「曽祖父」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 曽祖父とは

2020-06-30

子供が減ったのは家が狭くなったからなのでは

anond:20200629181719

啓蒙等により女性地位が向上したから多産DVが発生しなくなり子供の数が1~2人になったという説が出ていたけど、

本当に曾祖母世代から祖母世代の間で女性地位が向上したのかどうか?

祖母は正直言ってバリバリ男尊女卑思想(女は男に仕えるもの、男は外で稼いでなんぼ)の持ち主で、

意識に変化が生じているのは雇用機会均等法以降の世代であり、専業ではなく共働きになった母からだ。

母と祖母は男女観が合わず過去バチバチ喧嘩して、もう平行線から無駄ということで落ち着いている。

 

祖母祖母環境で大きく違うのは、家の大きさだと思う。

曽祖父と曾祖母の家は、母屋を見ただけでも9DK???加えて離れや蔵みたいなものがある???という

未だに全貌のわからない巨大な家で、駅から遠く、車がないと暮らしにくい地域にある。

曽祖父は既に亡くなっており、曽祖父にとっての長男が家を継いでいる。

 曽祖父が建てた家なので曽祖父の家と表現した)

一方、祖父祖母の家は普通3LDK、庭が狭く、今の感覚でも物珍しさのない普通間取りをしている。

曽祖父と曾祖母の家と比べるとかなり駅が近くて、徒歩で買い物に行ける場所にある。

祖父祖母の家で子供9人作れるかというと、無理だと思う。タコ部屋になる。

そのかわり通勤通学の利便性を得たし、子供一人あたりの教育投資予算割合も増した。

曽祖父・曾祖母田舎祖父祖母地方都市郊外、父・母は東京都郊外に住んだ。

より都市都市へと進んでいる。(私は東京で止まっているけど)

 

子供の数の急減が生じたとき、同時に「広大な土地のある田舎から都市への移住」が起きていたのでは。

移住して田舎特有のだだっ広い家と広大な庭もなくなり、3LDKで暮らせる範囲の子供数になったのでは。

というか…曽祖父・曾祖母世代でも、同時期に東京暮らしていた家族は、子供が少なかったのでは?

 

都市への人の移動は、農家やその他の自営業と比べて、稼げて土日休みがとれる仕事を求めてのことだと思う。

大都市ほど職の選択肢が多い。それに引き寄せられて人々は引っ越す判断をした。

そして結果として住居は狭くなり、産める子供の数はせいぜい2人で頭打ち限界で3人、という状態になった。

この状況が、女性たちの「妊娠をしていないし、乳児の保育もしていない時間」を増やすことになったし、

夫婦が一人娘に全力教育投資をして優秀な勤労女性に育て上げるケースも出てきて、

性別女性であっても「機会を与えられれば優秀な人が出てくるかもしれないのだ」という認知が広がった。

 

女性として生まれた瞬間に、大人になっても自力で稼ぐ」ということができないことが確定していた時代環境だと、

そこから女性差別するのは良くないことだ」なんていう感覚は生まれようがないと思うんですよね。

人は経済合理性で動く。都市にカネのにおいがすれば都市に移り住む。

家が狭くなれば子供の数は減る。娘しかできなければ、娘に教育リソースを注ぐ。

手厚く教育リソースを注がれた娘が、弁護士なり女医なり、「知的上澄み労働者」としてバリバリ稼ぐようになれば、

それを見た同僚や客たちの意識がやっと「女でもこんな風に働けるんだ」となる。

そうしてやっと、女はどうせバカからという理由女性就労機会を制限するのは損失だ、と感じるようになる。

ここで男女観の変化が生じる。

そういう順番だったんじゃないかという話。

2020-06-29

子供が減ると女性蔑視が減るのではないかという話

私の曽祖父には9人の子供がいて、そのうちの一人が私の祖母だ。

祖母を含めた4人の女きょうだいは、勉強ができるできないを全く考慮されず全員高卒(家政科)。

5人の男きょうだいは、大卒2名高卒3名。長男大卒で後継ぎになり、三男は長男の手伝いをし、ほか全員は事業を起こした。

きょうだいが多いと、息子の人数も多く、5人もいる息子の中から出来のいいやつを大学に行かせればよいので、

娘までわざわざ高い教育を受けさせる意味はない。全員家政科というのも女が受ける教育は嫁がせる準備でしかいからだ。

しか祖母が産んだ子供は2人(私の母と叔父)であり、母が産んだ子供は1人(娘である私)だけ。曾祖母が産んだ子供の数と比べると急激に減った。

そして母、母の弟、私、全員大学に行っている。多子家庭では息子と比べて優先順位が低くなる娘にも、子供の数が少なくなると教育機会が回ってくる。

教育を受けた女性を実際に子供の頃からたくさん見てきた男性は、

女性性的サービス出産以外には何も役に立たないという発想をしなくなる。

中年男性にしては非常に先進的な男女観を持った方に話を聞くと、その方のお母さまがその世代にしては珍しく大卒だったりする。

女性能力に対して高く見積もり卑屈になりがちな男性に話を聞くと、妹の合格した大学偏差値自分が負けているという話だったりする。

やはり、男女観は、その男性の家族女性たちの生きざまが刷り込んでいるという面が大きいのではないか

そして女性発言権がないと多子化するという傾向があり、多子化するほど家庭の教育予算男児のみに割かれるので、

女児高等教育を受けられない→結婚するか性的サービスで稼ぐしかなくなり「自業自得」と蔑視される存在になる、という被差別ループにハマるのではないか

要するに女性性別理由に機会を奪われるということは、子供の数が多すぎたことによって起きており、

少子傾向こそが一人一人の娘たちのQOL向上につながっているのではという話なんですが。

2020-06-05

anond:20200605184117

祖父ちゃん年代の話じゃないのでしょうか。

あるいは曽祖父年代の。

いまどきは家庭科男女平等に習いますし、

独り暮らしも早いうちからする人もいそう。

ご飯作ったり家事したりができないから、年行ってから家事リソースとられて

しんどくなってしまうってことなのでは。

2020-04-22

anond:20200422024516

結婚が早い方がいいのはもちろんなのだが、

祖父曽祖父若いから経済的、体力的に援助ができる、というのはちょっと違うな。

1人あたり2人を生んだ場合、孫は4人、玄孫は8人だ。

そうなると曽祖父母ができる援助なんて微々たるもんだ。

ある程度本人たちに自活能力が備わっていれば

(例えば土地を持ってる農家とか)成功できるんだが

そうじゃない場合はこのパターンでも破綻するケースはありそう。

妊娠した高校生は圧倒的に勝ち組

妊娠した高校生妊娠させた高校生は圧倒的に勝ち組である

ただし条件がある。

  1. 少なくとも子供が親元を離れるまでは夫婦仲良くする
  2. 両方の両親が真人間

なぜあえてこれを書いたかと言うと、内心例の高校生g(ry

概要

様々なケースに当てはまると思うが、主にいわゆるバリキャリ女性子供も欲しいなら高校生子供を産めばいいという話だ(バリキャリ男性も)。

バリキャリとは高学歴・高職歴を目指し仕事資格取得に邁進する意識高い系の人たちだ。

一般的10代で子供を産むのはヤンキー所業だが、これには圧倒的なメリットがあるので、バリキャリ勢も彼らを見習ってその奥義を導入するべきだ。

着想

主に二つの問題意識による。

高卒が一番有利

一つは、僕の中学同級生のその後の人生を比べた結果だ。

どう考えても一番人生うまくいっているのは「高校卒業して地元工場かに就職してから10代で結婚出産」のパターンだ。

これは男女問わずそうだ。

結婚相手高校の時の交際相手が多い。

まずここで、大学に行くより高卒就職する方が有利であるといえる。

断っておくと、僕の中学で名のある大学に進学した人は以下だ。

旧帝:0

早稲田:1人 ←一番頭良かったやつ

駅弁:2人くらい

MARCH:1人くらい

その他地元の人しか知らない大学:30人くらい

普通公立中学ならこんなものだろう。

さらにここを突き詰めていけば、実は高校生子供を産むのが一番賢い選択なのではないかと思えてくる。

キャリア出産

もう一つは、キャリア結婚出産の天秤問題である

多くの20代後半から30代の男女が、仕事私生活バランスに悩まされている。

30をすぎると急激に婚活市場での価値が下がるので婚活20代前半で始めないと間に合わない。

しかし、仕事が忙しい。

キャリアが中断されるから出産に踏み切れない女性もいる。

男性だって今どき育児を妻に任せきりにできない。ある程度仕事セーブして育児を手伝う必要がある。

それであれば、30歳で婚活を始めるより、20代育児に注いで30代で仕事を頑張り始める方が効率がいい。

さらに、悲しいことに30歳をすぎて独身の人は人間性問題があり仕事ができない奴扱いされやすい。

よく就職直後の若者が『今はプライベートよりも仕事を優先したい』とか『今は仕事が忙しくて彼女彼氏)作ってられない』などと呑気なことをおっしゃっているが、

実は本人が思っているよりもタイムリミットが近い。

もっと言えば30位になって『子供は欲しい』とか言っている未婚男女は、とっくに......

そうなると、仕事をそれなりにこなしてから結婚出産などのライフイベントに挑むよりも、就職する前に子供を作る方が合理的なのではないかと思う。

高校生子供を作ったら、一時はヒソヒソされるかもしれないが、30歳になったら今度は独身の方がヒソヒソされるし、男女とも子持ちはそれだけで『なんか立派な人』感が出るのでトータルで得だ。

メリット

出会い

まず、高校出会いが多い。

いきなりだせえ。

しかし、『出会いがない』は世の中の大人の主要な悩みだ。

高校こそ伴侶を見つけるべき場所だ。

偏差値が60位ないのなら勉強などしなくて良い。

彼氏彼女を作ってさっさと結婚するのが正解である

不妊

次に、不妊問題がある。

女性場合妊娠するには若い方が有利だ。

これは馬鹿にできた話ではない。

世の中の多くのキャリア女性が、30後半になって子供を作ろうとして困っている現実を知って欲しい。

高校生出産するのは圧倒的に得なのだ

勉強は後で取り返せるが、体の年齢は取り返せない。

恋愛市場での価値

似たような点として、女性場合若い方が市場価値が高く有利である

ただし、これは合成の誤謬が発生するので、高校生結婚する人が増えたら意味がなくなる。

男性場合は、勝ち組になるか負け組になるか確定していない状態自分を売ることができる。

サブプライムローンみたい話だ。

もしその男性が『自分現在モテていないが、将来仕事活躍してお金持ちになって美女結婚するのだ』という意思がない限り、

なるべく勝ち組になるか負け組になるか判断つかない時点で結婚することにはメリットがある。

親の金と体力

さらに、親の金と体力をあてにできる。

親も10代で出産していた場合、大体30歳くらいで祖父祖母になる。

さら曽祖父40代

ということは、子供を作った本人たちに経済力育児力がなくても全く困らないのだ。

モテるためのお金節約できる

別の観点として、モテることにお金を使わなくて良いという点がある。

おまいらは今までモテることに幾らお金時間を使っただろうか。

合コン代・衣服代・Pairs代・デートetc......

高校生結婚すれば、後の人生のそれらの出費を全部節約できる。

圧倒的にコスパが良いのだ。

デメリット

高校はどうするのか

まず、出産する女性物理的に高校に通えなくなるという批判があろう。

もちろん僕は妊娠した女子高生を放校したりするべきだとは思わないが、カリキュラム上自ずと限界はある。

だが問題ではない。そもそも大学なんか行かなくて良いし、高校だって彼氏を見つける』以外の価値ほとんどない。

断っておくが、僕は教養不要だと思っていない。

人間知識教養を身につけることで、様々なことに対して事実をもとに判断でき、自由人たる尊厳を守ることができる。

僕は決して『女性は産む機会だから教養なんて不要だ』と思っているわけではない。

もちろん僕は結婚出産より勉強仕事趣味を優先する男女のことを全く否定していない。

あくまで、人生の中で子供が欲しいと思うなら、10代・20代・30代のどこで作るべきか冷静に比較検討すると10代が最善というところに落ち着くだけだ。

勉強なんて家でできる。

また、高校生出産すれば、30歳くらいには子供の手がかからなくなる。

その後に自分人生を取り返すのも十分に可能だ。

30歳くらいになって『子供欲しい』とか言ってる同僚を尻目に、子育てを終えて残りの人生仕事趣味に全力投球できるのだ。

こっちの方が強くないだろうか。

そんなのおかし

高校生出産なんておかしいと思う人がいる。

おかしいと思っている人がいるかおかしいということになるのであって、みんなが気にしなければ誰も気にしない。

かに現代社会では人間的に成熟した人に結婚権利があり、経済的に自立した人に子供を作る権利があるということになっている。

高校生妊娠なんて田舎ヤンキーだけの話だ。

しかしそれはおかしい。

まず、そんな概念が定着したのは極々最近である日本史ちょっと思い返せばわかるはずだ。

昔は未熟な人同士で結婚して、それを周りがサポートしていた。

それ以上に、女性が22歳になってから本格的に婚活妊活を始めるのが当たり前である今の社会の方がよほど狂気の沙汰ではないか

また、残念ながら30歳になったって成熟しない人は成熟しない。

そして、精神的・経済的にどちらが有利か考えて欲しい。

精神的・経済的円熟を出産の条件とする家族構成はこうなる。

赤ちゃん:0歳

お父さん:35歳

祖父さん:70歳

逆に、15歳でも子供を作って良いと言うことになったら

赤ちゃん:0歳

お父さん:15歳

祖父さん:30歳

曽祖父さん:45歳

ひいひいじいさん:60歳

である

どちらが経済面精神面で有利か明らかである

そんなことを言っている人だって子供大学に行くなら学費を出すのだろう。

22歳の子供の学費はを出すなら、22歳の子の子供のミルク代を出したって良いだろう。

親と同居したくない

時々、親(赤ちゃんから見てお祖父さんお祖母さん)と同居したくない理由に「考えが古い」をあげる人がいる。

しかし、よく見て欲しい。この場合祖父さんは30歳である

子供欲しい』とか言ってる30代より若い可能性がある。

結論

現在高校生妊娠するのは田舎ヤンキー感満載だが、実はそっちの方が合理的なので、それが当たり前になるべき。

きな子結婚するのがいいと思うが、こういうご意見があるので参考にして欲しい。

https://twitter.com/AliceArisima/status/1245720488527065088

2020-02-10

anond:20200210122923

ジブさんのWikipediaやけど、

義父は建築家の坂倉竹之助。父方の義祖父建築家坂倉準三曽祖父文化学院創立者西村伊作。母方の祖父実業家横井英樹SPHEREは異父弟。 1991年結婚し、2人の息子を授かるも離婚。2人の子供はZeebraが引き取る。現在の妻はモデル中林美和で、中林との間にも2人の娘がおり、合計4人の子供の父である

この横井英樹って人が滅茶苦茶金持ちやで

まあホテルニュージャパン火事以降はどうかしらんけど

2020-01-09

anond:20200109134318

お金持ちで良かったですね。うちも曽祖父の頃は使用人がいましたが。

まさかこんなに落ちぶれるとは。

叔父事業失敗したのが問題でしたね。一族迷惑をかけた。

2019-12-05

anond:20191205220348

うちの祖母ミスコンにでたことを父親(俺の曽祖父から「はしたない」と言われ抑圧され、喧嘩になり勘当されたって最近聞いた

関西人からなのか、いまでもデーハーな格好していて子供の頃から会うと身内として恥ずかしいと思っていたが

最近見方を改めたわ、祖母フェミとして戦ってきた人だったんだなと。

ほんと最近の抑圧的なフェミ詐称する集団を見ると、昭和おっさんだなと思う

2019-11-29

anond:20191128194442

親が2人、祖父母が4人、曽祖父母で8人・・・てたどると、鎌倉時代くらいまで遡れば日本の総人口を軽く超えるハズ。

から、ほぼ全員武家末裔のはずじゃない?

2019-08-19

第二次世界大戦の話を次世代に引き継ぐ必要ある?

これは程度問題なんだけど

終戦から74年だ

そろそろ戦争体験者が亡くなっていくくらいの年月が経った

戦争に行った俺の爺さんも10年前に亡くなった

 

20歳の子祖父母の年齢は70歳〜80歳ってところだろう、ほとんど戦争体験者ではなく、その次の世代

曽祖父母の話とか、身近さも現実感も無いだろ

の子供にとっては歴史上の話でしか無い

もちろん、明治維新のように事実としては語り継ぐべきだろうけど、今のリアルと地続きではなくなり特別さは徐々に薄らいでいる

 

しか情報としても古い

戦争はもちろん悲惨なんだが、今戦争になった場合、当時のような雰囲気にはならないと言われている

ではどうすれば良いのかと言えば、近代紛争戦争の話を共有すべきなんじゃないだろうか

それもあくま事実としてだけど

 

こういう話が出ると「戦争が語り継がれなくなったら大変だ」みたいな不安の声もあがるが

今の30代くらいまで覚えていれば、あと50年は語り告げる

そしたら戦後124年だ、十分だよ

戦争を知らない子供たち」からもう50年だ

2019-08-07

自分祖母が馬だった。

anond:20190807005604

これ見て思いだした。

いや馬そのものじゃないんだけど、生まれた当時にウマと交換で曽祖父母のところに貰われてきたらしい。

詳しい話は聞かずじまいだったんだが、こういうのって多いのだろうか。

明治30年代の話としてよくあることだった?

2019-07-13

未来のミライ面白かったな!(≠いい映画だったな)

はじめに 細田守映画には2種類ある

細田守を知らないほうが楽しめる映画

 デジモンサマーウォーズ

細田守を知っているほうが楽しめる映画

 バケモノの子未来のミライ

つの細田守らしさ

描きたい内容を単純化しつつわかりやすい折り目をつけ、誰でもついていきやすい速度でありながら明確な変化を持って描かれる最大公約数的なストーリーテリング。画面を広く使いつつ視点を大きく動かさないようにする雄大カメラワーク日常幻想の間に半透明の敷居を置き両者をはっきり区別しながら横へと並べる非連続的な非日常性。これがいい意味での細田守らしさ。

ショタコンにしてケモナー自意識過剰キャラクター。誰もが承認欲求に飢えているという断定の元に進む構ってちゃんストーリー。全てを自分の口で説明してしまう自信のなさ。ヒステリックさと寛容さの両極端。これが悪い意味での細田守らしさ。

悪い意味での細田守らしさを楽しめるか?

未来のミライ面白かったと言えるかの全ては、細田守の悪癖、性癖嗜癖理解した上で、その発露を作家性として消費することが出来るかにかかっている。逆に、そういったものに対して一切無頓着に、ただ何も考えずに綺麗な映像流れる時間パラパラ漫画だと思って鑑賞するかだ。

未来のミライには細田守内面”だけ”が描かれている。”だけ”である。この映画は主成分が細田守なのではなく、すべての成分が細田守なのだ。全スタッフの労力、作業製作過程で全て細田守分として返還されてしまう。そこに慈悲はない。この映画は全力で細田守であり、それ以外のものが含まれることは認められていない。実際、この映画制作にあたってスタッフ細田家のホームビデオが見せられたというエピソードすらある。スタッフが「家庭」というものに描くイメージを、「細田家の家庭」というイメージで塗りつぶし、他の家庭から異物を混入されることを防ぐ徹底した管理体制である

登場キャラクター全員が細田守である

くんちゃん

甘えん坊でわがまま自分を認めてもらいたくてたまらない子供は当然細田守であり、彼の成長を通して鑑賞者から贈られる称賛を求めているのも細田守自身なのだ。彼が作中では徹底して直接その苦しみを認められることがないのは、そういうふうに世界を見る細田守細田守の中に居るからである電車好きである点などは細田守の実子がモデルとなっている。彼にとってこの映画自分の子供が成長する姿を通して「かつて自分子供だった頃に成長したこと客観的に見ることになった」という事実を描いたものでもあるのだ。ケモナー成分を取り込んだりハチゲームクネクネしていたりと(ショタコンケモナー向け)サービスシーンも多く、彼が主人公であるということは、細田守にとってはケモナーショタコンであることが自己同一性の核であることを示す。

ミライ

客寄せパンダとして使われまくったのに、出てくるシーンは意外と少ない。未来という名前赤ん坊であること、婚期を逃すことを気にする発言、最終的にくんちゃんに血縁上のつながりを思い出させる役目、これらの要素から「男女の関係によって子孫を残すこと」のメタファー、ひいては「(ショタコンではなく)普通人間として生きること」のメタファーであることが伺える。同時に「世間で受け入れられ、未来に繋がる作品」のメタファーでもある。最初キャッチコピーとして登場し、最後クライマックスにおいてただの細田守回顧録であった映画一般向けの娯楽映画へと引き戻す役目を追っていることからもこれが分かる。

父・母

仕事人間であり、子供の親でもある細田守一般役割に対して性別が反転しているのはジェンダーフリーというよりも、それぞれに細田守に繋がる要素をもたせることで、どちらもを細田守にするためである。時折ヒステリックなのも妙に余裕ぶってみせるのも、自分たちが変わってきたと殊更に言うのも、全て細田守独り言なのだ

ゆっこ

オスケモ。王子だったという発言は、細田守の中で最も大事ものケモナー性癖だったことの暴露である。それにかつてという言葉をつけるのは、今の自分はそれを卒業したという自負である

曽祖父

ホモホモしい外見、言動であるのだがそれがハッキリと語られることはない。ここまで赤裸々にショタコンケモナー自己開示してきて、それをあえて語らないのは、細田守の中において自分ホモセクシャルへの興味がまだ疑問の残るものであるからである。逆に言えば「それすらも」赤裸々にスクリーンに映し出したのだ。

ストーリー解説

ミライが生まれる=『普通家族感』に侵食される

上で述べたようにミライは『普通の家庭』や『世間一般価値観』のメタファーであり、それが細田ハウスに持ち込まれるのは、ショタに興奮だけしていればよかった世界の終わりを意味している。ミライファースト生活否定する姿は、一般向け要素を散りばめた映画を作らされてきた細田守の姿である。その中で雑な反逆に出ては怒られる。悪い意味細田守らしい映画を作ってきたことへの反省と、それに対する怒りが描かれる。『自由ショタでケモいアニメだけやらせてくれ』、くんちゃんが繰り返すミライ否定発言はつまる所こういうことなのだ・

雛人形を戻す=結婚して家庭をもつ

雛人形を毎年1日ずつ出し続けていたら1年ずつ婚期が伸びる』という会話は、ずっと結婚できないということを意味している。それを片付けてミライちゃん未来結婚できるようになった。これは、細田守自分の中で幼少期から積み上げてきた結婚感を今一度棚卸しして、普通恋愛をして普通結婚をする人生を受け入れたことを意味している。作中に置いて、未来ちゃん過去にやってくるのは、細田守の中で過去細田守と共に今の細田守気持ちの整理をつけた経験を描いているのだ。そこに犬が加わっている理由は、それが彼の性癖に置いて重要意味を持つからである普通に見ていると何がしたいのかわかりにくいシーンも、このように整理していくと理解できる。これが未来のミライ面白さだ。

父や母と喧嘩したり和解したりする

これもうそのまま細田守自分の親に対して「心の中で」やっていたことです。自分が親になって子供を持つ身となってそれで子供の頃の両親の大変さとか知って感謝してーっていうアレです。そのままかよ!そしてその中で全部セリフにしちゃうのかよ!このシンプルさ!観客への信頼の無さ!そして自分表現への自信の無さ!これもまた細田守なんですわー。自分ちゃんと愛されているか不安だとそのまま口にするのは、自分映画ちゃんと観客に伝わっているのか不安だっていう宣言でもあったりするわけで。メタいぜー。

曽祖父自転車練習

ホモホモしいアンちゃんとの初体験。遠くを見据えろと語られるが、そのさきに見えるのは廃墟。この道の先に未来はない。細田守も分かっている。ショタコン一本では子孫は残せない。アニメだって歴史に残らない。分かっている。分かっているけど、そうして進んだ先で結果を出したのが今の細田守だろ?そんな叫びが聞こえてくる。補助輪無しで突き進むには、遠くに廃墟を見据えなきゃいけなかったんだ。そうしてバケモノの子が生まれしまったんだ……。

迷子ホーム

自分を見失ったとき、戻ってくるためには家族名前を呼ぶ必要がある。自分流れる血の繋がりを思い出す必要がある。そして、そのためにはミライを認める必要がある。ミライは「普通の家庭」「普通価値観」のメタファーであり、自分がそれと深くつながっていることを認めることが、自分を取り戻すためには必要だと、最後最後で認めることになる。途中からひたすらショタキャラメインで妙な話ばかりしていた映画が、ここで突然なんとも一般受けしそうなキャラと共にさもストーリーがしっかりとある映画であるかのような物語へと戻っていく。細田守の敗北宣言だ。人間としての細田守がここにいるには、彼の父親祖父ショタコン一本で通さなかったかである映画監督としての細田守がここにいるのは、デジモンサマーウォーズといった一般向けに迎合した作品を作ってきたかである自分が今ここにいるなかで、ケモナーであったことや、同性愛的な面を抱えていたことはたしかにあったが、それでも『普通』を受け入れてきたからだ。そう認めることで、見失っていた自分は取り戻される。そして、和解は結ばれた。ケモノショタへと一度は預けられた細田守界の王位継承権は、最後には『普通未来』へと託された。

これは、細田守が『普通』と和解するまでの物語だったのだ。

凄まじい映画だった。「作家性の塊」と呼ばれる映画はいくらでもあるが、純度99%作家性の劇物はそうそうはないだろう。アニメ映画というと娯楽作品ばかりで、文学性や哲学性を謳っておきながら結局は娯楽作品に片足と重心は置きっぱなしにした作品ばかりな中で異彩を放っている。そんな世界にこんなものが現れたらそりゃ受け入れられないだろうな。ましてそれを作った人間の最大のウリ文句サマーウォーズ時をかける少女なんていう痛快娯楽一般層向け作品なら。サマーウォーズ時かけ期待してこれ見に行ったら羊頭狗肉も良いところだって怒りたくもなるだろうな。

この作品には作家性以外を求めちゃ駄目なんだよ。日本広告業界映画業界はそれを頑なに伝えようとしなかった。そこは紛れもなくEVILだね。

ミライちゃんがただの客寄せパンダであり、その使われ方も「はいはいこのへんでパンダ投入すれば良いんだろ?」っていう態度で行われることに、細田守の中に渦巻いた鬱憤を感じ取ろうっていう気概最初から持って見る分にはね、いい映画なんですよ。

そこは分かってあげて欲しい。

でも娯楽映画としては本当に駄目だけどな。俺はこれを娯楽として楽しむことは出来たけど、それは正しい意味での娯楽じゃなくて単に俺の見方が捻くれてて性格が悪いから娯楽に出来ただけだわ。素直な心の持ち主が素直に楽しめる娯楽映画を作った方が最大多数の最大幸福だよ。新海誠君の名はと、細田守未来のミライ。このコントラストある意味美しいけどね。

2019-07-06

anond:20190706131130

母は専業主婦だったよ。将来、母親に頼り切っていて、今はいいかもしれないけれど、

家事が何もできないのはしんどいのでは?

いいおうちの子家事をしないというなら、

増田さんのご家庭は、女中さんや、家政婦さんがいらっしゃるのかしら。

うち、曽祖父時代使用人さん雇ってたよ。

2019-03-29

都会と田舎の話

田舎曽祖父が亡くなり

土地名義変更の話し合いで「○○町にある100坪」と話題になる

都会者は300万/坪と考えるが

田舎者は草が生い茂るどうでもいい土地の1万/坪、空き家が建っている8万/坪と考える

これも文化の違いであ

2019-02-06

anond:20190206015458

高齢でいらっしゃる

家柄は良いほうかもしれないけど、貧乏ですよ。

曽祖父がもし生きていたら泣くかもってくらいに没落してます

2019-01-19

加害者になりたく無いか戦争して欲しくない

というのをいつのからかずっと持っている。

祖母の生家は広島県曽祖父が亡くなった時に母親ぽろり曽祖父のお姉さんは原爆で亡くなり遺体も見つかっていないと言っていた。祖母が始めて母に観たいから連れて行ってとお願いした映画は「この世界の片隅に」だった。見慣れた街の景色をとても楽しんでいたと聞いた。

小学生の頃の私は酷く内向的で人と話すより空想したり本を読むのが大好きで図書室にある本は全部読んだ。はだしのゲンが唯一置いてある漫画だったので漫画も読みたい私は全部読んだ。時間が余った総合学習時間サトウキビ畑の唄を全部見せてもらった。映画が好きで、あと嵐が好きだったか硫黄島からの手紙父親たちの星条旗も見た。総合学習時間学内新聞を作るため私たちの班には日本軍が行なった生体実験というお題が与えられた。字を読むのが好きだし家に当時からパソコンがあったから調べまくった。

中学生修学旅行では長崎に行き被爆地を目で見た。写真で見るのとは全く違って、建物は静かで異空間の恐怖を覚えた。それは原爆に対するものではなく長崎のそのピンポイントに対する恐怖だったと思う。

大学生になって、留学生が多い学校だったから何かの流れから戦争の話になり、アメリカ人韓国人日本人で話していた。韓国人感情的に私へ怒りをぶつけてきたことを覚えている。講義原子爆弾関係映画をいくつか見た。一番印象的だったのは「太陽を盗んだ男」だ。パワフルさがたまらなく心に刺さった。映画を見て議論するという講義だったが、この時はあまり議論は盛り上がらなかった。それでもこの映画で描かれた9番という立場は当時の私にとって衝撃的だった。

多分私の生きてきた中に、戦争加害者としての日本が強く意識づけられている。原子爆弾を落とした蛮行未来永劫たとえ彼の国が滅びようとも許すことはできず、曽祖父の姉を奪ったそれがとても憎い。曽祖父爆弾の落とされた街を歩き姉を探しそうして見つかることなく生涯を終えるまで一体何を感じたのか想像することもないだろう世界は憎い。数多の人の命を一瞬に、そしてゆっくりと奪い今も苦しめ続ける原子爆弾をまた使うような未来絶対に避けたい。

それと同じくらい、戦争をして私たちがその立場になるのが嫌だ。私は女なので戦地に行くことはないかもしれないけど女性社会参加が都合よく叫ばれている今行かなくてはいけないかもしれない。そんなことはしたくない。見ず知らずの日本の誰かが顔も知らない世界の誰かを傷つけて欲しくはない。私に怒りをぶつけ暴言を吐いた彼女不快な思いは偉大たがたとえ大義名分を得ようとも彼女の命を奪いたくはない。

奪いたくないし、もちろん奪われたくもない。それが保たれることはとても平和で、命に限らず生きる中で何も奪わず奪われないことは、ある視点から見たらつまらないけれどとてつもなく幸せなことだと思う。満たされているということだから

そういうことを思う。

そして満たされないからあらゆるものを巡って争うのだなということも分かっている。切ない。欲望がもう少し小さければいいのに。

2019-01-12

anond:20190112225135

誰もパチンコも行かんしタバコも吸わねーもん

ただ曽祖父の煙管は格好よかったな。件の先祖の孫だが

2018-12-17

盛岡八幡宮境内にある IngressMission盛岡八幡宮クイズ

盛岡八幡宮境内にある IngressMission盛岡八幡宮クイズ」(初級、中級、上級)は境内にあったクイズの答えが書いてあった由来書きがなくなっていたりネット検索しても出てこなくて答えが分からなくなっているのでメモとしてここに残しておきます

盛岡八幡宮クイズ 初級

https://intel.ingress.com/mission/4886164f3a5d45f5b24029ed8d21b4f9.1c

盛岡八幡宮大鳥居

 Q、盛岡の総鎮守とされるこの盛岡八幡宮ですが、この盛岡八幡宮シンボルともなっている社号標にはなんと記されているでしょうか?

 A、盛岡鎮守

健康神社

 Q、五臓の神、癌神、中風神、健康神、生命神、薬神など、健康にまつわる神々が祀られている健康神社ですが、神社横にある案内に記されている人生において「悪であるもの

 A、病気

高倍神社・庖丁塚

 Q、この高部神社包丁塚ですが、高倍神社に祀られているのは何の守り神?(二文字

 A、料理

盛岡八幡宮

 Q、この八幡宮例大祭は毎年9月に何日間開催されるでしょうか?(数字文字

 A、4

盛岡八幡宮クイズ 中級

https://intel.ingress.com/mission/26bab5647322429aac96812e08b96b57.1c

盛岡八幡宮大鳥居

 Q、この大鳥居の横にある八幡宮社号標ですが、この社号標を書いたのは誰?

 A、山屋他人やまやたにん)

健康神社

 Q、この健康神社に足腰の健康を願って奉納されるものとは?

 A、わらじ

高倍神社・庖丁塚

 Q、この高部神社例大祭が行われるのは何月の何日?

 A、6月15日

盛岡八幡宮

 Q、この八幡宮前の広場ですが、流鏑馬奉納の為北側大鳥居から大鳥居までかなり長く広い敷地が用意されています。さてこの長辺の長さはおよそ何間

 A、220

盛岡八幡宮クイズ 上級

https://intel.ingress.com/mission/26bab5647322429aac96812e08b96b57.1c

盛岡八幡宮大鳥居

 Q、この大鳥居の横にある社号標ですが、書いたの方は、皇太子妃雅子さまのどの続柄にあたる方でしょうか?

 A、曽祖父(そうそふ)

健康神社

 Q、この健康神社には様々なけんこうにまつわる神々が祀られていますが、五臓の神、肺神、肝神、腎神、心神あと一柱は?

 A、脾神(ひしん ひぞう)

高倍神社・庖丁塚

 Q、毎年開催される例大祭奉納される包丁式では、調理人は、魚に手を直接触れず、何をかけない?

 A、息

盛岡八幡宮

 Q、盛岡八幡宮に祀られているのは?

 A、品陀和気命(ほんだわけのみこと)

2018-11-18

実の息子が、戸籍上の叔父になった。

税理士の勧めで祖父と息子が養子縁組しただけなんですけどね。

相続税対策祖父祖母養子にすることはよくあるらしいけど、曽祖父養子になったのはかなりのレアケースらしい。

養子縁組って手続きが面倒なのかと思いきや、ちょっと書類書くだけで終わってそれも驚き。

2018-09-30

anond:20180930114407

親が子供を一生面倒見なきゃいけないなら、親は子供より先に死ねないぞ。

そうすると、親の親=祖父母は孫が死ぬまで死ねないので、曽祖父母はひ孫が死ぬまで死ねないので……

と、祖先全てに生き返ってもらわなきゃいけなくなるな。

2017-04-05

まれてこなければよかった。

金もない友人もいない恋人もいない。

こんなにさびしく苦しい人生ならば、生まれてこなければよかったのだ。

そうだ。生まれてこれないようにしよう。

私はそう決心した。

私はタイムマシン製作にとりかかった。

それから長い年月の間、地下研究室にこもり人知れず研究開発を続けた。そして遂に私はタイムマシンを完成させることができた。

これを世間公表すれば富と名声を得られるのだろうが、今の私の心境はそんな低次元欲望に惑わされることはない。

当初の目的である私自身を生まれてこさせないようにすること。

それこそが私の原風景であり最大の目的であり純粋尊い至高の意思なのだ

初志貫徹。私はこの用途以外には決して使うまいと決めていた。

あのときの決意を簡単に変えるほど、私は軽薄で脆い人間ではないのだ。

完成したタイムマシンで早速、五世祖父時代に遡った。

この五世祖父を殺してしまえば私が産まれてくることはもはやないのだ。

五世祖父とはなにかを説明しよう。

先祖を遡っていくと、祖父 → 曽祖父 → 高祖父 → 五世祖父という順番で五世祖父という呼称になる。

私がなぜこれほどまでに遡って生殖連鎖を断絶させるのかというと、やはり近しい先祖は心情的にも自らの手にかけにくいものだったからだ。

ただし遡れば遡るほどその他の大勢の子孫の存在への影響が広範に及ぶ可能性があった。

残念ながら私はこのとき、そこまで考えが至らずに配慮を欠いていたのだ。だがまあよい。

過去時代で五世祖父の居場所を見つけ、五世祖父が夜道を歩いている折に、草木の陰から狙撃した。

しかしそこで不思議現象が起こったのだ。

なんと、五世祖父を撃ち、死を確認した瞬間に、いつのまにか私はまた草木の陰で狙撃前の状態に戻ってしまう。

私が再び撃つとまた草木の陰に戻ってしまう。

どうやら私が五世祖父を殺すと、私という存在そもそも消えてしまう。したがって五世祖父殺害しにくる私がいなくなる。

そして五世祖父は無事子孫を残すので、私が生まれる。まれた私がまた五世祖父殺害しに来るのだが、五世祖父を殺すと私は消える。

私が消えたことによって五世祖父は無事子孫を残し私が殺しにきて・・・

どうやらこの流れがループしているようなのだ

なんということだ。これでは私は永遠に五世祖父殺害をなしえないし生まれてこない状態にできないではないか

注:小説サイト投稿することにしました。

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん