出して、かつなんかの拍子で世界的大ブームになったとして、今回のような「プレイしながらの交通事故」が起きたら、おそらくほとんどの人はグリーを叩いてると思うんだよね。ブコメなんてグリー対応の悪さを必死に叩く場になってると思う。

ポケモンGO規制問題でもやっとするのは、ポケモンGO!が「ポケモン」や「任天堂」に紐付いているか批判しない、批判する人を馬鹿扱いする、って人が結構いるような気がするから。それだけ任天堂が愛されてるってことでもあるんだろうけど、愛と責任は別の問題だと思う。

ブコメでポケGO批判批判してる人達は、もしも運転中のドリランドGO!が原因で事故が起きたとしても、決してグリーを叩かないと自信を持って言えるのだろうか。

2016-07-31

ポケモンGOvsソシャゲという構図は存在しない

なぜならポケモンGOソシャゲからである

反論A「はい残念。ガチャがないから違いますブッブー」

そんなことはない。

ポケモンGOにはガチャがある。

そもそもランダムで出現するポケモン自体が既にガチャなのだ

少なくともガチャと同等の何かがそこにある。

反論B「違います~~課金ガチャじゃない時点でソシャゲじゃないです~~」

ならば逆に問う。

艦これソシャゲではないのか?

あれもまたガチャ一見無いように見えて実はあるというタイプゲームだ。

艦これはブラゲであるという逃げ口上を吐くのは結構だがそれは敗北宣言と同じだと気づいて欲しい。

反論C「ポケモンGO引きこもりを歩かせてるから凄いんだぞ家でマウスカチカチの艦これとはぜんぜん違うぞ」

コロプラという会社を知っているだろうか?

あの会社が出しているゲームには位置ゲーガチャゲーが沢山あるがその中にはスタプラのような位置ゲーかつガチャゲーという物もあるのだ。

位置ゲーであるならば引きこもりは外に出るという事だし、ガチャゲーである以上それらは明確にソシャゲだ。

まり引きこもりを外に連れ出すからという言葉によって『ポケモンGOソシャゲ』という図式にすることは不可能なのだ

わかっていただけだろうか。

ポケモンGOソシャゲである

からして「ポケモンGOソシャゲ駆逐した」等という言葉は世迷い事なのだ

ただ新しいソシャゲ既存ソシャゲから客を奪っただけのこと。

パズドラの登場がドリランド過去にしたのと何の違いもない。

そこを勘違いしてポケモンGOソシャゲ打倒の救世主として持ちあげるようなお馬鹿な発言は謹んでいて欲しい。

笑いすぎて私の腹筋が8つに割れしまうからね。

2016-01-13

グラブ騒動について

ドッドッドリランド〜♪ とか言ってたころ、「ソーシャルゲーム」って言葉がまだ定着してなかったころのモバゲーとかグリーとかって

トラック運転手やキャバクラ嬢とか無教養下層階級暇つぶしって言われて蔑まされてたよな

あのモバゲー馬鹿にしてた連中がいまやチンポをバッキバキに怒張させながら連日連夜グラブってるわけじゃん

サイバーエージェントなんてネットじゃ馬鹿にされる企業の筆頭だったし

オタク、どうかしてる

オタク、かっこ悪い

オタク、死んでよ

2015-12-25

http://anond.hatelabo.jp/20151225183231

そりゃ作中に重要人物として中居くんが登場して今後も関わってきますとかならともかく、たかCMじゃん

TOKIOがドwドwドリランドwって言ってるようなもん

2015-08-08

ドリランドの思い出

数年前、GREEの『探検ドリランド』という携帯ゲームに熱中しており、多少、絵心のある私は、ゲームとは全く別の部分、コミュニティーのなかで似顔絵ドリランド風に描くよ、といってゲーム通貨商売し、それを元手に値上りしそうなカードを購入。値上り前に買い占めては転売、値下がりの気配を察知したら少し価格を下げて素早く売り抜けるなどを繰り返して莫大な資産形成した。

ゲームの本筋を一切無視して資産を拡大することのみに注力した結果、およそ二ヶ月程で当時ヤフオクで数万円で取引されていたようなカードを大量に入手し、ゲーム通貨も最早使い切れぬほど貯まった。

飽きてくると「初心者さん限定です☆」など言って高価なカード二束三文で売りに出したが、決まって欲の皮の突っ張った中学生が、自らの熟練具合を偽って我先にと群がってくるので、床にばら撒いた小銭を拾わせるような腐った優越感に浸った。

2014-04-15

GREEはもしかしたら東京オリンピックには存在してないんじゃないか

http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20140411/262770/

ソシャルゲームが没落してるんじゃなくて、ブラウザを使ったゲーム主体からネイティブアプリ主体に移行しているから。パズドラドラクエも全部ネイティブアプリなんだから。で、GREEは未だに、スマホ対応とは名ばかりのクソゲーを量産してる。今ドリランドとかやってみたらクソ臭にビックりするよ。しかも起動させるたびにGREEアカウント認証させられるし、画面重いしで不快感しか生まないっていうのが現状。

まらない、画面が汚い、二重の認証がクソ。これがGREEの3重苦。

ガンホーだって色々言われているとは思うけれど、GREEはそれを遥に下回るクソぶりだ。ガンホー社長が「彼ら(GREEMobage)とは合わない」っていうのはまぁ合ってると思う。

ケムコカルチャーブレーンクソゲーメーカーだったけど、ゲームメーカーではあった。最低限。だけど、GREEゲームメーカーですらない。そんな会社いつまでも儲けていることのほうがよっぽどおかしいだろ。

で、もっとびっくりするのがこの記事。

http://diamond.jp/articles/-/50656

なんと、今年出た記事だ。2012年ごろに出た記事ではない。

1回でもまともに今流行ってるアプリプレイしたなら恥ずかしくてこの記事は書けないと思うけど。アプリインストールするだけならタダでできるんだけど。

もっともそれが「任天堂を倒す方法」なのかもしれないけれど。

取材しろよ。

2014-02-09

http://anond.hatelabo.jp/20140208202909

やってなくてもわかる、ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト (DQMSL) のガチャの敗因と背景くわしいまとめ

  1. 1回500円という値付け
  2. ガチャ確率が低い
  3. 演出の問題
  4. ガチャらないと進めないゲーム勘違いされた
  5. それでもたくさん課金するユーザーがいる

なお、筆者はまだ課金してなかった (課金ガチャログインボーナスと詫びジェム貯めて引いた)

あと、ガチャの是非について。ガチャがあれば他の課金要素をゴツゴツ用意する必要がないことは大きいと思うんだ。

ガチャをやらないと、以前2chで叩かれたGREE無料釣りゲームみたいに「無料の竿だと釣れない。2000円の竿を買ってやっとスタートラインに立てる。しかも竿はたまに壊れる。」とか、「モンスターが仲間になりたそうにこっちを見ている。 →無料で誘う(仲間になる確率10%) →200円で誘う(100%)」みたいなゲーム破壊する要素を沢山入れないと、なかなか基本無料での展開が成立しないから。それだったらもうガチャありでいいよ。改訂前の DQMSL みたいな凶悪なのはやだけど。

かつてのドッドッドリランドとかのような、無課金を客として見てなかった時代と違い、モバグリの魔の手を離れたこととパズドラの影響で課金アイテムが頻繁に配られようになったので、「無料でも遊べるし、足りなければ課金する」という流れができたのはまぁいいんじゃないかなと (ソシャゲ初のガチャゲーであるドラゴンコレクションは無課金でも楽しめたんだけどね。後発はドラコレガチャビジネスだけ真似されて、運営良心はなかなか真似されず、パズドラでモバグリが廃れるまで業界を荒らされまくった)。

さら別に基本無料ゲームが増えたからといって、買い切りゲームがなくなるわけじゃないし。ましてやドラクエモンスターズ3DSリメイク出たばっかだ。

最後一言、わたぼう死ね

2013-02-26

http://anond.hatelabo.jp/20130226094153

ソシャゲやMMOにはRMTがあるからな。

MMOだと言葉通じない中華バイトが狩場荒らしてうざいとか常識

ソシャゲでもRM相場はあって、ドリランドでの取引禁止とか阿鼻叫喚の騒ぎだったよな。(界隈では)

2012-03-07

今日知った豆知識

グリードリランドを一旦はじめると二度と削除できない件【gree

http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1330948515/

86 名前番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です[] 投稿日:2012/03/05(月) 21:40:25.96 ID:Il2rJ+TfO

女子供おまんおまんこ連呼メールすれば退会できるべ。

95 名前番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です[sage] 投稿日:2012/03/05(月) 21:55:04.95 ID:AOEJMYDJ0

>>86

この退会方法を、公式ページにのせるべき。

2012-02-20

http://anond.hatelabo.jp/20120220172738

なるほど。じゃあそいつらはドリランドの件が刑事事件になったら全力で犯人側を弁護するんだな。

http://anond.hatelabo.jp/20120220145550

そういえば技術者倫理(笑)のないエンジニアの人たちって、技術的に可能なことはやっていいこと!どんだけコストがかかろうが防がない方が悪い!というスタンスの人が多いけど、今回のドリランドでのバグを利用したアイテム複製についてはどういう見解なんだろうなあ。

2012-02-19

ドリランドかい携帯電話ゲーム、なんかレアアイテムを複製しまくってオークションで数千万円荒稼ぎしてる奴いるんだけど、あれって法的にどうなんだ?

まあ買う奴も買う奴だけどさ。

2011-11-20

http://anond.hatelabo.jp/20111113162436

http://www.nikkei.com/tech/business/article/g=96958A90889DE1E4E7E6E3E7E4E2E3E4E3E3E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;dg=1;df=5;p=9694E2EBE3E3E0E2E3E2E1E7E2E4

 ソーシャルゲームは従来のビデオゲームとは違う道筋をたどって急速に普及した(別掲記事「激動のゲーム市場をめぐる3つの誤解」を参照)。単にユーザー同士が交流できるゲームという意味では、家庭用ゲーム機パソコンオンラインゲームが先に実現している。

 DSと3DSでいえば、無線LANを経由した「すれちがい通信」がそれにあたる。任天堂がこの12月に発売する3DS向けソフトマリオカート7」では、ネットを通じて「コミュニティー」で対戦仲間を募り、世界中ユーザー8人で同時にカーレースを楽しむこともできる。12月にSCEが発売する携帯型ゲーム機「PS Vita」は携帯電話ネットワークを利用して、さらに交流を密にしようという試みも始める。

 一方、モバゲーやGREEに代表されるソーシャルゲーム携帯電話を利用し、ゲーム自体には無料で参加できるのが大きな特徴。ユーザー同士の交流課金のための重要モチベーションとして位置づけられ、ゲームを早く進められたり、強くなったりする有料アイテムの購入を促すものが多い。

 最近ではGREEの「ドリランド」のように強いカードを集めるタイプソーシャルゲームが主流となっており、強いカードを得られる可能性がある1回数百円程度のクジ引き「ガチャ」が主な収益源となりつつある。最初無料で、のちに課金を促すビジネスモデルである以上、競争が激化するにつれ、ユーザー射幸心をあおる方向へと突き進まざるを得ない。

http://www.nikkei.com/tech/business/article/g=96958A90889DE1E4E7E6E3E7E4E2E3E4E3E3E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;dg=1;df=6;p=9694E2EBE3E3E0E2E3E2E1E7E2E4

 「日本欧米に比べてブームが作られやすいが、飽きのペースも速い。このままバトルものカードものばかりだと、ユーザー食傷気味になる可能性はある。また、『ガチャ』を収益源とするゲームあおり要素が強く、嫌気からユーザーが離れることもあり得る」。ソーシャルゲームに詳しい大和証券キャピタル・マーケッツアナリスト白石幸毅氏はこう指摘する。

 ソーシャルゲームは一部のハマったユーザーによる課金で成り立つ。重課金ユーザーは全体の数%といわれ、多いユーザーになると月額数万円もの資金を投じるという。一方、家庭用ゲーム機は「ハードの保有期間や1つのソフトで遊ぶ日数を考えると、じつは娯楽の費用効果としてはけっこう安い。問題はユーザーを惹きつけるようなジャンルソフトを投入できるかだろう」(白石氏)

 やはりソフト次第ということになるが、「定額」という安心感から家庭用ゲーム機世界が見直される可能性も出てきた。月に数万円課金したとしても大人は自己責任で済むが、親元にいる小中高生はそうはいかない。任天堂子ども向け需要追い風が吹くこともあり得る。

 今年7月の決算説明会で岩田社長は、「将来、任天堂の何かのゲームの追加ステージとして、『これを遊ぶためにはあといくら払っていただけませんか』ということはあって良いのではないか」と前置いたうえで、こう明言している。

 「『数字パラメーター(設定値)だけを触って、何かの鍵を開けるとか、何かがものすごく有利になるとかという形で課金する』ということは、クリエイティブの労力への対価ではない全然別の構造です。それを追求すると確かに短期的に収益は上がるのかもしれないのですが、お客様と私たちの間での長期的な関係は作れないのではないかというふうに思っていまして、こういう形での課金は、私たちのコンテンツに対してはすべきではないと、いうことも話しています

2011-11-03

http://anond.hatelabo.jp/20111103194535

これがドリランドなのか…。

…うん、まあ、これはちょっとテレビには出せんわな。

ガラケーだとSEBGMたかが知れてるだろうし。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん