「民集」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 民集とは

2018-09-19

言論の自由に対する私の所感

id:envs です。
増田なのに名前を明かすこと、ご容赦頂きたい。
トラックバック構造が見やすく、建設的な議論が成されやすいというのが増田というプラットフォームを選んだ理由です。

https://www.huffingtonpost.jp/2018/09/18/shincho45_a_23531748/

新潮社公式アカウントが「新潮45批判を怒涛のリツイート 「中の人がんばって」の声援寄せられる

id:envs

新潮45の件の記事には極めて反対。しかし私は言論の自由民間にも認められるべきだと考えているので「廃刊しろ、回収しろ」とは言わない。当然「廃刊しろ、回収しろ」と言っている人の主張を批判する訳でもない

id:senbuu

id:timetrain id:envs 例えばSNS違反報告のシステムにも反対するのなら、主張に一貫性はあると思う。さらには名誉棄損や誹謗中傷肖像権侵害著作権侵害言論の自由と言えるのなら。

以上の流れでした。100文字制限は主張を開陳するにはちと厳しすぎる面があるので、ここで私の言論の自由に対する主張を挙げておきます

私の言論の自由に対する主張

「成された表現」に対しては批判OKだし、なんなら民事訴訟を起こす権利もあるし、あるべきである
しかし「まだ成されていない表現」に対し、今までの著者の表現から来る他者権利侵害蓋然性を基に、表現手段を奪うようなことは、公的機関が行うのは極めて特殊例外に限られるべきだし、民間企業が行うのは慎重さが求められると私は思う。

この主張に基づく id:senbuu 氏への回答

私はSNS違反報告システムは嫌いです。
他者権利侵害している(これも裁判を経ていないので基準曖昧であるが)投稿を削除するならまだしも、アカウントごと削除・凍結して、表現の機会自体を奪う方法には怒りすら感じます
例えば岡口基一氏のTwitterアカウントが凍結されたことなどは、本当にそれで良いのかと疑問を呈せざるを得ません。

当然SNS民間企業サービスでありますからアカウントをBANするのも別に企業方針なら仕方がないと思います新潮社新潮45廃刊にしようが回収しようが、そういう方針なのだな、と思うだけです。
しかし私個人見解としては、批判を多く受けた言説を掲載たからといって、さあ垢BAN廃刊だ回収だとなる社会の方が、なんだか恐ろしいな、と感じてしまうのです。

"さらには名誉棄損や誹謗中傷肖像権侵害著作権侵害言論の自由と言えるのなら。"とのことですが、これらは基本的表現が成されたあとで紛争解決すべきものであると考えています名誉毀損や誹謗中傷が極端な場合は、裁判に訴えることで、事前抑制例外として可能であるという判例もありますしかしこれは特殊場合だと考えるのが自然でしょう。基本的には訴えるのは表現の後で、というのが原則だと考えています。それほど言論の自由表現の自由というのは私の中では重たく考えているのです。

https://ja.wikibooks.org/wiki/%E6%A4%9C%E9%96%B2%E3%81%A8%E4%BA%8B%E5%89%8D%E6%8A%91%E5%88%B6%E3%81%AE%E7%A6%81%E6%AD%A2

検閲と事前抑制禁止


事前抑制

もっとも、ある制度検閲にあたらないとしても、事前抑制として表現の自由(21条1項)の侵害にあたらないかどうかが問題として残る。事前抑制絶対的禁止ではないが、厳格な要件でそれが表現の自由の侵害にならないか審査する必要があるとされている。

この点につき、事前抑制合憲性の判断枠組を示したのが、北方ジャーナル事件最大判昭和61年6月11日民集40-4-872)であった。本判決では、民事訴訟法の定める名誉毀損的な出版物の事前差止めの仮処分が、1.検閲にあたらないか、2.事前抑制にあたらないか、が問題とされた。本判決ではまず事前差止めは検閲には当たらず、21条2項には反しないとしている。その上で、事前抑制が許される極めて例外的な場合にあたるかどうかを次のように審査している。

以上の判断基準に則り、北方ジャーナル事件では出版物の事前差止めは21条1項にも反しない、とした。

2015-03-28

Raリパーゼで成功してる発明否定した馬鹿最高裁判決

Xは、グリセリドを鹸化した際に遊離するグリセリンを測定することによってトリグリセリドを測定する為の新規方法について特許権を得ようとして特許出願をしたところ、拒絶査定がなされ、特許庁審判請求をしたところ、発明明細要旨には進歩性がないとして、審判請求は成立しないとされた。Xは、発明明細要旨に次のような事を記載した。

(1) 特許にかかる発明目的はグリセリドを鹸化した際に遊離するグリセリンを測定することによってトリグリセリドを測定する為の新規方法である

(2) 公知方法では、アルコールアルカリでトリグリセリドを鹸化し、ついで生じるグリセリドを測定することで測定を行っている。

(3) 公知方法の重大な欠点は、エタノールアルカリを用いる鹸化にある。これは70度の温度で2,30分の時間を要する。

(4) この欠点は、リゾプス・アリツスというリパーゼを使うことで解決した。これで、水性緩衝液中で、トリグリセリドを脂肪酸グリセリンに分解できた。公知のパンクレアス―リパーゼは不適当なことも判明した。

(5) しかし、この鹸化は依然長時間を要する。しかも著しい量の高価な酵素必要である。反応時間は30分を越え、遊離脂肪酸カルシウムイオンマグネシウムイオンと不溶性石鹸を生成し、これが混濁をもたらし、遠心しないと測定結果に誤差が生じる。

(6) よって、この長時間および混濁物を除去する必要がある。

(7) そのためには、カルボキシルエステラーゼとアルキル基中の炭素原子数10~15のアルカリ金属―又はアルカリ土類金属―アルキル硫酸塩を使って行う。

(8) リパーゼとしてはリゾプス・アリツスが有利である

(9) 試薬にはグリセリン検出用の系統と(7)に記載したもの場合により血清アルプミンを使う。

10) 有利な試薬組成物で特に好適なのはリゾプス・アリツスからのリパーゼ0.1~10mg/mlである

 原審は、(1)~(10)中に記載のある「リパーゼ」は、全体を参酌すれば「Raリパーゼ(リゾプス・アリツスからのリパーゼ)」を指していると解するのが相当であり、本件発明は(4)にみるとおり、Raリパーゼを使うことで公知方法よりも進歩した化学反応結果が得られているから、特許庁判断進歩性を否定した違法があるとして、審判を取り消した。これに対して、最高裁第二小法廷判決平成3年3月8日民集45巻3号123頁(昭62(行ツ)3)判例時報1380号131頁、判例タイムズ754号141頁は、特許にかかる発明の要旨認定は明細書の記載から行うべきで、本件については、当該技術分野では、リパーゼはおよそRaリパーゼ以外は用いられないというような常識はないから、(1)~(10)の記載からは、記載中のリパーゼはRaリパーゼに限定して解することはできない、として原判決を破棄した。

2015-02-22

大判1010 ・ 5 民集一四巻一九六五頁宇奈月温泉亊件大判1010・5 民集14 巻1965頁 

宇奈月温泉亊件スルコトハ明カニ所有權侵害ノ不法行爲ニシテ反社會性ノ行爲ナルコト論ヲ俟タス法律的秩序ヲ紊亂シ須臾モ存在セシムヘキモノニ非ス宜シク之レヲ排撃シ不法行爲ナカラシメ所有權ヲ圓滿ナル状態ニ囘復セシムヘキコトハ正義ノ命スル処ナリ之レカ不法行爲ニ忍從シ其ノ不法ヲ恣ニセシムヘキ義務アルコトナシ而シテ原判決ハ引湯管ノ敷設ニヨリ多大ノ便益ヲ得ツツアル各種ノ亊情ヲ斟酌シ換言セハ引湯管敷設ハ不法行爲ナルモ既ニ多大ノ便益ヲ得ツツ在ルヲ以テ之レカ排除ヲ求ムル上告人ノ請求ハ權利ノ濫用ニシテ不法行爲ナリト爲セリ以テ被上告人ノ不法行爲ヲ保護シ之ヲ維持セシメトス斯ノ如キハ國家社會ノ秩序ヲ紊スモノニシテ許スヘカラサル不法アリト云ヒ』同第四點ハ一、凡ソ私人ノ所有ノ土地ニ國家若クハ公共団體カ正當ノ權限ナクシテ公ノ行政行爲ヲ爲シ地上ニ公ノ營造物(例小學校舎)ヲ所有スルニ至ルモ土地所有者ハ民法其ノ他ノ法規ノ範圍内ニ於テ依然トシテ物上請求權ヲ行使シ得ヘク所有權本來ノ效用ヲ受クルコトヲ得ヘシ權利侵害ノ救濟ハ侵害行爲自體ヨリ可否ヲ定ムヘク被告ノ輕重大小ニヨリ之ヲ決スヘキニ非サルコトハ判例ノ示ス所ナリ(昭和六年 ( オ ) 第千二百四十八號亊件同年十二月日大審院第三民亊部判決法律新聞第三三七七號所載)被上告人カ無權利ニシテ係爭土地ニ引湯管ヲ敷設スル以上ハ上告人ニ於テ其ノ侵害亊實ノ排除ヲ求ムルハ所有權本來ノ效用ヲ全フスル所以ニ外ナラス係爭土地カ利用價値ノ少ナキコト引湯管撤去ノ及ホス影響ノ大ナルコトハ權利侵害行爲ノ救濟ヲ求ムルニハ何等ノ關係アルコトナシ之レカ爲メニ救濟ヲ求ムル物上請求權ノ行使カ權利濫用トナルヘキ理ナシ原判決ハ破毀スヘキモノナリト云ヒ』同第五點ハ一、上告人ハ原審ニ於テ「所有權ハ他ヨリ侵害セラルルコトナシ凡ソ公益ノ爲メ必要ナル処分法律ノ定ムル所ニ從フヘキノ現在個人主義的體系ニ基ク財産制度ニ於テハ所有權ハ絶對的ニ且排他的ニ總括支配力ヲ有シ使用收益処分作用ヲ有スルコト論ヲ俟タス唯タ一般公益警察必要特種産業上ノ利益交通安全國防ノ必要國土ノ美觀相隣者ノ共存等各種ノ理由ニヨリ法令ヲ以テ所有權ノ制限セラルル場合アルニ過キス而シテ社會機能體系ノ觀念ヲ信スル者ト雖モ所有權ヲ社會機能セント努力シナカラ尚ホ個人財産ハ一切ノ浸害殊ニ公權力ヨリ生スル侵害ニ對シテモ保護セラルルコトヲ承認セリ係爭土地ハ畑地ニシテ控訴人ハ本來ノ畑トシ生産機能ヲ全フスヘク利用シ居ルモノニシテ被控訴人ノ便益ノ爲メ侵害ヲ受クヘキ亊由アルコトナク其ノ排除ヲ求ムルコトハ正當ナル權利ノ行使ニ外ナラス又土地所有者カ起業者ニ對シテ土地ノ返還ヲ請求シ原状囘復ノ目的ヲ達スルニハ亊實上法律上共ニ返還ノ可能ナルコトヲ必要トスルハ勿論ナリ而シテ本件ノ場合ニ於テ亊實上返還可能ナルコトハ雙方爭ナキ所ニシテ法律上返還不能ナリト看做スヘキヤ如何ニ之ヲ判例ニ徴スルニ大審院大正四年 ( オ ) 第七七六號土地引渡等請求亊件ニ於テ大正五年二月十六日判決シテ(第二十二輯一三四頁以下)起業者カ土地用法ニ從ヒ土地ヲ收用シ引渡シタル場合ト雖モ後ニ協議又ハ裁決ノ無效ナルコトヲ發見シタルトキハ起業者ヲシテ土地ヲ返還セシメ得ヘシ而シテ叙上ノ場合起業者ノ占有ニ歸シタル土地鐵道道路公園其ノ他公ノ營造物ニ變シタル場合法律上返還不能ト爲リタルモノト説示シ又昭和七年 ( オ ) 第二二五六號所有權妨害排除請求亊件ニ於テ同年十二月二十日判決シ(法律評論二十二巻民法二六六六頁以下)被上告會社ノ發電亊業ハ土地用法第二條ニ所謂電氣装置ニ關スル亊業ニシテ同法所定ノ手續ヲ践マハ該土地ノ使用權ヲ收用シ得ヘキ關係ニアリテ右亊實ハ公亊業ノ性質ヲ帶ヒ巨額ノ費用ヲ投シ施設シタル係爭墜道ヲ撤去シタル上電氣亊業ヲ繼續スル爲メ新ニ水路ヲ設クルニハ發電作業ヲ中止スルヲ要シ公益亊業ニハ多大ノ損害ナルヲ以テ法律上返還不能ト看做スヘキモノナリト云フニ在リ(被控訴人援用新潟地方裁判所判決上告審判決ナリ竝被控訴人援用ノ大阪地方裁判所判決モ發電亊業ニ關スルモノナリ)之ヲ本件ノ場合ニ對比スルニ被控訴人主張ニ從ヘハ訴外草野武平カ自己經營ノ二見温泉營業ヲ會社組織トシ下新川郡内山村ニ引湯ノ上温泉營業ヲ爲サントシ二見温泉株式會社設立シ其ノ後愛本温泉株式會社ニ右亊業ヲ移轉シ本件ノ引湯管ヲ設ケシ処更ニ被控訴會社ヘ承繼シタルモノナリト云フ然レハ該亊業ノ公共性ヲ有スルモノニサルコト明カニシテ土地用法適用土地使用ヲ爲シ得ヘキモノニラサレハ前掲判決ニ表示スルカ如キ公共性アル亊業ト全然趣ヲ異ニスル斯ル非公共亊業ニ對シ單ニ經費ノ多寡設備ノ難易ノ觀點ヨリシテ法律上返還不能ナリト云ヒ得ヘクンハ僅少ノ土地ヲ所有スル貧弱者ハ遂ニ大企業犠牲トナリ其ノ蹂躪ニ任カスノ外ナキニ至ルヘシ何等公共性ナキ私企業ニ於テ廣大ナル工作物例ヘハ大製造工場ヲ造リ高價ナル機械ヲ据付ケ盛ンニ生 ? シツツアリト假定シ其ノ周圍ノ住民カ間接ニ多大ノ利益ヲ享有シ爲メニ町村ノ繁盛ヲ來タシタル場合ニ於テ機械据付ケ箇所ニ該當スル土地ヲ所有スル者アリ其ノ使用ヲ許容セシ亊實ナク所有權ヲ主張シ妨害排除ヲ求ムルニ拘ハラ法律上返還不能ニ歸シタリトノ理由ニヨリ棄却スヘキモノトセハ是レ正ニ憲法ノ條章ヲ否定スルモノニシテ不經ノ論タルヲ免レス而シテ鐵道ヲ經營スル會社カ承繼取得シタルノ一亊ニ因リ公共性ナキ温泉經營カ鐵道ト同一ニ看做スヘキニ非サルコト言ヲ俟タス又控訴人カ所有權ヲ侵害スル者ニ對シ救濟ヲ求ムルモ公序良俗ニ反スルコトナク假令相手方ニ於テ之ヲ除去スル爲メ多少ノ損害ヲ生スルコトアリトスルモ使用權ヲ有セスシ侵害シタル者ノ當然ノ責任ナリ所有者ノ目的ハ單ニ救濟ヲ求ムルニ在ルノミ特段ノ設備ヲ施シ他人迷惑ヲ釀サントスルニ非ス又權利保護ヲ求ムルニ當リ他人ノ損害ノ少カランコトヲ欲スルハ固ヨリナレト妨害排除ヲ求ムルカ然ラサレハ所有權本來ノ作用ヲ廃止スルヨリ外ナキ場合ハ所有者トシテ所有權ニ基キ救濟ヲ求ムルハ決シテ正義ノ觀念ニ違背スルコトナシ否寧ロ權利ナクシテ他人ノ所有地ヲ使用スルコトハ法的秩序ヲ紊シ正義ニ背キタルコト極メト大ナルモノト謂フヘシ」ト主張シタルニ對シ原判決ハ第一點ニ摘示シタルカ如ク亊實關係ヲ認メ上告人ニ於テ被上告人ノ不法行爲ノ排除ヲ求ムル本件請求ヲ以テ權利濫用ノ不法行爲ト爲シタリ上告人ハ原審ニ於ケル右主張ヲ援用シ貴院ノ明鑑ニ愬フモノナリ凡ソ所有權カ社會的利益ト衝突スル場合ニハ所有者ハ社會的利益ニ讓歩セサルカラス所有者ニシテ任意ニ其ノ讓歩ヲ肯セサルトキハ強制ニ依ラサルヘカラス之レ收用法規定アル所以ナリ然ルニ收用法適用ナキ亊案ニ對シ ? 被上告人ニ於テ引湯管ノ撤去ノ困難ナルコト尠ナカラサ費用ト日時ヲ要スルコト宇奈月地方ノ盛衰消長ニ關スルコトト ? 上告人カ殊更自己不要土地ヲ取得シ不當ノ利益ヲ得ント欲シタリト獨斷シ所有權ノ行使ハ被上告人ヲ困惑ニ陷ルルニ過キサルモノトシ上告人ハ權利ノ濫用ナリ不法行爲ナリトナセリ然レトモ被上告人ニ於ケル亊情ハ他人土地ヲ不法ニ侵害シタル者ニ於テ相手方カ所有權ヲ圓滿ナル状態ニ囘復セントシ救濟ヲ求ムル爲メ生スル當然ノ結果ニシテ正ニ其ノ不便不 - 2 -大判1010・5 民集14 巻1965頁 宇奈月温泉亊件利ハ甘受スヘキ所ニ過キス上告人カ土地所有權ヲ取得スルニ當リ其ノ要不要他人ノ關與セラルヘキ亊柄ニ非スサレハ不法侵害者ニ對シ救濟ヲ求ムルモ斷シテ權利濫用ニ非ス原判決ハ不法ナリト云ヒ』同第六點ハ一、上告人カ係爭地ヲ所有スルコトハ原判決ノ認ムル所ナリサレハ所有權ノ作用ヲ發揮シ得ルコトハ論ヲ俟タス而シテ所有者ニ於テ不法侵害者ニ對シ救濟ヲ求メ得サル理アル亊ナシ其ノ救濟ヲ求ムルカ爲メ不法行爲者カ不利不便ヲ生シ困惑スルコトアルヘキ亊情ヲ知ルカ爲メ所有權ノ行使制限セラルヘキ道理キハ當然ニシテ是ノ行使カ權利濫用ノ不法行爲トナルト謂フカ如キ原判決ハ到低破毀ヲ免レスト云ヒ』同第七點ハ一、物上權利者モ登記ヲ爲スニ非サレハ第三者善意悪意ヲ問ハス對抗シ得サルコトハ民法上ノ鐵則ナリ土地ヲ買受ケタル者カ該土地ニ物上權利者アリテ其ノ登記ヲ爲シ居ラサルコトヲ知リテ所有權ヲ取得セシ場合ニ於テ物上ノ權利ヲ否認シ所有權ヲ行使スルヲ妨ケサルヘク之レヲ以テ權利濫用ナリト云フヲ得サルコト明白ナリ況ンヤ本件ノ如キ被上告人ニ於テ何等ノ權利ナクシテ不法ニ他人土地ニ引湯管ヲ敷設スル場合ニ假令右敷設アルコトヲ知リテ土地ヲ買受ケ所有權ヲ行使シタリトスルモ我カ民法ニ於ケル前記通則ニ照ラシ權利濫用ナルコトナシ原判決ハ不法ナリト云フニ在リ按スルニ所有權ニ對スル侵害又ハ其ノ危險ノ存スル以上所有者ハ斯ル状態ヲ除去又ハ禁止セシムル爲メ裁判上ノ保護ヲ請求シ得ヘキヤ勿論ナレトモ該侵害ニ因ル損失云フニ足ラス而モ侵害ノ除去著シク困難ニシテ縱令之ヲ爲シ得トスルモ莫大ナル費用ヲ要スヘキ場合ニ於テ第三者ニシテ斯ル亊實アルヲ奇貨トシ不當ナル利益ヲ圖リ殊更侵害ニ關係アル物件ヲ買收セル上一面ニ於テ侵害者ニ對シ侵害状態ノ除去ヲ迫リ他面ニ於テハ該物件其ノ他ノ自己所有物件ヲ不相當ニ巨額ナル代金ヲ以テ買取ラレタキ旨ノ要求提示シ他ノ一切ノ協調ニ應セスト主張スルカ如キニ於テハ該除去ノ請求ハ單ニ所有權ノ行使タル外形ヲ構フルニ止マリ眞ニ權利ヲ救濟セムトスルニアラス即チ如上ノ行爲ハ全體ニ於テ專ラ不當ナル利益ノ ? 得ヲ目的トシ所有權ヲ以テ其ノ具ニ供スルニ歸スルモノナレハ社會觀念上所有權ノ目的ニ違背シ其ノ機能トシテ許サルヘキ範圍ヲ超脱スルモノニシテ權利ノ濫用ニ外ナラス從テ斯ル不當ナル目的ヲ追行スルノ手段トシ裁判侵害者ニ對シ當該侵害状態ノ除去竝將來ニ於ケル侵害ノ禁止ヲ訴求スルニ於テハ該訴訟上ノ請求ハ外觀ノ如何ニ拘ラス其ノ實體ニ於テハ保護ヲ與フヘキ正當ナル利益ヲ闕如スルヲ以テ此ノ理由ニ依リ直ニ之ヲ棄却スヘキモノト解スルヲ至當トス本件ニ付之ヲ見ルニ原審ハ ? 原判示ノ宇奈月温泉場ハ全長約四千百七十間ノ樋管ニ依リ他ヨリ温泉ヲ引キテ使用シ居リ該樋管ハ訴外愛本温泉株式會社ニ於テ多大ノ費用努力トヲ以テ大正六年頃之ヲ敷設セルモノナルカ今若該樋管中本件地上ヲ通過スル係爭部分ヲ撤去ストセムカ右引湯設備ハ茲ニ中斷セラレテ無效ニ歸シ從テ宇奈月温泉場ノ經營ハ全ク破壞セラルルニ至ルヘク又右設備ニ變更ヲ加ヘ係爭樋管ヲ本件土地外ニ迂囘セシムルコトハ技術上之ヲ可能トスルモ該工費ニ約一萬二千圓工亊ノ完成ニ約二百七十日間ヲ要スヘク而モ被上告人(被控訴人)ニ於テ新ニ本件土地ニ代ルヘキ引湯管ノ敷地ヲ求メムトセハ實際上諸種ノ問題簇出シ解決容易ナラス即チ係爭樋管ノ撤去問題ハ原判示ノ如キ被上告人ノ亊業經營ニ對シ甚大ナル打撃タルノミナラス或ハ宇奈月地方ノ盛衰ニ關スヘキ亊項ナルコト ? 本件土地ハ原判示ノ如キ荒蕪地ニシテ就中係爭樋管ノ敷地約二坪ヲ含ム急傾斜部分ハ殖林農作ハ勿論其ノ他何等ノ利用ニ適セス從テ本件土地全部ノ價格ハ僅ニ三十餘圓ニ過キサルコト ? 上告人(控訴人)ハ本件地上ニ係爭樋管ノ通過セルヲ知リ而モ該土地ヲ利用スヘキ目的ヲ有セスシ昭和三年一月中之ヲ買受ケタル上被告人ニ對シ樋管ノ撤去ヲ迫リ被上告人ニ於テ本件土地ヲ原判示ノ他ノ土地ト共ニ總額二萬餘圓ニテ買取ニアスム協調ニ應セサル旨主張セルコトノ各亊實ヲ認定シ之ヲ綜合シテ上告人ノ行爲ハ敢テ不當ナル利益ヲ企圖シ不要ノ本地ヲ買收シ所有權ノ行使ニ藉口シテ被上告人ヲ困惑セシムルモノニシテ本訴請求モ亦斯ル目的ニ基キ提起セラレタルニ外ナラサル旨推斷セルモナルコト判文上自ラ明ニシテ原審ノ採用セル證據ニ照セハ斯ル判斷ヲ爲シ得ラレサルニ非ス果シテ然ラハ原審カ本訴請求ニ付爾餘ノ爭點ノ判斷ヲ俟タス全部之ヲ棄却スヘキモノト做セルハ冒頭ニ説明セル理由ニヨリ相當ナリト云フヘク所論ハ畢竟本訴ヲ以テ誠實ナル權利保護ノ請求ナリトシ以テ原判決非難スルニ歸シ如上ノ認定亊實ニ副ハス該亊實ニ依レハ原判決ニハ何等所論ノ如キ違法アリト云フヲ得サルヲ以テ論旨ハ總テ採容シ難シ仍テ民亊訴訟法第三百九十六條第三百八十四條第八十九條ニ則リ主文ノ如ク判決

昭和十年十月五日大審院第三民亊部

2013-12-16

法律をよく知りもしないでバイト擁護を罵ってるクズども

http://anond.hatelabo.jp/20131216100551

従業員に対して損害賠償しかけるちゅうのはちょっとあれやで

http://katabiragawa.blogspot.jp/2013/08/blog-post_13.html

一般的には、従業員が何かやらかし場合会社はそのやらかしに対する処分を、懲戒権の行使によって行うべきと考えられとる。

やらかしによって受けた損害を直接従業員損害賠償請求するというのは、そもそもにおい例外的な措置や。

ヤクザフロント企業とかだとそんなこと平気で口にしよるようやけどな。

労働者が職務の遂行にあたり、必要な注意を怠って労働契約上の義務違反したような場合

民事の一般的な考え方からすれば、労働者使用者に対して債務不履行にもとづく損害賠償責任を負うことになります

しかし、この原則をそのまま適用すると、使用者に比べて経済力に乏しい労働者にとって過酷な事態が生じます

また、事業によるリスクはそれにより利益を得ている使用者が負うべきであるという危険責任・報償責任の原則も考慮する必要があります

そこで裁判所は、信義則(新しいウィンドウが開きます民法1条2項)などを理由づけとして、

使用者から労働者に対する損害賠償請求に制約を加えるという考え方をとっています

http://www.jil.go.jp/rodoqa/12_funsou/12-Q06.html

もちろん 業務上横領のような場合には損害賠償に制限が加わったりはしないが、そうでなければ、

従業員にたとえ過失があったとしても損害賠償請求には相当の制限が加えられるもんや。

裁判例では、労働者義務違反が認められる場合でも、故意や重大な過失があるときに限って損害賠償責任の発生を認めたり、

仮に損害賠償責任がある場合でも、請求できる賠償額を制限したりすることが一般的です。

たとえば、労働者が居眠りにより操作を誤って機械を破損した事案において、裁判所は、

使用者労働者に重過失がある場合にの損害賠償を請求しうるとしたうえ、

損害額の2割5分に限って賠償責任を認めました(名古屋地判昭和62.7.27 大隈鐵工所事件 労判505号66頁)。

また、労働者が職務遂行上の不法行為によって第三者に損害を与えたため、使用者使用者責任として

第三者に損害賠償を支払ったのちに労働者に求償(新しいウィンドウが開きます民法715条3項)を請求した場合にも、

損害の公平な分担という見地から信義則上相当と認められる限度においてのみ請求ができるとして、

労働者責任を制限しています(最一小判昭和51.7.8 茨城石炭商事事件 民集30巻7号689頁は、賠償額の2割5分に限って責任を認めました)。

今回の件に関しては、解雇ということで既に懲戒処分を下しているということもあり、

まあせいぜい直接の迷惑被った費用であるところの清掃や消毒にかかった費用の3割を請求できるかどうかということやないかのう?

(それかてわざわざ裁判しなくても従業員君に請求したら素直に払うんやないの?)

閉店による損失は、閉店自体が経営陣の事後の経営判断によるものであるので、やらかし従業員に請求などできるはずも無いやろね。

そんな訳で、どう考えても訴訟費用のムダでしかないので、こんなことに社会リソースを使わんといてほしいわ。

2010-06-25

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) イケメンは全面的に憲法14条1項に違反する。(最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁) 

イケメン憲法違反

1 イケメンという言葉が使われ始めて以来、この言葉がいわゆるイケメンと呼ばれる人々に対し、恋愛をはじめ、政治的、経済的、社会的人間関係における特権ともいうべき地位が付与されるに等しい機能を発揮するようになり、平成22年時点で、いわゆるイケメンとそれ以外の人々との間に著しい利益格差を認めることができるから、イケメンという言葉は、表現自体は憲法21条の保障の範囲内にあるが、この言葉の用いられ方によって利益格差を生んでいる部分を解消しなければ、そのような表現は21条ひいては14条1項に違反するというべきである。

2 具体的には、イケメンという言葉は、社会の大多数の人々に対し、容姿による差別感情や優劣感情を惹起するおそれが非常に高く、容姿により人間差別されてはならないという憲法上の利益を害し、特定の文脈においては、イケメンという言葉を発することは、社会の許容限度を超えて国民人格利益を傷つけるものとして、不法行為を構成する場合もあるというべきである。

3 この点、大多数の大人にとっては、イケメンという言葉意味人格にとってさほど重要ではなく、不法行為というに及ばないという反論がありうるが、イケメンという言葉は主として若者の間で使用されるところ、若者国民であり、イケメンという言葉若者社会において何らかの重大な差別感情や優劣感情を惹起していれば、それは憲法が保障する平等権侵害であり、大人社会において利益侵害とはいえないからといって、国民全体において利益侵害が生じていないということはできない。

4 また、イケメンと同様に高学歴という言葉差別に当たるという意見がありうるが、高学歴場合はそれに見合うだけの努力をしてきており、高学歴かどうかも一般人主観的評価ではなく、試験など学術機関における高度に専門的な評価により定まっている確実なものであるのに対して、イケメンという評価は、生まれつきの容姿といった偶然の事情や、髪型服装を工夫したというだけのことで得られてしまい、しかも高学歴に勝るとも劣らない不当な社会評価を受けているのであるから、学歴による社会差別はいわば合理的な差別として例外的に許容しうるのに対して、ほとんど見るべき努力を伴わないイケメン高学歴と同様に扱うことはできず、高学歴という社会差別が行われているからイケメンという社会差別も容認されるべきだという意見は失当というべきである。

5 さらに、このようにイケメンをもてはやす傾向は、しばしば高学歴イケメンが対抗関係に立つことからも分かるように、十分な努力の上に形成された高学歴という地位を、大した努力に基づかないイケメンという地位によって容易に毀損しているという不道徳も生じており、イケメンを全面的に違憲違法として高学歴を救済しなければ、著しく正義に反する事態を生じることになる。

6 なお、イケメン高学歴に刺激を与え、長期的な意味高学歴利益還元するという考慮に基づくものだという意見があるが、少なくともイケメンという言葉が用いられるようになった平成12年前後において、高学歴の対抗勢力であるイケメンを強く支持しなければ高学歴が息を吹き返さないほどの危篤状態に陥っていたという事実はなく、むしろ平成12年前後でも昔と同じように学歴威信を感じて努力していた者も相当数いたはずであって、この機会にイケメンを強く支持し、学歴を貶めたとしたならば、高学歴権威は著しく失墜し、それを支える者の努力も減殺され、極めて不道徳な事態を生じさせたということになる。要するに、平成12年前後イケメンという言葉を登場させたのは政治的に極めて不当な判断であり、この10年におけるイケメンの猛威と高学歴威信の失墜は、異常な利益の不均衡状態であり、違憲違法なのである。

最高裁法廷判決平成22年6月24日民集64巻10号1231頁)

2010-03-23

北体制、危機の予兆 デノミ混乱で金総書記が住民集会出席 

ttp://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/korea/368023/

 住民の動揺を抑えるため、北朝鮮当局は統制を強めている。デノミ後、脱北者が相次いでいるが、治安当局は国境を越えようとする者を無条件に銃殺しているとされる。脱北者が運営する韓国の対北放送「自由北韓放送」によると、中朝国境地域で射殺された住民の死体が、国境を流れる豆満江に見られるという。

 脱北や携帯電話の外部との連絡には、死刑など厳罰を科す「民族反逆罪」が2月から適用されている。韓国の対北関連団体が携帯電話を使い最近、北の最新動向を伝えているが、そうした情報流出の遮断のためとみられる。

2009-04-22

http://anond.hatelabo.jp/20090422134521

ていうか、調べたら男が被害者でも

損害賠償取れてる事件いっぱいあったし。

判例民集に搭載されてる?

事案と判決年月日教えてよ。

そりゃ男が被害者でも損賠請求認められる場合もあるだろうけど、今回のケースと事案大分違うんじゃないかと思うけど。

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん