「シュタイナー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: シュタイナーとは

2020-12-09

日本現代音楽も、様変わりしてきた。

2020年日本日本音楽大学教員勢も国際コンクール組が主流となり、学生たちの人権は大いに向上したと思われる。しかし、目に見えないところで、少しづ知的水準劣化は進んでいる。

まだNHK-AM第1でアルフレド・デ・アンジェリスのタンゴ放送されていた当時、日本は極貧国家だった。小平邦彦さんは「日本大学生の質が劣化した」と喝破していた。けれども、彼の世代大学に行けるのが7%で、喝破当時14%なのだから当たり前である小平さんはそんな統計データにも気が付かなかったのだが、自分が正しく自分以外はすべて間違いだと錯覚している日本人は珍しくない。今でも日本田舎地方は、自分が正しい人たちでいっぱいだ。

その極貧国家高卒で国際コンクールグランプリの取得に成功した人物が、武満徹さんであった。彼がグランプリを取得したことで、現代音楽学歴関係ないと錯覚する人物が多く出たのだが、そのおかげで注目してくれるスポンサーが大量に見つかったのだから結果的には好都合であった。ミルトン・バビットさんはピッチクラスセット理論を開発していたが、そんなことに気が付く日本人は今とは比べ物にならないほど少なく、日本人の娯楽は酒と風俗パチンコたばこしかなかった。「低学歴何が悪い!」が、通ったのであるピッチクラスセット理論といっても、ここにいる増田の何人に通じるだろうか?

そんな日本新幹線授業や新数学のおかげで教育熱が盛り上がり、教育ママゴンなる単語が出現した日本ではピアノブームが起きたが、相変わらず日本勢は国際コンクールで敗北の日々であった。園田高弘さんは1980年ルービンシュタイン国際ピアノコンクール審査員席で、怒られたらしい。日本勢は何をやっているのかと。もう少しましに弾けと。それはそのはずで、ピアノやらせている親はお金のある中卒か高卒なので、教養の質はいきなり向上できないのである。金は持っていても、無教養だよねえ日本人ってという言葉が40年前のヨーロッパではよく飛んだ。

その当時の日本ではピアノブームはあっても作曲ブームなんてものは全く存在しなかったので、作曲専攻は大いに肩身が狭かったと思われる。当時作曲科の受験和声法、対位法フーガソナタを18歳で全部完クリしなければならず、そのためのレッスン費用バカ高くなる。この間世間を騒がせた道央増田には想像もできない世界であるが、それでも片道5時間でレッスンを受けた人物大勢いたのである。片道5時間程の悲劇ではない普通の家から作曲家としてダッラピッコラ国際作曲賞に輝いたのが西村朗さんであり、片道5時間レッスンを拒否して自称独学の作曲家になったのが、ルトスワフスキ国際作曲賞の江村哲二さんである。独学といっても、彼は各種国際マスタークラスに参加しているので、厳密には違う。

ルトスワフスキ国際作曲賞の江村さんの受賞作とダッラピッコラ国際作曲賞の西村さんの受賞作を、お聴きの増田はいるだろうか?おそらくいないはずだ。日本知的水準劣化はもうこの時に始まっていた。劣化が始まると、始めた人物が急に偉そうな態度をとるようになり、それが多数決になった瞬間に文化崩壊する。

現代音楽の様変わりが始まったのは日本に関する限り1990年代で間違いがないが、二極化が進行していた。東京藝術大学を出ても調性音楽しか書けない連中から高校大学飛ばしヨーロッパ在住10年組になってまで国際コンクールタイトル奪取を心掛ける者とに、分化が始まっていた。なぜこのような分化が始まったのかはわかっていないが、1980年代のフリードリヒ・ホンメルさん時代ダルムシュタット講習会がもうジェイムズ・ディロンさんやクリス・デンクさんやリチャード・バーレットさんやカイヤサーリアホさんやアレッサンドロ・メルキオーレさんを擁するレヴェルであったため、日本人の知的水準では理解できないところにまで遠くなってしまったのが大きかったのではないだろうか。

長髪のディロンおじさんがクラーニヒシュタイナー音楽賞を獲った曲ってなんだったっけ?Parjanya-Vataだよね。これを弾けるアジア人チェリスト2020年現在、まだ存在していない。もう40年前のチェロ独奏曲だが、もう日本人では弾けないだろう。40年前の音楽すら消化できないのが、日本チェロ業界である

2000年代に入ると、日本現代音楽報道ほとんどしなくなり、藤倉大さんや望月京さんのようなヨーロッパ在住10年組の応援だけはNHKTBSでやる、いびつ国家になった。武満徹さんがもしも生きていたら、このような偏向報道に異を唱えたであろうが、もう遅かった。日本はいくら知的水準劣化しようが、自分の頭だけが大事で、他はもうどうでもよいのだ。私は「それは仕方がない」という立場に立つことはできない。日本人が今のロシア人のように、すべての領域で国際コンクールを制覇する程の教育底力があるのであれば私は折れるが、今の日本人はガチ勝負して来いといわれると一発で刎ねられるのだ。

そのガチ勝負典型例が今年のブゾーニ国際の予備審査ロシアのNew Classics国際の譜面審査ではないだろうか。私の想定の範囲内だったが、日本人は全員落ちた。これに危機感を持てないようでは、どこの分野でも日本人は早晩通用しなくなるだろう。そして、2030年代は、落ちる人も通る人も、すべてが中国勢にとってかわるのである

落ちてもいいという増田もいるだろう。しかし、落ちてもいいが多数派になったとき日本知的水準1960年代に逆戻りし、だれが何をやってもうまくいかないという未来が待っているはずである。まだ日本ヨーロッパ在住10年組でかろうじて最先端についていけているが、10年後はこれができなくなるはずである。今の日本大学生はMusik-Konzepteも読まないし、Perspectives of New Musicも読めない。鬼滅の刃は読めるらしいが、いったん劣化した知性は、元に戻ることがないのである道央増田のような人材放置し続けた結果が、日本の今の現代音楽である東京が腐ると地方も腐り、田舎も腐る。

2020-11-11

anond:20201111171704

正直言うと色彩関係ってオカルト多いし(シュタイナーとかゲーテとか)

まあでも実際行ってみてある程度役に立ったなと思うし、理論も含めて面白かったヨ。

まあ科学ではないかもしれないけど役には立つよ。

2020-07-22

anond:20200722213510

続き

ザコ敵A and B:グロ and マグ(ハース)

二つ名が「オープニングラップ狂人」and「暴れん坊」という迷惑コンビ。結局お互いでぶつかって両方リタイアする。二人のむちゃくちゃに頭を抱える小松エンジニア激怒するシュタイナー組長の4人組のコントF1箸休め。ちなみに日本人エンジニア小松氏は毒舌キャラなのでそこも含めて面白い

〜〜中略

中ボス: ボッタス(メルセデス)

皇帝の最強番犬F1史に残るNo2ドライバー。寡黙、だが勝利するとブチ切れる。

ラスボス: ハミルトン(メルセデス)

絶対無敵王者。すべてにおいて盤石。ナルシスティック言動多し。無線芸は「もう〇〇がダメだ」からの圧倒的勝利というコンボ

番外

トト・ウルフ:

 絶対王者メルセデスを率いる男。その芸はカメラ確認してからの机たたき。

ホーナー

 レッドブルリーダー世界で二番目に有名な旦那スパイス(一位はベッカム)

2019-02-05

本気で婚活するとリーディングシュタイナー発動するんだが

どの人にどの話をしたかからなくなって、

誰にどこでいつ会ったのかわからなくなって、

そもそも会ってないのかも知れなくて、

ホテルラウンジでは知ってる顔のような気がする人が知らん顔で歩き去って行って、

読みすぎたアイスコーヒー匂いで強烈なめまいがする。

そろそろ、未来自分からムービーメールが届くかな?

2018-11-21

ガンダムウォーの思い出

最近MTGArenaでMTGを初めてやってみている。

で、やっている中で、中坊のころハマりにはまっていたガンダムウォーさんのことを思い出したので使っていたデッキや使われていたデッキを中心につらつらと当時の思い出を書いていく。

主にはまってたのは9弾 相剋の軌跡(2002年)~14弾 果てなき運命2005年)に少し入ったころくらい(だいたい中学3年間)。

緑=主にジオン公国。よく使ってた思い出。ジークジオン

ウィニー

ガンダムウォーに限らず、TCGでは高レアリティ必須カードが少なく、かつ動きな単純なデッキ初心者向けということである

ガンダムウォーではこの緑ウィニーがそのあたりの役割に大きなウェイトを占めていた。

そんな初心者向けカテゴリでも、思いのほか使っていて楽しいのはやはり、ザクとかザクとかザクとかがちゃんと使えるという喜びだっただろうか。

MTGやシャドバでゴブリン活躍してもあまりうれしさを感じられない(個人的感想))

もちろんフィニッシャーはシャアだった。っていうとカテゴリ的には「シャア専用」というカテゴリかもしれないが。

いずれにしてもザク活躍するのが楽しいゲームだったし、ドップやガトルという戦闘機も強くてあれこれ何のゲームだ?みたいな。

後年ではその強かったドップやガトルに下方修正エラッタが入り苦境を強いられたとかで、たぶん自分もそのころまでやってたら絶望していた。ドップやガトルでぶん回せない緑なんて…。

と思ったらそうでもないこともあったらしい。ロマン

https://www11.atwiki.jp/gundamwar/pages/529.html

ドップ・ガトルのクイックが消滅した際、各所で緑の弱体化を憂う書き込み殺到し、「緑消滅」とまで言われたが、エラッタ後の初めての全国クラス大会では見事に緑ウィニーが優勝した。消滅したのは緑消滅論者だった、という皮肉な結果である

緑水

ジオン公国にはご存知の通り多くの水陸両用MSラインナップされていて、それらが遺憾なく暴れまわったのが第11弾「蒼海の死闘環境

その名の通り「水」という効果が強化されて特にシャア専用ズゴックとかズゴックEとかゾック鬼のように強かった。

しかし「水」っていう特殊効果はどうなの。名前。ほかは「宙間戦闘」とか「速攻」とか「強襲」とか、それっぽいのに。「水」て。と当時も思っていたし今も思う

デッキとしてはシャアズゴとシュタイナーハーディズゴEが一緒に攻撃すると敵に防衛されずダイレクトアタックできて、かつ相手MSも1枚破壊できる。夢のようなデッキ

あとこのあたりのジオンMSは絵もかっこいい。

緑中速

ケンプファーのためのデッキ

ケンプファーかっこいいよね。ケンプファー

でも強かったのは高機動型ギャン(ジョニー・ライデン機)。

ティターンズザンスカール。Vガン見たことないのでタイヤ?ハハッ!ワロスと思いながら使っていた。

ウィニーバイク

激熱。

タイヤ」という特殊効果を持った軽量ユニット(=MSとかMA)をぶん回す夢デッキ。まあまあ強い。

飛んでいく打点が本当にけた違いで楽しかったしタイヤの群れになすすべもなく沈む連邦を見るのは痛快だった。

緑が正統派できちんとウィニーしていたのに対して、黒ウィニーはタガの外れたキレるナイフみたいなアツさがあってよかった。

赤黒ゴトラタン

ゴトラタンメガビームキャノン装備)という壊れカードで勝つデッキ

これでコントロールして粘ってフィニッシャー出して勝つ、みたいなTCGの楽しさを味わった気がする。

割られると死ぬオペレーション遊戯王で言う永続魔法カードで粘ったりリセットでドーンしたりも楽しい

大味さと繊細さを併せ持つ。

デッキ単価は高かった。

主にアクシズ

カウンターとかが得意。

ハマーン様が「さかしいな!」と言っている絵が有名。

もちろん、「さかしいな!」と言いながらカウンターする。楽しい

デッキとしては↑の通り黒と混ぜてよく使っていた思い出。

そんな感じで

だいたい自分が使ってたのはこんな感じ。

かに茶色(ターンAとかX)も使ってたけどまあそんなに楽しくはなかった。

ちなみに友人は青(連邦)とか白(W、SEED)とかヒロイックデッキを使っていてすみわけできていたのもよかったし、Zガンダムロングビームサーベル装備通称ロンビは許さな絶対にだという感じだった。

まあその後ガンダムウォーが辿った道筋はあまり明るくなかったようだが、それでもいろんなMSやらキャラクターやらが、

なかなかかっこいい書下ろしイラストで描かれていて、それも普通に使えて戦えてまあまあ勝てなくもないという、

結構いいゲームだった。

そんな感じで、中学時代GWで過ごし、それ以降懲りて紙のカードは買わなくなったもの大学では遊戯王TFをやり込み(ゲーム一本の値段で全カード遊べるのは本当に個人的革命だった)

今ではゆるーーくシャドバからMTGArenaをやっているし、基本無料でできるすげーという感じである

が、やはりGWのあの「ザクとは違うのだよ!ザクとは!(ドップ)」みたいな感じはもうなかなか味わえないなと、思ったりもする。

2017-11-06

anond:20171106113247

ディスクジョッキー の次に頭に浮かんだのが、

Doctor Jobs っていう名前なんだけど、なんだこれ?

Doctor Jobs Magazine だか Doctor Jobs Journal っていう言葉脳内をチラチラ浮かぶんだけど、

Google先生に聞いてもそれっぽいのが出てこない。



もしかして、これがリーディングシュタイナーってやつ?

2015-10-30

http://anond.hatelabo.jp/20151029232747

私には、シュタイナー人智学理想主義的すぎる勝手理論実践手法オカルトすぎると思いました。

軽くつまむ程度なら良いのかもしれないけど。

友人について言えば、「意識の高いお母さん方」とのマウンティング合戦に苦しそうな時もあったので

人智学に基づいた高い意識に依って集まってきた大人がこれかよ…と思ったり。

所詮人間ってそういうもんだから、やっぱりシュタイナー脇甘いよなって

2015-10-29

http://anond.hatelabo.jp/20151029231441

シュタイナー理論本屋図書館ちょっと読んだ程度だけど、否定意識はない・むしろ肯定感があったので、こういう記事は意外、かついろいろ考えさせられる

身近な友人が壊れかけている、という話題としても、他人事ではなかったりもする

シュタイナー学校のこと

自殺したらしい子が通っていた学校、私の友人が、子供を通わせていた幼稚園だ。

最初は、「子供をのびのび育てたいの」程度の、子供が居る親なら誰もが思いそうなことを言ってただけだったんだけど、

そのうち「公立学校に入れたら子供ダメになる、競争させるなんてイヤ」とか言いだしたり

幼稚園ママ友は、調味料を一切使わないで無農薬野菜料理を作るのよ!」と謎の尊敬をしだした。

塩すら使わない野菜料理は、食べさせてもらったが「野菜だね」とは思ったが美味しい食事だとは思えなかった。

そんな日常から聖書を読みルドルフ・シュタイナーの本を読み漁り、と言うところまで1年経ってないと思う。

もっと勉強しなくちゃ」と話すたびに言うようになり、

あなたには分からないかもしれないけど、今の日本で、子供意思尊重して育てるのは無理だよ」とか

段々雲行きが怪しくなり、子供ドイツシュタイナーシューレに入れると言いだし、

そうして、彼女の夫や、私たち友人が止めることもできないまま、子供をある外国シュタイナー学校に通わせるために

二人で外国に行ってしまった。夫を残して。

どんどんハマって行く感じは、どうも、新興宗教自己啓発にハマる人を見ているようだった。

労働ビザが取れるわけないので、彼女は定期的に帰国する必要があるのだが、帰国時に会うたびに様子が昔とは変わってきて

「良く日の当たる場所で待ち合わせましょう」とか「有機野菜じゃないと食べたくないの」と言いながらずっと水だけを飲んでいたり、

付き合っているのもちょっとしんどくなってきた。こっちは家庭もあるし仕事もあるし俗人の限りなので。

ある時、どうしても平日その日じゃないと会えないということになり、私は出張で出かける用事があったので、

その街のランドマークだしちょうどいいかなと、とあるお寺で待ち合わせでもいい?とメールした。

彼女からあなたがそんな人だとは思わなかった。私のことや私が今までしてきたことを踏みにじる行為だ」という返事がきた

シュタイナーの人だとお寺は嫌だったのかなぁ、でも他に分かりやすい待ち合わせできる店も場所もないしなぁと

慌ててスカイプをつなげたら、泣きながら怒る彼女が映った。

結局、彼女は腹を立てたまま私と会う約束も流し、それからメールも来なくなったしSNSブロックされ、ブログ更新も止まった。

夫とは離婚することになったらしいと、風の噂が伝わってきた。

それまでは夫が彼女子供生活費日本から送金していたのだが、それが無くなって大丈夫なのだろうかと心配になったが、

色々ブロックされていては何もできることはなかった。

別の友人が、彼女の別のブログを見つけてきて教えてくれて、それを読んだら、昔より目つきが鋭くトゲトゲしく笑う彼女写真

毎日コツコツ更新されている様子の、俗人凡人の私には理解ができない精神世界へのこだわりが綴られていて、

そのブログの読者(恐らく日本人シュタイナーかぶれっぽい人たち数名)が、たまにコメントを残していた。

何を言ってるのか分からないコメントばかりだった。

学生時代彼女は聡明で可愛らしい人気のある子だったし、ジャンクフードだってお菓子だって好んで食べていたし

誰かの人生勝手文句をつけるような独善的な人ではなかった。

どこで何があったんだろうと、今でも抜けないとげのような痛みを思う。何が悪い、何が原因だ、ということではなく。ただ痛みを思う。

http://anond.hatelabo.jp/20151029192218

シュタイナー教育って聞いたけど。シュタイナー方法自体は俺自身はあまり惹かれないがこっち(アメリカ)には普通に学校があるしそんなに変わってる感じはしない。

あと宗教系だからヤバいって言い出したらミッション系の学校はどうなるんだってことになる。宗教ヤバいって発想は短絡すぎないか。

2014-12-21

カオスチャイルド感想孤独と向き合うということ」

id:pseudomemeさんのリクエストで書きます

ネタバレ有り有りなので、最初の数行を読んで、とにかく買いに走りましょう。

最初にハッキリと言おう。

カオスチャイルド科学ADVシリーズ最高傑作である」と。

「え? 科学ADVってシュタゲ以外ゴミじゃんw で、そのシュタゲ越え? 嘘つくなよwww 痴漢はこれだから困る」

と言いたくなる気持ちはよおくわかる。

よおくわかった上で、もう一度書こう。

カオスチャイルド科学ADVシリーズ最高傑作である」と。


まず始めに、今回カオスチャイルドを読み解くにあたって、科学ADV

孤独と向き合うシリーズ」という解釈のもとにざっくりと解説したいと思う。

カオスヘッドでの孤独の向き合い方

孤独はよくない! 恋人作れ! 外に出ろ!」

○ラブChuChuでの孤独の向き合い方

「でも、二次元大好きな自分否定しなくたっていいよ」

シュタゲでの孤独の向き合い方

孤独観測者だから寂しいと思うかもしれないけど、人は大なり小なり孤独なんだよ、だから寄り添い合って生きていこう。そのためにも仲間や恋人絶対必要!」

○ロボノでの孤独の向き合い方

恋人もいいけど仲間とか友情ってのも大事だよね」


とまあ、一口でまとめるとこんな感じだったと思う。

まり科学ADVにおける孤独とは否定されるものであり、

友達恋人は作った方が良い」という結論でした。

その象徴となるのが、人は微小ながらリーディングシュタイナーをもっている、って伏線はあったよ

にしたってそのラストは御都合主義過ぎないかい? と多くの人が疑問を抱いたシュタゲラストでしょう。

孤独観測者たるオカリン観測し続ける助手存在

まさに孤独全否定作品です。

カオへにしてもロボノにしても、最初孤独主人公ですが、

作品内の事件を通じて、孤独を解消していきます

もちろん、この作品構造自体に点数をつけて比較することに意味はありません。

意味は無い上で、カオスチャイルドがどう描いているのか?




「人は孤独でいいんだよ」と孤独を『肯定』しています


あーもう、これがたまらない!

最高傑作所以はココです!

ただ、作中に起こった事実だけを羅列すると、

辛くて悲しいバッドエンドとしか思えないかもしれません。

姉や妹や友人たちとは離ればなれになり、自分分身とも言うべき幼馴染みとはもうこれから一生心を通わさないことを誓います

しろ孤独肯定」して終わる作品ですから

オカリンやタクやカイと違い、宮代は残念ながら誰からも祝福されず、孤独な終わり方をします。

ですが、それが全く悲しくない。

しろ、これでよかった、こうじゃなきゃいけない、という読後感が沸いてきます

それがカオスチャイルドの「孤独肯定感」の面白さであり、楽しさでもあります

引きこもり中二病オタク、と歴代科学ADV主人公達は

その「子供っぽさ」を肯定されたまま終わります

けれども、宮代の「子供っぽさ」は否定され、ボロボロになりながら終わります

これが主人公として格好よくてたまらない。


あーもう、まだトゥルーエンドの興奮が冷めきらない!

二週目してくるんで、早くXboxOneごと買いましょう!

それでは! あでぃおすぐらしあ〜。

2010-10-15

デューイとかパーソンズ教育論に親しんできたこともあるけど、教育(人為的社会化)とはメッセージの伝達ではなく、体験の配置と組織化だという確信があります。幼児期にどんな体験をしていたかで〈世界〉を触知し得るデプスが異なってくるというのがシュタイナーの最重要メッセージでもありました。

http://twitter.com/#!/miyadai/statuses/27409494115

2009-07-26

http://anond.hatelabo.jp/20090726115912

横だけど。

その手のブログ科学的検証に対して無防備だから、って正論すぎるかな。

でも、日本ではオカルトで片付けられていることを

他の国では本気で研究対象にしてたりもするし。

日本だと幼児教育でしか取り上げられない(ように見える)シュタイナーとか

超能力研究とか。

こういった研究がまだ具体的な成果になってはいないんだろうけど、そこに研究費を注ぎ込めるって凄いよなあ。

そういえば、はてなーな方々は、

ラノベで魔導とか、魔法とか、超常現象とか、不思議大好きな人が多そうなのに

疑似科学批判には熱心ってのは不思議だなあ、なんでだろ。

別の人たちなのかな。

2008-11-17

http://anond.hatelabo.jp/20081117162900

シュタイナー教育日本に広めた人の娘(実際にドイツシュタイナー学校教育を受けた)の著書の中で高校先生にこういわれるシーンがある。

「疲れた時にお酒を嗜むのもよいでしょう。イライラした時の喫煙ももう大人ですから勿論止めません。ただしマリファナだけは絶対ダメです。マリファナ人格を壊し、あなたたち自身を喪失させます」(みたいな内容)

当時西ドイツではマリファナコカインヘロイン って感じで中高生(もちろん金が無いから売春をして)が薬物に手を出していくのが社会問題になってた位。相当判断力を落とすものなんだろうな。

80年代前半の西ドイツ飲酒喫煙は16歳からOK。

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん