「卒園」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 卒園とは

2019-10-20

年中(ねんちゅう)

武豊が令和元年の菊花賞を勝った。菊花賞の最年少勝利と最年長勝利の記録保持者になった。何の違和感もなく書いた。

年長に対する語が年少であるというのはよく見ると若干モヤモヤするところもあるが、保育園やら幼稚園やらで見慣れすぎているか違和感は薄い。

その保育園幼稚園には年少と年長の間に『年中(ねんちゅう)』がある。年少者のグループと年長者のグループ中間にあるから『年中』。わかりやすい。

しかし、卒園と同時にこのわかりやすい『年中』カテゴリーは失われてしまう。なぜなのか。

どの組織も年齢でわければ年長者がいて年少者がいる。ばらつきがあれば中間も必ずある。それも厚みのある層だ。なのに彼らは『年中者』と呼ばれることはない。若くもないのにいつまでも若手と呼ばれたり、あるいはキャリアも乏しいのにベテラン扱いされたり。

年長と年少の間には対立関係が作りやすい。本来は『年中者』として独立しているはずの層が、ベテランと若手、対立を作り出す者の都合の良いように押しやられてはいいかボリュームがあるこの層に名前がついていないと、年齢で区切ろうとする支配層に軽くあしらわれてしまうのではなかろうか。

2019-09-11

anond:20190910142409

幼稚園の頃、おそらく発達障害系だったと思われる子に粘着されていじめられてた側の人間です。

毎日毎日私のところにわざわざ来て叩いたりつねったりしてきました。そういうことがあっても子供同士のケンカとされる時代だったこともあり、事は大きくならずに卒園までその子のことを我慢していました。死ぬほどその子のことが嫌いだったし早くどっか行けと思ってた。親は許したかもしれないけど子どものほうは許してないよ。傷つけられたほうは暗い思い出として大人になった今でも覚えてる。

だけど最近の他害児の親の記事で常に他人を傷つけてしまう側の親の気持ち理解できた。そういう意味では書いてもらってよかったです。加害側の気持ちなんてわからいから。

2019-04-14

anond:20190414090014

東大生どころか、その親でも式典の最中スマホで遊んでるアホがいた…

https://note.mu/hirotakai/n/n7e4d16fb2257

入学式の主役は当然、新入生だ。

でも、親たちを中心とした家族も、準主役なのだ

子ども大学生になる、というのは、ほぼ「育児のゴール」に近い、大きな節目だ。

ほんと幼稚園レベル

幼稚園卒園式の祝辞なら、保護者向けに「これで子育ても一つの区切りお疲れ様でした」ってな内容が入るのは分かるよ?

でも大学で?そういった内容を入れろと??本気で言ってんの???

ってか卒業じゃなくて入学なんだけど。

2019-03-18

70歳の父親卒園式の写真lineで送ったら

勝手に公開されていた 

辞めろよ他所の子も写っているのに

リテラシーがないんかな

2019-03-16

息子が保育園卒園式で読まされる文章

「僕は小さいころからマイペースでした。

中略

大きくなったら動物園飼育員になりたいです。」

紙に書かれた文章毎日10回読まされてる。

マイペースってわかると聞くと知らない。

飼育員はわかる?と聞くと知らない。

普通の6歳児がマイペースなんてわかるわけないし、飼育だってからなくて当然だ。

本当に意味が分からない。

2019-03-15

確定申告

倒したぞ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

仕事家事育児卒園卒業入学準備で忙殺されてたけどギリ間に合った

から卒園女児担任先生への寄せ書きを書いて在園生へのメッセージカードを書いて

卒業男児先生へのお手紙を書いて明日は参観日終わったら仕事

2019-03-11

anond:20190311130704

いわゆる普通卒園写真とかはいいんだけど

このキラキラ演出で着飾ったのが苦手なんです。。。

2019-02-28

anond:20190228170725

保育園記念品贈呈に何を贈るかですごく揉めたの思い出した。うちは卒園引っ越したか人間関係もほぼ切れたけど、同じ小学校に上がった人たちの中で敵味方に分かれてその後もギスギスしてたって聞いた。怖い。

記念品贈呈をするかどうか」や「予算」なら(金が絡むから)まだわかるけど

「何を贈るか」でそんなに揉めるって何なんだ

大抵は無難もの提案するしそれにいちいち反対する人もいないと思うんだけど

2019-01-08

園児ときに25くらいの女の保育士が毎回トイレについてきて

ちんこ舐めてきたり卒園の日に複数男児の口にキスしたり

してたけど得した思い出として記憶に残ってるから

男と女性的虐待感覚はだいぶ違うんだろうなって気がする。

2018-11-28

中学3年まで特別支援学級だった自閉症児の息子が大学合格した

 参考になるか知らないが、適当に綴ることにする。

 語尾がバラバラなのは許せ。(気が向いたら編集するが)

まずは生い立ちから

 3歳になっても言語を全く話せず、クレーン動作を始めとした典型的自閉症状を示していたため、児童センターを介して専門機関受診したところ、聴力も問題なく知的障害自閉症)との確定診断。

 そのまま知的障害者の扱い(療育手帳交付)。

 応募した私立保育園には全て断られたものの、自宅から少し離れた市立保育園へ無事入園

 「知的障害児」ということで、ほぼ専任のような保育士さんを増員していただき、時々奇声を上げて脱出を企むながらも、最後まで追い出されることなく何とか卒園

 保育園の間は、ずっと会話は不成立。

まずテレビを捨てました。

 3歳でビデオデッキ操作(VHSカセットの交換・スロー再生・逆再生等々)をマスターしていたものの、毎日テレビの前でビデオ操作しながら、全く同じシーンを延々繰り返しながら奇声を上げて踊ってる有様。

 確か「お母さんと一緒」のビデオだったと思いますが、キメのポーズのところで一緒にキメて、そりゃ見てて可愛いわけですが、親からの会話は理解できていない。

 テレビに映った、いわゆる芸人さんの笑いを(意味も分かってないくせに)オウム返しし始めたあたりで、これはヤバいと感じ、(当人は知らない)裏のコンセントをコッソリ抜いて「テレビさん壊れちゃったみたい」ってやってやりました。

 しばらくは寂しそうにしていたのですが、何ヶ月かしたら、直ったか試すこともしなくなったので、未練がなくなったのだろうとテレビごと廃棄。

 たしか4歳か5歳の頃だったと思いますが、この時から自宅からテレビがなくなりラジオだけの生活になりました。寝る時に子守歌かわりの童謡CDを流す習慣にしていたのですが、高校1年くらいまでは寝る時に自分操作して鳴らしてましたね。(ずっと川の字です)

 テレビがなくなると空いた時間を埋めるべく、絵本をめくったり、オモチャを手にしたり、パソコンに興味を示したりするようになりました。テレビは捨てて正解だったと今でも確信しています。(モニターDVDは視聴可)

小学校先生に恵まれました

 発語はあるが会話は成立しないのですから小学校は当然にしてストレート特別支援学級です。

 集団登校には親の同伴を求められたので、6年間ずっと同伴通学でした。(とは言え、後半は列の後方から見守る程度ですが)

 「環境の変化」と「予想しない事態」に極度のストレスを感じるのが自閉症児の特徴なのですが、特別支援学級の1年生~5年生まで、担当教諭の異動がなかったことが幸運安心すると精神状態が落ち着くんですね。

 特別支援学級教諭って、ナニかワケありで左遷ポストみたいな雰囲気があると思うんですが、1年生~5年生まで担当して下さった教諭は全く違ってました。

 言葉で書き尽くせないのですが、自閉症児では健常児以上に苦手なところが多いのですが、無理矢理に克服させようと正面突破させるのでなく、苦手なところを避けて歩く方法みたいなことを息子に伝授してくれたように感じます

 予期しないことが起きるとパニックに陥って奇行が始まるのですが、先に予定が分かっていて、その予定どおりに進行すればパニックは起きにくく、そういう特性最初から見抜いて下さって、本当に上手に導いて下さいました。

 伊藤先生、今でも感謝しきりです。(年賀状は欠かさず(息子に)出させてます

ほぼ毎週のように外出しました

 息子にはとにかく外界からの刺激が必要だと思って、ほぼ毎週、公園だの何だの、とにかく外へ連れ出しました。200キロ距離にある実家へは毎月通ったり、とにかく土日2日とも家に籠もっていたことは年に数えるほどだろ、という位に連れ出しました。

 電車が好きだったので、環状線一周(全ての駅で降りて看板写真を撮る)みたいな、そんなオタッキーなこと喜ぶ児童がいるのか?みたいなことやってました。時効から打ち明けますが、1区分切符でずいぶんと遠回りさせて頂いたこともあります

 地名や駅名とかはすぐに覚えましたね。

 実家へは(下道で行くと)幾つものトンネルをくぐるのですが「このトンネル最後」みたいなこと言ったり、いついつにこういうことがあった、みたいな何年も前のことを年月日まで揃えて呟いたり、とにかく記憶力だけは半端ない

 ちなみに息子と年子の妹(健常児)がいるのですが、彼女存在も大きかったように思います。友だちのいない息子にとって、唯一の同年代の子どもが妹だったのですから

 特に小さい頃の妹は兄の障害のことが分からないので、時々は手を繋いだり引っ張ったり(兄のほうは照れて逃げ回ったり)、それはそれは友だちのように接してくれたのですから

JRウォーキング企画に連れ出しました

 家族での外出のほか、JR沿線企画するウォーキングに猛烈に参加しました。

 参加するとスタンプが貰えるのですが、有効期限内にフルコンプリートして最上位の景品を貰えるくらい、1級障害者じゃないので運賃は安くならず、相当お金はかかりましたが。

 他の子達と同様、かならず電車最前列に張り付いて、運転手さんの呟き(点呼)をオウム返し。運転席に手が届くような、どこぞのローカル線に乗った時は、運転手さんが息子の点呼(出発シンコー)に合わせてマスコン操作してくれたりで、電車が大好きになったようです。

 あと英語ナレーションも覚えたみたいで、英語が流れないローカル線でも自分英語で This train ・・・ Bound for ××× Thank you! って大きな声で「通訳」すると、周囲の大人が褒めるもんだから、より調子に乗って・・・みたいな。

 10キロとかの健脚向けコースに参加しているときなんかは、おばちゃん達が「小さいのに偉いねぇ~」って飴ちゃんくれたりするものの、会話が成立しない(がんばって1往復)うえに当人は飴なるものを口に入れたがらず。

 食へのこだわりが強烈で、少しでも怪しいものは決して口に運びません。妥協なんてありえないのです。

パソコンに息子用のアカウントユーザー権限)を作って使わせました

 ヤフーキッズブラウザデフォルトにしたのと、使用時間制限(夜の9時だかを超えると使えなくなる)したくらいで、基本的にノンフィルターで使いたいように使わせました。

 パスワードはかけてなかった(息子も自分でかけようとしなかった)ので、時々何をしてるか監査してましたが、Youtube で馬鹿映像を見てるほかは名探偵コナンを追いかけてる風。あとドラえもんプリキュア(笑)

 年頃の男の子が興味を示すサイトへは立ち寄った形跡もなし。アニメ芸能関係Wikipedia更新もやってたみたい。

 基本的には「泳がせながら監査」という状態を続けましたが、ずっとパソコンで遊べるわけじゃありません。

 時々妹がやってきて「私もパソコンを使いたい」って言う話になれば、兄に勝ち目はないので、みすみすパソコンを奪われることに。

 まぁずっとパソコン漬けはよくないし、時々はパソコンを奪われたほうがいい(占有じゃなくて分け合う)と思うので、パソコンを追加することな喧嘩させる選択(妹相手喧嘩練習をしておけ、と)

5年生くらいか運動会で息子が見つけれなくなりました

 3年生か4年生くらいになると、少しずつ会話が成立し始めました。

 その奇行ゆえ、運動会では常に、どんな遠くからであっても、あれが自分の息子だ、って識別できていたのですが、5年生の運動会くらいからでしょうか、一生懸命に探さないと見つけれなくなりました。

修学旅行に息子だけで行けました

 小学校入学当初は「修学旅行へは親さんも同行してもらうことになりますから(同行できないなら修学旅行は無理です)」って言われていたのですが、伊藤先生の後任の女性教諭も「大丈夫でしょう」と。

 無事に一人で(同級生と)行ってきました。

 プラスチックの刀を土産に買って帰ってきましたが、どこが気に入ったのか今でも理解不能。

卒業式

 養護教諭フォローなしに壇上で卒業証書を受け取る息子を見て涙が出ました。

中学特別支援学級

 奇行も減って落ち着いてきたので、普通学級でも辛うじて何とかなるかも?って言われつつも、他の生徒さんに迷惑がかかるといけないと思い特別支援学級希望

 2人の学級で、これまでは異学年の混合授業だったのが、初めての同級生が出来ました。

 しか女の子! だけど家庭の事情引っ越し)で1年で転校して行ってしまいましたが、別れの日は私物を整理して親と一緒に帰る時間見送りに行ったようです。買って持たせた花束の中に、コッソリ前年の年賀状の余り(自宅の住所が印刷されている)を忍ばせておいたのは私なのですが、お礼状と共に今でも年賀状の往復だけ続いています

 その子もワケありなんだけど、息子とは特性が違う(不得意分野が違う)ので、嫁さんになってくれるといいんだけどなぁ~とは心の中の声。

同学年の女の子を好きになる

 気に入った女の子が出来たみたいなのですが、息子の挙動があまりキモかったらしく、当人から拒絶されたうえに親にも厳重注意

性的なことをやったわけじゃありません)

 当人は加減を知らないし、女の子のほうも自閉症児につきまとわれるのは嫌でしょう、分かります

混合授業を希望する

 中学校の特別支援学級担任は、父兄の間で評判の良くなかったらしい教諭が着任して翌年に異動とか、産休予定の教諭が数ヶ月だけ担当して交代とかアレな風でしたが、本人には良い意味で刺激になったよう。

 3年生になり進路が気になるころ、どこへ進学するかはともかく、特別支援学級という超少人数学級じゃなくて普通学級にも慣れておかないと選択肢がないと思い先生相談

 数学理科は進度が全く違うという理由NG が出たものの、それ以外は何とかなるだろうと(授業の妨げになるなら追い出す条件で) OK

 7割は同じ小学校から上がってきた生徒で一応は幼なじみ。1学年50人ちょっとギリギリ2クラス)という少人数な学校だったこともあり、先生の目が行き届きやすいという判断もあってのことだろう。

 JRウォーキング企画を始めとして外にばっか連れ出したおかげか、地名都市位置関係)に関しては健常児を超えていたと思う。

 理科小学校から全く履修していなかった(見込みなしと見捨てて他の教科に割り振られた)のだけど、履修してない教科があったのに卒業できてしまうとは。

偏差値40弱の普通高校合格する

 その下は定時制しかないというランクのところではあるものの、「荒れてない」という理由だけで選択した公立高校に無事に合格

 たまたま定員割れしていた年で、落ちた生徒はいなかったと思うのですが、翌年は定員超えしていたので1年ずれてたらヤバかったかも。

義務教育期間・無遅刻無欠席を達成

 9年間、無遅刻・無欠席ということで学校と市から表彰されました。

 ちなみに一つ下の妹のほうも同じく9年間無遅刻無欠席。

 4歳だか5歳の頃に妹のほうがキャンプに行きたいというので「キャンプ場は遠いよ」って言って大正池から徳沢まで歩かせたり、お山に行きたいと言われれば「山小屋売店であって泊まるとこじゃない」と諭してテント背負ってガチ登山に連れて行ったり、ロープウェイに乗ってみよう!って誘っておいて「入り口は上にあって登らないと乗せてくれない」って登らせて下りだけロープウェイとか、とにかく欺しまくりました。

 温泉に行きたいって言われて湯俣温泉に連れて行った(吊り橋の先の河原で掘って「これが温泉だ」って)のが最凶だったと自覚してます(小2+小1)

 よって、うちの子たちは本当に頑丈です。

高校普通学級で頑張る

 中学までの26~27人学級と違って、40人近い教室で、一人も知り合いのいない学校。つまり他の生徒も息子の特性を知らない。

 小学中学は通しの生徒が多いせいもあって、息子がワケありってのは全校生徒のみならず、その親にまで知れ渡っていて、わざわざ寄りついてくる奇特子どもはいなかったのだけど、高校では最初のうちは先入観なく普通に接してくれたみたい。

 同級生から寄りついて来られたことのあまりなかった息子は話しかけられただけで「友だちができたかも」って思い込んで家に帰ってニコニコ自慢してましたが、それが「ぼく友だちいない」に変わるのはそう遅くはありませんでしたけど。

 とはいえ、友だちが出来ないまま15歳まで過ごしてきてるので、全く気にならないようではあります

 年に数回、学校開放みたいな行事があって親も観に行っていい日には出かけたのだけど、偏差値が低い=ガラの悪い生徒が多い という先入観を見事に打ち破ってくれました。いやほんと、殺伐感の全くないノンビリした校風の良い高校で良かった。

 迷惑をかけるのだからせめてもの恩返しということで、学校保護者委員?(PTAに近いと思うが、もっとイージー)は進んでお受けし、時々校門にたって挨拶運動かに参加したわけだけど、先生命令に従って渋々挨拶してるような感じはなく、どの子自分言葉挨拶してくれて、挨拶運動に参加するのはとても楽しかった。

JRウォーキング企画に一人で参加するようになった

 高校になってから自我が芽生えたか、親と出かけるのを嫌がるようになり(本気で拒絶するほどでもないが)、親としても自立する方向に誘導しないといけないため、JRウォーキング企画に一人で参加することを許可

 前日までに行程(電車の乗り継ぎを含む)と予算を紙で提出すれば金は出すという条件で。

 コンビニの外ベンチにDSを置きっぱなしのまま買い物に行って、案の定その間に置引きされたときがあるんですが、ちゃん自分交番に行って遺失物届を出してきたり、普通じゃないながらも何とかなる次元には成長

大学見学会大学進学に目覚める

 学校行事か何かで、家から最も近い私大偏差値40~50クラスか?)の見学に行って、学食としてマクドナルドみたいなバーガー屋を含む何軒もあったりで感動したのか、コンビニなんてもの学内にあることに恐れ入ったのか、コナンに出てくる大学生のイメージと重なったのか、どういう訳でか知らないが大学なるものに興味を持った模様。ただし、最初に見に行ったそこだけが気に入ったみたいで、他の大学へは見学すら行かない。

最後文化祭の劇で一躍ヒーロー

 高校になると授業参観なるものが滅多にないのですが、高校3年の最後文化祭(平日)へは仕事を休んで観覧。

 劇で何の役をやるのか教えてくれなかったので、観に行くことも言わずに黙ってビデオ回しながら見てたのですが、ステージの袖からナレーター(司会だったらしく)として登場したところで目を疑う。

 名探偵コナンナレーション意識しているとハッキリと分かるのですが、恐らくは普段の息子と全く違うキャラだったこともあってか、会場の体育館は大爆笑の渦に。適度なアドリブ(意外性に沸く観客生徒に向かって「ありがとう!」って言ってみせたり)を交えたり、完全に自分世界に没入していたのだろう、とにかく凄かった。

 審査表彰式まではいなかったのだけど、息子のクラス最優秀賞を、息子は最優秀個人賞を、それぞれゲットした。

指定校推薦という優遇枠でありながらも大学合格しました

 進路指導先生からの「なりたい職業に応じて学科を絞って学校を選ぶべきだ」という助言を無視する形で、第一希望~第三希望まで全て前述の大学にある学科で、文系理系おかまいなく・・・という風に進路希望を出していたので三者懇談では「本当にいいのか?」って迫られたけど、「息子が大学に行きたいと思ったキッカケは、そこの大学出会たからです」なのだから仕方ない。

 いわゆる進学校ではないため、一般入試での合格絶望的だろう、と先生から言われ、最初最後のチャンスということで指定校推薦に応募

 そもそも、その下には定時制しかないような、こう言うと悪いんだけど学力的には良くない生徒の集まる学校だったのだけど、挨拶運動で感じたようにガラの悪い生徒はおらず、確かに当たりは少ないけど外れはいない、そんな学校ゆえにか「指定校推薦」という枠が設けられていたのは凄い幸運だった。(誰しも外れを引くことを恐れるわけで)

 第一希望学科(息子はパソコンが好きだったのでそういう系)は成績が足りないと言われ、第三希望くらいのパソコンとは無関係なところだったら・・・みたいなこと提案に乗って応募。ちょまどさんだって文系大学なのにプログラマやっててマイクロソフト行かれたんだから、その気があればどこの学科であってもパソコン仕事はできるのよ。

 劇のナレーターで最優秀個人賞をゲットした余韻もあってか、上手に面接をこなしてきたのと指定校推薦で落ちるのは難しいという条件が重なって、無事に合格の通知。

 

社会で自立できるか知らないが

 高校3年でやっと中学生?ってくらいの状態なので、大学卒業できるか知らないが、ちょうど卒業時点で高校生くらいの状態になるかもしれない。

 完治は無理、喋らなければバレない、くらいが限界なんだけど、健常児を遙かに超える得意な分野があるので、そこだけ見て、ダメなところは諦め。

 ただ普通の子に近づいたせいか、幼少期に感じた「ありえない記憶力」とかの特殊能力は徐々に衰え、ヒゲも生えだして、すぐに忘れる平凡なオッサンに近づいてることに寂しさも。

 仕事に就けるかどうかは分からないが、とにかく社会に出るまで大学生の身分に甘んじて時間稼ぎしてろよ、と

2018-11-23

子どもディズニーランドに行ってきた

保育園卒園旅行で息子と二人で参加。

10時入場、まず人の多さに引く。

ホーンテッドマンション全然怖くない。

コーヒーカップ、回しすぎてうぇーん。

イッツアスモールワールド、割と楽しんでる。

トムソーヤ島で昼飯までの時間調整。テント面白がってみてる。

ランドから出てホテルレストラン食事大人しく食べてくれて助かる。

ジャングルクルーズで並び疲れ。もう帰りたがる。

ウエスタンリバー鉄道恐竜が見れて少しテンション上がる。

ビッグサンダーマウンテンに乗るか聞くと「やだ、こわい~。」

集合時間1時間上前に疲れて終了。

平日なのにあの人の多さはなんだよ。

夜にいくほうがいいのかな。

2018-11-06

給食全部食べ終わるまで昼休みはお預け世代

野菜全般マヨネーズと肉の脂身と…とにかく好き嫌い多くて保育園の頃から残って食べてた

保育園は昼休みの間に食べきれないと給食室に移されるんだがそこで給食のおばちゃんに詰められ

泣きながら口に放り込みあとで吐くというのを卒園まで繰り返していた

当時はそれが当たり前だったので自分以外にも数名そういう状態だった

小中は掃除が始まっても教室で食べてて埃が舞う中野菜とにらめっこしてた記憶がある

それでも食べきれなかったものは多分捨てていた…のだろうか?実はあまり記憶がない

そして結局そんな状態を何年も続けたにも関わらず私は成人をとっくに過ぎても野菜全般マヨネーズと肉の脂身が食べられない

2018-08-02

anond:20180802161842

幼稚園卒園するまで、自分自分認識してなかった。

自分ではない何かが動いていた。

プログラムでもされていたように思う。

2018-07-30

anond:20180730120237

ワイは専門家じゃないから知らんが、自分他人の境目を認識できる「自我」は小学校高学年の頃に芽生えるものとされている。

(その為、このころから誰とでも仲良くなれなくなったりする)

やべぇ、これすごいピンと来たわ。

幼稚園児の頃モテモテで、卒園アルバムに「増田君と結婚する!」って3人からコメントされたらしいんだよ。

から聞いた話だから全然覚えてないけどな。

かに自我が出来た小4くらいからは仲良く出来ない奴も出てきたし、なんかすげぇしっくり来るわ。

2018-06-26

anond:20180626143631

園児の頃20代の若い保母トイレについてきては

小便するのを横から覗くわ、フェラチオするわ、キスするわなどしてきて

卒園ときよくよく聞いたら5人くらいの男園児がやられてたが

それも今はいいシコ想い出。レイプじゃなくその程度の性的虐待だと

男は意外と良い思い出になっちゃうからなぁ。俺以外のやつは知らんぞ。

ショックをうけてチンポ勃たなくなってる奴も居るかもしれんが俺は良いらっすけ思い出

2018-06-18

anond:20180616113412

幼稚園卒業者と保育園卒業者の割合の変化とかどうなんだろうね。

個人的感覚として、親がしつけられるものには限界があると思っている。

例えば、学校での振る舞いは学校類似した環境を作ってそこで教えた方が子供にとっても理解やすいと思うのだが、

親がそれを作り出そうと考えたら、幼稚園にやるのが効率的だと思う。

幼稚園は疑似小学校とも言える環境で、それを何年もやるので、卒園したら学校での振る舞いは体得していると思う。

幼稚園場合担任複数いて、それに加えてフリー先生が何人かいるので、

授業を進める先生学級崩壊を起こしそうな子供ケアをする先生の二手に分かれて授業が行われている印象。

保育園上がりの子供は幼稚園上がりの子供に比べて落ち着かないと聞くけれど、保育園って何しているんだろう?

2018-05-30

anond:20180530171716

因みに学校入学試験であっても、推薦という名のコネ枠があるよ

幼稚園入試なんかはほぼコネだし(園児本人の能力より親の職業面接での受け答え、卒園生かどうかetc選抜する)

そこからエスカレーター大学まで入れる学校なんかは大学コネで入ってるわけだ

(まあ最低限の成績は保たないと内部進学出来ないとかはあるだろうが、大学から一般入試で入る人より成績悪くても入れる事が多い)

2018-04-14

しろ酷くなっている。

子供小学校入学した。

それで小学校の現状が少しずつ見えて来たのだが、私の子時代の頃より少しは進歩してるのかなと思ったらむしろ酷くなっているっぽい。

まず勉強については膨大な量の宿題責めに、数枚綴りにもなるテスト(引っかけ問題が多数ありかなり難しいとママ友情報)。のわりに、中々進まない授業。

生活面で驚いたのは、休みの連絡は学校に直接電話ファックスメール等をするのは禁止で、連絡帳を近所の子に預けて伝えるというシステム

最悪だと思ったのが、うちの子供のクラスではないけど忘れ物をすると黒板に名前を書いてみんなの前で吊し上げるという事が平気で行われているという事だ。

そのクラスには既に吊し上げ常連になってしまっている子がいる。初日から教科書ノート等全ての持ち物を忘れて来ているのだ。

そりゃまだ幼稚園保育園卒園したての子供だもの保護者が見てあげなければ明日の用意なんか出来ないのが当たり前なので、連日全部の持ち物を忘れ続けるというのはその子はだらしないというより保護者から育児放棄をされている被害者なのではないかと疑うのが妥当で、みんなの前で叱責されるという対応は違うよなあと思う。

学年・学校全体がそういう方針ではないとはいえ、そういうのがまかり通っているという現状には失望した。

2018-03-29

人達の子供関連報告が面倒臭い

タイトルの通り。高校時代の友人8人のグループLINE上で繰り広げられる妊娠出産報告や子供の成長報告が面倒臭い

8人全員が既婚者で、私ともう1人の友人以外は2人以上の子供がいるが、ここ数年のLINE妊娠しました、出産しました、子供卒園しました、などの報告と写真で埋まっている。世の中のみなさんがそうしているように、心の中はどうあれ「おめでとう」「かわいいね」「大きくなったね」という当たり障りのないコメントを返信しているが、もうそれも面倒臭くなってきた。仕事疲れた夜に、出産直後の新生児写真に対して「かわいいね(ハート)」と返す気力がない。

遠方在住のため私はここ数年不参加にしているが、今も一年に一回程度は地元で集まっているようで、その度にLINEグループアルバムが作られる。友人たちの写真ほとんどなく、子供たちの写真ばかりが並ぶアルバム。「子供の成長は早いねー」と、毎回同じようなコメントばかり返信しているが、きっと誰もそんなことには気づいていない。

こういう感想になってしまうのは私に子供がいない(そもそも子供が得意ではない)からで、もしも子供がいたらみんなと同じように楽しめるということはわかっている。私がマイノリティということも。でも、さすがに少し疲れてきた。ここ1年ほどは通知がくるたびに憂鬱になるのでそのグループだけをミュートにしている。

はいえ古くからの友人なので縁を切ることもしたくない。子供の成長はどうでもいいけれど、彼女達は大切な友達だ。

子供達が大きくなるまでの、あと数年の辛抱なのだろうか。結婚もそうだったけれど、それ以上に子供ができるできないで全く別のステージになるものなんだと実感している。

2018-03-28

卒園

うちの子供が通っていた幼稚園は狭かったので保護者2名までって決まってたよ。

2018-03-25

anond:20180325111740

こういう馬鹿基本的に口だけ

子ども卒園行きたくないって言い出したら説得し始めそう

2018-03-17

外人さんにはかなり見る目が甘くなる

卒園式に白人のお父さんが来ていた、皆スーツ着物の中で彼は一人だけジーンズにダウンコート、ユニクロっぽいボーダーハイネックを着て、膝に乗せた赤ちゃんを膝を揺らしてあやし赤ちゃん来賓挨拶の時にも振動にあわせて「あああああああ」と言い続けていた。

日本人なら非常識だなと思うだろうが、文化が違うのだろうかとスルーした。

2018-03-15

anond:20180315170243

元増田だけどね、幼稚園ミッション系ですから日本会議関係いからね。

あと、卒園式に限らず親が見に行くイベント事は基本的に感動系演出でそこに違和感を感じているのは元日記に記載のとおりなんだけど、総じて大変良い幼稚園感謝してるよ。

近所の厳しい系幼稚園だと上手くできなくて怒られまくってチックが出たとかいう子の話も聞くんだけど、宗教系の幼稚園は大らかで良いっす。

幼稚園勉強とかしつけとか求めてないし。

あと、義務教育じゃないんだから文句があるなら入れなきゃいいじゃんって批判はきっと子供のいない人だよね。

この時期に集団の中で生活するのは大事だと思うよ。お友達との関係をつくるのって大切じゃん。

それに、例えばある政党政治家投票たからって全てが賛成なわけじゃないじゃん?

概ね賛成だけど一部に違和感を感じたっていいじゃない。

演出キモいみたいなこと言っといてなんなんだけど、近所の人に聞かれたらおすすめするのは間違いないくらい良い幼稚園だよ。

卒園式か

どうりで今日路上喫煙してるおっさんが多かったわけだ

卒園

子供幼稚園卒園式に行ってきた。

歌を歌ったりするんですけどね、これが両親への感謝とか友達への感謝友情とかが歌われているわけで、グスグス泣いている親多数なんですね。

でも、これって子供気持ちじゃないんですよ。これは、幼稚園がこういう歌を歌わせているわけで、増田としては北朝鮮の子供達みたいな気持ち悪さを感じるわけです。

増田は、我が子には親への感謝なんて強制されてほしくないんです。

親へ感謝なんてせずに、親からもらうものは当たり前だと思って伸び伸び生きてほしい。親から貰うもの感謝なんてしてたら、それは遠慮につながると思うんです。

子供が親の全てを奪い去るのは当たり前のことだと思うんですよ。そんなことにいちいち感謝してほしくない。

ただ、もし子供達が子供に恵まれるのであれば、その時は増田と同じように考えてほしいとは思う。親から受けた恩があるとするならば、それは次世代に繋いでほしい。そう思うんです。

幼稚園演出は、幼稚園がどうこうというよりも、きっとそれを望む親が多いからこうなるんだろうな。

増田にとっては残念に感じました。

が、我が子は超かわいらしかったです。

うちの子が一番かわいい。間違いない。

こちらからは以上です

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん