「雄大」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 雄大とは

2018-05-20

夏目雄大「ぶすに人権はない」

日本では本当の事を言うと、ポリコレ棒で殴られる。

狡猾な奴らは、ウッカリ口を滑らせて本当のことを言わないように気を付けている。(政治家は嘘つきの良い見本?)

夏目過去に「ぶすに人権はない」「妊婦さんに膝カックンして絶望させる遊び」などとツイート

不謹慎だけど、クスッと笑ってしまうね?w

絶望している

数日前から夏目雄大という芸能人暴言ツイート話題になっている。

「ブスに人権はない」

妊婦に膝カックンして流産させたい」

生理ナプキンレバーがどうの…」

など、人格を疑うものばかりだ。

普段同じような事を言っている(ように見える)ネット民にすら批判されている。

一番はじめに言った事以外は。

私はブスである

当然学校でも職場でもいじめられ、親から虐待され、今は非正規薄給だけどボロアパートに住んでなんとかギリギリ生きている。

正社員を目指し何度も面接を受けているが、まず第一次で落とされる事が殆どだ。

彼氏は3度できたことがあるが、何度か性行為をしたらすぐ捨てられた。単なる性欲処理便器だったのだろう。

女はブスに優しい?そんなわけない。

ブスとつるんだら男にブス仲間とみなされ嫌われる可能性があがるので、女にもブスは嫌われる。

趣味特にない。

日中働いて、風呂に入って飯を食う、休みの日は泥のように寝ている、こんな生活が5年は続いている。

生きているのが辛い。

自殺が怖いから生きているだけで、ほぼ生き物としては死んでいる。

かに私には生きる価値がない。人権が奪われても仕方ない。

誰も「ブスに人権はない」だけは否定していない。少なくとも私は見ていない。

しろそこだけ同意という意見が多い。

ブスの私ですら否定をできない。

まれてきたくなかった。

父親そっくりのドブス顔が憎らしい。

気が弱く、ドブス父に言われるがまま子供を作った母が憎らしい。

ブスでしか性格まで悪い私は自殺すべきだ。

死ぬ勇気はどうやったら沸いてくるのだろうか。

2018-02-14

ガイキャラエンタメから排除して欲しい

テラスハウス雄大くんマジヤバイ - Letter from Kyoto

http://lfk.hatenablog.com/entry/2018/02/08/184025

この記事を読んで、「うわー見たくない」と思った。

テラスハウス絶対に見ない。


雄大君というのが素なのか役者なのか発達障害かそれ以外の障害かは知らない。

ほんとにそんな人だと集団生活撮影も成り立たないか十中八九「そういうキャラ」の演技だと思う。

例えばちょっとそういうケがあったのをいじられてそれで行けって言われてオーバーにやってて、

製作側でも「そういうキャラ」に見えるように意図して演技をつけて編集して演出してテロップを入れてる。

なんでそんなキャラ入れるのかと言うと、不快理不尽な奴が視聴者や読者に受ける!という方程式製作側が確立して味しめてるから


従来のエンタメにもいた悪役とかライバルとか敵対者はいた。

でもここでいうガイキャラはそういうのから逸脱している。

文字通り何らかの重度の脳の障害とかサイコパスみたいな行動するキャラだ。

主人公そばにいて裏切りを重ねてたり理解不能利己心を見せたりして

そこに何の深い理由計画もなくただ視聴者や読者に不快感を振りまくためだけに生を受けてるキャラ


ガイジが悪い言葉だと言われるかも知れないが

脳障害キャラだとここでは意味が伝わらない。

まさに視聴者や読者からガイジ」として嫌悪と蔑みを受ける為に設定されてるキャラ

受け手の方にも「ガイジ」消費の作法確立しつつある。


講談社系の漫画を中心に二次元でも昨今はガイキャラ跋扈する。

ガイキャラ能力の低い作家でも作れてそこそこ読者をひきつけられるからだ。

悪役としての主人公と異なる利害や考え方を設定する必要すらなく、

主人公の友人が少しずつ立場が離れていってしまう繊細な経緯を描く必要もなく、

ただ無考えに理不尽不快な行動を繰り返させるだけでいいから。

やることに一貫性の欠片もなくてOK、自滅的であっても問題なし。


ガイキャラエンタメ堕落だと思う。

ここで言ってるのは丁寧に作られた「良心を持たない人間」などとは全然違う。

ただ志の低い製作者によって飛び道具のように濫用されて受け手嫌悪と蔑みの気持ちを搔き立てるためだけのキャラのことだ。

2018-01-22

今更トイアンナの「わんわん泣ける女になりたかった」を読んだけど

引用

>>>彼は言った。「次に付き合うなら、米系外資っぽい詰めをしない女がいい」と。笑っちゃうようなフィードバックだけれど、全然笑いごとじゃない。彼はきっと、わんわん泣いて「助けて」って言ってくれる女が良かったんだ。私は彼と一緒に戦える女ではあったけれど、彼をつらかったね、とひっくるめて抱擁する女ではなかった。

外資っぽい詰めをする女(男)とわんわん泣いて助けてって言う女(男)は対極に位置すると思う?

自分は男だが、どちらかというと感情の起伏も少ないし、冷淡だと思う。

泣けるという映画を見ても、絶景と言われる雄大景色を見ても、大学4年間を捧げた体育会引退した時も、親戚が死んだ時も、感動とか心動かされるとか涙がでるほど悲しくなるとか嬉しくなるとかそういう経験がない。そもそも心が突き動かされないのもあるけれど、もっと言えばそういう周囲を見ると冷めてしまうし、嘘っぽく、酔っているように思えてしまうんだよね。

じゃあそうなると自分恋人や友人に冷淡で、理詰めをしていて、心に響くようなことも言えず、その人と同じ気持ちを共有できたり感じ取れない22年間だったのだろうかとものすごく今悩んでいる。

損もしているだろうし、何より普通の人が感じ取れている心の衝動がないのだからそりゃつまんない人生だよな。色がない。

増田達の人生はどう?

2018-01-07

スープ存在意義がわからない。

スープ存在意義がわからない。

いや、すまない。少々話を広げすぎた。

駅近くのスープ専門店スープ、街のレストランで数百円の値段をつけられているスープ、そういった料理として十分に成立しているスープの話をしたいんじゃないんだ。

あれは美味しい。普段頼むことはあまりないが、ちょっとした贅沢として十分に食事の楽しみと満足感を増やしてくれる。

そう、スープ本来独立した一品として一回の食事に華を添え、ときに大きな満足感を与えてくれるものではないだろうか。

例えば街の中華料理屋。チャーハンを頼むとまるで当然のように黄色スープがついてくる。

中華しか何かで味がつけられ、申し訳程度に胡麻が浮かんでいるアレだ。

我々は、あのスープに何の役割を見い出せばいいのだろう。

例えば古びた定食屋定食といえばミソスープが付き物だ。

しかし、そこで出てきたのは味噌を溶かしたお湯のような液体。固形物は見当たらない。これは、ピュアミソスープ…?

私は軽い戸惑いを覚えながらピュアミソスープに箸を分け入っていく。

茶色く濁ったスープの奥地から僅かな抵抗を感じる。

期待を込めて箸を手繰ると、そこには悠久の刻を超えてきたかのようなワカメがくったりとその体を横たえていた。

そうか、地球創生から長い刻を超えてやがて海が生まれ、潮が満ち、生命生まれる。

即ち味噌の溶かされた湯は海であり、ワカメは海が創り出した生命奇跡である

海は生命を生み、海で生まれた命はやがてその姿を変え、あるものは肺呼吸と四肢を獲得し、またあるもの光合成能力を獲得して地上での繁殖を開始する。それは幾つもの進化過程を経て豚もしくはキャベツと呼ばれるようになり、今薄汚れたテーブルの上で再び母なる海との邂逅を果たしたのだ。

私は母なる海と父たる大地、雄大世界に思いを馳せながらミソスープを口に運び、その広がりのない味に僅かに顔を顰める。

スープ存在意義がわからない。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん