「性的志向」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 性的志向とは

2019-10-13

懺悔差別に荷担してしまたことについて。

から4年前くらいのあるとき、私が「人を馬鹿にするような、差別的表現は控えた方がいい」と言ったことに対して「そうやって規制ばかりしていたら面白いものは作れない」と反論された。

その反論に対して、私は戦えなかった。そんなの絶対に間違ってると思ったのに、何も言えなかった。それがずっと心にしこりとして残っている。

から懺悔したい。懺悔して、もうそろそろ許されたい。

私は演劇が好きで、高校大学3年生までの6年間、演劇部に所属していた。

私が大学所属していた演劇部は所属人数が多く、私の在籍中は40人くらいはメンバーがいたと思う。

その演劇部は毎年の秋、学園祭にて、1チーム2人〜の小さいチームに分かれて短編劇を作り、学園祭の間じゅう、交代制で絶やさず何かしらの劇を上演し続けるという企画をしていた。

ももちろん友人たちとチームを作って参加した。

そしていくつか結成されたチームの中に「ホモクラブ」(※仮名)というチームがあった。

ホモクラブメンバーは私の一つ下の学年の男子を中心に5,6人が集まっていた。

その名前の通り、彼らは「主人公主人公恋人役もゲイ」という設定の劇をやっていた。

設定がそうというだけで、テーマは「純愛」だと彼らは謳っていた。確かにかい設定を無視してストーリーラインだけ見ればそれは「数々の困難を乗り越え主人公恋人が結ばれる」というもので、少女漫画のような「典型的ラブコメ」を過激ギャグ調に演じることで揶揄するような内容だった。

ストーリーラインだけ見れば「純愛」だったと言えなくもない。

ただ、彼らは劇中のキャラクターに「ゲイ」という属性付与していた。

登場人物は全員、男性同性愛者。

主人公は雄々しく熱血な性格男性で、恋人役は「一昔前の少女漫画典型的なか弱くて健気なヒロイン」像をかぶせられた男性だった。

「やめて!僕のために争わないで!めそめそ」といった感じの恋人を、主人公が「俺が守る!」といった感じで熱血に困難を乗り越え、ふたりは結ばれる。

彼らの演劇は「チープで典型的ラブコメが男どうしで、下ネタをまじえつつ繰り広げられる」ことにおかしみを見出すものだった。

私は彼らの演技が不快だった。

彼らの演技に、自分同性愛であることで苦しむ人々への配慮というものはなかった。

自分たちとは違う性自認性的指向の人へのリスペクトは欠片も感じられなかった。

彼らが自分たちとは違う価値観の人を、キモイだとか直接的な表現差別していたわけではない。

だけど彼らは普段生活からホモ」という単語を仲間内相手をふざけて馬鹿にする言葉として使っていて、そのノリがまんま舞台に乗っていた。

彼らに話を聞いてみたことはないけれども、きっと実際に自分たちが演じたいキャラクターと近い性的指向の人に取材をしたり、セクシャルマイノリティに関して勉強したりはしてないのではないだろうか。少しでも勉強していたら絶対にしないだろうという表現を、彼らはしていた。

現実に「やめて!僕のために争わないで!めそめそ」といった感じの男性絶対にいないとは限らないし、そういう人はそれがその人の個性なので、否定するつもりは全くない。

現実同性愛者が下ネタを全く言わないとも限らない。そういうのが好きな人もいる。

自分とは違う性的指向キャラクターを描くときには必ずモデルとなる性的志向の人に取材をして、勉強しなければならないのかと言われれば、絶対にした方が良いと私は思うが義務とも言えない。でないと「どこまで勉強すればOKなのか」なんて話になりかねない。

そして私は「ホモ」という言葉を狩りたいわけでもない。文脈によって、それが実在他人貶めるために使われるのではないと明らかにした上でその言葉を使うのは、なんら問題ないと思う。

私は表現規制したいわけではない、表現自由だ。

ただ彼らは仲間内下ネタを楽しむノリをそのまんま、舞台に上げてしまっていたのである

舞台ということは、少数だったとしても観客がいる。演劇は観客がいてはじめて完成する。

演劇独りよがり自己表現ではない。

観客席を作って発表する以上、その劇は仲間内下ネタ披露大会ではない、自分とは違う価値観もつ観客に見せるものであるはずだ。

彼らは演劇のものが好きなようで、部内でも特に精力的に活動していた。

あるとき地域お祭り特設ステージで彼ら「ホモクラブ」が劇を上演することになった。彼らのいつもの芸風で。

私はこれはまずいと思って、彼らに「あなたたちの演劇は見てひどく傷つけられる人がいるから、やめた方がいい」と告げた。

チケット販売してやる公演ならばある程度客層を絞れる。面白そうだと思った人しか見に来ない。

だけどお祭り特設ステージとなると訳が違う。通りすがりに、何も知らずに観る人が大勢いる。

大通りが一本、歩行者天国になって展開されるような大規模なお祭りだ。年に一度の、市内の人間なら知らない人なんていないようなお祭りだ。

その歩行者天国と繋がっているアーケードに設置された特設ステージが、彼らの舞台になる。

いったいどれだけの人が彼らの演劇を目にするだろう。その中にいったいどれだけ、自分性的指向に悩む人がいることだろう。

だけど彼らが慕うある先輩は「この世の人間みんなに配慮することなんて不可能だ。そうやって規制ばかりしてたら面白い舞台は作れない」と反論した。

私は何も言えなかった。その意見絶対に間違ってると思ったのに。

「この世の人間みんなに配慮することなんて不可能」それは正しいと思う。きりがない。

「そんなことない、ハリウッド作品とか、ポリコレに気を付けた上で面白い作品はたくさんある」と言っても良かったけど、彼らはハリウッド巨匠じゃない。プロじゃない。そんなものを求められるレベルにない。

そして、どんなに観客のひとりである私が不快に感じても、本人たちが「馬鹿にするつもりはない」「真剣だ」と主張する以上、この人たちには何を言っても無駄だと思った。

から何も言えなかった。ただ傷つく人がたくさんいると伝えることしか出来なかった。

それ以来ずっと、私は差別に荷担したという罪悪感を抱いている。

人類配慮することは不可能だけど、意図的とある属性面白可笑しく馬鹿にはしないようにするということは出来るはずだ。

特に、今までいないことにされていたセクシャルマイノリティの人々がネットを通じて手を取り合い発信し、ひどい差別を受けてきたことが顕在化してきたこ時代に、どうしてあえてゲイという属性ネタとして消費できるのか。

彼らはその「ネタ」で傷つく人がたくさんいる、今まで傷つけられてきた、やめてほしいという声を全く無視している。

そしてそういう声を知っていながら彼らを止められなかった私も、加害者だ。

私自身、自分性的指向がよく分かっていない、揺らいでいるというセクシャルマイノリティのひとりだ。

それにもともとぱっとしない性格で、お世辞にも自分磨きに熱心とは言えないせいで、つまり暗くて不細工陰キャなせいで、中学生の頃は息苦しい思いをすることもあった。高校に入ってからは、怖くて男子とは業務連絡以外で口をきけなかった。

から他人の無邪気な言動で傷つけられる苦しさは人並みには分かるはずだった。それなのに、何も言えなかった。

先日、ネットフリックスにて山田孝之氏が主演のドラマが公開された。全裸監督だ。

私は山田孝之氏が好きなので迷ったが、結局not for meな作品だなと思って見ていないが。

全裸監督宣伝で「規制ばかりで息苦しい世の中に風穴を開ける」的なことを謳っていた。正直、推しが主演の作品なのに素直に推せない、残念な作品だなと思った。

差別による抑圧と、差別を避けるための規制による抑圧。どちらも抑圧には変わりないけれども、どちらがより優先的に解決されるべきかというと、前者なのではないだろうか。

私は今も苦しい。罪悪感がずっと消えない。セクシャルマイノリティに関する記事テレビ番組を見る度にそのことが思い出される。

どうしたら消えてくれるんだろうか。

ただこれから一生「規制ばかりで面白い作品がつくれない」という論調に反発し続けるしかないのかと思うと、気が滅入る。

良い「自分の許し方」があればぜひ、教えてほしい。

2019-09-30

anond:20190930113025

増田の「大坂なおみ恋愛対象外」の話と一緒で、個人恋愛志向性的志向文句を言っている方が気持ち悪い。

自分年下の男恋愛結婚した時に、特大ブーメランとなって返ってくるよ。

2019-09-27

大人のためのおしりトラブル座談会

っていう広告勝手に出てきたんだけど、別に痔で困ってるわけでもないし、そっち方面性的志向があるわけでもないし、もちろんそれらに関連するwebサイト閲覧履歴も一切ないのに、むっちゃ失礼じゃね?

2019-09-07

anond:20190907065637

何度も言うが、Tを混ぜるなよ。

おまえらは、馬鹿なのか? 

Tは障害。みんなで見守ってあげないと。

その他は、性的志向。悪いが、それを嫌いな志向人間もいる。

ともかく、混ぜるなくそぼけ

2019-08-08

anond:20190808203550

調べたけど分かりやす説明している資料ネットでは見つからなかった

だけど、性的志向異性愛に変えろ、性自認身体と一致させろと性的少数者強制するひどい歴史があって、変えようもないものを変えさせることが人権侵害だった

それに対する反論として先天性の話が出てきたみたいだね

anond:20190808201613

男脳と女脳があると考えたり、後天的性的志向性自認が変わると考えるのは似非科学らしいよ

ジェンダー論で学んだ

男女で脳に差はないし、生まれつきの性的志向性自認は変えようがないんだよな

2019-08-07

anond:20190807004247

性別性的志向国籍身体的・精神特性の違いを超えて分かり合える時代が来ればいいのにね。

最近どこを見ても争いばかりだ。

難しいね

2019-07-11

同性愛者はどうして性的志向関係無い時に同性愛を持ち出すのか?

そこが個性だと認識しているからかも知れないが。プロフィールに"Gay Male Artist"とか書かれても。どう反応して欲しいのか判らないし、なんでワザワザ聞かれもしてないのに書くんだろう?という気持ちになる。知って欲しいのかな?

異性愛者が性的志向を持ち出すのは「彼女募集中です」とか言う時だけな気がするんだけど。

2019-06-04

百合SFブームは「ウィトゲンシュタイン梯子」なのか?

ここ数日、ハヤカワ文庫百合SFフェアに関連して、書評家の杉江松恋がフェアに違和感を表明し、杉江を含む百合SFフェア懸念派の発言Togetterにまとめられ、さらにハヤカワの編集者がそのまとめの削除を申請する……といった一連の出来事が、ツイッターのごく一部を騒がせていた。

(ハヤカワ編集者の削除申請を、百合SFフェア批判封殺解釈しているらしい発言をいくつか見かけたが、あれはむしろ杉江松恋らフェア批判者への反発をこそ抑え込むための措置だったのではないか

そんな状況の中で、百合SFフェアに含まれ作品の著者が投稿したのが、以下のツイートだ。

<script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>

<script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>

ウィトゲンシュタイン梯子、という言葉はよく分からないが、ググってみたところ、「おもちゃと同じだよね。“やがていらなくなる為に”、それは必要なんだ。」といったような意味らしい。なるほど。

果たして草野の言うように百合SFブームは「ウィトゲンシュタイン梯子なのだろうか。

しかに、今回の百合SFフェアに対して、なぜ「百合」などという狭いカテゴリだけを殊更に取り上げるのか、もっと広く「ジェンダーSFフェア」でいいのでは、といった声はいくつかあった。そういう人々にとっては草野言葉はまさに、我が意を得たりという内容だろう。

だが、それは大多数の「百合好き」の考えとはどこまで一致しているのだろうか。

自分自身は、胸を張って堂々と百合が好きだと言えるほどの百合好きではない。そのためこれはあくまで推測でしかないが、多くの場合百合というジャンルを好きな理由はそれが「百合から」、男と女でも男と男でもなく「女と女の関係性だから」としか説明できないのではないか。逆に言えば、「女と女」であることにだけは、唯一絶対意味がある(「女」の範囲をどこまでとするかは人によるだろうが)

あくまで性の多様性肯定するフィクションの一つとして完全にフラット百合評価している、という人も中にはいるだろうが、多数派とは思えない。たとえ百合と同時にBLなど他のジャンルも好きだったとしても、「百合ならではの良さ」が少しでも存在すると信じるのであれば、それは「女と女」に帰着するほかないだろう。

なんで「女と女」なの?と更に問うこと自体は一応可能だ。現に、主に非当事者によって「男性排除した世界処女性を安全に味わうため」とか「自身男性性への罪悪感から来る女性化願望」とかいった“分析”がなされることは多い(下衆の勘ぐり的な“分析”の代表例として挙げただけで、別に百合の愛好者に男性しかいないと思っているわけではない)

そういった詮索好きな人たちには、その勢いで現実性的志向にも同じように“分析”を行ってみてもらいたい。やれるものなら(実際にやってしまう人も時々現れるが)

閑話休題

草野ツイートは、物語ジャンルとしての百合百合であることの意味、つまりは「女と女」が最終的には他の関係性・性志向の中で相対化されて、良くも悪くも無意味になることを目指す、という姿勢の表明と読める。

もちろん、この件はただの百合ではなく「百合SF」についての話であるセンス・オブ・ワンダー(って結局なに?)が重視され、既存常識を乗り越えることを良しとするSFというジャンルであれば、百合と結びついた時に、百合好きが百合に抱く(不合理で保守的な)幻想解体するような方向に傾くのも自然なのかもしれない。

だが、もしも最終目標が「特にカテゴライズなく同性愛テーマ作品普通に幾多もある環境」ならば、敢えて「百合SF」という看板を掲げるのは、不必要である以上にかえって逆効果なのではないか性別に関する固定観念を直接揺さぶ手段SFには現にいくらでもあり、わざわざ「百合SF)」という限定された概念を経由するのは、目指すゴールから遠ざかるだけの回り道に思える。

百合に限らず様々な関係性がSFで描かれるようになること自体は、良いことに決まっている。だが、フェア対象作家の中の一人に過ぎないとはいえその内部からウィトゲンシュタイン梯子」という言葉が出てきたとなると、「百合SFフェア」は素直に乗っていい波なのか、受け手に迷いが生じてもおかしくない。SF好きはともかく、百合好きにとっては大きな問題になりうるだろう。あくまで上にのぼるための道具として梯子必要とする人間と、梯子のものを愛している人間の間にある溝は、当たり前のように深い。



そこまでの意図は無い発言だったのかもしれないが、どうにも気になってしまったので書いた。上でも書いたように自分自身はそこまで強く百合が好きというわけでもないので、ガチ百合好きの人の大半が、ハァ?オレ/ワタシは全然気にならないんだけど???と言うのであれば、別にいいです。

2019-05-20

ペドフィリアユートピア

セックス免許制になり、免許を持った人間同士が性交同意書にサインした時のみセックスが許される世界。その副次効果として、条件を満たしてさえいれば年齢に関係なくセックスが許されることになった。しかセックス免許の取得には試験合格しなければならない。問題は性知識ジェンダー論といった複数の科目から出題される。

あるペドフィリア女児カップルは、女児の側がセックス免許を持っていなかった。そこで、試験合格のために二人で勉強会を開いた。人生経験の浅い女児には難しい問題が多く、過去問の点数も思うように伸びなかった。時には「どうせバレないしやっちゃおう」と女児の側から誘うこともあったが、ペドフィリアはやんわりと断った。

そしてようやく女児試験合格した。試験合格してもその場で免許が発行されるわけではない。合格証を性生活支援センターに持参して実技講習を受けなければならない。ペドフィリアが持っているのも、実は免許ではなく合格証であった。講習は普通免許または合格証を持った恋人と共に受けることになる。(まれに一人で受ける人もいるが、その場合講師の中から性交相手を選ぶ必要がある。推奨はされていないが、素人相手よりもむしろ安心できるという意見もある。)講師男性または女性またはその他から選ぶことができる。プライバシー配慮のため、講師には重い守秘義務が課される。とはいえやはりアセクシャル講師は人気があり、予約が必要である

講習前に問診票を提出する。設問は「SM志向がありますか?」「小児性愛志向がありますか?」のような性的志向に関するものや、「耐え難い性的衝動経験したことがありますか?」といった依存傾向に関するものがある。回答は「はい/いいえ/わからない」の中から選ぶ。講習内容はそれに応じて変動する。

ペドフィリア女児担当することになった講師は、老齢の女性で現役の小児科医であった。ペドフィリアは生まれつき性的衝動が少なかったのでそう申告したところ、「もし今後変化があれば、医療機関へご相談ください」のような事務的なことを言われた。それから小児性愛に関する基本事項の説明を受けることになった。「小児性愛者と児童場合、生涯を共にすることは難しい」といった内容である。概ねペドフィリアから常々女児説明していたことと重なっていたので、女児も頷きながら聞いていた。時にはペドフィリアを自認していても知らないこともあり、学ぶことは多かった。二人の真剣な態度に安心した講師から言われた、「永遠に続かないのは大人恋愛も同じです。永遠に続かないからこそ、今の関係を大切にしてください」との言葉が心に残った。

それから児童の人体構造についての講習が2時間ほどあった。やはりペニスの挿入は難しいと言われ、「どうしても挿入したい場合、長い準備時間と日数をかけて、少しづつ慣らします。その間は必ず性生活支援センターに通い、センター内で講師監視の下行ってください」と言われた。ペドフィリアは挿入を重視していなかったが、女児は少しがっかりしていた。また今回のケースでは実技講習の中で処女膜の除去が難しいため、手術によって取り除くかどうかの選択肢提示された。女児判断により、後日手術を行うことになった。

最後実技試験が行われた。今回は挿入は禁止で、ペッティングのみであるペドフィリア性交経験はないため、講習は困難であった。講師指導は優しかったが、「嘘をつかない」ことを厳しく約束された。痛いときは正直に痛いと言うことが大切だと繰り返し言われた。それでいて、「相手は嘘をついているかもしれない」ことは常に意識しておきなさいとも言われた。ややこしいが、講師説明は納得のできるものであった。

こうして二人は無事免許を取得した。女児免許は挿入禁止限定免許である。どうやら今後は限定解除のために通う意思もあるようである

2019-05-11

LGBT治療」したい人もいるんやぞ

恋愛感情性的志向が一致しない。

自分は男で、セックスしたいと思うのは男だが、男と恋愛はできない。恋愛感情を抱けない。だからできるもんなら、ストレートになるよう治療したいと思ってる。子供ほしいし。

でも世間じゃ「LGBTは生まれつき!」「治療なんてもってのほか」と言って、医学進歩が妨げられてる。使うかわからんけど手段として「LGBT治療」することを発展させるのは大事でしょ。使うかわからない基礎研究大事だって言ってる人どうしちゃったんだよ。

2019-03-21

anond:20190321185309

世の中はどこで線引きするかのバトルだから

ギリギリ馬鹿にできる身体的特徴や知的水準性的志向などは道徳活動家だって全力で馬鹿にしてくるよ

2019-03-19

anond:20190319214717

異性装してるならトランスじゃん。

勘違いしてる人多いけど、別に性自認身体の性と一致してようと性的志向が異性だろうと

トランストランスLGBTの一員だよ。

2019-03-04

批判される意味が解らん

ナヴラチロワ氏、トランスジェンダー選手は「不正発言謝罪議論継続

https://www.bbc.com/japanese/47411978

グランドスラム大会で18回タイトルを獲得したチェコプラハ出身のナヴラチロワ氏は、トランスジェンダー女性女子競技参加について批判を繰り返してきた。

ナヴラチロワ氏はブログで、自分意図するのは「女性として生まれ女の子女性が、自分競技においてできるだけ平等競争できるようにすることだ」と説明した。

これに先立つ英紙サンデー・タイムズへの寄稿では、トランスジェンダー女性女子競技出場について「これは狂っているし、不正行為だ」と強調し、「トランスジェンダー女性を本人の望む形で呼ぶのは喜んでするが、スポーツで競い合うのは望まない。それは公平ではないから」と主張した。

撤回されなくて良かった。LGBTの話もそうだけどスポーツカテゴリ分けや就職だの関係無い場所に"性的志向"の話が出てくるのか解らん。心が女性から生物学的には男性だけど女性試合にださせろ!と主張する方も、それを認める方もどうかしているだろ…

性別によるカテゴリー分けを無くすんなら、まだ解るが。

2019-02-27

anond:20190227125842

嫌なら転職すりゃいいじゃん

性的志向や肌の色と違うでしょ

2019-02-10

anond:20190209223617

性的志向は変わる事もあるものなので…

「今現在ゲイであること」≠「未来永劫女性が性の対象になる事はあり得ない」

から

2019-01-09

anond:20190109221806

ああ、そうだよ。性的志向という、変えようのない生まれつきの性質をもってして犯罪認定されることの何処が差別じゃないというんだ?

anond:20190109181426

指向一言でいうと「寝たい」かどうかで判別できる。

と言うのなら、そもそも「男女限らず、誰かと寝たいなんて思ったことがない」女性も多いんじゃないかと思うけど

まり女性アセクシャルも多いんじゃないか

従来の性的志向云々って、男性感覚で決められた概念じゃないかと思うんだよね

男性なら「誰に対してチンコ立つか」で大体わかるし、「相手は女でなければ絶対に嫌だ」と思ってる人がマジョリティってのもそうだろう

でも女性だとそもそも積極的な性欲を持たない人も多いし、立つチンコもないし、

相手セックスしたいと言ってきてそいつ別に嫌いでもないとか、セックスすれば何か特になる状況ならしてもいい、って程度の人も多いんじゃないか

でもってそれが(自称異性愛者でも)男でないと絶対に嫌だって人もさほどいないんじゃないかと思っている

証拠出せと言われたら困るけど

anond:20190109165656

便乗するけど性的志向ってのも分からない。

自分は女だから、男と結婚して男とセックスするのが普通と教えられて育ってるしそれが普通とされる社会で生きてるからその通りにしてるけど、

女は女と結婚してセックスするのが普通、という社会に生まれて育ってたらなんの抵抗もなくそうしてたんじゃないかと思う。

2018-11-14

anond:20181114204506

まー弱い順、もしくは既存システム包摂されにくい順でしょうな

アセクシャルとか両性ミックスなどはまた別でしょうけど

性的志向弱者性に加え、フェミニズムの主張する絶対的女性肉体の弱さを考慮することで、容易に理解できる

身体の性が肉体と食い違ってるだけで、手術さえ完了すればすぐにでも既存ジェンダー体制に恭順の意を示すTは弱者係数が最も小さい

身体面でさら序列化すればMtFよりFtMが多少は弱い程度

次に同性愛というだけで既存体制から強制的排除されるのだが、それでも50%確率包摂されるBは、他よりも弱者性に劣る

あえて序列化すれば、男体Bより女体Bがより弱い

残りは割と簡単で、同性しか愛せず100%排除される点でBより弱いが、その中では男性肉体を持つGより女性肉体を持つLが弱い

からLGBTという順番になっている


ちなみに、既存体制への包摂されやすさが肉体より優先されるだけなので、異性愛者でも普通女性はTより強者なだけで、異性愛男性よりは弱者

初心者には少し計算が難しいかもしれないが、他にも肌の色、国籍宗教身体障害知的障害なども踏まえて総合的に弱者性の序列が定まることになっている

2018-11-11

提案:フェミニストオタクは、一緒のベッドに入ってセックスすべき

はてブ開くたびに、「性的な絵が・・・」とか「表現の自由・・・」みたいなオタクフェミニスト議論見せつけられてもうウンザリしてるんだよ。

最初は多少は興味あって読んでたが、本当に毎日毎日このての議論を手を替え品を替え見せられ続けて、もうだんだんはてブ自体見るのが嫌になってきたというか、はてな社はこの両者を営業妨害として訴えていいレベルだと思う。自社のサービス毀損してユーザー数を減らしたという理由で。

フェミニストの言い分が正しいのか、オタクの言い分が正しいのか、正直なところ自分にはなんとも言えんよ。

ただ、どちらの言い分が正しかろうと正しくなかろうと、確実に一つだけ言える真理がある。

それは、両者が憎しみの感情に満ち溢れているという事だ。

片方は男性全体を、片方は女性全体を、巨大な仮想敵見立てて、憎しみを煽り、自らもその憎しみの虜になっている。まるで今のアメリカ政治のようだ。

こんなこの世の地獄とも言える事態に対して、両者に対して、私から提案したいことがある。

フェミニストオタク、あるいはオタクフェミニストで、実際に顔を合わせて会って、一緒のベッドに入って、セックスをしてみてはどうか??????

おそらくオタクフェミニストも、実生活では孤独なんだと思う。

そんな事を言うと、「いや、バカにすんなし。自分恋人いるし」と猛反発されることが予想されるが、それは嘘だと断言できる。

仮に恋人がいたとしても、うまくいってないと思う。

なぜならば、恋人がいてうまく付き合えているならば、ここまで激しく、異性と言うものに対して暴力的見方をする事はないからだ。オタクにしてもフェミニストにしても。

お互いが隔離され、顔が見えない断絶された状態にあるからこそ、お互いのことを見えない仮想敵にみなして、敵意を増幅させていくのだ。

それならば、両者が会ってセックスするのがピッタリだ。

お互い孤独な男で、孤独な女であるならば、セックスをするにはうってつけの存在である

今までお互いがお互いのことを、何か強大で、邪悪存在とみなして憎しんでいるならば、一度裸になって抱き合えば、相手の事を決して憎むべき存在だとは思わず、一人の人間だと認識するはず。

憎しみを対峙できるのは愛だけである

なので、オタクフェミニストも、共に一緒のベッドに入ってセックスしろ

その間に自分らは、平和はてなブックマークを楽しむから

もうお互いこれ以上煩わしいことを言うな。

LGBT的な方向から攻撃されかねないから一応補足しておくと、どちらか片方がLGBTなら、片方の陣営の同じ性的志向の人間を頑張って見つけてセックスしろ

2018-10-29

子供社会で育てろとかいう風潮(追記した(もう一回追記

どうして非モテの俺みたいなのが払った税金で、リア充カップルが楽しくセックスした結果生まれ子供の面倒を見ないといけないの?

子供社会で育てろとか言われてもさぁ、自分で育てる機会すら与えられない人間にとっては知ったこっちゃ無いわ。

お前の老後の面倒は誰が見る?って言う人も居るだろうけれど、俺は毎月20万くらい年金健康保険料払ってるし税金入れると総額40万くらい払ってるから一生で払い損だわ。

別に税金健康保険は稼いでるやつの義務だと思うからとやかくは言わん。

でも赤の他人セックスして勝手に作った子供の後始末を税金で賄うのは違うと思うわ。

子供が居るのに離婚すんなよ。養育費ちゃんと払えよ。イヤなら子供作るなよ。

でも俺みたいなキモくて小金けが取り柄の独身おっさん意見なんて、多数のリア充に踏み潰されるんだろうな。

追記

反応多いな。

子供可愛いんだよなぁ。

電車喫茶店子供が騒いでても、最近は可愛さしか感じない。

嫌いなのは可愛い子供に恵まれながらその養育を社会押し付けようとする親なんだよ。

子供が居る夫婦は恵まれてんじゃん。愛するパートナー可愛い子供がいるじゃん。

俺は小金しかねーよ。何で恵まれてるお前らの為に俺が払った税金使うんだよ。

どう考えてもお前らの方がQOL高いじゃん。

障害者介護老人は、俺もなるかもしれんからお互い様だと思ってる。

LGBTとか、俺も生まれた時にそういう性的志向になったかもしれんから他人事と思ってない。

そのために税金健康保険年金などを払うのは仕方ない。

年収950万以上は国に世話になっていない状態だと聞いた事が有り、俺は独立しているという自負にも一役買ってくれる。

でも子持ちの親に金やるのは賛成できん。お前ら幸せは独り占めで負担社会に付け回しかよ。おかしいじゃないか

双方が合意して楽しくセックスして、子供がうまれ楽しい毎日を送りますが、負担はみんなでヨロ!って言われて納得できるかよ。



一晩あけて日本語が読めない人が増えているので書いておく。

相互扶助は全く否定しない。

俺も健康保険税金で僅かばかりの貢献をしているつもりだが、いつ障害者になるとも知れないのは理解している。

年を取れば誰かの税金で生かされるというのも、一理はあるかもしれない。

9割以上の人が歩むソコソコ健康人生を送った場合には俺の払った総額を使い切る事は無いと思うし保険としては随分と割高だが、安全で快適な日本に住む代償だと思えば気にはならない。

国家の再分配は幸運な人や実力が有る人から、不運な人、恵まれない人へ配るものだろ?

俺は現在金銭的に恵まれている方だから、再分配をする側である事には異存は無い。

しかし、愛するパートナーセックス出来て子供を持てた幸せな人に分配するのはおかしいと言っている。

お前らはもう十分に恵まれているだろうと。どうして更に高みへ行こうとするのか?

いや、高みへ行くだけなら本人の努力からもちろん構わない。

しかし、だ。

不運にも非モテに生まれた奴が払った税金で、どうしてリア充カップル幸せを支えなくてはならないのか?

お前らの更なる幸せの為に、どうして非モテ負担をせねばならんのだ?

もう十分幸せだろうが。それ以上を望むなら自力で上がればいいだろ。

俺の老後を支えるのはリア充カップルの子供だと言われてもな、数十年後には介護ロボットが売られているだろうから俺は自分の金で買うよ。

自動翻訳もかなり進化しているだろうから、何なら海外老人ホームに入ってもいい。

正当な対価を払う取引にまで「私の子供が居なければ」と言われても知らない。

別にお前の子供じゃなくても、正当な取引をしたい人は世界中に居るわ。

今まで払った社会保障費と税金計算してみたが、4000万少々だった。消費税その他を入れると5000万を超えるだろう。

子供の頃に国に使って貰った分も返せているとは思ってる。

お前も子供の頃に~と言っている人の大半は返せていないと思うのだが、どの面下げて説教しているのか聞いてみたい気分ではあるな。

2018-09-30

anond:20180930130609

それは利権というのか

性的志向という縛りを外したら、ありふれた話でしょ

ネット流行ったネタに乗っかってRT稼ぎする漫画家とか

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん