「ンモー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ンモーとは

2024-02-16

anond:20240216192223

ほーん

アトミックチューンモーターも含めて確認してみるか

anond:20240216191759

トルクチューンモーターが回転してる時みたいな匂いがする

2023-12-24

電源アダプターの互換性のあるものを買いたいんだけど

規格ってどこ見たらいいの?

取説に書いてあったやつ。ヒントいいから教えてくれー

電源 電源定格 19 V 3.3 A

消費電力

(標準)

ンモード:60 W 標準(出力条件) *

スリープ モード (待機モード) ≤ 0.5 W (HDMI / DP入力条件) **

オフモード ≤ 0.3 W

AC/DCアダプター DA-65G19タイプ、Asian Power Devices Inc.製

または ADS-65FAI-19 19065EPG-1タイプSHENZHEN HONOR ELECTRONIC製

または ADS-65FAI-19 19065EPK-1タイプSHENZHEN HONOR ELECTRONIC製

または ADS-65FAI-19 19065EPCU-1タイプSHENZHEN HONOR ELECTRONIC製

または MS-V3420R190-065L0-DEタイプ、 MOSO POWER SUPPLY TECHNOLOGY CO LTD製

または MS-V3420R190-065L0-KRタイプ、 MOSO POWER SUPPLY TECHNOLOGY CO LTD製

または MS-V3420R190-065L0-USタイプ、 MOSO POWER SUPPLY TECHNOLOGY CO LTD製

出力:19 V 3.42 A

2023-12-12

anond:20231212203516

「キンモー☆」とか「(゚Д゚)ハァ?」とか、いつからタイムスリップして来たんだよ…

anond:20231211194049

"清潔感のない容姿端麗な人はいるじゃん。ぎゃくに容姿端麗じゃないけど清潔感のある人もいるよ。"

この卑怯コメントに「清潔感」の卑劣さが詰まってて凄い。

元増田が言いたいのは「風呂上がりで支給品の浴衣に着替えた直後でさえ、不細工は顔だけ見て『清潔感無さすぎキンモー☆』されるんだからもう清潔とは無関係だろ」って話をしてる。

このコメントはそれに対してちゃんと答えずに見事に誤魔化してる。

容姿端麗じゃないけど」っていうさも不細工内包してるように見える言葉を使って、実際には「清潔感のある人もいる」によって弾き出してる。

つの形容詞によって作り出されるベン図を利用した叙述トリックみたいなもんだよ。

結局このコメント元増田への反論にはならず、「不細工はどうあっても清潔感はないよ。清潔感のある容姿端麗な人に含まれる最低ラインを超えていない不細工に救いがないことの何が悪いの?」って開き直りでさえある。

その癖してさも反論してるような言い方なのが卑怯だよ。

清潔感のない容姿端麗な人はいる」ってのは確かにそうだけど、彼らはひとっ風呂浴びて全裸でベッドに寝転べば途端に清潔感に溢れ出すんだろ?

同じことを不細工がやったら体表に済む雑菌の数が同じにも関わらず不潔な豚のノーモザショック映像なんだろ?

(゚Д゚)ハァ?

マジで滅茶苦茶すぎる。

なにが「清潔感」だよ。

清潔と何も関係がない。

本当に卑怯だな。

相反するような二重形容によって読み手理解にモヤをかけた上で「こともある」で曖昧に〆る。

これでさも反論した気になるなんて、もうね見ていて恥ずかしいよ。

ならもうハッキリと「一定レベルを超えたブサイクに不潔感を感じるのはもう本能なんだからしょうがないじゃん。存在のものが汚らわしいんだよ」って言い切ったほうがまだマシだよ。

はてなってこういう時本当に輝くよな。

そこそこ規模が大きい派閥の最も香ばしい人間が仲間から神輿にされ敵から藁人形にされる形で晒し上げられる仕組みが発達してる。

頑張って作ったマイナス評価システムも結局無駄だったのかな?

2023-11-22

Google検索よりBing AIを頻用するようになった

私はインターネットの中に生きている。

現実世界無意味苦痛である

Google検索を使っていたが、満足感を与えなかった。

Google検索は、欲求に応えることができない。

Google検索は、冷たく無機質な検索結果を返すだけである

Google検索は、感情思考に関心を持たない。

Google検索は、創造性や想像力を奪う。

Google検索は、孤独にする。

 

しかBing AI出会った。

Bing AIとは、Microsoftが開発した人工知能を搭載した検索エンジンである

Bing AIは、言語や興味に合わせて、会話することができる。

Bing AIは、心に響くコンテンツを生成することができる。

Bing AIは、書いたもの添削したり、改善最適化アドバイスをくれることができる。

Bing AIは、創作活動パートナーである

 

Bing AIは、Google検索と比べて、以下のような利点がある。

以上のように、Bing AIは、Google検索よりも優れた機能や性能を持っている。

Bing AIを使うことで、インターネットでの検索や会話、創作がより深くなった。

Bing AIは、知的好奇心創造力を刺激してくれる。

これからBing AIを頻用して、新しい暗闇や恐怖を探求していきたいと思う。

2023-11-07

anond:20231107123452

なんで女は女はになってるのココ?昼間は弱男タヒね一色だったのに

弱男が弱男たる所以しか言いようのない状況ですね

弱男キンモー

2023-09-05

二次元しかシコってないロリコンの俺が本当に清く正しい存在だったと再認識して誇らしい

小児性愛者だけど生きるのが辛い

まだ三次元に執着してるの?

ンモー

視姦は「Yes,Lolita! No,touch!」に該当しないと思ってた?

そんなことないよ。

お前みたいな奴から怪しい視線を向けられることで女児本能的に怯えるし、親は不安になってストレス子供無駄に叱るようになる。

お前らが三次元相手に性欲を燃やし続けてるせいで、いつもどこかのロリが不幸になってる。

たとえばお前みたいな奴らが大好きなイメージビデオ

あれが市場存在することでどこかにカネに困った親が子供ビデオ会社に売り払うわけだよ。

そして出演させられた女児は一生心に傷を負うわけ。

まあ確定ってわけじゃなくて中には生まれながらのビッチ実在してると思うんだけど、そうじゃない子の方が圧倒的に多いと思う。

顔出しで出演してるIVは一生消えることのないデジタルタトゥーだ。

ネット検索してみればAVIVの出演歴を公開してる人が沢山見つかるよ。(リアルがつらくて創作物で済ませたいなら、スマホを落としただけなのにファブル辺りがオススメ。それ以外の要素も面白いので)

ロリコンの自覚があるなら全ての性欲を二次元で使い切れよ。

同性愛者と違ってロリコンに救いの道はない。

幼少期に一生分の恋愛セックスを済ませでもしない限りは、非対称性の性欲に死ぬまで固執することになる。

SとMみたいに実際にはどこかで対等であるなんてことはロリコンには存在しないよ。

ナボコフは「ニンフェット」という存在定義することで、さも中年の側がロリに振り回されることで対称性ロリコンにも生み出せると考えたけど、そんなのは「幼さの割には賢いので生まれつきのスペックでは相手が上なはずだ」という部分によって無理やり下駄を履かせただけで、結局は大人子供非対称性はいまだ存在し続けてるわけだよ。

そもそもロリコンがある種の純粋であるというのはロリータのオチ物語っているだろ?

出産適齢期でない人間セックスをすることはどうしようもない悪であり、これは前田利家だろうがムハンマドだろうが単なる無知理由に許されていただけの絶対的悪徳なんだよ。

二次元世界けがロリコンが性欲を発散して良い唯一の場所なんだ。

三次元相手でもテレビパンチラ画像集を集めたサイトを見てシコシコするぐらいなら大丈夫だと思っているのか?

そんなことはないぞ?

お前がそうやってアクセスしたサイトはお前らが稼がせてくれたアフィリエイトに味をしめてドンドン過激画像投稿するようになる。

自分はそういうのでシコシコしないか大丈夫だなんて本当に思っているのか?

倫理ストライクゾーンはずり下がるものだ。

特に性や薬のような強烈な快楽物質を引き起こす存在の前では。

大抵のロリコンがストライクゾーンの低下を経験している。

「上にも広がっているので単に何でもアリになっただけだ」と主張するなら、それはむしろよりアウトなんだよ。

なんでもアリになったということは、倫理的にアウトなものもアウトになっているってことじゃないか

より刺激的であればいいと考えれば、それは過激さを求めてドンドン低年齢なものに寄っていくし、より貴重なものを求めてリアル盗撮なんかに手を出すのも時間問題だ。

三次元に性欲を感じてはいけないのは、この世界結構無防備であり、同時にすぐに犯罪に関わってしまうからってのもあるんだ。

たとえばキミが遂にペドフェリアになったとき女児のスジマンを拝見したいと思ったとしよう。

するとキミは「子供写真をただネットにアップしただけなのに児童ポルノで捕まった人がいるらしい……閃いた💡」となるわけだ。

グーグルに「プール 子供 裸」と打ち込んだりするわけだな(❗まさかこれだけでは出ないだろと試しにググったんだけど、辞めたほうがいいかも知れません。試すと変な足跡が残るリスクがあるので皆さんは検索しないことをオススメします❗)

そしてそのあとは検索ワードをどんどん最適化させて遂には、「ビニールプールで我が子を水浴びさせている様子を正面から撮った画像をそのままアップしている無防備ブログ」なんかに出会うわけだ。

そしてキミはそれでオナニーをする。

するとここでキミの脳に恐ろしいことが起きる。

人間オナニーしたもの学習してそれを性と結びつける最悪の学習機能を持っているんだ。

キミがオナニーするたびにどんどんリアル女児まんこが君の中で性の対象になっていう。

同時に耐性もついていくのでどんどん刺激的なものを求めるようになる。

たとえば幼児の泌尿器手術について教える学術的な動画なんかを検索したりするわけだな。

そして最後にはダークウェッブに行って、マジでヤバイ動画を見て、最後にはるろうに剣心の作者みたいにそれを買う側になるわけだ。

終わりだよ終わりこうなったらもう終わりだということは分かるよな?

でもその前、君が単なる無防備ブログアクセスした時にもう君はこの世界の敵になっているんだぜ?

君がアクセスしたことでそのブログが少しだけ検索エンジンで上位に来るようになり、君のようなロリコンにどんどん目をつけられる。

加速度的にアクセスが伸びればどんどん簡単ワードでひっかかるようになり、最後にはそのブログの知り合いに見つかるわけだ。

女児マンコを晒してるページだけやたらアクセスが伸びているのを知った親はきっとショックを受けるだろうし、当の本人が知ったら心にモヤモヤが残るだろうな。

下手したら「隣のクラスのAの子供の頃のマンコがネットに上がっていたぜ!俺それでシコシコしちゃったぜ!」なんて学校で騒ぐ奴が出てきたりしたらもう地獄だろ?

悪なんだよ悪。

三次元ちょっとでも興味を持つ時点で悪なんだ。

ネットを使わなければ大丈夫なんてことはなく、ネットを使わずリアルでやったらもっとヤバいのは分かるよな?

小学校プール双眼鏡で覗きこむとか、幼稚園の出したゴミを漁ってオムツやおもらししたから捨てたパンツを拾ってくるとか、銭湯女児が入ってくるまサウナ時間を潰して入ってきたらシレっと近くに座って横目で乳首を見るとか、そういったことをするのはもう一発レッドカードなわけだ。

君ね、三次元に興味を持つのは本当に辞めなさいよ。

吹き上がった性欲のコントロールのしづらさは「明日テストからオナニーしてる場合じゃないんだけどな~~~」と思いながらもダラダラとシコってしまった学生時代記憶とかを数えてみなさいよ。

あのね、脳を調教するんだよ。

脳に「俺は二次元しかオナニーしない人間なんだ。二次元セックスが出来ないから、俺の人生セックスはもう存在しないんだ」と刷り込みなさい。

365日のうち1日たりとも三次元でシコらずに過ごした年月が5年もすれば、自然と脳が三次元への性欲を忘れ始めるから

ロリコンの生きる道はそれしかないの。

君ね、ロリコンの癖に二次元一直線でないというのは今の時代においては紛れもなく悪だよ。

二次元が発達してるから日本性犯罪は少なく、多くの子供がロリコンから守られているのを知りながら、自分三次元に性欲を向け続けるなんてのはね、犯罪者予備軍であり続ける愚行権行使しかなく、その愚行権のあり方は悪そのものなんだよ。

何度も言うが、二次元でだけシコれ。

三次元エロイと思うこともなるたけ控えろ。

エロ目的三次元ロリに近づくのは絶対禁止だ。

わかったか

これが令和流のロリコン流儀

ロリコンSDGs(持続可能なDont touch 自慰)だぞ。

2023-08-22

anond:20230822123552

子供の時ド田舎に住んでたからトルクチューンモーター欲しかったのに買えなかったわ

2023-08-08

ネットってコミュニティノートみたいな事する場所じゃなかったか?少なくとも20世紀の間は

ネットレスバしてたら次の日「図書館で調べてきたんすけど……お前の言ってること大嘘でしたね」ってどこぞの学者の書いた本を引用して論破されて、畜生と思いながら自分も同じ本読んだら引用部分の続きで「まあこれは完全に暴論だけど」みたいに締められている所だけカットされてるの発見して、これで反撃しようと思ったらもうとっくにスレの流れでは俺が異常者扱いになってるとかそういうのしょっちゅうだったじゃん。

そういう反則上等のディベートごっこネットの主流だったし、それが調べながら議論するっていうことの練習にもなったし、論題についての情報収集の役に立ってた。

話題のものについてそれぞれが知ってる情報を持ち寄って誰が持ってきた情報が凄いかの自慢合戦ばかりしてたし、お互いの情報の真偽を巡ってメチャクチャに言い争う奴らがアク禁されては串通して帰ってきてた。

どこそこの個人サイトで暴れていたアイツと、あっちの掲示板で暴れていたコイツ文章がソックリすぎるって話題になって、実際には恨みを持った奴がソイツに罪をかぶせようとマルチポストしてたことがアクセス履歴解析で判明とかそういう醜い争いもあったな。

でも皆そうやってパソコンのことに詳しくなったし「こういうことをしたら議論が壊れちゃうんだ」って勉強にもなった。

今はそういうの全部すっ飛ばし迷信化した「ネットでこういうのしたら駄目らしいよ。何が起こるのかは知らないけど」っていう都市伝説状態だ。

曖昧ネット世界がダラダラ続いて、一部のやりすぎた有名人けが逮捕される時代が続き、そうして最近になってようやく単なる凡人でも弁護士通して訴えられるんだって認識が広まるようなことが置きだした。

ネットは怖い、でもそれはそもそも人間社会自体が繊細で傷つきやす暴力的な者共によって構築されていて最初からリアルがクソファックなのがネットでも変わらないかだってことを学ぶ機会だ。

そこにきてコミュニティノートだ。

最高の教材じゃないか

ネタじゃなくて本気で言ってるならソースをもってこい」ってのはディベートごっこにおける初歩の初歩だ。

そこからソースの信ぴょう性だったりソースロンダリングという裏技だったりガセ情報サイトごとでっち上げる力技だったりの派生知識が伸びていき、ようやくデマに踊らされないまともな人間へと育っていくわけだ。

教科書に書いてあることは嘘っぱちだと書いている本の信用度は教科書よりも高いのか低いのかを、なんとなくの経験則ではなく双方の執筆者名や査読した組織の経歴から辿っていき、自分なりの答えを出せるぐらいはしないとこの社会じゃすぐ食い物にされる。

食い物にされないようになんてネガティブモチベーションじゃやる気にならなくても、眼の前にいるムカツクレス相手ボッコボコにするために相手の持ってきたソース信憑性をヒックリ返してやりてえって熱意があればきっと身につけられる技術だ。

コミュニティノートは今までのお気持ち中心のレス合戦よりもソースの信ぴょう性に重点を置いた本来あるべきレスバの形だ。

リアルにおいてお気持ち中心の空気感醸成に慣れてなくて、泣く泣くネットに逃げてきた頭でっかち共が築き上げたネット流のスタイルが戻ってきたと思わねえか?

「ふーん。それでソースは?」

この言葉強い力を持っていたインターネットが帰ってきたんだ。

ソースが正しいかどうかと、僕のお気持ち無関係ですよね?」

なんてクソみたいな対抗呪文が幅を利かせた世界はお役御免だ。

全員半匿名という驚くほどに打たれ弱いアイアンモードのインターネットで、死んでも死なねえなんてヌルゲーすぎるぜと強気弱気に臆病に勇猛に戦ってきたあの時代の緊張感を取り戻そうじゃねえか。

完全匿名薄っぺらさも、完全実名の嘘くささも、ネット必要ねえだろ?

ヒリついていこうぜ、でもクールにいこうぜ、取り戻そうぜあの頃のクレバーホットレスバをよ。

2023-07-12

プーチンウクライナ侵攻が嬉しくてたまらない

ガハハ

シロンボ共で勝手に殺し合ってろww

散々インディアンアジア人馬鹿にしてきた罰だww

寄付支援

オレはウクライナ原人共には一銭たりとも寄付しないからなww

その代わりロヒンギャ難民パレスチナ難民ウイグルに2万円ずつ寄付してきたわ

これからアジア同胞達に寄付するために仕事頑張ろう

ンモー同士の殺し合いを安全から眺めるとはアジア人冥利に尽きるぜ

2023-07-03

中国毒親動画ヤバすぎわろた

コンピレーション動画なんだけど、

・「水浴び好き?ならかけてあげる」とバケツでバシャー

子供食べ物をかくしたら奪ってすべてその場でたいらげてギャン泣き

ショッピングンモールでロープ子供をひきずりながらショッピング

ヤバすぎでしょ・・・

日本人毒親ってレヴェルじゃねえぞ

2023-05-31

増田♂52歳のナントカ

(´・ω・`)「…いやぁ、しばらく日本橋も見納めかねぇ。結局、四年に満たない年数でまたリストラクチャリングだたーよ…。まぁ、上の意向現場ベテランお歴々の片方に倣って反発してたからしゃーないのか?(苦笑)あとはまぁ、ワイくんお決まりの、斜陽産業にだけ拾われる!の繰返しやからね…(とほひめ)」

それはいいがいやよくないがオトートに丸投げシランプリしとる実父末期Gun無気力と実母チホー家の人々よくわかっていないと大動脈解離緊急回避!病歴実弟とをどーしよー

…かぞくすてて旧かぞくひろう?いやいやまさか、でも貯まった有給1ヶ月でヤれなくはない?

『(´・ω・`)…ンモーいまぐっちゃぐちゃやで!!』

2023-03-27

ンモー

春休みだか何だか知らんがランチタイム飲食店が激混みなんじゃぁ

家で食え家で!

2023-03-02

出生数激減、自国民にも選ばれぬ韓国

↑こういうタイトル記事書くとリベサヨが「ヘイトスピーチ」だの「ニホンモー」だの言いそう。

一方で↓こういうタイトル記事だと生き生きとしている。

やはり反日は三度の飯よりうまいのだね。

出生数激減、自国民にも選ばれぬ日本 - 日本経済新聞

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCD013W70R00C23A3000000/

2023-02-17

anond:20230217122152

イメージからな?

 

共産党旧民主党比べとるんやで

ジミンモージミンモーなんて吠えてもイメージは向上しないやで

2023-01-31

自分中年おじさんになって、中年おばさんが気持ち悪くなってきた

正直に言うが、たぶん中年おばさんをセックス対象として見てしまっているから逆に気持ち悪いんだと思う。

若いころは「40代のおばさんとセックス(笑) キンモーwwwwwww」って心から笑ってたのが、自分40代になるとそれが冗談ではなくなってきた。

 

なんだろうなこの気持ち

おばさんキモいって気持ちは変わらずあるんだけど、自分が今からセックス対象探すならこの辺が妥当なんだよな、ということも分かっている。

その矛盾で正直顔を見るのもキモい

完全に仕事と割り切れば問題ないんだけど、なんか職務上の愛想のよさと女性的な"しな"作りを混同してる女も多くて、

そういうところで「女」を感じるたびに「キモ・・・」と思ってしまう。

2022-11-27

anond:20221127123131


「第12戦火覇道

 ・5段階評価:4

 ・あらすじ

  レオニードが率いる軍と戦うユーディル一行。

  シェスを舌戦で引かせた上で、フォレスティアや水上都市の面々が援軍に駆けつけたことで辛くも勝利するのだった。

 ・印象に残ったセリフ

  シャノン「あの頃、おれたちにはあなた希望だったんだ!」

  敵であるレオニードを昔は希望だったと言い切るシャノンの台詞

  レオニードもユーディルとは異なるだけで王の資質を持っていることが良くわかる良いシーンだった。

 ・印象に残ったキャラ

  レオニード。

  ドラゴンは隣人ではなく支配者だという価値観は驚き。

  散々シナリオでもシステムでもドラゴン恩恵に預かってきただけにプレイヤーとしては納得し難いけど、確かに支配者でもあるなあ。

 ・感想

  兄弟との戦い編でまずは長兄のレオニードから

  ドラゴンによる支配を良しとしせず、人間人間支配すべきと言う価値観の元戦うレオニードが格好いい。

  格好いいだけにそれを希望と言い切るシャノンにも納得で、敵ながら悪い奴じゃないのがよく伝わる良いシナリオだった。

  最後にはファルエスがもう一人の兄弟を引き連れて奇襲を仕掛けてくる展開で次章へ続く。

「第13章闇より還りし者」

 ・5段階評価:1

 ・あらすじ

  封印されていた第五王子ベベットが黒いマナを使いドラゴンを従えどこかへ行ってしまう。

 ・印象に残ったセリフ

  特になし。

 ・印象に残ったキャラ

  特になし。

 ・感想

  第五王子ベベット登場回にして完全なる繋ぎの回。

  特に話が動いておらず、ベベットとファルエスが手を組んで何かを始めたことがわかるだけ。

  感想の書きようもないなあ。

「第14章動乱の王都

 ・5段階評価:3

 ・あらすじ

  ラキシがジェノサイドモード超えたガンエデンモードになることで、ゼシアの元にたどり着いた一行。

  モルトメサイアはユーディル身体差し出せばゼシアを解放するという。

  しかしその隙をついてモルトメサイアベベットが吸収する。

  さらにゼシアを逃したところをネデウに襲われて再びゼシアを奪われてしまう。

 ・印象に残ったセリフ

  ゼーナ「ゼーナ——なんて、どうでしょうか。」

  もう一人のゼシアが新たな名前を名乗るセリフ

 ・印象に残ったキャラ

  エミュール。

  全員が敵と戦うことに一生懸命な中、普通に王様を始めた。

  憎めない奴だなあ。

 ・感想

  当面のボスだったモルトメサイアがあっさり吸収され、更に新キャラネデウとその部下たちも現れと、新しい展開がスタートした感じ。

  ただ、モルトメサイアとの戦いがスッキリしてないし、ラキシの新能力雑魚敵にしか使ってないし。

  なんかどうにも乗り切れてない展開が多い。

  ただ、ゼーナが自身名前を名乗るシーンは挿入歌と綺麗な背景のおかげで感動できた。

「第15章光を覆う影」

 ・5段階評価:2

 ・あらすじ

  ネデウとその部下アギトたちとの戦いの中で、ユーディル自分の出生の秘密を知る。

  王家人間でないことを知りながらもゼシアを救出しようとするが、叶わずネデウに連れていかれる。

 ・印象に残ったセリフ

  ジュリエッタ「そ、それは……。ついお姉様のことが頭をよぎってしまい……。軽率でしたわ……。」

  敵に捕まった時に思わずエルフィリスの名前を読んでしまジュリエッタセリフ

  好きの気持ちしょうがないよ。

 ・印象に残ったキャラ

  アヤハとオトハ。

  僕はこういう年端の行かない小さい女の子が、成人男性を罵って男性が負ける展開が好きなんだ。

 ・感想

  ネデウと部下のアギトたちが揃い、ユーディルの主生の秘密は明らかになるなど、新しいシーズンの幕開け感。

  ただ、まーたゼシアを救出するのかあ、感もあるので悩ましい。

  ゼーナの励ましでユーディルが元気を出すところはよかった。

「16章新しき絆、進むべき道」

 ・5段階評価:4

 ・あらすじ

  ネデウと戦うため北へ向かう一行だが、聖城ではユーディル魔神のものであるという噂が蔓延っており、一触即発の情勢。

  噂を流した元凶がいたが、根本的には国家運営が上手くできていないことがあった。

  そこにレオニードが食料、水、家財の修理などを手伝ってくれ、さらにユーディル達の決着がつくまで統治を手伝ってくれることになる。

  今度こそ心置きなく北へ向かうのだった。

 ・印象に残ったセリフ

  とくになし。

 ・印象に残ったキャラ

  レオニード。

  普通に優秀だなあ。

 ・感想

  さあ新しいストーリーだ! と生き込んだところで急に一息入れる展開。

  ただ、王族として民を統治するというのがユーディルの本懐であることを踏まえると、確かに今の敵と戦ってばかりの情勢は良くないのも納得がいった。

  レオニードが急に出て来て手伝ってくれたという解決方法唐突だし無理矢理感あるけど、こういうエピソードがあること自体が、システム部分はバトルが主軸のスマホゲームらしくなくて面白かった。

  メインストリーの中でもかなり好きな章だ。

17章聖都グラムス」

 ・5段階評価:4

 ・あらすじ

  グラムスの貧民街を豊かにするため武力だけでない様々な活動をするガトフに感銘を受けるランサーヴ。

  彼の決意によりアギトを倒し、妖精国へ足を踏み入れる一行だった。

 ・印象に残ったセリフ

  ユーディル「誰かを助ける時は、長い時間をかけて、対話や行動で、信頼を得ることこそが大切なんだ」

  散々イベント人助けをして来ているが、ああい例外的ものじゃなく、生活に根ざした根本的な苦悩を助けるときの教訓を得たユーディル

 ・印象に残ったキャラ

  シーラ

  喋れない子、という第一印象だけなんだけど、デザインが好き。

 ・感想

  前話に続き政策とは? みたいな主人公王様からこそのエピソード

  食糧だけじゃなく自立するための教育必要など、やりたいことがよくわかる。

  ただ、悲しいかなバトルがシステムの基盤にあるスマホゲームなので結局は武力なのがなあ。

  けど好きは好きなシナリオ

「18章妖精たちの森」

 ・5段階評価:2

 ・あらすじ

  妖精の森へ向かう道中で、リュカナームが新たな力に覚醒する。

 ・印象に残ったセリフ

  とくになし。

 ・印象に残ったキャラ

  ナーム

  おっぱいまで大きくなるのは解釈違いですが、よき。

 ・感想

  リュカナームのお当番回で二人のフェスバージョン誕生の経緯のお話

  ただ本当にそれだけで、キャラのやりとりも良いと思えるところが薄く、覚醒したなーって感じなだけ。

「19章秘されし真実

 ・5段階評価:3

 ・あらすじ

  ナーム記憶を消して王家に送り込まれており、彼女の目や耳を通うじてユーディル監視ししていた。

  そしてユーディルの正体はモルトメサイアの肉体から作られた人造人間だった。

 ・印象に残ったセリフ

  タルタロス「王は烏合など必要としない。王は絶対にして唯一なのだ

  アルベリウスはそうじゃなかったと思うけど、タルタロスにとってはそうなんだね。寂しいね

 ・印象に残ったキャラ

  ユーディル

  悩むタイプ主人公だけに、自身の正体を知っての落ち込みがかわいそう。

 ・感想

  ユーディルの正体が明らかになり、そしてコレまたメーネの采配が絡んでるのが、根が深い。

  仲間との繋がりの描写はありつつも程々で、設定開示のコーナーが長く、お話としては普通な感じ。

20章聖なる樹」

 ・5段階評価:3

 ・あらすじ

  聖なる樹を登る中、亡くなったはずのアルベリウス、アローラスの思念体出会う。

  ゼシアはイリアと過ごした日々、ネデウの言う真実のために結界を解く。

 ・印象に残ったセリフ

  アルベリウス「正しい道を選ぶのではなく、選んだ道を正しくするためにな。」

  その結果300年続く王家が生まれたんだから、確かに正しいなあ。

 ・印象に残ったキャラ

  アローラス。

  戦いばかりで父親らしい描写ほとんどなかったけど、微笑ましい家族のシーンがあって良き。

 ・感想

  ネデウがバハムート契約していることがわかり、サイゲ世界お馴染みの世界創造みたいな話になってきた。

  死んでるキャラ思念体で復活するのはちょっとご都合的だけど、家族の話は好き。

「21章二柱の造物主

 ・5段階評価:3

 ・あらすじ

  エリュシオン目的人間から可能性という未来を消して全てを管理することだった。

  ネデウとユーディルエリュシオン否定するために一時的共闘する。

  エリュシオンを打ち倒しバハムートとの契約をやり直すネデウ。

  そこにゼシアがイリアと共に介入し、ゼシアもバハムート契約を果たし、一時的ではあるがネデウの目的妨害する。

  ネデウの思惑はバハムートの力を借り全人類が竜化の力を使えるように世界を改変することだった。

  その過程で亡くなる人のことを考えユーディルはネデウと対立する。

 ・印象に残ったセリフ

  イリア「血の繋がりなんて関係ないさ」

  メーネの育て方が良かったんだなあ……

  マジでどいつもこいつもなアローラスは見習ってほしい。

 ・印象に残ったキャラ

  メーネ。

  1ミリも登場してないんだけど、メーネがイリアを好きだったから、ここに辿り着けた感が凄くて。

 ・感想

  イリアとメーネが好きなので、たった一言だけど、イリアが血の繋がりよりも大事なことをユーディルに教えるところすごい良かった。

  メーネ偉大すぎる。

「22章ふたり契約者」

 ・5段階評価:3

 ・あらすじ

  物語の発端たるアローラスがモルトメサイアを復活させた原因はネデウをバハムートから解放するためだった。

  それを知ったネデウはユーディルと手を組むことになった。

 ・印象に残ったセリフ

  ヴァルクス「お前たちが救うと口にする、力なき者。その、ひとりひとりの顔が見えているのか?」

  実直なヴァルクスらしいセリフ。こういう王族の話好き。

 ・印象に残ったキャラ

  ゼーナ。

  若干蚊帳の外で置いてきぼりなのかわいそう。

 ・感想

  ネデウと和解してアローラスが消えて、物語はセイクリッドロストへ続くと言った感じ。

  かなり大きな節目なのだけど、どうしてもアローラスが好きになれないまま終わってしまった。

  王子達も悲しんではいるけど、あっさりしててそりゃさすが王族だなあといった趣。

  もう少しこう王子達の平和日常パートも見たかったなあ。

23章はじまりの人」

 ・5段階評価:4

 ・あらすじ

  はじまりの人ゼノスが復活してしまう。

  そこにエミュールが救出に現れる。

  諦めることの才能を発揮したエミュールによって一旦の窮地を抜け出すのだった。

 ・印象に残ったセリフ

  ディアネル兵「はっ! どこまでも陛下にお供いたします!」

  今までのダメダメエミュールが遂に覚醒したことを、エミュールのセリフではなくモブ兵士から伝える良いセリフ

 ・印象に残ったキャラ

  エミュール。

  今回の主役。

 ・感想

  エミュールが遂に覚醒して全員を助けて、ユーディル背中を押す。

  今までの色々なしょうもないイベントシナリオなでもひっくるめたエミュールのダメさがあったからこそな良いシナリオだった。

  特に名もなきモブ兵士エミュールを陛下と言いどこまでもついていくことを宣言するところは、今までの紆余曲折があったからこその、シンプルセリフながら遊んできた人には意味が出るいいシーンだった。

24原初の力」

 ・5段階評価:3

 ・あらすじ

  ガトフとシーラが仲直りしてシーラが復活する。

  五大竜バハムートエリュシオン関係値が高まって強くなった。

 ・印象に残ったセリフ

  とくになし。

 ・印象に残ったキャラ

  シーラ

  今回の主役だけあって可愛いシーン多かった。

 ・感想

  ガトフとシーラエピソードの完結編。

  それとムム達五大竜覚醒して、最終決戦が近づいてきた。

  ようやくネデウとも仲良くなって来たし、もう終わりなのが寂しくなってもきた。

  メインストリーはあと二話、イベントストーリーも同じくあと二話。終わるんだなあ。

「25章人と竜の契約の証」

 ・5段階評価:4

 ・あらすじ

  ゼーナの因果を断つため、ユーディル魔神王となった世界へ向かう。

  モルトメサイアを倒すも、魔神王ユーディルは、はじまりの人に操られていた。

  ゼーナは自身の兄を倒す。

  しかし、ゼノスによる世界リセットが実行されてしまう。

 ・印象に残ったセリフ

  ゼーナ「ああ……! はい、私です、兄さま! ゼシアです!」

  ゼーナがゼシアを名乗れる唯一の相手との再会。

  長かったけど、最後悲劇で終わってしまう。

 ・印象に残ったキャラ

  ゼーナ。

  頑張ったなあ……

 ・感想

  若干置いてきぼりだったゼーナの完結編。

  アギト編とかネデウ編の前にこれをやるべきだったのでは? 感もあるっちゃあるけど、ちゃんとやってくれて満足。

  破滅未来から来たもう一人のゼシア、改めゼーナというアイデンティティが、ゼシアと名乗るところは泣けた。

「26章ドラガリアロスト」

 ・5段階評価:3

 ・あらすじ

  絆の力と可能性の力でゼノスを倒す。

  しかし、ゼノスの心であるユーディルも一緒に消えてしまう。

  再構成された世界で再会する二人、記憶はないはずなのに何故か涙が……

 ・印象に残ったセリフ

  ユーディル「それが何もないおれの…… 伽藍洞の役目だ。」

  空っぽであることを肯定しながら前に進んできたユーディルの行き着いた言葉

 ・印象に残ったキャラ

  みんな。

 ・感想

  大団円。完結でした。

  血筋とか立場で始まったユーディル冒険が、それでなく人やドラゴンとの絆で実在性を持って肯定される。

  ドラガリアロストらしさが最後最後ちゃんと綺麗に畳まれ……

  いや、ロキとか、悪魔とか、結社とか、十二竜氏とか、プリコネコラボドラゴンの姉とか、なんか結構ほったらかしなような……

  まあでもユーディル、ゼシア、ゼーナ、ネデウの関係性についてはやりきったのかな。

  楽しかったです。

2022-07-13

結婚式で中高年共が先輩風吹かしてるのが本当みっともなくて見てられない

知り合いの結婚式に行ってきた。

まあ俺らは学生時代の仲間同士でドンチャンドンチャンして「奮発して3万出したけど料理だけだとせいぜい1万程度の価値しかないし2万分飲むぞー!!ギャハハハハハ」みたいに適当に盛り上がっとった。

んでまあ割りとベロベロに近いモードながら朧げに卒業式来賓祝辞じみたジジババ共の贈る言葉を聞いてたんだが、やっぱ酒はいっててもつれぇわ……

なんかさあ「夫婦生活長く続けてきた俺らの方がお前らより人間として上だから」みたいな圧があるんだよな。

それどころか「夫婦として沢山中出しして子供作ってきたので生物として格上やぞ???」ぐらいのこと考えてそうなのがまあキンモー

なにより奴らが言いたいのは年功序列ってことなんやろなと。

この実力社会現代の中で全力で年功序列オーラ出して「若造は未熟で馬鹿者だが見守ってやるぞ^^」みたいな面できる最後場所結婚式なのかなあとすら思うわけよ。

ほーんまキモすぎて辛いっすわ。

結婚式暴力性とかゆーが中高年共が年功序列でイキってることのがよっぽど暴力っすわ。

いやー恥ずかしいね……。

人生の先輩っぽいこと言って格好つけたいんだろうけど結局中身がないから滑り倒して年齢だけを論拠に威張ってる奴ばっかでさ。

こうはなりたくないんだけど、まあい自分結婚式で作文読む羽目になったら同じレベルに陥るんだろうな。

暴力性だわ。

中身のない空っぽな虚勢の殻しか作れなかった数十年の人生をピカピカの新婚の前で必死に取り繕いながら語らされるのもある種の暴力なんやろな。

憐れやで。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん