「大友良英」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 大友良英とは

2019-01-13

いだてん1話音楽

いだてん、面白い

1話も2話も楽しく見ました。

ただ1つ、気になることがあったのでここに残させてください。

1話嘉納治五郎フランス大使と話している場面及び、嘉納治五郎入院の場面の音楽です。

同じものが流れていたのですが、それがどうも既存の曲に似ている気がしてなりません。

既存の曲というのはyapoosの「ヒステリヤ」という曲。

随分昔の曲であるアルバムの中の1曲なので、有名とは言い難い曲です。

出だし部分だけならよくある偶然と思えましたが、そうではなかったので小骨のように引っかかっています

大友良英さんは戸川純さんとも仕事をされていたのでこの曲を聴いている(知っている)可能性はあるのでは、と思っています

「そんなに似てないよ」ということならそれで気が済みます

2016-01-02

正月で暇を持て余している東京の人へ

美術館に行ってはいかがでしょうか?

以下の4館はお正月特別公開で所蔵品展(常設展)の入場料が無料ですよ。

2015-11-08

普通に生活していれば、それでいいんじゃないの?

福島県県民必要以上に気丈に振る舞う様子を要求されて、ワケのわからない変な企画に乗せられているのを見ると胸が痛む。

(例:NHK花は咲く」、箭内道彦大友良英、などこの他にも実行犯多数)

普通の人が普通生活をしていればそれでいいのに、それの何がイケないの?

県外の人間として、災害に遭われたことよりもそのことに胸が痛む。

2015-02-17

ジャズがよくわからん俺がジャズ聴き始めたい人にオススメするTOP 10

増田、というかはてな投稿

はてな記法もよくわからないしブログ自体書くことも10年ぶりくらいなのだけど、

http://anond.hatelabo.jp/20150214223556

http://anond.hatelabo.jp/20150216002609

を読んで、古いジャズ以外にも紹介できたらと思って書く次第。

ロックとかしか知らなかった俺がジャズを聴き始めたきっかけになったアーティストなので、どなたかの参考になれば。


以下順不同で。

John Zorn

ニューヨークアルトサックス奏者であり作曲家

その活動が多岐に渡りすぎてなかなか紹介しづらいのだけど、自分ロックからジャズに入ったきっかけという観点から


下記人によってはジャケが不快なので注意


Naked City 「Bonehead」はじめに知ったのは映画ファニーゲーム」の主題歌から

https://www.youtube.com/watch?v=oXcgg7WC7LI

これなんかハードコアのような演奏だけどジャズ

これはジョンゾーンが組んでいるユニットNaked Cityの一曲基本的に1曲30秒から1分で終わるので聴きやすいです。


ほかにも

Painkiller名義で、日本GSグループ ジャックスの「マリアンヌ」を巻上公一カバーした

https://www.youtube.com/watch?v=OFL04ObMXNA


ユダヤ音楽演奏するmasadaのエレクトリックバージョン、Electric Masada

https://www.youtube.com/watch?v=dF5tidRij1g

など。


とにかく作品多くてジャンルも多岐に渡るのでいろいろ聴いてみるのがいいとおもう。

でもあんまり語りすぎるとにわか現代ジャズ扱いされやすいので注意だ。



Jagga Jazzist

ノルウェージャズバンド。ホーン隊なんかも入って聴きやすいと思う。

名前の読み方は「ジャガ・ジャジスト」だったり「ヤガ・ヤキスト」「ヤガ・ヤシスト」だったり。

主にポストロックエレクトロニカを聴いてる人に評判いいかも。

https://www.youtube.com/watch?v=wNcQj4PJLMg

このアーティストアルバムごとに作品性が違ったりするのでいろいろ聴いてみるのが吉。



supersilent

これもノルウェーユニット。あのあたりの人たちは「北欧ジャズ」というまとめられ方もする。

これはエレクトロニカ周辺の人には評判がよく、ノイズドローンなどを中心とした演奏

https://www.youtube.com/watch?v=K0O8i5ckXes


昔のライブだとけっこう激しくて、メンバードラムいたころは

https://www.youtube.com/watch?v=t6-PlpmFc-c

とか

最近だとZeppelinのジョン・ポール・ジョーンズと共演した

https://www.youtube.com/watch?v=5WNQHZNa4no

なんかがおすすめ



東京ザヴィヌルバッハ

日本からだと、東京ザヴィヌルバッハというユニット

テレビに良く出てたりする菊地成孔と、キーボード奏者の坪口昌恭によるエレクトロジャズユニットで、

自動演奏ソフト演奏させて、それを元にジャムセッションしていく形をとってたりする。

https://www.youtube.com/watch?v=w2BeqHYxMoM



というわけでみごとに力尽きた… 文章を書くってつかれるね…


他には

Triosk

大友良英

内橋和久

カフカ


なんかを紹介しようと思ってたんだけど、興味があったら調べてみてね。



以上、ロックやらオルタナティブミュージックから入った人へおすすめしたいジャズでした。

いわゆるジャズっぽくはないかもしれないけど、これをジャズじゃないと言い切るのはジャズの根幹を覆すことなので、「ジャズ」ということで、ひとつ

2014-02-09

現代音楽歴史超簡略版

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39905

ベートーベン事件の論評は間違いだらけ

まりに気の毒な当代一流の音楽家新垣隆

この記事のブコメは割と現代音楽の高尚な作曲家様が商業及び無知な人たちを見下してるのウゼェという感じが多く見受けられて、そういえば日本音楽の授業とかだと現代音楽についてってあんまり触れてなくてなんとなくそういうのが原因な気もした。

そこで日本現代音楽界とか教育Disるのもいいんだが手っ取り早い方法としてここに現代音楽の超大雑把な歴史を書こうと思う。

大まかさ重視だし自分もかじった程度なので細かいところは気にしないでくれい。その上でこれはさすがに語弊があるとか難しくてわかんねーよってとこはフォローお願いします。

------------------------------------

まず、本当におおまかな2大ジャンルして「無調」と「偶然性」がある。前者が先で後者が後の時代

まずショパンとかがいたロマン派とかの時代の後半から調性音楽をどんどん複雑にしていって和音とかもそれまでは不協和音とされていたものも許容されていくようになる流れがあって(ちなみに中世ぐらいはドとミは不協和とされてたのよ)、そのうち「無調」を目指すようになる。

一番有名なのがシェーンベルクって人で、この人は「既存技法にとらわれてちゃ新しいもんなんて出来ないぜ!」ってことで「12技法」ってのを作った。

これは何かってうと、まず1オクターブ12音を自由な順番に並べて、「そのまま並べる」「逆から並べる」「最初の音を中心に上下逆さまにする」「上下逆を逆から並べる」っていう4種類の音列を作る。

で、この4種の音列だけで曲を作るってものなんだ。順番があってれば始めの音はどの音程でもいいし、同じ音名ならオクターブが入れ替わっても良い。リズムについては特に指定はない。

それから時系列的に順番だけじゃなくて和音の上から順に1,2,3番目みたいなのも有り。これ以外は何でも許される。ただ音の並べ方によっては調性があるものも出てくるのでそれは使わないようにしてたみたい。

まりルールを最低限にすることで既成概念にとらわれない曲ができたわけだ。ある意味これは「言い訳」的でも有り「どんなもの音楽的か?」は作曲家自身に委ねられる。

でもそれじゃ和音の取り方とか特にリズムの作り方とかは今までの概念とか染み付いてきたものからは抜けだせないんじゃない?と思う人もいるんじゃないかと。

シェーンベルク弟子たちがそう考えて、より主観性排除する方向に向かうわけです。

どうするかというと、音列1〜12番までにそれぞれ強弱や、音の長さとかを割り当てていく。「総音列技法」とか「セリエリズム」とか呼ばれたりする。

どう考えてもめちゃくちゃなリズムだろこれ、みたいなのがこういうのだったりする。メシアンの「音価と強度のモード」とか。

そうするとどうなっていくかというと段々作曲者が考える必要性がなくなっていく。

同時にこの頃コンピュータとか電子楽器が出てきまして(まだ研究所とかしか持てないレベルだけど)、ある程度のアルゴリズムを決めたらあとは技術者に任せて音を作ってもらえば良くなってしまう、ということになってくる。

(実はこの辺の技術開発がシンセサイザーや録音技術の向上にもつながって、今日の我々の聞く商業音楽の礎(踏み台かな?)になっているというのは多分事実で案外重要ポイントだと個人的には思ってるよ。)

でも当然こんな流れを続ければみんなおんなじように一聴意味不明ものばっかり出来上がって行き詰まってくるのはだれでも予想がつくことで。

ここまでが「無調」。

------------------------------------------

そんな中登場したのがみんな大好きジョン・ケージ

彼がやったことをざっくり言うと「お前ら既成概念から外れた音楽作ろうとしてたのに何そんな頭固いことやってんの?もっと音楽って自由だろ?」みたいな感じで

サイコロ演奏順がその時々によって変わるとか、人によって解釈の異なる五線譜以外の楽譜とか(これはケージ最初ではないけど)、果てには皆さんご存知「4分33秒」が出てくる。

ちなみに4分33秒が有名ですけど実はその後に「0分00秒」っていうのも作ってて、演奏しなくていいどころか始まらないし終わりもしない、存在はあるけど存在しないみたいな不思議なことになってしまうわけだ。

このへんはそりゃあもう革新的だったんですが当然、さっきのよりも深刻な袋小路に入り込んでしまったわけです。

このへんは現代美術もおんなじような流れがあるけど「やれることやり尽くしちゃった」です。だって音楽なのに音楽存在しなくてもいいんだよ。

さあ、この後どうします?っていうのが現代音楽の現状と言っていいんじゃないかと。(当然皆この後もいろんな取り組みはしてるし、このへんの見解は分かれるとは思うけど。)

-----------------------------

ちなみにあんまり触れなかったものとしては未来派スペクトル楽派、ミュージック・コンクレートとかがあるんで興味があればググってみてね。

---------------------

以上を踏まえた上でイトケンさんの記事に対する個人的な思いとしては

調性音楽を作るのは現代音楽を作っていくより圧倒的に楽だ、っていうのは現代音楽の道に入る人らはみんなまず調性音楽から勉強していって、その上でないと現代音楽が作れないってことだと思う。歴史の積み重ねつながりを知らんと無理だし、調性音楽の仕組みも理解してないと無理。

ただ調性感のある音楽は大したことがないから著作権放棄する作曲家ばかりなのかは自分作曲家ではないしよくわからんが、上の流れで見たように、もはや調性感があるかないかなんて昨今じゃどうでもよくなってるんじゃないかということがあるのでそれはどうなの、と思う所あり。

あとブコメでも多分触れてたと思うけどあまちゃんテーマを作った大友良英さんはおそらく一般大衆には理解され難いノイズミュージックバリバリやってた人です。

そういう人がなんであまちゃんテーマのような超親しみやすい曲を作るのか?ということは結構考えて行くと興味深いのではないかと思うが、自分の考えはまとまってないのでやめとく。

2012-05-17

合法的に踊る

こんなこと許されていいのだろうか 踊る自由について - 大友良英のJAMJAM日記

何時以降は踊ってはいけないとか、指定された店以外では踊ることを禁ずるなどという法律自体が、わたしにはおかしものに見えるんだけど、間違ってるかな? 

クラブ行かない人達からは「法を守れば問題ない」という意見もあることなので、まとめてみる。

合法的に踊れる店とは、

風俗営業の許可をとっている。

24時以降は営業しない。

以上。

文章にすると簡単。踊るために風俗営業許可が必要という時点で違和感あるけど、法がそうなっているんだからしょうがない。

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S23/S23HO122.html]

第一章第二条を見ると「設備を設けて客にダンスをさせる営業」のみでも、第二条一項四号に該当する。これに、飲食が加わると同一項三号にあたり、さら接待が加わると同一項一号に該当する。そうすると「風営法を尊守したクラブ」は三号の営業許可がとれればいいわけだ。

「許可の基準」は第二章第四条から記載されている。第三項と第四項は「風営法を尊守したクラブ」にはあまり関係ないので無視。なので第一項と第二項を満たせばOKになる。

では第一項から。「許可を受けようとする者が次の各号のいずれかに該当するときは、許可をしてはならない。」とある。まとめると、クラブ経営者は「犯罪暦がなくて未成年でなくてジャンキーでない」人ならOKということ。善良な市民だったら大丈夫、って感じだろうか。

続いて第二項。「許可の申請に係る営業所につき次の各号のいずれかに該当する事由があるときは、許可をしてはならない。」とある。これをまとめると「店の構造設備及び住所が基準を満たしてないとダメ」となる。構造設備については公安が、住所については都道府県条例で決められている。条例地域によって違うけれど大体は「住宅街の中、学校病院の近くはダメ」という感じ。構造設備についての条件は以下のようになっている。

1 客室の床面積は、一室の床面積を66平方メートル以上とし、ダンスをさせるための客室の部分の床面積をおおむねその5分の1以上とすること。

2 客室の内部が当該営業所の外部から容易に見通すことができないものであること。

3 客室の内部に見通しを妨げる設備を設けないこと。

4 善良の風俗又は清浄風俗環境を害するおそれのある写真広告物、装飾その他の設備を設けないこと。

5 客室の出入口に施錠の設備を設けないこと。ただし、営業所外に通ずる客室の出入口については、この限りではない。

6 第29条に定めるところにより計つた営業所内の照度が5ルクス以下とならないように維持されるための必要構造又は設備を設けること。

7 第31条に定めるところにより計つた騒音又は振動の数値が法第15条の規定に基づく条例で定める数値に満たないように維持されるための必要構造又は設備を有すること。

1について。床面積66平方メートルということは20坪でおよそ40畳。あくまで「客室の」というところに注意。その上「一室」とあるように「40畳の客室と20畳の客室」という構成だとダメらしい。この2つを合わせて一つの客室とする場合、3が邪魔をする。「見通しを妨げる設備」の条件は、仕切り/つい立て/カーテン/背の高い椅子など高さが1メートル以上のもの、となっているから壁なんて問題外。新規で店内レイアウトして基準に合わせる、であればクリアできそうだけど、既存営業所を利用してとなるとこれに合わないことが多いらしい。あったとしても大家風俗営業所としての利用を認めない、とかもあるし。

じゃあ飲食なしでいいから第四号の許可を・・・としても条件は第三号とほとんど同じ。違いは「営業所内の照度10ルクス以上」ということくらい。さらに、「設備を設けて客にダンスをさせる営業」ということなので「ダンススクール」もかつては四号営業に含まれていた。しかし、

社交ダンス - Wikipedia

1998年映画Shall We ダンス?」の大ヒットや国際ダンススポーツ連盟(IDSF)の国際オリンピック委員会IOC)加盟など世論の後押しを受け、14年ぶりに大改正された。文部省認可の公益法人日本ボールルームダンス連盟(JBDF)の存在や、ダンスに理解の深い国会議員組織ダンススポーツ推進議員連盟」の精力的な活動により、ダンススクール風営法適用除外が実現した。

ということで、ダンススクールは四号営業に該当しなくなった。法律を見ても、

(第一号若しくは前号に該当する営業又は客にダンス教授するための営業のうちダンス教授する者(政令で定めるダンス教授に関する講習を受けその課程を修了した者その他ダンスを正規に教授する能力を有する者として政令で定める者に限る。)が客にダンス教授する場合にのみ客にダンスをさせる営業を除く。)

と書いてある。だからクラブ」じゃなくて「ダンススクール」としてダンスさせるのは合法なのだ・・・というのは早計で「ダンス教授する者が客にダンス教授する場合にのみ客にダンスをさせる営業」、簡単にいうと「習うときだけ踊る」という条件の上、ダンス教授する者、いわゆる先生は「政令で定めるダンス教授に関する講習を受けその課程を修了した者その他ダンスを正規に教授する能力を有する者として政令で定める者に限る。」わけで。講習については以下のとおり。

http://www.npa.go.jp/syokan/shiteitouhoujin/03dansu.pdf]

ダンス教師の要件については、社団法人全日本ダンス協会連合会及び財団法人日本ボールルームダンス連盟が行う講習であって国家公安委員会が指定するものの修了者又はこれらの法人が同講習の修了者と同等の能力を有する者として国家公安委員会に推薦した者(これらの法人が行う試験であって国家公安委員会が指定するもの合格者等)に限定されている。

要は「資格を持った先生ダンスを教える」以外の営業はダンスホールとして四号許可が必要ということで。無許可でかつ無資格の人がダンスを教えると、風営法違反という解釈も成り立つ。「どこか場所を借りて会費を集めて盆踊りの練習をする」のも会費を集めるという行為が「営業」と判断されたら摘発の対象になる、ということだ。

・・・さて、こうした「人・環境設備/構造」をクリアできれば、晴れて「合法的に踊れる店」の出来上がり。ただし、許可が降りたその後も、店内のレイアウト変更などに制約があったりする。そして閉店は24時。志がある人はぜひ経営に乗り出してほしい。

風営法は厳密に運用すると「許可された所以外では何時だろうと踊らせるな。許可した所でも24時以降は踊らせるな。」ということになってしまうんだなーと。「踊っている人を見たらとりあえず通報」したらどんなことになるだろう?「風営法を尊守したクラブ/ダンススクール」ってかなり少ない気がする。

じゃあ店じゃなくて外で踊ろう、というのも結構厳しくて。公園で音を出していると大抵警備員さんや警察の方に「苦情があったから止めて」って注意される。イヤホンすれば、「無音で動いている人」になるから不審人物ということでやっぱり注意される。運良く注意されずに満足いくまで踊れるかもしれないので「踊るのはどこでもできる」という人は是非チャレンジしてほしい。

「合法的に踊る」のは案外難しかったりする。踊るってそんなに迷惑なことなのかなー。

風営法に踊らされて

昨今騒がしい風営法である。昨日は大友良英さんが話題にして http://d.hatena.ne.jp/otomojamjam/20120516ちょっとした議論になっている。

ただし、すでに高橋健太郎さんが指摘しているけど、大友さんが言うように「単に古い法律が今でも自分たちを縛っている」というのはちょっと素朴すぎる議論だ。趣旨新聞の記事そのもので、この点では大友さんが踊らされていると言っても良い。

実際、今までクラブの周辺で悪いことは行われてきた。既に指摘のあるディスコ殺人事件 http://www2.atwiki.jp/onthecorner/pages/183.html もそうだし、たとえば悪名高きスーパーフリーダンスイベントを開催して悪事を行った口だ。自分クラブにそこそこ行ったことある(渋谷オルガン・バー、Womb代官山Air六本木の小さいヤツ、新宿にあった頃のリッキッドルームなど)し、たいていは悪事なんかやる場所もないくらいのところだけど、数回黒いスーツの兄ちゃんの集団を見たこともある。売春麻薬だって取引されてきただろう。だから、「クラブは悪いところではない」というのは「道路は悪いところではない」くらいのものだと理解している。じゃあ、これが、「野球場で人が死んだ」とか「テニスコート殺人事件があった」のと何が違うのか。

ここで箱としてのクラブの特徴を考えてみる。

要するに、一般の店舗の営業形態と違うことが多く、理解を得にくいのだ。

一方で、 http://1st.geocities.jp/metelgiar/dance_law.html のページにあるように、本来対象だったはずの社交ダンスが「理解を得て」対象外になったことがある。だから、今クラブを支えるには、「どうしたら一般に理解を得られるか」に尽きる。

そこで思うことが、パフュームであるパフュームは今や武道館が瞬殺と言われるほどの人気グループである。そしてその音楽を支える中田ヤスタカも、プロデューサーとしては非常に高い知名度を誇る。ところが、その中田がどこでDJしているかといえば代官山渋谷の小さなクラブだ。多くても1000人も入らないような場所だ。あれだけ有名ながら、知名度と動員が連動していないのだ(中田にとってはそっちの方が良いだろうけど)。そうでなくても、一般にクラブっぽい音楽はあふれているのに、いまだにその演奏場所が理解を得られてないというのは、不思議なことだ。

さすがにAKB商法が参考になるとは思わないけど、音楽の販売とクラブの動員はもっと積極的に結びつけられていい。なんのお咎めもないもの違法にするのは簡単だけど、一度違法になったものを合法にするのは大変だ。上に挙げた社交ダンスの例だって90年代まで風営法適用内だったことが、今となっては笑い話のようだが、事実でもあるのだ。

まあ、なんで警察がこんなに躍起になってクラブを叩いているのか、そっちの追求も必要だけど、やっぱり点数稼ぎかなぁ?

2009-12-26

ヤクザクリスマスナンバー

もう何かいろいろ有り過ぎて引きずってます。スパンと切った筈なんだけど、キレて無ーい。

「ああそうか。2chの連中は今年は本当に良き、あるいはどうでもいいようなクリスマスを過ごされたのだな。大して憎悪を膨らませる事無く、好きな人や物に囲まれ、好きな物を喰らい、好きなように過ごす。これが出来るのはクリスマス正月ぐらいだもんね。」と内心感動していたら、吠えました。ワタシが(笑)

例のはてサゲバ棒持って襲撃をかけ...。ってかこれじゃどっちが左翼か訳が解らず。「んなもん俺の方が本物(笑)」とキッチリ示そうとしたら、

案の定コメ禁になり、いつものように酷く腑に落ちてますが(笑)いかがお過ごしでしょうか?(笑)

結局2夜に渡って説得を続けたんだけど、ごねたんだわ。アチラさんが。

「30人31脚は悪の権化」とかそんな事ヌカし、子供を放ったらかしたまんま「アレは悪い、アンタは良い事言った」っていう同じくはてサ連中のコメントを選りすぐり、部屋にデコレーションして楽しんでたんだわそいつは。

うん。ワタシは「んな事ねーって!アンタのクラス子供に聞いて回ったんかい?それでも教師かい?」とか、「子供の方が大人なんですよ。アンタ見たく吠えないし。良い子にしてるからサンタさんからご褒美貰ってる。」と言ったら、何も答えず、ひたすら部屋からつまみ出した。2夜もだぜ?信じられるか?

って事で、もうメッチャクチャなダーティーダズンを今でも吐き出したいんだけど(吐き出してるか・笑)

その頃大友良英さんは「新ピ」で吠えていたらしい。かーるいシンクロ(笑)

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん