「アビスパ福岡」を含む日記 RSS

はてなキーワード: アビスパ福岡とは

2015-11-29

・第38節 サガン鳥栖vs.アビスパ福岡鳥栖スタジアム)における禁止行為違反者に対する処分について


https://www.avispa.co.jp/release/news/topic0709.html

・第38節 サガン鳥栖vs.アビスパ福岡鳥栖スタジアム)における禁止行為違反者に対する処分について

9月2日(日)に開催されました『J2第38節 サガン鳥栖vs.アビスパ福岡鳥栖スタジアム)』において、不適切行為が発生いたしました。Jリーグ及びサガン鳥栖協議した結果、弊クラブとしては違反者に対し下記の通り処分を課すことといたしましたので、お知らせ致します。

1. メインスタンド中央部不法侵入し、子どもを負傷させたサポーター(1名)

行 為 : 観客に対する危険行為及び審判員に対する威嚇行為

結果・被害 : 全く関係のない子どもを巻き添えにし、負傷させた。

罰則内容 : 無期限の入場禁止

付 記 :

幸いにして、このお子さんは現在のところ重傷には至ってないが、その可能性が十分に考えられたため、深刻な問題と受止めて重い処分を課すことに決定した。なお、当該サポーター反省し、試合の翌日にお子さん及びご家族に対し謝罪しており、クラブに対しても奉仕活動の申し出があった。

2. メインスタンド中央部不法侵入し、フィールド飛び降り審判団を追いかけたサポーター(1名)

行 為 : フィールドへの飛び降り及び審判員に対する威嚇行為

結果・被害審判団の通行を妨げる等試合運営への影響を及ぼした。

罰則内容 : 無期限の入場禁止

付 記 :

Jリーグ統一罰則』を適用すれば「10試合入場禁止」に該当する。当該サポーター反省し、クラブに対しても謝罪があったが、過去にも違反歴があるため『無期限の入場禁止』とする。

また、所属するサポータークラブリーダーからも当面の間入場を自粛する申し出があった。

3. メインスタンド中央部不法侵入し、審判団を威嚇したサポーター(4名)

行 為 : 観客に対する危険行為及び審判員に対する威嚇行為

罰則内容 : 2試合入場禁止

付 記 : 当該サポーター反省し、クラブに対し謝罪があった。

4. メインスタンド1F関係者エリア不法侵入運営スタッフと揉み合ったサポーター(多数)

行 為 : 運営スタッフ等への危険行為及び審判員等に対する威嚇行為

結果・被害関係者の退場を妨げる等試合運営への影響を及ぼした。

罰則内容 : 2試合以上の入場禁止

付 記 : 現在事実関係及び実行者を確認中。特定でき次第随時処分を課す。

5. フィールドへ向けペットボトル等を投げ入れたサポーター(多数)

行 為 : 危害を加える可能性が大きいと判断される物品のフィールドへの投げ入れ

罰則内容 : 2試合以上の入場禁止

付 記 : 現在事実関係及び実行者を確認中。特定でき次第随時処分を課す。

鳥栖スタジアムへ向かう電車内及び公道上で騒ぎを起こし、他のお客様等に迷惑をかけた行為について、移動方法企画した幹事から指導管理不足の責任を取り、当面の間入場を自粛する』旨の申し出があったためクラブとしては了承した。

今回の件では、ご来場の皆さま、サガン鳥栖をはじめとするサッカー関係者及びアビスパ福岡を応援いただいている皆さまには多大なるご迷惑とご心配をおかけいたしましたことをあらためてお詫び申し上げます

2015-10-12

09~14シーズン就任初年度でJ1昇格出来たチームは何チームか

っていうのを書こうとしてせこせこ表を作ってたんですが匿名ダイヤリーって

画像アップできないんですね、30分くらい無駄にした。

最近ツイッターで「Jリーグどうでもいい記録マン」っていうネタをちょくちょく見かけます

自分も好きでTLに流れてくるのがちょっとした楽しみになっています

自分あやかってちょっとタイトルネタを調べてみた。

2009 J2

チーム監督何年目
優勝
ベガルタ仙台
手倉森 誠
2年目
2位
セレッソ大阪
レヴィークルピ
3年目
3位
湘南ベルマーレ
反町 康治
1年目

2009年は3位のベルマーレが1年目で昇格

2010 J2

チーム監督何年目
優勝
柏レイソル
ネルシーニョ
2年目
2位
ヴァンフォーレ甲府
内田 一夫
1年目
3位
アビスパ福岡
篠田 善之
3年目

2010年は2位のヴァンフォーレ甲府が1年目で昇格

なお、内田監督はこの年限りでクビになってしまった後任はあの三浦俊也

2011 J2

チーム監督何年目
優勝
FC東京
大熊 清
2年目
2位
サガン鳥栖
尹晶煥
1年目
3位
コンサドーレ札幌
石崎 信弘
3年目

2011年サガン鳥栖が1年目で昇格、

この5年間で初昇格かつ就任初年度は鳥栖のみ。

2012 J2

チーム監督何年目
優勝
ヴァンフォーレ甲府
城福 浩
1年目
2位
湘南ベルマーレ
曺貴裁
1年目
PO勝者(6位)
大分トリニータ田坂 和昭
3年目

2012年甲府湘南の2チームが1年目で昇格、

複数いたのは5年間では2012年のみ。

2013 J2

チーム監督何年目
優勝
ガンバ大阪
長谷川 健太
1年目
2位
ヴィッセル神戸
安達 亮
2年目
PO勝者(4位)
徳島ヴォルティス
小林 伸二
3年目

2013年ガンバ大阪が1年目で昇格。

2014 J2

チーム監督何年目
優勝
湘南ベルマーレ
曺貴裁
3年目
2位
松本山雅FC
反町 康治
3年目
PO勝者(4位)
モンテディオ山形
石崎信弘
1年目

2014年モンテディオ山形POを制して1年目で昇格。

終わりに

09~14年の間に就任初年度で昇格出来たチームは5チーム。(6例あるが甲府が2回昇格)

なんだかんだで毎年1チームぐらいはあるようだ。

2015年J2ももう終盤ですが今年はどうなるのでしょうか。

自分の応援してるチームはもうダメそうなので来年に期待します。

それじゃあまた!

2015-07-02

ドメサカブログ : 博多祇園山笠アビスパ福岡を題材にした飾り山が登場! http://bit.ly/1GZIJw9

ここまでくると山笠価値がないな、なんだか どんたく みたいだ

2013-11-08

いつも見てただけだど今回初めて書く奴の気持ちが分かった気がする

すごく感情が高ぶった時に自分が楽しんでいるものを否定とかされると無性に腹が立った

それを爆発させる為にここで書くのかなとネットやってて初めて気付いた。

俺は2010のW杯本田FKサッカーが好きになってそれから地元にあるアビスパ福岡試合も見に行ってたりもした

そして

http://www.rhse.info/entry/2013/11/08/212040

に書いてある糞みたいな記事を見つけたわけである

俺が一番言いたいのはサッカーに国際情勢みたいなのを挟まないで欲しいって事

どうせプロフィール生粋()のパリサンジェルマンファンのとうたっているくせに試合観戦したことねーだろ?

よくて中継を見るか最悪ニュースで結果を知る程度のくせに生粋かたってんじゃねーよ

なぜそういえるかって?お前が欧州に行ってる夏にサッカーやってねーんだよボケwww

ニュースの結果だけ見るのが生粋じゃねーんだよ

国語辞典で生粋を赤ペンでしっかりマークしとけよって話だ

あとな、フランスも十分移民が問題なってるからクオーター言うならフランス心配しろ

いい忘れてたが俺はアビスパ経営危機の件↓が参考URL

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131030-00000058-san-l40

要するに運営するには5000万足りないので

募金するなりなんなりで5000万集めようって話

あのな、また同じことが起こって募金してもいいが

それなら今の運営いらねーじゃん

この話はまた色んな物がたまったときに書くわ

2008-04-07

ほら、『神学』論議だから。

http://anond.hatelabo.jp/20080405101131

増田です。

最初で最後のレス

http://anond.hatelabo.jp/20080406085412

私が引け腰だから言って、川崎フロンターレサポーター全体が引け腰ではないし、出来杉君でも、おりこうさんでもない。

そんなことはわかっていらっしゃると思いますけれど。

id:kits

繰り返しますが、やっぱり面倒ですよ。この話。

『神学』論議なので。

id:kno

http://anond.hatelabo.jp/20070928043402

の人とどうして一緒にされたのかわからなかったが、内容を読んで納得。

同じ発想や用語や記述の仕方がありますね。

同じ用語を使用している部分は、川崎フロントの浸透策の効果かと。

それと、以前から感じているのですが、川崎サポのblogは似たり寄ったりのものが多い。

言論統制でもあるのかと思うくらいに。

これはヨソのチームでもあることかな?

http://d.hatena.ne.jp/rajendra/20080406

書き漏らしていたことが2つあります。

・自分が特に同意できなかったのは、

>チケットを握りしめて

の部分。

要は消費行動を伴わないサポーターの形態があるという話。

元は消費かどうかという話だから。

福岡サポについて、もちろん全員が全員「そういう人たち」と思っているわけではありません。

が、「そういう人たち」をそれほど批判するつもりもなかったり。

むしろ、「アビスパ福岡サポーター」がそういうスタイルを取るのも、それほど理解できないわけでない、と言いたい。

あれはあれで福岡カラーなのではないか、と。

#ただ、近年の鳥栖との間に起きた出来事なんかは少しおかしいとは思います。

福岡応援団の統制が取れなくなってきている現れで、こういうことが続けば某福岡応援団は崩壊ということになる気がしています。

その時には、一般の福岡サポが自浄作用を働かせると予想します。

その他にレスを一つ。

自分は『サポーター神学』の徒ではないので、川崎の範囲を出るような積極的布教活動はしません。

ただ、一般信者ですから、巡礼の旅には出ていますので、また福岡にもお邪魔することがあるでしょう。

できればJ1でお会いしたいですね。

2008-04-05

サポーター』って何だ、という結論の出ない問題に対するアプローチとオマケ

http://d.hatena.ne.jp/sean97/20080331/p2

http://d.hatena.ne.jp/rajendra/20080403/p2

http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20080405/1207333508

http://d.hatena.ne.jp/sean97/20080404/p1

自分のblogで書こうかと思ったけど、面倒だからここに書く。

サポーター』とは何だ、という話。

この問題は、『サポーター』当人たちにとっては、宇都宮氏の言を借りれば『神学論』的問題である。

http://supporter2.jp/utsunomiya/column/column_main29.html

自分も『サポーター』の一人であるが、この問題が『神学論』であるという感覚は、ものすごく理解できる。

サポーター』として、ハマればハマるほど、この問題を追及しすぎて、『サポーター』とは何かがよくわからなくなる。

サポーター』と『ファン』との違いにも悩む。

もちろん、「偉い」とか「偉くない」とかいう話で悩んでいるのではない。

その点も神学的だ。

もう一つ。

id:rajendra氏の

>たとえチームに関わるものを何一つ持っていなくても、チケットを握りしめてスタジアムに駆け込み、試合が終了するその瞬間までチームのために祈りを捧げられるのなら、それは立派なサポーターだ。

という意見には自分は否定的だ。

自分は、例えスタジアムで直接応援していなくてもチームのポスター店頭に貼ったりしてくれる『サポートショップ』の人は十分に『サポーター』の資格があると思うからだ。

そういう人たちも、文字通り『支援者』であるから。

また、『サポーター』を『経済学』的に議論するならば、自分は『サポーター』とは『消費者』ではなく、『出資者』であると定義した方が近いと思っている。

実際、『持株会』があるチームは多いと思うし、『後援会』が無いチームの方が少ないだろう。

『持株会』への加入有無に関わらず、『サポーター』自身の感覚は『消費者』よりは『出資者』の方に近いはずだ。

ところで、『持株会』の存在などをid:sean97氏はご存知なのだろうか。

もしかすると、そのことを認識していただくだけでこの議論は終わりなのかもしれないな、と思う。

『出資者』が文句を言うことには問題がないとid:sean97氏が考えられる可能性があるからだ。

ただ、『サポーター』が『出資者』とは微妙に違うな、と思うのは、『サポーター』は自分の直接的な利益よりも、チームと地域の発展を願っているという点。

お金に絡む話だけではなく、Jリーグ運営に携わるボランティアも多い。その人たちは試合中にはモギリなどをしていて試合を見られない。だが、立派な『サポーター』であると自分は思う。

サポーター』はお金や労力や魂を差し出して、チームと地域の発展を願う『出資者』であるというところか。

企業活動に例えれば、『スポンサー』よりも『メセナ』が一番近いだろう。

社会学』的に言えば、『コミュニティ』活動の一環かもしれない。

そして『地域』と『チーム』と『サポーターである自分』は分離していないから、自分で自浄作用を働かせることに抵抗感が無いのは普通なのではないか。

人間行動学』『心理学』などから考えれば、『人間とは、応援されたいし、応援したい生き物なのだ』ということなのだと思う。

応援したりされたりすることは、人間としては自然なこと。

そして、『応援』にはいろいろあって、単に「頑張れ」と励ますことだけではなく、「しっかりしろ」という場合もあるということなのだと思う。

サポーター』って何だ、という話は、ここではこれで終わり。

ところで、私自身は川崎フロンターレサポーターだ。

これもサポーター界という狭い範囲でしか知られていない話だが、川崎フロンターレサポーターは、この議論の元になったような行動を自チームに対して取らないという特徴がある。

それどころか、惨敗したチームに対してブーイングをすることすら、ほとんどない。

その理由は様々だと思う。

「そんな労力があるなら、選手を応援する」というのが一番ポピュラーな理由か。

ただ、サポーター一人ひとりではなく、川崎フロンターレ応援団意図は、それ以外にもう一つしっかりあると勝手に思っている。

(断っておくが、私は応援団の一員ではない。)

「ブーイング」から「抗議行動」までは、あっという間。

サポーターというのはそういう人種だから。

だから、「ブーイング」から自粛するように「仕向けて」いる。

なぜなら、こういう外野がうるさいから。

サポートも応援も知らない人が、ニュース一つを見て、「うわー、サポーターって何様? 嫌な人種。」と思い、サッカーに対しても嫌悪感を露にする。

露にする、と言ったところで、その人たちはスタジアムに足を運ぶことなど滅多にないのだから、説得のしようもなければ、理解を得ることもありえない。

今までこうして長々と書いてきたことも、おそらくはid:sean97氏には、まったく響かないだろう。

だが、観客動員を増やして、チームをさらに発展させるためには、少しずつ「外野」であった人々を「内野」に引き込まないといけない。

だから、外野がうるさく思わないように、そういう行動を取らない、というのが川崎応援団の選んだ道なんだと思う。

中には、サポーターというものに暴走族感覚を求めている人もいるだろう。

だが、人口密集地の、意外にも「ハイソ」な人が多い川崎で、暴走族的ノリを導入するのは、あまり頭がいいとは言えない。

しかも、Jリーグの中では後発のチームだから、暴走族的ノリや悪ノリは近隣のチームに取られてしまった後だった。

そこで、選んだのが、「ブーイングすらしない」というスタイル

たまに川崎フロンターレのホームスタジアムである等々力に足を運ぶような人は、サポーターのブーイングすらしないスタイルに好感を覚える人が多い。

少なくとも私の周りはそうだ。

今では、そういう安全なイメージのある等々力に、家族連れが溢れている。

(これも狭い世界でしか知られていない話だが、等々力の観客動員の増加とその中の子供の多さは、動員数の伸びの鈍化と観客の高齢化とに悩むJリーグの中では異質なことなのです。)

つまり、それぞれのチームのカラーの一つに『抗議スタイル』も含まれているのだ。

私は川崎サポーターなので、川崎の話を出したが、おそらくは各チームの各応援団にはそれぞれの考えがある。

ただ流されて暴徒化してしまうようなチームは、日本にはまだ無いだろう。

id:sean97氏に一つだけ認識してもらいたいのは、日本スタジアム世界で一番安全なスタジアムであるということ。

最初のエントリーを書いて、次のエントリーを書く間に、それは調べて欲しかった。

ヨーロッパなど、チームへの抗議も含めて、毎週刑事事件だらけだ。

今回の浦和サポーターの行動は、それはそれで話題作りになっていて、「ああ、浦和っぽいな」という話にしか過ぎないとも言えるのだ。狭い世界では。

その抗議行動の後にやっと勝利した時の、サポーター選手の歓喜の輪も含めて。

私がこのエントリーを書こうと思った理由の一つは、id:rajendra氏が「アビスパ福岡サポーター」だから。

議論の元である「浦和レッズサポーター」や、もしくは例えば「ベガルタ仙台サポーター」あたりだったとしても、こうして書いただろう。

id:rajendra氏には申し訳ないが、「そういうチームカラーサポーター」がアツい意見を書いてもな……と。

「そういうチームカラーじゃないサポーター」が「ま、そういうのもアリじゃね。いろんな意味でさ」ということを書く意義がそこそこあると考えたのだ。

それが頭がいいことかどうかは別にしても。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん