「革新派」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 革新派とは

2019-02-26

「本筋が進まないシナリオ世界干渉できないキャラクター」は何が面白いのか?と悩んだ話

 さて、私事ではあるが、私はひょんな事から知人の紹介を以て物書きとして仕事をすることになってしまった。

同人小説の一つも書いたことはなく、詩を紡いだこともないズブの素人が物書きとなってしまったのだから、これは一大事である

世の中に生々しい悪臭を漂わせるクソのような文章を生み出すに違いない。同業の諸先輩方には申し訳のしようもないが、生きていくためには書いてみるしかないようだから、一つ堪忍していただきたい。

具体的に何を書いているのかという話だが、主にソシャゲシナリオフレーバーテキスト仕事をしている。

シナリオ新規追加キャラクターに付帯する「ガチャを回したくなるようなストーリー」であり、フレーバーテキストとはアイテムキャラ説明文といった類のものである

自他ともに認めるズブの素人であるから面白いストーリーも売れるキャラクターも分からずに右往左往している私の論は大変滑稽であると思うが、思考を整理しながら意見を頂きつつ、私のような後進があった時の手がかりになればという考えでタイピングしているのでご容赦願いたい。

物申したい訳ではなくて、自らの認識と世の中の齟齬を確かめつつ、様々な意見に触れられれば良いと考えた訳である

■私が考えた「物語」の面白さとはなにか?

 物書きとしてスーリーを生み出す以上、面白いと思われる作品を作らねばならない。

しかし、困ったことに今までの人生面白いものを作ろうとして作ったことはない。作りたいから作った絵や模型は少々あれど、人にウケる事を目的とした作品を作ったことは全く無い。これでは何を良しとすれば宜しいのかが分からない。

初っ端から大きな壁にぶち当たり、困り果ててしまった私は「ここはひとつ自分が好む『面白さ』を分析し、自分と同じ感性人間ウケる物を作ることから始めよう」と考えた訳である

そのために、まずは自分が好きな作品リストアップしてみようと思い立った。

そうして思いつくままに好きな作品リストアップしてみた訳だが、どうやら具体的なことは何も分かりそうにない。 困った困った。

(例として『攻殻機動隊』『エヴァンゲリオン』『松本零士戦場まんがシリーズ』『姉なるもの』『装甲悪鬼村正』『DARKER THAN BLACK』『Fate/stay night』『イヴの時間』『カウボーイビバップ』『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』『殻ノ少女』『ARIA』などが浮かんだ)

パッと見で抱く第一感は、大抵の作品には何処か仄暗さがある事、ハーレム物ではない事(Fateハーレムに近いが)が共通であるという事ぐらいだろうか。

一見明るく見えるARIAだって地球の海はすでに人の泳げない環境になっており、テラフォーミングされた火星の海で人が営む話だし、その他の作品主人公格のキャラが暗い過去を背負っていたり、あるいは直面している状況が暗かったりする。)

あとは私が「根暗で面倒くさいタイプオタク」のような何かであることぐらいは分かるのかも知れない。

本筋に戻るが、素人なりにこれらの作品を嗜好する人間が好む『面白さ』とは「その世界キャラクターを通して知ること」ではないかと私は考えた。

例えば草薙素子メスゴリラではなくか弱い少女であっても、碇シンジが熱血爽やか少年であっても、私は攻殻機動隊エヴァが好きだっただろう。

なぜなら彼らがどのような性格や外見であっても、あるいは登場せずとも、世界設定が同じならだいたい同じように世界は動くだろう。

極論を言えば草薙素子がか弱い乙女であり公安9課に勤めていなくとも人は義体化し続けてゆくし、あるいは碇シンジが初号機に乗れと言われた時点で超ノリノリであっても、最初に戦う第三使徒サキエルにはコテンパンにされ、進化し続ける使徒を食い止めきれずにサードインパクトを迎えるだろう。

キャラ性格や外見がウケなくとも物語は進行し、あるいは登場せずともその役目は別の人物担当して物語は収まるべきところに収まる。なぜならその世界はそういうニーズを抱えて生まれからだ。

しかしそれではつまらいから、面白く見える視点を借り受けることで、物語は娯楽作品として成り立たせることが可能になる。

結論として、私は「キャラクターとは世界観に内包される1つの要素であって、世界の覗き穴でしかない」という考えに至った。

しかしこれを知人に語ったところ、「世界キャラクター内包されている」という返答を得て混乱することになり、こじらせ続けた結果としてこの日記を書くに至ったのである

■「キャラクター内包される世界」に触れて

 まず私は混乱を与えた知人に「なぜ世界キャラクター内包されるのか?」と問いかけてみた。

すると彼は「大塚英志を読みなさい」と言うので、彼が勧める「物語消費論改」に目を通し、今の私にうってつけの本のように思えた「キャラクター小説の書き方」も読んでみた。

大塚英志の書く文章客観的エビデンスを示す事よりも、一つの前提を提示した上で理論を展開する事に重きを置いているように思え、彼の取る左翼的立場(いわゆる大多数の革新派とは別物との自覚があるのか、自身は『サヨク』と表記するが)が突如乱入して辟易する事もあり、中々体力の必要な内容であったが、ひとまず読み切った。

彼の書き込んだ政治的ノイズと、理論展開をしたかっただけの文章フィルターに掛けながら読んでいくと、どうやら物語というのはキャラクターがいないと生まれないものらしい。

キャラクターが初めに存在し、ストーリーを作る中で世界が見えてくるのだという。

なるほど、確かに何かしらのネタがなければ物語は書けないし、世界描写することができないように思える。

しかし、どうも私には納得がいかなかった。

例えば年齢や性別を設定されたA子さんというキャラクターけがそこにいて、世界観がなかった場合はどうだろうか。

この場合、A子さんに生まれるのは虚無の中に放り出されたと言う事実だけである

もし、その「『何もない世界』を受けてA子さんが得た情動こそが物語である」というのならば、それは虚無と言う世界観がないと成り立たないのではないか

逆に、例えば「中世風の世界」があったとしよう。登場するキャラクターの設定は何もない。

中世風の世界といえば、人の頭の中には剣戟や鎧がたてる金属音や、あるいはそこで生活する人々が桶を片手に井戸に水を汲みに行く姿などを思い浮かべるだろう。

そして、多くの人は中世と言われただけで頭の中にヨーロッパ景色か、日本中世を思い浮かべたのではないか

あたり前のことだが世界観には内包する事物があり、事物には経緯がつきまとうものである

世界観を定めたことで、これらの自然な在り方の幅が定まり人物も含めて存在する範囲が決定される。

たとえ時間が静止していても、大木には新芽から育った歴史があり、水すらも水素2つと酸素が結合したという経緯が発生する。

私はこれらの変化こそが物語なのではないかと考えているのである

即ち、その世界で起こった変化を拾い上げた時に、初めて事物キャラクター化すると考えているが故に、私はキャラクター世界内包されるという考えが捨てきれない。

そして、物語の本筋というのは、それらの小さな変化全ての集合体であり、世界観そのものストーリーであると考えてしまっているのだ。

うーん…困った…。なんでキャラクター世界内包されるのだろうか。

A子さんの主観から書いた物こそが物語であり、A子さんの認知した物こそが世界である定義するのだろうか?わからん

うーんこまった。うんこまった。

なぜ困っているのかは次項で触れよう。

ガチャを回させるために、物語を捻り出すソーシャルゲーム性質に触れて

 さて、ようやく本記事タイトルに近づく事が叶う。

上記の様に「世界キャラ内包されている」と考えている私が、物書きとして初めて書くことになった物語ソーシャルゲームに追加される新キャライベントストーリーだった。

この仕事キモは、有料のクジ引きでプレイヤーが獲得できる新キャラプレイヤーに対して強烈に売り込むことである

具体的には運営会社が考えるキャラクターの「良さ」を引き立てるためのお話を一本仕上げるのだ。

ここで私は早くも躓いた。

何故ならソーシャルゲームにはベースとなる世界観があり、主要キャラはすでに出揃っており、本筋の進行に何ら問題のない所に、いきなり「強烈な売り込み」を必要とするキャラが登場してしまうからである

本筋の話に必要のないキャラクターを、いかにも重大で必要な魅力を持っているかのように持て囃し、そのために何かしらの話を世界観という大地から発掘して、プレイヤーの周りに再配置する作業となる。

そして、運営としては本筋に明確な終わりを与えてしまうとプレイヤーが離れてしまうから、本筋だけを避けて大地を穴ぼこだらけにしながら不要物ばかりが増え続けていき、やがてはプレイヤーの周りに綺麗にそびえ立つ「本当はどうでもいいキャラ」の山が本筋を隠してしまう。

これは、私の「世界内包されたキャラクター」の考え方だと避けて通ることは叶わない結果のように思える。

しかし、「キャラクター内包された世界」という考え方であれば、大地の形は定まっていないので、きっとプレイヤーの周りに何処からともなく取り出した土を積んでゆく作業となるだろうから、なるほど確かにそちらの方がソーシャルゲームに向いている。

ただし「どこからその土(物語)を持ってきたんだよ」という疑問とともに、「別にその土がなくてもこの世界存在しているし、その山は不要じゃない?」という感想を得る私のような面倒な者も少々発生するだろう。

「要・不要しか語れない虚しい奴め」と言われればそれまでだが、こちらとしてはいきなりステーキか、或いはさわやかハンバーグでも良いが、兎も角ステーキハウスで3000円のステーキを注文したら、鉄板の上にステーキを覆い隠さんほどのミックスベジタブルを乗せられた心持ちなのである

いきなりステーキ店員としても、ステーキが主役なのに上役の指示でステーキを切り捨ててでもミックスベジタブルを山程ぶち撒けろと言われて途方に暮れててしまうだろう。ステーキの前でアホ面を晒しミックスベジタブルを握りしめている店員こそが私なのである

私は本筋を覆い隠さんほどのサブキャラを並べるという在り方は、本筋へたどり着かせない為だけの行為しか思えず、ベースとなる世界観にガチャの新キャラを紐づけていく意義を上手く見いだせなかったのだ。

前項で困っていたのはこの点であって、物語キャラクター内包されているのであれば私の考えが間違っているだけなのだが、どうやら一応理屈は通っているように思えてしまっている。

この矛盾放置するべきではないだろうが、結論は見えない。

え?意義はお金を稼ぐ事だし、キャラ理由なく存在していてもいいじゃないかって?

まあその通りなんだけどさ…青臭くってウブな駆け出しとしては、ちゃん物語を進めたいわけよ…

え?面白ければ本筋がどーこーはどうでもいい?

それも最もな話よ…だけど、面白いって何さ?

■「本筋が進まないシナリオ世界干渉できないキャラクター」は何が面白いのか?

 ようやっとこの4項目にして表題に触れられた。

展望も何もなく書いてきたので、まずはここに着地できた事で一安心である

「本筋が進まないシナリオ世界干渉できないキャラクター」に塗れた作品であっても、成功しているコンテンツというのは存在する。

何を隠そう大部分のソシャゲは「本筋が遅々として進まず(或いはほとんど存在せず)、本筋に絡まない=世界の動きに絡まないサブキャラクターに塗れている」にも関わらず、利潤を得やすガチャ商法確立し、商業的に成功していると言えるだろう。

何故、このソシャゲガチャ商法成功しているのか。

単純に言えば「面白いからである

しかし、これは「プレイヤーが楽をして手に入れられる娯楽としては」という但書が付属するのではなかろうか。

例えば、人が10時間自由と完全に健康な体を手に入れたとして、目の前に据え置きのゲーム機スマホが置いてあり、何れかの"ゲーム機"で好きなゲームをして10時間消費できるとしたらどちらを選ぶだろうか?

多くの人は据え置きゲーム機を選ぶと思う。

ソーシャルゲーム10時間プレイするということは、多くの場合右手の親指で、画面の右下を5秒毎にタップする10時間を過ごすことになるだろう。

ソシャゲファンタジーゲームよりもドラクエXIスマホ荒野行動よりもPS4のPUBGのほうが良いユーザー体験を得られることは当然である

バトロワゲーにおける「物語」とはプレイヤープレイのものであると私は考えている。つまり、より派手に快適に臨場感を得られるPUBGのほうが物語を鮮明に作り出すことができると思っている。まあ、異論どころか非難轟々かも知れないが、本題とは離れてしまうので一旦放置してほしい。)

しか現実には日本ゲーム市場ソシャゲが大きな地位を不動のものとしている。

これは、プレイヤー自身体験考察・のめり込む事なく「楽に手に入れられる娯楽」を欲しているからだろうと思う。

まり「さっと注文して、さっと食べ終えられるファストフード」のニーズが高まっているのだと考える。

ここで本題に戻るが、端的に言ってファストフード的娯楽に、「大きな物語の展開を推察し、その行く末を記憶して楽しみにする」という『面白さ』は重すぎる。

世界観や、大きな物語の動きを受け取ることができるプレイヤーに対して、ファストフード的娯楽を求めているプレイヤーが圧倒的に多い。

故に本筋を覆い隠してでもサブキャラを増やしまくり、ゲームの本筋とは関係のないキャラ推しの話を通勤電車の中で10分で摂取させ、その体験を通してガチャを回させて達成感を与える訳である

本筋というハイカロリーでの御馳走を消化するには、健康な消化管と食後にゆるりと過ごすことができる時間が不可欠だが、これは時間タスク処理に追われる現代人にはちょっと厳しい要求だ。

故に、消化が楽で手早く終わるローカロリー立ち食い蕎麦である、本筋に干渉しないキャラシナリオをちょいと摘むぐらいがちょうど良いという世情があり、まぁ立ち食い蕎麦も許せないほどマズイ訳ではないから多くの人が食べるのだ。

そしてこの2つを比べた時、多くの人は無意識のうちに御馳走と立ち食い蕎麦を「比べるべきではない両者」と判断して、或いは意識的に御馳走を我慢して立ち食い蕎麦を選んでいると言う構図なのだろう。

どちらを食べてもひとまず空腹は収まり、なんとなくか明確かの違いはあれど「美味しかった」という感想が残るから、死に物狂いで御馳走を求める酔狂グルメ以外は、立ち食い蕎麦でも満足感は得られるのである

まりベストである必要が無いと言うのが、物語の器たる創作物に求められているのではないか

立ち食い蕎麦ステーキも美味しいっちゅーことよ。

●疲れてきた。

 結局のところ私はここまで考えた所で面倒くさくなってしまった。

本当は物語の捉え方を考えていたはずなのに、到着したのは「求められる面白さ」になり、挙句の果てにはステーキ立ち食い蕎麦だ。救いようがない。

さて、脱線し続けた挙げ句、私はこの記事命題である「本筋が進まないシナリオ世界干渉できないキャラクターは何が面白いのか?」という問いには、一旦以下の答えを与えることにしようと思う。

Q.「本筋が進まないシナリオ世界干渉できないキャラクターは何が面白いのか?」

A.「本筋が進まないシナリオ世界干渉できないキャラクターは一番面白い訳ではないが、なんとなく面白い位にはなる」

まり結論として、「本筋の展開する面白さ」は今の創作物には重すぎる。

キャラを立たせてキャラを売った方が、消費者に優しいし、会社としても嬉しいのだ。

ベストではなくベターいから、世界干渉できないキャラクターでも十分であり、安心できる経営につながるということだけは確かなようだ。

私は物書きの入り口に立った以上、そこをうまいことやっていく必要があるらしい。

さて、私の眼前にそびえ立った、ステーキの上にぶち撒けるべきミックスベジタブルはどうしてやろうか。

ミックスベジタブルを手早く、それなりに美味しく仕上げる方法をご存知の方、或いはこのステーキミックスベジタブルが載っている鉄板料理の良い拵え方をご存知の方がいれば、教えていただければ幸いです。

或いは「お前の料理してるそれ、ステーキじゃねえから!」という声も。

2019-01-08

anond:20190108202058

現在日本は雑に言えば

55歳以上革新派

35-55歳 中道

35歳以下 保守

とクッキリ分かれとる。

2018-12-09

anond:20181208220445

ここまで石原莞爾なし

と言っても日本戦争をしたのはカリスマに引っ張られてじゃないからなあ

政官財保守派革新派マスコミ大衆それぞれが望んだ結果であってヒトラーみたいに責任押し付けられる便利な人物はいいね

2018-08-25

安易に括らない

例えば日本人とかアメリカ人とか、男とか女とか、保守派とか革新派とか、○○社員とか、社長とか平社員とか、ニートとか金持ちとか、ホモとかレズとかノンケとか、スポーツ選手とか特定職業とか、学生とか、年齢とか、ロリコンとかショタコンとか、オタクとか、既婚とか未婚とか、ブクマカとか増田とかネラーとかニコ厨とか、軍人とか

 

括ってノーマライズして1人のキャラクターに仕立て上げて考えるのは簡単だけど

そのカテゴリの中には様々な人がいて

全員に当てはまることはなかなか無い

なのにステレオタイプな物の見方ばかりしてると本質を見失う

 

よくやりがちな間違いは、カテゴリの置き換えだ

 

例えば

犯罪を犯した人 → その所属するカテゴリ → 「このカテゴリの人は〜」という論じ方をする

早まった一般化というやつだ

 

批判的思考が苦手ない人ほどこういうことをやってしまいがちだが

ある程度聡明と思われる人でもこれをやってしま

それで得た結論は本当に正しいか

カテゴリ安易に作らず、むしろ積極的バラし、より元に近いカテゴリや、個人のもので語るのが重要だし

更にばらして個人意見1つ1つに対して語るのが大事

 

それができてる人は本当に極僅かだ(ネットリテラシーが高い人達の更に上澄み1,2割くらい)

2018-06-12

キリスト教福音派ってさ

何故ユダヤ人にとって『約束の地』だからって、イスラエルに肩入れするのかな?

ユダヤ教キリスト救世主だとは認めていないし、当然キリストを信奉するキリスト京都も認めてはいないだろう。

福音派キリスト教がキリスト教たる所以新約聖書より、旧約聖書を重視しているのか?

俺にはバリバリ革新派ゴリゴリ保守派を褒めちぎっているような、奇妙な光景に映る。

何とも不思議だね。

2018-04-02

今だに左翼右翼が分からない

調べたところ

保守派右翼で、革新派左翼と言う意味らしい

けど、はてなを見てるとその意味で合ってる気がしないし

リベラルだとか言う派閥もあるらしくますます訳がわからなくなる


与党を支持したら右翼なの?

野党を支持したら左翼なの?

それって偏見的なレッテルしかなくないか

よく分からない…

2017-07-01

現在田原総一朗が朝ナマの司会を続けていることが今の日本象徴してる

もはや進行役どころか議論の進行を鈍らせるための存在滑舌はわざわざ指摘するまでもないレベル

こういう人が居座ったままで、それを批判できる革新派がいないようじゃ日本を変えるなんて到底無理だろう。

2017-03-07

フランス料理にも正統派庶民派、革新派かいろいろあるわけでさ

なんでいきなりそんなキワモノ映画から見てるのかね?

http://anond.hatelabo.jp/20170306235007

あと今敏新海誠以前にそのクオリティを実現できたからスゴイわけで

パプリカ原作が夢世界の話が多く映像不可能と言われていたせいでもあるのかな

あと増田はなんで一番見やすい「千年女優から見なかったのか

星の数だけで作品評価してるから起こる齟齬だよな

世界渡部が言うように

平均の点数で見ないで、自分趣味とあう人の点数が高い作品を見るべき

2015-06-08

http://anond.hatelabo.jp/20150608104129

読売新聞穏健派保守かと思っていたが、最近政権にすり寄る内容の記事が目立つ。

朝日新聞典型的革新派。右の人のサンドバッグとして使われている感が強い。

産経新聞:ほぼ極右。右により過ぎた現政権よりもさらに右。

日経新聞経済に関する主張は経団連よりだが、政治に関する主張は中道に近い。

東京新聞赤旗に比べると破壊力は薄いが、それでも極左に片足突っ込んでいる。日刊反原発と紙名を変えるべき。

毎日新聞:みんな好き勝手に書いている。意見多様性は六大紙の中で一番。

 

毎日新聞の方がいいと思う。

2014-12-15

保守派を「他所と打解けよ」と諭すのは革新派へ「利益に敏感であれ」と求めるのに似ていてそれ等を望まないのが特徴なんだからどうしようもない

2014-11-24

右派とか左派ってなんなの?

全然直観的な名前じゃなくて、知らない人にはぜんぜん伝わんないじゃん。

やる気あんのかよ。

革新派保守派って言い換えるだけでいいじゃん。

これなら、「あ、変えたい人と変えたくない人なんやな。」

ってわかるじゃん。

バカじゃないの。

2014-08-24

もういい加減、右翼左翼政治を分けるのやめてくれ。

保守派といっても何に対しての保守なのか

革新派といっても何に対しての革新なのか?

右翼左翼政治を分けられる時代は終わってる。

2014-05-13

保守思想攘夷論と対決できるのは尊王論のみ

江戸時代から明治時代へのような大きな転換では、革新派皇室尊重することで時代は進んだ。

皇室の名を出すことはそれほど大きな力となるので、極度に警戒されることではあるが。

革新派の持つ歴史観では、二次大戦太平洋戦争中は、一部の強硬派実質的政治を占拠したとされるので、皇室にその責任はないとされる。

革新派が考えなければならないのは、どうやってそのような占拠が起こりにくい仕組みを作るかである

保守派攘夷派は一見伝統皇室を重んじるようで、重視しているのは実は自分たちの利益だ。

まり利益正当化する道具として伝統の名を持ち出しているので、彼らにとって伝統尊重は実際の利益にならない。

攘夷論もまた、自らの強化のために異質的要素を取り込むという、漸進性にもとづくある種の革新性がある。

したがって彼等の「建前」を暴いて革新派が主導権を握り、また国を前に進めるという大義を統一するためにも尊王論必要だ。

2014-04-02

ちょろい会社がいいのか

http://blog.livedoor.jp/kensuu/archives/54786594.html

新卒入社した会社は9時が始業だったのだけど、同じような理由(同業他社の人に信頼されるため)で7時半の出社が半ば強制されていた。

はいつも7時前には出社していたので、同じように朝早くから来ている役員に目をかけてもらった。

個人の経験をそのまま一般に広げる訳にはいかないけど、社内政治のためのハックとして有効っていうのはなんとなく分かる気がする。

ただ、ハックとして有効からいいじゃん、という話にはならないのではないかな。

その会社では、同じように、残業して長時間仕事をしている奴は偉い!みたいなお偉方の評価があって、仕事が終わっても帰らずに残っている人が多かった。

さっさと定時で帰って睨まれるよりもそちらの方が楽だったから、それも社内政治みたいなものだった。

●定時より30分前にきっちりした身なりで出社し、新聞を読んでなさい

●定時より30分遅く退社して、その時間自己研鑚に充てなさい

後者より前者、居残り残業より早出残業の方が抵抗がなく感じるのだろうか。

実際はどちらも同じで、つまり残業して何かをしていろということだ。

そして若手社員のこういう姿を見て喜ぶ連中は結構多いから、ハックとしては確かに有効なのかもしれない。

そして30分が1時間になり2時間になる。

岩瀬さんが批判されているのは、経営者という立場にありながらこんなことを言ってしまうことの弊害に無自覚と思われるところだと思う。

nanapi社長解釈もっとひどい。

まり守旧派に阿るためのハックということで、その守旧派なんてものは、仮にポーズだけにせよ、革新派であったライフネット生命自分たちに対置させたところのものじゃないか。

みんな、そんな手軽なハックで騙される会社上司に満足しろとでもいいたいのかな。

そんなレベルの低いところを見ていて新入社員が育つのかな。

少なくとも、こんなこと経営者新入社員に向けて言ってちゃだめでしょ。

2013-09-25

http://anond.hatelabo.jp/20130924222958

あの、ホントに何が言いたいんだかわからないんですけど。。。なんでもいいけど、人を批判したいならちゃんと論拠持ってから批判しようね?そうしないとこうやって恥かくよ?

こっちは別に大した根拠とかあるわけでもないけど、今回の件はタブレットなんて配ってそれをどう使うか、って話は全然出てきてないし、

そもそもそれを指導出来る人間が居るわけでもないのに、そんなもん導入してどうすんだ?って話をしただけなんだけど。

その批判について、それはこうだから大丈夫だ、って言うならいいけど、お前は何も無いのに人の意見に文句言いたいだけなんだろ?

別に保守とかどうでもいんだろ?

ただただ、簡単に批判できそうな増田を探して突っついてみただけだろ?違うか?

違うならきちんとお前が何を持って批判したいのか言ってみろ。

単純におれは革新派で新しいことを認める、でもいいさ。脳天気に何も考えてないだけ、っていうならそれでもいいからさ。

誰もお前の意見を聞かないし付いてかないけどな。

2013-07-05

右翼とか左翼とか

「右」と「左」の定義曖昧すぎるんだよね。

国粋主義」と「対外主義」?

民主主義」と「社会主義」?

保守派」と「革新派」?

あなたの右左はどれ?

2013-06-16

http://anond.hatelabo.jp/20130616153717

あのねぇ、「保守派」てのは「革新派」が出現したからこそ生まれたカテゴリであって、

従来の方式に異議を唱える連中が現れなければ「当たり前」でしかないの。

からネトウヨ」っつーのもその連中が出てきたからこそ生まれたカテゴリなの。

日韓W杯頃まで「ネトウヨ」っていたか?あ、いた?そりゃすまん。

でも今ほど社会に影響力は持ってなかったろ?

屑どもがネットで力を付けてきたからこそ、「ネトウヨ」もおまいが嫌がるほど力を集めたんだよ。

2011-07-21

20代後半のつぶやき

就活戦士となっていたのは、もう5年前のこと。

あの頃は、学生特有の無敵状態で、何でもできると思ってた。

自分は見えているんだけど、悪いところは成長すれば改善するでしょう、という楽観思想。

自動車工業が盛んな都市に籍を置いていたのだけど、

すでに成熟しきった分野であることと、全く車に興味がなかったこと、目立つことをしたかったこと、

ぐらいの動機で、だけど、マスコミとか広告代理店という華やかでハードルが高い業界へは、

そんなん興味ねえし、ほどよく一目置かれるぐらいで満足だし、

という中途半端な感じで、IT関連を中心に会社を受けた。

とにかく、若い会社がよかった。

10年以上ある会社に、魅力がなかった。

インスピレーションで、びびびとき会社を狙った。

動機があいまいなので、面接は苦労した。

取り繕って捻出した動機では、本気でそこを目指している人には勝てなかった。

面接官は、よく見ている。

結局、受かった会社は、県外のIT系ベンチャーで、社長カリスマ性に惹かれての選択だった。

こんな風にブログを書くと、

どうせブラックでこき使われたんでしょう?

みたいなオチがありがちだけど、

そんなことはなかった。

そこは私は、石橋を叩いて渡るタチなので、見極めができていたようだ。

会社は、新人研修もしっかりしていて、社員の面倒見もよかった。

怒号や罵声が飛び交うなんてこともなく、ドライの中にも情がある、という感じだった。

そんな中、私は、自分に合ったペースで成長することができた。

ベンチャーと謳ってはいたけど、実に堅実な会社だったように思える。

客先に出始めたのも、1年目を終えるあたりから

遅すぎず早すぎず。

ただ、次第に、入社当初に抱いていた、

「この会社すげー!」

という感情が薄れていくのがわかった。

中に入ると、色んなものが当然見えてくる。

だんだんと、普通会社に見えてきたのである

私は、何のためにこの会社を選んだのか。

学生時代のかけがえのない友人や彼女と別れてまで捧げる会社なのだろうか。

やりたいこととは別に、その会社にいる意味を考えてしまった。

過去自分を否定しないために、今一度、別の世界へ飛び立ってみたくなった。

そこで、IT系が盛んな、東京へ進出することを検討した。

しかし、そこでも私は、冒険することができなかった。

無鉄砲東京に行くことを恐れた。

有名な会社を受けてみて、駄目だったら地元に帰ろう、という安全牌を選択した。

結果として、見事に受けた東京会社は全て落ちた。

「賭けている」という熱さも気概もなかったのだろう。

そして、身に付いている技術も未熟だった。

結局、地元に帰ってきた。

新しい会社は、前の会社と同じ職種だけど、前よりももっとベンチャー気質な感じ。

前の会社に比べたら組織化もまだまだで、上下関係をそんなに意識しなくてもいい。

そして、若い。

そんなベンチャーに身を置いてわかったのは、

この業界は、成長のスピードが速い。

昨日使ってた技術は、明日には変わっている。

私は、常にアンテナを張り、流れに置いてけぼりにならないようにしなければいけなかった。

また、一つの技術を掘り下げるより、幅広い技術を身につけないといけない。

いや、どっちでもいいんだろうけど、やるからには、どっちかなのだ。

ある一つの分野のエキスパートになるか、幅広く何でもできますよというスタンスでいくか。

どっちかでないと、今後、食っていけないと思う。


そういう業界に身を置いて、

だんだんと、自分の心が無くなっていくのを感じている。

心がこもっていないというか、上の空というか。

モーションだけは、「やりまっせ!」というのを出しているけど、心がついていってないというか。

ホントはこんなこと、やりたくないと、心が言っているのかもしれない。

から、振り返ってみて思うことは、私は、実にベンチャーに向かない、ということだ。

保守的中の保守的キングオブ保守的

ある実績のあることに対して安心をした上で、その道を突き進む。

新規開拓より、メンテナンスが好きなのかな。

ソースを一から作るより、誰かのソースを手直しするとか。

新しもの好きな性格と思っていたけど、

その前提は、それが評価が高いものであること。

自分が真っ先に抱いたインスピレーションよりも、

評判を先に気にする。

それは、革新派の皮を被った保守派の何者でもないと思った。

就活冒険することなく、堅実な会社に入って、気の置けない仲間と遊んだり、慣れ親しんだ街でデートしたり、

そういう生活を想像すると、はかなくて虚しいけど、心安らぐ。

過去自分を否定したくなくて、こんな風な考えは否定してきたけど、

やはり、これが自分だと思う。




疲れたね。

2011-02-24

下手な革新保守の10倍悪い

伝統保守がなんでよいかっていうと

一応時代の淘汰をくぐってるからよ。

わりかしよかったものが残ってるわけ。

あと伝統が100年てのはさすがに舐めすぎだね。

町並みで言っても何百年。

日本の町並みは割りと歴史に敬意を払わない方だからヨーロッパなんかもっとすごい。

葬式なんか意味が無いったら意味が無いし

無駄にぼりすぎの寄生虫たいな業者がはびこってたのも確か。

から最近は規模も料金も縮小傾向だけど、

「死に対して何のセレモニーもしない」って人は少ない。

これは人間自然感情であって、そういうのの積み重ねが伝統だと思う。


たまにそういうのすら否定しよう無くしてしまおうと言う「革新」が現れて

ようするにカルトなんだけど、新興宗教だとか新思想の顔をとる。

一時期大きな顔をした左翼なんてのは「宗教は一切やめろー」なんつってたが

彼等の論拠は非常に浅はかな合理性だったわけ。

物質しか信じません、だとかさ。

誰でも中学生の時に考える、「大人みんなが大事にしてるけどこれって無駄じゃん!」という思い付き。

「大多数が長年やってきたってことはどういうことだ?」と思い至るほどの慎重な思考や謙虚な見方もなくて、

かわりに「自分だけは凡人どもから飛翔したことを考えられるに違いない」といううかつな万能感だけがある。

俺がしばしば左派から猛烈な悪臭を嗅ぐのは

彼等の隠し切れない自信過剰自己愛、他人を見下したいという未熟な自意識露出してるからでさ。

別に頭が良くもないのに自分は頭がいいと信じ込みたいって人が多い。


こういう人がよく考えずに広い相談もせずにものを壊しました、焼きました、殺しました

何かがよくなるどころかみんなも本人も困っちゃいました

っていうのがカルトの興亡にはよくある。

伝統は万能でも絶対でもないけど、とりあえず多くの人の間でセレクションを受けてるから

カシコイつもりの少数の傲慢バカの思い付きよりはベターであることがほとんど。

というかまあ

カルトの中で比較的マシだったものが伝統になるんだけどね。


なので、革新革新でよいのだけど

なんか伝統保守を憎んでるような匂いがするもの、敬意が全く感じられないもの

そういうのは十中八九ろくなもんじゃない。

よく考えてないことが明らかだし、

人によっちゃただの個人的ルサンチマン政治運動に仮託してたりする(これがいっぱいいる!)。

進取の心は勿論大事だけども

あなたが分別と自律のある革新派であるように。

http://anond.hatelabo.jp/20110224003643

2010-12-11

http://anond.hatelabo.jp/20101209200129

聞いた話

2010-12-10

http://anond.hatelabo.jp/20101210161329

geekはこんな事言わない、理由は「システムユーザーを注意深く見ないと作れない」から

いい加減geekユーザー層を見れていないという幻想はやめてくれないか

 

システムばかり見て人(ユーザ)を見ず」なのは会社の幹部連中に多い

以下の文章を見る限り、問題起こしてるのは幹部連中の人間だろ

 

>・会議で「21世紀インターナショナルな〜」「世界基準のインターナショナルな機能を〜」「Facebookのようにインターナショナルに使われるSNS志向して〜」「ユーザーインターナショナルにする〜」などと1分に1回のペースでインターナショナルを連呼する大変トレンディーな一部の社員が力を持ちすぎたのも悪い方向に向かっている。社内はドメスティック保守派インターナショナル革新派の真っ二つに割れて風通しが悪くなる一方。

>・末端の開発エンジニア部隊や営業族から一連の新機能について致命的な戦略ミスであるという指摘が社内で轟々と渦巻いていたにも関わらず意思決定に関わる層がそのナレッジな声を拾えなくなっている。つまり会社として大きくなりすぎた。

2010-12-09

最近mixiが迷走している理由

デンジャラスな新機能を連発しては引っ込めるの繰り返しで迷走しているmixiについて小耳に挟んだ事があるのでメモがてら書いておく。

・わりと最近入社した一部のインターナショナル国際派海外志向社員Facebookを過剰に意識しすぎてこれまでmixiを支えてきた「日本風土最適化されたコミュニケーションweb上で実現する」という理念を180度方向転換させてしまった結果だと聞いている。

・末端の開発エンジニア部隊や営業族から一連の新機能について致命的な戦略ミスであるという指摘が社内で轟々と渦巻いていたにも関わらず意思決定に関わる層がそのナレッジな声を拾えなくなっている。つまり会社として大きくなりすぎた。

ペニーオークションで一儲けしようなどと訳のわからない企画が通りそうになるほどに社内は荒れている

会議で「21世紀インターナショナルな〜」「世界基準のインターナショナルな機能を〜」「Facebookのようにインターナショナルに使われるSNS志向して〜」「ユーザーインターナショナルにする〜」などと1分に1回のペースでインターナショナルを連呼する大変トレンディーな一部の社員が力を持ちすぎたのも悪い方向に向かっている。社内はドメスティック保守派インターナショナル革新派の真っ二つに割れて風通しが悪くなる一方。

・とある部署でトイレに長時間逃げ込むエンジニアが続出したのでトイレ休憩は3分までという規則が設けられそうになったが「そんな短時間じゃウンコは無理」「ウンコ人民権利」と末端エンジニアの反発にあい頓挫

・ 「刺身の横にたんぽぽを延々と置き続けるような誰にでもできる簡単な仕事を社内からなくす」というミッション掲げた「mixi たんぽぽグループ」が、国内で実際にたんぽぽ刺身の横に置く仕事に従事する労働者集団から抗議を受けて壊滅的な被害を受けたという噂が流れたが真相不明

(追記:たんぽぽグループは本当に存在する ネタじゃない http://www.green-japan.com/contents/mixi/interview_morimoto.html)

・とにかく何が原因で迷走しているかからなくなるぐらいに迷走しているってことらしい

2010-11-18

右翼左翼

右翼左翼っていうけどさ、みんなどうい意味で使ってるの?

右翼保守派

左翼革新派

それとも

右翼民主主義資本主義

左翼社会主義共産主義

それとも

右翼国粋主義

左翼リベラル

社会主義系やリベラルでも9条護憲を主張する保守派もいれば、国粋主義な主張しつつ政府批判したり現憲法を替えて核を持ていう革新派もいる。ネトウヨとかサヨクって、いったいどのへんのことを言ってるの?

2010-05-23

日本でのiPad需要は、他国とは別の層があるかもしれない

iPad国内販売も間近となり、いよいよといった感じです。

はてな界隈でも毎日のようにipad関連のエントリは上がって話題にも事欠かないですね。

そんなiPad、一体どんな層が購入するのか、ちょっと考えてみました。

・新ガジェットが大好きなデジ物アーリーアダプタ

・林檎製品なら何でも喰らうアップル信者

電子書籍未来に期待してる人々

裁断機スキャナまで用意して自分本棚電子化しようという、革新派本の虫

筆圧関知の無い安価液晶タブレットとして使おうという人

あと、他国と比べて凄く多いんじゃないかと僕が思うのが

・既に電子化された本(コミック)のデータを数百、数千冊と持っている割れ厨

割れに慣れ親しんでいる人々は、タダで手に入るソフトに出費しない代わりに、ハードお金をかける傾向が強いです(俺調べ)

そうした人々で、PCより手軽で読みやすいデバイスに興味を持つ人は多いんじゃないでしょうか。

そんな感じでそれっぽい考察を書こうと思ったけどだんだん面倒になってきたので終わりにします。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん