「小島よしお」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 小島よしおとは

2019-05-15

映画芸人吹替といえば思い出す (LEGOバットマン

以前、LEGOバットマン映画が公開前に吹替ロビン役を小島よしおが発表するときいて

自称プロかはわからない映画ライター撤回させる署名運動を始めた

観る前からこんな風になるとかいちゃもんをつけながら。

 

蓋を開けてみれば全く問題なくむしろお上手なくらいで

発起人は署名のページを閉鎖した

謝罪ページも消したってだっせえ顛末を思い出すのは

 

またそいつが観る前からいちゃもんつけてるのを見つけたからかな

ああはなるまい

2018-10-21

anond:20181021194832

小島よしおに見える。ウェェェイってやってるわ。

2018-09-20

小島よしおテンション生活したい

昨日副業水商売でお前はなんでそんなに自分に自信無いのかって言われた


根っからネガティブ自分の好きなところなんて全然なくて

息を吐くように偏屈言葉が出てくる自分うんざりしてるし

自分に自信があったらもっと人生楽しいだってわかってるけどそんなん無理だろうって諦めてた


「なんか耐えて耐えて乗り越えた経験とか無いでしょ?」ってお客さんに言われて、

しかに私は一人娘で親に甘やかされて育ったし

学校生活ではカーストも上位の方で(リーダー補佐ぐらいのポジションが一番おいしくてたのしくて安全だろうって思ってずっとそこにしがみついてた)

感情で動くタイプ自分は嫌なこととか辛いことがあったらサイアクだ!やめる!って辞めてきたかもなって気付いた

まあでもそれなりに辛くて泣いたり不眠になったりするんだけど

結果終着点がいつも辞めることなんだよな

やっぱり続けるって決断したこともまたすぐ辞めるぞ!ってなってる


いつもみたいにあ〜だから自分ダメなんだなあとか思いながらそうっすねーはははとか返した気がする

そしたら「俺だって辛くて泣きたい時とかめっちゃあるけどなんかしら乗り越えなきゃダメだしみんなやってるよ」って言われて


いつも考えてから喋るけど咄嗟に「頑張って辛いぐらいだったら頑張んなくて楽しい方が幸せじゃないですか」って言っちゃった


咄嗟に得た自分言葉に対してすごい共感してる自分もいるけど

やっぱ世間を甘く見てるよなあとかいつか行き詰まるのかなあとか不安と情けなさもすごいあった

その時は笑い話みたいなテンションで言ったけどほんと自分の中身が出たよな サイテー

でも本当にここまでの人生生きててなんとかなってて楽しい

とか思いつつ「頑張んなくて楽しい方が幸せ」って言ったけど今の自分すごい不幸な気がしてきた



そんなことをモヤモヤ考えながら

これから新卒で入った会社に辞めたいですって言ってくる

すごいやりたかたことで募集してなくても入れてくださいって頼み込んで入社したのに1年半しか居られなかった


今回は何回も辞めたいモードになって不眠になったり泣いたりしたし考えた方だし絶対合ってる決断だって思ってたけど

昨日した会話が引っかかってて本当に辞めちゃうのかなって不安になってる



ここで辞めちゃったら私はこれからもずっと自分のこと嫌いなままなのかな

小島よしおテンション生活したいって書いたけどもうそれも逃げなんじゃないか



私っていつまでこうやって生きてるんだろうな

2018-08-06

小島よしお「何の意味も無い!」

これはもしかしたら、人として生きる意味のことだろうか。

2018-06-26

学歴コンプレックスが無いか馬鹿を演じることができる

高卒芸人スーツを着てコメンテーターをやる一方で、小島よしおあやまんJAPANのように、

いい大学を出ている芸人馬鹿下品な芸をやる日本。でもこれは考えてみれば当然の話。

学歴コンプレックスが無い人は、他人から馬鹿だと思われても平気だから

躊躇無く馬鹿を演じることができるというわけ。

 

たとえば九大文学部を出てるなら、馬鹿言葉が下手なフリをするのは面白い手だと思う。

馬鹿を演じる楽しさに加えて、自分のことを馬鹿だと思って見下してくる奴らのみじめさを

こっそり笑う快感があるからね。

2018-05-12

さくらんぼブービー

突然頭の中に「カジくんじゃない?」が浮かんできた。さくらんぼブービーネタだ。1回テレビで見ただけだけどすごく好きだった。

wiki見るともう解散してたけどカジ君はピンでサンミュージックでやってるっていうからサンミュージックタレントリスト見てた。

有名なのはベッキーカンニングの竹山、安達祐実塚本高史メイプル超合金ダンディ坂野髭男爵小島よしお城咲仁スギちゃん植松晃士とあまりパッとしないのだけど(安達祐実塚本高史は好きだけど)、その他大量の売れない芸人の中に突然現れる片山さつき業務提携)はなんなんだ。

塚本高史って一時期「いつかはゆかし」って怪しげな金融商品CMに出てたけど事務所がショボいかあんなのに出させられてたんかなぁ。安達祐実も他の事務所ならもっと仕事取れそうな気がする。

2018-04-30

狩野英孝ブレイクして社会現象になって10年か

狩野英孝が「ラーメンつけ麺・僕イケメン」のフレーズブレイクしたのは2008年の今頃だったけど、あれから10年が経ったのか。

小島よしおの「そんなの関係ねえ」の一発芸が飽きられて、その小島と入れ替わりのようにブレイクし始めたのが狩野英孝だった。

もう10年経つというのは、すごく早く感じる。

2008年当時にテレビで見た時は、あまり面白くないなあ、と感じていたけど、今見てみると懐かしさもあって結構面白い。

2018年現在芸能界活動を続けているらしいから、ただの一発屋芸人ではなかったわけだ。

狩野小島よしおレイザーラモンなど、2000年代一発屋芸人であっても普通に面白かった。

最近一発屋芸人を見ていても、狩野くらいのレベル芸人はあまりいない気がする。

2017-11-16

ミリオネア

数年前、友人の結婚式に出たときの話。

新郎側の友人として参加。招待客が100名を超える、今時にしては割りと規模の大きい披露宴だった。

勤務先の上司挨拶や、友人たちからのお祝いの言葉、祝電などが続き、いいムードで式が進んでいた。

宴が盛り上がってきた中盤、新郎小学生時代からの友人A君とB君による余興が始まった。

会場に流れるいたことがあるテーマみのもんた司会のクイズ番組クイズ$ミリオネア音楽だった。

すると、会場の扉が開き、みのもんた仮装メイク)をしたA君と、当時オッパピーで一斉を風靡していた小島よしお仮装をしたB君が会場に走って入ってきた。

小島よしお仮装に若干空気が固くなる会場。

それを振り切るように、似てないみのもんたモノマネで語り始めるA君。

「これから新郎新婦にまつわるクイズを出します。4択クイズを出すので、答えだと思う番号をテーブルごとに上げてください。一問でも間違えたら、そのテーブルの解答権はそこで終わりです。なお、テレフォンや50/50はありません」

隣りにいて黙ってそんなの関係ねえのポーズをとっている小島よしおも手伝って、どんどん会場の空気が冷え込んできた。

「では、第一問、新郎新婦出会ったのはどこでしょうか? A.ナンパ B.出会い系サイト C.合コン D.お見合い

「あー、これ知ってるわ」と同じテーブルの人を見渡すと、みんなも知っている模様。そこでためらうこと無くCの札を上げる。

ファイナルアンサー? ....正解は.........Cの合コン!」

なんとこの問題はすべてのテーブルが正解だった。

「ふふふ、最初問題簡単すぎましたね。では次の問題

と、問題を出していくA君。

ふたりで初めてみた映画タイトル

初めてのデート場所

初めてキスをした場所

問題を聞きながら「あー、これ知ってるわ」という一問目と同じ感覚で次々と正解を出していく俺(と同じテーブルの連中)。

いや、我々だけではない、会場内のすべてのテーブルが、出題者の意図に反して、出す問題にすべて正解を出していく。

最終問題を出す声が震えるA君。だが、彼の願いも虚しく、これもまた全テーブル正解であった。

「優勝賞品の行方は...あとで考えます...」と力のない声で会場を去るみのもんた

なぜ、全テーブルが正解したのか。

それは、彼らの余興の前、上司から挨拶、友人から挨拶に原因があった。

彼ら、彼女らの挨拶の中で、新郎新婦エピソードとして、問題の答えがすべて話されていたのであった。

みのもんた小島よしおメイクのため、その時間会場にいなかったA君とB君はそのことを知る由もない。

今思うと、あの会場にダニー・ボイルがいたに違いない。そして名作「スラムドッグ・ミリオネア」へと繋がったのだろう(適当)。

このことから得られる教訓は、どんな余興でも、ちゃんと事前に打ち合わせしておいたほうが無難であるということだ。

2017-08-22

10年後のお金ってどうなってるんだろ

10年後、2027年

ちなみに10年前、2007年

今ふと貯金のこととか考えてたら心配になったんだけど、じゃあ10年後の俺らの金ってどうなってんだろう。

そもそも日本円なの?とかタン貯金なの?とか、投資なの?とか。

あとは最近だと現金いらねーとか?クラウド家計簿?とか?仮想通貨、とか?

LINEとかAmazonとかGoogle銀行やれば?とか?

そもそも財布とか持ちたくないし指紋とかで電車乗れたり買い物出来たり?とか

映画で見たけど目の模様で〜〜とか、あとは世界共通通貨とか?

妄想しはじめると止まらないけどそんなことより隣に美人の嫁がほしい

2017-07-23

やめなよ

映画だけじゃなくてネタ番組も1.4倍で見るのやめなよ。

小島よしおが凄く速い。

2017-04-19

プライドが高いのは高卒芸人のほう

時おり芸能界への提言を出すオリラジ中田を見て「こいつプライド高すぎだろ」とか

文化人に憧れてるんだろうな」とか言う人たちを見たが、そんなわけないだろ。

オリラジ中田小島よしおカズレーザーのような高学歴芸人たちは、

どれだけ馬鹿なことを言っても「本当は頭がいい」と思ってもらえる立場

から彼らは余計なプライドに囚われず、どこまでも馬鹿を演じることができる。

逆に高卒芸人ほどスーツを着て政治社会を語る番組をやろうとする。

2016-03-03

http://anond.hatelabo.jp/20160302225330

全然意味わかんないし面白くない

よしおくんって友達がいるんだけど、他の友だちから同名の芸人小島よしおって言われてからかわれてるっておばあちゃんに話したら、おばあちゃんが「でもそんなの関係ない!って言えばいいんじゃないの?」ってナチュラルに言ってフイタwwwっていうコピペの方がよっぽど面白い

2015-11-18

大事な時間

ミラクル9に小島よしおが出てる」

「ほんとだ。久しぶりに見た」

「服着てる。なんで?」

「そりゃ、いつまでも裸ではいられないでしょ」

さきほど交わした、日本一アホな会話。

くだらねぇ話して日々が過ぎていく。

しか結構こんなんで楽しかったりする。

身の回り人間と、もっと会話しようと思う。

万一、明日が、大事な人との別れの日になるとしたら、

小さい諍いなんて、きっとどうでもいい。

「あっ。3つもあったのにぼけっとしてたら全部食べちゃったじゃん」

「…包み紙、ゴミ箱の底のほうに隠しておけばバレないって」

「よし、畳もう。なかったことにしよう」

ごめん。けっこう美味しかった。

2015-08-09

海女さんのゆるキャラの件

反発があるのはわからんでもない。

なんか最近の萌絵は生理的イラッとするんだよな。

別に知らん奴がそういう絵を崇拝するのは勝手にすればいい。

だけど、自分らの誇る事業生理的に「キモっ」て思うようなマスコットで売るなよってなるだろ。


たとえばさ、これが日本だ!世界よ!みたいなので、お笑いを前面に出すようなマーケティングしたとする。

そして小島よしおマスコット代表に据えたとする。そんなもん総スカンだろ?

2015-03-24

グッバイ早稲田、いい夢見ろよ

今年早稲田卒業する俺が新入生にアドバイスしたい

http://anond.hatelabo.jp/20100217113611

入学前参考にした覚えがあるので

自分卒業前に何か書いてみたいと思った

ひとり暮らしはしてなかったし

真面目に学問してたわけでも就活無双してたわけでもないので

学生たる者こうしたまえってのは あまり言えないんだけど

折角だし、これおすすめという物事を書いていくね


その1 医療費補助を申請しよう

早稲田大学学生健康増進互助会学生早健会)

http://www.waseda.jp/student/hoken/gojyokai/iryokyuhu-p01.html

全員入学オリエンテーションで説明を受けるはずなんだけど

たぶんほとんどの人が忘れてる学生早健会

季節ごとに無料歯科検診とか栄養指導

新歓期はアルコールパッチテストなどを実施しているありがたい団体

ご紹介したいのは、ここでは日常生活でかかる医療費を補助してもらえること(上限年間6万だったかな)

事前に本人名義口座を登録して、学生証と領収証を受付に持っていけば数カ月後に

自己負担500円を差し引いた額が振り込まれると神機能

かなり助かるので是非使うべきだと思う


その2 新聞記事サーフィンしよう

図書館 学術情報検索

http://www.wul.waseda.ac.jp/imas/

きっと1年目のオリエンテーションゼミ教授から

図書館の使いこなし方や論文・文献を見つけ出すノウハウみたいなもの

教えてもらえると思うけど、自分イチオシ新聞の横断検索

大学読売朝日毎日日経などの主要各紙と契約しているので

ログインしさえすれば1970年代からのほぼすべての記事検索できる

自分の興味あるワード検索すると見出しがずらっと出るから時代ごとの変遷が見て取れて

ウィキペディアサーフィンみたいな面白さがある

就活シーズンが近くなったら企業名業界ワード検索してみるのもいいかも

自分はあまりチャレンジしなかったけど海外紙もあるよ


その3 映画を見よう

本を読むの大学生特権?だけど 映画時間のある大学生ならではだと思う

馬場歩きの途中にあるミニシアター早稲田松竹は、

テーマを設けて国内外のいい映画をやってるから時間を見つけて行くといいよ 

2本立てとかを見終わると日が暮れてたりして愕然とするけど笑、不思議松竹で見た映画は印象に残るよ

図書館でもミニブース映画は見れるから、授業の間が空いてたらいくのもあり


その4 運動しよう

大学では運動サークルでも入らない限り

高校時代に比べて運動時間が減るのは確かだと思う

学生会館の地下には、かつて小島よしおも通ったというジムがあって

http://ameblo.jp/wasedanosusume/entry-10228174332.html

年間2000~3000円で綺麗な設備を使える 授業の合間に行きやす

ガーデンプレイスヨガとかやってるから女子はそれもいいと思う

戸山キャンパス文カフェの地下にはプールがあって、初めて見つけた時は目を剥いたけど

http://waseda-sports.jp/news/34832/

バルセロナ水泳とかに出ちゃうレベルガチボーイが隣のレーンに泳いでたりするので

参考にもなるし、マンモス校のはずなのにやたら空いているのでおすすめ 1回100円

名称は迷走してるけど、早稲田学部ごとの科目とは別に

学部生が聴講出来るオープン科目というものがある 語学教養ITボランティアスポーツとか

それらを余裕のある曜日にとるのも、楽しく運動不足解消・友達作りも兼ねてということでいいかもしれない

万人におすすめトランポリン これほど爽快なものはないよ 

スポーツが得意な人はカバディとか 日本代表なれるかも


その5 工作しよう

理工キャンパスには、材料を持ち込めば、

ろくろからレーザー加工機まで 多彩な設備を使わせてもらえる工房がある

http://www.koubou.sci.waseda.ac.jp/

長いスパンでモノづくりを進めていくのは醍醐味があるもの

中々有意義時間を過ごせる DIYとか興味がなくても、行ってみればムクムクと

何か作りたい気持ちが湧いてきたりするし、一見価値あるよ 


その6 ピクニックをしよう

残念ながら早稲田ICUみたいなばか広い芝生があるキャンパスではない

ないけど、中々いい公園庭園は近くにあるんだよね

大隈庭園戸山公園が有名ドコロだけど、

個人的オススメ中央図書館の裏にある甘泉園公園

http://www.city.shinjuku.lg.jp/seikatsu/file15_03_00011.html

暖かい日は、お弁当サブウェイサンドイッチでも持って行くと気持ちいいよ


その7 就活どうしよう

入学式で、「早稲田に入ったあなた出世するかどうかは保証できないが、あなたの友だちが出世することは確実だ」

みたいなこと言われたけど、卒業する今まわりの進路を見るとなるほどねって感じはする

さて、あなたがこれから日本就活ゲームに乗るかどうかは自由だけど、もしやるならキャリアセンターは足繁く通うといいと思う

waseda net portalキャリアコンパスコーナーに、内定先ごとの卒業生就活振り返り記みたいなのがあるんだけど

これは参考になるし読み物としても中々面白いので、就活どうしようかなってときはここを読むことから始めるといいよ


その8 その他おすすめのお店

山手卓球

http://www.yelp.co.jp/biz/%E5%B1%B1%E6%89%8B%E5%8D%93%E7%90%83%E5%A0%B4-%E6%96%B0%E5%AE%BF%E5%8C%BA

映画版ピンポン」に出てくるような昭和館溢れる卓球場 馬場近くの栄通りにある 

飲み会帰りに行くと本当に楽しい 

隣の卓球台で躍動する常連の爺さんたちの半端ない踏み込み

やたら上手いミャンマー人たちのカットマンぶりを見られるかもしれない

・早美舎  

http://www.sobisha.com/shop.html

印刷関係・お揃いのグッズ作りのお店

レポート提出間際、パソコン室のプリンターは混んでてアテにならない

そんなときはここに駆け込むべし 若旦那が神の如き手捌きでUSBからPDF印刷してくれる

ここで何単位救われたかからないレベル

ママハウス

http://tabelog.com/tokyo/A1305/A130504/13006270/

親戚のおばちゃん家きたみたいな感じを味わえる韓国料理屋さん

日本代表試合とかをのんびり観るのにもよかった

ここのお弁当は丼一杯300円でかなりコスパがいい 

牛丼「ライフ」ヤバイ

つけ麺屋「高木屋」人間食べ物じゃない辛さ

中華料理屋「太公望教授でも容赦しない主人のキャラ

ここらはかなりエキセントリックな体験が味わえるので

1年生のうちに友だち誘って挑戦して、

後輩ができたらご馳走しに連れてってあげると面白いかも

早稲田生協

自分生協加入しなかったけど、結構電化製品とか色々売ってるし本が安いし

amazon代わりに使ってたら結構お得だったかなと思わないでもない

やたら新入生にゴリ押ししてるパソコンは買わなくていいよ レッツノート自体は性能いいけど


くぅ~疲れましたw これにて完結です!

もっと色々書きたい気もするけど

明日卒業式なのでもう寝なくては

さて、

新入生はいい友だちできるといいね 

ひとりでも楽しめることは、上記以外でも沢山あるし

大学の周りだけが学生生活じゃない

宗教左翼自己啓発のお誘いにはくれぐれも気をつけて

2013-12-23

アニメとか映画評論価値が見出せない

作品の感想なんてものは人それぞれ勝手に受け止めるものであって、そんなものは「※個人の感想です」でしかなく、それ以上でもそれ以下でもないものなのに、

文化人とかサブカルとか言論者なんかが自分のメシを食うためのメディア露出や本や雑誌ブログ記事のネタつくりや、ハク付けや権威や発言力を高めるためにしゃしゃり出てきて、出さなくても良いクチを出しているだけ、っていう認識なんだけど。俺の中では。チラシの裏に書いとけよ。と。

権威が幅を利かせる社会から権威を作ることでメシ食おうという職業が成り立つ土壌だということか。カツマとか。

んで、そういった権威を、作品を作る側や商売展開する側も利用しているので、彼らの中ではwin-winなんだろうな。お金払って評論書いてもらったりしてるのかも。

権威のための評論なんかじゃなくて、いろんな見方や新しい切り口を提示してる個人の感想文のほうがよっぽど意義があるとおもう。

たとえばヱヴァ破のときに、「あれはギャグである。"そんなの関係ないって言ってるでしょう!"って発言は小島よしおに結びついており、現代おいて"いかに笑いをとるか"ということがコミュニケーション上の重要な要素であることの表現なのだ」的な主旨のブログを見たけどそれはおもしろかった。

でも、「権威評論 かつ 新しい切り口で面白い」というパターンもあるかも。それはそれで面白いからおk

※個人の感想です

2013-05-15

bogusnewsは無理に面白いこと言おうとしないでいいんじゃない

最近bogusnewsは無理に流行りのネタオタクに擦り寄って面白いこと言おうしてる気がするのよね

これとかね

ガルパン2期はパラレルもの「ボーイズ&パンツ」で衆道描く - bogusnews

う~ん、面白いことないこともないんだけど、よく分かってない感じするのよね

ガールズ&パンツァー」を「ボーイズパンツ」、「戦車道」を「衆道」って安易な思いつきホモネタで笑いをとろうっていうのはわかるんだけど

“あらすじ。主人公・東住よしおは、過去に事後処理をしてもらえなかったトラウマから衆道をやめ大洗男子学園に転校してきた。”

なんで「よしお」なの?芸人小島よしお?なんで?海パンから

多少なりともオタク界隈、ネット界隈に通じていれば、ホモネタなんてのは鉄板ネタで「くそみそ」「パンツレスリング」「淫夢」なんてのがあるしさ

パンツ」と「ホモときたらパンツレスリングって即座に出てきそうなものなのよね

そんでさらに、コメ欄で「パンツ・アッー・フォー!」「ボーイズパンツ アッー!」とか一枚上手の淫夢ネタやられちゃってるし

知らないとしか思えないんだよね、オタク界隈やネット界隈の鉄板ネタ

あとこれ

橋下共同代表「コミケに慰安婦必要」夏コミから導入訴え - bogusnews

う~ん、なるほどね~、橋下代表を揶揄するために旧日本軍オタクに置き換えて笑いをとろうっていうのね、はいはい

揶揄するのはけっこうなんだけどさ、なんでコミケなの?なんでオタクなの?まぁ確かにねコミケ戦場みたいに例えられるからね分からないでもないのよ

でもさ、実際に事件起こしてる奴らと、オタクを並べてどうすんのよ?まるでオタクが事件起こすような危険集団みたいじゃない

そんでコミケを引き合いに出すにしてもさコミケ運営が事件を起こさないようにどれだけ神経配ってるか知ってたらさこういうの書けないはずなのよ

なんていうのかオタクコミケに対する偏見が見え隠れするのよね

bogusnews流行りのネタオタクに擦り寄って笑いをとりたいって気持ちは分かる

でもさぁ、流行りのネタオタク界隈やネット界隈に通じてる方からしてみれば「よく分かってない奴が、がんばって面白いこと言おうとしてる」としか見えないのよ

そういうの渇いた笑いしかでないし、なんも言えなくなる

なんていうかさbogusnews自分の得意なことやってればいいんじゃないかな

それがbogusnewsらしさに繋がっていくと思うし、そっちのほうがクオリティも上がっていくと思うのよね

最近虚構新聞に押され気味だけど自分の得意なことをがんばって独自色を打ち出して行ってほしい

がんばれ!bogusnews!応援してるぞp(*^-^*)q

2011-07-02

http://anond.hatelabo.jp/20110701194023

ttp://twitter.com/#!/dmm_matsue/status/86250027961434112

駒沢通りで赤信号なのに多くの自転車信号無視して爆走する中、一台だけちゃんと止まった自転車がいた。まったく普通のことをやっているだけなのに、いい奴だなーと思ってよく見てみると小島よしおだった。彼が微妙テレビから消えない理由が分かった気がした。

2010-09-27

http://anond.hatelabo.jp/20100927180652

花火のような一発屋芸人でも、最盛期は月収何百万とかいうからねぇ。

さらに営業向きのキャラなら、テレビ仕事なくなっても稼げるみたいだし

羽田陽区みたいに大物の腰巾着に納まれば、芸無しでも食っていけるし

小島よしおみたいになんだかんだ生き残るやつもいるし

一発かけてみようって気にはなるんじゃないかな。

2010-07-25

小島よしお熱湯事件面白かったと言っただけで24時間テレビの闇についての演説始めるような人とは友達になれない

2010-07-21

http://anond.hatelabo.jp/20100721134857

文壇気取りは排除されて結構だが、それを「はてな」とか属性で排除するから良い人材も合わせて淘汰されてしまう。

そしてその文壇気取りが自身の経歴をぶら下げて歩いているのがあたりまえだから問題なのだ。言ってみれば小島よしおがいまだテレビに出てくる状況と似ている。

2010-07-12

自分の才覚に自信がなければ、真面目さは逆に足を引っ張る

俺も院卒だけど。

何度やっても「人の話を聞け」と言われる。自分では、人に言われた事にものすごく気を付けているつもりなのに。ある時、もう、真面目になるのを諦めて、「不真面目になろう」、「人の話を逆に全く聞かないようにしよう」と思った。一旦、全部の注意をまっさらにして、自分が他人だったときに論理的に考えてやられると困るミスから潰していくようにした。他人に共感することはできなくとも、いい大学に入っているのだから、論理的に考えることは一応できる。そうしたら、だんだん普通に作業できるようになった。

http://anond.hatelabo.jp/20100709111531

この感覚は非常によくわかるなあ。仕事全般じゃなくて人間関係全般でね。

もし元増田で話題になってる院卒の人が過去の俺と同じ問題を抱えてたと仮定すると、その人は多分何かにコンプレックスを抱えてるんだよね。一番ありがちなのは多分「KY恐怖症」。院卒というぐらいだからいい意味でも悪い意味でも世の中ではかなり特殊な経歴の持ち主なわけで、世の中の常識自分常識がずれてることが結構あるわけよ。だから、周囲に自分を合わせなきゃいけないって気持ちを常に抱えてる。そこで色々無理してしまうんだ。たとえば俺の場合だと、ちょっと例が古いけど周囲が小島よしおネタで盛り上がってるときに、自分小島よしおの何が面白いか全く理解できなかったわけ。ところが職場飲み会で「小島よしおなんて何が面白いんだ」というわけにはいかない。だからそこは無理に合わせて「そうっすね、最高っすよね」とか適当に言って笑っておくしかない。そういう細かいことが積み重ねって神経すり減らして肝心なところに目がいかなくなっちゃうんだよね。

本当は、知識として覚えておかなければならない注意などごく一部で、多くの注意は、論理的に考えれば帰結できるはずなのだ。ところが、このタイプの人は、他人を必要以上に恐れており、他人に言われたことは全て守らなければならないと思っているため、「注意された理由を考える」という概念が欠如している。そして、言われた注意を全部丸暗記しようとする。この方法は、実は、試験では上手くいく。

ちょっとその説明は誤解を招くんじゃないかなあ。そういうことを言うとますます「高学歴試験しかできない」という世間の思いこみが強化されそうだし。

ここで一番重要なところは「他人を必要以上に恐れており」という部分だよね。「注意された理由を考える」という概念が欠如してしまう原因はなぜかというと、結局「自分論理が通用する」という自信がなかったり、あるいはどういう論理を使っていいかそういう実例を見たことがないから想像ができなかったりということでしょう(逆に、学校勉強ができない人の多くは「学問を必要以上に恐れている」問題を抱えている気もするけどそれはさておき)。

ここでもまた自分語りするけど、俺は子供の頃から音楽をやってたんだけど、上達がどうも遅くて何十年やっても自分演奏から素人臭さが抜けなかった。それなのに、「子供の頃習わされてたけど特に好きでもなかったから」とか言ってる人の中には、俺よりよほど技術的に洗練されている人がゴロゴロいたりして、自分がよっぽど才能がないと思ってたんだ。その才能の差を努力で埋めようとして基礎練をいろいろやってみたけれど、やればやるほどおかしな方向に進んでしまうので、本当に絶望するしかなかった。

でもあるとき都合で師匠を変えることがあって、愕然とした。その師匠は単に自分が何かをやってみせて「こうしろ」というのではなく、「この曲のこの箇所ではこのような音をつくるために、体のこの部分をこういう感覚で動かせ」とか、全部理詰めで教えてくれたんだよね。何がびっくりしたかって、「効率よく体を動かす」みたいな発想で頭を使っていいっていう発想がなかったから。「芸術とは才能と努力のたまものである」みたいな漠然とした考えしかなかったからね。

これは本当におかしなことで、勉強とかいうことになれば、必要な知識や手法を理解するためにはどうしたらよいかとか、時間と効率を考えて戦略を立てるという考え方が自然にできていたのに、趣味の方ではまるでそういう発想が働いていなかったわけ。この差はなにかというと、結局は学問の方では「自分馬鹿ではない」という一定の自信があったのに対し、趣味の方では「自分には才能がない」と最初から決めてかかっていたことで発想を萎縮させてたってことなんだと思う。

自信というものの大切さは一事が万事で、元増田の院卒の人も結局は同じ問題抱えてたんじゃないかと思うんだよね。院卒の人なんてのは得てして「象牙の塔学問なんて机上の空論」なんてことを言われ続けて屈折してたりするから、案外その人も

自分社会でやっていけない、自分の考えでものごとを進めたら失敗する、だから自分ではなにも考えないで人の言うとおりにしよう」

という風に自分自分を押さえ込んだりしてしまっているんじゃないだろうかね。

これを克服するためには何らかの成功体験が必要なんじゃないかと思う。俺自身、自分がそういう発想に陥りがちなのを自分で気づいて自分で克服したきっかけは、上に書いた趣味の分野での気づきだったし。

というわけで提案。元増田の人は、たとえばその院卒の人にメイン仕事とは離れた部分のことで、責任も重くなければ息抜きにもなるようなこと(たとえば社外ボランティアとか、やりがいはそれなりにあるけど失敗しても謝れば済む程度のこと)を割り振ってみるとかどうでしょう。一度何かできっかけをつかめれば、「自分で考えていい」ってことに自信を取り戻せて、氷が融けるようにじわじわと本領を発揮する場面が徐々に増えていってくれるんじゃないかと思うんですが。

2010-06-19

張本勲江川紹子降板騒動

ニュース記事とか、きっこのブログとかによるとすったもんだがあったようだが...。

要は、張本の「喝!」ってのは芸なんだから、共演者は芸を壊してはいけない。

小島よしおの「熱湯風呂熱くないのバラしちゃった」事件とおなじで。

要は、江川紹子に「演者」としての自覚がなかったということで、

ジャーナリストだというのもわかるけど、「芸の場」では多少立ち居振る舞いを変えないとだめだー。

そういう人が芸の場にはご遠慮ください、と言われるのはまあ、わからんでもないし。

要は、サンデーモーニング報道っぽい面をしているが単なるバラエティショーなわけで

言論というほど高尚なものでもない。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん